ヴァンドーム広場に新登場したモダンな「ジュエリーの殿堂」

TJAPAN WEB
真面目な少女のような雰囲気を漂わせているガイア

 「ミクロの建築」。ガイア・レポシは自身がデザインするファインジュエリーをこう表現する。彼女のクリエーションは何カラットも宝石を使った これみよがしの装飾品でも、多くのハイエンド・ジュエラーが世に送り出してきたラグジュアリーな夢の世界でもない。人を飾るために作られた建 築作品そのものだ。何連かに分割したリングの指に沿ったシンプルなラインは建築家ル・コルビュジエのブルータリズムを彷彿とさせ、電波のスペ クトルを連想させるくねくねとループを描く繊細なラインには、彫刻家アレクサンダー・カルダーの影響が感じられる。

 

 30歳のガイアは真面目な少女のような雰囲気を漂わせている。ロンドンのチルターン・ファイアーハウス(消防署を改築したホテル、ロンドンで 今一番ホットなスポット)で会った彼女は内気で控えめな印象で、周囲の派手で安っぽい雰囲気とは対照的だ。シンプルで落ち着いたミニマルな服 装で現れたガイアは、かろうじて聞き取れる小さな声で話す。モナコやイタリア、フランスで教育を受けた彼女の英語にはわずかに外国語のアクセ ントが感じられる。ガイアが時折耳たぶに手をやると、リングとイヤリングがきらきら光る。まるで小さなジュエリーがこっそりと星の輝きを捉えているようだ。

 

 

 2007年に家業であるメゾン「レポシ」を引き継いだガイアは旧態依然としたジュエリー界に「静かな革命」を巻き起こしてきた。彼女は分析的視 点からクリエーションに取り組んだ。それは素材となる宝石からスタートするのではなく、無限に近い組み合わせや繰り返しが可能な “システムと モジュール”を確立することだった。ガイアは正式なジュエリー教育を受けていないことについて、こう言っている「。私はテーラーの家系で育ったテーラーのようなもの。宝石のよしあしの見分け方が自然に身についているの。父親以上によい教師がいるかしら」。

 

レポシはガイアの曾祖父が1920年代に創業した老舗ジュエラーだが、父のアルベルトが「ある種のエレガンスを大切にし、女性のネックラインをいかに美しく長く見せるか」にこだわったのに対して、ガイアの関心は「コンセプトやボリューム感に合ったシェイプ」にある。素材はそのあとだという。イタリアの工房では職人が100年近く前から受け継がれている技術を用いて作品を作り続けている 一方で、今はスタッフにパリ本社で3Dプリンターを使った建築の研修を受けさせている。貴金属の酸化の問題にも積極的に取り組んでいるらしい。 また、ネガティブスペース(空間)や人間工学などの目に見えない要素もデザインに取り入れていくようだ。

 

 

 

 

 

ラックゴールドとダイヤモンドを使ったリング「Serti sur Vide Module」コレクション

 

 ガイアのジュエリーに対する従来にない斬新なアプローチにファッション界から称賛の声が高まってきた。そして、LVMHモ エヘネシー・ルイ・ヴィトン」がレポシの少数株式を取得。同社のサポートを得て、レポシは飛躍的な成長を遂げようとしている。「レポシへの投資は何の問題もなくすみやかに決定した」と話すのはルイ・ヴィトンのエグゼクティブ・ヴァイスプレジデントで LVMHの取締役でもあるデルフィーヌ・アルノーだ。この提携を主導したアルノーはガイアと親交があり、彼女の活躍を何年も見守ってきた。これによりLVMHはジュエラーを初めて傘下に収めたことになる。アルノーは「われわれLVMHはガイアの才能を信じている」とガイアを高く評価している。それは建築家のレム・コールハースも同じだったようだ。ガイアは72年以上も前からコールハースに、パリのヴァンドーム広場―カルティエ、ヴァン クリーフ&アーペル、JAR(ひっそりと隠れるようにサロンを構えている)などの老舗ジュエラーが軒を連ねている―にあるレポシのフラッグシップ・ブティックの改装を引き受けてくれるように頼み込んでいた。

 

 

左からOMAのイッポリート・ペステリーニ・ラパレーリ、ガイア、コールハース(店内にて)

 

