予約の取れない宿のオーナーが語る、これからの“日本旅館”

TJAPAN WEB
里山十帖



『星野リゾート』

星野佳路


 国内のみならず、世界市場にも名を知られるリゾート運営会社「星野リゾート」。ここ数年で急速に増え続ける傘下の物件の中で、世界的にも大きな注目を浴びているのが、東京の中心地大手町に今夏開業した「星のや東京」だ。都心での天然温泉を有する高級旅館の開業は、日本の観光史上初の事業として、またも観光業界に新風を吹き込むことになりそうだ。その詳細が初めて明らかになったのは4月13日の定例プレス発表会の席。玄関で靴を脱ぐこと、屋上には温泉大浴場、各階への〝お茶の間ラウンジ〞の設置など、都会のど真ん中の日本旅館としてスタートする「星のや東京」が披露された。

 軽井沢の旅館「星野温泉旅館」に始まった星野リゾートは、今年で102年目を迎えた。星野佳路代表は「海外のホテル業界では当たり前のことが、日本ではできていなかった」と代表就任以来、宿の所有はせず、運営だけを行う運営特化の手法で次々と旅館の再生に着手。観光業界を先導するリゾート運営会社となった。観光業界に大きな風穴を開けた星野リゾートの事業の陰には、「観光産業は経済を牽引できるはず」と信じる氏の勝算があった。確かな投資家とタッグを組み、取り組んだ旅館の再生事業を成功に導くことで、傘下の旅館がリターンを生み、投資家の期待にこたえるというスパイラルを築いている。「リート(不動産投資信託)が安定すれば、『界 鬼怒川』のように新築の旅館運営にも踏み切れる」と語る。

 星野リゾートの各ブランドがこれほど支持される理由は何なのか。「それはスタッフのモチベーションコントロールができているからかもしれません。スタッフはみなさまに満足してお帰りいただきたいという気持ちを維持し、実現するために努力をする。そのスキルやマインドを備えたスタッフが現地でみなさまをお待ちする。これが星野リゾートの約束事なんです」と分析。現場ではやはり〝人〞なのだ。また、星野氏が常に重要視する〝地域の特性を生かした運営〞も星野リゾートの人気を支えている。

YOSHIHARU HOSHINO●株式会社星野リゾート代表取締役社長。長野県軽井沢町生まれ、慶應義塾大学卒業後にアメリカ、コーネル大学ホテル経営大学院修士課程へ。その後先代より引き継いだ旅館業に革命を 起こし、1991年から現職。宿泊施設ほかブライダル事業も含め国内外に事業を展開中。 PHOTOGRAPH BY SATOKO IMAZU
 インタビューでは常に本音を語ってくれる氏の言葉から見えてくるのは、ジャパン・ツーリズムの明日だ。「今ほど観光にプライドがもてる時代は過去にはなかった。星野リゾートが旅館に求めるのは、生産性、効率性の高い運営特化というやり方。『星のや東京』の開業でこの手法が成功すれば、今までの日本の旅館とは違う運営特化型旅館として世界に飛躍できる。これが星野リゾート最大の特徴だ」と言い切る。氏が以前か らずっと言い続けてきたこと、「RYOKANを世界に発信し、その実力を世界市場に定着させたい」という願いも現実味を帯びてきた。
 ぶれない意志と有言実行、情勢を読み解き、冷静な判断力で邁進する人に人はついていく。1898年、世界初の最高級ホテルブランドをパリで確立したセザール・リッツ、1920年代、最高級ホテルを世界に広め初めてチェーン展開したコンラッド・N・ヒルトン、80年代、ラグジュアリーの概念を覆し優美なリゾートで〝アマンマジック〞と称賛されたアマン。歴史は繰り返されるというが、繰り返してほしい。今、星野リゾートは「RYOKAN」という日本伝統の本物の〝宿〞を世界に披露しようとスタートラインに立っている。カリスマの偉業とは、いつの時代も誰もやらなかった新たな挑戦から始まっている。旅館の存在が世界市場にいつの日か定着すれば、日本の観光業の変化は想像をはるかに超え、観光大国への道を歩むことも夢ではなくなるだろう。
星のや東京●東京都千代田区大手町1 の9 の1 0570-073-066(星のや総合予約) 客室数:全84室 2016年7月20日開業 hoshinoyatokyo.com COURTESY OF HOSHINO RESORT


