世界が混乱しつつある今、 気分にフィットするのは “平凡”なファッションだ

TJAPAN WEB
2017-’18年秋冬メンズ・コレクション「プラダ」

COURTESY OF PRADA


 2017-’18年秋冬メンズ・コレクション、プラダのショー会場にはベッドが置かれ、タイル張りの壁には、雑誌の切り抜きとおぼしき写真が貼られていた。デザイナーのミウッチャ・プラダは、派手で芝居がかった舞台セットを避け、かわりに男子寮の部屋を彷彿させるセットでショーを開催した。そして発表された服もまた、控えめで過剰なところのないものだった。手編みのニット、ツィードやスエード地のトレンチコート、コーデュロイパンツ、茶色のブレザー。バックステージでミウッチャが語ったテーマは、「親密さ」だった。大局的なアプローチから個人的なアプローチへシフトし、「大げさなファッション、大げさなアート、大げさな物事ではなく、その反対のこと」を考えたのだと彼女は語った。


 ファッション界随一の思想家にして大胆なセンスの持ち主であるミウッチャ。特にメンズ・コレクションにおいてはそれが顕著で、数シーズン前にはラインストーンのスタッズがついた目もくらむようなゴルフウェアにマンガのイラストがプリントされたベレー帽を合わせたことも。そんな彼女が過激なデザインをきっぱり見限って、かわりに素朴で質素、退屈でさえあるデザインにフォーカスしたのだ。そして、この傾向はプラダだけのものではない。2017-'18年秋冬メンズ・ファッションウィークでもっとも話題になったのは、凡庸さがトレンドになったことだ。パリでもミラノでも、デザイナーたちは装飾的で極端なデザインを脱し、ブランドの美学を抑制し、服の機能性に焦点をあてていた。


 もっとも、昔からメンズウェアはウィメンズウェアよりはおとなしい傾向にあった。18世紀末のいわゆる「男性の虚飾放棄」現象の際に、男性はひだ飾りのついたブラウスや、絢爛豪華な刺しゅうやブロケード織りを身につけることをやめ、かわりに地味なウールのスーツを着るようになった。それ以来、一般に男性服は女性服ほど派手ではなくなった。この現象の要因として挙げられるのは、産業革命とフランス革命のふたつの革命で、それ以前の社会ではよしとされていた怠惰でのんびりした貴族的な生活が、まったく歓迎されなくなったのだ。それでもハイファッション界は、着飾るのが好きな男性たちにとっての晴れの舞台であり続けたし、今でも一部のブランドにおいてはそのままだ。だが徐々に、ハイファッションは世界全体のムードや共通の文化的な傾向に従うようになってきた。だから、デザイナーたちのつくる服がよりシンプルで簡素、デイリーウェアに近くなってきたとしても、驚くことではない。いみじくもミウッチャ・プラダがバックステージで言及したように、「人間的で、シンプルで、リアルな」服に近づきつつあるということだ。






続きを読む
関連記事
  • ボリュームが心配になるストレートタッチのボブも一技かければ大人仕様に!【FRONT】【SIDE】 【BACK】ワンレングスベースのボブに動きと抜け感を出しやすくするためのレイヤーを施している。前髪は子供っぽくなりすぎず、大人の可愛さを引き出す眉ギリギリラインに設定を。 ストレートタッチのボブも人気上昇中だが、大人がそのまま取り入れると逆にペッタリ……。そこでストレートアイロンで表面の髪のみまっすぐ伸ばし、内側は弱いクセをそのまま残してふんわりスタイルに。毛先は同じくストレートアイロンで外ハネ&内巻きにランダムに散らして。DATA量・やや多太さ・普硬さ・普クセ・弱担当サロン「LANVERY」撮影/黒沼 諭(aosora) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/池田メグミ モデル/高垣麗子 取材・文/松井美千代ショートヘア一覧はこちら▶ボブヘア一覧はこちら▶ミディアムヘア一覧はこちら▶ロングヘア一覧はこちら▶
