あなたの夢をエルメスが具現化!「夢のかたち Hermès Bespoke Objects」開催

SPUR.JP

エルメスのスペシャルオーダーは、人々の夢を形にする、特別なもの。依頼する人にとっても、またエルメスのクリエイターや職人にとっても、遊び心に溢れたプレイグラウンドであり、同時にエルメスが大切にしてきた職人技による卓越したものづくりの場でもあるという。

青りんごそっくりのバッグが展示された最後の部屋。指示された場所で振り返ると、上から吊り下げられた青りんごがYOUの文字を描いているのが見える。©Nacása & Partners Inc.

人々が持ち込んだ“夢”を形にしてくれるのは、エルメスのアーティスティック・ディレクターや各アトリエの職人、仕立て職人、デザイナー、そしてエンジニアたち。丁寧な話し合いを重ねるなかで、その“夢”はデッサンや設計図、模型として姿を現す。そこからさらにエルメスのチームが最高の素材を厳選し、デザインを洗練させ、プロトタイプを作成。実際に制作が始まるのはそれからだ。

1920年代のフランスの自動車ヴォワザンも登場。
内装を手がけた、1920年代のフランスの自動車ヴォワザンも登場。©Nacása & Partners Inc.

エルメスのスカーフ柄のサーフボード。©Nacása & Partners Inc.

今回の展覧会では、そんな過程を経て生まれたユニークかつ美しいスペシャルオーダーのオブジェを多数展示。その誕生のきっかけとなった“夢”のストーリーも紹介する。スカーフ柄が配されたサーフボードや、LP盤を聴くためのジュークボックス、大切な友人のためにつくられた青りんごそっくりのバッグ。そのほかにも、スケートボードやボクシングのグローブ、テーブルサッカー、自転車やバイク、人力車、ボートに帆船、そして最上の革を纏って現代に蘇った、1920年代にフランスで生まれた自動車ヴォワザンもある。
鼓を持ち歩くための特別な「Tuzumi bag」。©Nacása & Partners Inc.

エルメスの選び抜かれた革をシートに張り込んだ人力車が和の空間に出現。©Nacása & Partners Inc.
エルメスの選び抜かれた革をシートに張り込んだ人力車が和の空間に出現。©Nacása & Partners Inc.

既成概念にとらわれることなく、自由な発想で創り出されたアイテムの数々は、まさに依頼した顧客の“夢”そのもの。1837年の創業よりハーネスや鞍を制作してきたメゾンの理念に忠実でありながら、エルメスのものづくりの源は今もなお、卓越した技術力と大胆な発想力、そして想像力の探求にあるということが本展覧会からわかる。

ガムフラテーシによる空間自体が夢のよう。
ガムフラテーシによる空間自体が夢のよう。©Nacása & Partners Inc.

会場には訪れた人々が自分の“夢”のイメージを膨らませられるよう、自分で描いた絵がスクリーンに投影されるコーナーもある。会場デザインはデンマーク人のスティーネ・ガムとイタリア人のエンリコ・フラテージによる、注目のデザインユニット、ガムフラテージが担当。2019年のエルメスの年間テーマ「夢を追いかけて」を表現した空間に足を踏み入れて、あなた自身の“夢”にも向き合ってみて。

 

「夢のかたち Hermès Bespoke Objects」
会期:2019111日(金)〜17日(日)
時間:10:0020:00(最終入場 19:30 
会場:六本木ヒルズノースタワー1F&2F(東京都港区六本木6-2-31
入場料:無料
https://www.hermes.com/jp/ja/story/195141-bespoke-2019/

