【会場装飾】 十人十色な挙式テーマに合わせて、ロケーションもデコレーションもよりクリエイティブに!

SPUR.JP

近年はふたりのライフストーリーをテーマに掲げた、コンセプチュアルな挙式が増加中。ラグジュアリーなホテルやゲストハウスのみならず、ビーチやキャンプ場といったユニークなロケーションも多様化している。そんな空間を生かした装飾のトレンドをチェック。

KEYWORD 1.ラグジュアリーな「フラワーウォール&ハンギング」

(写真1)ダスティピンクでまとめられたロマンティックな装花。多色使いしないのが品よく仕上がるポイント。高砂の向かって右側に、フラワーウォールをあしらって
(写真2)ロケーションが美しいワイナリーウェディング。フラワー&グリーンのハンギングでまるで映画のワンシーンのよう!

ラグジュアリーなムードのウェディングでは、フレッシュなフラワーを贅沢にあしらった華やかなデコレーションが人気。「ここ数年、ドライフラワーやパンパスグラスを使ったドライ系の装飾がトレンドでしたが、最近はまた、フレッシュなお花を使ったフラワーデコレーションの人気が復活!」。花々を埋め込んだフラワーウォール(写真1)は、写真映えスポットにも。テーブルデコレーションでは、花やグリーンを上から吊るすハンギング(写真2)もトレンド。「ゲストが着席したときに撮影すると、まるでお花のフォトフレームの中にいるような、素敵な写真に仕上がりますよ」(オートクチュールデザイン・ウェディングデザイナー 野上ゆう子さん)

オートクチュールデザイン
http://hautecouturedesign.wedding/
03-3471-6838

KEYWORD 2.大切な人たちとコジーな空間で祝う「ホームパーティ」

(写真1)コンセプトは、″Home Sweet Home”。食卓をイメージした高砂になごむ
(写真2)あくまで主役は、楽しい会話と食事。テーブル装花は高さを抑え、ゲスト同士が話しやすいコーディネートに

団欒・アットホーム・リラックス、といったスタイルもウェディングの大きなトレンド。「新郎新婦が主役の場ではなく、“大切なゲストと過ごす贅沢な時間”と捉えるカップルが増えましたね。そのためか、ホームパーティのようなコンセプトが最近多いです」( シーセイドイエス!・ウェディングプランナー 末永祐里香さん)。テーブル装花は高さを抑えてシンプルに、家族や友人と会話を楽しめる空間を演出している。

シーセイドイエス!
http://theworks.tokyo/
03-6416-4647

KEYWORD 3.「ノーフラワー」でモダンアートのようなデコレーションで魅せる

(写真1)”レトロなサーカス”がコンセプト。ラグやアンティーク家具、布を駆使したアーティスティックなウェディングを演出
(写真2)"Fusion of art and music"をテーマに掲げ、効果的に照明デザインを取り入れて

装花にこだわらない、新たなアプローチにも注目。型にはまらない自由なウェディングを希望するカップルに人気なのが、花を使わないデコレーションだ。「会場装飾のメインとなる花をあえて使わないことで、ふたりらしさを引き立てるコンセプチュアルなセレモニーが可能に」(WEDDING CIRCUS・PR 間瀬さん)。フォトジェニックな空間は新鮮!

WEDDING CIRCUS
https://weddingcircus.jp/
03-6712-0833

KEYWORD 4.「照明&マーキライト」でドラマティックなナイトウェディング

(写真1)パレスホテル東京でのセレモニー。ホテルならではの照明設備で、イメージ通りの演出が完成!

カラー照明をいかし一体感のある空間に
ラグジュアリーなホテルやナイトウェディングでは、照明を使った空間演出も人気。「セレモニーのシーンごとにカラー照明を変更し、音楽やレイアウトもそれに合わせる。光と音が織りなす、一体感のある空間づくりがポイントです」(ウェディングパーティ & イベントディレクター NAGANO MAKIさん)。会場装花は、植物にペインティングをほどこしたり、色水を吸い込ませるといった、モードなカラートーンがぴったり。秋冬のウェディングを考えているカップルはぜひ参考に!

