ファッションだけじゃない!2020春夏パリ・ファッションウィーク こぼれ話

SPUR.JP

ファッションウイークの期間には、多分野の話題も相次ぎます。この秋のオフ・イベントから、まずは「モダン・マハラジャ」展。中央インド、インドール県のマハラジャが1930年代に作らせた邸宅、マニク・バグ宮の調度品を中心とした展覧会です。彼は当時ル・コルビジェやブランクーシらとも親交があり、インドの伝統と欧米のアール・デコやモダニズムの融合という特別な世界観を築きました。ところで州は変わりますがインドと言えば、ジャイプールを創作の拠点とするジュエリー・デザイナーのマリーエレーヌ・ドゥ・タイヤック。9月25日には彼女の作品の集大成Gold and Gems (Rizzoli刊)の出版記念サイン会が開かれました。

グルメ×モードの例では、ジャックムスのシモン・ポルト・ジャックムスのディレクションで完成したレストラン「ウルサン」が、新たなホットアドレス。パートナーシップを組んだのは、老舗レストラン「キャヴィア・カスピア」で知られるカスピア・グループです。一方シモンの親友でインフルエンサーのジャンヌ・ダマスは、自身のブランド「ルージュ」の初の旗艦店を、レストラン併設でオープン。1年前に彼女のトレードマークの赤リップを中心にスタートした、メイクアップ・ラインも好評です。一方メイクを含めたビューティのこだわりセレクトなら、オープンしたばかりのドーバーストリート・パルファン・マーケット(DSPM)へ。DSMによる世界初のビューティ専門店であるここには、発表されたばかりのトム・ブラウンの香りコレクション「09.27.65」から、サステイナブル&オーガニックなニッチブランド、例えば最近はヴィーガン・レザーのケースを発表した「ラ・ブッシュ・ルージュ」など。

ヴィーガン・ファッションを徹底するのは、女優のルーニー・マラによる、ロサンジェルス拠点のブランド「ヒラエス」です。レザーやファーだけでなく、ウール、カシミア、シルクも一切使わないヒラエスのコミュニティは 、倫理的ファッションに共鳴する人たち。その流れで、今回パリでのヒラエスのショールームでは、サステイナブル・トークが開かれました。そして一番の話題は、シャルロット・ペリアン展。その創造性だけでなく、大戦前後の女性の社会的地位向上に貢献した彼女は、今まさに見直したい存在です。数年前にはルイ ヴィトンがペリアンにインスパイアされたカプセル・コレクションを発表しましたが、この偉大な家具デザイナー&アーティストは、今でもジャンルを越えた影響力を放っているのです。

text: Minako Norimatsu

右:マハラジャ夫妻の写真(Centre Pompidou - Musée National d'Art Moderne)とチェス(The Art Institute of Chicago)、共に1927年マン・レイによる作品。 左:Ivan Da Silva Bruhnsデザインのカーペット© Adagp, Paris, 2019 。Moderne Maharajha, Un mécène des années 30 展は開催中~来年1月12日。Musée des Arts Décoratifs ‪107, rue de Rivoli 75001 photos : Luc Boegly‬

右:ウルサンのディッシュは、ウニのタラマを始めシーフードがメイン。左:ジャックムスによる内装は、夏の地中海がイメージ。Oursin , Galeries Lafayette Champs Elysées ‪60, Avenue des Champs Elysées 75008‬ 12時~22時30分(日、月~21時30分)無休 Photos © Yoann et Marco

ウェブ展開のみでスタートしたルージュが、ロサンジェルス、東京でのポップアップに続いて旗艦店をオープン。内装は、本誌でも2年前に特集したインテリアのブランド、デモデのマリーフランス&ステファニー・コーエン。Rouje & Chez Jeanne ‪11, rue de Bachaumont 75002‬ photos : Harmony Ferreira

右:店内の至るところに見られる、卵型の棚を内包した円柱は、川久保玲自身のデザイン。左:新作Slow Danceも一押し、バイレードのフレグランス・コーナーは同ブランドのファウンダー、ベン・ゴーラムのデザイン。Dover Street Parfums Market 11 bis, rue Elzévir 75003 Photos © David Foessel

