ニューヨークに“発見”された、今話題の日本人画家とは?

TJAPAN WEB
東京にある五木田のアトリエの作業用デスクは資料や道具であふれている

 草間彌生や村上隆、奈良美智らが高く評価されたことで、日本人アーティストたちが海外の現代アートの世界で知られるようになったものの、彼らに続く存在となるとあまり思い浮かばないというのが現状ではないだろうか。加えて、アニメを取り入れたような「ジャパニーズ・ポップ」も、以前に比べて新鮮さが感じられなくなり、そういった趣向の作品が話題になることも少なくなっている。

 

 

 そんな状況の中、ひとりの日本人画家が今ニューヨ ークで注目を集めている。彼は人物を描くことにこだわりつつも、日本発の「かわいい」や「オタク文化」を取り入れているわけでもなく、白黒の独創的な絵によって、米国のアーティストや批評家からも高い評価を得ている。五木田智央。現在、47歳になる東京在住のアーティストがその人物だ。

 

 

 

 

 

「インスピレーションソースは音楽」 という五木田が収集するLPレコード。

戦いの場であり創作の拠点であるアトリエにはモダンジャズが流れる

 PHOTOGRAPH BY YASUYUKI TAKAGI

 絵を描くことに関してはまったくの独学だったという五木田は、若い頃から商業イラストやグラフィックデザインの仕事に携わってきた。紙に鉛筆やペンを使って、古いグラビア写真や映画雑誌、ポルノや音楽や LPジャケットなどをイメージソースにしながら、彼が慣れ親しんだ高円寺周辺のサブカルチャーを反映させたようなものを描いていた。

 

 

 五木田が90年代中頃に描いていたイラストレーションにはカルト的なフォロワーたちがいて、東京とニューヨークで展覧会のキュレーションを行なっていた僕が彼に出会ったのもちょうどその頃だった。太ったラ テン風の女性、覆面プロレスラー、ポルノ、昭和の日本風景、手書きのレタリングなど、その特徴のある名前とともに脳裏に残る癖のあるスタイルであったものの、正直に言えば、それがまさかのちに現代アートの分野で評価されていくことになるとは想像できなかった。しかし、それから約10年後、当時、僕が住んでいたニューヨークにおいて、五木田のユニークな作風が日本通のアーティストたちの間で評判になり始めた。 その流れを受け、僕は2005年に友人が経営していたATMギャラリーで『Remarkable Hands』というグループ展を企画し、五木田の作品を紹介してみたのだ。

 

 

 

 

 

今年9月に開催されたメアリー・ブーンでの個展 『OUT OF SIGHT』で発表された最新作。

30年代のハリウッドスター たちをイメージソースとしている

 “SWEET SOUL”(2016) © TOMOO GOKITA / MARY BOONE GALLERY, NEW YORK

 東京から送られてきた五木田のドローイングは、あまり宣伝せずともすぐにほぼ完売した。続けて同ギャ ラリーでの個展が決まったものの、心中では「これまでのイラスト路線でいいのか、描くことにもっと情熱をもって立ち向かわないといけないのではないか」と、その後の進むべき方向性に深く悩んでいたという。そんな暗中模索の状況の中、「たまたま手もとにあった画材でさっと描いてみたら、思いのほかよくできてしまって......」と、彼はカンバスに白と黒のみのグワッシュで描いた作品の誕生を振り返る。この偶然に生まれたスタイルにより五木田は「結果的にイラストレータ ーとしての自分に決別する覚悟ができた」と言う。

 

その後の彼のトレードマークとなっていく、モノクロのグラデーションが特徴のシュールな絵は、どこか不気味なオーラが漂い、暗さや残酷さ、そして奇抜な発想で満ちていた。「古い雑誌などからイメージを引用しながらも、一気に即興で描いていきました」。こうして生まれた五木田の作品は大きな評判を呼び、以降、ニューヨーク、ロサンゼルス、東京と展示を続け、そしてついにはニューヨーク屈指の現代アートギャラリーのオーナーであるメアリー・ブーンの目にとまることになる。

 

 

