欲しいのは一歩先行く“新定番”プログレ・スタンダードのすすめ

SPUR.JP

光る

おなじみのアイテムもキラキラと光るだけで、途端に新鮮な印象に。いつものウェアにプラスして、スタイリングを盛り上げたい。

MARINE SERREのタイトスカート

シルバースカート¥140,000(参考価格)/MATT.(マリーン セル)

アップサイクルのデニムを使用したミニ丈のタイトスカート。全面にメタリック加工を施すことで、スタイリングのフックになるスペイシーなアイテムに。

MAISON MARGIELAのグラム スラム

バッグ〈H29×W43×D14〉¥268,000/メゾン マルジェラ トウキョウ(メゾン マルジェラ)

ブランドのアイコニックなバッグ「グラム スラム」がオーロラカラーで登場。光の当たり方で色を変え、特徴である立体感をよりいっそう際立たせる。

MSGMのブルゾン

ブルゾン¥85,000/アオイ(MSGM)

ベーシックなブルゾンも、メタリックになればエッジのきいた存在に。ショルダーに配されたゴールドの切り替えがアクセント。

IENKI IENKIのダウンジャケット

ダウンジャケット¥150,000/エイチ ビューティ&ユース(イエンキ イエンキ)

暗くなりがちなダウンジャケットも、箔のような質感のゴールドならぐっと華やかに。ベルトでウエストを絞れば、シルエットにメリハリが生まれる。軽くて暖かい高品質の 羽毛を使用。

DRIES VAN NOTENのニット

ニット¥115,000/ドリス ヴァン ノッテン

シルバーやゴールドのスパンコールを贅沢にあしらって。クルーネックのニットが、ロマンティックなアイテムに変貌。

MANOLO BLAHNIKのハイヒールパンプス

パンプス〈ヒール9cm〉¥92,000/ブルーベル・ジャパン(マノロ ブラニク)

かかとの中心にくるようヒールを設置することで、抜群の安定感を誇る「BB」。まばゆいまでに輝くシルバーのラメが足もとをとびきり華やかに彩る。

ALEXA CHUNGのセンタープレスパンツ

パンツ¥43,000/ブルーベル・ジャパン(アレクサチャン)

端正な佇まいのセンタープレスパンツも、ゴールドのメタリックによって主役級の存在感に。

BELLA FREUDのタートルネックニット

ニット¥39,150(参考価格)/ステディ スタディ(ベラ・フロイド)

繊細にきらめくラメ混のタートルネックニット。胸元には、ブランドロゴのワンポイントが。

MARIA LA ROSAのソックス

ゴールドのソックス¥5,800/ロク 渋谷キャットストリート(マリア ラ ローザ)

メタリック加工を施したソックス。素材の82%がシルクなため、肌ざわりは極上。


インティメイト

いつもの服をより快適に、マンネリなルックにアクセントを。普段引き出しの中に隠れている名脇役をラインナップ!

BASERANGEのオールインワン

オールインワン¥11,500/BASERANGE TOKYO(ベースレンジ)

下着や肌着に定評のあるベースレンジの、アクティブウェアやインナーとして使えるありそうでなかったタイプのオールインワン。防寒性があり、ワンピースの下に着てもおなかの部分がもたつかない。

CHICSTOCKSのソックス

ソックス 各¥1,800/ノーデザイン(シックストックス)

シックストックスのソックスは、つま先、かかと、足裏がクッション性のあるパイル地。はき心地に加え豊富なカラーも揃う。

L'ANGELIQUEのスリップ

キャミソール¥19,000・ペチコート¥16,000/エストネーション(ランジェリーク)

エストネーションとのコラボレーションカラー。うれしいことに、華麗さと透けづらさを両立!

