マリーエレーヌ・ドゥ・タイヤックと行くジャイプール

SPUR.JP

七色に輝くジェムストーンを操るファインジュエリー・デザイナー、マリーエレーヌ・ドゥ・タイヤックの取材で初秋に訪れたのは、彼女のアトリエがあるインド・ラジャスタン地方のジャイプール。発売中の本誌2020年1月号にも彼女のおすすめアドレスを掲載していますが、他にも特別な場所を幾つかたずねる機会に恵まれました。

マリーエレーヌのジャイプール滞在中の楽しみは、週末のゲッタウェイだとか。私も彼女のお気に入りホテル、サモード・パラスにお供しました。市内から車で1時間ちょっと走り、アラヴァリ丘のサモード村へ。群れになってうろついているイノシシの家族たちの間を縫って小高い山の中腹の小径をさらに進むと、突然現れるのがこの、文字通り“宮殿”です。かつてはマハラジャの住まいだったと言うから、ムガール様式を取り入れた柱や天井の装飾は、美術館並み。そして歴史的な部分を見学した後は、終日をプールサイドで。猿の親子が塀の上でたわれている背後に、山々が眺められるのが何とものどか。

一方ジャイプール市中心のマハラジャ邸、観光名所でもあるシティパレスは最近世界中で話題の的。なぜなら宮殿内の一角「グドリヤ・スイート」がレンタルを目的に改装され、Airbnbで予約解禁になったのです。デコレーターとして改装に関わったのはなんと、ジャイプール在住でマリーエレーヌのジュエリー作りを手伝う彼女の姪、クレール・ドルー。彼女は宮殿の倉庫にあったと言うアンティークの家具を配しつつ、マリーエレーヌにも似たポップなタッチで、カラフルなスイートルームを作り上げました。

ジャイプールから戻り、バゲージを開けるとちょっとの予算でたくさん仕入れたお土産に大満足。中でもイドゥリーのプリントシャツや、Bapuバザールで仕入れたリボンやボタンは 宝物です。ビューティプロダクツも優れもので、マリーエレーヌのアトリエと同じMI RoadにあるアユルヴェーダのKama とForest Essentialsはインドの2大ナチュラル・ブランド。

ちなみにマリーエレーヌは、作品集Gold and Gemsの出版を記念して12月初旬に来日。7日には新宿伊勢丹本館3Fで、8日には阪急うめだ本店3Fで、ブックサイニングが開かれます (いずれも14時〜17時)。

text : Minako Norimatsu

ジャイプール土産その2。右:アーユルヴェーダのビューティ・プロダクツ。右からKamaのヘアオイルとフェイスパック、Forest Essentialsのタルク・パウダー、快眠フレグランス、蚊除けスプレー。左:Bapuバザールで見つけたボタン数種。Photos : MInako NOrimatsu

本誌でも紹介したショップ、グッドアースも併設、「ルレ•エ・シャトー」に属するホテル、ラージュマハル・パラス(Rajmaha Palace)。RAJ Bhawani, TEH Sadar Disst, Mandi, Himachal Pradesh 175001

レストランも評判のゲストハウス2件。右:ちょっと街外れにあるRoyal Heritage Haveli。Plot No. 116 & 117, Near Khatipura Tiraya, Khatipura左:ファッション関係者に人気のJobner Bagh。 47, Jobner Bagh. Photos: Minako Norimatsu

サモード村にあるサモード・パラスの入り口にて。マリーエレーヌと、イドゥリーのデザイナー、ティエリー・ジュルノと。

サモード・パラス。右:見学可能な歴史的サロンのディテール。鏡とジェムストーンを駆使した天井の装飾が圧巻。左・サルの親子たちが和む、プールサイド。photos: Minako Norimatsu

市の中心から車で1時間弱、ナハルガ要塞の宮殿に現代アートを配した美術館ザ・スカルプチャー・パーク。右:11月9日の記事で紹介したニラ・ハウスの改装を手がけた建築家、ビジョイ・ジェインによるインスタレーション。左:Ayesha Singhの作品Hybrid Drawings (2018) photos: Minako Norimatsu

