【ペーパーアイテム】高まるエコマインド! 紙にこだわらない新たなアイデアが続々と登場

SPUR.JP

招待状やネームカードなど、パーティに欠かせないペーパーアイテムは、新たなブームが台頭。特にエシカルの観点から、ペーパーレスなアクリルやシェルといった新素材や、家に持ち帰って有効活用できるアイテムなど社会のムードを反映したスタイルに。オリジナリティにあふれたアイデアをぜひ参考に。

KEYWORD 6.「エシカル」な自然素材や持ち帰って使えるネームカード

(写真1) レモンにホワイトの文字で描いた席札。ゲストテーブルに爽やかなムードを

環境に配慮した、エシカルなウェディングも最近の傾向。「ペーパーアイテムを多用することは避け、席次表の中にメニューを入れ込むといった工夫することも多いですね。また、席札をレモンやストーンなどの自然素材で代用したり(写真1)、ゲストの方に持ち帰って使ってもらえるアイテムにするのもおすすめです」(キャンバスウエディング・ウェディングプロデューサー 宮原友紀さん)

キャンバスウエディング
http://www.canvas-wedding.com/
※お問い合わせは上記URL内のコンタクトフォームへ

(写真2) 栓抜きをネームプレートにするユニークなアイデア

迷わず持ち帰りたくなる、そんなアイテムをネームカードするのも素敵なアイデア。「席次代わりにした、栓抜きのネームプレートも好評です(写真2)。 これなら使い捨てにならず、ゲストの方に自宅でも活用してもらえます」(WEDDING CIRCUS・PR 間瀬さん)

WEDDING CIRCUS
https://weddingcircus.jp/
03-6712-0833

KEYWORD 7.「脱ペーパー素材」でキャッチーなアクセントを

(写真1)アーティスティックなネームカード。お皿の上で自立するのも新鮮
(写真2)ゴールドのペインティングにゲストの名前をカリグラフィ。シェルと同色のホワイトで刻印すれば、大人婚にふさわしいスタイリッシュなムードに

テーブルに映える進化形ネームプレート
ペーバー以外の新たな素材も人気! キャッチーなアクセントになるネームプレート(写真1)は豊富なカラーバリエーションが揃いポップなウェディングにぴったり。ナチュラルテイストな挙式なら、シェル素材(写真2)もおすすめだ。

(写真3)手に取るゲストも、これから始まるセレモニーへの期待感が高まる!

クリアアイテムで新鮮な印象をプラス
照明デコレーションのスタイリッシュな挙式には、クリア素材のメニュー表がマッチ。「照明やモードなカラーリングの花々にマッチする、クリア素材を取り入れました(写真3)。ペーパーよりもシャープな印象が強まり、会場全体の統一感がぐっと増しましたね」(ウェディングパーティ & イベントディレクター NAGANO MAKIさん)

NAGANO MAKI
https://www.naganomaki.com/
※お問い合わせは上記URL内のコンタクトフォームへ

(写真4)会場に入ってすぐの天井に飾ったウェルカムボード。楕円型のアクリル板には招待状と同じロゴを入れて統一感を

招待状や席札だけでなく、結婚証明書やウェルカムボード(写真4)などにも、アクリルやガラスなどのクリアアイテムが人気! 「東急ハンズなどで簡単に手に入るので、ぜひDIYにチャンレジして欲しいです!」( シーセイドイエス!・ウェディングプランナー 末永祐里香さん)

シーセイドイエス!
http://theworks.tokyo/
03-6416-4647

KEYWORD 8:「写真シール入り招待状」で、SAVE THE DATE!

