寺島しのぶ、蜷川実花、スプツニ子!が「#ウーマン・イン・モーション」のトークに登場

SPUR.JP

グローバル・ラグジュアリー・グループであるケリングは、カンヌ国際映画祭のオフィシャルパートナーとして2015年に「ウーマン・イン・モーション」を発足させた。映画界で活躍する女性に光を当て、男女平等の実現に向けた取り組みを推進するためのプラットフォームであり、才能あふれる女性が監督する映画の支援やトークイベントなどを行っている。このたび第32回東京国際映画祭のオフィシャルプログラムとして、俳優の寺島しのぶさん、写真家・映画監督の蜷川実花さん、アーティストのスプツニ子!さんの3名が登壇し、トークイベントが開催された。

人口の半分が女性なのに、女性であることが特殊になってしまう不思議

左から、蜷川実花さん、寺島しのぶさん、スプツニ子!さん

2017年に巻き起こった「#MeToo運動」をきっかけに、映画界では性別に囚われない人材活用の重要性がますます叫ばれている。たとえば2018年にフランス国立映画センターに登録された映画のうち女性監督の割合は23.3%、そして同年封切りの日本映画における女性監督の割合は7.01%にとどまる。

映画界をとりまく現状について、蜷川さんはこのように語った。「私が初めて映画を撮ったのは、2007年に公開された『さくらん』でした。当時は、どのインタビューでも常に“女流”という言葉がついてまわっていたのを覚えています。ですが、今年『Diner ダイナー』と『人間失格 太宰治と3人の女たち』の2本の映画を公開しましたが、“女性”という切り口で取材されたことはありませんでした。少しずつ変化している実感はあります」。

1992年に文学座に入団以来、俳優を続けている寺島さんは、「20代の“かわいい文化”が日本にはあり、大人の女性の話が映画として成立しづらくなっているのを感じます。私自身、ある時から圧倒的に母親役が増えました」という。また、映画界では圧倒的に男性のスタッフが多いことについては、「女の子らしい女性や男っぽい女性がいるように、男性にもいろんなタイプの男性がいます。性別で判断をするのではなく、いろんな人のパワーを結集して作品を作るというのが理想ですよね」と語る。

今年、カンヌ国際映画祭でも「ウーマン・イン・モーション」のイベントに参加したスプツニ子!さん。「#MeToo運動の影響もあって、映画界に限らずさまざまな場面で女性が声を上げられる雰囲気ができてきました。ソーシャルメディアが一般化し、誰でも発言できる状況が生まれたことはすごく良いことだと思います。今までは表に出てこなかった複雑な女性像を目にする機会が増えることにつながるからです。人口の半分が女性にもかかわらず、映画の担い手に男性が多いというのは、女性の気持ちをストーリー化できてこなかったということ。そうなると必然的に女性が主役の作品が少なくなりますよね。女性であるだけで“ニッチ”になるというのは、本来おかしなことなんです」。

バリバリ働きたい時期と子どもを産む時期が重なる悲劇を解決するには?

映画界で働く女性が少ない理由のひとつに、映画技師として独り立ちするタイミングと妊娠・出産の適齢期とが一致してしまうことがある、と蜷川さん。「現状では“稼いで雇う”という解決策が最も現実的。私は出産の3日前まで撮影をし、産後1か月から現場に戻りましたが、家事や育児の代行を頼むことで仕事と子育てを両立してきました。あとは、どんな男性と結婚するかでしょうか。一緒に働くスタッフには、女性が働いて男性が育児をしている家庭も多いんです」。

寺島さんは「現在7歳になる息子がいますが、とにかくいろいろなものに追われています。もっと仕事に時間を費やしたい思いもありますが、今は限られた中でやるしかない」という。蜷川さんも「何かが降りてくる瞬間を待っているゆとりはないんですよね。生活をすべて捨てて、クリエイションをしている人とどう闘えばいいのか、と思うことはあります。ですが、自分は限られたなかでクリエイションをしているのだというストレスを糧にして、高く飛べるように頑張るしかありません」とその覚悟を語った。

一方、スプツニ子!さんは「私は今34歳で、仕事大好き、クリエイション大好き、やりたいことがいっぱいある。そのため、なかなか子どもを産むという選択に踏み切ることができません」と率直な思いを話した。「人類はさまざまな課題をテクノロジーやサイエンスで解決してきましたが、今まで妊娠・出産の分野は手つかずでした。たとえば、私は今年卵子を26個凍結したのですが、このような卵子凍結のことももっと早く語られるべきことだったと思います。妊娠・出産の概念やタイムリミットがあることへの解決策を、作品で表現することも含めて探っていきたいですね」。

