ジャケット、知の最前線を行く女性研究者たちの場合

TJAPAN WEB
ディオール初の女性アーティスティック ディレクター、マリア・グラツィア・キウリによるバージャケット。

「黒はよほどいいものを着ないと地味になってしまうのですが、さすがディオール、ラインも美しい」と中室さん。

ジャケット ¥430,000、Tシャツ ¥97,000、パンツ ¥170,000、イヤリング ¥48,000

クリスチャン ディオール(ディオール)フリーダイヤル: 0120-02-1947

  教育に経済学の手法を持ち込み、世の中で“定石”とされる教育方法に対して、データに基づく異議を唱えた著書『「学力」の経済学』がベストセラーとなった中室牧子さん。気鋭の教育経済学者は、大学卒業後、日本銀行、世界銀行でのキャリアを経て、研究者への道に進んだ。教育に興味を持ち始めたのは世界銀行時代。教育や医療分野への関心の高い欧州・中央アジア地域を担当したのがきっかけだった。

 

「教育にお金を使えば成果が上がるという一般認識がありましたが、実際のデータを見るとそうでもない。お金を使うならば有効活用したほうがいいし、どうすれば成果を実現できるかを考えるようになりました。そんなときに国際開発の現場で注目されたのが、使ったお金の効果を検証する“効果測定”という考え方でした」。日本の教育の現状に対しては、「期待された効果がきちんと検証されず、うまくいかなければまた次の政策と、流行のようにまわって終わるのが残念。もっとアカデミックな知識が政策決定の場でも活かされてほしい」と述べる。

 

現在、教壇に立つ大学へはキャンパスでも目立つファッショナブルな装いで通う。「ファッションが大好き(笑)。好きな仕事をして、好きな服を着て生きていっていい、そんな姿が学生のロールモデルになればとも思います」

 

 

中室牧子
教育経済学者
なかむろ まきこ●1998年慶應義塾大学卒業。学生時代は竹中平蔵氏に学ぶ。日本銀行を経て、夫の転勤に伴いニューヨークに移り住む。世界銀行で働いたのち、コロンビア大学で博士号を取得。2013年より慶應義塾大学総合政策学部准教授に就任。著書に『「学力」の経済学』(2015)、近著に医師で医療政策学者の津川友介氏とともに執筆した『「原因と結果」の経済学―データから真実を見抜く思考法』(2017)

 

 

 

 

 

 パリ郊外の移民が集まり住む地区の実態をテーマにした著作『排除と抵抗の郊外―フランス〈移民〉集住地域の形成と変容』で大佛次郎論壇賞を受賞した社会学者の森千香子さん。気鋭の研究者は好奇心旺盛で明るい笑顔が印象的だ。

 

「学生時代にパリへ旅したとき、空港から市内へ向かう電車から見た景色に驚きました。団地が立ち並び、白人の姿はほとんど見られない。多くの人々に『危ないから行かないほうがいい』とも言われ、興味を抱きました」。実際に郊外に住み、フィールドワークを行なったところ「中に入ると、外からは見えないものが見えてきた。携帯を落としても地元の人の連絡先が入っていれば戻ってくるし、学校でケンカが起きても生徒同士で解決できる。しっかりとしたコミュニティがそこにはある。移民が増えたから問題が起きたわけではなく、原因はフランス社会が何十年にもわたってつくり上げてきた差別の構造にあることに気がつきました」。

 

昨年は、ニューヨークのブルックリン地区の移民研究にも取り組んだ。「さまざまな人種、宗教が交ざり合う地域で、人々はどうやって調整しながら生きているか。日本でも多民族、多文化は進み始めています。これらの地域の現状や問題点を見ることは、日本のこれからを考えるうえでも大事なのです」

 

 

森 千香子
社会学者
もり ちかこ●一橋大学大学院言語社会研究科修士課程修了後、国際交流基金海外専門調査員として渡仏。フランス社会科学高等研究院博士課程修了。南山大学准教授を経て、2012年より一橋大学大学院法学研究科にて准教授を務める。初の著作『排除と抵抗の郊外―フランス〈移民〉集住地域の形成と変容』(2016)で第33回渋沢・クローデル賞、第16回大佛次郎論壇賞を受賞。共著に『国境政策のパラドクス』など