NAGANO MAKI
https://www.naganomaki.com/
※お問い合わせは上記URL内のコンタクトフォームへ

(写真2)ナイトウェディングにぴったりな、MR & MRSの巨大 マーキーライト

会場のアクセントになるマーキライト
闇夜に浮かび上がる巨大マーキーライトもトレンドの兆し。「シンプル、ナチュラルでありながら、どこか都会的なエッセンスが求めらるのが最近の傾向。その影響か、インスタ映えを狙った凝った作りのフォトブースより、シンボル(写真2)の前に人が自然と集まってくる、そんな空間が人気のようです
」(キャンバスウエディング・ウェディングプロデューサー 宮原友紀さん)。デイタイムとはまた異なる、ロマンティックなムードを作ってくれるのも人気の理由。

キャンバスウエディング
http://www.canvas-wedding.com/
※お問い合わせは上記URL内のコンタクトフォームへ

KEYWORD 5.リラックスして過ごす「大自然に溶け込む装飾」

(写真1)ラスティックウェディングのシンボル、巨大テント。柱には長野県産の唐松が使われている
(写真2)ナチュラルなテーブルコーディネートでいただくのは、地元食材をふんだんに取り入れたフルコース。プライベート空間に1日限定でオープンするスペシャルなレストランだ

自然を舞台に、温もりあるコーディネート
思わず深呼吸したくなる、軽井沢の大自然が舞台のウェディングでは、大自然に溶け込むナチュラルな装飾がムード。「ゆったりとゲストとの時間を楽しむ、“あたたかみのあるウェディング”を求めるカップルが増えているため、パーティの基本テーマは、自然の中でゲストとともにリラックスした時間を過ごすこと」(RUSTIC WEDDING・プランナー 海野夕樹さん)。パーティデコレーションは、会場を取り巻く自然がすべて。ぬくもりのあるテーブルや椅子など、大自然に溶け込むコーディネートがポイントだそう。

RUSTIC WEDDING
http://www.rustic-wedding.net/
0120-131-775

(写真3)会場デコレーションのポイントは、自然と溶け込むナチュラルテイストの高砂

(写真4)キャンプ&フェス&自然が好きなふたりらしい、アウトドアスタイルのウェディング

フェスウェディングはアイキャッチな装飾を
アウトドア派には、キャンプ場も自由度の高いロケーションとして、人気急上昇! こちらは“HAVE A GOOD CAMP”をテーマにしたキャンプ&フェスウェディング。「ゲストにもドレスコードを定め、会場全体の統一感にこだわりました。最近は、盛りすぎないデコレーションがブームのようで、高砂にアイキャッチになる装飾をあしらうのが人気です」(P-style.wedding・フリープランナー&フラワーデザイナー・吉田美江さん)