KARAKORAM ACCESSORIESのニットグローブ

ニットグローブ¥11,000/GALERIE VIE 丸の内店(カラコラム アクセサリーズ)

ハンドメイドとは思えない緻密な編み目を実現するカラコラム。素材は柔らかく暖かいアルパカ100%。

PLAN Cのネックウォーマー

ネックウォーマー¥22,000/PARAGRAPH CO.LTD.(プラン C)

ニットが得意なプラン Cのネックウォーマー。ボタンが配されたリブ編みという、ほどよいデザイン性が魅力。

HAKUJIのカットソー

カットソー¥14,000/ブランドニュース(ハクジ)

シンプルさと上質さを追求するハクジ。他の服を邪魔せず、シルク混で心地よさを与えてくれるため、毎日でも着たくなる。

TANIのアンダーウェア

ブラジャー¥3,900・ショーツ¥2,800/タニ ジャパン(タニ)

タニの素材へのこだわりは随一。オーストリアのブナの木から生成された天然繊維は、驚くほどしなやかな肌ざわりだ。服への影響が少ないストイックさと、センシュアルなディテールのバランスが絶妙。

OVERNEATHのニーハイソックス

ソックス¥3,800/ロク 渋谷キャットストリート(オーバーニース)

洋服を着ることをより楽しくするオーバーニース。マチュアなニーハイソックスは着こなしの幅を広げる。

JENNIFER OUELLETTEのヘアピン

ヘアピン 各¥2,200/ロンハーマン(ジェニファー オーレット)

ベーシックなタイプのヘアピン。シックな色みのリボンをあしらうことで大人の女性のためのアイテムに。

GIU GIUのニットレギンス

ニットレギンス¥43,000/スーパー エー マーケット(ジウジウ)

ニットブランド、ジウジウの肉厚なレギンス。深めのリブやストレートシルエットがモードなスパイスに。

>商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら

SOURCE:SPUR 2019年12月号「一周回ってこれが私のニュースタンダード」photography: kimyongduck styling: Sumire Hayakawa 〈KiKi inc.〉 text: Mai Ueno