シティパレスのグドリヤ・スイート。広大なサロンやプライヴェート・プール、テラス、専任のバトラーもついて宿泊は8000ドル也。売り上げは、恵まれない女性たちを支援するため、ディヤ・クマリ・プリンセス財団に寄付されるそう。

関連記事
  • ジルスチュアートから、女の子だけで過ごすバレンタイン=“ギャレンタイン”をテーマにしたメイクアップコレクションが到着。赤&ピンクを基調とした、華やぐ可愛さとハッピーに溢れた世界観に酔いしれて。 ジルスチュアート「ギャレンタインズパーティコレクション」クリスタルの大きなハートをデコレーションしたパッケージデザインは、ジルスチュアートらしさ全開! さらにすべてのアイテムにギャレンタインズキャンディーの香り付き。フルーティでフレッシュなストロベリーやラズベリーに、深みのあるワインリース、爽やかなジャスミンとオレンジフラワー、そしてバニラのまろやかな甘さが全体を包み込む甘美な香りで、気分を盛り上げて! ジルスチュアート ギャレンタインズパーティー アイシャドウパレット 全1種 ¥6,200(2020年1月24日限定発売) 輝きと質感の違う8色をセットにしたアイカラーパレット。トゥルーレッド、ダズリングピンク、ピンキッシュブラウンなど、赤とピンクの温かなエッセンスを加えたカラーが勢ぞろい。ベーシック、スウィート、色っぽ系まで、組み合わせ次第で幅広いメイクアップに対応。また、アボカドオイルなどの保湿成分を配合したエッセンスインベースが、しっとりなめらかにまぶたに密着。パールの輝きと透明感の高い発色が長続きし、瞳までもクリアに演出してくれる。 ジルスチュアート ギャレンタインズパーティー ダイヤモンド グレイズ リップバーム  左から/01、02 各¥2,400(2020年1月24日限定発売) 輝きをコントロールして遊べる、トリートメントリップバーム 。血色カラーの中央に、ハート型にくり抜かれたパール&ラメがIN。自由自在にカスタマイズしながら華やぎを調整できるから、オンとオフどちらにも活躍しそう。カラーバリエーションは、レッドカラーをベースに、ゴールド&シルバーラメを施した01、ピーチカラーをベースに、レッド&グリーンのラメが施された02の2種。 ジルスチュアート ギャレンタインズパーティー ハンドクリーム 30g ¥1,400(2020年1月24日限定発売) ギャレンタインズキャンディーの香りに心ときめくハンドクリームも登場。みずみずしい保湿成分や、カカオバターなどコクのある保湿成分をバランス良く配合。肌に伸ばすとコクのあるクリームがとろけるように伸び広がり、手肌をふっくらと潤いで満たす。 友達と盛り上がるバレンタインは、赤とピンクで彩るプレイフルなメイクアップを楽しんで! ジルスチュアート ビューティhttps://www.jillstuart-beauty.com/0120-878-652 text:Saori Nozawa >>ビューティニュースまとめ
  • ニット¥11800/バンプロ(スーパーサンクス) シャツ¥22000/ラインバイ リョウジオバタ スカート¥8900/レンアイ ケイカク ルミネエスト新宿店 靴¥13500/ダイアナ 銀座本店 帽子¥12500/CA4LA ショールーム人気のライン入りニットベストをビッグシルエットやサイドが大きくあいたデザインでモードにシフト。1枚で存在感たっぷりのデザインが着こなしの主役級アイテム。レオパード柄のベレーやシルバーのシューズをアクセントに効かせてさらに盛り上げて!モデル/新木優子 撮影/柴田フミコ ヘア&メイク/河嶋希(io) スタイリスト/笠原百合 文/鈴木絵都子 ※上記のキャプションはWEBオリジナルのもので、本誌とは異なります。 ▶ニットベストコーデ記事一覧はコチラ