  • 洗濯機洗いOK、接触冷感など機能性も◎ 昨年も好評だった、HusHusH×福田麻琴さんのコラボアイテムが今年も登場しました。   HusHusH×MAKOTO FUKUDA 「暑い夏も、自分らしくファッションを楽しむ」 スタイリスト 福田麻琴さんとのコラボアイテムができました。   -暑い夏も、自分らしく毎日を楽しんでほしい- 涼しく快適に、だけどおしゃれやきちんと感は大切にしたい。 さらに着やせて、着回せる! なんて、「素敵なアイテムがあったらいいな」の気持ちから 夏の毎日をちょっと楽しくするアイテムを、スタイリスト 福田麻琴さんと作りました。 夏のおしゃれが、もっと楽しく、毎日がふふふっと笑顔になりますように!   -MAKOTO’S POINT- 01 洗える 02 涼しい 03 着回せる 04 着やせる 05 ちょっとトレンド この5つのポイントベースに考えました HusHusH/【福田麻琴さんコラボ】スーピマコットンTシャツ/¥2,590+税 HusHusH/【福田麻琴さんコラボ】テーパードパンツ/¥3,990+税     色や素材、シルエット、さらに着回しやすさなどを考え、一つ一つフィッティング 色の組み合わせでもまったく違った印象が作れるコラボアイテムが完成 福田さん着回しスタイルページはこちら コラボアイテム一覧ページはこちら     夏のファッションを楽しもう -ENJOY FASHION IN SUMMER-   希少なスーピマコットンを使用したTシャツ HusHusH/【福田麻琴さんコラボ】スーピマコットンTシャツ/¥2,590+税 福田さん着回しスタイルページはこちら コラボアイテム一覧ページはこちら   細身え・着やせ見えができる しぼみ感のある素材を使ったリラックスムードのシャツワンピース HusHusH/【福田麻琴さんコラボ】シャツワンピース/¥4,390+税  福田さん着回しスタイルページはこちら コラボアイテム一覧ページはこちら   ストレッチ&ウエスト後ろ側はゴムなので気負わずはけるラクチン仕様のパンツ HusHusH/【福田麻琴さんコラボ】テーパードパンツ/¥3,990+税 福田さん着回しスタイルページはこちら コラボアイテム一覧ページはこちら   接触冷感で涼しくて気持ちいい+きちんと見えのセットアップスタイル HusHusH/【福田麻琴さんコラボ】リボン付プルオーバー/¥3,390+税 HusHusH/【福田麻琴さんコラボ】ワイドパンツ/¥3,990+税   同じシリーズのシャツブラウス&スカートのコーディネート ネイビーで上品にすっきり HusHusH/【福田麻琴さんコラボ】シャツブラウス/¥3,590+税 HusHusH/【福田麻琴さんコラボ】フィッシュテールスカート/¥4,390+税   リボン付プルオーバーを手持ちのパンツで着回し カジュアルになりすぎない、ほどよいきちんと見えが叶うデニムコーデ HusHusH/【福田麻琴さんコラボ】リボン付プルオーバー/¥3,390+税 HusHusH(Kids) /【福田麻琴さんコラボ】ボタン付トップス(100-140cm)/¥2,590+税 福田さん着回しスタイルページはこちら コラボアイテム一覧ページはこちら   二の腕カバーもばっちり 楽ちんなのにきれいに見えるワンピースは夏のマストアイテム HusHusH/【福田麻琴さんコラボ】ワンピース/¥4,990+税 福田さん着回しスタイルページはこちら コラボアイテム一覧ページはこちら     いかがでしたか? この夏のおしゃれが楽しめる素敵なアイテムが満載です。 着回しや機能性は十分なのに、お財布にもやさしいプライスなのも嬉しいですね。 小さなお子さんがいらっしゃるママは、親子リンクコーデもおすすめです。 いつも同じコーディネートになってしまう・・・ なんて悩みからも開放される、素敵な着回しスタイルを掲載してますので、 福田さん着回しスタイルページをぜひチェックしてくださいね!    
