ハピプラ会員システム刷新に伴うお知らせ

【ブラックレザー】注目度急上昇中! ハードな黒革をエレガントに着る

SPUR.JP

今、世界のファッショニスタの間で人気を集めているのが、ブラックレザーのアイテム。ハードな雰囲気になりがちなレザーを、いかにエレガントに取り入れるかがポイントだ。ストリートスナップで見つけた、クールなスタイリングを参考にしよう。

ブラックレザーのロングコートでハンサムに

Photo by Daniel Zuchnik/Getty Images

ファッション・ディレクターのヤスミンが着たのは、ロエベのレザーコート。トレンチやウールのコートでも素敵になりそうだが、ブラックレザーを選ぶことで一気に旬のムードに。足首まであるスーパーロング丈もクールだ。白トップス&ダメージデニムのエターナルな組み合わせを、コートがモードに刷新している。

総レーストップスとパールチョーカーで、エレガントにレザーを着て

Photo by Hanna Lassen/Getty Images

ファッション・デザイナー兼クリエイティブ・ディレクターのマリアは、ルイ・ヴィトンでトータル・スタイリング。総レーストップスとパールチョーカーが、ブラックレザーのコート&パンツにエレガントな表情を添えて。フラワープリントのバッグも、フェミニンなムードを盛り上げる。

エッジィなブラックレザー・スタイルの2人

Photo by Daniel Zuchnik/Getty Images

ブラックレザーでエッジィに決めた二人組。左の女性は、ハイウエストパンツの裾をブーツにイン。トレンチ風ディテールのケープコートとチェーンネックレスを合わせた。右の女性は、ベルトバッグをジャンプスーツのアクセントにして。どちらも、レザーの質感がスタイリングにリュクスな表情を与えている。

白いプリーツスカートで、レザーシャツをフェミニンに

Photo by Hanna Lassen/Getty Images

インフルエンサーのソフィは、黒いレザーシャツに白いプリーツスカートを合わせて。カーブを描くシャツのヘムラインや、風に揺れるスカートがフェミニンな表情だ。モノトーンスタイルの差し色にしたバーガンディレッドのバケツバッグが、モダンな印象をプラスする。

型押しレザーを女性らしいシルエットのコートで和らげて

Photo by Nataliya Petrova/NurPhoto via Getty Images

型押しレザーのテーパードパンツを穿いた、スタイリストのペルニーレ。オフホワイトのタートルネックトップスとコートで、パンツのハードな印象を和らげた。ウエストシェイプされたコートとボディにフィットするトップスには、女性らしい表情も。コートとシューズはボッテガ・ヴェネタ、バッグはフェンディ。

レザー切り替えのトレンチコートでシックに

Photo by Edward Berthelot/Getty Images

ファッション・ディレクター兼コンサルタントのアレクサンドラが着たトレンチコートは、ロクのもの。レザー切り替えのデザインが印象的なコートに、レザーパンツを合わせた。バッグやシューズはベージュ~ブラウンのトーンでまとめ、シックに仕上げて。

パステルカラーのパンツがレザーの強さを中和

Photo by Edward Berthelot/Getty Images

インフルエンサーのレオニーは、ボディラインにフィットするレザーのハイネックトップスを着て。フェティッシュなムードが色濃く漂うトップスに、ミントグリーンのタックパンツを合わせた。パステルトーンのパンツがトップスの強さを中和して、ぐっと優しい表情に。

切り替えパンツにはミニマルなトップスを

Photo by Kirstin Sinclair/Getty Images

セリーヌのパンツを穿いたモデルのマディソン。斜めに切り替えられたパンツのデザインを生かすため、トップスはミニマルなデザインのものをパンツにインしてすっきりと着た。クロスがけしたボディバッグがアクセントになっている。