  • 少しの勇気が未来を変える!私のママ友事情今週は、幼稚園&学校行事が立て続けにあり 精神的にもハードでしたが… 週末にうれしい友との再会があり元気取り戻しました 伯です 幼稚園や学校にはシンプルな中にも色や輝きを足しています 土曜日は都心も雪が降りました わたくし雪が降ると心が躍りますが 今週は最後のセンター試験 みんな大丈夫かな?なんて心配してしまいました どうかどうかみんなが実力を発揮できますように さて今週のタイトルを見てどう思いましたか? ママ友の世界ってきいて どんなイメージを抱くでしょうか? それぞれ抱くイメージは様々かと思いますが…明言致しかねますが 私は「ママ友」という言葉を多用しません 「友達」に出会うって奇跡ですから 上の子は8歳になります 8年前のわたし… 友達なし 旦那激務 両方の親は東京にほぼ来ない 親族の手伝いなし 育った環境とは全く違う場所 … 「孤」育てキツい! なんでこんなに子育てがつらい? 保育園に入れない? どういうこと? 幼稚園も不合格になる? え、え、えーーー! 摩訶不思議NOW!!!!!そんな私が0歳の娘を抱えて 飛び込んだ場所が近所の「児童館」です 母になってまだ数ヶ月 睡眠不足 精神不安定 泣き止まない我が子を抱え 知らない場所へ行くというのは かなりハードルが高いのです しかし 「外に出かけなければヤバい…」 という危機感がありました 自分のためじゃなく子どものため、と そのころは歯を食いしばっていました 泣きながらね ♬朝おぎで、牛連れで、二時間ちょっとの散歩道♬ みでーな田舎で育ったもんで … たくさんの差別用語をふつうに受け止めて 生きてきました←なんとも表現が難しい… その時どんな反応をするかって? 「絶対に忘れねーがらな!」です 傷ついた言葉は場面と共に 忘れられません だから勇気が要りましたよ、都会の児童館 でもね ボロボロな形振り構わずな私を 受け入れてくれるお母さんたちがいました 同じ0歳児を抱えたお母さんたちです これが後に奇跡の出会いと変化していきます 当時私が児童館で初対面のお母さんに 自己紹介するとき 「岩手県出身です、東京はあまり好きではありません」 そう言っていたと思います 今は東京好き、ですよwはい、精神的に不安定で 田舎に帰りたいと毎日思っていました あのとき しんどいな、とか 友達作りハードルたかいな、とか 泣き止まなかったらどうしよ、とか 気持ちに負けて引きこもっていたら いま私はどうなっていたか分かりません… 本当に育児が大変でしたから 昨日 約8年前に出会ったママ友と呼べる みんなに久々再会し 当時どれだけお互いに 助けあっていたかを再確認しました 正直 胸がいっぱいでした 私には大切なママ友がいて帰れる場所に なっていたのです bloggerとして 自信をもって言えること あなたのお気に入りの洋服と靴が きっとあなたを素敵な場所へと導いてくれるはず 好きを身につけると気持ちが変わります 生き方も自由 ファッションも自由 毎日ヘトヘトだった当時も みんなと会うためにちょっとおしゃれして 助け合いながらレストランで 子連れランチした日々がなつかしいです どうかどうかセンター試験の学生同様に… どうかどうか世の中のお母さんの笑顔が咲きますように 美女組No.178 伯のブログ
  • パレスホテルのラウンジバープリヴェのアフタヌーンティーに行ってきました♡ 今回はちょっぴり贅沢dayということでシャンパン付きに 隣にあるフレンチレストランの方々が作るアフタヌーンティーなんです❣️アフタヌーンティーはイギリス発祥の文化なのに、フレンチスタイルになるなんて面白いですよね◎ 1段目から順番に紹介...!少しビターなチョコお茶菓子。柑橘系の香りが素敵でした!しょっぱいもの系のお皿。 フレンチの前菜のようでした♡他の画像を見る癒しのひとときでした...♡ 景色も皇居が見えてとても綺麗ですよ✨ 最後に... 私事ですが就職のため所属事務所を退所致しました。 Twitter、InstagramのIDが変わりましたのでよろしくお願い致します。InstagramTwitter今後ともノンノ読者モデルとしての私をよろしくお願い致します✴︎カワイイ選抜 No.08 瑚子のブログ
