セレブが続々お忍び来日! カーダシアン一家とケイティ・ペリー&オーランド・ブルームが東京観光をエンジョイ

SPUR.JP

日本好きを公言し、プライベートで来日するセレブも少なくない今日この頃。特に先週は、2組のビッグセレブが密かに日本を訪れていたことが明らかに!

今年夏に来日したときのキム一家/Photo:Instagram(@kimkardashian)

まずやって来たのは、おなじみカーダシアンファミリー。今回のメンバーは、キム(39)&カニエ・ウェスト(42)一家とコートニー(40)一家。それぞれ3人の子どもを連れ、総勢9人で東京へ。

かねてから親日家で知られるキムは、今年夏にも日本を訪れたばかり。そんなキムの案内で、一同は浅草やお台場の「チームラボ ボーダレス」をリピート訪問したほか、なんとローカルな公園にも出現。初来日となった次女シカゴ(1)も、すっかり日本を気に入った様子!?

Photo:Instagram(@kimkardashian)

また約1年ぶりの滞在となったコートニーは、インスタグラムで「konbanwa(こんばんは)」と日本語で挨拶。観光やショッピングだけでなく、夜景をバックにナイトプールを楽しむなど、贅沢なホテルステイも満喫したよう。

Photo:Instagram(@kourtneykardash)

一方、ちょうど同じ頃に日本に来ていたのが、ケイティ・ペリー(35)とオーランド・ブルーム(42)。仕事のために来日したオーリーに、ケイティがお忍びでついてきたとか。

到着するなり、大好きな寿司を堪能したふたり。ケイティが公開した動画では、カウンター席に座り、リラックスするオーリーの姿が。その後、セレブ御用達となった「チームラボ ボーダレス」や、マイクロブタとふれ合える原宿の「マイピッグ カフェ」へ出かけると、紅葉を見るために京都へも足を運んだそう。

Photo:Instagram(@katyperry)

ちなみに今回の訪問では、オーリーと元妻ミランダ・カー(36)の息子フリン(8)も同行していたことが判明! 顔は絵文字で隠されているものの、和室でのファミリーフォトはなかなか新鮮。

Photo:Instagram(@katyperry)

ここ数年だけでも、ジャスティン(25)&ヘイリー・ビーバー(23)、ベラ・ハディッド(23)&ザ・ウィークエンド(29)、ソフィー・ターナー(23)&ジョー・ジョナス(30)など、プライベートで来日したセレブは多数。街で遭遇するのも夢ではない?

キム・カーダシアン、またもファンの度肝を抜く! トップレスでうどんを食べる姿を投稿(外部サイト)

ヘイリー・ビーバーが日帰り来日! 夫ジャスティン不在も、大好きなラーメンに満面の笑み(外部サイト)

