エリザベス女王は断然セルフメイク派! プロを雇うのは年に一度のみで、古着も愛用!?

SPUR.JP

今やイギリスの象徴として、世界中から愛されているエリザベス女王(93)。そんな中、専属ファッションアドバイザーを務めるアンジェラ・ケリー(51)が、女王にまつわる書籍を出版。知られざる一面が次々と明らかになった。

Photo:Getty Images

最も世間を驚かせたのが、エリザベス女王が毎日自分で化粧をしているということ。ロイヤルファミリーという立場上、スタッフにおまかせかと思いきや、意外にもセルフメイク派だったらしい。毎回パーフェクトな姿を見せているだけに、その腕前はかなりのもの?

Photo:Getty Images

しかし、アンジェラいわく、年に一度だけプロのメイクアップアーティストを雇う日があるという。それが、毎年恒例のクリスマススピーチ。

1957年から続くこのスピーチは、クリスマスを祝うだけでなく、一年を振り返る大事なイベントとして知られている。テレビを通して直接国民に届けられることから、英王室が掲げる「開かれた王室」の始まりとも。きっとエリザベス女王にとっても、特別な思い入れがあるに違いない。 

Photo:Getty Images

公務ではエレガントな着こなしが定番のエリザベス女王だが、そのスタイルを手がけるために、ときには古着屋をのぞくこともあるというアンジェラ。女王は常にコスト削減を心がけていて、無駄遣いを好まないタイプだという。

Photo:Getty Images

もちろん外国で買い物をしたときは、免税手続きをするのが当たり前。数年前にエリザベス女王とシンガポールを訪れたアンジェラは、この手続きに時間がかかり、危うく帰りの飛行機に乗り遅れそうになったことを告白。ギリギリ間に合い、払い戻されたお金を手渡すと、女王は満足そうに微笑んでいたとか。

今年で93歳を迎えるも、まだまだネタの尽きないエリザベス女王。今度はどんな秘話が飛び出すのだろうか?

リアル女王様っぷりを炸裂? エリザベス女王が甥っ子に思いっきりビンタ!(外部サイト)

正統派キャサリン妃vs攻めのメーガン妃! ファッショニスタふたりのシミラールック対決(外部サイト)