オールブラックスタイルのアクセントに、赤いバッグを

Photo by Vanni Bassetti/Getty Images

レザージャケットでオールブラックスタイルを披露したモデル。レザーの質感で、単調になりがちなワントーンスタイルに変化をつけた。クロスがけした赤いバッグに、彼女のガーリーな個性が感じられる。膝下からかすかに広がる、ブーツカットシルエットのパンツのチョイスも今シーズンらしい。

text : Chiharu Itagaki

関連記事
  • 女っぽいニット&スカートを、あえてカジュアルなアイテムでサンド こっくりしたココアカラーのフーディは、レディなアイテムとも好相性。カーキのニット&レーススカートのきれいめスタイルがフーディの抜け感でこなれた雰囲気に仕上がる。足元にスニーカーを合わせれば、今っぽいスポーツMIXスタイルに。 コート¥49000/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(ルージュ・ヴィフ) ニット¥6000/ナチュラルビューティーベーシック スカート¥20000/ストラ ピアス¥32000・リング¥25000/ココシュニック バッグ¥33000/デミルクス ビームス 新宿(トフ  アンド ロードストーン×デミルクス ビームス) タイツ¥1200/Blondoll 新丸の内ビル店(17℃) 靴¥7000/コンバースインフォメーションセンター(コンバース) 今日のコーデ画像をもっとみる 撮影/川﨑一貴〈MOUSTACHE〉 ヘア&メイク/河嶋 希〈io〉 スタイリスト/高橋美帆 モデル/大政 絢、佐藤晴美 取材・原文/野崎久実子 構成/倉田明恵〈BAILA〉 WEB構成/衛藤理絵  ※BAILA2020年12月号掲載 【BAILA 12月号 好評発売中!】
  • 今シーズン、真っ先に目に止まったZARAのエコレザーブラックパンツはエレガントにもカジュアルにも大活躍しています。ZARAのエコレザーは毎年進化し続けていて、必ずチェックしています。今シーズンは色々なアイテムやカラーが登場していました。 毎年大活躍のスリムパンツに続き、今シーズンは 幅広く短め丈のものをワードローブに加えました。 こちらは先月、友人達とランチに出かけた日のスタイリングです。 TopsにはENFOLDのちょっと厚手のエレガントなブラウスを合わせています。 Jacketも同じくENFOLDのものです。 足元には、FABIO RUSCONI (ファビオ ルスコーニ)のゼブラのパンプスを効かせて、白×黒コーデにしてみました。 ウエストもゴムで、履き心地も抜群なのですが、 単なるゴムではなく、このゴム部分自体がウエストのポイントになるようなデザインになっていて、ブラウスをインしても綺麗に着こなせます。 こちらは以前、新大久保に友人達と出かけた日のスタイリングです。 歩きやすいAP STUDIOで購入したファー付きスリッパサンダルで、抜け感を作ったカジュアルコーデ。 全身ブラックですが、ニットの柔らかさとエコレザーのツヤ感、レザーバッグのマット感と同じブラックでも違う質感を合わせることで、変化あるブラックコーデを楽しむことができます。 Knit … PLST Bag … ZANELLATO|ザネラート 華組 成田千恵ブログ
  • ご覧いただきありがとうございます!バイラーズの諸田景子です 皆さんには愛してやまないものはありますか? 私には「偏愛しているスカート」があります♥ BAILAのファッションページとは相反しているかもですが、 私の趣味を語らせてくださいっ!!! スカートに特化したJAPANESEブランド「CLEANA」 このスカートをたまに職場に履いていくのですが、 「蛍光ペン、何本洗濯したの?」 「お姫様がやってきた」 ここまではまだ許せます。最後は、 「徹夜明けにはまぶしいから、視界から消えてほしい」 といろんな例えツッコミ(いや文句?)をしてくれる陽気な先輩たち。 ですが、私はこのスカートのブランドが大好きなんです! それは CLEANA(クリーナ) 2014年に飛世拓哉さんが立ち上げた「スカートに特化した」ブランド。 コンセプトは「もし、このスカートを選んでくれたなら、一番シンプルなトップスにあわせるだけで貴方のもつ雰囲気を変えてみせる」 もうこの心意気だけで惚れてしまった… 男性デザイナーがつくる主役になれるスカートは、毎シーズン面白いものが登場します。 