text : Shiyo Yamashita

関連記事
  • 30代が今求めているのは体型コンプレックスを解消してくれるパンツ。今回は「お尻」にコンプレックスがある人も、キュッとあがったヒップラインをつくれる美脚パンツをご紹介します。背面にセンタープレスのあるデザインで小尻を手に入れて。 整形級パンツで大きいorたれぎみお尻➡きゅっと小尻へ ●視線を上げる高めのお尻ポケット ●背面にも高い位置から入ったくっきりセンタープレス 【アンタイトル エッセンシャルクルー】コロンボ フラノパンツ ¥33000 お尻の高い位置からストンと裾に向かって落ちる立体シルエットで“二の尻”ラインを拾わず、きゅっと上向きのお尻を実現。ワイドが苦手という人も多いきゃしゃ体型さんに、5号もあり。パンツ/アンタイトル エッセンシャルクルー ニット¥8173/バナナ・リパブリック スカーフ¥14000/トゥモローランド(ジャン ジャッカス ロジェ) ピアス¥21000/ナノ・ユニバース カスタマーサービス(ファリス) バングル¥23000/エッセンス オブ アナイ(フィリップ オーディベール) バッグ¥132000/J&Mデヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥13000/セルフォード 新宿ルミネ1店(セルフォード) パンツ/アンタイトル エッセンシャルクルー サイズ:5・7・9・11号 色展開:ベージュ・グレー 1/3 2/3 3/3 【155㎝】「お尻の形も大きさもフルカバーしてくれます! 太めシルエットだから、重くならない明るい色なのもいいみたい」(鈴木園子さん) 【160㎝】「ポケットでこんなに変わるの!?というくらいお尻が上向きに」(下里朋美さん) 【168㎝】「ヒップ位置が高く見えることで脚長効果もあってうれしい!」(遠山春菜さん) 【ブラクトメント】プレスト スラックスパンツ ¥12000 ポケットや背面センタープレスで、お尻まわりをのっぺり単調に見せないのが小尻の秘訣。細身パンツでも後ろ姿に自信が。パンツ/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 渋谷マークシティ店(ブラクトメント) ニット¥16000/トゥモローランド(マカフィー) ストール¥35000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ドゥース グロワール) ピアス¥25000/ギャルリー・ヴィー丸の内店(モダン ウィーヴィング) バングル¥3900/ジューシーロック(ジューシーロック オリジナル) バッグ¥12000/ル タロン プリュ 有楽町マルイ店(ミロス) 靴¥48000/エリオポール代官山(ペリーコ) パンツ/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 渋谷マークシティ店(ブラクトメント) サイズ:34・36・38・40 色展開:ブラック・モカ・パープル 1/3 2/3 3/3 【155㎝】「ヒップをカバーしつつも細身なので、小柄でもバランスがとりやすくて◎」(鈴木園子さん) 【160㎝】「ウエスト切り替えがないだけで、ヒップ位置がこんなに高く見えるなんて感動!」(下里朋美さん) 【168㎝】「ほどよくボディラインにフィット。しっかりメリハリが出て美尻見えします」(遠山春菜さん) 撮影/坂根綾子(物)、花村克彦(スーパーバイラーズ) ヘア&メイク/山本夏未(スーパーバイラーズ) スタイリスト/川上さやか 取材・原文/石黒千晶(スーパーバイラーズ) 構成・原文/山岸成実〈BAILA) ※BAILA2019年12月号掲載
  • BAILAエディターズの間で今、高まっているのが“ただ可愛いだけじゃ満足できない”気分! フェミニンなものをたくさん取り入れてきたけど、ストレートな女らしさだけじゃ物足りなくなってきた…そんなエディターが急増。こぞって取り入れているのが、メンズライクなジャケットやローファー、ゴツめの腕時計など「ちょっと無骨、だけどスタイリッシュ」なアイテムです。洗練されすぎていない無骨なデザインだけど、機能性に優れていてスタイリッシュ。コーディネートに取り入れることで、スパイスが効いて、逆に着る人の女らしさを引き立ててくれると今や欠かせない存在に。BAILAエディターズが購入し愛用している「ちょっと無骨、だけどスタイリッシュ」なファッションアイテムをご紹介します! GUCCIのビットローファー(編集長Y) 「どんな着こなしにも合う靴を見つけるのが毎シーズンのミッションとなっている私が今季選んだのは、GUCCIのビットローファー。甘くなりがちな自分のスタイルをぴっと引き締めてくれそうなボリューム感やホースビットはまさに“ちょっと無骨、だけどスタイリッシュ”なデザイン。先端が底上げされたプラットフォーム、安定感のある太ヒール(走れるほど!)に頼もしさとときめきを感じています。履けば履くほどそのシーズンの頼もしい相棒となってくれるのが靴。この冬はこのGUCCIのビットローファーを相棒に、どんなシーンも素敵に過ごしたいと思っています」 バブアーのビデイル ワックスドジャケット(副編集長N) 「5〜6年前、アレクサ・チャンがメンズサイズをバサッと羽織っているのを見てかっこいいなと! ブリティッシュらしい粗野な無骨さがありながらも品の良さが漂うところが何よりの魅力。コットン素材にワックスコーティングしてあるので水や汚れに強く、経年変化で渋みが出るのも気に入っています。長く愛用でき、体に馴染んでくるよさはトレンチコートにも通じるものがあるのかも。質実剛健なバウアーのジャケットを日常にさりげなく取り入れることで、女性の強さや意思を感じさせ、かつ自分らしさを表現できている気がします」 エルメスのレザーブレスレット(編集Y) 「右の太いタイプがレザーブレスレット ケリー ドゥブルトゥール、左のやや細めがレザーブレスレット ビーアピ ドゥブルトゥール。20代の頃、お仕事でご一緒した方がエルメスのレザーブレスで手もとを飾られているのを見て、ずっと憧れていたんです。身に付けるのは着こなしをキリッと辛口に仕上げたい日。目に入ると仕事モードのスイッチもパッと入るので、大切な打ち合わせや会議の日には欠かせない存在です。シャープでかっこいいブレスレットですが、私にとっては逆に女らしさを引き出してくれるアイテム。