2020年、もう一度パリジェンヌに恋をする(編集K)

SPUR.JP

SPUR3月号にて、ギョーム・アンリが新たに手掛けるフレンチメゾン「パトゥ」を全力で取材しています! 昨年10月に行われたデビュー・プレゼンテーションがあまりに可愛く、編集部一同、大好きになったんです。老舗の「ジャン・パトゥ」改め「パトゥ」のファースト・コレクションは、等身大のパリジェンヌのためのアイテムが揃います。 聞けばプライスもお財布にやさしい設定。ワードローブのスタメンになること間違いなしです。その可愛さの秘密は誌面をチェック!

SPUR3月号「「PATOU」が可愛い理由」を試し読み(外部サイト)

関連記事
  • 「あやしいパートナー〜Deatiny Lovers〜」「ヒーラー〜最高の恋人〜」「奇皇后」などの大ヒットで、”アジアの貴公子”の異名を持つスター、チ・チャンウクさん。そんな彼が除隊後初、1月に3年ぶりとなるファンイベントを日本で開催、熱いファンに囲まれアジアツアーのスタートを切りました。ドラマのOSTでも披露している歌唱力でも知られ、今回の公演では12曲熱唱!日本語で歌い上げた「Rainy Blue」も声にとても合っていて聴き惚れました。ミュージカルや演劇にも挑戦したいそうで楽しみです。 新参者のYoutuberになったそうで、「風を切る感じが好き」だというバイクで済州島を走る動画も上映。行き当たりばったりで旅に出かけるので、失敗もよくあるけど楽しいとお茶目な一面も見せていました。5千人で埋め尽くされた会場の3階席、2階席も練り歩き、そして急遽お見送りまで!見目麗しく演技派なだけでなく、ナチュラルボーンエンターテイナーなのだな、と、ひたすら感心させられたファンイベントでした。また、彼はCK CALVIN KLEINのグローバルモデルに抜擢、映画『膺懲(ようちょう)(原題)』、キム・ユジョンさんと「コンビニのセッピョル(原題)」の出演も決まっています。日本では、3月23日からMnetで除隊後初作品となったファン待望の「僕を溶かしてくれ(原題)」がスタート!帰ってきた貴公子の活躍は破竹の勢いです!●この作品に出演を決めた理由は何ですか? ーまず、台本がとても面白かったからです。人物との関係も興味深く、今までにはなかった新鮮な素材だと思ったので、出演を決心しました。 ●撮影にあたりどんな準備をされましたか? ー今回の作品は、素材やジャンルがとても独特だったので、そういった作品のトーンに合わせようと集中しました。冷凍人間という内容から、僕が20年後に目覚めた時にどんな感じだろうかなど、いろいろ想像しつつ準備をした記憶があります。 ●マ・ドンチャンは他人がしない事に挑戦する、チャレンジ精神の強い人物でしたが、チャンウクさんは冷凍人間プロジェクトに参加したいと思いますか? ー参加するつもりはありません(笑) 。プロジェクト自体が危険でもあり、20年後に僕一人で目を覚ますというのが、僕的にあまり楽しいことではないですね。家族もいないだろうし、周りの友達や僕の生きていた時代とは違う時代を生きていくのは難しいんじゃないかなと思って。僕は参加しません! ●共演者のみなさんやスタッフなど撮影現場の雰囲気はいかがでしたか? ー撮影現場の雰囲気は穏やかで良かったです。視聴率という成績も重要だけど、撮影中に事故なく無事に終わったらいいなとずっと思っていましたが、撮影が終わるまで良い雰囲気の中、事故なく無事に終わったので良かったと思います。そして、劇中の役柄で先輩たちにもタメ口を話すことが多かったのですが、実はそれも面白い経験でした。現実ではできないことを演じていたので、毎回撮影するたびに楽しい経験でした。そして先輩たちにも楽しく面白くしていただきました。例えばアドリブなどで盛り上がることも多かったです。笑いを堪えられなくてNGが出たこともかなりありましたね。 ●ご自身が演じていて特に印象に残っているシーンを教えて下さい。 ー撮影が終わってからだいぶ時間が経ってしまいましたが、冷凍カプセルの中に入っている時のシーンが思い出されます。実はカプセルに入って目だけ閉じているのに、それで一日中ずっと閉じ込められていた覚えが強いですね。寒さもとても厳しくて。とにかくその冷凍カプセルの中にいた記憶がいろいろあります。 ●兵役中、除隊後にいちばんやりたい(食べたい)と思ったことは何ですか? ーやはりいちばん食べたかったのは母が作ってくれるご飯で、除隊後にたくさん食べました。やりたかったことは旅行ですね。本当に行きたかったです。日々忙しく働き、休む間も無く軍隊に行ってしまったので、除隊後は旅ができればと思いました。それでちょうど先日、年末にニューヨークに行ってきて、のんびり休んで帰って来ました。兵役中にやりたかったことはほとんどできたと思います。 ●日本でプライベート時間が取れたら何がしたいですか?印象に残った物はありますか? ー韓国ではプライベート時間があったらバイクに乗ったり、友達と一緒に遊んだりしますね。実は特別なことはありませんが、最近は友達にボーリングを習い始めたんです。日本では街を歩き回り、ショッピングもしますね。おいしい食べ物を探し回ったりもします。食べることがとても好きなので、来る度に美味しいものをたくさん食べます。日本は気候もいいし、街もきれいなので良いですね。特に今回はどうしても蕎麦が食べたかったですが、今日のお昼に蕎麦を食べてきましたよ! ●3月からMnet Japanで日本初放送されます。ドラマの見どころを教えてください。 ー主人公がある使命感によって冷凍人間プロジェクトに参加をすることになり、その人物が20年後に目を覚ますことになりますが、20年後に目覚めてからの周りの人物たちとの関係や、そこから始まるストーリーがとても面白く、こういった内容を中心にご覧いただければ、より楽しくご視聴できるのではないかと思います。 ●最後にファンへのメッセージをお願いします。 ー皆さん、お久しぶりに挨拶ができ、嬉しく思います。除隊してからなので、お久しぶりですよね!?僕たちのドラマ「僕を溶かしてくれ(原題)」が日本で初放送されます。面白い場面も多いですし、幸せで楽しく笑いながら視聴していただければと願っています。また、皆さん、いつも元気でいてください。そして、僕たちのドラマをたくさん愛してくださいね。これからも良い作品で皆さんに良い姿をお見せできるように頑張ります。ありがとうございます。 「僕を溶かしてくれ」 © STUDIO DRAGON CORPORATION「僕を溶かしてくれ」 © STUDIO DRAGON CORPORATION「僕を溶かしてくれ」 © STUDIO DRAGON CORPORATION他の画像を見るJI CHANG WOOK 2020 ASIA FANMEETING TOUR in JAPAN ©JI CHANG WOOK Japan official fanclubJI CHANG WOOK 2020 ASIA FANMEETING TOUR in JAPAN ©JI CHANG WOOK Japan official fanclubMnet JapanMnet SmartJI CHANG WOOK ジャパンオフィシャルファンクラブ桂まり●かつらまり 韓流予報士(?)。温泉保養士。「SPUR」や「eclat」などで、トラベル、フード記事など担当するライター。趣味は各国で料理教室に行くこと。「専門外ではありますが、泣いて笑って癒される韓流ドラマのお勧めを不定期で紹介します【CS 放送 『Mnet』 放送情報 / 動画配信サービス 『Mnet Smart』 配信情報】 「僕を溶かしてくれ(原題)」 2020年3月1日(日) 1話先行放送! 3月23日(月)放送スタート! 本放送:毎週(月)(火)22:00~23:15 出演者:チ・チャンウク、ウォン・ジナ、ユン・セア、シム・ヒョンタク、ボミン(Golden Child) ほか 演出:シン・ウチョル「シークレット・ガーデン」 脚本:ペク・ミギョン「力の強い女ト・ボンスン」 2019年 tvN / 全16話 / 各75分 / 字幕放送 / HD / 日本初放送 ☆Mnet Smart では本放送後 7 日間見逃し配信で視聴可能☆ ©Mnet Japan / Photo by Hiroshi Kawakami