ジェンダーレスな視点を持てたのは、育った環境のおかげ

話題は、自分自身のキャリアの追求から、子どもをとりまく環境へと及んでいく。

「子どもにとって環境がすべてだと思います。少なくとも私はそうでした」と寺島さん。歌舞伎界という特殊な環境ということもありますが、5歳の時に弟が生まれ、一斉に家族の目が弟に向かいました。男子が求められていたんだということを目の当たりにして、そのことに対してずっとコンプレックスも感じていました。ですが、19歳で蜷川幸雄さんの舞台『血の婚礼』(1993年)に出演した時に、蜷川さんから『そのコンプレックスはいいものになるから、捨てずに技術を磨いていけ』と言われたんです。この言葉にとても助けられたので、本当に感謝しています」。

そんな蜷川幸雄さんを父に持つ蜷川実花さん。「我が家は、母が女優で父よりも稼いでいたので、0歳から5歳まで父に育てられました。常に父から『男を通じてしか社会と繋がれない女になるな』と言われ、経済的にも精神的にも自立した女性になれ、と刷り込まれていたように思います」。

スプツニ子!さんも、共働きの家庭に育った。「中学は日本の学校に通っていましたが、お弁当はいつもリンゴやピーナツバターサンド。イギリス人の母からは『みんなのお母さんは豪華なお弁当を作っているけど、私は大学でバリバリ教えている超カッコイイお母さんなの。大学教授の女性なんていないんだから。カッコイイ母に育てられてあなたはラッキーなのよ』と毎日言われていたので、友人のお弁当を見てもなんとも思わずに育つことができました。自信たっぷりに母が言っていたので、信じられたんだと思います」と子ども時代の思い出を語った。

これからの社会に向けて

例えば学校や会社の中で、あるいはTVのコマーシャルを観て。ジェンダーギャップを感じずに育った女性はいない。おそらく、男性も。さまざまな先人たちの闘いの積み重ねと、#MeToo運動をはじめソーシャルメディアの発達によって個人が自分の言葉で自由に発言できるようになったことで、今ようやくその問題の本質が可視化されつつある。「ウーマン・イン・モーション」のイベントでは、寺島さん、蜷川さん、スプツニ子!さんが、現状やこれからの社会に向けて一歩踏み出すヒントを語ってくれた。誰にとっても理想と思える社会が一日でも早く実現するよう、3名の言葉を一人一人が行動を起こすためのエネルギーにしていきたい。私たちはまだ、ジェンダーギャップのない社会へと舵を切ったばかりなのだから。