(写真1)こんなアート写真のようなシールなら、スケジュール帳に貼るのも楽しい!
(写真2)お互いの友人たちにお披露目もできるのでおすすめ

招待状は、“挙式の日は空けておいてね!”という、海外ウェディングでは定番の“Save the Date”の意味も込めらているため、シールをつけたアレンジも1アイデア。「招待状を受け取ったゲストは、スケジュール帳やカレンダーに記されたふたりの挙式日に、写真シールを貼って楽しんでもらうという仕掛け。前撮り写真を使えば、ゲストにお披露目するいい機会にもなります」(オートクチュールデザイン・ウェディングデザイナー 野上ゆう子さん)

オートクチュールデザイン
http://hautecouturedesign.wedding/
03-3471-6838

KEYWORD 9.「ふたりのルーツ」をいかした花材をアレンジ

(写真1)招待状とリンクし、テーブルコーディネートにも新郎にちなんだ稲穂をあしらって。会話のきっかけにもなりそう。株式会社unison Megumi Katsuki / Yukihiro Okada / Tsuyoshi Mino
(写真2)ウェルカムスペースには、ゲストにふたりを知ってもらうためのデコレーションを。株式会社unison Megumi Katsuki / Yukihiro Okada / Tsuyoshi Mino

会場装花に使用している花材をペーパーアイテムに使用する落とし込むのも素敵なアイデア。「新郎のご実家がお米屋さんを営まれていたおふたりの場合は、会場装花とペーパーアイテムに稲穂をあしらうコーディネートを提案。ふたりらしいスタイリングは既視感もなく、ゲストにとっても色褪せない思い出になります」( YUKOWEDDING・ウェディング&パーティデザイナー 黒沢祐子さん)