  “I DON’T LIKE KARAOKE”(2016) © TOMOO GOKITA / MARY BOONE GALLERY, NEW YORK

 ブーンは、80年代初頭に一世を風靡した「ニューペインティング」を代表するジュリアン・シュナーベル やデヴィッド・サーレらを世に送り出した著名なギャラリストだ。以前から五木田の熱心なファンだったアーティストのKAWSを介して紹介されると、彼女は五木田の絵をひと目で気に入り、2014年初頭にチェルシーの彼女のギャラリーで個展を開催する。五木田の知名度は一躍ニューヨークのアートシーンに広まっていき、この9月には二度目となる個展を開催した。「抽象だった顔を今回はあえてしっかりと描いてみた」と、 30~50年代のハリウッドの銀幕スターたちを題材にした12点の力作で来場者を魅了した。

 

 

 

 

 

  “PERFECT PAIR”(2016) © TOMOO GOKITA / MARY BOONE GALLERY, NEW YORK

 まさに飛ぶ鳥を落とす勢いである五木田だが、「これまで自ら作品を売り込んだことも、アメリカで成功したいと思ったことも一度もなかった」と、現在の自分の状況に少し戸惑っているかのように語る。「観客ではなく、自分が驚くような絵を常に目指しているんです」。ニューヨークに行ってもレコード店は散策するが美術館やギャラリーに足を運ぶことはない。アート界の動向にもほとんど無頓着だ。巨大ビジネス化し、売り込み戦略が重要視される現代のアート界ではかなり稀有な存在だが、「絵の中に必ず美しい部分やユーモアがあるということが重要なんです」と語る、この魅力あふれるアーティストが今後どのような道を歩んでいくのか、目が離せない。

 

 

ニューヨークに個展用の作品を送りだしたあとのアトリエ

 PHOTOGRAPH BY YASUYUKI TAKAGI

 

 

五木田 智央(ごきた ともお)

1969年東京都生まれ。2000年に作品集『ランジェリ ー・レスリング』出版。五木田の初期作品は、おもに紙に描かれたドローイングであり、イラストレーションとして雑誌媒体を中心に数多く発表されていた。10年ほど前からカンバスにグワッシュを用いたモノクロの絵を描き始め、その作品が海外で注目を集める。2014年にDIC川村記念美術館で初個展を開催

 

 

 

 

 