text:Kyoko Kawaguchi

関連記事
  • OurAgeの人気連載「ハッピー女神プロジェクト」を執筆してくださっているのは、オーガニックのスペシャリスト、吉川千明さん。「閉経と女性ホルモンが教えてくれたこと」など、まさに私たちの美容と健康の疑問にこたえてくれる記事が人気です。今でこそ、オーガニックを大切にする吉川さんですが、実はここに至るまでにはたくさんのターニングポイントを経てきたのです。前編は、キャリアのスタートのお話です。吉川千明(よしかわちあき)/美容家、サスティナブルライフ水先案内人1959年生まれ。自然や植物の力に着目し、オーガニックコスメをはじめ、スパ、漢方、食にいたるまで、ナチュラルで美しいライフスタイルを提案。オーガニックビューティの第一人者として知られる美容とは関係ないキャリアのスタート実家は、祖父の代から中央区にある鉄問屋だったという吉川さん。隅田川に架かる勝鬨橋の鉄は、吉川さんの実家が卸した鉄で造られたのだそう。大正時代から続く老舗でしたが、吉川さんが25歳の時につぶれてしまいました。「時代は変わって商社の時代になっていましたからね。過去にすがったり、時代を読まないとダメなのだ、とこのときに学びました。この経験は、のちにとても役立ちます」大学生の頃は就職など何も考えず、卒業式にみんな就職が決まっていてびっくりしたというくらい、人生設計がなかったと言います。「それで、友人の紹介でリクルートにアルバイトに行ったんです。人事教育事業部といって、企業研修のトレーナーさんたちを管理するセクション。2年ちょっといたかな。最初は世間知らずで、トップのトレーナーさんが、書類の書き方から何から、手取り足取り教えてくれました。そこに『自ら機会をつくり、機会によって自らを変えよう』というプレートが一人に1個あったんです。これがね、あとで重要になるの。そのあとに、アルフレックスというイタリア家具の会社の設計事務所に入って。美容は全然関係ないでしょ。そこで2年半くらいアシスタントをしてました。当時はお客様向けのプレゼンといっても、雑誌の切り抜きなんかをボードに貼ったりしていたので、私は毎日外国雑誌の切り抜き作業。天井くらいまで高く積み上げられたインテリア雑誌があって、それを朝から晩まで見て、素敵だな、と思う写真を切り抜いてました。名建築に家具の名作など、ものや空間に対する“美意識”のようなものを学んだと思います」美容は、というと、時間を少し遡ります。「学生時代から化粧品がものすごく好きで、“ずっと眺めていられる”という理由から、ソニープラザでアルバイトしていたんです、大学生の頃。誰にも邪魔されず、ゆっくり見たかったから。まだ二十歳そこらなのですが、海外のラグジュアリーブランドのものとかが大好きで、背伸びをして、あれこれ構わず顔に塗ってたんですね。そうしたら、肌がとんでもないことになってしまって。まだまだ必要がない年齢だったのに、最高級のアンチエイジングものを使っていたのだから、肌はびっくりしたのでしょう。それでまわりの人から勧められる聞いたこともないような怪しい(!)アングラなコスメを次々と使ってみるんですが、私が加減を知らなくてやり過ぎてしまうのか、どんどんひどくなっていって。お薬も使っていましたが、それでも良くならなかったんです。化粧品は、何にも入っていないような無香料無着色のものばかり選ぶようになっていました」今の吉川さんからは想像できないような、美容初心者の時代。ところが、吉川さんの「学び力」が目を覚ましたのです。エステの学校からジュリークに出会うまで設計事務所を辞め、それからしばらくして結婚し、1991年に出産。カメラマンだった夫と、撮影スタジオとスタイリストやヘアメイクのブッキングエージェントを始めます。「設立時は私が社長でスタートしました。でもやっていたことは、子育てや仮払金の精算をしたり、みんなのお世話を。でも『これから先、自分はどうするんだ。人の世話だけでなくて、自分の道も作っておきたいな』って考えたとき、やっぱり美容が一番、化粧品が一番だと気づいたんです。それで美容の勉強することにしたんです。やるのだったら徹底的に頂上を目指した方がいいと助言してくださる人がいて、アドバイス通り学校に通うことに。中央区の佃に住んでいたのですが、銀座に滝川という理美容の世界では大手の会社のエステの学校がありました。子育て中だったけど自転車で通って、朝10時から夕方5時まで、計200時間の授業が毎日毎日あるという、厳しくもレベルが高い学校でした。人材育成に力を入れていて講師陣も超一流。皮膚生理学から解剖学、色彩学、栄養学、アロマテラピー、リンパドレナージュ。当時まだ聞いたこともないタラソテラピーという授業もありました。あの頃は、骨の名前1本1本、すべて言えるほど勉強して、美容の全てを学びました。それから3年の現場での実地をして、講習を受け続け、CIDESCOというエステテシャンの国際ライセンスを取得。エステの国際ライセンスは本当に大変で、勉強をスタートしてから資格取得まで5年の歳月がかかりました」その学校の栄養学の講師だったのが医学博士で管理栄養士の本多京子先生。ご主人は九段下にあった「ハーバートハウス」というアロマの学校を立ち上げた栗崎小太郎さんで、日本で最初にアロマテラピーを始めた人と言われています。「本多先生が、『うちの主人が“これからはアロマテラピーの時代だ”と大学を辞めてイギリスに留学したの』とおっしゃって、その時にアロマという言葉を初めて聞きました。『アロマって何?』と調べ始めるうちに、人の紹介でニールズヤードレメディーズの梶原夫妻と出会いました。ご夫妻も直々にアロマテラピーを広げていらして、直接授業やお話しを聞く機会に恵まれ、その世界観を知ったときに“香りの世界はなんて素晴らしいんだろう!!これからは、自然の産物の時代がくると!“と直感しました。その頃、我が家は代官山で美容室をはじめていましたが、梶原さんの奥様に講習会をしていただいたり、アロマテラピーは本当に大好きで、すぐに美容室にも取り入れました。ある日、美容の勉強仲間の友人がジュリークの製品をくれたんです。すごくいいから使ってみてって。その頃は、学生時代からの無茶なスキンケアで化粧品が怖くなっていたので、初めてのものを顔に乗せるのも嫌だったの。でも、その人が信用できる人だったから恐る恐る使ってみたんです。そうしたらすごく感じが良くてもうびっくり。クレンジングとトナーと、デイリーエクスフォリエイティングという特殊な洗顔料を使ってみたのですが、かぶれるどころか肌がどんどん良くなっていって。