『里山十帖』
岩佐十良

 新潟の米どころである南魚沼市大沢に、〝新しい価値を地方から発信する〞を掲げる宿「里山十帖」がある。オープンは2014年5月。以来、常に、各種の泊まりたい宿ランキングの上位に名を連ねている。山の中腹に建つ宿からはのどかな里山が望め、地元の食材をふんだんに使った料理を楽しみ、築150年の古民家に泊まる。現代人が憧れる〝田舎暮らし〞のすべてが詰まった古民家は、スタイリッシュにリノベーションされ、内部のデザインは、モダンスタイルだ。では里山十帖の真の狙いはどこにあるのか? なぜこの宿に続々と人がやってくるのだろう?

 里山十帖のオーナー、岩佐十良氏へのインタビューから見えてきたのは、人が生きていくのに必要な食へのこだわりや、感度の高いライフスタイルをデザインしているということ。岩佐氏は旅と食をテーマに掲げる雑誌『自遊人』の編集長でもある。ほかにもクリエイティブ・ディレクター、 デザイナーであり、この新潟県南魚沼市に軸足を据え、地域振興に対しても積極的に活動をしているマルチな代表者だ。氏はそのさまざまな立場の視点からトータルに、〝体験型〞を里山十帖のテーマとして発信している。編集者やデザイナー、ライターなど、ライフスタイルに高いアンテナを張る人々が客として多く訪れるのも、彼らが即座に反応する力や、判断力、自らも発信力を備える人々だからだと氏は推察している。 特に力を入れているという〝里山の食事〞だが、いわゆる田舎料理ではなく、〝オーガニック&クレンジング〞を目指したアーティスティックな料理だ。滋味あふれる食材は、地元の山や田んぼや畑で採れたもの。有機・無農薬の食材から作られる彩りも鮮やかな旬の味は絶品である。何しろ伝統野菜や山菜の豊富さから〝奇跡の地〞と呼ばれる魚沼。1週間滞在して心身のデトックスも夢ではない、まさにこんな宿が欲しかった!という宿なのだ。 人の生き方は食で変わるという岩佐氏の考えが反映されている食事は、ベジタリアン、ヴィーガン、マクロビオティック、グルテンフリーまで対応できているというから驚きである。「食べるポリシーは人間の生き方そのもので、人生にも影響します。わがままな好き嫌いとは違う。食は人間の尊厳に関わること。だからお客さまの選択肢の中で、宿が最も気を遣うのは料理です」。岩佐氏のこの言葉にこそ、里山十帖のポリシーが表れている。要となる宿の厨房にはフードクリエイターが3名いて、毎日、創意工夫を凝らした料理を創っている。実はその1名が岩佐氏自身だ。氏はほかの2名のクリエイターとは違う視点で、クリエイティブ・ディレクターとして料理の質を向上させている。宿で食す料理はどれも驚くほどパワフルで、見た目も美しい。そんな食事は滞在者の心にも体にも活力を与え、実際、たった1泊とは思えないほど元気になって宿を出る人が少なくない。「海外の小さなホテルは個性的で、オヤジが好きでやっているようなカラーがハッキリ表れているでしょう、そうでないと選ばれない」と岩佐氏。最近の利用者が宿に求めるレベルはかなり高く、あれもこれもと贅沢な要求が多いことも確か。岩佐氏は、「古民家には必ずある囲炉裏がうちにはない」と笑うが、里山十帖では造り手の主義主張にぶれがなく、それが一本の太い柱として宿を支えている。 開業から間もなく2年を迎える今、岩佐氏の思いは徐々に世界に広がりを見せ、クチコミや紹介を頼りに海外からの個人客も増えつつある。