絵の具が塗りつけられたノートブックは、五木田が「パレット」と呼ぶ作品。

アトリエには五木田のインスピレーションのもとになるものが

あちらこちらに置かれている

 PHOTOGRAPH BY YASUYUKI TAKAGI
関連記事
  • 佐藤勝利「彼の冬小物、彼と冬小物」大好きなキミと。あったかさを半分こ、幸せは2倍。佐藤勝利の“シェア”事情実際に佐藤さんと冬小物をシェアするなら、どんなものをどんなふうに楽しんでくれるの? 小物、洋服、時間……シェアにまつわる男子のホンネ。Q.女の子と小物をシェアするのってあり?「恋人同士で服や小物をシェアするのは特別なことではない気がする。冬のデートで寒い時に彼のマフラーや手袋を借りる、彼の家に泊まりにいった時パジャマ代わりにTシャツを借りる、そういうことも普通にあるだろうし。あと、大きめのメンズアイテムを身につけている女の子ってなんか可愛いんですよね。ブカブカのTシャツ、指先が余った手袋。つま先が余ったソックス……そういうのを見ると、当たり前だけど『あ、女の子なんだな』ってあらためて思うというか。実はSexy ZoneのライブTシャツには“彼氏から借りたTシャツ感”を裏コンセプトに少し大きめに作ったものもあったりするんです」(佐藤さん、以下同)Q.「これだけはシェアしたくない」と思うものはありますか?「シェアには恋人同士の温度も感じるというか。学生時代、先輩や彼氏のマフラーを巻いて登校する女の子をよく見かけて、そんな恋人関係に『いいな』と憧れたこともありました。まあ、憧れたところで僕はもう学生には戻れないけれど……(笑)。だからこそ『これはイヤだ!』と思うものは特にないかな。あっ、外にはいていくソックスは『ちょっと……』と思うかもしれない。ルームシューズ感覚の厚手のソックスとかならまだしも、デイリーにはくソックスは下着に近いような気がして。僕がイヤというよりも、相手に申し訳ない気がして(笑)」Q.実際にシェアすることはありますか?「僕には年の離れた兄姉がいるんですけど。学生時代はおしゃれな兄のジャケットやコートを借りて出かけたこともありました。勝手に着て怒られたことはあるか? いや、ないですね(キッパリ)。兄だったら、怒るどころか『寒くなくてよかったね』と言ってくれると思う。佐藤家はみんな本当に優しいんです。わが家は姉、兄ふたり、僕、と子供が多かったから、幼い頃からおさがりが当たり前。それは全然イヤじゃなかった。姉の服を着た女の子みたいな僕の写真も残っているんですよ(笑)。シェアに抵抗がないのは、そんな環境で育ったのも大きいのかもしれないです」Q.佐藤勝利と“時間”をシェアするなら?「僕、忙しいですからね(笑)。休日もボンヤリ過ごすのがもったいなくて、家から一歩外に出たいと思う、わりとアクティブタイプなんです。冬、デートするならドライブがいい。車なら愛犬のチャイも一緒に出かけられるし。行き先は横浜とかもいいですよね。年末年始のにぎわう街を眺めながら車を走らせたりして。家デートなら確実に、ずっとハマっている料理の腕前を披露します。カッコつけて、おしゃれなパスタとか作るんだろうな(笑)。料理はひとりで作っちゃいます。自分のペースがあるから。車の運転はふたりでしない、それと同じです。遊びに来てくれたからには“おもてなし”したいし。食後はお酒を飲みながら一緒に映画を観るのかな。『何を観る?』って相談する時間すら楽しいんだろうな」>>【Part1】佐藤勝利(Sexy Zone)「彼の冬小物、彼と冬小物」。女の子と小物をシェアするなら? ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/石田真澄 ヘア&メイク/NOBUKIYO モデル/佐藤勝利(Sexy Zone) スタイリスト/小松嘉章(nomadica) 取材・原文/石井美輪 構成・企画/渡部遥奈(MORE) 