関連記事
  • こんにちは! バイラーズの臼居実優です。先週末、主人が木更津アウトレットまでドライブに連れてってくれました.。:* わたしは何も買わなかったのですが、イルミネーションがついていたりクリスマスソングが流れてたりでその場にいるだけでとっても楽しかったです(#^.^#)そんな日のコーディネートはこんな感じ。 お気に入りなのはこのボリュームマフラー。触り心地もよくて気持ちイイし、とても暖かい…♡この冬ヘビロテしてしまいそうです。明日は雪が降るほど気温が下がるそうなので、皆さん暖かくしてお過ごしください。 インスタからDMやコメント・質問もお待ちしております♪ こちらからとべます( ◜ᴗ◝)↓↓ https://www.instagram.com/mitan523u
  • ジャケット¥21810/GYDA ピアス¥1900・スカーフ¥2300/サンポークリエイト(アネモネ) インに着たキャミソール/スタイリスト私物Try1 オレンジ×ベージュが新鮮  キャラメルミルクなヌーディ顔 鉄板のブラウンメイクと同じくらい、すっかり定番化してきたオレンジメイク。ワントーンでまとめるのもいいけれど、"×ベージュリップ"のヌーディフェイスで、一歩リードして。 \このセットでできる!/  TOTAL ¥2560    A ビー アイドル つやぷるリップ 03 ¥1400/かならぼ グロスを固めたようなとろける感触。ステイン仕様で色長もち。 B パウダー チーク 443 ¥360/ちふれ化粧品  肌なじみのよいシックなオレンジ。 C プリズム クリームアイカラー 009 ¥800/リンメル  クリーミィなのにぼてっとつかず、薄膜に広がりオレンジニュアンスがじわり。 -HOW TO- 1 まぶたにオレンジを広げる まぶた全体にオレンジシャドウCを指で広げ、少しつけ足してキワから二重幅に重ねて単色グラデに。2 小さめの逆三角形にのせる チークもオレンジ系のBをセレクト。頬中央から斜め下に、小さな逆三角形を描くイメージで広げる。3 ポンポンづけで薄膜に ナチュラルな仕上がりになるようにAを薄膜で色づけるのがポイント。つきすぎ防止にポンポンのせ。 \このアイテムもオススメ/ 1 ヴィセ アヴァン シングル アイカラー 029 ¥800(編集部調べ)/コーセー  しっかり発色を楽しみたいなら、マットタイプを。 2 スウィーツスウィーツ シルキーシフォンチーク 04 ¥900/シャンティ  シルキー質感で、肌がふんわりコーラル色に。 3 クリーミーリップクレヨン BE1 ¥1200/エテュセ ほのかな赤みの血色ベージュ。 モデル/多屋来夢 撮影/Nobuko Baba(SIGNO・モデル) 細谷悠美(物) ヘア&メイク/林由香里(ROI) スタイリスト/今村仁美(io) 構成・原文/森山和子 web構成/ 轟木愛美 web編成/レ・キャトル
  • プチプラで高見え!ロペピクニックのお仕事におすすめアイテムを、5つのスタイルでご紹介☆ Day1 シンプルにまとめたハンサム系スタイル 1週間の始まりの月曜日はかっちりと。 ベーシックカラーの洋服に、イエローベースのチェック柄バッグを合わせる事で、辛すぎないお仕事スタイルが完成。 ROPE’ PICNIC/【セットアップ対応】プレミアムフィールノーラペルジャケット/¥6,490+税 ROPE’ PICNIC/ウール混ストレートパンツ/¥4,490+税   Day2 着るだけでコーデが決まるニットワンピース 着るだけでコーデが完成するニットワンピースは、普段でもお仕事でもつかえます。 ダークトーンのカラー展開で落ち着いた印象に。 ROPE’ PICNIC/タートルネックプリーツニットワンピース/¥5,990+税   Day3 週中の水曜日はらくちんに。大人カジュアルなフェミニンスタイル。 ROPE’ PICNIC/クロスオフショルダープルオーバー/¥3,990+税 ROPE’ PICNIC/ミディ丈プリーツスカート/¥3,990+税   Day4 女性らしいけど甘すぎない、上品スタイル。 甘めのレーススカートに、トレンドのボウタイ風ブラウスを合わせて上品に。 足元にはダークトーンのショートブーツを合わせ、甘さを抑えて。 ROPE’ PICNIC/べネシャンボウタイブラウス/¥3,990+税 ROPE’ PICNIC/フラワーニードルパンチフレアスカート/¥5,490+税   Day5 週末はラフな印象のワントーンコーデ。 週末の金曜日は、ホワイト系のワントーンコーデ。 チェックのショルダーバッグをアクセントに合わせてアクセントに。 ROPE’ PICNIC/【静電防止】一重で軽いガウンコート/¥22,000+税 ROPE’ PICNIC/ダブルクロスセミフレアパンツ/¥4,490+税