  • いよいよ梅雨が近づいてきましたね、最近はスッキリ晴れない日が多く湿度も上がり始めました。こんな季節に求めたい洋服は、見た目おしゃれと快適な着心地。ここで紹介するMOREオリジナルブランド「フラワーデイズ」の新作アイテムは、そんな悩みを同時に叶えて尚且つコスパも求めた贅沢度MAXの優れもの。これらアイテムを揃えて不快な梅雨を乗り越えていきましょう♪   ◆シンプルで女性らしいフォルムがオンオフ問わずコーデに活躍◆ Flower Days/とろみフレンチスリーブブラウス/¥4,900+税 生地は微光沢のあるとろみ素材を使用。適度な落ち感や品のある光沢が特徴で、女性らしいカラダがキレイに見えるフォルムにこだわっています。1枚で着ても透け感の心配は全くなく、洗濯機で洗ってもシワになりにくく、おしゃれで実用的なブラウス♪   デザインポイントである開襟仕様の胸元やフェミニンなシルエットを生み出す肩のタック使いなど、シンプルで飽きのこない女性らしいディテール。   カラーはグリーンとパープルの2色。スカートなどに合わせてキレイめに、デニムと合わせてカジュアルライクにとオンオフ問わず着回せます。   ◆昨年の夏大ヒットした2WAYワンピースが今年風にアレンジ◆ Flower Days/2WAY花柄プリントワンピース/¥6,900+税 昨年の夏も大ヒットした2WAYワンピースが今年風にアレンジを加えて進化しました。柄はレトロな雰囲気でちょっぴりヴィンテージライクな落ち着いた花柄をチョイス。2WAYにする着方は簡単で内掛けボタンと表ボタンを留めればカシュクールワンピース、ボタンを全開にすれば羽織りアイテムに様変わり。1枚で二度おいしいまさに万能ワンピース。   ワンピース仕様でのポイントはこのVネック。カシュクールデザインのため衿元から少し深めに取ることでキレイなVラインを作り上げ、スッキリとしたとても女性らしい印象になります。   サイド・バックから見たときのシルエットにもこだわり、前後差を付けることで着流したシルエットがとてもキレイ。ウエストゴムも高めの位置で設定しているので脚長効果も期待大。サイドにはポケットも付いているため携帯なども入れられ、自宅でのお洗濯もOK。デザインだけではなくケアも充実しているのが嬉しい♪   いかがでしたか?? この他にも『フラワーデイズ』のサイトでは、この夏着回したいアイテムが絶賛販売中です!是非チェックしてみてください♪        
  • 5月22日に発売された『まいんち ゆずマン』で、子どもの頃からの夢、漫画家デビューを果たすことができた北川悠仁さん。もちろん本業のミュージシャンとしても、その活躍は絶好調だ。ステージで歌ったり、曲を作ったり、マンガのストーリーを考えたり、絵を描いたり。ただでさえ忙しい彼が、いったいどうやって体調管理しているのだろう?(コミックス『まいんち ゆずマン』について語った、インタビュー前編はコチラ)撮影/萩庭桂太 ヘア&メイク/藤尾明日香(kichi) スタイリスト/三島和也(Tatanca) 取材・文/岡本麻佑北川悠仁さんProfileきたがわ・ゆうじん●1977年1月14日、神奈川県生まれ。1996年、岩沢厚治と「ゆず」を結成。横浜・伊勢佐木町で路上ライブを行うと評判を呼び、1997年1stミニアルバム『ゆずの素』をリリース。98年6月に発表した1stシングル『夏色』で人気に火がつき、7月リリースのアルバム『ゆず一家』で全国区のアーティストに。以降、『栄光の架橋』『虹』『雨のち晴レルヤ』などヒット曲を多数世に送り出す。5月11日名古屋ドームから始まった「ゆず 弾き語りドームツアー2019 ゆずのみ~拍手喝祭~」は7月7日福岡ヤフオク!ドームまで計8本を予定している。http://yuzu-official.com/肥満児からアスリートへ?!デビュー22年目・42歳の今も、すっきり爽やか、カッコイイ北川悠仁さん。その北川さんが子どもの頃、ぽっちゃり太めの体型だったというのは、知る人ぞ知るゆず伝説。「めっちゃ肥満児でした、はい(笑)」いったいどうやってそのスリムな体型を維持しているんですか?「えっと、30歳のときにランニングを始めて、今も毎日、地方に行ったときも走っています。ふだんは30分から40分、長いと1時間とか2時間とか。フルマラソンもホノルルで何回か走っています。