 

 

 

 

 

表参道で生まれ育ち、ギャルソンのお店の前もよく通ったという森さん。

「最初、リボンはどうかしらと思ったのですが、実際に着用してみると格好いいですね。

コム デ ギャルソンの服はリボンやフリルでも強い。ずっと第一線で活躍されている方の魂の入った服だと思います」。

ジャケット¥119,000/コム デ ギャルソン(コム デ ギャルソン)TEL: 03(3486)7611

その他/本人私物

 

 理化学研究所で植物細胞研究のチームリーダーを務める杉本慶子さん。研究テーマは、植物の発生と再生のメカニズムだ。発生では種から芽生えた植物がどう大きくなるか、再生では傷を受けた植物がいかになくなったものを作り直すかを研究している。

 

「たとえば、発生、再生のメカニズムを解き明かすことで、優良品種や貴重品種の植物を増やすことができますし、地球全体の環境・食物問題の解決にもつながります。また植物は再生が得意なのですが、その研究は、動物や人間にも応用できる可能性があります」。研究者を目指したのは大学院を卒業してから。植物科学研究で有名なイギリスのジョンイネスセンターで、キース・ロバーツ副所長と出会ったことが大きいと言う。「“サイエンス・ラブ”の方で、科学を信じて楽しんでいました。彼のもとで5年間研究し、この事実を発見したのは自分が最初という瞬間も体験し、生涯の職業と決めました」。

 

現在は、杉本さん自身もチームを率い、後輩を指導する立場にある。「日本は技術面では世界の最先端レベルにありますが、世界の科学者と対等に議論し、研究を進める研究者は多くないと思います。今の科学は領域が広がっているので、世界のさまざまな人とコラボレートするのが大事。日本の科学のさらなる国際化に貢献したい」

 

 

杉本慶子
植物細胞生物学者
すぎもと けいこ●国際基督教大学教養学部卒業後、大阪大学理学研究科で修士号取得。オーストラリア国立大学大学院にて博士号取得後、イギリスジョンイネスセンターで博士研究員として研究に従事。現在は理化学研究所環境資源科学研究センター細胞機能研究チームチームリーダー等を務める。2016年はアメリカのコールド・スプリング・ハーバー研究所主催会議を日本初開催することに尽力。 

 

 

 

春らしい明るいベージュのジャケットに挑戦。

「仕事では濃いめの色を着ることがほとんどですが、淡い色合いも新鮮ですね。

ジャケットを着るときはスカートを合わせることで、適度に女性らしさを出そうと心がけています」。

ジャケット ¥415,000、ドレス ¥277,000

アクリスジャパン(アクリス)フリーダイヤル: 0120-801-922

 

 

 

 建築界でいち早く「シェア」の概念に注目し、新しいコミュニティのあり方を提案する空間づくりで注目を集める建築家の成瀬友梨さん。2007年に猪熊純氏と建築事務所を立ち上げ、2009年からシェアの考えを取り入れた空間づくりに取り組むようになった。

 

「当時、世間ではシェアハウスが広まり始めていましたが、建築界ではまだ見向きもされない状況でした。建築は、働く場所はオフィス、勉強する場所は学校、一人暮らしの場所はワンルームマンションと、機能ごとに整理され造られてきました。でも、部署ごとに割られたオフィスでは新しいことが生み出せないし、高齢者だけが住む福祉施設は居心地が悪い。機能別に分けた空間の限界に気がついたのです」。

 

成瀬さんは、シェア空間に建築家が関わることで、より心地よい空間ができるという。「人と一緒に住むことが得意な人もいれば、苦手な人もいる。心地よい距離感を設計で作り出すことにより、心理的な壁は下げられます」。さまざまな種類の人々が出会う場所をつくることで生まれる新しい関係や可能性。それは街づくりにも適用できる考え方だ。「先の見えない時代といわれますが、先も問題も見えている。新しい段階に入る社会に求められる空間のあり方を考えていきたいと思います」

 

 