関連記事
  • より細かく、よりていねいに。人気クリニックの医師がシミ取りについての質問に親身にお答えします!Q.思いたったらいつ行ってもいい?A.もちろんOK!気になったらすぐ治療を 「365日、シミが気になり始めたら、いつでもクリニックへ来てください。一刻も早く治療を始めたほうが、早く美肌へ近づけます。"冬になってから"など先送りにする間にも、シミは濃く大きくなっていくものです」(アオハルクリニック・小柳衣吏子先生)Q.何を重視して病院を選べばいいの? A.医師の経験値とていねいなカウンセリング 「費用、ダウンタイム、いつまでに結果を出したいのか、シミ以外の悩みも同時に改善させたいのか、まずはカウンセリングを! 専門知識と治療経験が豊富な医師のほうが、大人が抱えるさまざまなシミ悩みに対応しやすいと思います」(銀座ケイスキンクリニック 慶田朋子先生)Q.ある程度育ってから取ったほうが効果的?A.薄いシミのほうが効果が出やすく、短期間で治療を完了できます! 「摩擦による色素沈着のシミは真皮層まで到達してしまっていることが多々。つまりレーザー治療にも時間がかかります。育ってから取るなんてナンセンス。薄いうちにシミは取ったほうが、キレイになりやすいと言えるでしょう」(クロスクリニック銀座・石川浩一先生)Q.旅行の予定があるのですが…A.紫外線が強い地域への旅行はおすすめしません 「レーザー治療後の肌は、デリケートで炎症が起きやすく、紫外線にも弱い状態に。南国リゾートへの旅行は、治療後3~6カ月はおすすめしません。逆に旅行から戻って、日焼けが治まっていたら、レーザー治療は受けられます」(ウォブクリニック中目黒・髙瀬聡子先生)Q.取ってもすぐ出てくるの?A.肌質によっては、シミが再発する可能性はあります 「シミがあった部分は、肌がメラニンがたくさんあったことを記憶して再び作られやすい状態になっています。そして体質によっては、レーザー治療でメラニン産生を刺激してしまう可能性があります。これらの理由で、シミが再発すると考えられます」(青山ヒフ科クリニック・亀山孝一郎先生)Q.痛いって本当?A.一瞬のはじかれる痛みはあります 「まったく痛みがないわけではありませんが、レーザーを打つ時にパチッとゴムではじかれたような一瞬の刺激があります。シミ取りの場合はごく短時間なので、耐えがたいほどの痛みでないことのほうが多いですね」(松倉クリニック代官山・貴子先生)Q.仕事にすぐに行けますか?A.ダウンタイムの少ない治療が増えている! 「レーザー治療もフォトフェイシャルも、最近は肌ダメージが軽くダウンタイムの少ない施術が増えています。照射後すぐにメイクができる、保護テープが必要ないなど、見た目に影響を与えずにシミ治療を行えるので、予定がある日でも受けやすくなっています」(タカミクリニック・山屋雅美先生)Q.増えてからまとめて取ったほうがお得? A.レーザーを打つ数が増えれば単純にお値段もアップする 「ピンポイントでシミを取る施術は、照射数が多いほど価格は上がります。私は肌印象を上げるために取るべきシミには個人差があると思っています。メイクで隠れるシミは残すけれど、目立つ大きなシミは取るなど、医師にぜひ相談してください」(クリニックF・藤本幸弘先生)【Marisol1月号2020年掲載】撮影/長谷川 梓 イラストレーション/小迎裕美子 取材・文/松井美千代
  • 格別な鮨を味わえる福岡の名店を、食のプロたちが推薦してご紹介。料理や空間、サービスすべてにサプライズを感じることのできる「鮨 木島」。コースは6~7品のおつまみで、お酒を存分に楽しめます。九州らしさを堪能できるイチ押しのお店の魅力を、たっぷりとお伝えします。鮨 木島鮨以外にも多彩なメニューでもてなす、博多前の鮨割烹《推薦人》 裏地桂子さん(ギフト・コンシェルジュ)、北村美香さん(ライター)イカには柚子をふり、塩で。ヤイトガツオは皮目をさっと炙って一歩足を踏み入れれば、華やかな世界。有田焼のタイルを貼り詰めた壁には躍動感あふれる瑞雲模様が。一段上がったカウンター席はまるで舞台のよう。「お客さまに喜んでいただくため、料理や空間、サービスすべてにサプライズを潜ませています」とご主人の木島英太朗さん。コースのおつまみは6〜7品と多めで、お酒を存分に楽しめる。白子の茶碗蒸しや松茸の土瓶蒸しなどのほか、マグロやフグの揚げ物までラインナップ。黒酢を効かせたしゃりに、福岡近海の魚介類をにぎる鮨は“博多前”。柑橘を絞ったり、にんにくじょうゆを効かせたり、仕上げは博多スタイルを踏襲。食後にはご主人の出身地・嬉野の紅茶を。「あでやかな有田焼の器で、ハレの気分です」(裏地)。九州らしさを堪能するにはイチ押しのお店だ。九州ものは質が違うと、ご主人イチ押しのサバ。鴨頭ねぎとごまをのせて深く、優しい味のサワラフグの薄造りにあん肝の盛り合わせ「人がしていないことをしたい」と、日々サプライズを演出する木島英太朗さん。福岡の鮨の名店『やま中 本店』で20年間修業して独立【Information】 福岡県福岡市中央区赤坂3の12の9  ☎092・753・9666 12:00~13:30LO、18:00~21:00LO ㊡水曜、木曜の昼 昼¥5,000~、夜¥15,000~18,000 カウンター8席、個室1室(6~10名)>>美味しい「鮨」の記事一覧はこちら撮影/神林 環 合田昌弘 取材・原文/北村美香 佐々木ケイ 本誌編集部 ※エクラ2020年2月号掲載