  • マスク生活が続き、マスクでもおしゃれをしたい!と思い布マスクを集めるようになりました 今回はその中でも私のマスクコレクションの一部をご紹介したいと思います✨ 紹介するのはvi-na by  ISAMU MORITAのものです。 このブランドはウェディングドレスブランドのイサムモリタが手がけるアパレルブランドで デザインも機能、素材もドレスクオリティなのに¥1000〜というリーズナブルさなんです✨! たくさんの種類のマスクがあるため、TPOに合わせてコーディネートを楽しむことができます それではさっそく紹介していきたいと思います! ▼ネックストラップマスク チェック 秋冬コーディネートにピッタリのチェック柄で、マスクを外している時は首からぶら下げることが出来ます。 リボンが垂れ下がっているのも可愛いです。 ▼メイクアップマスク チェック こちらは先程紹介したチェック柄マスクのリボンバージョン。リボンがベルベット素材で、好きなマスクカラーに好きなリボンのカラーを組み合わせることが出来ます。 ▼ネックストラップマスク コーデュロイ コーデュロイがおしゃれで、カジュアルなコーディネートにもぴったり。市販のフィルターを入れるポケットもついています! ▼メイクアップマスク レース×サテンリボン 国産リネン素材の上に花柄のレースが重ねられ、さらにサテンリボンで可愛いらしいマスク。 リボンの色は4種類あり、リボンを変えるだけでも印象が違います。 ▼メイクアップマスク ラメ×レース ラメ素材の上にリーフ柄のレースを重ね合わせ、ベルベット素材のリボンで甘くなりすぎないデザイン。 ドレスアップした時にもおすすめです。 vi-na by  ISAMU MORITAのマスクは レディースだけでなく、メンズコレクションも種類が豊富! カップルでつけても可愛いと思います✨ 京都にお店を構え、オンラインショップでも購入が可能です。 また、大阪・横浜・博多・東京でも今後pop-up Storeが開催されるそうなので是非チェックしてみてください! vina.isamumorita.official 最後まで読んで頂きありがとうございます✨ まだまだマスク生活が続きそうですが、おしゃれマスクで少しでもハッピーに過ごしていきたいですね Instagramもやっているので是非フォローしてみてください Instagram ❤️
  • BAILAエディターズのリレー式コラム、第236回目は、今なら東京で購入できちゃう、北海道の人気ベーカリー「小麦の奴隷」のザックザクカレーパン♪ ロケットの町・大樹町で生まれたエンタメパン屋「小麦の奴隷」 バイラでダイエット企画や健康特集をするたびに、深く納得し、食生活を節制し適度な運動を心がけています(言い訳1)。心がけているんですが、やっぱり美味しいものと出会いたい欲求は尽きませんし(言い訳2)、次から次へと世の中に美味しいものが誕生するし(言い訳3)、このリレーコラムも回ってくるので(言い訳4)、多少のカロリーには目をつぶって、日々美味しいものを探し歩いています。以上、開き直りでした。今回ご紹介するのは、そんな私の日常を見透かしたような店名の「小麦の奴隷」。 「小麦の奴隷」は「ロケットの町」として有名になった、北海道・十勝の大樹町に昨年オープンしたパン屋さん。クラファンで資金を募ったり、SNSで製作工程を配信したり、品質の落ちない冷凍生地を開発して職人的働き方に改革を起こしたり、とベーカリーをエンタメ化させた、まさに「今」が詰まった話題の新世代パン屋さんです。ここの人気をググっと後押しした代名詞的商品が、この「ザックザクカレーパン」。 なんと大樹町では3ヶ月で1万個を売り上げ、カレーパングランプリ2020東日本揚カレーパン部門金賞! 昨年東京で行ったPOPUPでは1500個が即完売、という超人気ぶり。前回のPOPUPでは購入が叶わなかったのですが、この人気カレーパンが現在、清澄白河のギャラリーMITSUMEとコラボして「小麦の奴隷LABO×MITSUME」として6月中旬まで期間限定OPEN中なのです。イチ小麦の奴隷として、今回は逃すわけにはいきません。ということで、先日購入してきました! 全方位にクルトン!食感がすごい「ザックザクカレーパン」 カレーパンの醍醐味といえば、アツアツをかじったときの「ザクっ」という揚げたて衣の食感ですが、見てくださいこの衣! マッサージボールならトリガーポイントにぐいぐい効きそうなこのビジュアル。 クルトンをパン全体にまとわせ、パンとともにカリっと揚げることで、どこから食べても最後までザックザク! まるで焼き菓子を食べているかのようで、おやつとしても満足感大!中身のカレーは甘さ控えめな&香りの良いスパイシーカレー。じゃがいもは地元十勝の厳選食材というのも嬉しいポイント♪揚げる時間やタイミングにも日々研究を重ねているので、油切れもよく、しつこさも感じさせません。ヘビーな見た目ですが、楽しい食感とともに意外とパクっと食べられちゃう。お家でトースターでちょい焼きするとアツアツ&ザクザクで美味ですが、冷めてもザクザクでおいしいです。 その他、リッチな生食パンやチョコクロワッサン、塩バターパンに惣菜パン・・・楽しい&美味しいパンが目白押しでした。SNSでは毎日種類ごとの焼き立て時間をアップしてくれているので、是非チェックして焼き立てをゲットしてください! 近年再びブームが訪れているカレーパン業界の風雲児、是非お試しあれ。(編集斉藤)