YUKOWEDDING
http://yukokurosawa.com/
info@yukowedding.com

関連記事
  • 非常に大切なことなので、ボールド体でお伝えします。ティモシー・シャラメ主演最新作、『キング(原題:The King)』がネットフリックスで配信開始しました。一人でも多くの人に観て欲しい、なんならリピートして観て欲しいと思っているので、あえて本編のことは何も書きません。冒頭に出て来るロングヘアのティミーの美しい姿に酔いしれてください。 (全く関係ないですが、ティミーと絵画を融合させる、というマニアック過ぎる趣向のファンアカウントです。カラバッジオに馴染みすぎ。) この投稿をInstagramで見る badly photoshopped Timmy(@chalametinart)がシェアした投稿 - 2018年 7月月8日午前11時01分PDT さて、ティミーといえば、先週発表された米『ヴォーグ』誌ウェブ版の記事にて、「世界で最も影響力のある男性のファッションアイコン」に選ばれたことでも話題を集めました。なんだその偏った称号、と思って記事を読んでみると、マーケティング調査会社による世界的なリサーチにて、インターネットの検索ランキング、SNSのリーチ、セールス、ニューストピックなど様々なパラメータに基づいて導き出された、極めて客観的な結果とのこと。色眼鏡にまみれたファン投票ではありませんので、ご安心を。 それもそのはず。先の『キング』のワールドプレミアの折には、訪れる都市ごとに開催されるレッドカーペットで個性的なスタイリングを披露したほか、飛行機での移動中のオフデューティー姿ですら抜かりない、正真正銘のファッションアイコンぶりを見せつけてくれました。 ティミーのスタン (熱狂的なファン) の間では既に周知の事実ですが、ティミーはスタイリストを付けず、私服からレッドカーペットまで、全て自分でデザイナーと直接やりとりをして衣装を借りているのです。 しかも選ぶブランド、そしてルックが、びっくりするほど玄人好み。公私ともに親交の深いハイダー・アッカーマンの洋服は、コレクションで発表される前に着るという前代未聞のスタイリング戦略。ブラックタイ必須のレッドカーペットで、ヴァージル・アブローのスパンコールフーディを選ぶあたりも、自分の見せ方を熟知したチョイスです。 この投稿をInstagramで見る RTW(@readytimmywear)がシェアした投稿 - 2019年10月月8日午前5時30分PDT 極め付けは、10月に開催された釜山国際映画祭。スーツを着たゲストが並ぶ中、ティミーが選んだのは、カラフルなペイント装飾をしたデニムのワークスーツ。こちらは、アメリカ人現代アーティスト、スターリング・ルビーが手がけるS.R. STUDIO. LA. CA.によるもの。スターリング・ルビーといえば、ラフ・シモンズのお気に入りで、カルバン・クラインとのコラボレーションでも知られていますが、ブランドとしてはまだファーストシーズンを発表したばかり。まだ知名度の低いこの気鋭ブランドを選ぶとは、スタイリスト顔負けのファッション感度です。天晴れ! 業界筋では、メゾンのアンバサダー契約の話がひっきりなしに来ているとのこと。そりゃそうだ、自分がラグジュアリーブランドのセレブリティ担当だったら、真っ先に名前を挙げるに違いないもの。でも個人的には、契約に縛られてワンブランドしか着なくなるより、今まで通り自由にファッションを楽しんで欲しい、そしてそれを見て楽しんでいたい、というのが正直なところです。 >>ミーハーで何が悪い、ティミーが好きなんだ 鮮烈なブルーのセットアップは、ティミーの衣装で最も登場頻度が高いハイダー・アッカーマンによるもの。個性的な衣装が多い中、足元はブラックのレザーブーツ一択、という一貫したスタイル美学が見て取れます。ティミーがファンを公言する2人、キッド・カディとハイダー・アッカーマン。近未来的なシルバーのセットアップは、言わずもがなハイダー・アッカーマン。パパラッチ写真を見るたびに、「こんなに美しいカップルがこの世に存在するんだ…」と感動せざるを得ない2人。リリー=ローズ・デップは、ヴィルジニー・ヴィヤールによるシャネルのオートクチュール ソワレをチョイス。レッドカーペットでは圧倒的な存在感を放つティミーですが、ラフでお茶目なオフデューティーの姿も魅力のひとつです。眩いばかりのスパンコールがひしめくプルオーバーを、レッドカーペットで着るなんて新鮮。ヴァージル・アブローによるルイ・ヴィトンは、ティミーのお気に入りブランドのひとつ。顔がひたすら美しい。ルイ・ヴィトンのメンズランウェイ、バックステージでヴァージル・アブローと戯れるティミー。尊い。最後に、どこで撮ったか分かりませんが、AFLO(ストックフォト)で見つけた、壮絶に美しいティミーのポートレートです。