ストレートに表現する女らしさより、無骨なデザインで際立たせる女らしさの方が“その人らしさ”が備わって素敵なんじゃないかなと思っています」 ジャガー・ルクルトのレベルソ サンムーン(編集U) 「硬派なスクエアフェイスに惹かれ購入したのは、大人のシンプルさやかっこよさに憧れはじめた30歳のころ。それまではスマホで時間を確認していましたが、シックな文字盤やロマンチックなデイナイト表示など見るたびに高揚感を感じさせてくれるこの時計は私にとってなくてはならないアイテムに。朝、手巻きで時刻を合わせる儀式のような時間も大切なルーティン。この時計のようにちょっと無骨、だけどスタイリッシュなアイテムは、私にとって“新しいキャラを連れて来てくれるもの”。自分には足りないキャラを足して、新鮮さを呼び込んでくれる役割となっています」 ラムダの傘(編集M) 「10月に購入したばかりのラムダの傘です。深い藍色に小紋柄を乗せたトラディショナルなデザインと機能性の高さに惚れこみました! 16本骨で耐久性抜群な上、軽量でとにかく使いやすい。色と柄でどことなく和の雰囲気があるのも他にはないと特徴だと思います。遠目には無地に見えるほどのさりげない柄なのでどんなコーディネートにも合わせやすいのですが、やわらかく女らしい着こなしに合わせるとピリッと印象が引き締まる気がします。ジェンダーレスデザインなので、男友達に『素敵だね』と褒められたことも。トレンドに関係なく長く愛用できる頼れる存在です」 スマイソンのカードケース(編集T) 「定期入れを探していて見つけたのが、このカードケース。毎日使うものだからシンプルなデザインがいいけど、それだけでは気分が上がらない。エッジの効いたものが欲しいなと思っていたときに店頭で見かけて即決! 主張しすぎないデザインと赤茶のレザーが絶妙で、毎日使っていても飽きることがありません。クロコダイルの型押しでちょっと無骨なところもあり、上品なのにかっこいい! 持っていると褒められることも多いんです。使えば使うほど味が出ると思うので、大事に育てていきたいアイテムです」
  • SPUR1月号の「“ワン”ダフル開運財布」特集、年末までにお財布を買い替えたい!という方は必見です。変化の大きい年と言われている2020年は願望をかなえるためのアクションを取るにはうってつけ。SPURではおなじみ、真木あかり先生にそのポイントをレクチャーいただきました。導き出された4つのポイントを、イラストレーター、foxcoさんが描くおばけ犬とともにお届けします。 photography: Daisuke Kusama〈impress-k〉個人的に気になったお財布は、こちらのエルメスのもの。「丁寧な生活を送りたい」という願望をブーストしてくれます。真木先生による「落ち着いたカラーや、ゆとりのある収納力が幸運をつかむきっかけに」というありがたいお言葉を体現する、理想の一点です! 外側は上質なカーフレザー、内側には華やかなシルク生地が配されていて、持っていると心が弾むアイテムです。たっぷりとした14ポケットも収納力抜群。 また、守護星別の開運財布もあわせてご紹介しています! パーソナライズされたポイントから選ぶのもおすすめです。おばけ犬ゆるっと癒されながら、ぜひ新年に向けて財布を一新しましょう! SPUR1月号「“ワン”ダフル開運財布」を試し読み(外部サイト)
  • OurAgeの人気連載「ハッピー女神プロジェクト」を執筆してくださっているのは、オーガニックのスペシャリスト、吉川千明さん。「閉経と女性ホルモンが教えてくれたこと」など、まさに私たちの美容と健康の疑問にこたえてくれる記事が人気です。今でこそ、オーガニックを大切にする吉川さんですが、実はここに至るまでにはたくさんのターニングポイントを経てきたのです。前編は、キャリアのスタートのお話です。吉川千明(よしかわちあき)/美容家、サスティナブルライフ水先案内人1959年生まれ。自然や植物の力に着目し、オーガニックコスメをはじめ、スパ、漢方、食にいたるまで、ナチュラルで美しいライフスタイルを提案。オーガニックビューティの第一人者として知られる美容とは関係ないキャリアのスタート実家は、祖父の代から中央区にある鉄問屋だったという吉川さん。隅田川に架かる勝鬨橋の鉄は、吉川さんの実家が卸した鉄で造られたのだそう。大正時代から続く老舗でしたが、吉川さんが25歳の時につぶれてしまいました。「時代は変わって商社の時代になっていましたからね。過去にすがったり、時代を読まないとダメなのだ、とこのときに学びました。この経験は、のちにとても役立ちます」大学生の頃は就職など何も考えず、卒業式にみんな就職が決まっていてびっくりしたというくらい、人生設計がなかったと言います。「それで、友人の紹介でリクルートにアルバイトに行ったんです。人事教育事業部といって、企業研修のトレーナーさんたちを管理するセクション。2年ちょっといたかな。最初は世間知らずで、トップのトレーナーさんが、書類の書き方から何から、手取り足取り教えてくれました。そこに『自ら機会をつくり、機会によって自らを変えよう』というプレートが一人に1個あったんです。これがね、あとで重要になるの。そのあとに、アルフレックスというイタリア家具の会社の設計事務所に入って。美容は全然関係ないでしょ。そこで2年半くらいアシスタントをしてました。当時はお客様向けのプレゼンといっても、雑誌の切り抜きなんかをボードに貼ったりしていたので、私は毎日外国雑誌の切り抜き作業。天井くらいまで高く積み上げられたインテリア雑誌があって、それを朝から晩まで見て、素敵だな、と思う写真を切り抜いてました。名建築に家具の名作など、ものや空間に対する“美意識”のようなものを学んだと思います」美容は、というと、時間を少し遡ります。「学生時代から化粧品がものすごく好きで、“ずっと眺めていられる”という理由から、ソニープラザでアルバイトしていたんです、大学生の頃。誰にも邪魔されず、ゆっくり見たかったから。まだ二十歳そこらなのですが、海外のラグジュアリーブランドのものとかが大好きで、背伸びをして、あれこれ構わず顔に塗ってたんですね。そうしたら、肌がとんでもないことになってしまって。まだまだ必要がない年齢だったのに、最高級のアンチエイジングものを使っていたのだから、肌はびっくりしたのでしょう。それでまわりの人から勧められる聞いたこともないような怪しい(!)