エッジー&ロマンティックなHiraeth 2020年春夏コレクションより。ヒラエスが所属するショールームLE 31が主催したサステイナブル・トークの主役はボストンのセレクトショップViola Lovely のLisa Cancelli。photos: Courtesy of Hiraeth

シャルロット・ペリアン展より。再現された学生寮の部屋(Cité Universitaire Internationale de Paris, 1952年)には、アイコニックな棚「ニュアージュ」が。Charlotte Perriand, Inventing a N ew World 展は開催中~来年2月24日まで。Fondation Louis Vuitton ‪8, Avenue du Mahatma Gandhi – Bois de Boulogne 75116‬

関連記事
  • エレガンスとモードを携えたデザインで世の花嫁を魅了する「CHANEL(シャネル)」が、全国のシャネル ファイン ジュエリー ブティックにて、待望のブライダルフェアを開催する。期間は、2019年11月22日(金)〜12月25日(水)まで。 フェア期間中は、2019年限定のキルティングモチーフで人気の「ココ クラッシュ」ウェディングリングをはじめ、マドモアゼル シャネルが愛した花やリボンをモチーフにした「カメリア コレクション」「リュバン ドゥ シャネル」など、メゾンを代表するアイコニックなリングが一堂にラインナップする。 「ココ クラッシュ」リング(Pt×センターダイヤモンド0.25ct〜)¥455,000〜/シャネル ©CHANEL また、スペシャルな特典も見逃せない。フェア期間中にリングを購入すれば、ブルー、ホワイト、レッドのカラー ラッカーを用いた、職人の手彫りによるエングレービングサービスも実施。イニシャルや日付などの刻印に、3色のうち好きな色を選んで入れることができる。 街中がロマンティックなムードに包まれるホリデーシーズン。ぜひ、ふたりの永遠の愛を誓うリングをみつけに、シャネル ファイン ジュエリー ブティックへ足を運んでみては。 「シャネル ブライダルフェア」場所:全国のシャネル ファイン ジュエリー ブティック期間:2019年11月22日(金)〜12月25日(水) シャネル(カスタマーケア)https://www.chanel.com/0120-525-519
  • \ノンノ専属読モがお届け/ カワイイ選抜のブログ クリスマスコフレも発売されて、冬のトレンドメイクが気になる今日この頃。 いち早く最旬コスメを手に入れたカワイイ選抜が、おすすめのコスメをご紹介! リアルインフルエンサーの口コミ情報をチェックして♡  気になる項目をCLICK!    リップ  No.73 西愛梨 秋に向けて準備はOK?【高品質リップ】のすすめ❤︎   メイクも秋モードにチェンジ!!という事で、今回は秋におすすめするリップを紹介します! おすすめするのは、【karenmurrell ナチュラルリップスティック コートバン】推しポイン…     No.48 古野美優 イエベ必見!前回ブログのオレンジアイシャドウにぴったり! ②ゴールドリップ?!編   秋っぽい、尚且つイエローベースの仲間たちに合うアイシャドウに続いて、こんな味方を紹介します! コフレドール スキンシンクロルージュ GD-01 金!ラメ!のリップです。もちろん…     No.13 川井寧々 【使用感レポ】LusciousLipsを1ヶ月使ってみた   みなさん! ラシャスリップスってご存知ですか?? 本日はその、ラシャスリップスを1ヶ月使ってみたので、実際の効果やオススメポイントをご紹介します! ラシャスリップスってな…     No.61 片原恵麻 【秋の大本命】テラコッタカラーのコスメ   今年の秋メイクの大本命、【テラコッタ】カラーのおすすめリップを今日は紹介しようと思います♡ プチプラで有名なキャンメイクのアイテムです‪。