なんだか“肌がうるおって、元気になって、頰に紅をさしたような自分”がそこにいたんです。これがニールズヤードに続く、オーガニックコスメとの出会いになりました」事業は爆発的に大きくなったけれど自身の肌でジュリークを使い始めて、その良さを伝えたい、とマンションの1室で“一人エステサロン”をスタート。内装から全部手作りで、このときにアルフレックス時代に磨かれた美的感覚が大いに役に立ったのだそう。ところが、お客さんは誰もこない日が続きます。マンションの郵便受けにポスティングしたり、苦戦したそう。「当時はインターネットもSNSもないし。ところがある日、美容ジャーナリストの倉田真由美さんがフィガロという雑誌で取材に来てくれたんです。それは小さな記事だったのですが、それで今度は予約が3ヶ月先まで埋まってしまって一気に忙しくなって、時間も人手も足りなくなることに! そのときにお店を手伝ってくれて、以降約10年サロンを支えてくれたのが、今のTe・Luce(テ・ルーチェ)のオーナー、宮澤輝子さんです。スタイリストの地曳いく子さんはご近所に住んでいたご縁もあって、うちの子どもと遊んでもらったり、家具を買いにつきあってもらったり、東急ハンズに材木を買いにつきあってもらったり、本当にいろんな方々にお世話になりました」サロンは順調で、3ベッドルームある、大きな場所へ移転することに。「ジュリークの製品も人気が出ますが、買えるところがないということで、いよいよジュリークショップ青山がスタートします。ところが‥‥」後編に続きます。
  • SPURと同い歳です。ということは、2019年は、私にとってもアニバーサリーイヤー。 自分への記念品というか、次の30年をもっと頑張るためのきっかけみたいなものを探していました。実は、2019年の年が明けた瞬間からこの悩みは始まっていて、ずっとそわそわ。時計にしようか、バッグにしようか、それともジムへ入会して美ボディを手に入れるか……。決め切れずに10カ月月が過ぎ、「いや、これもう来年に持ち越しなんじゃ……?」と思っていた直後。ついに出合い、その日に決めました。 マリー・エレーヌ・ドゥ・タイヤックのネックレスに。その日、たまたま青山店の前を通りかかり、ふと思い出したんです。私が出会った素敵な先輩たちの手元や、胸元には、マリー・エレーヌ・ドゥ・タイヤックのジュエリーがさり気なく輝いていたことを。そう思うと、いてもたってもいられず、鮮やかなブルーを基調としたブティックに、ちょっとドキドキしながら足を踏み入れました。 そこからは、もう即決。私の決断力よ、もっと早く出てきてほしかった。購入したのは、華奢なハートが連なったゴールドのネックレス。ハートのモチーフだと少し、甘すぎるかなと思ったのですが、その心配はつけた瞬間に払拭されました。洗練されたなかに、大人の遊び心といいますか、愛らしさが加わって、今の私にもちょうどいいバランス。そして、30年後も愛せる逸品だと確信しました。 家に帰って早速、手持ちのトップスと合わせてみたのですが、シンプルなタートルトップスのスタイリングが、途端にあか抜ける! クラシック&モダンなムードで、 ちょっと大人の階段を上った、誇らしい気持ちになります。ベーシックなアイテムと相性が良く、コーディネートに困ったときの救世主になってくれそうです。(エディターYONEKURA) ⇩冬は、こんなアイテムと合わせてコーディネートしたい! >>2019秋冬チープ・シック! 定番アイテム大集合! >>秋のおしゃれスイッチを入れるもの #深夜のこっそり話 #1164 華奢なハートの連なりに、うっとり。ずっと眺めていられます。青山店で購入すると素敵なブルーのボックスに入れてくれます。シンプルなタートルネックのトップスが、途端にリュクスなムードに!
  • アラフォーらしくトレンド感を取り入れた、2019年秋冬の最旬お出かけコーディネートを、シーン別にお届けします!【目次】 ①秋冬の休日コーデ:デート編 ②秋冬の休日コーデ:お出かけ/きれいめ編 ③秋冬の休日コーデ:お出かけ/カジュアル編①秋冬の休日コーデ:パートナーとデート編■チェックジャケットプリーツスカートの休日コーデパートナーと銀座で買い物デートチェックジャケット×すそ揺れスカートの華やぎを盛る。働く日の定番、硬派な印象のグレンチェックのシングルジャケット。立体プリーツのミディスカートが、さっそうと歩く姿に優しい曲線美を添えてくれる。足もとはショートブーツで今どき感を。 ジャケット¥125,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) ニット¥30,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー) スカート¥30,000/アストラット 新宿店(アストラット) ブーツ¥143,000/ジミー チュウ バッグ¥465,000/モワナ  メゾン GINZA SIX(モワナ) ピアス¥32,000/ショールーム セッション(モダン ウィーヴィング) ブレスレッ¥9,000/プラージュ 代官山店(フィリップ オーディベール)▶チェックジャケットプリーツスカートの休日コーデ 詳細はこちら■ジャケット×タートルネックニット×柄スカートの休日コーデパートナーとラグジュアリーホテルでランチデートヴィンテージ調のクラシカルな柄もラペルなしジャケットでモダンな表情に。アラフォーともなるとジャケットの素材感にはこだわりを持ちたいもの。イタリア製の高級素材を使用し、ストレッチ性のあるラペルなしジャケットは、そのモダンさゆえONからOFFまで幅広く使えそうな一枚。ヴィンテージ調の柄スカートも、ほどよいハリとツヤのある美人ジャケットとなら、全体が凛とした表情に。ジャケット¥47,000/デ・プレ ニット¥29,000/ebure スカート¥21,000/アッシュ・スタンダード アトレ恵比寿店(アッシュ・スタンダード) イヤリング¥9,500/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ドミニク ドゥヌーヴ) バッグ¥36,000/TOMORROWLAND(カルボッティ) 靴¥27,000/ゲストリスト(ルチェンティ)▶ジャケット×タートルネックニット×柄スカートの休日コーデ 詳細はこちら■ジャケット×ワンピースの休日コーデパートナーと映画デート チェックジャケット×きれい色ワンピの女っぷりに頼る。