  • 一緒に過ごす相手によって、また場所に合わせて、相応な大人であるためにマリソル世代が準備しているモノとは? さまざまな職種の女性たちの予定がある日の"バッグ&ポーチ"の中身を見せてもらいました! ※紹介するものはすべて私物で、現在販売されていないものもあります スタイリスト 吉村友希さんスタイリスト 吉村友希さんマリソルをはじめとするファッション誌で、トレンド感のあるこなれカジュアルなファッションを提案シーン:スタイリスト仲間とおしゃれ女子会コンパクトなバッグでおしゃれに。身だしなみアイテムはサブバッグへスタイリストの友人たちはみんなおしゃれの目利き。私もトレンドを意識したファッションになりますね。【バッグの中身】バッグはロエベのハンモックの小ぶりサイズ。斜めがけにも、手持ちにもできて便利です。バッグの中身はAeta×THREEのコラボポーチ(1)を。上部にはコスメをIN。ちなみにシャネルのアイパレット(6)とセルヴォークのリップ(5)です。下段のジッパー部分は三段仕切りになっていてジュエリーを入れるのにちょうどいい! ジェンマ アルスのイヤリング(3)、hum(4)やユアソル(2)のブレスレット、アルスのネックレス(7)を、TPOに合わせてプラスすることで、着ていた服を、仕事からプライベートモードにシフトできるんです。【ポーチの中身】 美容ポーチは主に身だしなみアイテムをこのポーチもAeta×THREEのコラボ。仕切りが多く、細かいアイテムを入れやすい! 中身はイソップの歯磨き粉(8)やリップ、歯ブラシはビジュアル買いしたノンブランド(11)。ランドレスの静電気用スプレー(10)やビュリーのコーム(12)、スプリナージュのマルチオイル(9)など清潔感キープアイテムをセットして。【サブバッグの中身】 サブバッグにはポーチや大物アイテムをメルボルンの紅茶ショップで爆買いしてきた(笑)トートバッグは、大きな荷物がある時に便利。仕事用のファイルや手帳(13)など、女子会に不要なものを入れたり、夜の食事会用に履き替えるネブローニの赤のヒール(14)を入れたり。右の身だしなみポーチもこのサブバッグに入れて、いつもクロークや受付に預けてしまいます。【Marisol1月号2019年掲載】撮影/さとうしんすけ(物)構成・文/松井美千代
  • こなれたひとつ結びのポイントは、耳下で⁈こんにちは。 今日は、ヘアアレンジをご紹介します。 っと言っても、私ヘアアレンジは苦手です(>_
  • 2020年、オリンピックイヤー。夜景が美しい東京湾から桜を見られる下町までツーリストにさまざまな東京を案内するのが彼女の仕事。10人乗りのクルーザーは働く上での必須アイテムでもあり、休日は心の赴くままに舵をとり、彼女を癒やす「箱舟」でもある。仕事着に選んだユニフォームはブラックのレースコート。どこかフューチャリスティックな趣もあるハットと、ホワイトのリボンがたなびくブローチをアクセントに。コート¥440,000・帽子¥179,000・靴¥101,000・リボンブローチ(参考商品)/ロエベ ジャパンカスタマーサービス(ロエベ)メガネ¥63,000/SOLAKZADE(Frame Italy)未来的な「ユニフォーム」モードとは? 1 2020年の東京でまとうのにふさわしいのは、ひとさじの近未来感。ゴールドとシルバーのリバーシブルケープは、幅広のブラックリボンがアクセント。あえてかっちりとしたセットアップやドレスに重ねてスタイリングのポイントに。ケープ¥39,000/イザ(ヌメロ ヴェントゥーノ) 2 タイトスカートにもドラマティックなシルバーをチョイス。ジャカード生地とフリルつきのインナースカートをレイヤード。ジッパーポケットをサイドにあしらって。スカート¥73,000/TOGA 原宿店(TOGA) 3 プレーンなホワイトシャツとビブフロント。2 枚のシャツを重ねたようなデザインは、このブランドならではのハイブリッド技が光る。クリーンなムードとモードを両立。