  • ふらりと資料探しに出かけた近所の図書館の2階で、太極拳の教室があり、参加することにしました。中国5000年の歴史から生まれた太極拳は、楊式陳式共に習ったことがあり、今でも中国や香港、台湾へ旅行すると、朝もやの静けさの中の公園で、老人に混じり、自分の感覚を研ぎ澄ますために太極拳から1日を始めます。大地のエネルギーをいただくのです。人間の呼吸は、1分間に16回、1 日で約23000回すると言われています。健やかで豊かな心と、一生ものの健康を手に入れるためには、長くゆったりとした呼吸が必要です。長い呼吸は新陳代謝を活性化させ、ホルモンバランスも良くなります。若々しい肌を保つことにもなり、アンチエイジング効果にもつながります。血の巡りが良くなり、正しい気功法をすると、インナーマッスルを鍛えることにもなります。旅行作家として、3年前に友人の記者を訪ねがてら、パンダを見るために重慶を旅しました。現地の動物園のパンダは日本と違って何匹もいて、行列もなく自由で、真っ白じゃなく、茶色のどろんこパンダもいたりして、可愛らしくも不思議でした。成都にはもっとたくさんのパンダがいて、日本からもパンダマニアが訪れるそうです。会食の時、記者からの紹介で、重慶から車で2 時間ほどのある寺に、「村の人が慕う不思議な仙人がいる」と勧められました。そこはまるで桃源郷のようにうららかな場所で、寺の中でいただく精進料理が美味しいと聞き、ご紹介いただきました。長寿村とは、自然があって水がいい場所なのだそうです。仙人らしきそのお坊さんは、もうすぐ100歳になられるらしく、健康そうで、目がキラキラして、とてもかわいらしい方でした。私の生年月日を半紙に墨で書くと、しばらくして、「あなたは、裕福な人なので、117歳まで生きます」と。目を丸くしている私に、「だいじょうぶ、心配ない!」と、満面の笑みで手を握ってくださいました。ここでいう裕福な人とは、お金持ちという意味ではなく、天真爛漫のことだとガイドが通訳してくれました(先日TVで、ジャパネット高田さんも「自分の寿命は117歳」と、私と同じ歳をおっしゃっていたのが不思議でした)。人間の体は「病気をしなければ本来120歳まで生きる」という説は、本で読んだことがあります。死ぬ日まで畑で働いで、ピンピンコロリで大往生! なんてお年寄りも、これから増えそうですね。帰りがけ、やはり仙人は、太極拳と気功の話をしてくれ、「気の言葉」があることを教えられました。太極拳は、生き生きとした命の喜びを磨き、はつらつと暮らしていくための知恵である。天は宇宙の大自然であり、慈悲深くすべてのものに与える愛を持つ。天は公平で、えこひいきはない。良い人か悪人かは天が決める。天に逆らうものは滅びる。良い人は自ら天が助けてくれる。愛こそは最も大きな治療効果。広くとらわれのない心を持ち、友を大事にする人。困難を恐れず、勇気をふるい、努力をすること。自分の体の能力と、生まれつきの特徴を知ること。腹の中少し、3食ほどよく、バランスよく!(日本でいう腹八分目のことですね)よく働き、食べ、寝て、心楽しく仕事する感謝を知り、謙虚な人間には老いも忍び込まない。「ネガティブな言葉を吐かない」言葉少しに控えめに。余計なことは語るに落ちるので言わない。人を傷つける言葉は、少ない方が災いを招かない。相手に譲る、避ける、好きなようにさせる、相手にならない。「同じ土俵に立たない!」そうすれば、イライラ心配事、不愉快な悩みは消え去る。緩やかに、委ねて、育み、許す。博愛を強調し、天地人の大調和を目指し、互いに尊敬し合い、譲り合う。そんな想いで太極拳をしてごらんなさい。……と、全てありがたき言葉で話していただきました。メモしといてよかった〜! 旅の記録です。いつかオフィシャルサイト   itsuka-k.com