ダブルテーラードのクラシカルな存在感に、大人の可愛げを足してくれるのは、ワンピースの直球な女らしさ、華やかさ。いつものカーディガンに代わって、チェックのジャケットをサラリと。このハンサムMIXなバランス感が、この秋アラフォーがたどりつきたい女っぽさ。色を淡くまとめれば、さらにフェミニンが加速。ジャケット¥39,000/ユナイテッドアローズ 青山  ウィメンズストア(ユナイテッドアローズ) ワンピース¥49,000/ebure バッグ¥175,000/エリオポール代官山(ザンケッティ) バングル¥19,000/アマン(アンセム フォー ザ センセズ)▶ジャケット×ワンピースの休日コーデ 詳細はこちら■コート×ニット×パンツの休日コーデパートナーと青山界隈を散歩デート たっぷりと量感のあるガウンコートを、太めのベルトでウエストマークしてゆるっと着こなす。大人の女性ならではのリラックスムードを、しなやかかつ上質なコートで表現したい。ベースはトレンチ型でも、ドロップショルダーや太めの袖など、旬を感じさせるディテールが随所に。コート¥59,000(カオス)・ピアス¥34,800(フェイ アンドラダ)/カオス丸の内 ニット¥34,000/フラッパーズ(エンリカ) パンツ¥24,000/ロンハーマン(エブール フォーロンハーマン) バッグ¥53,000/アマン(ア ヴァケーション) パンプス¥48,000/アマン(ペリーコ)▶コート×ニット×パンツの休日コーデ 詳細はこちら■ニット×タイトスカートの休日コーデパートナーとカフェ巡りデート ペールトーンの配色に素材感のミックスで奥行きも。マットなスエード調のタイトスカートに透け感のあるニットを選択。ベージュとピンクの淡い色合わせには、素材のミックスでさりげなくメリハリをつけてみるのもひとつの手。ニット¥39,000(デミリー)・タンクトップ¥10,000(フランク&アイリーン)/サザビーリーグ スカート¥15,000/ロペ サングラス¥39,000/アイヴァンPR(アイヴァン) イヤリング¥27,500/アビステ バッグ¥35,000/イアクッチ大丸東京店(イアクッチ) 靴¥14,500/ダイアナ銀座本店(ダイアナ) ▶ニット×チェック柄スカートの休日コーデ 詳細はこちら■ボリュームブラウス×パンツの休日コーデパートナーとBARデート 主役級ブラウスをスマートに引き立てて。ボリュームブラウスを華やかに見せる名脇役として活躍。端正な黒だから、カラートップスともしっくりなじみコーデを引き締めてくれる。パンツ¥26,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) ブラウス¥16,000/ユナイテッドアローズ 銀座店(ユナイテッドアローズ) バッグ¥145,000/エリオポール代官山(ザンケッティ) 靴¥64,000(ペリーコ)・ピアス¥23,000(アンセム フォー ザ センセズ)/アマン ▶ボリュームブラウス×パンツの休日コーデ 詳細はこちら■コート×ワンピース×スカーフの休日コーデパートナーと美術館デート マニッシュなオーバーコートも、タイトな黒ワンピでぐぐっと女らしく。すらりと細長いマキシ丈の黒ニットワンピースはスリット入りで、歩くたびにちらりとのぞく脚もフェミニン。インをロング&リーンにすることで、オーバーサイズのコートやブーツを合わせたコーデもマニッシュになりすぎず、どこか色っぽい雰囲気に。コート¥79,000/エイトン青山(エイトン) ワンピース¥34,000/CABaN Daikanyama(CABaN) ピアス¥22,000/フレームワーク 自由が丘店(ロマニン) スカーフ¥49,000/フィーゴ(ピエール=ルイ・マシア) バングル¥39,000/アパルトモン 神戸店(マラ カリーゾ スカリス) バッグ¥179,000/ジミー チュウ 靴¥68,000/パラブーツ青山店(パラブーツ)▶コート×ワンピース×スカーフの休日コーデ 詳細はこちら②秋冬の休日コーデ:お出かけ/きれいめ編■ワークジャケット×スカートの休日コーデ女友達とウィンドウショッピング 女心をひきつける"可愛い"ピンクをワークジャケットで中和。誰もが見た瞬間心を奪われるきれいなピンクのスカートをメンズライクなワークジャケット&黒小物と合わせ、女らしいだけじゃない、かっこよさもある女性像に導いて。カジュアルになりすぎないよう靴とバッグはきれいめなものをセレクト。大人の上品さはしっかりキープしたい。スカート¥90,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) ジャケット¥8,800/フレームワーク 自由が丘店(ロスコ) ニット¥38,000/オーラリー サングラス¥34,000/アイヴァンPR(アイヴァン) バッグ¥65,000/ビームス ハウス 丸の内(エーティーピーアトリエ) 靴¥72,000/アマン(ペリーコ)▶ワークジャケット×スカートの休日コーデ 詳細はこちら■ジャケット×パンツの休日コーデ大学の同窓会 チェックジャケット×クロップドパンツで都会的な色気を仕込む。マスキュリンなブラウンチェックジャケットは、ハイウエストパンツのすそから華奢な足首をのぞかせ、色っぽく攻略。パールやパンプスなど、小物でギャップを仕込めば女っぷりは最高潮に。ジャケット¥42,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー  イエナ) ニット¥24,000/エイトン青山(エイトン) パンツ¥26,000/アマン(ベルウィッチ) パンプス¥69,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) バッグ¥58,000/レリタージュ マルティニーク(エレナ ギゼリーニ) ネックレス¥27,000・イニシャルチャーム¥15,000・クリスタルチャーム¥5,000/シジェーム ギンザ(ルル フロスト▶ジャケット×パンツの休日コーデ 詳細はこちら■モヘアニット×フェイクレザーの休日コーデ女友達と新しくできたショッピングモールへ 二の足を踏むなら黒一択。小物使いでレディな華を。シルク混のモヘアニット×フェイクレザースカート。艶のある素材や温かみのある白を加えて、オールブラックをより表情豊かに。