text:Kyoko Kawaguchi

関連記事
  • いつもの仕事も、いつもの作業も、特別な時間に変わる♡ モア世代にオススメしたい可愛くておしゃれなお役立ち文房具を、三戸なつめさんがご紹介!みと・なつめ●1990年2月20日生まれ、奈良県出身。人気モデルであり、自身プロデュースの文房具を発売するほどの文房具マニア。公式YouTubeチャンネル『三戸なつめのビデオブログ「なつめと、」』が好評配信中!持ち歩きにも便利なサブ手帳、いかが? 『A FLOATING LIFE ウィークリープランナー』「年末に向けて予定が増え始めるこの時期、毎日のスケジュール管理が大変だと感じることはありませんか? 私はスマホのカレンダーを仕事用、紙の手帳をプライベート用に使い分けているのですが、時間配分が細かいと整理するのに時間がかかることも。そこで、『ウィークリープランナー』を使って自分の行動を可視化することに! 月曜の朝、1週間分の仕事&プライベートの予定を順番にリストアップ。私は手帳は持ち歩きたい派なので、このリストを自宅の冷蔵庫に貼っておき、出かける前に予定を確認するのが習慣です。終わった予定を横線で消していくと達成感も得られますよ♡ 時間配分もうまくなり、仕事の効率化にも役立ちそう!」【おすすめポイント】細かく書き込めるのもうれしい♪「マンスリー手帳には書ききれない予定もたっぷり書き込めるのが魅力。TO DOリストや1週間のうちにやっておくべきこと、直近の予定を瞬時に把握できるから、この一枚だけ持ち歩けば荷物の軽量化にもなる、使い勝手抜群なスケジュール帳なんです♡」『ウィークリープランナー』日付を書き込めるから、いつから使い始めてもOK。1週間分のスケジュールをひと目で把握できる。53枚入り。(1年分)¥920/A FLOATING LIFE⇒「こちら、三戸文房具堂。」のその他の記事をまとめてチェック! ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 取材・原文/井上ハナエ 撮影/藤澤由加 ヘア&メイク/YOUCA スタイリスト/梅林裕美(イメージカット) 服/すべて本人私物
  • お使いがてら、大好きな浅草へ。朝からずっと熱視線…は気のせい?? 来日中のボスへの手土産を買いに、私的癒しスポット、浅草へ。レトロな街並みにも映えるパープルのカーデを、コートの上から肩かけしたのがおしゃれの秘訣。インは白トップス×ツイードスカートですっきりきれいめに。なぜかついて来た後輩の岩上くんから「今度、お食事ご一緒できませんか?」って、突然のお誘い。ねぇそれって仕事orプライベート、どっちなの!? コート¥41000/エミ ニュウマン新宿店(エミ アトリエ) ブラウス¥18000/イエナ ラ ブークル ニット¥12000/ルージュ・ ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(フォンセ/ルージュ・ヴィフ) スカート¥24000/シュガー・マトリックス(イチエ) タイツ¥600/タビオ(靴下屋) ピアス¥23000(アン セム フォー ザ センセズ)/アマン バッグ¥49000/フルラ ジャパン(フルラ) 靴¥32000/デミルクス ビームス 新宿(ジャラン スリウァヤ)[男性]コート¥140000/エイトン青山(エイトン) シャツ¥19000/アバハウス 原宿(リーセンシィ オブ マイン アバハウス) パンツ¥18000/トリプル.アーチ.ワークス(メイク センス ラボラトリー) 靴下¥1200/タビオ(タビオメン) バッグ¥92000/フルラ ジャパン(フルラ) 靴¥13800/アースマーケティング(ヴァリジスタ グローバル スタジオ) 【今月のPROFILE】港区OL・絵美里イタリアに本社を置くインテリア会社で、営業を担当。パッと見はクールながらも、実は乙女な癒し系。社内公認のコウジと順調ななか、新たな刺客が。   明日のコーデ一の画像をもっとみる 明日のおすすめ着回しアイテム 1/4 2/4 3/4 4/4 【使えるブラックアイテム】ツイードスカート見た目の華やかさだけでなく厚手で暖かいのも魅力的。生地を重ねたようなラップ型は歩きやすく、ヒール靴とも好相性。スカート¥12700/リフラティ シップス ルミネ横浜店(リフラティ シップス)  【使えるブラックアイテム】チェスターコート使い勝手のいいウールのチェスター。