  • いつもの仕事も、いつもの作業も、特別な時間に変わる♡ モア世代にオススメしたい可愛くておしゃれなお役立ち文房具を、三戸なつめさんがご紹介!みと・なつめ●1990年2月20日生まれ、奈良県出身。人気モデルであり、自身プロデュースの文房具を発売するほどの文房具マニア。公式YouTubeチャンネル『三戸なつめのビデオブログ「なつめと、」』が好評配信中!散らばるクリップが、羊の毛に変身!? 『コアプラス Animal Clip Holder SHEEP』「新年に向けて部屋の片づけや模様替えをしたくなるシーズンが到来。私は先日、大阪の『トランジット ノーブル』で購入したアイテムをデスクにお迎えしました。こちらの愛らしい羊ちゃんはオブジェかと思いきや、ボディ部分が磁石になっているんです! そこにクリップをくっつけると毛がはえたように見えるという、ユニークなクリップホルダー。個人的にはマグネットの磁力が強めでクリップが散らばりにくいのも高ポイント。しかもくっつく面が広いから、安全ピンなどの小さくてなくしやすいものまでまとめて保管できる! デスク上に置いて眺めるだけでも楽しい気持ちになって、整理整頓の手助けもしてくれる、最高のパートナーです♡」【おすすめポイント】メモを留めるのにも◎「クリップをたくさんくっつけておけるボディ部分は小さめのメモ用紙を貼るスペースも十分にあり、アレンジ使いも楽しめます。たとえばオフィスではまわりの人がパッと見てわかりやすいように、外出時のひと言メモや、伝言メモを貼ると便利かも♪」『Animal Clip Holder SHEEP』羊のボディにくっついたクリップがまるでふわふわの毛のように見える♡ キュートな姿に癒されて。(クリップ50個つき)¥1200/コアプラス⇒「こちら、三戸文房具堂。」のその他の記事をまとめてチェック! ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 取材・原文/井上ハナエ 撮影/藤澤由加 ヘア&メイク/YOUCA スタイリスト/梅林裕美(イメージカット) 服/すべて本人私物
  • 迷えるアラフォー女子のための婚活お悩み相談。 第21回目「地方在住。出会いがなさすぎて合わない人でも別れる勇気が持てません。」ハローと書いてこんにちは。どうも、ケビ子です。 お悩み相談、21回目です。 今日の質問です。 質問:地方在住のアラフォーです。 地域柄、周囲は結婚が早くて友人の紹介は期待ができず、コンパもありません。 出会いが本当にない中、アプリで知り合った方とどうにか交際開始し、半年ほど経ちました。 彼も同世代、お互いの中間地点で会うことが多いです。 結婚の話も出ていますが、乗り気になれません。 致命的な理由はないのですが彼が運命の相手なのか、他にもいるんじゃないかと思ってしまいます。 年だし、田舎で出会いがないから、これ以上望むのは贅沢だなと冷静になって交際を続けていますが、幸せになれるか不安です。 相談内容を読んでこっちが不安になってしまった。大丈夫だろうか。お元気でしょうか。 まずはお悩みを整理してみましょうか。 【相談者のプロフィール/環境】 地方在住、アラフォー、周囲は既婚、出会いがない 【現状】 彼ができて交際半年、結婚の話が出ている 【悩み】 彼との結婚に乗り気になれない、幸せになれるか不安 こうなるんだと思うのだが、ご相談者は地方在住、アラフォー、出会いがないという環境を悩みのトッピングにして複雑化しているように思えるがどうだろうか。 実はケビ子は最近まで「出会いがない」という相談に対して向き合う真剣さに欠けていた。 私のイメージ的に「出会いがない」というのは、無人島に住んでいるとほぼ同義語であったのだ。 つまり、通勤途中の電車で、またはいつも行く飲み屋で、はたまた会社の先輩同僚後輩との飲み会等、出会いなんていくらでもあるじゃないか。 無人島に住んでいない限り、誰かしらと出会っているのに、モノにするために本気出してないだけだろう?と思っていたのだ。 男とすれ違う=出会いくらいな勢いで。 ところが、「出会いがない」というのは物理的な男性との接触回数頻度を意味するのではなく、全く違う意味だと教えてくれる婚活中の友人がいた。 曰く、 ・自分から男性に声をかけられない ・打ち解けるのに時間がかかる ・自分が良いなと思う相手に好かれない などと、自身の性格に起因することや望む通りに事が運ばないことも含めて交際や結婚に至らない状況を「出会いがない」と言うのだと。 これは目から鱗が3枚ほど落ちた。 住所が無人島じゃなくても出会いがないということがあるのか、と。または、そういう状況を出会いがないと言うのかと。 こうした悩みを一山超えて、数少ないご縁の中からご相談者に交際相手ができた。 ごく少ない選択肢からやっとの思いで選んだ、または他に余地がなかったのが不安、不満なのか、彼自身に不安・不満なのかを考えてみたんだが、比べる相手もいないから交際を続けてはいるけども結局は彼との結婚を考えると不安だということなのだろう。 地方在住で出会いがないアラフォーという環境を横に置いておいて、純粋に彼との生活を想像してみてほしい。 現時点で不安に感じる相手と結婚して超ハッピーになれるかどうかはもうわかっているのだと思う。が、やっとの思いでできた彼なので不安を感じながらもふんぎりがつかない気持ちもわかる。 