  • エクラの読者アンケートで多かった親の認知症についての悩みや疑問をピックアップし、医療と介護のエキスパートがずばり回答! 参考にしながら、自分に合った対策を探ってみて。教えてくれたのは…認知症専門医 奥村 歩先生認知症専門医 奥村 歩先生おくむら あゆみ●岐阜大学医学部卒業、同大学大学院博士課程修了。「おくむらメモリークリニック」の「もの忘れ外来」で10万人以上の脳を診てきた第一人者。『認知症の「家族」と暮らす技術(テク)』(世界文化社)など著書多数。在宅介護エキスパート 渋澤和世さん在宅介護エキスパート 渋澤和世さんしぶさわ かずよ●両親の介護を機に、社会福祉士など、福祉に役立つ資格を取得。その経験や知識を生かし、「在宅介護エキスパート協会」を立ち上げ、代表に就任。自治体の介護相談員や、認知症在宅介護講座講師なども務める。Q1.いやがる親を、どうやって検査に連れていけばいい?A.ムリに専門医を受診させるより、かかりつけ医に   認知症かどうかの検査を、親が拒否するケースは多々。   「認知症は、痛い・苦しいといった症状がないので、本人に自覚がありませんし、認知症を受け入れたくないという気持ちもあると思います。なので、いきなり『認知症外来』や『もの忘れ外来』に連れていこうとせず、かかりつけ医に相談を。親がいないところで症状を伝えたり、メモにして渡すのがよいでしょう。最近は、かかりつけ医の認知症相談への対応レベルが高くなっていますし、専門医も紹介してくれます。なお、専門医を受診する際も、認知症の話題は前面に出さず、親には健康診断の延長線上と説明するのが得策です」(奥村先生)   「素直なタイプの親なら、『私たち家族が心配』『いつまでも元気でいてほしいから』という言葉でその気になるかもしれませんし、プライドが高く、頑固な親なら、『予防のため』といって、脳ドックを受けさせるのも一案。断固拒否の場合、居住地の認知症初期集中支援チームを活用するのも手。認知症の知識をもつ専門職員が、訪問によるアドバイスを実施しています」(渋澤さん)Q2.30分おきに同じ話を繰り返す親にうんざり……A.その裏にある心理をくみとり、共感しつつ、話題をチェンジ   「アルツハイマー型認知症で、初期から見られるのが近時記憶障害。30分おきに同じことをいうのは、そのため。なので、『さっきもいった』と指摘しても意味がありません。また、同じ言葉を繰り返す裏には、本人の切実な思いがあるので、聞き流すのもNG。本人の心理に共感しつつ、気をそらすために別の話題をふってください。例えば、旅行で明後日まで帰宅しない孫について、『何時に帰ってくるんだ』と、親が繰り返すとしたら、それは、孫を心配しているから。その気持ちをくみとり、『いつも気にかけてくれて、ありがとう。明後日に帰ってくるよ』と答えつつ、『好きなテレビ番組やっているよ』と、別のことに気をそらす。こんなふうに、認知症を理解すれば、適切な対応がとりやすくなるはず」(奥村先生)   「ふさぎ込むよりよいのですから、親が楽しそうなら、何かしながらでもいいので聞いてあげては? また、いらつくのは、自分に余裕がないからかも。その場合、親のそばからさりげなく離れるのがおすすめ」(渋澤さん)Q3.「お財布を盗まれた!」と騒ぎ、時に家族を犯人扱いしますA.「症状のひとつが出た」と、まずは冷静に受け止めて   「“もの盗られ妄想”も、アルツハイマー型認知症の典型的な症状。お財布をきちんと管理しているつもりでも、記憶障害ゆえ、どこにしまったか覚えていない。本人には自覚がないので、見つからない焦燥感や、なくなってしまったらどうしようという不安感を抱き、それから逃れるための“つじつま合わせ”として、『盗られた』と思い込む。これが、もの盗られ妄想のメカニズム。ですから、家族はまず、『症状のひとつが出た』と冷静に受け止め、『それは大変』と、本人に同情し、『一緒に探そう』と、体験を共有するのがベター。また、しまった場所にアタリをつけておき、そこに誘導して、本人自身に見つけさせること。先に見つけると、『犯人だから場所を知っているんだ』と思われかねません」(奥村先生)Q4.親の暴言に我慢しきれず、ついいい返して、自己嫌悪にA.家族なのだから、時には口論してもよし!   「私も、母の言葉に腹が立ち、何度も口論になりました。でも、認知症かどうかにかかわらず、家族間のいざこざはよくあること。毎回我慢することはないのでは? 母は口論したこと自体忘れていますし、私も、いいたいことをいってスッキリします。家族だから、口論もあり。そう考え、自分を責めないで。ちなみに私は、終業後に1時間だけファミレスで友人とおしゃべりしたり、月1回の習い事に行くなど、介護ストレスの発散法をいくつかもっていました。そんなふうに、自分のことも大切にしてほしいですね」(渋澤さん)>>認知症 記事一覧はこちら取材・原文/村上早苗 イラスト/紙野夏紀 ※エクラ2020年3月号掲載