 ガイアはインスピレーションを受けた書物としてコールハースの途方もないボリュームの建築理論書『S,M,L,XL』(1995)を挙げ、現代社会におけるショッピング体験の重要性が熱く語られていることに感銘を受けたという。彼女はコールハースの設計事務所「OMA」と協力して、ラグジュアリーな顧客体験というコンセプトを再定義しようとした。「人類学的な視点で物事を考えるレムとふたりで、『今の時代にラグジュアリーとは何なのか』『なぜラグジュ アリーは特定分野の商品だけに結びつけられるのか』という問いに答えを 見つけ出したかった」とガイアは言う。

 

最初の打ち合わせで、コールハー スはこう強調した。「ジュエリーのようにディテールが複雑な商品ほど、ディスプレイはシンプルにしたほうがよい」コールハースとパートナーのイッポリート・ペステリーニ・ラパレーリが率いるOMAのチームはガイア自身の好みやこだわりも考慮しながら、約1年かけて新装ブティックの構想をまとめあげた。20冊以上にも及ぶ企画書には遠近法を用いた空間デザインから動力学まで多くのテーマが盛り込まれていた。その企画書に目を通していたガイアは店内の階段だけでも45通りのプランが提案されていることに気づいた。

 

 

 

 

 

明るいゴールドのミラーは“ビルボード”。
回転すると商品が登場する

 

 ヴァンドーム広場の保守的な雰囲気の中で "モダニティへの道しるべ" となるべく、地下1階地上2階のレポシのブティックは7月に新装開店した。 店内はガイア・レポシのメッセージが細部にまで込められたジュエリーとOMAのインダストリアルな内装(コンクリート、アクリル、アルミ、樹脂 製のミラー)が緊張感を生み出している。ペステリーニ・ラパ レーリによれば、1階は「ストリートの延長」という感じでスピーディに商品を見て回れる(レポシの試算では平均的顧客が 買い物に費やす時間は最大5分)。2階はレポシのすべてのコレクションが展示されている「ギャラリー」。地階は選りすぐりのジュエリーとじっくり向き合える「サロン」。ジュエリーを購入するというのは普通なら動きのない「静的な」体験だ。ところが、顧客はレポシの店内を歩いているうちに、“動くディスプレイ”や光の反射に変化を与える "斜めに傾けたミラー”によって動きを体感しているような微妙な錯覚に襲われる。コールハースは初めてのジュエリーショップの設計で解放感を味わった。

 

 

すべてのコレクションが展示されている2階のギャラリー 

 「世界は今、非常に保守的になっている」とコールハースは電話インタビューでため息をついた。「少しでも実験的なことをやると、建築界への挑戦だと受け取られる。建築界には表現する対象が小さくなればなるほど、コンセプトからどんどん離れてしまうという思い込みがある。はたして、ジュエリーのような非常に小さなもののためにアイデアを練って、建築で表現することができるのか。そんな可能性にチャレンジするのは非常に面白かった」ガイアが選んだドナルド・ジャッドの家具が人のぬくもりを感じさせる、プライベートな空間を演出している。同時に、最先端の技術と最高級の素材を融合させてレポシのブランド力を高めようとしている彼女の強い思いを象徴している。ガイアはこのブティックに込めたメッセージをこう語っている。「すごくモダンで、 シャープな、驚きに満ちた空間を演出しているのよ。私は時代を超えて存在しているものと今この瞬間に生まれているもの、つまり伝統とモダンがバランスよく融合したジュエリーを作りたいと思っているの。最初はとまどっていた女性も、やがて自分の体の一部に感じられるようなジュエリーをね」

 

 

 

 

 