  • 今季もUNIQLO UでTシャツを新調しました。カラーはとりあえず持っておいて便利な3色。こんばんは!雪千代です。 本日も昨日に引き続きUNIQLO U購入品のご紹介をしたいと思います。 私の中UNIQLO Uのアイテムの中でもお気に入りのものといえば定番のTシャツです。 今年の春夏用に早めに新調しとこうということで とりあえずは何枚あっても困らないベーシックカラーを買っておきました。クルーネックTシャツ(半袖)1000円(税抜)しっかりとした生地感なのにもかかわらず1枚1000円というプチプラ加減に愛を感じます。 こういったTシャツは毎年ほぼヘビロテでガンガン着まくる傾向にあるため とても助かります^^ちなみに私はLサイズを着ています。 タイト目なデザインなのでジャストサイズで着るとしたら 普段よりワンサイズ上くらいが良さそうです。カジュアルにはもちろん すっきりとした形なのでジャケットと合わせてキレイ目にも着れるし インナーとしても活躍できて オンオフ関係なくヘビロテできるアイテムなのでほんとに何枚あっても困りません。 というわけで今回もUNIQLO Uの購入品のご紹介でした。 本日も最後までお読みいただきありがとうございました☆インスタグラムも更新中です♪ よかったらフォローをお願いします^^ ↓↓↓No.169 雪千代
  • フェミニンで洗練されたラベンダー色は、冬のさし色としても上品かつぴったり!※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます自分が見ても相手が見ても元気になれる柄スカートを履けば気合が入って仕事もどんどんこなせそう。ブラウス×スカートのマンネリおしゃれをも一気に活性化してくれるのは品のあるきれいなラベンダー色。オフィスにふさわしいきちんと感もありつつ、後ろウエストゴム仕様だから快適に過ごせるのが嬉しい。艶ボウタイブラウス¥15,000(商品コード:371431)・スカート¥17,000(商品コード:377341)/SHOP Marisol(エムセブンデイズ) コート¥72,000/MOGA 靴¥20,000/デミルクス ビームス 新宿(デミルクス ビームス) バッグ/スタイリスト私物撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/吉村友希 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼「柄スカート」を使ったコーデの関連記事もチェック
  • 透き通るような美肌の白石麻衣さん。そんな彼女に、キレイになるためにしていることや白肌を保つ秘訣などを教えてもらいました。 Q 日々美容のために食べたり飲んだりしているものは? A 冷たいお水と、お野菜たっぷりのサラダ  常温のお水のほうが体にいいとは思うんですけど、冷たい軟水が好きなんですよね。一日2ℓくらいは飲むように心がけてます。サラダもなるべく毎日食べるようにしていて、特にトマトは成分的にも美容にいいと聞いて欠かさないように。サプリメント類にはあまり頼らずに、たまに肌のための漢方を飲むくらいです。 Q 最近ハマっている自炊メニューは? A 焼き餃子です!! 豚ひき肉にキャベツ、ニラ、そこにお酒や鶏ガラスープなどでしっかり味つけをしたものが好き。あとは白いご飯が好きなので、それに合うおかずがほとんどですね。野菜炒めとか、ハンバーグとか。ちなみにハンバーグは、よくこねたほうがおいしくなる気がするので、ぜひ。 Q 毎日の疲れはどう解消していますか? A しっかりと汗をかくまで湯船につかるようにしています  だんだんと寒くなってきてから、やっぱり湯船につかると疲れが取れるなって実感したので毎日入るように。入浴剤は新しくハーバルなリラックス系の香りのものも使うようになったんですよ!(笑)香りの癒し効果って大きいですよね。いろいろと試してお気に入りを探し中です。 Q 過去、成功したダイエットは? A 大好きな白米を夜だけ減らす方法、かな  一時ヨーグルトを食べて腸内環境を整えてみたり、カロリーが低そうだなと思って春雨でダイエットをしたことがあったんですけど、実はけっこうカロリーがあったという(笑)。