里山十帖/新潟県南魚沼市大沢1209の6
025(783)6777
客室数:全12室
www.satoyama-jujo.com
TORU IWASA●2004年から新潟県南魚沼市在住。宿「里山十帖」のオーナー。雑誌『自遊人』編集長、クリエイティブ・ディレクターほか、食品企画、製造、 販売、農業関連事業などで代表を務める一方、「伝える」をテーマにコトやモノを社会に提案。 PHOTOGRAPH BY SATOKO IMAZU


『坐忘林』
ショーヤ・グリッグ

 近年、日本各地で旅館衰退がささやかれる一方、反対に、予約を取るのも難しい人気の旅館がある。日本のマーケットでは旅館の形態が、かつてないほどの勢いで多様化し始めているのだ。そんななか、まるでわが道を淡々と歩む一匹狼のごとく、2015年6月6日、その宿はひっそりと玄関を開けた。「坐忘林」は、外国人人気で話題のニセコの中心地はあえて選ばず、隣の倶知安町から車で20分ほど走った山中に、日本旅館として建てられた。ニセコアンヌプリの麓に佇む隠れ家のような宿である。新千歳空港から車で約2時間。宿への到着時、車を降りて、白樺林の中に佇む坐忘林に対峙し、思わず息をのむ。外観は到底日本旅館とは思えないコンクリートの打ちっ放し。これが本当に日本旅館? 趣は、どう見てもリゾートホテル。そしてたった15室の宿とは思えない建物の圧倒的なスケール感にも迫力を感じる。

 実は、この日本旅館のオーナーは外国人3名。現場で指揮を執るのは、20年以上も日本で暮らすイギリス国籍のショーヤ・グリッグ氏。坐忘林のクリエイティブ・ディレクターであり、実業家、アートディレクターの顔ももつ写真家だ。ほかの2名はシンガポール在住で、同じイギリス国籍のマーシャル夫妻。夫妻はシンガポールと北海道の間を月に一度の割合で往復する猛烈な親日家であり、3名とも、日本の旅館、観光業界には精通している。外国人の視点というフィルターを通して生まれたこの斬新な旅館が、今なぜ日本人の心を惹きつけているのか。
SHOUYA GRIGG●「坐忘林」クリエイティブ・ディレクター。イギリス生まれ、オーストラリア育ち。 広告写真や映像、デザインの仕事をしながらアジアを旅したのち来日。念願だった北海道一周を果たし、札幌で写真家として成功。2015年6月「坐忘林」開業。 PHOTOGRAPH BY SATOKO IMAZU
 グリッグ氏が話の中で何度も繰り返したのが、〝気づき〞という言葉。坐忘林には〝気づき〞をデザインしたという。目には見えない大切なもの、日本旅館の素晴らしさ、自然との一体感など、この宿が放つすべてのことに気づいてほしいという願いが込められている。「一見してわかりやすい宿は造りたくなかった。泊まっていろいろとインスパイアされるほうがいい。宿でいちばん大切なのはインテグリティ(誠実、真摯、高潔)だと思っている」と、氏の主張は、坐忘林の見た目同様に相当ユニークである。「宿には、幽玄とか、ワビ・サビという日本独自の世界感をデザインした。日本人なら、たぶん理屈抜きにそれを肌で感じてくれるはずでしょう?坐忘林に滞在することで、日本の伝統とか、日本人のアイデンティティとか……。いろんなことに気づいてほしい」と坐忘林に込めた〝心〞を話す。敷地の隣には牧場のなだらかな丘が広がり、北海道らしい情景の白樺林が宿を包み込む。この一体感がなんとも心地いい。