ローズゴールド(奥)とブラック ゴールドにダイヤモンドのカフス。

「Antifer」コレクション 
関連記事
  •   夏の耳元に︎ KNOWHOWのノーホールイヤリング&イヤカフ   先月grenのイヤリングをご紹介したばかりなのに、続けてまた!出逢ってしまったノーホールシリーズ。 イヤリング派にとって天国のようなアクセブランドがあるとうかがって、展示会に駆けつけた KNOWHOW(ノウハウ) 。 キラキラな空間に、若い子向けのブランドなのかなーと一瞬躊躇するも、無駄がなくスマートなデザインの数々に、長年「穴なし族」のアンテナがまたまたビビビ イヤリングもイヤカフもわずらわしいキャッチがないのでピアス見え。 少しずつ動かしてピタッと留められるタイプが多いので、耳たぶの厚さに関係なくつけられるし、痛くなりにくいんです。 自分のように短髪で、甘めのデザインに照れてしまうアラフォーにありがたい、シルバーとゴールドのシャープなデザイン。 そしてなんと、左右の組み合わせも自由 自由といわれると、同じものを2つ揃えるのはなんだか野暮な気がして、うーんうーんと迷って選んだ4つがこちら。 久々にアシンメトリーな耳元を楽しんでいます!オ #sizeless #nohole #hanging #knowhowjewelry ##LEE編集部のお買い物 #magazinelee #LEEweb
  • カルティエの“マイヨン パンテール ドゥ カルティエ”に新作が登場した。フランス語で豹を意味するパンテールの名を冠し、マイヨンと呼ばれる幾何学的なデザインのチェーンでメゾンを象徴する豹を表現したジュエリーコレクション“マイヨン パンテール ドゥ カルティエ”。今回、新たに加わったのは、イエローゴールドのリングとブレスレットだ。 “マイヨン パンテール ドゥ カルティエ”リング〈YG〉¥377,500 Maxime Govet ©Cartierリングとブレスレットは、それぞれ2種類の太さがラインナップ。職人の手作業で繋げられたというフラットリンクのチェーンは、極めてシンプルでありながら上質な存在感を放つ。チェーンの一つ一つのコマは、豹の足跡を表現しているという。まるで優美に歩く豹のような、しなやかなゴールドジュエリーで、手元を優雅に彩って。 カルティエ カスタマー サービスセンターhttp://www.cartier.jp/0120-301-757 text:Mariko Inoue
  • シックにもカジュアルにも着られる黒ワンピースは小物で表情を変えて楽しんで。この夏は、涼感のあるブルーの透けシャツを合わせたり、スポーティなサンダルを合わせたりするのもおすすめです。どんなに小物で遊んでも、ちゃんと女らしく決まるのが黒ワンピースの良いところ。 1.涼やか仕上げ 涼感たっぷりの色や素材でとびきり軽やかな“夏の黒”を演出 ブルーの透けシャツとバッグで黒を軽快に仕上げつつ、PVCサンダルでヌーディな足もとに。さらにクールなシルバージュエリーで涼感を底上げ。ワンピース¥22000/シュガー・マトリックス(ストロベリーフィールズ) ネックレス¥32000・リング¥27000/ジョリー&コー(イディアライト) バッグ¥33000/コード(ヴァジック) 靴¥23000/ツル バイ マリコ オイカワ シャツ¥32000/RHC ロンハーマン(エリーン) バッグ¥33000/コード(ヴァジック) 靴¥23000/ツル バイ マリコ オイカワ ネックレス¥32000/ジョリー&コー(イディアライト) 2.スポーティ仕上げ ワンピースにちゃんと品があるからボーイッシュな味つけも女らしく決まる 揺れ感のあるティアードワンピースなら、こんなミックスもちょうどいいカジュアル感に。ボーイッシュな小物は渋めの色で統一すると、やんちゃになりすぎずうまくいく。ワンピース¥22000/シュガー・マトリックス(ストロベリーフィールズ) キャップ¥9200/アルファ PR(カムズアンドゴーズ) バッグ¥36000/UTS PR(アンダーソン ベル) ピアス¥18000/フォーティーン ショールーム(ププティエ) 時計¥18000/エイチエムエスウォッチストア 表参道(ダニエル・ウェリントン) 靴¥11000/デッカーズジャパン(テバ) キャップ¥9200/アルファ PR(カムズアンドゴーズ)  バッグ¥36000/UTS PR(アンダーソン ベル) 靴¥11000/デッカーズジャパン(テバ) 3.クラシカル仕上げ かっちりバッグときゃしゃなサンダル。レディな小物が黒のエレガントさを引き出して 特別感のある着こなしへドレスアップできるのも、ノーブルな黒ワンピースだからこそ。