結局、大好きな白米を夜だけ減らすのが、いちばん効果があった気がします。 Q おうちで運動はしますか? A 基本的にはパーソナルジムで。時間があるときはおうちでも。今は、お尻をお尻にしたい!!(笑)  ヨガマットを敷いて、テレビを見ながらストレッチポールやダンベルを使って運動をすることもあります。大体30分から1時間くらいかな。最近外国の方がパンツをはいたときのようなお尻のシルエットに憧れていて、丸みがあってキュッと上がった“お尻っぽいお尻”になれるようにトレーニングを強化中です! しらいし まい●1992年8月20日生まれ。A型。2011年、アイドルグループ〝乃木坂46〞のメンバーとなる。絶対的エースとして活躍しながらドラマや映画などにも出演し、女優として活躍の場を広げる。そして2020年10月、約9年間の活動を経てグループを卒業。今後新たなフィールドでの活躍が期待される。 ドレス¥65000/イザ(セルフポートレート) サンダル¥66000/ボウルズ(ビューティフルシューズ × ハイク) 女優 白石麻衣 しらいし まい●1992年8月20日生まれ。A型。2011年、アイドルグループ〝乃木坂46〞のメンバーとなる。絶対的エースとして活躍しながらドラマや映画などにも出演し、女優として活躍の場を広げる。そして2020年10月、約9年間の活動を経てグループを卒業。今後新たなフィールドでの活躍が期待される。 撮影/柴田フミコ ヘア&メイク/野口由佳〈ROI〉  スタイリスト/笠原百合 取材・原文/森山和子 ※BAILA2021年2月号掲載 【BAILA 2月号はこちらから!】
  • しばらくはマスクとのお付き合いが続きそうですね。そんな日々だってメイクは楽しみたい人に読んでいただきたいです。マスク生活って本当憂鬱ですよね…。 そしていろんな意味で息苦しいです。 「マスクするからスッピンでいいやー」っていう声もよく聞きます(笑) 気持ちはわかる…。 しかーし、アラフォーともなるとそうもいかない。 メイクはマナーだったりもするし。 私はリモートだろうが、オフィスだろうが、基本的に仕事の日は常にバッチリメイクです。 メイクって武装というか、私の中でエンジンかける時間だったりもします。 でも、こんなに頑張っても、半分くらいマスクで隠れちゃう。切ない。 でもでも、女性に生まれたからにはメイク楽しみたい! ということで、私はマスク着用時でもちゃんとメイクがアピールできるポイントを解説したいと思います(笑) ・オンライン ・マスク着用 この2点をポジティブポイントにしたいと思います。これは10月の結婚式にお呼ばれした時の写真です。 フルメイクです。でも、結婚式の時と、日常のメイクって私はほとんど変わりません。 マスク取ると常にこんなメイクしています。 結婚式の際は、マスクを取ることを想定してメイクしましたが、日常においては基本着用しっぱなしですよね。 オフィスで撮った写真がこちら。加工なし。それよりも背景気になりますよね(笑)弊社はとても眺めが良いのです…!今日もバッチリメイクです(笑) マスクの下もちゃんとメイクしているであろう感が伝わるかと思います(笑) 私が日々、仕事をする時のメイクで意識していることは二つ。 「色味」と「位置」です。 この二つが押さえられていると、マスク映えするメイクになると思います。 まず色味ですが、 マスクを着用すると、目で見える顔面の範囲は半分になります。 リップメイクは見えません。全顔見えている状態を「10」とすると、マスク着用時は「5」になります。 「5」をそのまま「5」にしていると、「ちょっと元気がない印象」になると思います。 リップやチークで色味のバランスを出していたと思いますが、それらがないからです。 なので私は、アイメイクに以前よりも色味を使うことを意識しています。最近は「レッド系」にハマっております。 真ん中のトムフォードのアイシャドウは、Marisol1月号にてえびちゃんが付けていました❤︎ 写真だとちょっと色がボケてしまいますが、実際は結構はっきり色が出るタイプです。 これらのアイシャドウを気分に応じて日々ローテーションで使い分けています。 マスクの時はいつもよりラメ感があっても、too muchにならないと思います。 オンラインだと、メイクの色味は飛びがちです。 いつもの濃さだと時には「ちょっと顔色悪い人」になりがちです。 