ニット¥34,000/スーパーエーマーケット(リアー) スカート¥18,000/アッシュ・スタンダード アトレ恵比寿店(アッシュ・スタンダード) スカーフ¥14,000/デ・プレ(アネ) イヤリング¥17,500・時計¥12,500/アビステ バッグ¥22,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ) 靴¥31,000/F.E.N. (プリティ・バレリーナ)▶モヘアニット×フェイクレザーの休日コーデ 詳細はこちら■ニット×チェック柄パンツの休日コーデ女友達とオープンテラスでランチ 鎖骨見せニットでヘルシーに肌見せ。ほっこりしがちなニットとのワンツーコーデも、深Vネックで抜け感をメイクするだけでぐっとあかぬける。ハンサムなグレー×ブルーのダブルチェック柄パンツとシックなグリーンの配色で、こびない色っぽさを演出して。ハットやファーで旬も意識。パンツ¥42,000/ebure ニット¥95,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) パンプス¥40,000/ザ・グランドインク(ロランス) バッグ¥10,000/エリオポール代官山(ヘレン ムーア) 帽子¥35,000(クライド)・バングル¥16,000(フィリップ オーディベール)/プラージュ 代官山店 ▶ニット×チェック柄パンツの休日コーデ 詳細はこちら■ニット×ツイードパンツの休日コーデ女友達とファッションイベントへ ツイードとおじ靴のマニッシュスタイルにこっくりレッドで華やぎを。ブラウン感覚で使える合わせやすさを持ちながら、確実に女っぷりを底上げしてくれるこっくりレッドをシンプルなニットで投入。パールでほんのりクラシカルなムードも添えて。ニット¥73,000(ドゥロワー)・靴¥159,000(エドワード・グリーン)/ドゥロワー 六本木店 パンツ¥26,000/エイチ ビューティ&ユース 帽子¥44,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ローラ) ネックレス( 2 本セット)¥34,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(コンチー) バッグ¥43,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(へリュー) ▶ニット×ツイードパンツの休日コーデ 詳細はこちら■コート×パンツの休日コーデ女友達と器を探しに益子へ 若々しく軽快なタータンチェックのスラックスには、ノーブルな女っぷりを盛るのが今年の正解。例えば、ノーカラーアウターの気品や、タートルネックのレトロ可愛さ。リラクシーな大人の余裕を感じるスタイリングに。パンツ¥40,000/ピーティージャパン(ピーティーゼロウーノ) コート¥145,000/マディソンブルー ニット¥24,000/スローン パンプス¥27,000/ファビオ ルスコーニ 有楽町店(ファビオ ルスコーニ) バッグ¥84,000/イーストランド(マンサー・ガブリエル) ネックレス¥15,000/カレンソロジー青山(ソコ) ▶コート×パンツの休日コーデ 詳細はこちら■ベルトつきCPOジャケット×チェック柄パンツの休日コーデお母さんと丸の内で買い物 ベルトつきアウターでくびれをコンシャス。オールドライクな茶チェックは、ベルトつきCPOジャケットで辛口フェミニンにスタイリング。シルエットのメリハリで洗練見えがかなう。パンツ自体もなめらかなセンターシームの女前デザイン。パンツ¥11,000/ゲストリスト(ステートオブマインド) ジャケット¥29,000/カレンソロジー青山(カレンソロジー) カットソー¥10,000(イウエン マトフ)・バッグ¥39,000(ア バケーション)/ユナイテッドアローズ 青山  ウィメンズストア シューズ¥24,000/フラッパーズ(スペルタ) ピアス¥15,000/essence of ANAY(I アデル ビジュー)▶ベルトつきCPOジャケット×チェック柄パンツの休日コーデ 詳細はこちら■フードつきワークジャケット×ドット柄ロングスカートの休日コーデ女友達と箱根に日帰り旅行 フードつきのワークジャケットでドットをスポーティにシフト。丈が短めで、ロングスカートとのバランスもとりやすい。上半身を黒でまとめて上品に。ジャケット¥46,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) ニット¥29,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) スカート¥29,000/インターリブ(サクラ) サングラス¥38,000/アイヴァンPR(アイヴァン) ピアス¥57,000(AGMES)・バングル¥400,000(マルコムベッツ)/バーニーズ ニューヨーク バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥86,000/マルティニーク丸ノ内(ジルサンダー) ▶フードつきワークジャケット×ドット柄ロングスカートの休日コーデ 詳細はこちら③秋冬の休日コーデ:お出かけ/カジュアル編■ダウンコートニットワンピースの休日コーデ家族と温泉旅行 前立ての部分に取りはずし可能なインナーがついており、ショート丈ダウンとレイヤードしているように見える。ライトカラーならハードになりすぎず、デイリースタイルにマッチ。女性らしくダウンを着こなすことができる。コート¥198,000/ヘルノ・ジャパン(ヘルノ) ニットワンピース¥54,000/サザビーリーグ(デミリー) ピアス¥12,000/ゲストリスト(ソコ/ハウント代官山) メガネ¥32,000/アイヴァンPR(アイヴァン) バッグ¥39,000/RHC ロンハーマン(ステート オブ エスケープ) シューズ¥21,000/カレンソロジー青山(カットワース)▶ダウンコートニットワンピースの休日コーデ 詳細はこちら■フーディスウェット×コート×パンツの休日コーデパートナーと紅葉狩り しっかり編まれたハリ感のあるニットが美シルエットを実現。タフで肉厚なニット素材は、まるでスウェットのような質感。フードは二枚仕立てになっているのでしっかりと立ち上がり、横顔も美しく決まる。