  • 「簡単につぶされるちっぽけな存在、と思い知らされた恐怖を知っているからこそ、誰にも耳を傾けられない小さな声を届けたい」 photography:Mie Morimoto2月22日発売のSPUR4月号では、ジャーナリストの伊藤詩織さんにインタビューを試みました。ちょうどその1週間前まで、西アフリカで取材をしていた詩織さん。彼女が今追いかけているのは、女性器切除(略称FGM)の問題です。FGMとは、女性器を切除したり縫い閉じる通過儀礼で、西アフリカのシエラレオネ共和国では実に9割の女性が体験しています。この過程で命を落とす子どももたくさんいるという、国際的に注目されている問題です。2017年に民事訴訟を起こし実名で会見して以来、苛烈なバッシングが続き日本での暮らしも困難になる中、詩織さんは粛々と「自身が伝えるべきジャーナリズム」を追求し続けていたのです。もちろん、2019年12月18日に勝訴したのちも詩織さんは性暴力の傷を乗り越えたわけではありません。性暴力の被害者をサバイバーと呼ぶことがありますが、「サバイバーという言葉には違和感があリます。決して終わりはなく、生き延び続けていく、サバイビングしているという感覚なんです」。去年の4月に日本にいた際に、桜を眺めていたら急に涙が止まらなくなったといいます。なぜだろう?と記憶を辿ると、「被害にあった日、桜がとてもきれいに咲いていたことを思い出して。自分でも無意識のうちに4年間桜を避けていたのかもしれませんが、とにかく何がフラッシュバックのトリガーになるか、自分でもわからないんです」。今まで言われて一番うれしかったことは、「ここまで生き延びてくれてありがとう、という言葉」。今、詩織さんが改めて語る性暴力被害における対応の問題点、そして彼女が見つめる未来。雑誌では勝訴後初めてのインタビューということで、じっくり語っていただきました。印象的だったのは、海外での報道のされ方と、日本での報道のされ方の温度差についてを尋ねたとき。事実をダイレクトに伝える海外のメディアに比べて、明らかに日本のメディアは及び腰の報道をしていました。「でも、実は現場レベルでは、この件についてきちんと伝えたい、と思っている記者の方がたくさんいることがわかったんです。現場の記者の方がそう思っていても、会社が大きくなればなるほど、デスクや編集長の段階で記事が通らない。『伊藤さんが著書を出したから、その書評という形で記事を出せました』とか、『海外が報道したから、こちらでもできることになりました』という声をたびたびいただきました」と詩織さん。シュプールはファッション雑誌ですが、伊藤詩織さんの声を届けることは今、最重要であると考えています。なぜなら多くの人の目に触れるファッション雑誌だからこそ、一度「なかったこと」にされた彼女の声を、今まで興味のなかった人々にまで広く伝えることができるから。そしてそういった声に耳を傾けることは、自分たちの生活に密接に関わってくることだからです。今回の企画で撮影を担当してくださった写真家の方も、「ずっと、なぜファッション雑誌が伊藤さんへインタビューをしないのだろう、と思っていました。彼女の声を無視することは、女性の権利を自らひっこめてしまうことだと思う。だから、シュプールから撮影の声がかかって、とてもうれしかったです」と言ってくださいました。3時間のインタビューを終えて、心から思います。女性も、男性も、この問題と無関係な人は一人もいません。この世界で生きる、一人でも多くの人にこの特集を読んでもらいたい。そう願っています。 SPUR4月号のご予約はこちらから! Amazonで購入する(外部サイト) セブンネットショッピングで購入する(外部サイト) 楽天ブックスで購入する(外部サイト)