坐忘林/北海道虻田郡倶知安町花園76の4
0136(23)0003
客室数:全15室
zaborin.com
 PHOTOGRAPH BY SHOYA GRIGG
関連記事
  • 【40代・30代】LEE100人隊がこの秋リアルに着ているものは……シャツ! ぐっと冷え込む日もありつつ、汗ばむ陽気が戻ってきたり……と、日々の着るものに困るこの季節。100人隊ブログの人気コンテンツ「今日なに着てる?」で今、存在感をはなっていたのは“シャツ”。暑ければ一枚でOK、はおりものを追加して調節も可能……と、実は秋の万能アイテムなんです。夏コーデでは難しかった凛とした雰囲気、大人の清潔感も手に入るのがうれしいところ。8人分のリアルシャツコーデをご紹介します! 1・TB たなやんさん(愛媛県) 今日のコーデ 「先日お友達と赤ちゃん連れでランチへ行ったときの服装。旬カラーのブラウン、わたしはシャツで。最近購入したローリーズファームのものです。首が詰まって見えがちなバンドカラーですが(丸顔&ずんぐりむっくりのわたしには難易度大!)、第2ボタンまで開ければ自然にV字っぽく開くのが◎。バンドカラーチュニックシャツ/ローリーズファーム」 2・No.020 マッキーさん(福岡県) クラシカルなZARAのブラウス 「柔らかいアースカラーのブラウスをZARAで買いました。姉がこの半袖タイプを持っていて可愛いな、と思っていたらふと店頭で長袖を発見。バックプリーツだったり、パフスリーブだったり。ちょっとした小技が効いてます。着るだけでクラシカルな装いに。オンオフで楽しめる1枚です。 tops・・・・ZARA bottom・・・UNITED ARROWS shawl・・・・INIS MEAIN shoes・・・・UNIQLO bag・・・・・10 corso como」 3・No.039 ひとこさん(兵庫県) 30年ぶりの同窓会、何着て行く…? 「同窓会。42にして、初めての同窓会。中学と言えば約30年前……。ついにやって来た先日、意を決して行ってまいりました。気楽な自分らしいコーデで、且つ、大人らしさも忘れずに! tops/sophila skirt/MONiLE bag/State of Escape shoes/George Cox pierce/hand made ストライプのコンビネーションが独特なスカートと、袖の膨らみが上品な張りのあるタイプライターのシャツに、シューズを合わせて勇んで行っておりました。なんとか自分らしい装いで、気分も少しは楽に」 4・No.024 アオイさん(宮城県) 最近のママコーデ 「先日次男とのショッピングモールデート。 *シャツ→niko and …(去年SALEで) *デニム→アメリカンホリック(こちらも去年のSALE品) *パンプス→titivate *トート→友人からのギフト(beauty&youth.郵便局の特典だとか) *時計はDW,リングは3coins,ピアスはminneです」 5・No.035 サナさん(岐阜県) ユニクロ、秋の仕事服あれこれ 「ユニクロの、ストレッチジャケットと同じ素材のパンツも愛用中です。これもまた使いやすく、しっかりとしています。最近は、モンベルのシャツと合わせることが多いかな」 6・TB あきさん(福岡県) シャツの季節 「随分と秋めいてきましたが、まだまだ日によっては汗ばむほど暑かったりする今日この頃。ニットにはまだ袖を通さぬままに10月下旬になりました。 シャツが好きなわたしは、シャツ一枚で過ごせる時期が長いのはうれしく、毎日シャツばかり着ています。ある秋の週末。去年買ったMUJIのメンズのシャツにネイビーのサロペットをあわせて。