今ではプリーツがMIXされたスカートはメジャーですが、 流行る前から、CLEANAではプリーツと異素材を組み合わせたものを展開していました。 このスカートの場合、 前はジャージのような厚手の素材、後ろはプリーツと前後でデザインが異なります。 1回転すると、動きがきれいでそのシルエットが大好き! ムダに回ります。誰のために回るでなく、自分のために回ります。(一見やばい人) CLEANAのスカートは、きっぱり前後ろの定義はなく、 少しずらして履くとアシンメトリーな感じがとても素敵 *JACKET: URBAN OUTFITTERS×LEVIS *T SHIRT: RALPH LAUREN *SKIRT: CLEANA *SHOES: ZARA *HAT: UNIQLO 「スカート1枚で主役になれる」 だから、トップスはシンプルに白Tで! ジャケットはLAで必ず買い物するアーバンアウトフィッターズのもの。 (※まさかの日本サイトあったーーーー!!!今初めて知った…) https://jp.urbanoutfitters.com/ja-jp/ デニムジャケットなのに、裏はダウン生地になっていてとても暖かくてお気に入り❤︎ このスカートは、エッジのありすぎるカラーですが、落ち着いた色を選べばオフィスでも着られる素敵なスカートのブランド・CLEANA。 SHIPS、JORNAL STANDARD、バーニーズニューヨークなどで購入できます。 私が好きなのは、DOVERSTREETGINZA別注のCLEANA (このピンクのスカートもそう!)   その分、値段も恐ろしく高いですが…このスカートのためなら頑張って働けるぐらい 元気をもらえるスカートの紹介でした♥
  • 衝動買いしたものの、お蔵入りしているパレットはない? 「MAQUIA」1月号から、そんなタンスの肥やしパレットをスタメンに復活させる使い倒しテクをご紹介! 眠っていたアイシャドウ、今日からヘビロテできる 「タンスの肥やしパレット」で旬メイク1×3 教えてくれたのは… ヘア&メイクアップアーティスト paku☆chanさん Three PEACE所属。繊細なテクニックと似合わせ理論で、トレンドを牽引。 バリエは無限大! マンネリ脱出茶系多色パレットバリエーション豊富な多色パレットは、色を混ぜて使いやすいオリジナルカラーを作って。 A マットなブラウン B マットなライトブラウン C シアーなグレージュ D 透けウォームブラウン E グリッターレッドブラウン F シャンパンゴールド G マットなダークブラウン H シルキーベージュ 1 マットブラウンでモードな囲みアイ 幅広めにのせて彫深な印象に二重幅と涙袋にAを指で塗り、Bをブラシに含ませ、アイホールと下まぶた全体に幅広めに重ねる。Cをチップに取り、上下キワにラインを引く。 一重・奥二重は…奥二重はBを目尻側から塗りメイク感を強調。アイホールと下まぶたは基本メイクと同じ。一重はBをキワから上まぶたに広げ、下まぶたも全体に。 2 ほんのり甘い赤みブラウンがポイント まぶたの丸みを活かしてEの甘さを強調ブラシでアイホールにDを。二重幅にEを、目頭にFを指で重ねる。下まぶた全体にブラシでEをふわっと入れ抜け感を演出。 一重・奥二重は…奥二重はEをチップでライン状に描く。目頭と下まぶたは基本と同じ。一重は指でEを目頭から黒目の上に重ねる。アイホールと下まぶたは基本と同じ。 3 シャドウラインで凜とした目もとに オリジナルカラーのラインで奥行きを演出GとHを1:5で混ぜ、ブラシに含ませて、上まぶたのキワと下まぶた目尻1/3にラインを描く。境目をしっかりぼかして。 一重・奥二重は…奥二重は基本のメイクと同じ。一重はアイホール全体にHを広めに入れ、オリジナルカラーをライン状に上まぶた目尻1/3、下まぶた目頭1/2に。 MAQUIA 1月号撮影/吉田 崇〈まきうらオフィス〉(モデル) 岩城裕哉(物) ヘア&メイク/paku☆chan〈Three PEACE〉 スタイリスト/黒崎 彩〈Linx〉 モデル/森 絵梨佳 佐藤さき、狩野明日香(マキアビューティズ) イラスト/瀧川裕恵 取材・文/佐藤 梓 構成/横山由佳(MAQUIA) ※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。