したがって今後の人生でなにが一番の優先順位なのかを整理して天秤にかけてみるしかない。 ・とにかく早く結婚したい ・時間がかかっても最高に合うパートナーを選びたい ・生活環境を変えたくない 天秤にかけた結果はどうだっただろうか。 今の環境を変えずに最速で自分に合う最高のパートナーを選びたい! そりゃそうだ。 しかし、我々はアラフォーになってしまったのだ。 よほどの強運がない限り、それは大変に難しいのだと割り切って自分ができる限りのことをすべてやってみてほしい。 交際継続の場合は自分から関係性に変化を促す行動をとってみる。 交際をやめて他のパートナーを探すなら環境変化もいとわないでチャレンジしてみる、などなどできること全部。 その過程で自分の気持ちに変化が出たり、環境に変化が出ることもある。 だって自分の人生ですぞ! 本日の結論:環境のせいにしないで、自分でできることを全力で挑戦してみよう。 アラフォー婚活のお悩みを募集しています。 ケビ子のインスタストーリーでの不定期質問募集、またはDMにお寄せください。ケビ子 インスタ(クリックしてね♪)カモチ ケビ子43歳で(やっと)結婚。仕事で培ったフットワークと屁理屈と知恵をフル活用してゴールイン。奴さん(夫)は夢見る世話焼きロマンチスト。Instagram(@kbandkbandkb)▼アラフォーケビ子の婚活記もチェック 【Vol.1】結論から言うと、43歳6ヵ月で結婚できた 【Vol.2】忘れもしない、40歳のある冬の日の合コンで… 【Vol.3】40歳を過ぎた私にも運命の人がいる!? 【Vol.4】運命の結婚相手はアフリカから徒歩で東京へ… 【Vol.5】アラフォーの縁結び神社・パワースポット巡り 【Vol.6】全国パワースポット巡りの御利益は? 【Vol.7】アラフォー独身女、とにもかくにも出会いがない! 【Vol.8】40代独身女性の婚活はキビしい? 【Vol.9】クリスマスより年末年始をひとりで過ごしたくない!と思い始めた30代後半 【Vol.10】40歳の大晦日にお見合いパーティに参加 全53話を読む >
  • 世界最古の薬局としての歴史を誇るフィレンツェのフレグランスブランド、サンタマリアノヴェッラ。修道院の製薬活動から始まったブランドだけにどのアイテムも奥深い香りは癒しの効果絶大。豊富なアイテムの中で私がお気に入りのものをご紹介します。サンタマリアノヴェッラと言えば香水をはじめとしたフレグランスブランドとして有名ですが、香水以外にも数多くのアイテムが揃っています。 伝統のレシピで作り続けられているプロダクツは本当にどれもこれも奥深く癒される香りばかりでお店に行ってもいつも迷ってしまいますが、その中から私が使い続けているものをご紹介したいと思います。 サンタマリアノヴェッラの歴史は800年にも及ぶそうです。フィレンツェの小さな修道院で二人の修道士が製薬活動を始めたところから後に正式に薬局として認可されるようになります。その後、メディチ家、ナポレオン、王侯貴族たちにも愛され続け現代に至ります。 と、まるで世界史を勉強しているような気分になる程歴史深いブランドなのですが、やはりそれだけのヒストリーを持っているだけのことはあるアイテムばかり。香りの種類も本当に多数あるのですが、どれもこれもとにかく奥深くて個性的。 古くから薬局としてやってきただけにいい香りとかおしゃれな香りというだけではない、薬効というかそんな感じもします。 天然栽培の草花や天然油脂を使い、フィレンツェ郊外の丘で今も当時と変わらず、自然なままに育てられるハーブ、草花を使用しているというこだわり。天然の薬草の効果・効能を最大限に引き出す研究は今も続けられているそうです。 ここまでくるとやはり単なるフレグランスアイテムでは終わらないという感じですね。前置きが長くなりましたが、まずはブランドの代名詞とも言えるこのオーデコロン。天然香料をベースに歴史的なレシピを今も守り続けて作られています。 私がずっと愛用しているのはこの3つの香りで、左からポプリ、パチュリ、フェノエ。 ポプリとパチュリは樹脂系の香りなので少し重め。でも、トップ〜ミドル〜ラストノートと一貫してそれほど香りの変化がなくアルコール臭も全くありません。私は香水でよくあるラストノートの少し疲れたような香りが苦手なのでこの二つは香りが安定していて変化せずに薄くなっていくというのがとても気に入っています。 フェノエは他の2つよりフェミニンな香り。私的にはベビーパウダーのような香りかなと。ミドル〜ラストノートになってくると石鹸のような香りに変わる気がします。 ポプリとパチュリは男性でも使っている方が多いので、活動的な気分の時や仕事モードの時、メンズライクな服装の時などにつけたくなります。 フェノエは女子力を出したい時に(笑)。続いては、こちらのポプリ。 