P-style.wedding
https://www.pstyle.co.jp/
082-209-7420

関連記事
  • 【宝塚スターインタビュー】第11回は雪組 彩風咲奈さんです今の私を築き上げてくれた、 愛あるダメ出しと叱咤激励「宝塚ファンの母親の影響で漠然と憧れを募らせ、小学4年生のころには作文に“宝塚の男役になる”と書いて発表。一度も舞台を観たことがないのに(笑)」  初の宝塚体験は小学6年生。テレビで観た『ベルサイユのばら』に衝撃を受けたその日から、彼女の照準は宝塚の舞台に定まったまま。新人公演の主演を5回務め、本公演でも早々に大役を演じ、スター街道を突き進んできた雪組の彩風咲奈さん。今までも幅広い役を演じてきた彼女だが、最近はより貫禄のある“大人の男”が似合うように。 「昨年から今年にかけて『ファントム』で、父親役のキャリエールを務めさせていただきました。その経験は私の中でとても大きくて。宝塚でも多くのお客さまが楽しみにしている演目であり、皆さんの期待値もとても高く、銀橋(※) の名場面ではお客さまの“来るぞ!”という気持ちがこちらにも伝わってきたほど。私にとっては今までにないほどプレッシャーを感じた作品でもありました。同時に、自分と向き合い戦う毎日だったからこそ、そこに打ち勝つ力を手に入れた自分を感じているんです」  そして「それまで風に揺らいでいたものが、しっかりと地に根ざし、揺らがなくなった」と言葉を続ける。 「よく言えば自由、悪く言えば行き当たりばったり。その日の自分のコンディションや気持ち、“今日はこう演じたい”を芝居に反映させてしまうことが今まではよくありました。でもそれは時に役の芯からはずれてしまい、自己満足で終わってしまうことも。気持ちで演じるのはもちろん大切なことだけれど、積み上げてきた土台がないと、役として自由に生きることはできない。自分と向き合う中で大切なことに気づかされ、役作りのアプローチも変わりました」  早くから注目を集めてきた彼女がよく口にするのが「私一人の力ではない。多くの方々に支えられて今の自分がいる」という言葉だ。大役を目前に弱気になるたび「だったら私が代わりに演じるよ」とハッパをかけてくれた同期、叱咤激励してくれた上級生。男役として歩み始めたばかりの彩風さんを厳しく鍛え上げてくれた元雪組トップスターの水夏希さんは今も観劇のたびに“愛あるダメ出し”を届けてくれるそう。 「実は、行き当たりばったりの役作りを最初に指摘してくださったのも水さんなんです。日によって、泣ける時とそうじゃない時がある。気持ちがそこまで届かなかった理由を、どうすべきなのかを、ちゃんと考えなさいと。水さんが観客席に座る日は今も一番緊張します(笑)。同時に、本当にありがたいことだと心から感謝しているんです」  舞台で大きな羽根を背負う今も、進化することを忘れない。それは、彼女の輝きが増し続けるひとつの理由。「今までは“やってみよう!”とジャンプしていたけれど、それじゃあ届かない場所があることを知り、着実に階段を一歩一歩上がりながら目ざすようになりました。その一歩をていねいに大切にしながら、これからも成長し続ける自分でありたいと思っています」編集部注※銀橋(ぎんきょう)…宝塚大劇場、東京宝塚劇場の舞台前面、オーケストラと客席の間にある花道のような通路のこと【この記事はMarisol 2019年10月号より掲載されたものです】Profile あやかぜ・さきな●2007年、宝塚歌劇団に入団。雪組に配属。抜群のスタイル、幅広い役を演じる実力、舞台上で放つ圧倒的な存在感を武器に早くから注目を集めてきた男役スター。最近は大人の男の貫禄を備え、その輝きに磨きをかけるばかりNEXT STAGE ミュージカル・スクリーン 『ハリウッド・ゴシップ』©宝塚歌劇団チャンスに恵まれない映画スター志望のコンラッド。彼は"でっちあげのゴシップ"で念願の輝かしい道を歩き始めるが……。虚構の街と夢、人の光と闇を描くドラマティックな物語。主演:彩風咲奈 10/11〜17:KAAT神奈川芸術劇場 10/23〜31:梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ宝塚歌劇公式HP>>【Marisol 10月号2019年掲載】撮影/柴田フミコ 取材・文/石井美輪