ワンピース¥22000/シュガー・マトリックス(ストロベリーフィールズ) バッグ¥345000/エイチ アイ ティー(ロウナー ロンドン) 靴¥65000/スタニングルアー 青山店(アレクサンドル バーマン) ヘアピン¥900/お世話や(Osewaya) サングラス¥47000/アイヴァン 7285トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥16000(アガット)・リング¥180000(アガット・アンドメモリア)/アガット ベルト¥15000/カオス丸の内(メゾン ボワネ) バッグ¥345000/エイチ アイ ティー(ロウナー ロンドン)  靴¥65000/スタニングルアー 青山店(アレクサンドル バーマン) 撮影/山本雄生(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/河嶋 希〈io〉 スタイリスト/小川ゆう子 モデル/ヨンア 取材・原文/野崎久実子 ※BAILA2019年8月号掲載
  • コーチがブランドアンバサダーである水原希子とのカプセルコレクション「コーチ × キコ・ミズハラ」を2019年7月26日(金)より日本全国のコーチストア(一部店舗を除く)とオンラインストアにて発売する。バッグやアクセサリー以外にも、初のレディ トゥ ウェアのコラボレーションが含まれるこの新作コレクションは、コーチのクリエイティブ・ディレクター、Stuart Vevers(スチュアート・ヴィヴァース)と水原がパートナーを組んでデザインしたもの。 写真左:KIKO スター リング ¥16,000、KIKO キスロック コイン パース〈H9×W13×D5cm〉¥21,000〜¥23,000・写真右:KIKO Tシャツ ウィズ バタフライ ¥22,000、KIKO ミニ スカート ¥34,000、KIKO サファリ トート〈H21×W29×D10cm〉¥60,000、KIKO チャーム イヤリング ¥9,000、KIKO チャーム チョーカー ¥16,000/コーチ・カスタマーサービス・ジャパン ©Coachいずれのアイテムもカラフルなリベットや空想上のバタフライモチーフなどがあしらわれ、水原のプレイフルなセンスが生かされたアイテムに仕上がった。水原は自らが考案して名付けた“エイリアン バタフライ”モチーフについて「エイリアンだけど皆をハッピーでピースフルにする、とても不思議でそして魅力的なキャラクター」と説明する。 写真左:KIKO チャーム イヤリング ¥9,000、KIKO チャーム チョーカー ¥16,000・写真右:(左)KIKO Tシャツ ウィズ バタフライ ¥22,000、KIKO ミニ スカート ¥34,000、KIKO トート ウィズ バタフライ アンド キャリッジ 〈H36×W34×D13cm〉¥35,000、KIKO チャーム イヤリング ¥9,000、KIKO チャーム チョーカー ¥16,000・(右)KIKO ロング スリーブ ニット ウィズ バタフライ ¥55,000、KIKO サファリ トート〈H21×W29×D10cm〉¥60,000/コーチ・カスタマーサービス・ジャパン ©Coachほかに、1960年代のコーチのアーカイブスタイルからヒントを得たという新作バッグ「サファリ トート」も登場。メタリックレザーを使用し、ターンロックの留め金が付いたフロントポケットが特徴のこのバッグは、フューチャリスティックなピンク、グリーン、ブラックの3色で展開。内側にはリミテッドエディションのストーリーパッチがほどこされた、特別な一品となっている。また、キャンペーンビジュアルには妹の水原佑果も登場しているので、姉妹の仲良さげなツーショットも併せてチェックを。 写真左:KIKO サファリ トート〈H21×W29×D10cm〉各¥60,000・写真右:(左)KIKO スウェットシャツ ウィズ バタフライ アンド キャリッジ ¥27,000・(右)KIKO Tシャツ ウィズ バタフライ ¥22,000、KIKO サテン バーシティ ウィズ バタフライ ¥75,000、KIKO チャーム イヤリング ¥ 9,000、KIKO チャーム チョーカー ¥16,000・二人とも:KIKO ミニ スカート 各¥34,000、KIKO サファリ トート〈H21×W29×D10cm〉各¥60,000、KIKO プラットフォーム スニーカー 各¥37,000/コーチ・カスタマーサービス・ジャパン ©Coachコーチ・カスタマーサービス・ジャパン www.coach.com0120-556-750 text: Fuyuko Tsuji ⇩「コーチ」のカプセルコレクション「コーチ × キコ・ミズハラ」をチェック!