  • photography: Masaru Mizushima 先日のアカデミー賞で『パラサイト 半地下の家族』が作品賞・監督賞そのほか4賞獲ったことは本当にうれしくて、時代の変化を感じました。でも、いまでも、なぜグレタ・ガーウィグが監督賞にノミネートされなかったのか不思議でなりません。だって、『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』(3月27日公開)が本当に素晴らしいから! 最強のシスターフッド映画でもありますし、フェミニズム的視点の注ぎ方も新しいんです。SPURは全力でこの作品を応援したい‼ 熱い想いを胸にオファーしたところ、遥かパリにて、主演のシアーシャ・ローナンと監督のグレタ・ガーウィグの独占対談が実現しました‼ 2月22日発売のSPUR4月号にて掲載しております。本当の姉妹より姉妹っぽい二人のおしゃべりはいつまででも聞いていたいくらい。撮影中もトークがとまらず、昨今のサステイナビリティの話にまで広がりました。彼女たちがどんな思いでこの映画を作ったのか、ぜひ読んでください! そして、SPUR.jpではグレタ・ガーウィグのQ&Aと、出演者3名(シアーシャ・ローナン、ティモシー・シャラメ、フローレンス・ピュー)の独占インタビューを公開します! 映画を観てからでも観る前でもいいです。ぜひ、誌面もウェブもチェックしてほしいです。そして、みんなで語り合えたら最高です。 保存 保存 SPUR4月号のご予約はこちらから! Amazonで購入する(外部サイト) セブンネットショッピングで購入する(外部サイト) 楽天ブックスで購入する(外部サイト)
  • 2018年よりスタートした吉沢亮さんの対談連載がついに3シーズン目に突入! 今号より「吉沢亮のTAKE YOUR SEAT」とリニューアルしてお届けします。これまではバーで熱く語らったり、部屋のなかで談笑をしたりしていましたが、これからは名作椅子に座ってトークを繰り広げます。 photography: Takeshi Takagi〈SIGNO〉 そして、記念すべき連載第1回のゲストは女優の広瀬すずさん! NHKの連続テレビ小説「なつぞら」をはじめ共演の多いお二人ですが、初めての出会いは雑誌『セブンティーン』の学園祭だったとか。最新の共演作となる映画「一度死んでみた」では、”二日間だけ死んじゃう薬”をめぐるハイテンションなコメディを演じています。その撮影中に吉沢さんがドキドキしたというのは、「広瀬さんの頬についたクリームを取る」というシーン。少女マンガのイケメンをイメージしながら演じたという吉沢さんですが、内心は全く違うところに心をとらわれていたそう。その真相はぜひSPUR4月号の誌面でチェックを。このエピソードを知ってから映画を見ると2倍ドキドキできるかもしれません。                                       また、今号でお二人が座っている椅子は、ハンス J. ウェグナーがデザインしたCH24。通称「Yチェア」です。せっかくの連載初回なので、吉沢さんのイニシャルでもある「Y」にゆかりがある椅子をセレクトしました。ちなみに吉沢さんは部屋にあまりものを置かない派で、広瀬さんはインテリアショップにも通うほどの家具好きだそう。対照的な二人のマイホーム談義にも注目です!過去の連載はこちらから→ SPUR4月号のご予約はこちらから! Amazonで購入する(外部サイト) セブンネットショッピングで購入する(外部サイト) 楽天ブックスで購入する(外部サイト)
  • photography:Shuya Aokiすごいボーイズグループが現れました。全員が現役大学生で、日本とアメリカ両方にルーツを持つ、「インターセクション」。美しい歌声と世界に通ずる音楽性が魅力です。2015年に東京で結成され、今世界中で支持されています。今回SPUR4月号(2/22発売)でのインタビューにて得られた数々の回答には、本当に驚かされました。メンバーひとりひとりが、社会問題に対して関心が高く、それに対して口をつぐむことをしません。今までいろいろなしがらみから、俳優アーティスト(特に大手事務所所属の)は社会に対して意見を唱えないことが良しとされる風潮がありました。その風潮を、彼らが変えてくれるに違いありません。たとえばミッチェル和馬さんは、アメリカの民主党支持者と共和党支持者の間に深まる溝を憂います。