アングラなコスメを次々と使ってみるんですが、私が加減を知らなくてやり過ぎてしまうのか、どんどんひどくなっていって。お薬も使っていましたが、それでも良くならなかったんです。化粧品は、何にも入っていないような無香料無着色のものばかり選ぶようになっていました」今の吉川さんからは想像できないような、美容初心者の時代。ところが、吉川さんの「学び力」が目を覚ましたのです。エステの学校からジュリークに出会うまで設計事務所を辞め、それからしばらくして結婚し、1991年に出産。カメラマンだった夫と、撮影スタジオとスタイリストやヘアメイクのブッキングエージェントを始めます。「設立時は私が社長でスタートしました。でもやっていたことは、子育てや仮払金の精算をしたり、みんなのお世話を。でも『これから先、自分はどうするんだ。人の世話だけでなくて、自分の道も作っておきたいな』って考えたとき、やっぱり美容が一番、化粧品が一番だと気づいたんです。それで美容の勉強することにしたんです。やるのだったら徹底的に頂上を目指した方がいいと助言してくださる人がいて、アドバイス通り学校に通うことに。中央区の佃に住んでいたのですが、銀座に滝川という理美容の世界では大手の会社のエステの学校がありました。子育て中だったけど自転車で通って、朝10時から夕方5時まで、計200時間の授業が毎日毎日あるという、厳しくもレベルが高い学校でした。人材育成に力を入れていて講師陣も超一流。皮膚生理学から解剖学、色彩学、栄養学、アロマテラピー、リンパドレナージュ。当時まだ聞いたこともないタラソテラピーという授業もありました。あの頃は、骨の名前1本1本、すべて言えるほど勉強して、美容の全てを学びました。それから3年の現場での実地をして、講習を受け続け、CIDESCOというエステテシャンの国際ライセンスを取得。エステの国際ライセンスは本当に大変で、勉強をスタートしてから資格取得まで5年の歳月がかかりました」その学校の栄養学の講師だったのが医学博士で管理栄養士の本多京子先生。ご主人は九段下にあった「ハーバートハウス」というアロマの学校を立ち上げた栗崎小太郎さんで、日本で最初にアロマテラピーを始めた人と言われています。「本多先生が、『うちの主人が“これからはアロマテラピーの時代だ”と大学を辞めてイギリスに留学したの』とおっしゃって、その時にアロマという言葉を初めて聞きました。『アロマって何?』と調べ始めるうちに、人の紹介でニールズヤードレメディーズの梶原夫妻と出会いました。ご夫妻も直々にアロマテラピーを広げていらして、直接授業やお話しを聞く機会に恵まれ、その世界観を知ったときに“香りの世界はなんて素晴らしいんだろう!!これからは、自然の産物の時代がくると!“と直感しました。その頃、我が家は代官山で美容室をはじめていましたが、梶原さんの奥様に講習会をしていただいたり、アロマテラピーは本当に大好きで、すぐに美容室にも取り入れました。ある日、美容の勉強仲間の友人がジュリークの製品をくれたんです。すごくいいから使ってみてって。その頃は、学生時代からの無茶なスキンケアで化粧品が怖くなっていたので、初めてのものを顔に乗せるのも嫌だったの。でも、その人が信用できる人だったから恐る恐る使ってみたんです。そうしたらすごく感じが良くてもうびっくり。クレンジングとトナーと、デイリーエクスフォリエイティングという特殊な洗顔料を使ってみたのですが、かぶれるどころか肌がどんどん良くなっていって。なんだか“肌がうるおって、元気になって、頰に紅をさしたような自分”がそこにいたんです。これがニールズヤードに続く、オーガニックコスメとの出会いになりました」事業は爆発的に大きくなったけれど自身の肌でジュリークを使い始めて、その良さを伝えたい、とマンションの1室で“一人エステサロン”をスタート。内装から全部手作りで、このときにアルフレックス時代に磨かれた美的感覚が大いに役に立ったのだそう。ところが、お客さんは誰もこない日が続きます。マンションの郵便受けにポスティングしたり、苦戦したそう。「当時はインターネットもSNSもないし。ところがある日、美容ジャーナリストの倉田真由美さんがフィガロという雑誌で取材に来てくれたんです。それは小さな記事だったのですが、それで今度は予約が3ヶ月先まで埋まってしまって一気に忙しくなって、時間も人手も足りなくなることに! そのときにお店を手伝ってくれて、以降約10年サロンを支えてくれたのが、今のTe・Luce(テ・ルーチェ)のオーナー、宮澤輝子さんです。スタイリストの地曳いく子さんはご近所に住んでいたご縁もあって、うちの子どもと遊んでもらったり、家具を買いにつきあってもらったり、東急ハンズに材木を買いにつきあってもらったり、本当にいろんな方々にお世話になりました」サロンは順調で、3ベッドルームある、大きな場所へ移転することに。「ジュリークの製品も人気が出ますが、買えるところがないということで、いよいよジュリークショップ青山がスタートします。ところが‥‥」後編に続きます。
  • アラフォーらしくトレンド感を取り入れた、2019年秋冬の最旬お出かけコーディネートを、シーン別にお届けします!【目次】 ①秋冬の休日コーデ:デート編 ②秋冬の休日コーデ:お出かけ/きれいめ編 ③秋冬の休日コーデ:お出かけ/カジュアル編①秋冬の休日コーデ:パートナーとデート編■チェックジャケットプリーツスカートの休日コーデパートナーと銀座で買い物デートチェックジャケット×すそ揺れスカートの華やぎを盛る。働く日の定番、硬派な印象のグレンチェックのシングルジャケット。立体プリーツのミディスカートが、さっそうと歩く姿に優しい曲線美を添えてくれる。足もとはショートブーツで今どき感を。 ジャケット¥125,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) ニット¥30,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー) スカート¥30,000/アストラット 新宿店(アストラット) ブーツ¥143,000/ジミー チュウ バッグ¥465,000/モワナ  メゾン GINZA SIX(モワナ) ピアス¥32,000/ショールーム セッション(モダン ウィーヴィング) ブレスレッ¥9,000/プラージュ 代官山店(フィリップ オーディベール)▶チェックジャケットプリーツスカートの休日コーデ 詳細はこちら■ジャケット×タートルネックニット×柄スカートの休日コーデパートナーとラグジュアリーホテルでランチデートヴィンテージ調のクラシカルな柄もラペルなしジャケットでモダンな表情に。