成瀬友梨
建築家
なるせ ゆり●東京大学大学院工学系研究科建築学専攻、博士課程単位取得退学。2007年猪熊純氏とともに成瀬・猪熊建築設計事務所を設立。2010年より東京大学大学院工学系研究科助教を務める。主な作品に「KOIL(柏の葉オープンイノベーションラボ)」(2014)、「豊島八百万ラボ」(2016)など。東日本大震災で被害を受けた陸前高田市に設計したコミュニティカフェ「りくカフェ」では、地元民とともに運営も手がける

 

 

 

 

 

ストライプのニットに、ジャケットとパンツを合わせたコケティッシュなスタイル。

「子育て真っ盛りなので、普段は動きやすいパンツスタイルがほとんど。

ニットのジャケットは、肩肘張らずにリラックスして着られるのでよいですね」。

ジャケット ¥300,000、ニット ¥150,000、パンツ ¥158,000

ジョルジオ アルマーニ ジャパン(ジョルジオ アルマーニ)TEL: 03(6274)7070

靴/本人私物

 
関連記事
  • ワンピース¥3990/イーハイフンワールドギャラリー ルミネエスト新宿 スウェット¥1990/UNIQLO スカーフ¥2700/UNRELISH イヤリング¥1300/お世話や(Osewaya) バッグ¥8900/COO(LAUGOA) 靴¥27500/モーダ・クレア(ランバン オン ブルー)夏の間、1枚でヘビロテしていたシャツワンピ。秋になったらスウェットをレイヤードしてスカートっぽく活用。ワンピは落ち着いたグレージュだから秋の着こなしにもすんなりスライドできるよ。重ねるスウェットはメンズライクなビッグシルエットが旬。モデル/岡本夏美 撮影/田形千紘 ヘア&メイク/牧田健史 スタイリスト/松尾正美 文/鈴木絵都子  ※上記のキャプションはWEBオリジナルのもので、本誌とは異なります。明日のコーデに迷ったら… \non-noお天気コーデをチェック/ ▶シャツワンピコーデ記事一覧はコチラ
  • トークイベント開催のお知らせです。今回は、初のスペシャルスタイル。スタイリスト地曳いく子さんと、”そうだったのか! 大人ひとりっぷの真実 ” について、たっぷり2時間ライブトークいたします! 大ベストセラー『服を買うなら、捨てなさい』『ババア上等!大人のおしゃれ DO!& DON'T!』などの著書で知られるいく子さんは、じつは旅の達人でもあるんです。『ひとりっPの突撃ワンダートーク第4回』でインタビューもさせていただきました。 「大人こそLCC!?」「カプセルホテルも全然あり!」などなど、目からウロコなネタてんこ盛り!? 「われわれにGPSつけたら、相当おかしいかも。この人スパイ?みたいな。あちこち動きっぱなし!」(突撃ワンダートークより、いく子さん談)という、どうかしている(!?)旅人ふたりの、サクレツするに決まってる3倍速ライブトーク、ぜひナマでいかがですか〜!? 豪華商品が当たる抽選会も付いています! 【イベント詳細】 開催日時:10月6日(日) [1回目]11時(10時30分受付開始)~13時(お弁当ランチ&お茶付き) [2回目]14時30分(14時受付開始)~16時30分(お菓子&お茶付き) 会場:集英社アネックスビル8階(東京都千代田区神田神保町3-17-1)定員:81名(各回)※先着順です。定員に達し次第、受付を終了とさせていただきます。※ライブトーク形式のため[1回目]と[2回目]の内容は全く同じではありません。 参加費:[1回目]6000円(「マルサラ飲食店」のお弁当ランチ&ドリンク付き)[2回目]5000円(「ドース イスピーガ」のエッグタルト&ドリンク付き)※税抜価格です。   「マルサラ飲食店」は、三軒茶屋にある女性に大人気のおばんざい店。ケータリングやロケ弁当でも人気で、弊社女性ファッション誌も撮影時によくお願いしています。今回のイベントのために、お弁当をスペシャルオーダーしました(写真はイメージです)。 「ドース イスピーガ」は、神田小川町にある話題のポルトガル菓子店。連日午前中には売り切れてしまうというエッグタルトは、サックサクのパイ生地と、ほのかにレモン風味の濃厚なエッグカスタードに感動必至の絶品です。おいしいコーヒー(もしくは紅茶)とともにお楽しみください。 イベントの詳細、チケットのお申し込みはこちらからどうぞ! 皆様のご参加お待ちしております〜! イベントの詳細・お申し込みはこちら>>