  • エグゼクティブには、パンツスーツでキリッと快活に決めたい日だけでなく、女らしい優雅なスタイルで仕事に臨みたい日もある。そんな気分にマッチするのが、ジャケットとワンピースのセットアップ。ジャケットのフォーマル感と、ワンピースならではのエレガンスと品格がもたらす高揚感。大人に似合う逸品が仕事への意欲も高めてくれる。 【目次】 ①上品オーラの「グレンチェック柄」 ②上質素材カシミヤ「ライトグレー」 ③シルクの華のある「ホワイト」 ④女らしさが高まる「ブラック」   オンオフ着回しコーデ ⑤ネイビージャケット×黒ロングワンピース ⑥ツイード素材のジャケット×ワンピース ⑦ベージュジャケット×大胆配色ワンピース ①上品オーラの「グレンチェック柄」上品なブルーのさし色とシルクの光沢が華オーラを放つグレンチェック柄 エグゼクティブには、女らしく「ジャケットとワンピース」のセットアップで仕事に臨みたい日もある。ジャケットのフォーマル感と、ワンピースならではのエレガンスと品格がもたらす高揚感。ビジネスの日常に、ひとさじのドレスアップ感を。ノーカラージャケットとノースリーブワンピースのセットアップは、あらゆるビジネスシーンに通用する、端正なツイード素材のグレンチェック柄。ブラック×ベージュベースに鮮やかなブルーが上品に効いて、華やかさをプラス。ジャケットは肩ばおりにも適した、軽くコンパクトなショート丈。ウエストシェイプされたAラインワンピースはスカート前がエプロンのような2枚仕立てになっていて、動くたびにスリットのようなアクセントに。ジャケット¥335,000・ワンピース¥265,000/アクリスジャパン(アクリス) 時計¥900,000(TASAKI TIMEPIECES)・バングル¥680,000・リング¥515,000(ともにTASAKI)/以上TASAKI バッグ¥405,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) ②上質素材カシミヤ「ライトグレー」装いに知性と柔和さをもたらす、カシミヤのライトグレーを選択 ダークカラーが中心になる秋冬だからこそ、明るい印象を与えながら上品さもキープできるライトグレーがおすすめ。柔らかさが香りたつようなカシミヤ100%のフラノ素材は、軽い着心地と暖かさで、この先冬にかけても活躍。ジャケットは襟のラインにほどよい丸みをもたせ、女性らしくつくられたテーラード。ジャケット、ワンピースともに、着丈と袖丈を好みの寸法でオーダーできる。ジャケット¥250,000・ワンピース¥230,000(ともにセミオーダー価格)/ミカコ ナカムラ 南青山サロン(ミカコ ナカムラ) ピアス¥380,000・リング¥280,000(ともにTASAKI)・時計¥2,300,000(TASAKI TIMEPIECES)/以上TASAKI バッグ¥80,000/SANYO SHOKAI(ポール・スチュアート)ワンピーススタイルワンピースはウエストや袖まわりにゆとりのあるコクーンシルエット。袖丈も長めで、エクラ世代の気になる部分をさりげなくカバーしてくれる。 ブレスレット¥380,000/TASAKI 靴¥97,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) ③シルクの華のある「ホワイト」タキシード×白シャツのような正装感あるシルクの白 ビジネスシーンにおいてドレスアップをかなえてくれる「白」のジャケット&ワンピース。上質なシルク素材が醸し出すリュクス感もビジネスには吉。2枚仕立てのフロント、ラウンドしたすそ、カラーストーンのようなボタンと、ジャケット一枚でドレスのような存在感。さらに、シルク100%のなめらかさと微光沢が品格を高める。スタンドカラーのワンピースと合わせると、より仕事向きの締まった表情に。 ジャケット¥360,000・ワンピース¥130,000・バッグ¥270,000・靴¥84,000/フェラガモ・ジャパン(サルヴァトーレ フェラガモ) バングル¥52,000/CASUCA 表参道本店(CASUCA) ストッキング¥3,800/ステッラ ピエールマントゥー事業部(ピエールマントゥー)ワンピーススタイルフレンチスリーブのシャツワンピースは、シルクのとろみがエレガントな落ち感を生んで。ウエストリボンを結べば、軽快な印象になりオフにも活躍。 ピアス¥150,000/CASUCA 表参道本店(CASUCA) ④女らしさが高まる「ブラック」重ね着も計算した襟もと、贅沢なディテールでリュクスなオーラをまとう 仕事への意欲を高めてくれる、大人に似合う逸品を紹介。