  • 清涼感あふれるワントーンコーデにキャップでこなれ感をプラスして♪夏の最強カラー”ブルー”の魅力は、潔いワントーンコーデの時こそ発揮される! くしゅっと腕まくりした水色のストライプワンピに、鮮やかなブルーのカーデをゆるっとひと巻き。知的な女っぽさとちょっとラフなムードが共存してて素敵♡ さらにキャップでスポーティさを足せば、暑さに負けない今っぽいおしゃれの完成。白いパンプスやメタリックバッグで仕上げたこの爽やかさ、右に出る者ナシ!ワンピース¥18000/パリゴ 丸の内店 カットソー¥10800/セント ジェームス代官山店 靴¥13500/ダイアナ 銀座本店 バッグ¥4200/ハリウッド ランチ マーケット(ビンドゥー) 帽子¥1280(価格は編集部調べ)/三浦商事(アンビル) イヤリング¥1200・バングル¥1500/お世話や 飯豊まりえの【今日のコーデ】をもっと見る>>♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡撮影/東 京祐  ヘア&メイク/林 由香里  モデル/飯豊まりえ スタイリスト/石上美津江 原文/野崎久実子
  • 「MAQUIA」9月号の『秋新色2019BOOK』から、トム フォード、ランコム、アルマーニ、ボビイ ブラウンの秋冬コレクションをお届け!最旬カラーを完全網羅!人気ブランド秋新色カタログトム フォード ビューティで自信を宿すTOM FORD BEAUTY トム フォード ビューティ発売日 8.16センシュアルやマスキュリン、グラマラス……。あらゆる仕上がりから自分に合う色が選べる今季のトム フォード ビューティは、どんな感情も自信に変える“エモーションプルーフ”コレクションを提唱。エモーションプルーフ アイカラー各¥4300つけたての澄んだ発色が長時間続く、ニュートラルなクリームアイカラー。手持ちのシャドウのベースとして仕込むと仕上がりに差が。エモーションプルーフ ライナー各¥4300濃縮されたピグメントがまぶたを明るく彩り、眼差しをより印象的に。湿気に強く、涙にもにじまず1日中美しさをキープする。アイ カラー クォード各¥9200ブランドのシグネチャールックであるセンシュアルアイを叶える、スモーキーなアイパレット。ソフト顔もシック顔も思いのままに。ランコムがベーシックメイクを刷新!LANCÔME ランコム発売中 ★…9.13グラデアイメイクラバーから絶大な支持を得るイプノ パレットが、質感から発色、仕上がりまで一新。宝石のようにつややかに輝く新ルージュとの組み合わせで、毎日のメイクに新しい風を吹き込んで。イプノ パレット 各¥6800高濃度に配合したピグメントとソフトなクリームテクスチャーで、まぶたに濡れたようなツヤを。12時間続くラスティング力も見事。ラプソリュ ルージュ R 各¥4000 ★宝石のように美しいカッティングが、唇に心地いいほどにフィット。濃密で純度の高いカラーをまとえば、印象に残る女性に。※01、02、03のみ限定パッケージ。売り切れ次第通常パッケージに。アルマーニ ビューティで美肌効果も狙うGIORGIO ARMANI Beautyジョルジオ アルマーニ ビューティ発売中 ★…9.6リニューアルしたアイティントをはじめ、肌の透明感を際立たせるカラーアイテムに注目。リップにもチークにも使える新作スティック、カラースケッチャーは、使い方次第であらゆる仕上がりが楽しめる。ネオヌード ブラッシュ 各¥5200みずみずしくナチュラルな発色で、ヌーディでフレッシュな血色感を表現。まるで素肌が美しくなったかのような自然な仕上がり。アイ ティント各¥3900アプリケーターが進化し、ハイライターやアイライナーとしても使えるように。光の角度で色みが変化し、単色使いでも表情豊かに。カラースケッチャー 各¥4200 ★リップラインを描いてきちんと、指でラフにぼかしてカジュアルにと、塗り方次第でイメージ自在。フワッと伸びるからチークにも。ボビイ ブラウンがプロ級の仕上がりを約束BOBBI BROWNボビイ ブラウン発売中 ★…8.30目元だけではなく、肌や顔立ちまで明るく見せるアイシャドウパレットと、ラグジュアリーな輝きと発色を約束する大人のためのリップスティックがデビュー! 毎日のメイクが楽しくスペシャルに変化。リュクス シャイン インテンス リップスティック 各¥4200 ★体温でとろけるような濃密な質感と高発色のピグメント配合。ラグジュアリーなツヤリップが完成し、唇主役の華やかメイクに。エッセンシャル マルチカラー アイシャドウ パレット 各¥6000まぶたのくすみをカバーしながら、ナチュラルなグラデーションで肌やリップなど、他のパーツまで引き立てる鉄板アイパレット。MAQUIA9月号撮影/橋口恵佑(物) 久々江 満(物) 取材・文/野崎千衣子 浦安真利子 構成/若菜遊子、萩原有紀(MAQUIA)【MAQUIA9月号☆好評発売中】