  • 冬の着厚くなるコーデもワントーンとホワイトでスッキリ着るこんにちは やっちゃんです タートルニットは暖かくて フォルムも素敵で好きなアイテム outfit☆ ニット GALERIAVIE ボトムス theory バッグ PIERREHARDY ブーツ GALLARDAGARANTE ニットは定番ギャルリービー フォルムが安心の美しさ ブーツは白でスッキリ 白ブーツは何かとコーデに使えますよ YASUKO 美女組No.162 やっちゃんのブログ
  • レオナルド・ディカプリオ(45)との結婚が秒読み段階と噂されるカミラ・モローネ(22)が、2019年12月5日(現地時間)、モロッコで行われたマラケシュ国際映画祭に登場! ゴールドのゴージャスなドレスでレッドカーペットに現れると、以前にも増す美貌と肉体美で注目を集めた。 Photo : Instagram(camilamorrone)アルゼンチン出身のカミラはモデルの父と女優の母との間に生まれたサラブレッド。モデルとしての活動のほか、今年11月には初主演を務めた映画『Mickey and the Bear(原題)』が全米で公開されるなど、新進女優としても大注目のイットガール! Photo : Instagram(camilamorrone)セレブ界最後の大物独身俳優とも言われるレオナルドとの交際で、一気に知名度がアップしたカミラ。今年8月には双方の家族とともにイタリア旅行を楽しむ様子がキャッチされ、家族公認の交際が公となったことで「あのレオがついに結婚!?」と、ゴシップ誌を賑わせた。 Photo:The Mega Agency/アフロカミラは以前、米誌『ロサンゼルス・タイムズ』のインタビューで、「ハリウッドでは大きな年の差があるカップルや、色々な関係がある。どんな人だって好きな人と自由に付き合っていいはずだと思うわ」と、23歳の年の差は問題ではないときっぱり宣言。 Photo:Jean Catuffe /ゲッティまた、「レオナルド・ディカプリオの彼女」としてではなく、自身の力で女優としてのキャリアを積み上げていきたいと考えていることも明かしており、「最近は私の映画を見てくれる人が増えてきて、ゆっくりとだけど女優としてのアイデンティティを獲得しつつあるわ」とコメントしていた。 Photo:Instagram(camilamorrone)一方のレオナルドは12月4日深夜(現地時間)、遠く離れたアメリカのフロリダ州で目撃情報が。マイアミで行われたアメリカ最大級のアートフェア『アート・バーゼル・マイアミ・ビーチ』のアフターパーティに参加し、モデルのケンダル・ジェンナー(24)やジジ&ベラ・ハディッド姉妹(24・23)らとクラブで朝方まで一緒に過ごしていたという。Photo:Christopher Jue /ゲッティPhoto:Instagram(kendalljenner)クラブ関係者は「レオナルドやケンダルら30人ほどは同じテーブルにいて、朝6時頃まで過ごしていた」と証言。グループ交際とはいえ、今をときめくイットモデルたちとクラブで一夜を過ごすなんて、さすが年下モデルキラーの異名をとるレオ様!? まだまだパーティを卒業しないレオを、カミラはどう思っているのか? 今後のふたりの交際の行方が気になる! >>レオナルド・ディカプリオの顔面に思わぬハプニング! >>結婚秒読み!? レオナルド・ディカプリオ、恋人カミラ・モローネと両親を連れてイタリアでバカンス! text : Saki Wakamiya
  • 乾燥など頭皮のトラブルも気になる季節。健やかな地肌を育むための名品3アイテムをご紹介。どれも数量限定なので、今すぐ手に入れたい!YUMEDREAMING 【数量限定】ヘアトニック増量キット健康な土壌を育てる、東洋医学発想のスカルプ用ハーブトニック皮膚の研究を続けてきた“Hifuken”とのコラボレーションから誕生した、潤いをしっかり与えてダメージケアをする頭皮のためのヘアトニック。健やかで丈夫な頭皮と髪を育てる東洋医学発想の成分はそのままに、よりアクティブに働きかける新成分を贅沢にプラスし、無理のない製造を可能とするサスティナブルな原料に切り替えてリニューアル。頭皮をケアしながら、ハリ・コシを与えるスタイリング剤としても使えるローションタイプのハーブトニックです。ご購入の方に、ミニサイズ20mLをプレゼント。この機会を見逃さないで。 YUMEDREAMING 【数量限定】ヘアトニック増量キット ¥5,000+税>>N.【数量限定】ポリッシュオイル自由に思いのままに、髪を操る新スタイリングブランド誕生ポリッシュオイルも天然由来成分のみでできたオイル。スタイリングの仕上げに毛先になじませ、ツヤ感と軽やかな動きを与えます。アウトバスオイルとしても使用可能。タオルドライ後、適量を手のひらでよくのばし、毛先中心に塗布して髪全体になじませ、乾かして仕上げます。肌の保湿オイルとしても使用できます。N.【数量限定】ポリッシュオイル ¥3,400+税>>Rene Furterer コンプレックス 5頭皮を健やかな状態に導くプレシャンプートリートメントオレンジとラベンダーのエッセンシャルオイル(いずれも頭皮の清浄/保湿成分)をふんだんに配合したシャンプー前のスカルプトリートメントオイル。マッサージにより血行を促して頭皮を健やかに整える、ルネ フルトレールを代表するロングセラーアイテムです。Rene Furterer コンプレックス 5 ¥6,000+税>>撮影/黒沼 諭(aosora) ヘア&メイク/森ユキオ(ROI) スタイリスト/福田亜矢子 モデル/LIZA 取材・文/東原妙子