アラフォーともなるとジャケットの素材感にはこだわりを持ちたいもの。イタリア製の高級素材を使用し、ストレッチ性のあるラペルなしジャケットは、そのモダンさゆえONからOFFまで幅広く使えそうな一枚。ヴィンテージ調の柄スカートも、ほどよいハリとツヤのある美人ジャケットとなら、全体が凛とした表情に。ジャケット¥47,000/デ・プレ ニット¥29,000/ebure スカート¥21,000/アッシュ・スタンダード アトレ恵比寿店(アッシュ・スタンダード) イヤリング¥9,500/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ドミニク ドゥヌーヴ) バッグ¥36,000/TOMORROWLAND(カルボッティ) 靴¥27,000/ゲストリスト(ルチェンティ)▶ジャケット×タートルネックニット×柄スカートの休日コーデ 詳細はこちら■ジャケット×ワンピースの休日コーデパートナーと映画デート チェックジャケット×きれい色ワンピの女っぷりに頼る。ダブルテーラードのクラシカルな存在感に、大人の可愛げを足してくれるのは、ワンピースの直球な女らしさ、華やかさ。いつものカーディガンに代わって、チェックのジャケットをサラリと。このハンサムMIXなバランス感が、この秋アラフォーがたどりつきたい女っぽさ。色を淡くまとめれば、さらにフェミニンが加速。ジャケット¥39,000/ユナイテッドアローズ 青山  ウィメンズストア(ユナイテッドアローズ) ワンピース¥49,000/ebure バッグ¥175,000/エリオポール代官山(ザンケッティ) バングル¥19,000/アマン(アンセム フォー ザ センセズ)▶ジャケット×ワンピースの休日コーデ 詳細はこちら■コート×ニット×パンツの休日コーデパートナーと青山界隈を散歩デート たっぷりと量感のあるガウンコートを、太めのベルトでウエストマークしてゆるっと着こなす。大人の女性ならではのリラックスムードを、しなやかかつ上質なコートで表現したい。ベースはトレンチ型でも、ドロップショルダーや太めの袖など、旬を感じさせるディテールが随所に。コート¥59,000(カオス)・ピアス¥34,800(フェイ アンドラダ)/カオス丸の内 ニット¥34,000/フラッパーズ(エンリカ) パンツ¥24,000/ロンハーマン(エブール フォーロンハーマン) バッグ¥53,000/アマン(ア ヴァケーション) パンプス¥48,000/アマン(ペリーコ)▶コート×ニット×パンツの休日コーデ 詳細はこちら■ニット×タイトスカートの休日コーデパートナーとカフェ巡りデート ペールトーンの配色に素材感のミックスで奥行きも。マットなスエード調のタイトスカートに透け感のあるニットを選択。ベージュとピンクの淡い色合わせには、素材のミックスでさりげなくメリハリをつけてみるのもひとつの手。ニット¥39,000(デミリー)・タンクトップ¥10,000(フランク&アイリーン)/サザビーリーグ スカート¥15,000/ロペ サングラス¥39,000/アイヴァンPR(アイヴァン) イヤリング¥27,500/アビステ バッグ¥35,000/イアクッチ大丸東京店(イアクッチ) 靴¥14,500/ダイアナ銀座本店(ダイアナ) ▶ニット×チェック柄スカートの休日コーデ 詳細はこちら■ボリュームブラウス×パンツの休日コーデパートナーとBARデート 主役級ブラウスをスマートに引き立てて。ボリュームブラウスを華やかに見せる名脇役として活躍。端正な黒だから、カラートップスともしっくりなじみコーデを引き締めてくれる。パンツ¥26,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) ブラウス¥16,000/ユナイテッドアローズ 銀座店(ユナイテッドアローズ) バッグ¥145,000/エリオポール代官山(ザンケッティ) 靴¥64,000(ペリーコ)・ピアス¥23,000(アンセム フォー ザ センセズ)/アマン ▶ボリュームブラウス×パンツの休日コーデ 詳細はこちら■コート×ワンピース×スカーフの休日コーデパートナーと美術館デート マニッシュなオーバーコートも、タイトな黒ワンピでぐぐっと女らしく。すらりと細長いマキシ丈の黒ニットワンピースはスリット入りで、歩くたびにちらりとのぞく脚もフェミニン。インをロング&リーンにすることで、オーバーサイズのコートやブーツを合わせたコーデもマニッシュになりすぎず、どこか色っぽい雰囲気に。コート¥79,000/エイトン青山(エイトン) ワンピース¥34,000/CABaN Daikanyama(CABaN) ピアス¥22,000/フレームワーク 自由が丘店(ロマニン) スカーフ¥49,000/フィーゴ(ピエール=ルイ・マシア) バングル¥39,000/アパルトモン 神戸店(マラ カリーゾ スカリス) バッグ¥179,000/ジミー チュウ 靴¥68,000/パラブーツ青山店(パラブーツ)▶コート×ワンピース×スカーフの休日コーデ 詳細はこちら②秋冬の休日コーデ:お出かけ/きれいめ編■ワークジャケット×スカートの休日コーデ女友達とウィンドウショッピング 女心をひきつける"可愛い"ピンクをワークジャケットで中和。誰もが見た瞬間心を奪われるきれいなピンクのスカートをメンズライクなワークジャケット&黒小物と合わせ、女らしいだけじゃない、かっこよさもある女性像に導いて。カジュアルになりすぎないよう靴とバッグはきれいめなものをセレクト。大人の上品さはしっかりキープしたい。スカート¥90,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) ジャケット¥8,800/フレームワーク 自由が丘店(ロスコ) ニット¥38,000/オーラリー サングラス¥34,000/アイヴァンPR(アイヴァン) バッグ¥65,000/ビームス ハウス 丸の内(エーティーピーアトリエ) 靴¥72,000/アマン(ペリーコ)▶ワークジャケット×スカートの休日コーデ 詳細はこちら■ジャケット×パンツの休日コーデ大学の同窓会 チェックジャケット×クロップドパンツで都会的な色気を仕込む。