‬左から、メルティールミナスルージ…     No.71 中野倭佳 話題のブランド 'WHOMEE' リップレポ!   今日は、今話題のコスメブランド、WHOMEEのリップをレポします。WHOMEE(フーミー)は、メイクアップアーティストのイガリシノブさんが手がけるブランドで、PLAZAやロフト…     No.13 川井寧々 【中国メイク】中国HOJOリップ全色レポ ✦ ワンホンメイク   ワンホンメイク・網紅メイクってご存知ですか??【ワンホン・網紅:中国の人気者】という意味だそうで、日本で言う人気インスタグラマーやユーチューバーみたいなものだそうです…        フェイスカラー  No.73 西愛梨 【300円で激カワ❤︎】秋のCEZANNE新色チークが買い!   新しくゲットしたおススメチークを紹介します!《CEZANNEの秋の新色チーク❤︎》いつも同じチークを使っていたけど、秋になったので濃いめのシックなカラーを見かけ、気になって…     No.71 中野倭佳 【CHANEL】クリスマスコフレレビュー   今日は、ついに! 人生で初めてシャネルの化粧品を買ったのでご紹介したいと思います! 今まで、プチプラばかりでしたが、撮影でつけてもらったシャネルのハイライトに感動して、…     No.68 白井真緒 CANMAKE特集❤︎Part2   今回は以前に紹介したCANMAKE特集の第2弾ということで、シェーディングパウダーを紹介したいと思いまーす。シェーディングパウダー【04】アイスグレーブラウン 今まで出会っ…        アイシャドウ  No.71 中野倭佳 JILLの新作コスメが可愛すぎる♡②真珠入りアイシャドウ!?   今日は、JILL STUARTの新作アイシャドウをご紹介します。季節問わず使えると思うのでオススメです! 淡いピンク系のラメアイシャドウです。ブルベの肌によく馴染むと思います。濃…     No.48 古野美優 もう9月だよ知ってた?!秋っぽ顔を先取り❤︎①アイシャドウ編   今回紹介したいのは、これ1つで秋っぽい目元になれるアイシャドウ! めちゃめちゃ万能すぎて普段のメイクの6割くらいコレ使っちゃってます。好きなんだもん。ヴィセ「ダブルヴェ…     No.71 中野倭佳 【先行販売中】CANMAKE新作はあま〜い色❤︎   今日は、CANMAKEの新作アイシャドウがロフトで先行販売されていたのでご紹介します! CANMAKE パーフェクトスタイリストアイズ No.21 ストロベリーミルクモカ/780円(税 …     No.73 西愛梨 【ラメアイシャドウ】を可愛く魅せるメイク❤︎   今日は大人気のCLIOのアイシャドウを使って、「ラメを可愛く魅せるアイメイク」を紹介していきます!《ラメを活かしたキラキラメイクがしたい❤︎》キラキラしたアイメイクって、と…     No.71 中野倭佳 オンオフどっちも!万能アイシャドウ   今日は、就活や会社でも、普段使いもできるアイシャドウをご紹介します! これさえあれば、いつでも使えるのでとってもおすすめです! リンメル ショコラスウィートアイズ 018 他の…        アイメイク  No.13 川井寧々 【愛用品レポ&ブラシ比較】無敵マスカラで夜までカワイイ♡   まつげメイクに全力を注ぐ女ねねぽんです。まつ育とマスカラはこだわりがあります。一重さんにも、二重さんにもオススメ! まつげメイクのリアルリピ買いコスメのご紹介です! 愛…     No.73 西愛梨 600円台は神すぎ。CAEMAKEクイックラッシュカーラー   お気に入りのまつげキープマスカラを紹介します! 朝はめちゃカールしてたのに‥‥メイクした直後はぱっちりカールでも、夕方になるにつれて睫毛が下がる問題って、あるあるですよ…     No.71 中野倭佳 【プチプラ】秋のブラウン眉メイク   秋らしい赤みブラウンの眉メイクをご紹介します! 私の髪は地毛ですが、こげ茶に近い黒なので、眉が明るすぎると浮いてしまうのですが、浮かない程度の赤みブラウンで秋らしさや、…     No.61 片原恵麻 【冬モテ対策第3弾】アイブロウ篇   今日はアイブロウについてつらつらと書いていきます。顔の印象って目が大事!って思ってる人たくさんいると思うんです。確かに目がおっきく・ちっちゃく見える、メイクは印象を左‬…       \ カワイイ選抜 /ノンノ専属読モの新着記事をCHECK! カワイイ選抜のブログ。  