  • 今のあなたにぴったり似合うサングラスを見つけよう!紫外線対策としても、夏コーデのアクセントとしても欠かせないサングラス。初心者さんでも照れずにかけられるサングラスや、顔型別に似合うサングラスのベストな組み合わせを解説! [目次] 【2019夏のサングラス】照れずにかけられる♡ 本田翼×最旬サングラス見本 【2019夏のサングラス】フレームの素材や形で、似合うサングラスを探せ! 【2019夏のサングラス】「顔型×サングラス」の似合う組み合わせ ※記事発信時点での情報のため、価格や仕様が変更になっている場合や、販売が終了している場合があります。【2019夏のサングラス】照れずにかけられる♡ 本田翼×最旬サングラス見本紫外線対策としても、夏コーデのアクセントとしても欠かせないサングラス。この夏はおしゃれなのに気取って見えない、クラシカルなデザインが主流なんです♡ サングラス初心者も、マイベストに出合える絶好のチャンス! ばっさーの見本帳を参考に、ぴったりの一本を探してみて。【2019夏のサングラス】やわらかく見せたいなら……涼しげクリアフレーム肌なじみのいい半透明のグレージュフレームに、黒にごく近いネイビーのレンズ。軽さとニュアンスある配色&丸みのあるボストン型フレームが、顔まわりに柔和さを出してくれる♡サングラス¥49000/Continuer(アイヴァン 7285) オールインワン¥26000/ヌキテパ AOYAMA イヤリング¥21900/セシル・エ・ジャンヌ【2019夏のサングラス】さりげなくかけたいなら……丸型メタルフレームかけた時の存在感がほどよいのが、華奢なメタルフレームのいいところ。照れないポイントは、大きすぎず小さすぎない丸型と、濃すぎないレンズの色。ワイルドでもコケティッシュでもない、“さりげないしゃれ感”が今の気分! シンプルな日も、小物で盛った日もしっくりくる♬ 長時間かけていても快適な軽いチタン素材。細身フレームと、ネイビー系レンズが洗練された印象に。サングラス¥31000/ブルース(ヴォン) ブラウス¥5990/バロックジャパンリミテッド(スライ) 頭に巻いたスカーフ¥11000/GREED International(ベッド&ブレックファスト) イヤリング¥22900/セシル・エ・ジャンヌ【2019夏のサングラス】シャープな印象が欲しいなら……クラシカルな大人色フレーム顔まわりをキリッとシャープに映す正統派なら、ブラウン系or黒、ボストンorウェリントンをチョイスして。夏らしい装いもぐんと大人っぽく! リュクスな“かけ映え”が平常心で手に入るべっ甲風デザイン。キャットアイみたいに、目尻がちょっぴりつり上がったウェリントン。ブラウンのレンズもトレンドのフラットで、去年とは一線を画すルックスに!サングラス¥12800/コモノ東京(コモノ) トップス¥16000/ブルーブルー(フィルーズダルボー・ブルーブルー) パンツ¥6990/バロックジャパンリミテッド(スライ) イヤリング¥18000/ジュエッテ ネックレス¥1900/サンポークリエイト(アネモネ)【2019夏のサングラス】洗練ムードをまとうなら……ブラックレンズ×メタル洗練感のある黒は、カジュアルを都会的に引き寄せるのに有効。ブリッジ&テンプルにゴールド色のメタルを配置。ゴツめの太フレームより華奢さを感じる黒なら照れないし、ちょうどいいクールさだって手に入る。サングラス¥39000/アイヴァン PR(アイヴァン) ジャケット¥8990/アメリカンイーグル アウトフィッターズ ワンピース¥23000(リムアーク)・イヤリング¥2990(スライ)/バロックジャパンリミテッド 中に着たタンクトップ¥16000/シンゾーン ルミネ新宿店 バングル¥14000/ジュエッテ →照れずにかけられる♡ 本田翼×最旬サングラス見本を詳しく見る▲【サングラス特集《2019年版》】トップに戻る 【2019夏のサングラス】フレームの素材や形で、似合うサングラスを探せ!サングラスを探している皆さん! なにを基準に選ぼうとしていますか? 色、形、ブランド、値段……ポイントはたくさんあるから、まずは今年の旬デザインを知っておくのはいかがでしょう。“今”のあなたにぴったりな一本が見えてくるかも♡さあ、今こそ、照れずにサングラス!【2019夏のサングラス】1:クリアフレーム白Tシャツとデニム、シンプルなワンピース。夏の定番コーデに合わせるだけで、たちまちあか抜けて、おしゃれな人に。