  • とあるパーティ会場にやって来たのは、伝説の怪盗、アルセーヌ・ルパンの有名な孫⁉ 12月6日に公開された映画『ルパン三世 THE FIRST』とコラボレーションして届ける、ジュエリーをめぐる一夜のスリリングな物語。※この特集中、以下の表記は略号になります。YG(イエローゴールド)、WG(ホワイトゴールド)、PG(ピンクゴールド)、MOP(マザーオブパール)(右手)リング「パンテール ドゥカルティエ」〈YG、ダイヤモンド、エメラルド、オニキス〉¥2,196,000・(左手)リング「マイヨン パンテールドゥ カルティエ」〈YG、ダイヤモンド〉¥3,768,000・ブレスレット「マイヨンパンテール ドゥ カルティエ」〈YG、ダイヤモンド〉¥4,080,000/カルティエ カスタマーサービスセンター(カルティエ) 今宵、噂のジュエリーをいただきに参上します――突然のルパン三世からの予告状にパーティの雰囲気は一変。華やかに装ったゲストの手もとにも動揺が走る 会場にやって来た彼女の手もとを彩るのは、アイコニックな「パンテール」。右手には、獲物を狙うような野性味あふれるリング、左手にはしなやかな豹をモダンにアレンジしたリングとブレスレットを。 ネックレス「セルペンティ」〈WG、ダイヤモンド〉¥6,242,000・イヤリング「セルペンティ」〈WG、ダイヤモンド〉¥4,463,000/ブルガリ ジャパン(ブルガリ)ドレス¥1,216,000(参考価格)/マーク ジェイコブス カスタマーセンター(マーク ジェイコブス) 会場に忍び込んでいた怪盗は、実はもう一人。優美な蛇のジュエリーをまとってしたたかに目当ての宝石を狙っていた。そんな彼女をじっと見つめる警備員は果たして…… 英知や永遠のシンボルとして人々を魅了してきた蛇のモチーフをジュエリーに昇華した「セルペンティ」。その美にとらわれた怪盗が次に狙う宝石とは?(中・左)リング〈プラチナ、ダイヤモンド、アクアマリン〉¥1,850,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) (右)イヤリング「セルペンティ」〈WG、ダイヤモンド〉¥4,463,000/ブルガリ ジャパン(ブルガリ)ドレス¥1,216,000(参考価格)/マーク ジェイコブス カスタマーセンター(マーク ジェイコブス) あの警備員は変装したルパン三世――。それに気づいた怪盗の彼女はドレスとジュエリーを着替え再び会場へ。インスピレーションをくれるブルーのリングが、彼女の感覚を研ぎ澄ませる ティファニーの象徴ともいえる青のジェムストーン、アクアマリンを使ったリング。3.38カラットのクッションカットの石を主役に、二列に並ぶダイヤモンドがまるでレースのようにエレガントに彩る。知性を高めるリングがあればジュエリー探しも軌道に乗るはず。 イヤリング「カメリア コレクション」〈WG、ダイヤモンド〉¥7,057,500(参考価格)・ドレス(参考商品)/シャネル 私が探しているジュエリーは祖母ゆかりのもの。ヒントは、祖母の名前でもあった"ローズ"。もしかして、彼女が身につけているものがそうかしら? でもあれは、同じ花のモチーフでもローズではなく、カメリアね マドモアゼル シャネルが愛した花は華やかなバラではなく、控えめで無垢なカメリア。整然と並ぶ端正な花びらをダイヤモンドとホワイトゴールドで表現し、歩くたびに揺れるフリンジをあしらって。望遠鏡からのぞく彼女が身につけるイヤリングはこのうえなく美しいけれども、今日の獲物は別のもの。怪盗のジュエリー探しはまだまだ続く。