ここぞというビジネスシーンで頼れる「黒」のジャケット&ワンピースでワンランク上の着こなしを。ミニマムなテーラードジャケットは、フロントにあしらわれたシルバーのカフリンクが粋なアクセントになって。ジャケットの襟あきから、ワンピースの襟もとのカッティングが美しく見えるよう計算され、胸もとにジュエリーいらずのエレガンスを添える。ジャケット¥63,000・ワンピース¥59,000/ヒューゴ ボス ジャパン(ボス) ピアス 各¥185,000/イレアナ・マクリ 伊勢丹新宿店(イレアナ・マクリ) ストール¥43,000/トラデュイール バッグ¥156,000/ジミー チュウワンピーススタイルV字のネックラインと前身頃の切り替えがポイントのワンピース。ウエストマークされた立体感のあるシルエットは女性の体を美しく引き立てる。 時計¥530,000/セイコーウオッチ お客様相談室(クレドール)着る人の体を優美に引き立て、品格を高めるクラシカルな黒 ここぞというビジネスシーンに頼れる上質な黒。ジョルジオ アルマーニのクラシカルなジャケット×ワンピースで、大人の品格を演出して。シャープな肩のライン、シェイプされたウエスト、Aラインに広がったワンピースのシルエットなど、クラシック映画に出てくる女優のような気品が漂う漆黒のセットアップ。ジャケットは、小さくフェミニンなラウンドカラーに、デコルテ部分が少し深めのVあきになったミニマムなひとつボタン。 ジャケット¥440,000・ワンピース¥390,000・バッグ¥260,000・靴¥91,000/ジョルジオ アルマーニ ジャパン(ジョルジオ アルマーニ) リング(太)¥320,000・リング(細)¥240,000/イレアナ・マクリ 伊勢丹新宿店(イレアナ・マクリ)ワンピーススタイルカフス部分とウエスト下のサイドに並んだボタンが、黒一色に上品な輝きをプラスして。腰高ですらりと見せてくれる美しいシルエットは秀逸。 ⑤ネイビージャケット×黒ロングワンピースワンピース単品で着れば、ちょっと華やかに装いたいオフの日の戦力に。ジャケットとセットで着こなせば、きちんと感が必要なビジネスシーンの顔に早変わり。オンオフ使える黒ロングワンピースをご紹介。 オン  セレモニーやフォーマルな場にはショールカラー風ジャケットを襟もとにショールカラー風の切り替えが施されているので、一般的なノーカラージャケットよりもフォーマルな印象に装えるネイビーのジャケット。ロングワンピースの上にはおるとさらに格式高い印象になり、ビジネスディナーの席やセレモニーにも重宝。 ジャケット¥95,000・ワンピース(上と同じ)/ドゥロワー 青山店(ドゥロワー) メガネ¥29,000/アイヴァン PR(アイヴァン) バッグ¥480,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) 靴¥125,000/ジミー チュウ   オフ  クラシックコンサートには、ロングワンピースでドレスアップ上身頃はシルクの黒、スカート部分は深いネイビーの異素材の組み合わせ。ほどよく二の腕をカバーするフレンチスリーブのロングワンピースは、大胆に背中があいたドレッシーなデザイン。シャイニーなバッグ&シューズを合わせるだけで、こなれ感のあるドレスアップが完成。 ワンピース¥160,000/ドゥロワー 青山店(ドゥロワー) ネックレス¥58,500/CASUCA 表参道本店(CASUCA) バッグ¥112,000/ジミー チュウ 靴¥160,000/ブルーベル・ジャパン(マノロ ブラニク) ⑥ツイード素材のジャケット×ワンピースセットアップで着ても、ワンピース一枚でも素敵に着こなせる、便利な「ジャケット×ワンピース」の組み合わせ。ウエスト切り替えでスタイルアップが叶う「コンビネーションワンピース」はビジネスシーンではジャケットと合わせて、休日は一枚で着れば、適度に華やかで好感度も上々。 オン  仕事には、きちんと見えして華やかなツイードセットアップでジャケットをはおると、まるでジャケットとスカートのスーツのようにも見え、さらに仕事向きの落ち着いたムードに。ストレッチ入りで動きやすくしわになりにくいので、着席時間の長い会議の日にも便利。 