それでいて肌にすっとなじむから、まったく大げさじゃない。この夏いちばんの旬で、いちばん照れない注目デザイン♡【01】華やかな見た目のコーラルピンクは、肌にのせると想像以上に自然なフィット感。初心者にもおすすめ。¥15000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(A.D.S.R.)【02】ほのかなマーブル模様の赤茶フレームと、淡いネイビーのレンズの小粋な配色が印象的な、やや小ぶりのウェリントン型。高級アセテート素材の日本製。¥38000/GREED International(ジュリアス タート オプティカル×ベッド&ブレックファスト)【03】淡くみずみずしいイエロー。オリジナルの繊細な彫り柄を施したテンプル芯が透けて、横顔にもおしゃれな存在感たっぷり。¥30000/アイヴァン PR(アイヴァン)【04】全体的に細身で、顔型を選ばないボストン型フレーム。彩度の高い爽やかなブルーも肌の上だと少し暗めに映り、つけやすい一本。¥12800/コモノ東京(コモノ)【05】角度で印象が変わるグレー×べっ甲風。遊びがあっても個性的すぎないのは、クリアだからこそ。¥22000/ブルース(スーパー バイ レトロスーパーフューチャー)【06】丸みのあるボストンと、逆台形のウェリントンをいいとこ取りした“ボスリントン型”。グレーのワントーン&ゴールド色のひし形パーツが都会的。¥30000/アヤメ【2019夏のサングラス】2:メタルフレームきかせるならシルバー【上】いぶしたような風合いのメタルフレームや、べっ甲調のモダン(耳にかける部分)など、ヴィンテージ感のあるデザインが特徴。¥7500/ゾフ 【下】チタンのリム上部に黒のアセテートをかぶせたコンビネーションフレームは、適度なシャープさが。¥45000/アヤメなじませるならゴールド【上】ファッション性の高いプチプラサングラスならココ。イエローゴールドカラーと淡いブラウンのワントーン風配色が大人。¥990/GU【下】度つきレンズのまま、ワンタッチでUVカット率99.9%以上のカラーレンズがセットできる、話題の2way。¥10000/JINS【2019夏のサングラス】3:クラシカルフレーム女っぽくならべっ甲風【上】ぽってりとしたボストンフレームに、細身のテンプルのバランスがおしゃれ。レンズには地面や水面の反射光や眩しさをカットし、視界を明瞭にする偏光タイプを採用。¥47000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) 【下】アンティーク調ゴールドをまとった、柄入りのメタルパーツがアクセントに。細身のボストンフレームの美しさも際立って。¥35000/アヤメカッコよくならブラック【上】ウェリントンにごく近いボストン×ブルーレンズ。レザー調テンプルで、高見えもばっちり。¥5500/ゾフ【下】マットなオール黒のウェリントンは、ユニセックスな凜とした雰囲気が魅力。¥3000/JINS →2019夏のおすすめサングラスを詳しく見る▲【サングラス特集《2019年版》】トップに戻る 【2019夏のサングラス】「顔型×サングラス」の似合う組み合わせ“紫外線は目からも入ってくる”なんて言うし、おしゃれなデザインもたくさんあるし、やっぱり夏はサングラスをかけたい。「でも私には似合わないから……」って諦めてませんか!? しっくりこないのは、もしかしたら「顔の形に似合っていない」のかも! そこで『JINS』の広報担当・岡田さんに、顔型×サングラスのベストな組み合わせを教えてもらっちゃいました♡【2019夏のサングラス・顔型別似合う組み合わせ】丸型さんには……縦よりも横幅の印象が強く、丸みのある輪郭には、直線的なラインを描くスクエア、やさしい雰囲気を生かす場合は逆三角形に近いボストンがおすすめ。【2019夏のサングラス・顔型別似合う組み合わせ】三角型さんには……三角型は4つの中でフレームを選ばない顔型。ボストンやスクエア、目尻に向かいスリムになるフォックスは、シャープなフェイスラインのアピールに効果的。【2019夏のサングラス・顔型別似合う組み合わせ】面長型さんには……丸型とは反対に縦がすっきりな面長型。逆台形で外側の天地に幅のあるウェリントンや、やわらかく見えるボストンなど、視覚的に長さを感じさせないものを。【2019夏のサングラス・顔型別似合う組み合わせ】四角型さんには……四角型の直線的な輪郭には、まあるいラウンド、ボストン、楕円形のオーバルなど、輪郭の印象とは逆の曲線シルエットを。サイズは小さすぎないほうが◎。【2019夏のサングラス・顔型別似合う組み合わせ】さらに詳しいポイントもチェック!Q.