  • 社交界デビューの場として、最も格式高いといわれるパリの「ル・バル・デ・デビュタント」。26回目の開催となる今年は、選び抜かれた20人の令嬢たちが参加。オートクチュールのドレスを纏い、華やかな夜を過ごした。 Photo:Instagram(@revista_ultra) 「ル・バル・デ・デビュタント」は、もともと18世紀に始まった伝統ある行事。1960年代に一度幕を下ろしたものの、1991年に再び復活。今ではファッション業界も注目する一大イベントとなっている。 もちろん、豪華な顔ぶれも見どころのひとつ。過去には、ロバート・ケネディ(享年42)の孫娘キャサリン(31)やダイアナ元妃(享年36)の姪キティ・スペンサー(28)、アラン・ドロン(84)の娘アヌーシュカ(29)もここでデビューを飾っている。 Photo:Instagram(@aramintamellon) そして、今年も話題のイットガールがずらり! まずは俳優ジェット・リー(56)の娘で、現在ハーバード大学に通うジェーン(19)。上品なバーガンディーのドレスは、普段から愛用しているディオールのもの。知的な美しさを漂わせながら、父ジェットとのツーショットを披露した。 Photo:Instagram(@alden_chenyin) また、ジミーチュウの共同設立者タマラ・メロン(52)の娘アラミンタ(17)の姿も。この日は、オスカー・デ・ラ・レンタのゴールドドレスを着用。ストラップレスのデザインで、高校生とは思えない大人びた雰囲気をのぞかせた。 Photo:Instagram(@aramintamellon) 歌手フリオ・イグレシアス(76)の娘クリスティーナ(18)とヴィクトリア(18)は、姉妹で出席。今年はメットガラにも招待されており、ファッションアイコンとして人気急上昇中。ともにエリーサーブのオンブレドレスで会場を魅了した。 Photo:Instagram(@cristina_victoria_iglesias) そんなデビュタントたちが一堂に会した集合ショットは、アカデミー賞のレッドカーペットにも負けないほど豪華絢爛⁉︎ 数年後には、ここから大物スターが生まれそうな予感。 衝撃の億超えも! 歴代セレブの高額ドレスTOP24着をランキング(外部サイト) 何度見ても美しい! キャサリン妃、故・ダイアナ元妃のティアラをつけて公務に登場(外部サイト) text:Kyoko Kawaguchi
  • ZARAでカジュアルにもキレイ目にも活躍できそうなツイードスカートを見つけました。こんばんは!雪千代です。 先日、カジュアルにもキレイめにも着れそうな冬のスカートを探していたところ たまたまZARAで見つけたのがこちら。大人っぽいモノトーンのツイード生地と 裾がフリンジになっていて遊び心ある感じが気にいりました。 生地も厚めでしっかりしているので 寒さ対策にもいい感じです^-^TOPS:JEANASIS SKIRT:ZARAちなみに私の身長は170cmで大柄タイプ。こちらはSサイズを着用しているのですが、丈感的にはふくろはぎが隠れるくらいでした。 本日はこちらのスカートを黒のニットと合わせてモノトーン大人カジュアル風にコーディネートにしてみました。 トップスは少しオーバーサイズが抜け感あり今っぽい雰囲気に。 アウターはダッフルのコートでモノトーンのクールさに 少しだけ甘さをミックスしてバランス良く。 益々寒さが厳しくなる季節ですが、 しっかり寒さ対策を取り入れつつお洒落も楽しみながら 素敵な冬をお過ごしくださいね^^ 最後までお読みいただきありがとうございました☆ 美女組No.169 雪千代のブログ
  • リッチなテクスチャーが魅力の「カシミヤ」にこの冬も身をゆだねたい。なめらかに美しい落ち感を生むカシミヤは、たっぷり長くまとうだけで華やかな印象に。スタイリスト・村山佳世子さんによる旬のスタイリングをご紹介。教えてくれたのは…スタイリスト 村山佳世子さんスタイリスト 村山佳世子さん雑誌やブランドのカタログ等で活躍するエクラ世代の実力派スタイリスト。初の著書『一生もののおしゃれが身につく10のルール100のコーディネート』(集英社)が大ヒット!“たっぷりと長くまとう”なめらかに美しい落ち感を生むカシミヤをたっぷりと長くまとうことは最高の贅沢。飾り立てずとも、それだけで華やかに。