『アラジン』実写版のキャストが決定! ジーニーを演じるのは、あの大物俳優
SPUR.JP

SPUR Eye
『美女と野獣』に続き、『アラジン』や『ダンボ』などの人気アニメーションの実写化が決定。人気キャラクター、ランプの精・ジーニーを演じるのは⁉︎


Photo : Getty Images
Photo : Getty Images

エマ・ワトソンがプリンセス役を演じ、空前のヒットを記録している実写版『美女と野獣』。先日開催されたイベント「D23」にて、ウォルト・ディズニー・スタジオが今後制作を予定している実写版作品を公表。『アラジン』や『ダンボ』など、アニメーションの歴史に残る名作の数々と、そのキャストが明らかに!

今後の制作について語ったのは、ウォルト・ディズニー・スタジオの代表、ショーン・ベイリー。まず『アラジン』の制作については、キャストが決まったことを発表。主役のアラジン役には、『Jack Ryan(現題)』などで知られるメナ・マスード、プリンセス・ジャスミン役には『Power Rangers(現題)』を代表作に持つナオミ・スコットが抜擢された。

Photo : Getty Images
Photo : Getty Images

もっとも大きな注目を集めたのが、ジーニー役を誰が演じるのか?ということ。表情豊かで、ギャグが得意なランプの精に選ばれたのは、『メン・イン・ブラック』などのコミカルな演技に定評のある大物俳優、ウィル・スミス! そんな彼がどのようにジーニーを演じるのか、すでに世間の期待は高まるばかり。

SHARE
この記事が気に入ったらシェアしよう!

RECOMMEND