サングラスはベストな位置はある?A.眉が見えるか見えないかの位置が理想的眉とサングラスに距離があるとアンバランスに見えることが。フレームの上辺が眉のラインにそい、そこから眉が少しのぞくくらいがベター。Q.肌の色によって似合うレンズの色も違うの?A.イエベ肌、ブルベ肌で変わってきます!自分のパーソナルカラーを知っているなら、レンズやフレームの色を合わせるとより似合う一本に。イエベ肌は明るいベージュや茶、ブルベ肌は黒、グレイ、ネイビー系を。  教えてくれたのは『JINS』広報 岡田真里奈さん「顔の輪郭とフレームの形が対照的だと、上手にバランスがとれる傾向があります。来店の前にそれを知っておくだけでも、選びやすくなりますよ!」 →顔の形別・似合うサングラスを詳しく見る▲【サングラス特集《2019年版》】トップに戻る その他、夏ファッション関連特集もチェック♪¥3000あれば買えます!『GU』の夏小物に頼らない手はないよね♡20代レディースの夏ファッション特集《2019年版》 - ワンピースやTシャツなどおすすめコーデは?ユニクロコーデ《2019夏》- 20代のプチプラオフィスカジュアルなど、ユニクロ・ユニクロ ユーの夏コーデ大人かわいいプチプラファッション特集《2019夏》 - 20代後半女子におすすめのきれいめコーデまとめオフィスカジュアルまとめ《2019年夏》- 20代におすすめのコーディネートとは?
  • 「モア世代で買っておいたほうがいいもの」、教えて、おしゃれ先輩!MOREのモデルとしても大人気だった“おしゃれ先輩”にモア世代の時にこれを持っていてよかった、持っておくといい!と思ったものを教えてもらいました。20代でどんな一生もの、名品たちと出合ったの? 増税も気になるいま。買ってすぐも、この先も、ずっと使える厳選アイテムを、エピソードとともにご紹介します! モデル・田中美保さんは何を愛用してる?モデル・田中美保さんの「20代で買ってよかった!」「20代で欲しいと思ったものは迷わず買っておいてよかった、と大人になった今思います。独身は自由にお金が使えることが多いでしょ。30歳過ぎたり結婚したりすると将来のことを気にして装飾品に思いきれなくなるから。今のうちって考えていました。いいものは買っておくとずっと使えるから、ムダと思わず楽しんで」(田中さん、以下同)『バレンシアガ』のトートバッグ「1〜2泊の小旅行に使えるいいバッグを探していた時に出合ったもの。キャンバス地だから重くなくて丈夫、なおかつ気分の上がるハイブランドという組み合わせがお気に入り。こういうバッグがひとつあると旅慣れた雰囲気も出るし、旅行もいっそう楽しくなります。旅が増える20代のうちにこんなバッグを買っておくと、人と差がつきそう」バッグ/本人私物 ワンピース¥48000(エリン)・レギンス¥6000(シップス)・イヤリング¥12000(ドミニク デネーヴ)/シップス 渋谷店 靴¥10800/フリークス ストア渋谷(シャカ)『クリスチャン ルブタン』のパテントパンプス「いざという時にはける、上質な靴を一足持っておくといい。それもシンプルではやりすたりのないプレーンなものを。それに気づいたのはこの靴を買ってから。結婚式や集まりごとがある時に頼れる靴があると、おしゃれにも自信が持てます」。靴(8.5)¥81000/クリスチャン ルブタン ジャパン(クリスチャン ルブタン)『リック・オウエンス』のライダースジャケット「靴にしろジャケットにしろ、レザーアイテムは一度買うと長年使える。安いものを毎年買うくらいなら、いっそ思いきっちゃうのもいいと思います。毎年レザーの風合いが変わっていくさまを楽しんだり、ケアをして大切に保管する手間も、大人のおしゃれならではって感じがして好きです」。ジャケット¥275000/イーストランド(リック・オウエンス)『TASAKI』のパールネックレス「20歳くらいの時に親からプレゼントされたのが初めてのパール。当時はしっくりこなかったけれど、似合う年齢って突然やってくるもので。それに上質なパールを持っておくと、冠婚葬祭でも場慣れしたムードが出ます。もちろんデイリーにもいいし、持っておいて損がないです」。ネックレス[K22 イエローゴールド×あこや真珠]¥209000/TASAKI(TASAKI by MHT) ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 原文/野田春香 撮影/森脇裕介(モデル) 魚地武大(TENT/製品) ヘア&メイク/渡辺真由美(GON.) モデル/田中美保  スタイリスト/森 由美江(製品) 永田彩子(田中さん衣装)
関連キーワード

RECOMMEND