Kayoko’s comment 「カジュアルなワンピースは、上質なカシミヤ素材で優雅にアップグレード」ニットワンピースは本来はカジュアルアイテム。だからこそカシミヤの上質さに頼りたい。ハイゲージニットならではの美しいドレープ感がたたずまいにも品格を添えて。 ワンピース¥49,000/サザビーリーグ(デミリー) パンツ¥32,000/アパルトモン 神戸店(クチュール ド アダム) ピアス¥75,000/エスケーパーズ(ソフィー ブハイ) バッグ¥154,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) 靴¥89,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)Kayoko’s comment 「柔和なミルキーカラーをアウトラインに。カシミヤの美しさが現れるのは、この色」明度の異なるミルキーカラーをレイヤード。それだけでリッチかつ上品。 コート(共布ベルトつき)¥260,000/ADORE ニット¥36,000/スローン スヌード¥32,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス) パンツ¥60,000/イーストランド(ヴィクトリア ヴィクトリア・ベッカム) ピアス(右耳)¥18,000/ヒロタカ 表参道ヒルズ(ヒロタカ) バッグ¥185,000/トッズ・ジャパン(トッズ) 靴¥79,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)>>村山佳世子さんが提案するコーデやファッション 一覧はこちら撮影/金谷章平 ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/村山佳世子 モデル/RINA 取材・原文/松井陽子 撮影協力/太田市美術館・図書館 ※エクラ2020年1月号掲載  ※掲載商品の価格は、本体価格(税抜)で表示しております。
  • 先日開催されたLEE100人隊&LEEキャラクターパーティーのプレイベント、LEEマルシェ試着会レポート第4弾は、試着会で大人気だった12closetのロングセラー、プリーツスカートの着こなしをご紹介。 こちらのプリーツスカートは、85cmのロング丈と76cmのミディ丈の、丈違いの2タイプをご用意。 おしゃれ感があり、身長の高い人にもオススメなロング丈と身長の高さを選ばず、きちんと感がマストなお仕事シーンにも使いやすいミディ丈。 どちらを選んでも、ふくらはぎの一番太い部分が隠れる長さなのがうれしいところ。 トレンドのIラインシルエットも作れるロング丈 ◆プリーツギャザースカート ロング丈(85㎝丈)(12closet) まずは85cmのロング丈から。 身長158cmのNo.027 うっちーさんの着こなしです。 「身長158cmですが、丈もちょうどよかったです。裏地がきちんとついているのも好印象。軽いし、春夏まで活躍しそうです」 。 偶然ブラウンのニットをお召しだったうっちーさん。足元までこんな風にワントーンでまとめるのも洗練された雰囲気で素敵ですよね。 続きまして、No.033かおこさん。かおこさんは身長165cm。 同じく12closetのスタイリスト福田麻琴さんコラボ・スリット入りロングニットの黒と一緒に試着してくれました! 旬のIラインシルエットがあっという間に完成。サイドにスリット入りなので、黒でも重くなりすぎず、さらに白いプリーツスカートが絶妙な甘さと軽やかさを プラスしてくれます。実はおうちで洗える、というのもかおこさんが驚かれたポイント。 コンバースのハイカットとも相性抜群です。 きちんと感アップ! 足元に軽さを出せるミディ丈 ◆プリーツギャザースカート ミディ丈(76cm丈) 身長164cm、No.090、haraminaさんはミディ丈をセレクト。 スタイリスト石上さんと12closetのコラボスウェットパーカと合わせて試着してくれました! 普段はあまり履かないというプリーツスカートも、定番パーカと合わせると大人の好感カジュアルが完成。 トップスに重めのカラーを持ってくるときは、足元に抜け感が出るので、ミディ丈だと軽やかに仕上がります。 身長によって、ロングorミディのタイプによって、また合わせるトップスによっても雰囲気が変わるプリーツスカート。 でも、どんな人が着てもみんな似合っていたのが印象的でした。 実は私、M花も、ロング丈の白のプリーツを発売当初から愛用中。合わせるトップスを選ばず、ほんのり女性らしさときちんと感が出るのでとても重宝しています! 私は身長160cmですが、少し長めが好きでロング丈をチョイス。変形プリーツなので、広がりすぎず、ぽっこりお腹も上手に隠してくれるから本当に使えるんです!! 第5回は、当日手に取る人続出の、セットアップのスナップをご紹介します。お楽しみに! 撮影/藤澤由加 (M花)  
関連キーワード

RECOMMEND