  • 今年の秋の本命カラー「ブラウン」。 ブラウンのこっくりとした色味を1点投入するだけで瞬時に秋っぽさもプラスしてくれるので、最近のコーディネートに欠かせないカラーです。 ですが、ブラウンは落ち着いた雰囲気のカラーでもあるので女性らしさが物足りたないと思われる方もいらっしゃるのでは?  そこで、今回は私が気に入っている、トレンド感と女性らしさを叶えてくれるブラウンカラーのアイテムついてご紹介します。 フェミニンコーデが大好きな私が気に入っているトップスがこちら。 "ブラウンカラーのバックシャントップス" バックシャンとは、写真の通り後ろが大胆に露出されているデザインのこと。 バック(後ろ姿)がシャン(美人)という意味で、露出以外にもさりげないワンポイントデザインやリボンが付いていたりなど、後ろ姿を美しく魅せてくれるデザインのことを指すようです。 実はこちらのトップスは正面から見ると・・ シンプルなクルーネックトップスなんです。袖が5部丈になっていて、季節の変わり目にぴったり。 また、リブ素材なので花柄スカートはもちろん、デニムなどのカジュアルスタイルとも相性抜群な着回し力の高い1枚です。 後ろが、カシュクールに仕立てた程よい肌魅せデザイン。落ち着いたブラウンカラーですが、バックシャンなデザインが女性らしい印象を与えてくれますよ。 SENSE OF PLACE(センスオブプレイス)のバックカシュクールトップという商品で、ブラウン以外にもグリーンとアイボリーのカラーがありました。 シンプルなトップスは何枚持っていても重宝しますよね。 今年のトレンドカラー「ブラウン」のトップスに女性らしさをプラスしたいなら、ぜひバックシャンな1枚にトライしてみては? そして、自分にぴったりなブラウンカラーが知りたい方は、ぜひBAILAのカラー診断をチェックしてみてください!イエローベース・ブルーベース、女顔・男顔など、自分のタイプからあなたにぴったりなブラウンカラーを診断してくれますよ。 【カラー診断で知ろう!】今季トレンドの「ブラウン」。自分に似合うのはどれ? 朝晩の肌寒さから秋の訪れを感じる今日この頃。 瞬時に秋感を叶えてくれるブラウンカラーを纏って、秋のおしゃれを楽しみましょう! ▶︎ instagramはコチラ
  • お久しぶりです 夏休みに 大好きな ままと ふたりで 富山金沢旅行へ行きました✌ 富山でひと休みする時に おしゃれなカフェを見つけたので ご紹介します GRAZIE CLOUDさん です 入り口のドアが 自販機になっていて 入る瞬間からワクワクします そして店内もとってもかわいい! ちょっと暗くて そこに青や紫、 黄色などの雲形の照明が映えてて ほんとに可愛かったです☁ 実験室みたいな ちょっと不思議な空間でした ゆらゆら ゆれる丸い椅子も ブランコに乗っているようで 楽しかったです 笑 ままはアイスコーヒー 私は抹茶のドリンクを 頼みました プラスチックのカップに おしゃれなシールが… とってもドツボなイラストが 可愛かったです 私のドリンクは クリームがトッピングできて そのクリームが、なんと…… 青色なのです 上にかかっている カラフルなマシュマロもかわいい…… さっきから " かわいい " しか 言えないくらいに 可愛かったです 見た目が少し不思議なケーキも 食べられるので 今度は食べてみたいな ~ 富山へ訪れた際には ぜひ行ってみてくださいね Instagramカワイイ選抜 No.55 今井綺羅のブログ