リング「プリュム ドゥ パオン」〈PG、ダイヤモンド〉¥4,227,273/ブシュロン クライアントサービス(ブシュロン) ドレス¥350,000/フェラガモ・ジャパン(サルヴァトーレ フェラガモ) こちらの彼女が身につけているのは羽根モチーフのピンクゴールドのリング。ピンクゴールドはローズゴールドとも呼ばれるけど、やはりこれも違う……。彼女の奥には、次元と不二子と五ェ門の姿?彼らもジュエリーを探しているの? ジュエリーの一部が優雅に動く、クジャクの羽根をモチーフにしたリング。ローズカットのダイヤモンドにパヴェセッティングのダイヤモンドを組み合わせて華やかさに磨きをかけて。 ブレスレット「ローズ デ ヴァン」〈YG、WG、PG、ダイヤモンド、オニキス、マラカイト、MOP、ラピスラズリ、ピンクオパール、ターコイズ、タイガーアイ、カーネリアン〉¥6,300,000・リング「ローズ デ ヴァン」(中指)〈PG、ダイヤモンド、オニキス〉¥360,000・(薬指)〈YG、ダイヤモンド、ターコイズ〉¥400,000(すべてディオール ファイン ジュエリー)・ジャンプスーツ¥390,000・帽子¥83,000(参考価格)(ともにディオール)/クリスチャン ディオール 祖母ゆかりのジュエリーの答えは「ローズ デ ヴァン」。ルパンよりも先に噂のジュエリーを手に入れてパーティ会場から颯爽と立ち去ります 風配図のモチーフを表現したジュエリー「ローズ デ ヴァン」。旅好きだった祖母にふさわしい宝石をルパンよりも先に手に入れて、一夜の冒険は幕を閉じた! ©モンキー・パンチ/2019映画「ルパン三世」製作委員会『ルパン三世 THE FIRST』2019年4 月にこの世を去った原作者、モンキー・パンチの悲願でもあった3DCGアニメーションによる劇場版「ルパン三世」がついに完成。今回、ルパン三世が狙うのは、かのアルセーヌ・ルパンが唯一盗むことに失敗したという秘宝、ブレッソン・ダイアリー。考古学を愛する少女、レティシアとともに伝説の秘宝をめぐる冒険が始まる――。監督を務めたのは、日本のVFXを牽引するクリエイターである山崎貴。全国東宝系にて上映中。 SOURCE:SPUR 2020年1月号「ルパン三世と噂のジュエリー」photography: Hiroki Watanabe styling: Yuuka Maruyama〈makiura office〉 hair: HORI〈bNm〉 make-up: NAOYUKI WATANABE〈3rd〉 model: Viktoryia Radoshka, Isabelle Nicolay
  • BAILAの好きなコーディネートランキングで上位に入るのはやはり「あか抜けフェミニン」スタイル。スーパーバイラーズの間でも「世代・男女関係なくウケる」と、あか抜けフェミニンスタイルを支持する声多数。周りからの見られ方が変化する30代女子にとって今まさに求められているファッションなんです。 好きなコーディネートランキングの上位はいつも「あか抜けフェミニン」スタイル! 【2019年10月号 1位】ワントーンコーデは、ベージュに人気集中! ※撮影/ 渡辺謙太郎〈MOUSTACHE〉 【2019年2月号 1位】シンプルスタイルは、女らしさが絶対条件 ※撮影/ 岡田 潤〈BE NATURAL〉 【2019年9月号 3位】ワンピースは、いつも上位にランクイン! ※撮影/金谷章平 【2019年10月号 2位】ピンクは常に人気のカラー。淡い色みが好みの傾向に ※撮影/倉本ゴリ〈Pygmy Company〉 【2019年5月号 1位】きれい色アイテムは、ボトムで取り入れる派が多数! ※撮影/倉本ゴリ〈Pygmy Company〉 スーパーバイラーズも「あか抜けフェミニン」に共感! ◆「フェミニンだけだと抵抗がありますが、“あか抜け”となると大人でも憧れるし、チャレンジしたくなる!」阿部早織さん・34歳 ◆「フェミニンな服装をしていると彼氏とうまくいってそう、なんだか幸せそう、と言われる」神谷江礼奈さん・32歳 ◆「甘すぎると年齢的にキツいし、クールすぎると堅苦しすぎる。