マスキュリンなブラウンチェックジャケットは、ハイウエストパンツのすそから華奢な足首をのぞかせ、色っぽく攻略。パールやパンプスなど、小物でギャップを仕込めば女っぷりは最高潮に。ジャケット¥42,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー  イエナ) ニット¥24,000/エイトン青山(エイトン) パンツ¥26,000/アマン(ベルウィッチ) パンプス¥69,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) バッグ¥58,000/レリタージュ マルティニーク(エレナ ギゼリーニ) ネックレス¥27,000・イニシャルチャーム¥15,000・クリスタルチャーム¥5,000/シジェーム ギンザ(ルル フロスト▶ジャケット×パンツの休日コーデ 詳細はこちら■モヘアニット×フェイクレザーの休日コーデ女友達と新しくできたショッピングモールへ 二の足を踏むなら黒一択。小物使いでレディな華を。シルク混のモヘアニット×フェイクレザースカート。艶のある素材や温かみのある白を加えて、オールブラックをより表情豊かに。ニット¥34,000/スーパーエーマーケット(リアー) スカート¥18,000/アッシュ・スタンダード アトレ恵比寿店(アッシュ・スタンダード) スカーフ¥14,000/デ・プレ(アネ) イヤリング¥17,500・時計¥12,500/アビステ バッグ¥22,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ) 靴¥31,000/F.E.N. (プリティ・バレリーナ)▶モヘアニット×フェイクレザーの休日コーデ 詳細はこちら■ニット×チェック柄パンツの休日コーデ女友達とオープンテラスでランチ 鎖骨見せニットでヘルシーに肌見せ。ほっこりしがちなニットとのワンツーコーデも、深Vネックで抜け感をメイクするだけでぐっとあかぬける。ハンサムなグレー×ブルーのダブルチェック柄パンツとシックなグリーンの配色で、こびない色っぽさを演出して。ハットやファーで旬も意識。パンツ¥42,000/ebure ニット¥95,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) パンプス¥40,000/ザ・グランドインク(ロランス) バッグ¥10,000/エリオポール代官山(ヘレン ムーア) 帽子¥35,000(クライド)・バングル¥16,000(フィリップ オーディベール)/プラージュ 代官山店 ▶ニット×チェック柄パンツの休日コーデ 詳細はこちら■ニット×ツイードパンツの休日コーデ女友達とファッションイベントへ ツイードとおじ靴のマニッシュスタイルにこっくりレッドで華やぎを。ブラウン感覚で使える合わせやすさを持ちながら、確実に女っぷりを底上げしてくれるこっくりレッドをシンプルなニットで投入。パールでほんのりクラシカルなムードも添えて。ニット¥73,000(ドゥロワー)・靴¥159,000(エドワード・グリーン)/ドゥロワー 六本木店 パンツ¥26,000/エイチ ビューティ&ユース 帽子¥44,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ローラ) ネックレス( 2 本セット)¥34,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(コンチー) バッグ¥43,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(へリュー) ▶ニット×ツイードパンツの休日コーデ 詳細はこちら■コート×パンツの休日コーデ女友達と器を探しに益子へ 若々しく軽快なタータンチェックのスラックスには、ノーブルな女っぷりを盛るのが今年の正解。例えば、ノーカラーアウターの気品や、タートルネックのレトロ可愛さ。リラクシーな大人の余裕を感じるスタイリングに。パンツ¥40,000/ピーティージャパン(ピーティーゼロウーノ) コート¥145,000/マディソンブルー ニット¥24,000/スローン パンプス¥27,000/ファビオ ルスコーニ 有楽町店(ファビオ ルスコーニ) バッグ¥84,000/イーストランド(マンサー・ガブリエル) ネックレス¥15,000/カレンソロジー青山(ソコ) ▶コート×パンツの休日コーデ 詳細はこちら■ベルトつきCPOジャケット×チェック柄パンツの休日コーデお母さんと丸の内で買い物 ベルトつきアウターでくびれをコンシャス。オールドライクな茶チェックは、ベルトつきCPOジャケットで辛口フェミニンにスタイリング。シルエットのメリハリで洗練見えがかなう。パンツ自体もなめらかなセンターシームの女前デザイン。パンツ¥11,000/ゲストリスト(ステートオブマインド) ジャケット¥29,000/カレンソロジー青山(カレンソロジー) カットソー¥10,000(イウエン マトフ)・バッグ¥39,000(ア バケーション)/ユナイテッドアローズ 青山  ウィメンズストア シューズ¥24,000/フラッパーズ(スペルタ) ピアス¥15,000/essence of ANAY(I アデル ビジュー)▶ベルトつきCPOジャケット×チェック柄パンツの休日コーデ 詳細はこちら■フードつきワークジャケット×ドット柄ロングスカートの休日コーデ女友達と箱根に日帰り旅行 フードつきのワークジャケットでドットをスポーティにシフト。丈が短めで、ロングスカートとのバランスもとりやすい。上半身を黒でまとめて上品に。ジャケット¥46,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) ニット¥29,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) スカート¥29,000/インターリブ(サクラ) サングラス¥38,000/アイヴァンPR(アイヴァン) ピアス¥57,000(AGMES)・バングル¥400,000(マルコムベッツ)/バーニーズ ニューヨーク バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥86,000/マルティニーク丸ノ内(ジルサンダー) ▶フードつきワークジャケット×ドット柄ロングスカートの休日コーデ 詳細はこちら③秋冬の休日コーデ:お出かけ/カジュアル編■ダウンコートニットワンピースの休日コーデ家族と温泉旅行 前立ての部分に取りはずし可能なインナーがついており、ショート丈ダウンとレイヤードしているように見える。