わたしがサロペットを着ると、どうしても少年風になるのはなぜなのか……と思いつつも、シャツとサロペットは好きな組み合わせなのでこの時期よく着ます」 7・No.092 マリナさん(大阪府) 今日のふく 「すっかり、秋!寒くなったかと思えば暑い日もあってコーディネートに悩みます。公園にお友達と遊びに行った日。お気に入りのシャツワンピースを着てお出かけしました」 8・No.093 mieさん(東京都) 流行りのリブニットパンツはパープルで差し色に♪ 「FREAK’S STOREで購入したリブニットパンツ。あまり周りとかぶらなさそうなパープルカラーに惹かれました☆ 定番デニムシャツも、リブニットパンツと合わせたら今年っぽくなりました♪」
  • 仕事や子どもの学校行事、食事会などで頼れるのはきちんと見えして着心地良好なネイビーの服。合わせる小物で印象アレンジも自由自在です!   きれいめな装いが必要な学校行事も安心 12closet/ダブルクロスブラウス/¥12,000+税 圧縮をかけた高密度生地は、体の線を拾いにくい適度な厚みがあり、着用中もきれいな形をキープできます。浅めVネックで、たっぷりとした生地感の九分袖ブラウスは、前後差をつけた裾ラインにラウンドカットのスリット入り。肩部分のカットワークもポイントです。   12closet/ダブルクロススカート/¥12,000+税 ストレッチ性があってシワになりにくく、洗濯可能なダブルクロス素材を使って、ラクしてきれいに着られるアイテムを作りました。圧縮をかけた高密度生地は、体の線を拾いにくい適度な厚みがあり、着用中もきれいな形をキープできます。ミディ丈のAラインスカートは、ウエスト後ろの両わきのみにゴムギャザーを入れました。ヒップ部分がもたつかず、後ろ姿がすっきり決まります。     4月号で発売後400本売れの春パンツをバージョンアップ 12closet/ウエストゴムストレッチテーパードパンツ/¥12,000+税 累計400本売れた前作を、秋冬に合わせて丈をやや長めに設定。ゴムのウエストのフィット感を増し、より細見えを追求しました。生地は圧縮をかけた高密度のダブルクロス。ほどよい厚みでハリ感もありながら、伸縮性抜群でシワになりにくく、型崩れしにくいのが魅力です。タックを入れて腰まわりはゆったりしつつ、ひざ下をすっきりさせることで美脚効果も確保。もちろん家で洗濯可能です。ブラックとネイビーの2色展開。     透ける素材には甘ディテールを大人めに引き寄せる効果もあり 12closet/スタンドカラーブラウス/¥12,000+税 スタンドカラーと袖口にシャーリングを寄せたブラウスは、ただ着るだけで女性らしい華やぎが叶う一枚。繊細なストライプ柄の生地には光沢と透け感があり、見た目はもちろん、着心地も軽やかです。きちんとしたジャケットやクルーネックのニット、フーディの首元から衿を覗かせると、着こなしにぐっと奥行きが。中に着るインナーは、クリームならベージュやオフホワイト、ネイビーは同色か黒のキャミソールがおすすめです。     ふんわりでいてジャケットのインにも便利な薄軽さも魅力 12closet/シャーリングブラウス/¥12,000+税 ネックライン、二の腕の切り替え、そして裾。シャーリングのアクセントが愛らしくきわだつこちらのブラウスは、透け感のある生地を採用。ストライプ柄で、カジュアルなボトムの格上げにもしっくり。袖口はゴム入りなので袖をたくし上げてもずり落ちにくく、ほっそりとした手首ラインのアピールが可能です。ネイビーとパウダーホワイトの2 色展開。     共布ベルトを外して着るとゆるやかなAラインシルエットに 12closet/ベルト付きワンピース/¥18,000+税 やや詰まりぎみのラウンドネックや袖口にギャザーを寄せ、ニュアンスを出したミモレ丈のAライン。共布ベルトを締めると優しいメリハリがつき、きれいめ感がアップ。生地は上品な光沢と吸湿・放湿性に優れたキュプラ混のコットンで、ざっくりカーデやニットを重ねてもさらりとした着心地です。カラーは幅広いシーン&通年で着られるよう上品なベージュとネイビー。スカートタイプのペチコート付きです。   その他の12closetのおススメアイテムは下記よりご覧いただけます!