  • カーディガン¥9000/KBF ラフォーレ原宿店 ワンピース¥8900/UNRELISH イヤリング¥2600(mimi33)・リング¥1600(アネモネ)/サンポークリエイト バッグ¥8500/HEMT PR(トゥエンティー エイティー) 靴下¥500/Tabio(靴下屋) 靴¥10000/ラヤン(マリー・ルイーズ)たぷんとふくらんだ袖やくすみ色で、今っぽさも女らしさも叶えてくれるボリュームカーディガン。レトロな花柄ワンピに合わせれば、優しげムードが加速! 短め丈だからマキシワンピとも好バランス。カーデは少し後ろにずらして肩を落とし気味に着るとこなれて見えるよ。モデル/佐々木美玲 撮影/大辻隆広(go relax E more) ヘア&メイク/徳永舞(BEAUTRIUM) スタイリスト/高野麻子 文/鈴木絵都子  ※上記のキャプションはWEBオリジナルのもので、本誌とは異なります。 ▶ワンピースコーデ記事一覧はコチラ
  • 久々に訪れた吉祥寺。ハモニカ横丁のスパ吉でミートソースを食べて満たされた私は店を出てふと左を見、ただならぬムードの店に気づきました。ハモニカ横丁。横丁という名の通り、こちゃこちゃと小さな店が入り組み、地元に根差したマーケット的なムードをアピールしていますが、実は絶妙にナウ~くアレンジされている感じもあり。先日のコラムに登場した吉祥寺在住の知人も、「ぶっちゃけ”プロデュース”されてる店も多いよ」と。ところが、その店はどこか違いました。店の前まで来て、気づきました。「こ、これは……あのウエスタン!」すっかり忘れておりましたが、中高生のとき、”西洋のカジュアル”に憧れて(笑)、リーやラングラーのデニムやら、ST.JAMESのボーダーやら、ワークものやら、よくのぞいたものです。ワタクシが生まれるはるか前に創業した老舗。あのウエスタンが、まだあった! と感動のあまり立ちすくんでしまったほど。 楽しい手書きのポップ(!)が林立するソックスコーナーを見ながら、「MIUMIUの2020年リゾートコレクションみたいに、ジャケットとかドレスの外しでライン入りソックスを履いたら可愛いかも」なんて物色していたら、後ろから「別注カラーもありますから、見て行ってください」と。振り返ると、ジャケット姿の紳士が。吉祥寺名物のオーナーもご健在でした! そしていまだに御自ら接客を! と感動は深まるばかり。嬉しさのあまり、ますます何か買わずにはいられませんでした。かんじんの別注カラーのライン入りソックスは自分のサイズが売り切れていたので、写真のHealthknitの3Pソックスを購入。ふかふかのナイスなソックスは、ポップのアドバイス通りスカートに合わせたりパンツからちら見せする予定です! こちらは残念ながらサイズが合わず購入できなかった別注。ポップがあまりにも可愛いのでパチリ。
  • DAY 2 多くのスタッフの力が集結する東京での展示会 いつも代官山で行なっている東京の展示会。バイヤーやプレスはもちろん、織りや刺しゅう、プリント工場の職人も訪れて活気にあふれる。2020年春夏は自然の持つ質感に改めて注目。素材感が表に現れ表情をつくっているものが面白い。右 全体に布を生かしたシルエットで、サイドに大きなスリットが入ったワンピース。ストリングでウエストをマークすることで、アームホールは直線で穴が開いているような形になり、ウエストから下にはポケットが出現左 極細の糸を高密度に織ったコットン生地に樹脂加工をして、紙のようにパリパリした表情を出した薄手のコートクラシックなレース刺しゅうのワンピース上 展示会場の入り口のガラス壁には鳥の群れのモチーフが。コレクションイメージを伝えている下 展示会初日の朝。トワルチェックが始まる。スタッフも神妙な面持ちデザイナーだけれどスタッフを束ねるリーダーでもある。よいものを作るためにみんなに心地よく仕事をしてもらえるよう心を砕くのもリーダーの仕事、と心得ている DAY 3 信頼する田根剛さんとつくり上げる『つづく』展 この日は建築家の田根剛さんと『つづく』展の会場デザインの打ち合わせ。「田根さんとは15年くらいのつき合い。ミナをずっと見てくれてお互いの意見を話すうちに、本展は空間だけではなく構成も一緒に考えてもらうことにしました」試作段階の会場模型。約400点のアーカイブを時系列に関係なく並べる部屋。ほかに映像が流れる部屋もある「皆川さんのもの作りに対する強い思い、それから言葉と作るものが一体化しているところは、ずっと尊敬している部分です」と田根さん右 タイトルの意味を最も強く表すのはタンバリンのモチーフ。だから入って最初の部屋にしたという左 見終わると入り口に戻っていて、何度でも見られるという「つづく」構成『ミナ ペルホネン/皆川明 つづく』展 2015年の『1 ∞ミナカケル』以来の展覧会。会場はいくつかの部屋に分けられテーマに沿って見せる構成。『つづく』には人が連鎖して何かを生み出すという意味が含まれている。会場デザインは田根剛、グラフィックデザインは葛西薫が担当。 会期/〜2020年2月16日 会場/東京都現代美術館03-5777-8600(ハローダイヤル)https://mina-tsuzuku.jp >>ー密着取材 Day4・5ー