  • 秋のブームを語るのに欠かせないブラウン。夏は合わせる色や素材、形で軽さを出し、秋はレイヤードやこっくり配色で季節感を全面に!ハンサムな印象の濃いめブラウン。抜け感の出るオーバーサイズ。 ジャケット¥10800/EMODA ルミネエスト新宿店白T×デニムの夏の王道スタイルに肩掛けして大人っぽく やんちゃなデニムスタイルも、ジャケットとヌーディなサンダルに頼れば途端に女らしさが増す。 Tシャツ¥5980/eimy istoire ルミネエスト新宿店 パンツ¥9800/RD ルージュ ディアマン イヤリング¥2371/CHIPPI&CUU バッグ¥5500/ACCOMMODEルミネエスト新宿店 靴¥12500/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) ミニスカ合わせでいい女感出してみたり ロングジャケットからちらっとスカートの裾をのぞかせて。ALLブラウン系で今っぽい印象に。 ニット¥3900/MEW’S REFINED CLOTHES スカート¥5990/バロックジャパンリミテッド(SLY) イヤリング¥1400/お世話や(Osewaya) バッグ¥5980/EMODA ルミネエスト新宿店 靴¥18500/サン・トロペ(アルネ) ゆるコーデは派手な色を差してフレッシュ感を 落ち着いた色のロングボトムスと合わせる時は、鮮度が高い色を投入して老け見え防止。 ニット¥5547/ザラ・ジャパン カスタマーサービス パンツ¥6000/シティーヒル(マジェスティックレゴン) イヤリング¥1300/お世話や(Osewaya) バッグ¥11000/サマンサタバサプチチョイスプラス 渋谷ヒカリエShinQs店 靴¥13000/Noela コレもおすすめ!1シンプルで合わせやすい1枚。 ジャケット(ベルトつき)¥10800/UNRELISH 2挑戦しやすい着丈短めのシングルタイプ。 ジャケット(一部店舗のみで販売)¥9990/UNIQLO(INES DE LA FRESSANGE)モデル/馬場ふみか 撮影/田形千紘(モデル) 齊藤晴香(物) ヘア&メイク/牧田健史 スタイリスト/松尾正美 構成・原文/道端舞子 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス
  • ランウェイを席巻したスニーカーからバトンタッチをし、今シーズン、華麗なる復活を遂げたのがブーツだ。豊富なバリエーションから、注目すべきシックなロングブーツとタフなコンバットブーツを選抜。私たちの日常に寄り添い、バックアップをしてくれる相棒をモードラバーに捧げる。進化するエレガント。ロングブーツと駆け抜けて(右)グロッシー加工が施されたネオプレン素材が脚にフィットし、美しい曲線を描く。ブラウンとピンクのバイカラーが愛らしい印象。足首のFFロゴのハーネスは取りはずし可能だ。〈ヒール10.5㎝〉¥217,000/フェンディ ジャパン(フェンディ)(中)バイカーブーツから着想を得たマスキュリンな「ラプソディ」。白のアイレットが配されたハーネスがアクセントに。〈ヒール2㎝〉¥204,000/ルイ・ヴィトン クライアントサービス(ルイ・ヴィトン)(左)カジュアルなデニム素材を、洗練されたフォルムが品よくアップデート。メゾンのルーツを表すシルバー色の馬車モチーフが凛とした佇まいを演出。〈ヒール4.5㎝・編集部調べ〉¥287,000/エルメスジャポン(エルメス)ユーティリティウェアの強い味方。コンバットブーツとともに(右)カムフラージュ柄がプリントされたカーフ素材にボリュームのあるソールをドッキング。ボディにさりげなく施されたダメージ加工が、ストロングな印象を加速させる。〈ヒール11㎝〉¥136,000(予定価格)/ミュウミュウ クライアントサービス(ミュウミュウ)(中)熱帯雨林の保護キャンペーン、「#ThereSheGrows」とリンクした今季のコレクションより。アウトドアアイテムを彷彿とさせる色合いに、プラットフォームソールを合わせて、レディライクに。〈ヒール11.5㎝〉¥129,000/ステラ マッカートニーカスタマーサービス(ステラ マッカートニー)(左)テディ・ガールにオマージュを捧げた今シーズン。2019年クルーズコレクションのブーツが装いを新たに登場した。ちらりとのぞくチェックのライニングがトラッドな空気を薫らせる。〈ヒール1.5㎝〉¥118,000/クリスチャン ディオール(ディオール)鮮やかな色や、エッジのきいたシルエット、バリエーション豊かなヒールの形。