  • みなさん、こんにちは! カワイイ選抜のわかです。 今日は、ファミマで購入した秋らしいスイーツをご紹介します 冷やして食べる パイコロネ(マロンクリーム) 前からファミマの冷やして食べる〇〇シリーズは好きだったのですが、秋の味覚、栗味も出ていたので早速購入してみました パイを切ってみると、栗の香りがしてとっても幸せな気持ちになります♡ クリームの量が程よく、甘すぎたり、顔の周りがクリームでベタベタしたりしないのでバイトや仕事の休憩時間にもピッタリだと思います! パイもサックサクですが、あんまりボロボロ落ちてこないので食べやすいです。 秋らしさ、食べやすさ満点!のスイーツです✨安納芋のシュークリームこれもほんっとうに美味しかったです! ちぎって見るとお芋カラー で、テンションが上がります♬ 皮が分厚いのと、しっかり安納芋の味もします!クリームの量が程よくて、シュークリームあるあるの、食べている途中でクリームが溢れることがないのもおすすめポイントです。 大好きなシュークリーム×お芋のコラボで幸せでした♡いかがでしたか? 私のお気に入りはパイコロネです! 最後まで読んでくださりありがとうございました♬ Waka カワイイ選抜 No.71 中野倭佳のブログ
  • ブラウスの今年らしさは「袖」に表れるよう。ぽわんと、ふんわり空気をまとうボリュームスリーブが、佇まいも、ふとした動きも、ぐっとエレガントに。毎日更新エクラプレミアム人気ランキングの、ブラウスBest3に注目 共通項は、ぽわんとふくらむボリューム袖。旬のデザインというだけでなく、女性を美しく、ふとした動きまでエレガントに見せてくれます。 ちなみにどれも裾を出したままでも決まる仕立て。ウエストインが苦手な方でもバランスよく着られます . (副編 K沢) #ブラウス #袖コンシャス #エクラ #エクラプレミアム #jマダムのおしゃれ #ebyeclatE by eclat ボウタイブラウスE by eclat スエード風ブラウスE by eclat 袖ボリュームブラウス
  • 昨日は「即位礼正殿の儀」でしたね❣️ 私はテレビで拝見しましたが、皇后雅子さまの十二単姿にうっとり...✨ とっても素敵でした 今年限りの祝日ということで、天皇陛下の即位宣言をテレビで見た後は、大学のお友達とアフタヌーンティーへ 2019年10月15日から11月30日まで実施している、CHANELとフォーシーズンズホテル丸の内 東京とのコラボレーションアフタヌーンティー 前回はJIMMY CHOOとのコラボの際に行って大満足だったので、今回のCHANELコラボも胸が高まります ▶︎▶︎ JIMMY CHOOアフタヌーンティーの記事はこちら シャネルの人気フレグランス「ガブリエル シャネル」をイメージした国内初のアフタヌーンティー✨ なんと、こちらのミニボトルがプレゼントで付くんです ❣️ プレゼント付きアフタヌーンティーは中々ないので一気に特別感が なんと...メニューも凄いんです 「フォアグラ」「トリュフ」「キャビア」といった高級食材を使ったセイボリーが堪能できます❣️ 世界3大珍味のすべてが出てくるアフタヌーンティーなんて初めてかもです... 憧れの「ガブリエル シャネル」の世界観を表現しているスイーツたち 4つの白い花々の香りから成る「ガブリエル シャネル」をイメージし、ホワイトをベースとしたラグジュアリーなビジュアルに✨ みんなで可愛い〜❣️の連発でした 味も見た目も繊細で華やかなおかげで、飽きずに完食❣️ 食欲の秋、恐るべしです 笑 前回の経験を活かして、今回は予約の際に壁側の席を希望しました☎️ 窓側だと逆光になってしまうので、壁側の方がお写真が映えるのでおすすめです いかがでしょうか?✨ 11月いっぱいまでなので、ぜひ行ってみてくださいね ▶︎▶︎instagramはこちら