襟幅が細くシャープな雰囲気。コート¥69000/インターリブ(サクラ) 【ブラックに合う敏腕アイテム】パープルカーディガンボタンを全部留めたり、少し外したり、さまざまなアレンジがしやすく着回しに最適。ほんのりパフスリーブで一枚でもサマに。カーディガン¥7990/プラステ  【ブラックに合う敏腕アイテム】白リブニット抜け感に効く白ニット。リブ&フレア袖でひと工夫。ニット¥18000/RHC ロンハーマン(RHC) 「今月のおすすめ着回しアイテム」まとめはこちらから 撮影/江原英二〈Astro〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/桑野泰成〈ilumini.〉 スタイリスト/大平典子 モデル/絵美里、守屋光治・若林拓也・岩上隼也(メンズノンノモデル) 本誌取材/伊藤真知 本誌構成/山岸成実〈BAILA〉 WEB構成/衛藤理絵   
  • 日々たくさんの情報を発信してくれるモア公式ブロガー【モアハピ部】。彼女たちのブログには、ファッション、ビューティ、グルメなどモア世代がハッピーに過ごすヒントがたっぷり。そこでっ!! 今週人気のあったファッション・ビューティ・ライフそれぞれのランキングを発表しちゃいます! 今モア世代がリアルに気になっていること、注目していることをチェックしましょ♡ ※記事発信時点での情報のため、入手困難な場合や、販売・セール・イベント等が終了している場合があります。まずはファッションの人気記事から!『ユニクロ』のメンズ、「 フリースノーカラーコート」が使える!【ファッション人気記事】♡第3位♡ 『GU 』のブランケットでぽかぽか No.682 彩希さんは、「マシュマロフィールラウンジネコミミブランケット」をゲット。フード部分についた猫耳が可愛すぎっ。軽くてあったかくて、この冬は手放せない♪ ▶︎▶︎もこもこ感にも癒されて♡第2位♡ 『3COINS』の新作ヘアアクセサリー No.707 結紀奈さんは、購入したヘアアクセサリーで早速髪をアレンジ。大きめのリボンは、大人っぽくて上品なモカ色がお気に入り♡ ▶︎▶ベロアのピアスもモカ色 ♡第1位♡『ユニクロ』のフリースはあえてメンズから No.562 しょこたうるすさんは、メンズの人気アイテム「フリースノーカラーコート」を購入。Engineered Garmentsによるデザインがとびきりおしゃれ! ▶︎▶︎着こなしのワンポイントは『キャンメイク』の新色アイシャドウで色っぽ可愛く♡ イエベにおすすめリップ【ビューティ人気記事】♡第3位♡ イエベにおすすめ、『COEL』のリップ No.510 MIYUさんは、大好きなモデル・ヨンアさんがディレクションするブランド『COEL』でリップを購入。全方位にモテそうな、キレイなカラーなんだって♡ ▶︎▶︎パッケージも可愛い ♡第2位♡ 捨て色なし! 『キャンメイク』アイシャドウ No.576 *Ayane*さんは、アイシャドウパレット「シルキースフレアイズ」の新色から02 ローズセピアをチョイス。ピンク系のブラウンのグラデーションで、色っぽ可愛い目元に♪ ▶︎▶︎透けツヤ感がポイント♡第1位♡ 『エレガンス』のクリスマスコフレ No.543 ちゃんあいさんは、紹介してくれたのは「エレガンス モーヴフルール コフレ」。人気メイクアイテムが1つになっていて、本当に買ってよかった♡ ▶︎▶︎デザインにもうっとり北鎌倉の名店でビーフシチュー! 『セブン‐イレブン』のクリスマスケーキをレポ【ライフスタイル人気記事】♡第3位♡ 『スタバ』で苺カスタム No.576 *Ayane*さんは、SNSで話題のカスタム、「バニラクリームフラペチーノ®︎」にストロベリーソースを追加してオーダー。甘酸っぱさとクリーミーさのコンビネーションが抜群すぎる!! ▶︎▶︎カスタマイズは期間限定♡第2位♡ 『セブン-イレブン』のクリスマスケーキ No.395 みそさんは、『セブン-イレブン』のクリスマスケーキ試食会へ。ひとりで食べられる気軽なスイーツから、みんなでシェアできる本格的なケーキまでバラエティ豊かなラインアップ♪ ▶︎▶︎ディズニーの人気キャラもケーキに♡第1位♡ 鎌倉で絶品ビーフシチュー No.707 結紀奈さんは、紅葉を楽しみに鎌倉へお出かけ。ずっと行ってみたかった『去来庵』で、ビーフシチューのランチを堪能。大きな牛肉が口の中でとろける〜♪ ▶︎▶︎鎌倉らしい情緒あふれる店内★今回のランキングは12/2(月)~12/8(日)のデータをもとに作成しました。モア世代の"リアル"が詰まった記事をお見逃しなく!→モアハピ部の最新ブログはこちらから