  • 【sergio rossi 】 「人気モデルにフラット登場! 女っぷりはそのままに進化」(ライターE)  2018年に初登場して以来、アイコンとなっている「srミラノ」シリーズにフラットシューズがデビュー。ブランド名の刻印プレートを施したスクエアヒールもポイント。「フラット派にうれしいニュース!パンチのある色、柄にもときめきます」。靴「srミラノミア」(1)各¥87000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)☎0570-016600 端正なレクタングルフェイスとTモチーフが印象的な最新作。ダイヤモンドもラグジュアリーに。「ドレスにもカジュアルにも合う振り幅の広さにほれぼれ」。時計「ティファニー1837メイカーズ22㎜ウォッチ」(RG×ダイヤモンド×アリゲーター)¥1200000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー)■0120-488-712 アイコンバッグ「クロエC」より、バッグ1型、ウォレット4型が日本限定カラーで登場。「やわらかなベージュにペールゴールドが華やか。収納力のある長財布とコンパクトなミニ、どちらにするか悩みます」。財布「クロエC」(大)(9.5×19.5×3.5)¥63000・(小)(9×11.2×3.5)¥48000/クロエ カスタマーリレーションズ(クロエ)☎03(4335)1750 ジュエリーブランド「ヒロタカ」が、東京・丸の内ブリックスクエアに2店舗目となる直営店をオープン。新作からグリーンの色石を使ったイヤジュエリーをピックアップ。「深いグリーンがモダン。アクセントになりますね。」(右から)シングルピアス(K10×エメラルド)¥53000・イヤカフ(K10×マラカイト)¥28000/ヒロタカ 丸の内店(ヒロタカ)☎03(6273)4511 日本発ジュエリーブランド「オー」が18金ブラウンゴールドを使ったリュクスな新作を発表し、エストネーション銀座店で先行発売中。「シンプルだけど重厚感たっぷり。ブラウンダイヤのピアスもリッチ」。シングルピアス(K18BG×ブラウンダイヤモンド)各¥190000・ネックレス(K18BG)¥168000/ハルミ ショールーム(オー)☎03(6433)5395 撮影/さとうしんすけ スタイリスト/松野裕子 取材・原文/榎本洋子 構成/倉田明恵〈BAILA〉 ※( )内の数字は編集部で計測した(高さ×幅×マチ)およびヒールの高さで単位は㎝です ※YG=イエローゴールド、WG=ホワイトゴールドの略です ※BAILA2019年12月号掲載
  • BAILAエディターズの間で今、高まっているのが“ただ可愛いだけじゃ満足できない”気分! フェミニンなものをたくさん取り入れてきたけど、ストレートな女らしさだけじゃ物足りなくなってきた…そんなエディターが急増。こぞって取り入れているのが、メンズライクなジャケットやローファー、ゴツめの腕時計など「ちょっと無骨、だけどスタイリッシュ」なアイテムです。洗練されすぎていない無骨なデザインだけど、機能性に優れていてスタイリッシュ。コーディネートに取り入れることで、スパイスが効いて、逆に着る人の女らしさを引き立ててくれると今や欠かせない存在に。BAILAエディターズが購入し愛用している「ちょっと無骨、だけどスタイリッシュ」なファッションアイテムをご紹介します! GUCCIのビットローファー(編集長Y) 「どんな着こなしにも合う靴を見つけるのが毎シーズンのミッションとなっている私が今季選んだのは、GUCCIのビットローファー。甘くなりがちな自分のスタイルをぴっと引き締めてくれそうなボリューム感やホースビットはまさに“ちょっと無骨、だけどスタイリッシュ”なデザイン。