  • 美女組同期no.141カキノキちゃんに、沢山元気を頂きました。名古屋、半年ぶりの訪問です。 no.141カキノキちゃんに会いに、日帰り旅をしてきました。 東京から新幹線で1時間半、名古屋意外と近いんです。 お昼は前回もカキノキちゃんが予約してくれて、大のお気に入りになった、【うなき家 しば福や】へ。 あまり教えたくないのですが、名古屋で予約が出来る貴重なひつまぶし屋で、感動の美味しさなんです‼︎呑んで食べて、話す話す話す‥‥。 あっという間に2時間も経過していて、お買物をはさみつつ、名古屋のレトロ喫茶店【ボンボン】へ移動。今は遠い昔の、昭和感漂う店内&ケーキの数々。 甘過ぎず、最近流行りのケーキとは違ってシンプルな見た目&味わい。 こちらの方が断然好みです。 東京はレトロな喫茶店が減りつつあり、寂しい限りです。 ボンボンでも、話す話す話す‥‥。 お土産に買った、東海限定じゃがりこ手羽先味。紙袋を開けたら、知らない間に小さいのがついてきていました❤︎あっという間に、帰宅の時間。 急いでお土産を買い、新幹線で帰京しました。 カキノキちゃん、一言で言うと「とってもバランスの良い人」 こんなに何においてもバランスの取れた女性、私、今迄会ったことありません。 母であり妻であり、責任のある仕事をフルでされていて、そしてご覧の通り、抜群のお洒落さんです。 レオパード柄をこんなに上品に着こなす人、わたし知りませんわ。。。 店員さんが、「え⁈お子様いらっしゃるんですか⁈生活感が全くないです‼︎」と驚かれてましたが、まさにその通り。 くたびれた感が全くなく、いつもキラキラしてるんです。 私、ちょっとお疲れ気味でしたが、今回の旅で、私の悩みを聞いてもらって、沢山元気と刺激を頂きました。 最近忙しい日々が続いていましたが、時間の使い方を変えて、カキノキちゃんみたいに余裕のある毎日を過ごすぞ。と心に誓いました。 カキノキちゃんまたね❤︎ 美女組No.131 marie noelのブログ
  • DAY25 彼から衝撃の一言。え……うそでしょ?「実は、海外転勤になった。出発は再来月」旅の最後に衝撃告白。ささやかな幸せに満ちた1カ月。day25で大どんでん返し! 開いた口がふさがらない。連絡なかったのは、このことで悩んでたからだったのか……。行き先はシンガポール、期間は最低2年。ついてきてほしい? 心の準備ゼロの状態で言われても。一方、今回の旅のワードローブは万全の準備で持参。荷物が少なくすむようワンピース、アクティビティもできるようにレギンスと。花柄のロングワンピース¥27000/フレイ アイディー ショルダーバッグ¥16800/ショールーム セッション(ヤーキ) シルバーバングル¥70000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店 メガネ¥32000/アイヴァン PR スカーフ¥11000/スピック&スパン ルミネ新宿店(マニプリ) レギンス¥4800/ルーニィ トートバッグ¥95000/アルファ PR(アエタ)▶︎▶︎▶︎『柄アイテムが必要だ。着回し30days』とは? ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/谷口大輔 ヘア&メイク/野口由佳(ROI) モデル/鈴木友菜 スタイリスト/石田 綾 撮影協力/とらや赤坂店 LYURO 東京清澄 -THE SHARE HOTELS- PITMANS プロップス ナウ アワビーズ TITLES