  •  来年ブランド創設25周年を迎える中、いろいろなプランが同時進行中。まずこの秋から『ミナ ペルホネン/皆川明 つづく』展が始まる。 「東京都現代美術館で、やるべきことは何かと考えました。僕たちは一般的なファッションの方程式とは少し違っていて、たとえばもの作りの継続性、作る人や着る人とのつながりなどを大事にしている。そういうことを伝えたくてタイトルを『つづく』にしました」  会場内でそのコンセプトが最も凝縮された形で現れているのが、愛用者が長年着用してきたミナ ペルホネンの服を展示しているスペース。 「長く着てきた人がずっと綴ってきた記憶と、服を一緒に展示します。それから僕たちが持っているアーカイブの服をお貸し出しし、来場者がそれを身につけて会場を回ることができる、という企画もあります」  定番モチーフのタンバリンを解剖した部屋から始まり、400体近くのアーカイブを見せる部屋、インスピレーションのもとになったものや道具を並べた部屋も必見だ。デザイナーとしての活動は多岐にわたるが、今回は服作りにフォーカスした展示が充実している。 「服作りはまず、生地のイメージから浮かんできます。ふわふわしたさわり心地だけど裏の音はパリパリしているとか。そしてそれを具体化するためには糸、織り、加工をどうするかというプロセスを考えます。同時に形や色が立ち上がってきて、頭の中の箱に入れていき、生地とつなげていく感じです」  生地のチーム、パタンナーなど、おのおののスタッフがそのイメージを共有し、進めていく中でさらにアイデアがあれば取り入れるなどして詰めていく。 「チーム内でアイデアが行き詰まったときは、いろいろなトライアルをするよりも、簡単な方法論で新しいことができるよう考えてみたりするんです」  デザイナーで経営者、もの作りのリーダーでもある。その多彩な能力をこの先の活動でももっと見てみたい。 DAY 1 パリで15年目になる、2020年春夏展示会へ 春夏コレクションの展示会がパリでスタート。モードのお膝元で展示会を始めて15年目。東京よりもスペースが小さいため、すべての新作は並べられないが、毎シーズン熱心に買いつけてくれるバイヤーとも半年ぶりに再会できた。 常宿に近いヴォージュ広場では散歩や読書を 展示会初日にスタッフの夕食を作ってくれたLe Café suédoisのアンヌさん展示会は毎回マレ地区の同じ会場で行うテーマに沿って作ったお菓子やお茶(Rizzoli New York/8,700円)今秋世界同時発売されたミナ ペルホネンのビジュアルブック『ripples』ミナの世界観に共鳴し買いつけてくれる、よき理解者、バイヤーのエミリーさん >>ー密着取材 Day2・3ー
  • DAY 4 家でゆっくり過ごすときは大好きな料理や読書を 自宅でくつろぐときは、料理をしたり本を読んだり。昔、築地の鮮魚店で働いていたこともある皆川さんだから料理はお手の物。年末の仕事納めにはスタッフに賄いを振る舞うこともある。今日はカレーをメインに前菜とサラダを。愛読書の『夜と霧』はもう何度読んだかわからない飲むお酒は大概ワイン。ヴァンナチュールの赤が好み右 旬を迎えたイチジクを白和えと合わせて前菜に。白和えは、裏ごしした絹ごし豆腐に、だしとしょうゆ、ゴマのペーストを合わせている 左 キャベツのサラダ。千切りキャベツに大葉や塩昆布、ちりめんじゃこ、オリーブオイルや塩を加えて。昆布の塩気がキャベツをしんなりさせうまみと混ざり合う右 料理は自己流。旬の材料でさっと作る左 じゃがいもとひき肉のカレー。玉ねぎとなすを炒めてルーを溶かしたシンプルなもの DAY 5 ルックブック撮影のため都内某スタジオへ イメージをより具体的に伝えるため、シーズンごとにモデルや物の写真を使ったルックブックを制作。この日は少しだけ撮影に立ち会った。「作ったものが人の手に渡ってどうなるかに興味があるから、実はあまり現場には来ないんです」撮影の進行を見守る皆川さん。布を持たせるなど、途中でプラスαの提案をすることもミナにみんなが抱くイメージはプリントなどの柄と、シンプルなフォルム。皆川さんの中では最近、より後者への気持ちが強まっている今シーズンのテーマは“texture of nature”。自然が持つ質感や表情をメイクでも表現スタイリングに関しては、襟の折り返しや形、袖の長さや位置、色のバランスを確認する >>誰も知らない、皆川 明 Q and A
関連キーワード

RECOMMEND