ジャケット¥66,000・ワンピース¥66,000/SANYO SHOKAI(ポール・スチュアート) 時計¥67,000/シチズンお客様時計相談室(シチズン エル) バッグ¥163,000/八木通商 ザンケッティ事業部(ザンケッティ) 靴¥89,000/ブルーベル・ジャパン(マノロ ブラニク)   オフ  女友だちと会う日は、好感度大のコンビネーションワンピースを選択黒のふわっとした上半身に、紺×赤系のツイード地の切り替えワンピースは、大人っぽさとフェミニンさのバランスがほどよく、きれいめに装いたい日に。 ワンピース¥66,000/SANYO SHOKAI(ポール・スチュアート) バングル¥52,000/CASUCA 表参道本店(CASUCA) ストール¥43,000/コロネット(ミラ・ショーン) バッグ¥180,000/ジョルジオ アルマーニ ジャパン(ジョルジオ アルマーニ) 靴¥121,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) ⑦ベージュジャケット×大胆配色ワンピース大胆なベージュ×ブラック配色のモダンなワンピースは、一枚で着れば休日のきれいめカジュアルに、ジャケットを合わせれば信頼感のあるキャリアスタイルに。   オン  ベージュジャケットをはおれば、信頼と落ち着きのキャリアスタイルにジャケットはカーディガン感覚ではおれるベージュのノーカラー。ゆるやかなVネックラインと、前すそに入ったスリットが上品な女性らしさを添える。セットで着るとベージュの分量が増え、より信頼感のある優しい雰囲気に。ワンピースの黒の引き締め効果も絶大。 ジャケット¥120,000・ワンピース(右と同じ)/コロネット(ミラ・ショーン) 時計¥90,000 /シチズンお客様時計相談室(シチズン エル) バッグ¥69,000/SANYO SHOKAI(エポカ) 靴¥92,000/ジミー チュウ   オフ  ドライブには、着心地のよい大胆配色のワンピースで決まり大胆なベージュ×ブラックの切り替えデザインが遠目にも目をひくモダンなワンピース。締めつけ感のない、すとんとしたボックスシルエットなので動きやすく、休日のドライブにも最適。スニーカーとの相性もよい。 ワンピース¥130,000/コロネット(ミラ・ショーン) サングラス¥36,000/アイヴァン PR(アイヴァン) ストール¥26,000/トラデュイール バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥66,000/トッズ・ジャパン(トッズ)    ▲【エレガントに装いたい日の『ジャケット×ワンピース』】トップに戻る>>「エグゼクティブサロン」 記事一覧はこちら▼その他のおすすめ記事もチェック撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE /モデル) 魚地武大(TENT/静物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/吉村友希 モデル/高橋里奈 取材・原文/新田幸子 撮影協力/ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜 ※エクラ2020年12月号掲載
  • DAY4 友達と会う日はカジュアルを意識今日はリモート勤務後、友人と近所のカフェでディナー。話題はクリスマスの予定について。お互い彼氏なし。友人は残り20日間で意地でもいい人に出会うらしい(笑)。私はたぶん家でゲームしまーす。女子会の日は、映えるきれい色のブラウスを。階段も上りやすいストレッチデニムでカジュアルダウンして好感度UP♡ストレッチデニム¥23000/ゲストリスト(アッパーハイツ) アーモンドトウのショートブーツ(7)¥23600/デミルクス ビームス 新宿(デミルクス ビームス) 甘いブラウス¥17000/TOMORROWLAND(BALLSEY) 白ロングTシャツ¥8000/エムケースクエア(マノン) レザーのミニバッグ¥34000/アビークローゼスト(ミミ ベリー) チェック柄ストール¥4500/シップス エニィ 渋谷店(パルム) シルバーボールイヤリング¥15000/カレンソロジー 青山(ニナ・エ・ジュール)▶︎▶︎ 『イージーパンツでノンストレスコーデ』着回し使用アイテムはこちら ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/小川健太郎 ヘア&メイク/野口由佳(ROI) モデル/井桁弘恵 スタイリスト/辻村真理 企画・原文/青山玲子(MORE) 撮影協力/アワビーズ TITLES UTUWA 大浪漫商店 SPBS ●本文中( )内の数字は編集部で計測した靴のヒールの高さで、単位は㎝です。 ※掲載商品の発売時期については変更等の可能性があります。メーカーHP等で最新情報をご確認ください。