フーディ¥17,000/ミラク(ソーノ) コート¥80,000/シンゾーン ルミネ有楽町店(ザ シンゾーン) パンツ¥24,000/アングローバル(イレーヴ) バッグ¥123,000/モールド(チノ×ザンケッティ) 靴¥12,000/カレンソロジー青山(コンバース) ▶フーディスウェット×コート×パンツの休日コーデ 詳細はこちら■ブルゾン×パンツの休日コーデ同僚たちとスポーツ観戦 濃色ブルゾンでスポーティに。パンツ自体がきれいめだから、カジュアルなはおりを合わせても女っぽさをキープできる。パンツ¥21,000/スタニングルアー青山店(スタニングルアー) カットソー¥6,800/スローン ブルゾン¥30,000/エストネーション(エストネーション) バッグ(梅田阪急先行発売)¥46,000/サザビーリーグ(ステート オブ エスケープ) 靴¥24,000/サンスペル 表参道店(ウォルシュ) ピアス¥12,700/シップス 渋谷店(オンブルクレール)▶ブルゾン×パンツの休日コーデ 詳細はこちら■コート×ニット×スカートの休日コーデパートナーとイルミネーション鑑賞 本気のダウンを街で着るなら、フェミニンアイテムとのミックスコーデが鉄則。繊細なレーススカートとダウンとの対比が、着る人の女性らしさをきわだたせる。コート(ロゴの位置、サイズ変更予定)¥112,000/F.E.N(. デュベティカ) ニット¥31,000/スローン スカート¥45,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ロイドフォード) ピアス¥29,400/プリュイトウキョウ(プリュイ) バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&Mデヴィッドソン) ブーツ¥115,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)▶コート×ニット×スカートの休日コーデ 詳細はこちら■フーディニット×パンツの休日コーデ妹と鎌倉までドライブ 着るだけでサマになるこなれ感たっぷりのビッグシルエット。地厚なニットを使用。腰まわりがすっぽり隠れる着丈長めの一着はスマートなボトムですっきりと。 フーディ¥32,000/ショールーム セッション(アダワス) 中に着たシャツ¥19,000/マスターピースショールーム(サイベーシックス) パンツ¥39,000/アマン(アンスクリア) バッグ¥148,000/アパルトモン 神戸店(ザンケッティ) ピアス¥18,000/バーニーズ ニューヨーク(シャーロット レベック) ローファー(WEB限定)¥17,800/ベイクルーズカスタマーサポート(アルテサノス/ジャーナル スタンダード)▶フーディニットパンツの休日コーデ 詳細はこちら■コーデュロイシャツ×パンツの休日コーデ山梨のワイナリー見学へ コーデュロイシャツでカジュアルダウン。ビッグシャツのゆるっとした雰囲気も受け止め、スッキリ見せる万能な一本。パンツ¥26,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) トップス¥10,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(イウエン マトフ) シャツ¥25,000/カレンソロジー青山(カレンソロジー) バッグ¥13,800/フラッパーズ(マルシェ) 靴¥72,000/エイチ ビューティ&ユース(クレジュリー) ピアス¥21,000/デミルクス ビームス 新宿(マリア ブラック) ▶コーデュロイシャツ×パンツの休日コーデ 詳細はこちら
  • 流行の英国風チェックを定番チェスターで取り入れて。シンプルコーデも一気に今っぽく見せてくれる。グレーチェスターもチェック柄なら鮮度抜群 +プリーツですっきりと。 コート¥28800/N. シャツ¥6980/EMODA ルミネエスト新宿店 スカート¥6900/レンアイ ケイカク ルミネエスト新宿店 ピアス¥2700/Phoebe+(phoebe) バッグ¥5500/ACCOMMODEルミネエスト新宿店 靴¥27000/モーダ・クレア(ランバン オン ブルー) 靴下¥700/Tabio(靴下屋)正統派のチェックはトラッドに着るのが素敵♡ 上品で着回しやすいネイビーベース。かっちりしたコンパクトなシルエットはスタイルアップも狙える。 コート¥19800/UNRELISH ニット¥18800/ビームス ボーイ 原宿 スカート¥1490・靴¥2990/GU イヤリング¥1910/アビステ バッグ¥13800/ビームス ウィメン 原宿(ヤーキ) タイツ¥800/Tabio(靴下屋) ブラウンのオーバーサイズはストリートミックスで ブラウン×オレンジの今っぽ配色。キャップやスニーカーでストリートなスパイスを。 コート¥12900/MURUA ワンピース¥9500/ビームス ボーイ 原宿(グッドウェア) 帽子¥990/GU バッグ¥6500/Jewelna Rose東急プラザ表参道原宿店 靴下¥700/Tabio(靴下屋) 靴¥7500/コンバースインフォメーションセンターモデル/渡邉理佐 撮影/伊藤大作(The VOICE・モデル) 坂田幸一(物) ヘア&メイク/牧田健史 スタイリスト/松尾正美 構成・原文/野崎久実子 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス
  • 使えるNo.1アウター「トレンチコート」のちょっと差がつく着こなし春に着ていたトレンチコート。 秋にも使える色だなと思い、取り入れてみました。 トレンチコートと言えばベージュが定番ですが、カラートレンチはサブコートとしても活躍してくれます。オフィスコーデにも馴染むのは、ハリ感のあるトレンチコートです。 他人と被りにくいオレンジ系のカラー。春にも載せましたが、私が生まれる前に母が着ていたコートなんです。 光沢があってシワになりにくい素材。 コートが引き立つようにモノトーン合わせで。knit FRAY I.D. skirt UNIQLO U boots AU BANNISTER bag Salon de Balcony coat TOKYO STYLE同じコートを着回してもう1パターン。なんかこの日の写真はもわっとしてしまいましたが…。 白のニットにライトグレーのパンツ、パイソン柄のパンプスを合わせていました。コートはスカートにもパンツにも合わせやすい着丈です。knit ur's pants STRAWBERRY-FIELDS shoes GU bag VASIC今日のおやつ。La maison JOUVAUDのカリソン(左)とサブレ・アールグレイショコラ。 カリソンとは南仏プロヴァンスの伝統菓子。 独特の柔らかい食感とメロンや柑橘果物がほのかに香ります。▶La maison JOUVAUD(ラ・メゾン・ジュヴォー)美女組No.161 愛のブログ