シャツ¥67,000/sacai 4 レイヤリングにも便利なショート丈のトップス。マットな質感を生かして。トップス¥99,000/メゾン マルジェラ トウキョウ(メゾン マルジェラ) 5 端正なネイビーのカーディガンを、あえてショートレングスでという選択。同素材のロングスカートとセットアップで着るのもおすすめ。カーディガン¥298,000/ジルサンダージャパン(ジル サンダー) 6 2020年の東京でドレスアップするなら、こんなエフォートレスなバニラ色のサックドレスを。つややかなサテン地の表情を生かしたシンプルなデザインが魅力。ドレス¥289,000/ザ・ロウ・ジャパン(ザ・ロウ) 7 胸のダーツ部分と袖に、クラフトタッチのステッチをプラス。モダンなアイボリーのセットアップにチャーミングな表情が宿る。ジャケット¥124,000・パンツ¥81,000/Acne Studios Aoyama(Acne Studios) 8 ダニエル・リーの手がける新・アイコンバッグ「ザ・ポーチ」を、ゴールドのループ状のラムスキンでプレイフルに。バッグ〈H18×W40×D18〉¥990,000/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン(ボッテガ・ヴェネタ) >>物語は頭の中に。世界中を巡りながら小説を紡ぐ私
  • ホームタウンは、世界中にある。季節や気分によって軽やかに拠点を変え、仕事をする彼女の職業は小説家。その土地ならではの匂いや音が、いつでもインスピレーションを刺激してくれる。ファッションもさまざまな街で見た色を取り入れたカラフルなスタイルが彼女流。ストライプシャツに大きなスパングルをあしらったチェックスカート、ボーダーのハットとスカーフで自由なパターンミックスを楽しむ。シャツ¥120,000・スカート¥296,000・帽子¥66,000・スカーフ¥99,000(すべて予定価格)/プラダクライアントサービス(プラダ)鮮やかな色と柄で、どこまでもプレイフルに 1 シャーベットカラーのTシャツにはトレンドのフェザーを裾にあしらって甘やかに。何げない日常もドラマティックに演出してくれる特別な一枚。トップス¥89,000/イザ(ヌメロ ヴェントゥーノ) 2 太陽がまぶしい国で過ごすなら、さらっとまとえるコットンのロングドレスを。四角が重なるグラフィカルなプリントが動くたびに視線を集める。ドレス¥78,000〈3月展開〉/CLIFF co.ltd.(FUMIKA_UCHIDA) 3 ビビッドなグリーンのトップスは一見シンプルでいて、着るとそのフォルムに主張あり。控えめなモックネックとボリュームのある袖との対比が新鮮。トップス¥119,000/イザベル マラン 4 このメゾンらしいチャーミングなフラワープリントをプラットフォームサンダルに。歩きやすい一足は世界を巡る旅の相棒。サンダル〈ヒール 12.5㎝〉¥110,000(予定価格)/ミュウミュウ クライアントサービス(ミュウミュウ) 5 アクセサリーはインパクト主義。ブラウン&グリーンの大ぶりなプラスチックチェーンに、ゴールドのクラスプがモダンなアクセントを添える。ネックレス¥49,000/マルニ 表参道(マルニ) 6 春夏の大きなトレンドであるナチュラルシックな気分をいち早く。フレアスカートは色とりどりのラフィアを編み上げ、小花モチーフをオン。スカート¥1,450,000/クリスチャン ディオール(ディオール) 7 ドレスアップする日に手に取るのはシルクタフタのボウブラウス。光沢のある生地にふんわりとしたスリーブのシルエット、エレガントなパープルがマッチ。ブラウス¥120,000/ブラミンク 8 レモンイエローのノーカラージャケットはフェミニンなドレスにもカジュアルなデニムにも合わせやすく重宝なアイテム。細いベルトをラフに結んで。ジャケット¥77,000/TAKU & Co(ペレック) >>おしゃれのことにも地球のことにも真剣。研究を続ける私
関連キーワード

RECOMMEND