新しいクラシックは足もとから取り入れて1 70年代フランスのブルジョアジーをイメージしたコレクション。それを象徴するひとつが、カーフスキンのオーバーザニーブーツ。折り返したときに重なるシアリングがアクセントに。バーガンディが秋の装いに彩りを添える。〈ヒール8㎝〉¥250,000/セリーヌ ジャパン(セリーヌ)2 メゾンを象徴する「タビ」シリーズのロングタイプ。ブラッシュド・ペイントが施されたアーティな一足は、履くごとに味わいが出るため、経年変化も楽しめる。安定感のある低めのヒールがエフォートレス。〈ヒール3㎝〉¥186,000/メゾン マルジェラ トウキョウ(メゾン マルジェラ)3 今季の着想源はアントワープ郊外にあるデザイナーの自邸の庭園。枯れゆく植物に美を見いだし、モチーフとしたコレクションからの一足だ。爽やかなブルーがダークトーンでまとまりがちな、秋のスタイリングのスパイスに。〈ヒール10.5㎝〉¥154,000/ドリス ヴァン ノッテン4 ビアンカ・ジャガーをはじめとするアイコンにオマージュを捧げた今シーズン。カーフレザーを膝上まで伸ばし、履き方を自由に楽しめる。力強さとセンシュアルなムードが共存。〈ヒール8.5㎝〉¥250,000/サンローラン クライアントサービス(サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ)5 アルミ箔加工が施されているカーフレザーがきらめく。フューチャリスティックなルックスとパワフルな美が共存し、テーマである「モダンヒロイン」を体現している。ゆとりのあるストレートのシルエットと細すぎないヒールが歩きやすさを保証。〈ヒール8.5㎝〉¥188,000/JIMMY CHOO6 「パワードレッシング」がテーマの今季。グラマラスで、都会的なムードを演出するサイハイブーツが登場。艶やかなボディ全体に施されたクロコの型押しとエレガントなブラウンがリュクスな雰囲気に。〈ヒール10㎝〉¥158,000/マックスマーラ ジャパン(マックスマーラ)パワフルで、マニッシュなムードをもたらすデザインが揃う。旬のワークウェアだけでなく、ガーリーなスタイリングに合わせたい7 メンズコレクションからインスパイアされたトレッドブーツが登場。産業革命期のワーカーブーツに着想を得て、重厚感とエレガンスが共存するモードな一足に。ボディのベルトループがロックなムードを醸し出す。〈ヒール4.5㎝〉¥162,000/アレキサンダー・マックイーン8 90年代のガールズグループを彷彿とさせる厚底のルックスが魅力。ピュアなホワイトのボディにあしらわれたファーやメゾンのアイコンであるクリスタルバックルが可憐さをプラスする。〈ヒール8.5㎝〉¥280,000/ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン(ロジェ ヴィヴィエ)9 シャープなボディとやわらかな赤みがかったブラウンがポイント。カジュアルになりがちなブーツに優美な奥行きを与える。足首回りのディテールは伸縮性のあるゴム素材で着脱もスムース。〈ヒール7㎝〉¥163,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)10 レースアップブーツのフロントを覆うようにあしらわれたダブルモンクストラップがポイント。カジュアルなアイテムながらも、上質なカーフ素材と、洗練されたシルエットが相まって、クリーンな空気をまとう逸品。〈ヒール2.5㎝〉¥119,000/チャーチ 表参道店(チャーチ)11 スノーブーツのディテールからインスパイアされたブーツ。印象的なイエローのシューレースがさりげなくアウトドアテイストを演出。柔らかなシアリングと、パワフルなラグソールが華を添える。〈ヒール7㎝〉¥204,000/クリスチャン ルブタン ジャパン(クリスチャン ルブタン) >商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら SOURCE:SPUR 2019年10月号「帰ってきた、ブーツ・ガール」photography: Masaki Ogawa styling: Aya Yamanaka