ヴィジュアルのため、というわけじゃなくて、パフォーマンスのためですね。ライブを観に来てくれた人たちに、以前と変わらないクオリティのものをお見せしたいので。何かしていかないと、悲しいかな体は変わっていくので、30代ずっと続けて来ました。40歳を超えた今、その効果を実感しています」コンサートの前には、特別なトレーニングを?「しますね、3時間走とか。あと、食事制限もします。カーボローディングといって、コンサート前にはご飯やパン、麺類など炭水化物の摂取を極力減らしておいて、直前にがーっと炭水化物を食べるんです。するとコンサートが始まって1時間半くらい経つ頃、ふつうだったら体力が落ちてキツくなるタイミングで、炭水化物がわーっとエネルギーに変わってくれるから、急にひとりだけ元気になる(笑)。マラソン選手とかクロスカントリーの選手がよくやっている方法です。30代くらいからトレーナーさんについてもらって始めました」ひょっとして、相棒の岩沢厚治さんも一緒に?「いえいえ、彼はしません! 何もしてないから、前よりも疲れやすいって言ってますよ。でも大丈夫、僕がついてますから(笑)」それにしても、まるでアスリートみたいな体調管理。それって曲を作ったりマンガを描いたり、デスクワークにも効きますか?「あ、それにはチョコレートです。打ち合わせのとき、みんなでしゃべってるとだんだん血糖値が下がってくるので、チョコレートをよく食べます。漫画を描いてるときにも、食べてました」理論に裏付けられた、緻密な身体作り。なかなかストイックな毎日、ですね?「でも、“一生、鶏のささみしか食べない” みたいな、そういうのはつまらない気がして。“コンサートが終わったらこれを食べよう”  とか、“海外旅行中はなんでもOKにしよう” とか。自分を甘やかすときはあります。ふだん、揚げ物は食べないようにしているので、そういうときは急に唐揚げとか食べたくなりますね(笑)」どんな質問にもにこやかに、誠実に、気さくに答えてくれる北川さん。調子に乗って、プライベートに関する質問も投げかけてみた。結婚したり父親になったり、家族を得たことで、人生はどんなふうに変わりましたか?「強さと弱さを、同時に手に入れた感じ、ですね。以前は僕 “ステージの上で死ねたら本望だ” なんて言っていたけれど、今もそういう気持ちはありつつ、“生きて帰らないとな” と思っています。以前聞いた話ですが、宇宙飛行士を選ぶときも、そうらしいですよ。同じ能力のある候補者がふたりいるとしたら、家族があるかないかが判断の基準になる。生き死にのギリギリのところで、家族がいる人は、命綱を放さない。なんとしても生きようと思うらしいです。だから、強さと弱さ、両方なんですね」上の娘さんは、ちょうどゆずマンと同じ5歳になったばかり。ゆずマンの同級生であるももちゃんやピーマンさんは、幼いながらも中身はきっちりと女子で、そこに思わず共感してしまうけど、それは日頃の観察があればこそ?「うちにはふたり女の子がいるんですけど、同じ家庭で同じ両親から生まれているのに、こうも違うのかと思うくらい、違いますね!人は環境によって生き方が変わると思うけど、それと同じくらい個性というものはそれぞれに与えられているんだな、と思います。だからこそ、その個性を尊重したい。子どもを通してそれがわかったので、今は出会う人みんなの個性が面白いなと思うし、尊重したいと思うようになりました」いつかゆずマンがアニメーションになって、そのテーマソングもゆずが歌ったら、とっても素敵なゆず祭。楽しみにしてます!↓おまけ。「ジャンプしてもらえますか?」と、これまた調子に乗ったカメラマンからの無茶ぶりにも快く応じてくれた北川さん。ステージでのパフォーマンス同様、見事な跳躍力でした。『まいんち ゆずマン』©Yujin/集英社ヒーローを目指す5歳児「ゆずマン」と、彼を取り巻く家族や友達とのほのぼのとした日常を描いた4コマ漫画。毎日、読み物が更新される集英社ノンフィクション編集部のWEBサイト『よみタイ』での連載に加え、描き下ろしの長編やインタビュー、尾田栄一郎先生や秋本治先生などレジェンド漫画家との対談も収録した充実の一冊。(1204円+税/集英社)