食べたくなってしまうような見た目ですが、このポプリはトスカーナの丘に自生する植物の実、葉や花びらで作られているそうです。 こちらはクローゼットに吊るして使用します。こちらの香りはサンタマリアノヴェッラを代表するポプリという香り1種類ですが、とても重厚感のある香りで癒されます。 クローゼットの中の衣類に自然に香りがつくので、服を着ている時もほんのりと自然に香っていつも癒されます。 クローゼットを開けるとお部屋の中にもこのポプリの香りがほんのり漂うので開ける度に気分が上がります。最後にこちらのカレンデュラクリーム。 こちらはフェイスクリームとして販売されているのですが、私はハンドクリームとして使っています。 トウキンセンカ花エキスやスイートアーモンドオイルが配合されているそうです。とてもナチュラルな香りでこちらも癒し効果抜群。それほど強い香りではないのにずっとほのかに香りが続くのもとてもいい感じです。 使用感はベタつかず、さらっとしているのに潤うのでハンドクリームとしてぴったりです。 サンタ・マリア・ノヴェッラ Santa Maria Novella 銀座のお店はフィレンツェを思わせるような重厚感のあるとても素敵な雰囲気。 ぜひお店にも行かれてみてはいかがでしょうか。美女組No.179 Ikumiのブログ
  • 24時間美しさをキープするカバー力と卓越したスキンケア効果を両立した「ディオールスキン フォーエヴァー クッション」から、ディオールのロゴマニアシグニチャーモチーフが限定発売。普段使いはもちろん、持ち運びコスメにもぴったりな逸品をご紹介。24時間美しさをキープ!「ディオール」のロゴをまとった限定ファンデーション揺るぎない美しさをかなえるカバー力と卓越したスキンケア効果を両立した、クッションファンデーション「ディオールスキン フォーエヴァー クッション」に、ディオールのロゴマニアシグニチャーモチーフをまとった限定モデルが新発売。仕事はもちろん、パーティバッグにしのばせて、タッチアップの瞬間もぬかりなく、エレガントに。ディオールスキン フォーエヴァー ディオールマニア エディション 全3色(限定品・1月17日発売予定)各¥7,900/パルファン・クリスチャン・ディオール撮影/ケビン・チャン スタイリスト/吉村友希 取材・原文/新田幸子 ※エクラ2020年2月号掲載
  • ベルギー人デザイナー、ウォルター・ヴァン・ベイレンドンクは、アヴァンギャルドなメンズファッションの守護神だ。彼の生みだす世界は、奇異で独創的な魅力にあふれている  パリ11区のバタクラン劇場でコレクション「Wonder」が開催されたのは2009年6月末のこと。地を踏み鳴らしながら舞台に現れたのは、ゲイ用語で熊系(bears)と呼ばれる、ガッチリした体格のヒゲの濃い男たちだ。スピーカーからは、めまいがするようなエレクトロニック・ミュージックのリズムが響きわたる。熊たちは思い思いの形のヒゲを生やし、さまざまな装いで現れた。バイブレーターや雲の形のポケットがついたワイドカーゴパンツに、軽やかなクロッケ(ふくれ織)のブルーやピンクが色鮮やかなブレザー。アシッドピンクや蛍光グリーンがまぶしいPVCのポンチョとスニーカーに合わせた白のハイソックスには「bear」や「pleasure」といった言葉がプリントされている。 デザイナーのウォルター・ヴァン・ベイレンドンク(彼自身、ガッチリした体つきでヒゲを生やし、シックなサンタクロースといった風貌だ)が舞台に現れ、ショーは終わったかと思いきや、じつはそこからがフィナーレだった。まず熊の一群が登場したが、それより観客の目を釘づけにしたのは、次に現れた別の熊の一団だった。“ここは俺たちの舞台”だと言わんばかりに前面にしゃしゃり出た熊たちは、クロッチに赤い“W”を刺しゅうしたブリーフだけを身につけていた。会場からは拍手が沸き起こり、ショーは幕を閉じた。 2019年春夏コレクション「Wild is the Wind」のジャケットを着たウォルター・ヴァン・ベイレンドンク。周囲の3人がまとっているのは、2012年春夏コレクション「Cloud #9」のルック  40年以上にわたって常識破りの独創的なメンズウェアをデザインしてきたヴァン・ベイレンドンク。現在62歳の彼は、80年代半ばに「アントワープ・シックス」と呼ばれたベルギー人デザイナーのグループのひとりだ。このメンバーの台頭によって、ベルギー第二の都市でしかなかったアントワープが、思いがけずモードの中心地とみなされるようになった。彼は現在、母校であるアントワープの名門校、王立芸術アカデミー・ファッション科の学科長も務めている。クレイグ・グリーン、ベルンハルト・ウィルヘルム、「ベルルッティ」のクリエイティブ・ディレクターのクリス・ヴァン・アッシュなど多くのデザイナーにとってのメンターでもある。また、これまでに同世代のさまざまなアーティストとコラボレーションも行ってきた。 