  • 本格的な冬はすぐそこ! 秋のはじまりは、ブラウンやカーキなどちょっとダークなカラーが気になっていましたが、 コートなどを羽織るこの時期、必要なのはコーデを明るく&軽やかにしてくれる『キレイ色スカート』が狙い目です! 今回は、コーデのポイントになって、アラフォーがきれいに見える『キレイ色スカート』をご紹介いたします♪       \①意外とどんな色とも馴染む万能カラー/ M7days/ポケットデザインタイトスカート/¥16,000+税 マスタードカラーって、強い色だけど意外と使えます! 発色はキレイだけど、落ち着いたトーンなので派手になりすぎずコーデのポイントになる優秀カラー。 トップスにはホワイト、ブラック等の定番色はもちろん、グレーやブラウン、ネイビーなどとも相性抜群です! デザインははくだけで誰もがスタイルアップを叶えられる、長め丈のIラインシルエット。 高い位置に大きめポケットがついているので、気になる腰まわりもカバーしてくれます。 マスタード、おすすめカラーです!         \②今年注目の差し色は上品ミント!/ M7days/腰高フレアスカート/¥16,000+税  珍しいミントグリーンですが、今年は断然注目されているカラーです! ブルーやグリーンより柔らかく女性らしいカラーで、さわやかな印象も。 チャレンジしにくい色ですが、トップスではなくボトムスで合わせれば意外と使いやすい! コートなどがダークカラーになりがちなので、面積の大きいスカートが明るいカラーだとコーディネートが軽やかになります。 デザインは、誰もがはくだけでスタイルよく見えて、ヒールでもフラットシューズでもバランス良く決まるミモレ丈。 ウール調であたたかみのある表情ですが、シワになりにくい素材なので、長時間のデスクワーク時も安心な1枚です! ホワイトもおすすめです!         \③今年の冬は『ツヤ感」も大事!/ M7days/艶とろマキシスカート/¥16,000+税 今年注目のツヤ感素材のスカート。 適度なツヤ感なので光りすぎて着づらいこともなく、ニットなど素材が重たくなる秋冬シーズンに重宝する素材のスカートです。 シルエットはすっきりとした縦ラインをベースに、裾まわりだけほどよく揺れるデザイン。 シンプルながら、ちょっとフェミニンな雰囲気も味わえます♪ ブルーは定番カラーですが、ツヤ感がプラスされることによって表情豊かなカラーに。 今年トレンドのブラウン系と合わせると、即!旬コーデに。         \④女性らしさ№1はライラック!/ UNITED ARROWS /UWSC コーデュロイ タイトスカート†/¥17,000+税 冬が深まると毎年気になるのが、ライラックカラー。 太い畝と細い畝が交互に並んでいるコーデュロイ素材のタイトスカートもキレイ色だとカジュアルになりすぎずに使えます! ウエスト周りがすっきりと見えるベルトレスのデザイン。 ロング丈のタイトシルエットは大人カジュアルの装いに導いてくれます。 長め丈でも明るいカラーだと、軽やかに仕上がります♪         \⑤深みグリーンは大人の女性も使いやすい/ MICA & DEAL /スエードプリーツスカート/¥17,000+税 人気のプリーツスカートも、深みのある落ち着いたグリーンだと大人も合わせやすい。 人気のMICA&DEALで別注色をお願いしたスエード素材のランダムプリーツスカート。 太って見えがちなプリーツスカートもランダムプリーツなので膨らみすぎず、上品なシルエットがはきやすくなっています。 Marisol別注カラーなので、買えるのはここだけ!       いかがでしたか?? そろそろ冬の装いにもキレイ色をさしたくなってくる今日このごろ。 キレイ色スカートを1点投入して、コーディネートを格上げしてください♪  
  • ▶︎ゆうかのワードローブはコレ!後輩くんを意識したわけじゃないけどブラウン×レッドで先輩風吹かせてみた(笑) 「ゆうかさん、元気なかったから話聞きますよ!」って気晴らしにごはんに。いい子だな〜。 ヘアピン(4本セット)¥1300/ゴールディ勉強が手につかない……何も考えなくても可愛いワンピがあってよかった 昨日は後輩くんに仁先輩のこと相談しちゃった。「俺ならゆうかさんに押されたら絶対好きになっちゃうな」って言われたけど、そんなことより仁先輩からLINEが来ない件で頭がいっぱい……。 イヤリング¥3500/ルクールブラン バングル¥7000/LIFE’s 代官山店(TODAYFUL)モヤモヤした気持ちは買い物で吹き飛ばす! 美シルエットなIラインコーデでしゃきっと気分上げてこう! リブ素材&チェック柄のライン効果でさらにスタイルよく見えちゃう。こんな日は試着だけでもいっぱいしよう……と思ってたら、お買い物しすぎた! イヤリング¥1907/サードオフィス(ROOM)バイト先に仁先輩が来てくれた! 「明日、時間ある?」「はい……!」 不意打ちすぎる! 透けブラウス&ワイドパンツのシックなコーデだったからセーフ! イヤリング¥1800/ゴールディ (仁先輩)コート¥70000/スーパー エー マーケット 新宿(ギャルリー ヴィー) シャツ¥18000/TOMORROWLAND パンツ¥18000/ネオンサイン バッグ¥9000/アーバンリサーチ ルミネ新宿店(バッハ×アーバンリサーチ)今日から仁先輩の彼女です。これからも先輩の隣に似合う大人見えコーデ頑張るぞ♡ 何かある!と思った今日は、寄ったら白っぽトーンでピュア見え、全身ならゆるシルエットとパンプスで大人見えなバランスを意識。毎日おしゃれを頑張ってきてよかったな♡ イヤリング¥590/GU (仁先輩)コート¥98000/STUDIO FABWORK(シュタイン) ニット¥33000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) パンツ¥18000/ネオンサイン 靴¥65000/パラブーツ青山店 その他/スタイリスト私物クリスマスまでに彼がほしい! 鈴木ゆうかの恋のかけひき着回し20days予告♡ 流行りに合わせて私服を大人っぽくする子が急増中。