  • こんにちは、海野尾です 先日Triumph 2019AW展示会へ行ってきました 100年以上の歴史がある会社、トリンプ入り口は、美術館のような作りに…! トリンプは1886年にドイツで設立された 歴史あるブランド。 ガラスの中に飾られていたのは100年以上 前に作られたコルセットでした この時代はまだブラジャーなどなく、 ウエストを細く閉めるのが主流だったようです。 ずらりと並ぶ絵はブラジャーの歴史! いま海外中心に流行っている ブラレットのような形も見られ、 洋服と同じでランジェリーのトレンドも 繰り返されるんだなぁと思いました!大きなステージには…♡ 会場内にに大きく設置されてるステージ! よく見るとマネキンの中に本物のモデルさんが 春に引き続きライラックカラーはトレンドカラーの ようで差し色に使われていました モデルさんも着用しているガードルは ヒップアップ効果が得られるのはもちろん デザイン性にも優れているのでオシャレ♡ 最近タイトシルエットのスカートが多いので 一つは欲しいアイテムですよね 日本発信のブラジャー、「天使のブラ」は 25周年とのこと❣️ 秋冬らしいボルドー色が綺麗でした 働く30代に向けたランジェリー♡わたしが最も注目してるブランドは 「VALISERE」! 働く30代に向けたブランドなので BAILA世代にもぴったりです! 飾りすぎない、洗練されたデザインがツボ 繊細なレースやシルク使いが上品で うっとりでした…♡ こういうランジェリーが似合う大人に なりたいものです☺️ 今年はマネキンが着ているような三角ブラのタイプや ストラップが太いデザインがトレンドなんです❣️ 洋服から見えてもいやらしくない デザインもポイント✨ 下着はインナーアイテムですが せっかく毎日つけるならファッションの 一環として楽しみたいですよね❣️ そんな気分の時にぴったりなブランドです ファッショナブルなスポーツブラ!実はトリンプからスポーツラインも 出ているの知っていました?? 「Triaction」という今ヨーロッパで 話題のブランドです❣️ スポーツ用とは思えない可愛いデザインと 下着メーカーならではの機能性が 兼ね揃えられています。 最近ジムに通い始めてウエアを集めてる 最中なのでほしくなっちゃいました 楽チンが売りのSloggi!!そして今話題の楽チンブラ、「スロギー」❣️ なんとも大胆なディスプレイが目を惹きますね 秋冬はニット素材も出ていて あったかさはもちろん、 見た目もすごく可愛かったです〜 そしてスロギーから昨年誕生したプレミアムライン、「S by Sloggy」も大注目❣️❣️ ヨーロッパ発の洗練されたデザインはそのまま、 日本人女性の繊細な着ごこちへのこだわりを意識し、 日本人の体形に合うようなフィッティングで 製品化しているようです✨ シンプルながらも女性らしいデザインに加え、 色も可愛い… 秋冬コレクションが今から楽しみに なるような展示会でした❣️ 下着って毎日つけるものだからこそ 自分が本当に気に入ったものを みにつけたいですよね みなさんもTriumph是非チェックしてみてください ☆Instagramはこちらから→→スーパーバイラーズ 海野尾美紀のブログ
  • Tシャツ、パンツ、シャツ、小物。“ザ・定番色”のネイビーも、スタイリスト村山佳世子の手にかかると、驚くほど新しい! スタイリスト 村山佳世子スタイリスト 村山佳世子25年以上、集英社の雑誌を中心に第一線で活躍するトップスタイリスト。高い審美眼とスタイリング力で、ファッション業界からの支持はもとより、多くのモデルからも絶大な信頼を得ている。初の著書『一生もののおしゃれが身につく10のルール100のコーディネート』(集英社)が6刷・5万部の大ヒットに!「どんなに新しい着こなしに挑戦したって、必ず上品に着地させてくれるのがネイビーの長所。ここではネイビーの定番アイテムを使って、今年らしい遊びにトライしてみました」■ネイビーのTシャツ <実はネイビーのTシャツって、意外に主張が強い。だからインナーとして使うよりも、主役トップスとして着たほうがしっくりくるのです。今シーズンは、モードなボトムとの着こなしに挑戦。>旬のタック入りカラーパンツに、少しとろみ感があるきれいめのネイビーTシャツをインしただけ。着映えがかなうワンツーコーデの完成。