ライトカラーならハードになりすぎず、デイリースタイルにマッチ。女性らしくダウンを着こなすことができる。コート¥198,000/ヘルノ・ジャパン(ヘルノ) ニットワンピース¥54,000/サザビーリーグ(デミリー) ピアス¥12,000/ゲストリスト(ソコ/ハウント代官山) メガネ¥32,000/アイヴァンPR(アイヴァン) バッグ¥39,000/RHC ロンハーマン(ステート オブ エスケープ) シューズ¥21,000/カレンソロジー青山(カットワース)▶ダウンコートニットワンピースの休日コーデ 詳細はこちら■フーディスウェット×コート×パンツの休日コーデパートナーと紅葉狩り しっかり編まれたハリ感のあるニットが美シルエットを実現。タフで肉厚なニット素材は、まるでスウェットのような質感。フードは二枚仕立てになっているのでしっかりと立ち上がり、横顔も美しく決まる。フーディ¥17,000/ミラク(ソーノ) コート¥80,000/シンゾーン ルミネ有楽町店(ザ シンゾーン) パンツ¥24,000/アングローバル(イレーヴ) バッグ¥123,000/モールド(チノ×ザンケッティ) 靴¥12,000/カレンソロジー青山(コンバース) ▶フーディスウェット×コート×パンツの休日コーデ 詳細はこちら■ブルゾン×パンツの休日コーデ同僚たちとスポーツ観戦 濃色ブルゾンでスポーティに。パンツ自体がきれいめだから、カジュアルなはおりを合わせても女っぽさをキープできる。パンツ¥21,000/スタニングルアー青山店(スタニングルアー) カットソー¥6,800/スローン ブルゾン¥30,000/エストネーション(エストネーション) バッグ(梅田阪急先行発売)¥46,000/サザビーリーグ(ステート オブ エスケープ) 靴¥24,000/サンスペル 表参道店(ウォルシュ) ピアス¥12,700/シップス 渋谷店(オンブルクレール)▶ブルゾン×パンツの休日コーデ 詳細はこちら■コート×ニット×スカートの休日コーデパートナーとイルミネーション鑑賞 本気のダウンを街で着るなら、フェミニンアイテムとのミックスコーデが鉄則。繊細なレーススカートとダウンとの対比が、着る人の女性らしさをきわだたせる。コート(ロゴの位置、サイズ変更予定)¥112,000/F.E.N(. デュベティカ) ニット¥31,000/スローン スカート¥45,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ロイドフォード) ピアス¥29,400/プリュイトウキョウ(プリュイ) バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&Mデヴィッドソン) ブーツ¥115,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)▶コート×ニット×スカートの休日コーデ 詳細はこちら■フーディニット×パンツの休日コーデ妹と鎌倉までドライブ 着るだけでサマになるこなれ感たっぷりのビッグシルエット。地厚なニットを使用。腰まわりがすっぽり隠れる着丈長めの一着はスマートなボトムですっきりと。 フーディ¥32,000/ショールーム セッション(アダワス) 中に着たシャツ¥19,000/マスターピースショールーム(サイベーシックス) パンツ¥39,000/アマン(アンスクリア) バッグ¥148,000/アパルトモン 神戸店(ザンケッティ) ピアス¥18,000/バーニーズ ニューヨーク(シャーロット レベック) ローファー(WEB限定)¥17,800/ベイクルーズカスタマーサポート(アルテサノス/ジャーナル スタンダード)▶フーディニットパンツの休日コーデ 詳細はこちら■コーデュロイシャツ×パンツの休日コーデ山梨のワイナリー見学へ コーデュロイシャツでカジュアルダウン。ビッグシャツのゆるっとした雰囲気も受け止め、スッキリ見せる万能な一本。パンツ¥26,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) トップス¥10,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(イウエン マトフ) シャツ¥25,000/カレンソロジー青山(カレンソロジー) バッグ¥13,800/フラッパーズ(マルシェ) 靴¥72,000/エイチ ビューティ&ユース(クレジュリー) ピアス¥21,000/デミルクス ビームス 新宿(マリア ブラック) ▶コーデュロイシャツ×パンツの休日コーデ 詳細はこちら
  • 朝から嫌な気分……残業なんてしませんから!ネイビー巴瑞季 DAY22.朝からゲンナリ……S社の担当から「金曜ひとりで来て」朝イチお気に入りのコーヒースタンドへ。よーし仕事するぞ! と張りきってチルデンニットにメガネのおしゃれトラッドにしたのに、出鼻をくじかれたような気持ち。早く会社行って鈴木にグチ聞いてもらおっと。チルデンニット¥29000/スローン テーパードパンツ¥17000/TOMORROWLAND 黒ローファー¥14500/ダイアナ 銀座本店 型押しショルダーバッグ¥27000/SANYO SHOKAI(マッキントッシュ フィロソフィー) パールネックレス¥12800/リフラティ シップス ルミネ横浜店(パール インターナショナル) 太縁メガネ¥38000/ボウルズ(ジュリアス タート オプティカル × ハイク) レザー腕時計¥21000/オ・ビジュー(ロゼモン)グレー友菜 DAY22.16:32の「今から横浜行ってきて」を「ヨガ行くので明日!」と退社!イケメンといい感じだし、絶対にヨガで体を引き締めると決めて意地で退社。シャツジャケットはベルトマークすれば印象が激変。グレーのパンツと合わせてセットアップみたいに着るのも大人っぽくていいかも♡シャツジャケット¥48000/ジャーナル スタンダード 表参道(エリカ カヴァリーニ) テーパードパンツ¥21000/TOMORROWLAND ボルドーエナメルパンプス¥46000/ゲストリスト(ルチェンティ) 台形ショルダーバッグ¥18000/ロードス(トーヴ) パールイヤリング¥5000/アルアバイル グレーストール¥62000/リーミルズ エージェンシー(ジョンストンズ) 細レザーベルト¥8800/アルアバイル シルバー腕時計¥35000/ココシュニック▶︎▶︎土屋巴瑞季&鈴木友菜 W主演!