ハワイ出身の橋爪ミカさんは、「あらゆる局面で性別を記入することはおかしい、それによって女性が差別を受けることもあるから」と性差別に対して疑問を投げかけます。撮影当日に塗ってきた黒いマニキュアが似合っていたウィリアム青山さんは、「ネイルやピアスが、これまでの『女らしい』という枠組みから解放されてひとつの自己表現の手段になったのは歓迎するべきこと。世界は良い方向へ進み始めている」と語ります。まるで大学のディスカッションのような白熱ぶりをみせた彼らのインタビューは大変興味深く、担当編集も現場に居合わせて、これからの未来に大きな希望が持てました。そして先日、パリ・メンズファッションウィークで開催されたブランド「ヘンリック・ヴィブスコフ(HENRIK VIBSKOV)」のランウェイに、ミッチェル和馬さんがモデルとして登場しました! こちらは、その日にバックステージで録ったコメント動画です! 全方面的にかっこよすぎる彼らから、目が離せませんよ! SPUR4月号のご予約はこちらから! Amazonで購入する(外部サイト) セブンネットショッピングで購入する(外部サイト) 楽天ブックスで購入する(外部サイト)
  • こんにちは!しんしんです! 今日は小春日和♪ 今年の冬は寒い日が少なくて過ごしやすいですね。 バレンタイン、なんだかんだ毎年出張でいなかったのですが、今年は東京にいられたのでちょっとだけ特別なディナーへ。 素敵な食事の席ではいつもより背筋が伸びる気がします。お財布変えました!さて、今日は新しいお財布のお話。 お財布を変えたいなーと思い立ってから、かれこれ1年半くらい悩みに悩み、やっと運命の子に出会うことができました…! それがこちら。《Mulberry》のAmberley Collection他のブランドにはない特注の金具と、絶妙なニュアンスカラーにひとめ惚れしてしまいました♡ こちらのカラーは、実はキャサリン妃が持っているクラッチバックと同じでとても人気なのだとか…! (店頭で教えていただきました笑大人女子にぴったりの絶妙カラー大人でも自然に持てる上品ピンク。 落ち着いた印象でありながら、かわいらしさもあって、モア世代には嬉しいカラーです。中はベロア素材で高級感を演出中はベロア素材になっていて、高級感と安心感が◎ お財布を開くたびにテンションが上がります…! カードは4枚入るので十分! そのほか、ファスナー式のコインケースにお札入れ、さらにポケットが2つあるので、収納力も抜群です。プレゼント包装も素敵♡少し遅めのクリスマスプレゼントにいただきました♡ 新しいお財布と共に、はっぴーをたくさん引き寄せられますように♪ 頼もしい相棒として、丁寧に大切に使ってゆきます。最後までお読みくださりありがとうございます♡ *しんしん*モアハピ部 No.570 しんしん のブログ
  • エディター Sバッグ&シューズは日々の予定に合わせてチェンジするエディター。ドレスアップをしてパーティに出席することもあれば、撮影や校了で正直、身なりが後回しになることも。デジタル時代も、バッグのなかには、必ず赤ペンが。 トレンドのデニム素材で春を感じて【コーチ】 バッグ(H18×W23×D9cm)¥74,000/コーチ・カスタマーサービス・ジャパン撮影メンバーとの打ち上げは、以前から気になっていたビストロをチョイス。そんな日のバッグは、財布と携帯が入れば十分。ショルダーにもなるコーチのデニム素材をバッグとともに、春を感じながら。"C"の金具が上品なアクセントになっている。 コーチ・カスタマーサービス・ジャパン http://www.coach.com/0120-556-750優美で軽快、快適な一足はこれ!【マックスマーラ】シューズ〈H9.5cm〉¥81,000/マックスマーラ ジャパン(マックスマーラ)コットンリネンキャンバスとレザーを組み合わせることで軽快に仕上げた一足。9.5cmのヒールで足を美しくみせてくれるのに、その高さを感じないほどに歩きやすくて快適。会食やパーティといったきちんとした場所にも最適。エデイター Sの必需品だ。マックスマーラ ジャパンhttps://jp.maxmara.com/0120-030-535
関連キーワード

RECOMMEND