  • 「MAQUIA」1月号では、タンスの肥やしパレットをスタメンに復活させる使い倒しテクをご紹介。すべてが主役カラーの利かせ色パレットはこう使う! 眠っていたアイシャドウ、今日からヘビロテできる 「タンスの肥やしパレット」で旬メイク1×3 教えてくれたのは… ヘア&メイクアップアーティスト paku☆chanさん Three PEACE所属。繊細なテクニックと似合わせ理論で、トレンドを牽引。 すべてが主役カラー! プレイフルに全色利かせ色パレット組み合わせが難しい利かせ色はあえて幅広にのせ印象的に。 A マットなイエロー B パール入り赤ピンク C ビビッドなオレンジ D 光沢感のないくすみレッド 1 旬の3色でカラフルに彩って 鮮やかカラーは縦割りグラデアイホール全体にブラシでAを塗り広げ、その上に目頭から黒目に向かってBを指でポンポンと重ねる。下まぶた全体にブラシでCをプラス。 一重・奥二重は…奥二重はAを目尻から塗り、イエローを強調。目頭と下まぶたは基本メイクと同じ。一重は基本メイクと同じだけど、境目をしっかりぼかして。 2 レッドを利かせてレディなムードに ちらっとのぞくDでアクセントをBを指でアイホールに塗り、ブラシでキワから二重ラインに向かってDを広げる。下まぶたの黒目の下のみAをポイント塗り。 一重・奥二重は…奥二重はDを目尻側1/2に入れる。一重はアイホールにBを淡く塗り、目頭にDを丸くスタンプ塗り。奥二重も一重も下まぶたは基本メイクと同じ。 3 オレンジで叶える大人のヘルシーメイク Cでキャッチーさと締め感を両立させるアイホール全体と下まぶたの黒目下に指でCをトントンなじませる。上まぶたのキワにAをブラシでニュアンスラインを足す。 一重・奥二重は…奥二重はアイホール全体にC、Aは目尻1/3のみON。一重は上まぶたの目頭1/3にC、目尻2/3にAを。奥二重も一重も下まぶたは基本と同様に。 MAQUIA 1月号撮影/吉田 崇〈まきうらオフィス〉(モデル) 岩城裕哉(物) ヘア&メイク/paku☆chan〈Three PEACE〉 スタイリスト/黒崎 彩〈Linx〉 モデル/森 絵梨佳 佐藤さき、狩野明日香(マキアビューティズ) イラスト/瀧川裕恵 取材・文/佐藤 梓 構成/横山由佳(MAQUIA) ※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。
  • . こんばんは、バイラーズのふじたです^ ^ . 先日、中目黒siroの水野さんに ヘアカット&カラー&トリートメントを していただきました♡ . 水野さんのinstaはこちら☞ . 優柔不断で決められない私は いつもカラーもカットも美容師さんに お任せしちゃうのですが (暖色以外でーとかあんまり切りたくないーくらいの希望のみ、ごめんなさい 笑) . 今回はくすみグレージュと ゆるっと巻きやすいレイヤードスタイルに していただきました。 . 寒色カラーが好きなんですが 顔色が悪く見えてしまう、、、 でも暖色はいまあんまり気分じゃない、、、 そんな私にお勧めしていただいた グレージュカラー✨ ブリーチなしですがシアー感があって でも落ち着いていて、めちゃくちゃ素敵なカラー . カットは 顔まわりにレイヤーをいれていただき巻きやすいように 写真だとちょっと分かりにくいんですが もみあげのところもカットしてもらって おくれ毛もつくりやすい カットにしてもらいました^ ^ 不器用な私でも自然におくれ毛がつくれちゃう . そしてスタイリングは 全体を外ハネ、顔まわりだけ巻いても らったんですが 38ミリのコテで巻く、 おっきめなゆるカールが可愛い! 顔まわりのレイヤーでボリュームを もたせて小顔効果も、、、!(嬉しい) . ゆる具合が今年らしくて可愛いのです〜 私もセットできるように頑張らねば、、、! . トリートメントはtokioトリートメントで 私の痛みまくりの髪も トゥルトゥルにしていただきました! . おすすめのトリートメントなども 教えてもらったので そちらはまた別の記事にて ご紹介させてください♡ . . instagramはこちら♡
関連キーワード

RECOMMEND