着回し連載『グレーとネイビーなふたり』とは? ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 原文/野田春香 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) 坂田幸一(製品) ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini./巴瑞季分) 間 隆行(Lila/友菜分) モデル/土屋巴瑞季 鈴木友菜 スタイリスト/石上美津江 撮影協力/アワビーズ UTUWA TITLES ドトールコーヒーショップ ベンジャミン ステーキハウス 六本木 ホットヨガスタジオLAVA リグニス恵比寿
  • 鏡に映ったお疲れ顔に愕然… この世でいちばん疲れてるの、だぁれ? 年末に向けてだんだん忙しさが増し、昨日もバタバタだったなぁ。なんだか疲れが抜けないけれど、頑張って会社にいかなきゃ! お疲れ顔を何とかすべく、レフ板効果の白ニット+スカーフで少しでも明るい印象に。気分が上がる鮮やかなブルーのスカートときれいめブラックコートで、きちんと感のある通勤スタイルに。小物も黒で統一し、印象も気持ちも引き締めて。会社に行く前に、おいしいラテが飲めるスタンドに寄り道。朝のプチご褒美で、気分を挙げて仕事をがんばろう。 コート¥69000/インターリブ(サクラ) ニット¥18000/RHC ロンハーマン(RHC) スカート¥16000/フレイ アイディー ルミネ新宿2店(フレイ アイディー) ピアス¥15000/トゥモローランド(ルーカス ジャック) バッグ¥63000/ebure 靴¥22000/ピシェ アバハウス ルミネ有楽町店(ピシェ アバハウス) スカーフ¥11000/フラッパーズ(マニプリ) 【今月のPROFILE】港区OL・絵美里イタリアに本社を置くインテリア会社で、営業を担当。パッと見はクールながらも、実は乙女な癒し系。社内公認のコウジと順調ななか、新たな刺客が。   明日のコーデ一の画像をもっとみる 明日のおすすめ着回しアイテム 1/3 2/3 3/3 【使えるブラックアイテム】チェスターコート使い勝手のいいウールのチェスター。襟幅が細くシャープな雰囲気。コート¥69000/インターリブ(サクラ) 【ブラックに合う敏腕アイテム】白リブニット抜け感に効く白ニット。リブ&フレア袖でひと工夫。ニット¥18000/RHC ロンハーマン(RHC) 【ブラックに合う敏腕アイテム】ブルータイトスカート腰位置が高く、はくだけでスタイルアップ。細いながらもゆるやかなAラインで、足さばきが軽やか。スカート¥16000/フレイ アイディー ルミネ新宿2 店(フレイ アイディー)  「今月のおすすめ着回しアイテム」まとめはこちらから 撮影/魚地武大〈TENT〉(物) スタイリスト/大平典子  本誌取材/伊藤真知 本誌構成/山岸成実〈BAILA〉 WEB構成/衛藤理絵  
  • 女子を虜にするアフタヌーンティー。とくに名古屋は、可愛すぎるアフタヌーンティーが集結している魅惑の地。そんな名古屋で今注目を集めているのは、“マリーアントワネット”をテーマにした2つのアフタヌーンティー。 ピンクとブルーグレー、あなたはどっちに行く?『ストリングスホテル 名古屋』の「プリンセスアフタヌーンティー~マリーアントワネットの舞踏会~」1つは、これまでも数々の人気アフタヌーンティーを生み出してきた『ストリングスホテル 名古屋』の「プリンセスアフタヌーンティー~マリーアントワネットの舞踏会~」。オールデイ・アフタヌーンティーラウンジ&バー「ニューヨークラウンジ」にて、2020年3/31(火)まで楽しめるこちらは、舞踏会に参加する“マリーアントワネット”をイメージ。 リップのチョコレートやティアラなど、ピンクをテーマカラーにしたスイーツにきゅんきゅん♡ 写真を撮る手が止まらないし、食べるのがもったいなさすぎる! ドリンクは、フランスの老舗紅茶ブランド「マリアージュフレール」をはじめとする約30種類の中からおかわり自由。可愛すぎるスイーツを味わいながら、ガールズトークに華を咲かせて。​_ 「プリンセスアフタヌーンティー~マリーアントワネットの舞踏会~」場所:『ストリングスホテル 名古屋』オールデイ・アフタヌーンティーラウンジ&バー「ニューヨークラウンジby THE STRINGS」期間:~2020.3/31(火)時間:10:00~22:00(L.O.20:30)料金:平日 ¥3000、土日祝日 ¥3450 ※税・サ別  ▶▶『ストリングスホテル 名古屋』公式サイトはこちらから 『ストリングスホテル 八事 NAGOYA』では、「プリンセスアフタヌーンティー~マリーアントワネットのわがままな休日~」が登場中また、姉妹ホテル『ストリングスホテル 八事 NAGOYA』の「ストリングス ラウンジ」では、「プリンセスアフタヌーンティー~マリーアントワネットのわがままな休日~」が2020年1/13(月・祝)までの限定で開催中。マリーアントワネットが好きだったブルーグレーをテーマカラーに、好きなものに囲まれて過ごすプライベートルームをイメージしたアフタヌーンティー。ティアラをかぶったシャンパンヴェリーヌ、マイクロショートケーキブルーベリーなど、愛らしいスイーツがキラキラと並びます。また選べる小菓子にはギモーブやカヌレなど、どれにしようか悩んでしまうお菓子が。さらに、トマトスモークチキンなど食欲をそそるセイボリーにも力を入れています。ドリンクは「マリアージュフレール」の紅茶など20種類がラインアップに。マリーアントワネットさながらの優雅なティータイムを楽しんで♡​_ 「プリンセスアフタヌーンティー~マリーアントワネットのわがままな休日~」場所:『ストリングスホテル 八事 NAGOYA』オールデイ・ラウンジ「ストリングス ラウンジ」期間:~2020.1/13(月祝)時間:11:00~18:00(LO.17:30)料金:¥3300 ※税・サ別▶▶『ストリングスホテル 八事 NAGOYA』公式サイトはこちらから 文/矢野愛
関連キーワード

RECOMMEND