Tシャツ¥11,000/サザビーリーグ(ラッド バイ デミリー) パンツ¥22,000/エイチ ビューティ&ユース(エイチ ビューティ&ユース) カーディガン¥31,000/スローン ベルト¥32,000・バッグ¥168,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) バングル¥15,000/ゲストリスト(ソコ/ハウント代官山) 靴¥69,000/ウィム ガゼット青山店(ニナ リッチ)ほどよい厚みとツヤ感があるコットン素材のネイビーTシャツを、ストライプ柄をリズミカルに配置したアシンメトリースカートにさらりと合わせて。コーディネートにきちんと感とモード感があるから、スポーティなスニーカー合わせがきれいめに着地。Tシャツ¥7,800/スローン スカート¥27,000/アストラット 新宿店(アストラット) サングラス¥34,000/アイヴァンPR(アイヴァン) バッグ¥106,000/ドゥロワー 丸の内店(ワンドラー) 靴¥8,000/ナイキ カスタマーサービス(ナイキ スポーツウェア)■ネイビーのパンツ<ネイビーパンツで陥りがちな、「コンサバ見え」を避けるために、サマーウールのストレートパンツをチョイスしました。かなり男前ですが、女性がはいた時のムードが好き。サファリアウターやレオパード小物など、テイストの強いアイテム合わせで遊べる一本です>夏場も涼しくはけるドライタッチなウール100%パンツは、黒に近い色みが今年顔。スニーカーはもちろん、サンダルやヒールなどの女靴とも相性のいいシルエット。パンツ¥29,000/エイトン青山(エイトン) ジャケット¥59,000/サザビーリーグ(ユニオンランチ) Tシャツ¥9,000/サンスペル 表参道店(サンスペル) ピアス¥68,000/ザ ストア バイシー 代官山店(アグネス) バッグ¥240,000/アパルトモン 青山店(ビーネン デイヴィス) 靴¥9,000/ナイキ カスタマーサービス(ナイキ スポーツウェア)■ネイビーのシャツ <素材とシルエットによって、ガラリと表情が変わるのがネイビーのシャツ。コットンのボタンダウンとリネンのオーバーサイズで、まったく違う女性像を提案しました。そして着こなしは遊び心たっぷりに。あえてウエストアウトするスタイルと、ハーフパンツ合わせ。どちらも新鮮です>ここ最近の主流であるウエストインするスタイルを封印し、あえてアウトで着たボタンダウンシャツ。着慣れたバランスをくずしただけで、ぐっと新しいイメージに。ネイビー×ブラウンの旬配色が、着こなしの鮮度を後押しして。シャツ¥15,000/ラルフ ローレン(ポロ ラルフ ローレン) スカート¥39,000/エイトン青山(エイトン) イヤリング¥12,000/ラヴァンチュール マルティニーク(フィリップ オーディベール) バッグ¥486,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ) 靴¥87,000/ジミー チュウオーバーサイズのリネンシャツをツイード素材のハーフパンツにイン。決して子供っぽくならない、大人の女性らしさを演出。シャツ¥34,000/アパルトモン 青山店(リジェール) パンツ¥52,000・ジャケット¥72,000/ユナイテッドアローズ 新宿店(セヤ) サングラス¥47,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥102,000/ロンハーマン(ハルポ) ベルト¥16,000/マスターピースショールーム(サイ) バッグ¥29,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ)■ネイビーの小物 <小さくキュッときかせるのが、ネイビーの小物使いのポイントです。オールネイビーの着こなしに白小物をきかせるいつものテクニックと真逆の感覚で、オールホワイトコーデに2点使いしてみました>大判のストールは厚みのあるリネン、ローファーは上質なスエード。素材自体にニュアンスがある、異なる質感の小物同士の組み合わせが、今年らしさの決め手に。ストール¥26,500/ロンハーマン(アソース メレ フォー ロンハーマン) 靴¥81,000/トッズ・ジャパン(トッズ) シャツ¥24,000/サザビーリーグ(ユニオンランチ) パンツ¥39,000/アマン(アンスクリア) ピアス¥31,000/KAORU 伊勢丹新宿本店(カオル) バッグ¥138,000/ゲストリスト(ザンケッティ/ハウント代官山)【Marisol6月号2019年掲載】撮影/魚地武大(TENT/物) 白川青史(人物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/村山佳世子 モデル/竹内友梨 取材・文/磯部安伽