可愛げと大人っぽさを両立するワードローブを作りました♡鈴木ゆうかが大人可愛いコーデで彼にアプローチ!【恋の駆け引き着回しday1-5】流行りに合わせて私服を大人っぽくする子が急増中。可愛げと大人っぽさを両立するワードローブを作りました♡クリスマスまでに彼ができる!? 鈴木ゆうかの冬モテコーデたっぷり!【恋の駆け引き着回しday6-10】流行りに合わせて私服を大人っぽくする子が急増中。可愛げと大人っぽさを両立するワードローブを作りました♡可愛げ&大人っぽ♥ワードローブ Aラテカラーコート キャメルが大人顔。大きめな衿と肩の落ち感が華奢見え。 ¥29000/ココ ディール(ココ ディール リュクス) Bニットセットアップ 流行りのココアブラウン。 ニット¥3990・スカート¥3990/バロックジャパンリミテッド(AZUL BY MOUSSY) Cタイトスカート 白ベースの秋色チェックがコーデが重くなりすぎるのをセーブ。形も女っぽい! ¥8300/RANDA Dレオパード柄小物 (右)初めて取り入れるなら顔から遠くて可愛げのあるバレエシューズがおすすめ。 ¥5500/RANDA (左)肌なじみのいいブラウン&タイ型で使いやすいスカーフ。 ¥1990/AG バイ アクアガール Eリブニット 甘め派なら定番のくすみピンクのリブニット。ボートネックとVネックの前後リバーシブル。 ¥7500/Noela F透けブラウス 衿や袖のフリルやドットの可愛げディテールがフェミニン。黒なら程よい甘さに。 ¥11000/AKTE G花柄ワンピース 小花柄ロングワンピはロングシーズン使えるモノトーン&長め丈が間違いなし。 ¥22000/リランドチュール Hワイドパンツ とろみ素材がフェミニンな、万能ベージュワイドパンツ。 ¥8800/レンアイ ケイカク ルミネエスト新宿店 Iシャツジャケット 冬も使える厚手仕様。甘めアイテムにも合う優しい色使い。 ¥6472/ベルシュカ・ジャパン カスタマーサービス Jざっくりニット 今季らしいビッグニットは着るだけで華奢見えのドロップショルダー一択! ¥2490/GU(一部店舗のみで販売) Kサテン調スカート トレンドのサテン調スカートはブリックレッドできれいめな上品さとおしゃれ感のいいとこ取り♡ ¥3980/ViS Lストレートデニム ストレートだけどさりげなくハイウエストでちゃんと美脚に見える絶妙なシルエット。 ¥14000/N.O.R.C 1コーデを選ばず使えるリバーシブル。 ¥33000/ジャンニ キアリーニ 表参道店 2クロコの型押しが今年らしさ満点。ポーチつき。 ¥1515/GRL(グレイル) 3使いやすいサイズとカラー。 ¥13000/ル タロン プリュ 有楽町マルイ店(ミロス) 4旬のタイポバッグはピンク地でみんなと差をつけよう。 ¥3990/Isn’t She? 5ブラウンともピンクとも相性のいいピスタチオ。 ¥11000/ルクールブラン 6少し高さのあるブラウンが大人見え。 ¥23500/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) 7流行りのビットつき&クロコ柄。フラットだけどきちんと感。 ¥2490/GU 8秋らしいえんじ。 ¥5800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース) 今回のゲストは… 鈴木仁さん1999年7月22日生まれ、東京都出身。2016年にメンズノンノモデルとしてデビュー。現在は俳優としても活躍。ファースト写真集『INTRO.』が大好評発売中。『INTRO.』本人が企画から携わった、今の鈴木仁のフレッシュな表情がたっぷり詰まった1冊。 ¥2200+税/集英社モデル/鈴木ゆうか 鈴木仁(メンズノンノモデル) 撮影/川原崎宣喜(モデル) 細谷悠美(物) ヘア&メイク/河嶋希(io) スタイリスト/石田綾(ゆうか分) 井田正明(鈴木さん分) web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス 撮影協力/MLBcafe TITLES
  • rms beautyの人気カラーが集結した「フェイバリットコレクション」がすごいんです♩心踊るクリスマスコフレ☆ 皆さまはどのブランドが気になりますか? 私は大好きなオーガニックコスメブランドrms beautyのアニバーサリー&クリスマスコフレ「フェイバリットコレクション」を購入しました。 パレットの中身は ①ファンデーション ②ルミナイザー ③アイポリッシュ ④リップチーク ⑤保湿バーム そうです、これひとつでメイクがひと通りできちゃうラインナップなんです。rms beauty アニバーサリーコフレ/フェイバリットコレクション☆メイクポーチをコンパクトにできるのはもちろんのこと、これだけをバッグに入れておけばメイク直しが済んでしまう優れものです。 ①ファンデーション(アンカバーアップ) 11.5というナチュラルオークル。 ファンデーションとコンシーラーの中間くらいのテクスチャーで、しっとり艶やかに肌に馴染み厚塗り感はありません。 ②ルミナイザー 言わずと知れたrms beautyのルミナイザーは シャンパンローズカラーが選ばれました。 ジュワっと滲み出るような色っぽい艶が特徴です♡ ③アイポリッシュ カラーはミス。メイクアップイベントで圧倒的な登場回数を誇る、トープブラウンです。 伏し目の女っぷりが格段に上がる、細かな煌めきと抜け感のある目元が叶います。 ④リップチーク リップにもチークにも、なんなら目元にも使えるこちらのカラーはイリューシブ。 今っぽいバートンローズが上品な印象です。 ⑤保湿バーム 目元にもリップにも頬にも使えるマルチバーム。 乾燥が気になったらとりあえず塗り塗りしておけばOK。可愛い白のポーチや、湯浅望さんのイラスト入りのボックスがクリスマス気分を盛り上げてくれるのも嬉しいポイント。 私のインスタのアイコンも湯浅望さんに描いていただいたものです♡全体的にブルベ向けなラインナップにも見えますが、透けるような色の質感としっとりした肌馴染みの良さのおかげで、自分の肌色を活かしながらメイクできるので、イエベスプリングの私も重宝するパレットです。 数量限定なので、皆さまもぜひお早めにチェックしてみてくださいね!rms beauty アニバーサリーコフレ特設サイト▶︎美女組No.126 好美のブログ
関連キーワード

RECOMMEND