  • 夜行バスで札幌へ函館から夜行バスで札幌へ。 5時過ぎに着いて顔面しんでます。 お店はどこも開いていないのでとりあえずネットカフェに寄りましたが、シャワー無料、朝ごはんにトーストとフライドポテト食べ放題、女性専用エリアの個別ブースでゆったり化粧、電源も使えるのでヘアアイロンもOK、もちろん漫画も読み放題、、という快適っぷりだったのでオススメです。 ちなみに快活CLUBです。全国にあるので推していこう。 今回は、札幌の地下鉄1日乗車券を購入し、カフェ巡りをしてきたのでご紹介します。(食べすぎ)南郷18丁目/coffee stand 28のんびり過ごせるコーヒースタンド。 近所にあったらうれしいなぁ。 バナナケーキが好きなので朝ごはん代わりに食べちゃいました!大通/MORIHICO.藝術劇場断面がとってもキレイなフルーツサンド。 ずっと憧れていたので念願でした。 チョコミントラテもおいしかったです。思わぬ収穫。 でもちょっと1人では多いのでシェアしたかった〜 フルーツサンドは平日は11時から提供らしいので注意です! 北24条/ごはん家cafeみやび北海道産のお米がメイン!というごはん屋さんです。 お豆腐を豚で巻いたおかずにしましたがそれがリピしたいくらいおいしかったです! バランスよさそうな定食好き!前菜もありました!桃のパフェが好みすぎて注文してしまった、、夜パフェということで❤︎ イラストで見たより大きくてびっくりしました、、食べすぎ、、 紅茶アイスとベリー系アイスが入っていておいしかった。桃を切り崩しながら食べたよー。すすきの/福茶地下にあるタピオカ屋さん。 カップがかわいいなと思い来店。 店内もかわいかったです。 うさぎとかめのタピオカ入りオリジナルストーリーが飾ってあり、おもしろかったです。以上、食い倒れカフェ巡りでした! instagram@misotaso目指せフォロワー1万人!?▶︎@misotasoよろしくお願いします^^モアハピ部 No.395 みそのブログ
  • FLAGSHOPに人気ブランドの秋冬新作が続々到着。 どこか品があり、大人の女性も取り入れやすい商品が豊作です! その中から、特にオススメのアイテムをピックアップ。 旬らしい着こなし方や、やせ見えを叶えるテクニックも会わせてご紹介します。 洗練されたデザインが、こなれスタイルを後押し! AMERICANA / スーピマ裏毛RAGLAN HOOD ZIP SWEAT / ¥16,500 + 税 FABRIQUE en planete terre / 【玄長なおこさんコラボ】ボートネックTシャツ / ¥5,900+税 suadeo / 【使える】ロングプリーツスカート / ¥13,000+税 これからの季節に軽く羽織れるものとして大定番のパーカ。 ラグランスリーブと肉厚なフードのおかげで体をほっそり見せるだけでなく、小顔効果も抜群! 袖口のリブが長めで、なんと腕にも細見え効果が! パンツともスカートとも相性抜群な使える一枚です。   AMERICANA / スーピマ裏毛RAGLAN HOOD ZIP SWEAT / ¥16,500 + 税 ベーシックなグレーをお持ちの方が多いと思いますが、こんなシックなグリーンなら、上品な印象でトレンドカラーを取り入れられます。 縦ラインを強調する生地ならば白ジャケットでも美スタイルに! SCYE / コーデュロイショートジャケット / ¥38,000 + 税 MADISONBLUE / BORDER BOAT NECK PO / ¥29,000+税 SINME / ワイドデニム / ¥25,000+税 ワークジャケットをモチーフにしたカジュアルアウター。 コーデュロイの縦の目が膨張色の白でも上半身をすっきり見せてくれます。 ボーダー×ワイドデニムの定番マリンコーデも秋冬仕様にアップデートしましょう。 SCYE / コーデュロイショートジャケット / ¥38,000 + 税 暗くなりがちな秋冬のトーンにニュアンスホワイトを合わせて、軽やかで顔周りもぱっと明るいスタイルに。   他にも今秋のトレンドスタイルをたっぷりご紹介中です!
関連キーワード

RECOMMEND