  • 顔の印象を左右する前髪。鏡とにらめっこして、前髪無しのスタイルをしたいと思った日でも、 アレンジが効きやすい逃げ道を考えたスタイルにしました。今は仕事の関係でカラーは7番目安、 おくれ毛などを出さずに、すっきりと結ぶ 必要があります。 しばらく休みの日も含めてオールバックのポニーテールで過ごし、頬のたるみも引き上げられるし(切実)周りの評判も良かったので この髪型を自分のスタイルにしようかしら♪とまで考えていましたが 生え際が後退してきて変な生え際の形になっていることに気づいた矢先、 先日のキックオフランチ会の写真数枚に 写り込む自分を見て、こんな写り方ではマリソル公式ブロガーをクビになる、取り急ぎ 前髪作ろ。と決めました。(笑) 前髪を作って大失敗した過去があり、ずっと前髪は作らない、というポリシーでいたので、しばし悩んだ挙句 「シースルーバングよりほんのり厚め」にして逃げ道を作ろうと決め、すごーく少しづつ慎重にチョキチョキ。   次の日まで待てずに自分で切った女このくらいの長さ、幅、量の前髪であれば下ろすのはもちろん、 真ん中で分けてサイドに流せるし、仕事の時は横に流して固め、 かき上げて前髪が無いようにも見せることができます。ポニーテールもバランスが取りやすくなりました前髪ありのポニーテールは彫の深い女性なら カッコいいけれど、平面顔の私がやると変に幼くなりかねないので、少しリップを 濃い目に塗ろうとかアレコレ考える時、 「コンプレックスは山ほどあるけど、お洒落って楽しいなぁ」と感じます。 ZARA コーデュロイバケットハット いつも服装がシンプルなので、髪を下す時はアクセントに帽子を被ることが多いです。 冬は頭も温かいし、夏は地肌の日焼けも防止できるし、帽子を取り入れたスタイル、お勧めです。 冬のお洒落も楽しいけれど、寒すぎる日は夏が恋しい・・・。---------------------------------------------------------- 前回のブログでお伝えした通り、 大好きな映画やNetflixでお勧めの作品を 今回から最後に紹介させてください。 お勧めNetflix&cinema---------------------------- イメージチェンジという今回の話に関連して 今日のお勧めは 『クイア・アイ』(Netflixオリジナル作品) ファブ5という5人組の各分野のエキスパートが送る、感動の変身ビフォーアフタードキュメントで、以前アメリカで放送されエミー賞も受賞した大人気リアリティ番組のリブート版です。 簡単に言うと、日本のビフォーアフターの ハリウッドバージョンという感じで、ヘアメイク、服装、インテリア、料理、マインドを全て網羅して内側からの変身を目指します。 ファブ5のメンバーが個性的でカッコよくて情に厚く、それぞれ悩みを乗り越えた過去が あって言葉に説得力があるし、変身の過程で毎回感動して泣いてしまうんです…。 ファッションだけでなく、素敵な名言が度々聞けるので是非。 ---------------------------------------------------------- 本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。美女組No.183 emiのブログ
  • トレンドをいち早く取り入れる愛美は、人気上昇中のレトロな花柄ワンピを選択。イベントの多い季節を華やかに盛り上げる♪ ビッグニットとのゆるずるバランスを楽しむ ゆるニットを上から重ねて、ワンピをスカート感覚で活用すれば違った印象を楽しめる! ワンピース¥8900/dazzlin ニット¥8300/KBF ラフォーレ原宿店(KBF) ピアス¥12000/ソワリー バッグ¥12800/ビームス ウィメン 原宿(ビュレ×レイ ビームス) 靴¥27000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) ベージュのブーツで足元に軽さをプラス 女子会やデートには、アウターを脱いだだけで“華”を盛れるグリーンベースの花柄を。レースアップがアクセントになるショートブーツは、差がつくベージュを選んで今っぽさを加速させて。 