だから、品あり!女らしさあり!のあか抜けフェミニンスタイルがアラサーにはちょうどいいと思います」丸茂亜未さん・30歳 ◆「レースやフリルなど甘いだけの要素は最近避けるようになっています」泉ひとみさん・30歳 ◆「世代・男女関係なくウケるコーデは“あか抜けフェミニンスタイル”かと思います」田石ゆきさん・28歳 ◆「30代となると、周りからの見られ方や反応も大きく変わってくる。“あか抜けフェミニン”に含まれる要素を、いろんなシーンで求められるようになる年代になったんだな、と実感しています」中島真亜沙さん・30歳 構成・原文/磯部安伽 企画/内海七恵〈BAILA〉 ※BAILA2020年1月号掲載
  • サカイがホリデーコレクションを国内のサカイ直営店と海外の限定店舗にて発売中だ。PORTER(ポーター)とのコラボレーションによるフェイクファーを組み合わせたショルダーバッグはこの季節にぴったり。さらに2019年秋冬コレクションで発表した、フランスのジュエリーブランドCharlotte Chesnais(シャルロット シェネ)とのコラボレーションによるイヤーカフも登場する。 (左より)ショルダーバッグ Large ¥54,000、イヤーカフ Large ¥78,000/サカイ メンズからは、2020年春夏コレクションでコラボレーションを発表した映画『ビッグ・リボウスキ』の台詞「LET’S GO BOWLING(レッツ ゴー ボーリング)」のグラフィックをフロントに配した限定Tシャツを展開。背面には映画のワンシーンのイメージがプリントされている。こちらはユニセックスとなっており、クリスマスギフトにも喜ばれそう。 Tシャツ 各¥18,000/サカイ そのほか、Astier de Villatte(アスティエ・ド・ヴィラット)の陶器にゴールドの別素材を組み合わせたカップやボウルなどの陶器もラインナップ。サカイの過去のコレクションで使用したファブリックを再利用して作ったZantan(ザンタン)シリーズからはバッグ、ポーチ、テディベアのぬいぐるみ「コロタン」も展開中だ。店舗により取り扱い内容が異なるので詳細は問い合わせを。 (左より)Tote Bag ¥14,000、テディベア Large ¥45,000 ※どちらもひとつひとつ異なるファブリックを使用/サカイ【国内販売店舗】 sacai(旗艦店)住所:東京都港区南青山5-4-44 南青山シティハウス A-1階、2階 電話番号:03-6418-5977 sacai DOVER STREET MARKET GINZA 住所:東京都中央区銀座6-9-5 ギンザコマツ西館4階 電話番号:03-6228-5080 伊勢丹新宿店 本館住所:東京都新宿区新宿3-14-1 伊勢丹新宿店本館3階 電話番号:03-3352-1111 伊勢丹新宿店メンズ館住所:東京都新宿区新宿3-14-1 伊勢丹新宿店メンズ館2階電話番号:03-3352-1111 銀座三越住所:東京都中央区銀座4-6-16 銀座三越4階 電話番号:03-3562-1111 渋谷スクランブルスクエア店住所:東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア3階電話番号:03-6712-6683  阪急メンズ東京 住所:東京都千代田区有楽町2-5-1 阪急メンズ東京2階電話番号:03-6252-1381 阪急うめだ本店住所:大阪府大阪市北区角田町8-7 阪急うめだ本店3階 電話番号:06-6361-1381 sacaihttp://www.sacai.jp03-6418-5977 text:  Fuyuko Tsuji ⇩「サカイ」のホリデーコレクションをチェック!