  • 日々たくさんの情報を発信してくれるモア公式ブロガー【モアハピ部】。彼女たちのブログには、ファッション、ビューティ、グルメなどモア世代がハッピーに過ごすヒントがたっぷり。そこでっ!! 今週人気のあったファッション・ビューティ・ライフそれぞれのランキングを発表しちゃいます! 今モア世代がリアルに気になっていること、注目していることをチェックしましょ♡ ※記事発信時点での情報のため、入手困難な場合や、販売・セール・イベント等が終了している場合があります。まずはファッションの人気記事から!プチプラ雑貨♡ アクセサリースタンドで可愛く収納【ファッション人気記事】♡第3位♡ 超優秀!『GU』サイドゴアブーツ No.562 しょこたうるすさんが毎年買い足すほど惚れ込んでいる、『GU』のサイドゴアブーツ。合皮素材なので、がしがしはけるところがお気に入り。 ▶︎▶︎抗菌防臭機能も魅力♡第2位♡Dハロ、コスチュームで着たものは? No.510 MIYUさんは、手持ちの服で“ディズニーバウンド”にチャレンジ。お友達と一緒にプリンセスをイメージした仮装で『ディズニーランド』を満喫。 ▶︎▶『GU』のスカートを使って ♡第1位♡ 『Lattice 』のアクセサリースタンド No.576 *Ayane*さんは、おしゃれで可愛いプチプラアクセサリーや雑貨が揃う『Lattice 』で、ハート型のスタンドをゲット。手持ちのアイテムを吊るすとまるでショップみたい♪ ▶︎▶︎インテリアとしてもグッド『クラランス』の「コンフォート リップオイル」新作に夢中!【ビューティ人気記事】♡第3位♡ 秋はベージュネイルが可愛い No.614 ほーたんさんは、ピンク系のネイルが定番。秋になったので、深みのある“ベージュピンク”へシフトしたそう。ゴールドのスタッズをアクセントに追加♪ ▶︎ オフィスにもOK♡第2位♡ 『フーミー』のマスカラをお試し No.396 miRaiさんは『フーミー』の新作コスメの中でも、カラーマスカラが可愛いすぎると全色買い♡ お仕事メイクにも抜け感がでておすすめ。 ▶︎▶︎発色をチェック♡第1位♡ 『クラランス』のリップオイルは、買って損なし! No.684 amiさんは、新作&数量限定発売の「コンフォート リップオイル 10 ダークストーン」を購入。持っているリップに重ね付けしても可愛いんだって。 ▶︎▶︎つけるとプラム色に変化有楽町の FANZONEでラグビー観戦! 『マクセルアクアパーク品川』の「NAKED 花火アクアリウム」も【ライフスタイル人気記事】♡第3位♡ 『マクセルアクアパーク品川』の「NAKED 花火アクアリウム」 No.647 ゆきちょさんは、『マクセル アクアパーク品川』へお出かけ。開催延長中の「NAKED 花火アクアリウム」は、どこを見てもキレイで幻想的だったそう☆ ▶︎▶︎ 写真映えするスポットがたくさん♡第2位♡ラグビー、有楽町の FANZONEへ No.628 かんちゃんさんは、有楽町の FANZONEでラグビーワールドカップのパブリックビューイングをお楽しみ。ビールを飲みながらの観戦はもちろん最高! ▶︎▶︎日本代表のユニフォームを着て♡第1位♡ 1週間分のおかずをまとめて作り置き No.576 *Ayane*さんは、仕事の日のランチはお弁当を持参して節約&ヘルシーに♪ 洋風も和風も、時短で簡単に作れるレシピをお届け。 ▶︎▶︎彩りもきれい★今回のランキングは10/14(月)~10/20(日)のデータをもとに作成しました。モア世代の"リアル"が詰まった記事をお見逃しなく!→モアハピ部の最新ブログはこちらから
関連キーワード

RECOMMEND