ワンピース¥11000/レンアイ ケイカク ルミネエスト新宿店 バッグ¥7900/RANDA 靴¥20000/LIFE’s 代官山店(TODAYFUL) ショート丈カーデをさらっとはおる♡ 赤ワンピ×ロングブーツは、ショートカーデで目線を高く保ってスタイルアップ。 ワンピース¥6900/セシルマクビー ルミネエスト新宿店 ニット¥14000/リランドチュール 帽子¥1500/INGNI ピアス¥1500/サンポークリエイト(アネモネ) バッグ¥3990/ロコンド(MANGO) 靴¥17000/ディアナ ドットモデル/江野沢愛美 撮影/柴田フミコ ヘア&メイク/KITA(Nord・) スタイリスト/石田綾 構成・原文/道端舞子 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス
  • ワンピ見えニットセットアップがきてる!ワンピースみたいに簡単にきまる、でもどこかシャレていて、着回し力はいちばんかも。そう、ニットのセットアップの話! トップスはセーター、ボトムはスカートのニットアップが、今こんなに進化していてこんなに素敵だって、知ってた?間に白Tを1枚、それだけでこんなにもおしゃれに見えるボトムがタイトなら“少し長く、少しゆるく”が大人な感じ。冬の白をほっこりさせないための「もう一枚の白」を味方に! 白Tをはさむだけ、の簡単すぎる重ね術。同じ白なら、レイヤードも抵抗感なく失敗しない。ニット・スカート各¥6990/バロックジャパンリミテッド(スライ) Tシャツ¥9800/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) 靴¥48000/グラストンベリーショールーム(サンダース) バッグ¥7400/アーバンリサーチ 神南店 ピアス¥1600/お世話や(リミテッド ナンバー) ストール¥24500/トラディショナル ウェザーウェア GINZA SIX店 靴下¥1500/シップス 有楽町店(ブルーフォレ)信頼の黒なら、あとは全部ラフでいい張りきらずに着る黒の圧倒的こなれ感。白Tにサイドゴアブーツ、ラフな要素を詰め込んで。ニット¥8800・スカート¥8800/ココ ディール Tシャツ¥6800/グッドスタンディング(リノ) シャツ¥8500/ハイ! スタンダード(プロッパー) 靴¥33000(スペース クラフト)・ブレスレット¥36000(ルフェール)/UTS PR バッグ¥3500/ハリウッド ランチ マーケット(ビンドゥー) メガネ¥44000/アイヴァン 7285 トウキョウ 靴下¥700/タビオ(靴下屋)絶対的な女っぽさはスカートの揺れにかかってるレイヤード風は“ワントーン意識”のコーデで。「濃いブラウン、淡いブラウン、白」の奥行きある上品さ。ブラウンの持つ気品と合わせる白の洗練感。絶対にいい女感が漂うこのコーデは、やわらかなプリーツの軽やかさがあればサラリとイヤミなく着こなせる。首もと、手もと、足もとと小物を白で統一して一歩先のトレンドカラー攻略を。セットアップ¥13000/ココ ディール 靴¥5580/ViS(Juze) バッグ¥21000/ジャンニ キアリーニ 表参道店 ピアス¥1400/ジオン商事(スリーフォータイム) スカーフ¥1900/センスオブプレイス バイ アーバンリサーチ キュープラザ原宿店 バングル¥1500/お世話やきれいなのに親しみやすい、それって理想じゃない?親しみがあって、でも無難じゃない。異素材ワントーンも楽しんで。ニットとシフォンの異素材セットで印象はあくまでも「やさしいベージュ」。なじみ色ならいろんな素材をかけてもくどく見えず、親近感あるムードに。タイツもなじみ色のグレーが◎。セットアップ¥13000/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 渋谷マークシティ店 コート¥79000/SANYO SHOKAI(マッキントッシュ フィロソフィー) 靴¥19000/アルアバイル バッグ¥3980/ViS イヤリング¥1200/お世話や タイツ¥900/タビオ(靴下屋) ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/小川健太郎 ヘア&メイク/川添カユミ(ilumini./栞里分) 河嶋 希(io/理央分) モデル/内田理央(モア専属) 佐藤栞里 スタイリスト/石上美津江