  • 日本全国の美容好きOLに贈るMOREベストコスメ2019例年以上にスキンケアもメイクアップもスター製品が目白押しだった2019年。あまたある秀逸コスメの中から、使った人からキレイになれるベストコスメを働く女子目線で厳選リコメンドします!選考委員のみなさま(50音順)ヘア&メイクアップアーティストAYAさん/イガリシノブさん/犬木 愛さん/小田切ヒロさん/甲斐美穂さん/河嶋 希さん/KUBOKIさん/久保フユミさん/千吉良恵子さん/chiSaさん/中山友恵さん/野口由佳さん/paku☆chanさん/林 由香里さん美容家・ジャーナリスト石井美保さん/鵜飼香子さん/岡本静香さん/神崎 恵さん/水井真理子さん/弓気田みずほさん美容エディター・ライター石橋里奈さん/井上ハナエさん/浦安真利子さん/小川由紀子さん/長田杏奈さん/平 輝乃さん/立花ゆうりさん/谷口絵美さん/通山奈津子さん/轟木あずささん/中島 彩さん/浪花真理子さん/野﨑千衣子さん/前野さちこさん/森山和子さんMORE編集部編集長 俵/副編集長 加藤/編集 芹澤 /編集 吉田/編集 高戸リップ部門【1位】シャネル ルージュ アリュール インク フュージョン 804 (全4色)¥4200<154点>選んだのは……(50音順・敬称略)AYA、鵜飼、小川、加藤、河嶋、芹澤、高戸、俵、中島、吉田「肌を美しく、知的に見せる好感度大のマットリップ。色もちがよくムラにならないので、お仕事シーンでも安心」(AYAさん)「塗り心地のよさとセミツヤの色っぽさのバランスが秀逸」(河嶋さん)「ほどよいトレンド感と洗練された知性を感じるモーヴピンクは、まさにオフィスのニューベーシック」(小川さん)【2位】ディオール ルージュ ディオール ウルトラ リキッド 808 (全16色、うち1色は店舗限定)¥4200<138点>「花びらを思わせるペタルマットに染め上げる。ソフトマットな質感で、引きで見ると周囲になじむのに、近づいてみると思いっきり攻めているという二面性が好き」(長田さん)「ホイップのような質感が唇に触れるだけで至福の気分に」(石井さん)【3位】オペラ リップティント N 06 (全8色)¥1500<113点>「いつでも唇にまといたいからポーチにも玄関にも常備! どんなメイクにも合う絶妙なナチュラルレッド。鏡を見ずに塗ってもはみ出しが気にならないのも高ポイント」(立花さん)「するりと唇になじみ、欲しかった血色感がカンタンに手に入る」(野﨑さん)【4位】UZU 38℃/99℉ リップスティック〈トウキョウ〉+3 (全6種)¥2200<107点>「オフィス映えを約束するやさしげコーラルピンク。唇を38℃の血色感に導く口紅は、極上の感触と優れたケア効果が魅力」(平さん)「透明感が際立つピンク。ベストな質感、発色を追求し、色ごとにテクスチャーが異なるというこだわりが好き」(前野さん)【5位】NARS リップスティック 2912 (全72色)¥3300<102点>「絶妙なブラウンミックスで品のある印象的なリップが完成。軽いのに抜群の存在感。オフィスのみならず、ラフに塗ればオフの日にも」(KUBOKIさん)「この色と質感の組み合わせがファビュラス! 濃密でありながらクリアに発色して、確実にしゃれます」(小田切さん) ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 取材・原文/野﨑千衣子 撮影/Kevin Chan(製品) スタイリスト/松島 茜(io) 笠原百合
  • スニーカー大好き♡ Marisolランチ会もスニーカーコーデでお出かけしてきました。マリソル1月号は、うれしいスニーカー特集♡ スニーカー大好き♡なわたし… 先日の新メンバーをお迎えしてのMarisolランチ会も スニーカーコーデで参加してきました。スリットパンツにコンバース合わせコーデ。 スニーカーは、コンバースALL STAR 100th モデル グリッター仕様。 このスニーカー、フラッグショップにもありました ← クリックでジャンプできますグリッタースニーカーがチラっと見えるのが自分でもたまらなくキュンと来る♡ ○っきーつながりの『かっきー』もスニーカーコーデでしたよ。