「コム デ ギャルソン」の川久保玲、オーストリア出身のコンセプチュアル・アーティスト、アーウィン・ワーム、フランス人アーティストのオルラン、アイルランドのロックバンドU2、オーストラリアのインダストリアルデザイナー、マーク・ニューソンなどがその例である。  しばしば「前衛的な美学」の旗手と評されるヴァン・ベイレンドンクがキャリアをスタートさせたのは1982年、25歳のときだった。当時のヨーロッパのメンズモード界といえば一般的に、トラディショナルなツィード、ウールやコットンのスーツとセットアップしかなかった。そんななか、従来のマスキュリンでフォーマルなコードを破壊したヴァン・ベイレンドンクはまさにモード界の異端児だった。彼が王立芸術アカデミーで培ったクチュールさながらの技術にかけ合わせたのは、普通はスポーツウェア専用とされるフューチャリスティックな機能素材だ。アナーキスティックなデザインは一見、奇妙に明るくユーモラスで無邪気にさえ見えるが、そのフィルターの下にはBDSM(訳注:隷属、SMなどの異常性愛全般)やパンクカルチャーの陰うつなメタファーがちりばめられていた。  今やファッション業界は数百億ドル産業に成長し、アーティスティックな表現をする場というより、“莫大な利益をもたらす可能性のあるもの”に変わってしまった。だがヴァン・ベイレンドンクはこの時代の流れにあらがう。独創的な感性を保ち続け、妥協やコマーシャリズムとはきっちり距離をおいている。多くのメゾンのランウェイは、挑発的な政治的メッセージや、セクシュアル・フルイディティ、キンク(訳注:性倒錯的な嗜好)やクィア(訳注:セクシュアル・マイノリティの総称)といったテーマを披露する場に変わりつつある。  だが、この傾向は最近広がったものにすぎず、もともとのルーツはヴァン・ベイレンドンクのショーにあるといえるだろう。彼はファッション界の“最後のパンク”だ。妄想に満ち、常識から逸脱したクリエーションは、未来を予見していた。現在のファッションは彼がすでに切り開いた道の延長線上にあるのだ。同じようにメンズウェアのコードを転換したアメリカ人デザイナー、トム・ブラウンはこんなふうに言っている。「僕がブランドを立ち上げたのは2000年の頭。だから斬新なメンズウェアを提案するのは難しいことじゃなかった。一方で80年代の初めに、ウォルター(ヴァン・ベイレンドンク)が成し遂げたことは勇敢だったよ。ああやって新しい地平を開いた彼こそを、真のファッションの革命家と呼ぶべきだろうね。いま活躍しているデザイナーはみんな彼にインスパイアされてきたのさ」 「僕の何を知りたい?」。夕暮れのなか、ヴァン・ベイレンドンクが尋ねてきた。ここはアントワープから車で30分ほどの距離にあるザンドホーフェン村。19世紀に建てられた彼の邸宅はこの村にあり、広大な敷地は野草と老樹で覆い尽くされている。川久保玲とTシャツのコラボレーションをするために、彼はもうすぐ東京に発つそうだ。  1957年、ヴァン・ベイレンドンクは今も暮らし続けるこの小さな村で生まれた。両親は自動車修理工場とガソリンスタンドを経営しており、彼の面倒を見ていたのは主に祖母と一番上の姉だった。12歳でアントワープ南東のリールにある寄宿舎に入ったが、自分の殻にこもり、スケッチしたり日記を書いたりしていたらしい。自分が同性愛者であることに気づいたのは14歳のとき。家族に打ち明けたが大きな波風は立たなかったという。  70年代の初め、「ジギー・スターダスト」というペルソナを演じるデヴィッド・ボウイの存在を知る。羽根のように赤毛を逆立て派手なメイクをし、アンドロジナスでタイトなジャンプスーツ(山本寛斎が協力した)を着たボウイは、彼の脳天を撃ち抜くような衝撃を与えた。蛇のようなボディとスキニーパンツが目を引くイギリス人イギー・ポップ、ワイルドなヘアと太いアイラインが特徴のルー・リードも、上品でブルジョワ的な村に住む“サッカーができないティーンエイジャー”の魂を揺さぶった。彼らのおかげでヴァン・ベイレンドンクはそれまで知らなかった自分のあり方や生き方があることに気づいたのだ。(続きを読む)SOURCE:「The Last Punk」By T JAPAN New York Times Style Magazine:JAPAN BY THESSALY LA FORCE, PHOTOGRAPHS BY MARK PECKMEZIAN, TRANSLATED BY JUNKO HIGASHINO NOVEMBER 20, 2019 その他の記事もチェック 川久保玲ーーファッションの偉大なる解放者 山本寛斎、ロンドンで想う「私の“これから”の仕事」 PHOTOGRAPH BY MARK PECKMEZIANPHOTOGRAPH BY MARK PECKMEZIAN
関連キーワード

RECOMMEND