  • ギフト選びって楽しいですよね!お世話になった方へ、美味しくて美しいギフトを贈りました。相手の顔を思い浮かべながら、ギフトを選ぶ時間が好きです。 今でこそ楽しむ余裕もできましたが、かつてはよく失敗もしました。 とにかく「人とかぶらないギフト」にこだわっていたこともありました。 探して探して最終的によくわからなくなり、キラキラの新婚のかわいらしい後輩に、「最高級おろし金」を贈ったり、、、 渋すぎました。 ギフト選びの基準は人それぞれですよね。 私の場合は、季節が感じられたり、相手に渡すときにちょっとした話のネタになるような、ストーリーのあるギフトが好きです。 前置きが長くなりましたが、今回、仕事でお世話になった方々へのご挨拶に選んだプチギフトは、アトリエうかいの「ふきよせ 冬椿」有名なうかい亭の焼き菓子。見た目も味も最高!自分用にも購入。試食が止まらない。季節によって内容が変わります。一度ギフトでいただいて、その美味しさに感動。それから私もよく購入しています。 Marisol1月号別冊「美味しいものBOOK」には、名品から、はじめましてのルーキーまで、見ているだけでワクワクしてくる美味しいものがいっぱいです。 美味しそうでセンスがあるものばかりで、なめるように読み込んでいます。 (なめてません(笑)) 人と会う機会が増えるこれからの季節、スマートなギフト選びの参考にしたいですね!danjo美女組No.174 danjoのブログ
  • アラフィー女性にこそ読んで欲しいおすすめの本を、編集部がピックアップ! ナチの強制収容所で芽生えた恋愛物語や、笑える闘病&介護エッセー集、84歳の今も現役の童話作家として活躍する国際アンデルセン賞受賞作家のエッセー集など、年末年始にじっくり読むのにもぴったりな3冊をご紹介。強制収容所という極限下でも愛は生まれる 『アウシュヴィッツのタトゥー係』ヘザー・モリス 金原瑞人・笹山裕子/訳 双葉社 ¥1,700 ナチの強制収容所に送られたが、名前も尊厳も奪われた同胞たちの腕に識別番号を彫る仕事についたおかげで、殺される確率が減ったユダヤ人のラリ。ある日、自分が「4562」と入れ墨をした女性に恋をする……。アウシュヴィッツを生きぬいたタトゥー係の証言に基づく物語は、胸がつまるほど残酷で、人間の愚かさと醜さを突きつけてくる。同時に、どれほど過酷な状況でも人は人を愛し、互いを思いやり、絶望を希望に変えていく力を秘めているのだと確信させてもくれる。笑える闘病&介護エッセーで元気と知識をゲット『介護のうしろから「がん」が来た!』篠田節子 集英社 ¥1,300 綿密な取材と鋭い観察眼で知られる直木賞作家がユーモラスにつづるのは、認知症の母親を抱えて乳がんを宣告されてからの日々。こんなにも笑えて、勇気がわいて、乳がんとの闘い方&親の介護に関するAtoZがよ~くわかる体験記は読んだことがない。エクラ世代必読!『魔女の宅急便』の作者が贈る“言葉の花束”『「作家」と「魔女」の集まっちゃった思い出』角野栄子 KADOKAWA ¥1,400 児童文学界のノーベル賞といわれる国際アンデルセン賞を受賞し、84歳の今も現役で活躍している童話作家のエッセー集。人は〈だれでも贈りもの〉〈一人、一人でありながら、どこかで一つであることが、生きることの基本〉などなど、ハッとさせられるフレーズの宝庫だ。集英社 2019年度 出版四賞決定主催/集英社 一ツ橋綜合財団 ■第32回 柴田錬三郎賞 『彼女は頭が悪いから』(文藝春秋刊)姫野カオルコ(ひめの・かおるこ)〈選考委員〉伊集院静/逢坂剛/桐野夏生/篠田節子/林真理子 ※選評は「小説すばる」12月号に掲載 ■第32回 小説すばる新人賞 『しゃもぬまの島』上畠菜緒(うえはた・なお)、『海の匂い』佐藤雫(さとう・しずく)〈選考委員〉阿刀田高/五木寛之/北方謙三/宮部みゆき/村山由佳 ※受賞作品(抄録)と選評は「小説すばる」12月号に掲載 ■第43回 すばる文学賞 『犬のかたちをしているもの』高瀬隼子(たかせ・じゅんこ)〈選考委員〉江國香織/奥泉光/角田光代/高橋源一郎/堀江敏幸 ※受賞作品と選評は「すばる」11月号に掲載 ■第17回 開高健ノンフィクション賞 『聖なるズー』濱野ちひろ(はまの・ちひろ)〈選考委員〉姜尚中/田中優子/藤沢周/茂木健一郎/森達也 ※選評は集英社クオータリー「kotoba」秋号、「青春と読書」10月号に掲載 (※選考委員はいずれも五十音順)原文/細貝さやか ※エクラ2020年1月号掲載 
関連キーワード

RECOMMEND