マスクをとって参加する際は、リップも通常よりしっかり目、もしくは濃いめを付けています。そしてチーク。 「チークなんて見えないじゃん」と言われそうですが、いつも通りの位置に乗せていたのではそうなりますよね。 マスクの際は、ちょっと上めに乗せるのがポイントです。 写真だとちょっと伝わりづらいかもしれませんが、マスクの上からちゃんとチークが顔を出すような位置に入れています。 BAの方にも言われましたが、マスク着用時にチークの位置を変えることでお顔の印象も変えられると。 ですから、チークを入れる位置はいつも付けているマスクのサイズなどに合わせて変えることをお勧めします。 あとは「線」もしっかり意識したいところです。 アイラインや眉もしっかり整え、メリハリを出すことも大切だと思います。こちらもとある日のメイク。 この日もバッチリ(笑) スキンケアもですが、メイクもしっかり楽しむ日々を送っております!最後にこの日の髪型。編み込みです。たくさんの人に褒めてもらいました♡No.202 marico
  • 2012年公開の映画『レ・ミゼラブル』で、アカデミー賞助演女優賞を受賞し栄光を手に入れたアン・ハサウェイ(38)。一方で、これをきっかけに世間から大バッシングを受けることに! 現在は「自身にとっていいことだった」とポジティブに受け止めているというアン。米メディア『SUN』の最新インタビューで当時の心境を語った。 Photo:Afloアンは2001年に、『プリティ・プリンセス』で映画デビュー。代表作の『プラダを着た悪魔』をはじめ、幅広い役柄をこなす演技派女優として、華々しいキャリアを築いてきた。そして2012年、ミュージカル映画『レ・ミゼラブル』に出演。約11キロ減量し、トレードマークのロングヘアをばっさり切るなど壮絶な役作りをして臨み、翌年2013年に第85回アカデミー賞助演女優賞を受賞。 演技派女優の証を手にし、受賞スピーチでは声を震わせながら感謝と喜びを語ったアン。しかし、その姿に「わざとらしい」「嘘くさい」と批判の声が集中! Photo:Afloさらに授賞式でのドレス姿にまで、「胸が透けているみたいだ」と悪意のあるコメントが。当時SNSでは「#Hathahate(ハサウェイ嫌い)」というハッシュタグが蔓延するほど、アンチが大量発生する事態に。 Photo:Getty Imagesアカデミー賞受賞から約8年経った現在、当時について「過去のことを掘り返すことはしたくないけど、私はそのとき自分の中にモンスターを飼っていたの」と振り返ったアン。「私はインターネットを見て、自分を憎み、それが重大なことだと思っていた」と語り、ネット上のバッシングで自分自身を愛せなくなっていたことを告白した。 Photo:Instagram(annehathaway)また、以前、アカデミー賞を受賞したことについて「本当はあまり嬉しくなかった」「嬉しいふりをしなければならなかった」と語ったことも。「ふつうは幸せになるはずだけど、私はそのように感じなかった」「人々が一生かけて目にするお金より高額のドレスを着て、全ての人間の経験の一部としてまだ残っている苦悩を描いたこの作品で、授賞式に立ったことは間違っていた」と当時の心境を明かした。 フランス革命時代、貧困に苦しむ娼婦という役柄に感情移入したままだったアンは、アカデミー賞というきらびやかな場に立つことがふさわしくないと感じていたよう。 Photo:Instagram(annehathaway)受賞をきっかけに激しい批判が向けられたが、現在はそれを乗り越えたアン。「人は恥ずかしさで死ぬことができるように感じるだけで、実際には死なない」と語り、バッシングを乗り越えたことで精神的に強くなったことを明かした。 Photo:Instagram(annehathaway)昨年公開された映画『魔女がいっぱい』では、口の裂けた恐ろしい魔女を熱演。さらに今月からはアメリカで、新型コロナウイルスのパンデミック下でカップルが宝石強盗を企てるという映画『ロックド・ダウン』が公開に。 Photo:Instagram(annehathaway)批判にも負けず、第一線で活躍し続けるアン。今後、どのような女優へと進化してゆくのか楽しみでならない。  >>アン・ハサウェイの山あり谷あり女優道! ファッションで振り返る“演技派”になるまでの軌跡 >>アン・ハサウェイ、第二子を妊娠! 不妊治療に励んでいたことを明かす text:Saki Wakamiya
関連キーワード

RECOMMEND