  • 「洗えますか?」どのブランドでもお店でこう聞くお客様がとても増えているんだそうです。『マッキントッシュ フィロソフィー』の春夏展示会で見たこちらは、ウォッシャブルなマドラスチェックスカートとトップス。雨や湿気、暑さによる汗、汚れなどは避けられないけれど、“自宅でも洗える”なら少しは安心ですよね。『マッキントッシュ フィロソフィー』【ウォッシャブル】マドラスチェックブラウスの詳細はこちら『マッキントッシュ フィロソフィー』【ウォッシャブル】マドラスチェックスカートの詳細はこちらこちらのバレエシューズはポケッタブルにもなり、雨の日でもはけるのだそう。梅雨時に一足持っていると心強いアイテムですね。『マッキントッシュ フィロソフィー』ポケッタブルレインバレエ シューズの詳細はこちらチェック柄のトップスやスカートなどもウォッシャブル。雨だと着られない・はけない、と思っていたものが、雨だからこそ気分を上げるために着たい!と思えるアイテムになるのはうれしい限りです。『マッキントッシュ フィロソフィー』【ウォッシャブル】シルキーギンガムブラウスの詳細はこちら『マッキントッシュ フィロソフィー』 【ウォッシャブル】シルキーギンガムスカートの詳細はこちらさっと着るだけのワンピースも自宅で洗えるそうです。手洗いか、マシンウォッシャブルか、はアイテムによって異なりますが、それでも「自宅で洗える」というの買うのを迷ったときに背中を押してくれるワードのひとつ。雨の多い季節はもちろん、なにかと忙しい毎日に助かりますよね。『マッキントッシュ フィロソフィー』【ウォッシャブル】裏毛ワンピースの詳細はこちらBBQやフェスなどにもはいていけそうなパンツも展示会にありました。気になる方はぜひサイトやショップでチェックしてみてください(副編Y)『マッキントッシュ フィロソフィー』 【ウォッシャブル】バックサテンスラブストレッチパンツの詳細はこちら『マッキントッシュ フィロソフィー』の詳細はこちら>> 副編Y MORE編集部ファッション担当。MORE公式インスタグラムで展示会レポートを担当し、各ブランドの最旬情報を発信。きれいなものと、おいしいものの情報量はまるで歩くグーグル! ※記事発信時点での情報のため、限定商品など販売が終了している場合があります。
  • 着るだけでサマ見え!オンにもオフにも着られる上質ワンピースはここにありますこんにちは(^-^) ともみゆです! いつもご覧いただきありがとうございます。 夏を思わせるような暑い日が続きますね。 湿度も同時に上がってくるのでサラッとした着心地の服が着たくなります。 そこでオンにもオフにも着られてコーディネートに迷わない大人のリネンワンピースを探してきました。 ワンピースなのでコーディネートに迷うこともなく時短。1枚でサマになります。 今回ご紹介するのはこちら。 ナノ・ユニバース  フレンチリネンフロントボタンワンピース ブラウン 11,000円+税 フレンチリネン100%。 さらっとした着心地がこれからの季節にぴったり。 透け感のある生地なのでブラウンでも重く見えません。バストまわりのにタックと高いウエスト位置の切り替えでスタイルアップ。 背中側にもタックがはいっていてオシャレ。生地はほどよい厚みがあります。汗をかく季節だから家で手洗いできるのも嬉しい。透け防止の裏地もちゃんとついています。着用写真、正面から。 バスト部分に入ったタックのおかげで私の小さな胸も少しだけボリュームアップして見える!? ウエスト位置の切り替えが高いので脚が長く、ウエストもキュッと細く見えます。 身長157センチで36サイズを着用しています。 流行りのロング丈です。 足首が見えるくらいの丈なのでフラットシューズでも大丈夫。背中側に入ったダーツのおかげで後ろから見てもオシャレ見え!朝晩は冷えるのでこのうえに白やベージュのカーディガンやジャケットを羽織るのがオススメです。 暑くなってくると毎日のコーディネートを考えるのも面倒。 そんな時サッと着られるワンピースがあると便利ですよ! それでは本日も最後までご覧いただきありがとうございました(^-^) 美女組No.163 tomomiyuのブログ
関連キーワード

RECOMMEND