二人ともシルバースニーカーだったね!デザートを手に写真撮影((´艸`*)) 久しぶりに同期のみんなとも会えてうれしかったよ♡石田編集長をはじめMarisol編集部のみなさま 素敵な会をありがとうございました。 マリソル1月号の 『スニーカー上手が冬のおしゃれを制す!』の特集 もちろん熟読中です。ランチ会の会場入り口にSHIHOちゃんが!今や綺麗目のスカートにもスニーカーの時代。 誌面のスニーカーコーデが新鮮です。 靴下やタイツ合わせなどについても 詳しく書いてあり参考になります。 誌面でSHIHOちゃんが履いているパイソン柄のコンバースが! かわい過ぎて〜… 欲しい〜… 美女組も今期で4年目 日々のこと、おしゃれのこと マイペースで自分らしく アラフォーライフをゆるっと綴っていきたいと思っています。 どうぞよろしくおねがいいたします。 みっきーでした美女組No.117みっきーのブログ
  • ファーつきコートや片結びしたボウタイで顔まわりを華やがせて好感度UP!会社の先輩がちょっと早めのお家忘年会に招待してくれた♪ 後輩ならば”動けるデニム”でフットワーク軽く、の一択でしょう! ゆるニットとデニムをネイビートーンでまとめて、気張らないリラックスカジュアルをベースに。でもお呼ばれしてる特別感も出したいから、ボウタイブラウスやファーつきコートで上品きれいめに仕上げて。白ソックス×バレエシューズの可愛げな足もとも好感度アップのポイント。これから年末まで忙しくなるから頑張ろうって、後輩想いの先輩にこれからもついて行きますっ‼コート¥44000/スウィングル 有楽町マルイ店 ニット¥11800/カージュ ルミネエスト新宿店(トリコ ジャンマルク) ブラウス¥19000(ハウント)・デニム¥19000(レッド カード)/ゲストリスト 靴¥10000/ディアナ ドット バッグ¥4990/ロコンド(MANGO) ピアス¥17000/ノジェス 靴下¥1200/ブロンドール 新丸の内ビル店(17℃)逢沢りなの【今日のコーデ】をもっと見る>> ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/峠 雄三 ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) モデル/逢沢りな(モア専属) スタイリスト/石田 綾
  • 発売されたBAILA1月号!表紙は桐谷美玲さんです♪ 今月号も見所満載!2020年、新年に備えて「似合う服」と「一生モノ」を見極める特集や、冬におすすめの「ズボラヨガ」など気になるワードが沢山♪ 「似合う服」と「一生モノ」を見極める こちらの特集では『今の私』に似合う服と『これからの私』に似合う服の見極め方についての情報が詰まっています。その中でも私が気になったのが・・・ 似合う服編PART3「I X Yで見つける真冬の細見えコーデ」 着太りする冬の悩みを解決してくれます♪中村アンさんがI X Yそれぞれのシルエットをコーディネートと共に紹介されています。下半身をカバーしたい私はXラインが気になりました♡ それぞれカワイイコーディネートが揃っていて冬のコーディネートも楽しくなりそうです♪ ズボラヨガ 気になった特集は「ズボラヨガ」!!仕事中にできる簡単なヨガ、朝できるすっきりヨガ、夜できるリラックスヨガなどヨガと言っても難しいポーズなどではなく簡単にできるものばかり!!ズボラ女子におすすめのズボラヨガです♪ 特別付録は美容家「神崎恵」さんプロデュース!! 2018年12月の付録だったエコファーポーチがパワーアップして今回の付録に!!バッグinバッグにしたりお出かけのお供にしたり、ポーチにしたり・・・使い方は様々!! ふわもこが気持ち良い♡デザインもシックで大人っぽさを演出してくれます♡ 以上!!BAILA1月号のご紹介でした!!
関連キーワード

RECOMMEND