先端が底上げされたプラットフォーム、安定感のある太ヒール(走れるほど!)に頼もしさとときめきを感じています。履けば履くほどそのシーズンの頼もしい相棒となってくれるのが靴。この冬はこのGUCCIのビットローファーを相棒に、どんなシーンも素敵に過ごしたいと思っています」 バブアーのビデイル ワックスドジャケット(副編集長N) 「5〜6年前、アレクサ・チャンがメンズサイズをバサッと羽織っているのを見てかっこいいなと! ブリティッシュらしい粗野な無骨さがありながらも品の良さが漂うところが何よりの魅力。コットン素材にワックスコーティングしてあるので水や汚れに強く、経年変化で渋みが出るのも気に入っています。長く愛用でき、体に馴染んでくるよさはトレンチコートにも通じるものがあるのかも。質実剛健なバウアーのジャケットを日常にさりげなく取り入れることで、女性の強さや意思を感じさせ、かつ自分らしさを表現できている気がします」 エルメスのレザーブレスレット(編集Y) 「右の太いタイプがレザーブレスレット ケリー ドゥブルトゥール、左のやや細めがレザーブレスレット ビーアピ ドゥブルトゥール。20代の頃、お仕事でご一緒した方がエルメスのレザーブレスで手もとを飾られているのを見て、ずっと憧れていたんです。身に付けるのは着こなしをキリッと辛口に仕上げたい日。目に入ると仕事モードのスイッチもパッと入るので、大切な打ち合わせや会議の日には欠かせない存在です。シャープでかっこいいブレスレットですが、私にとっては逆に女らしさを引き出してくれるアイテム。ストレートに表現する女らしさより、無骨なデザインで際立たせる女らしさの方が“その人らしさ”が備わって素敵なんじゃないかなと思っています」 ジャガー・ルクルトのレベルソ サンムーン(編集U) 「硬派なスクエアフェイスに惹かれ購入したのは、大人のシンプルさやかっこよさに憧れはじめた30歳のころ。それまではスマホで時間を確認していましたが、シックな文字盤やロマンチックなデイナイト表示など見るたびに高揚感を感じさせてくれるこの時計は私にとってなくてはならないアイテムに。朝、手巻きで時刻を合わせる儀式のような時間も大切なルーティン。この時計のようにちょっと無骨、だけどスタイリッシュなアイテムは、私にとって“新しいキャラを連れて来てくれるもの”。自分には足りないキャラを足して、新鮮さを呼び込んでくれる役割となっています」 ラムダの傘(編集M) 「10月に購入したばかりのラムダの傘です。深い藍色に小紋柄を乗せたトラディショナルなデザインと機能性の高さに惚れこみました! 16本骨で耐久性抜群な上、軽量でとにかく使いやすい。色と柄でどことなく和の雰囲気があるのも他にはないと特徴だと思います。遠目には無地に見えるほどのさりげない柄なのでどんなコーディネートにも合わせやすいのですが、やわらかく女らしい着こなしに合わせるとピリッと印象が引き締まる気がします。ジェンダーレスデザインなので、男友達に『素敵だね』と褒められたことも。トレンドに関係なく長く愛用できる頼れる存在です」 スマイソンのカードケース(編集T) 「定期入れを探していて見つけたのが、このカードケース。毎日使うものだからシンプルなデザインがいいけど、それだけでは気分が上がらない。エッジの効いたものが欲しいなと思っていたときに店頭で見かけて即決! 主張しすぎないデザインと赤茶のレザーが絶妙で、毎日使っていても飽きることがありません。クロコダイルの型押しでちょっと無骨なところもあり、上品なのにかっこいい! 持っていると褒められることも多いんです。使えば使うほど味が出ると思うので、大事に育てていきたいアイテムです」
  • ホリデーシーズンのメンズへのギフトに、コスメを贈られる方もいるのでは。私もちょっとしたギフトにコスメを選ぶことが多いですが、最近は男女一緒に使える“シェアドコスメ”を探すのが楽しみ。男女ではもちろん肌質が異なるため、油分が多いものや香りが強いものは、あまり向きません。逆に、さっぱりし過ぎるものだと自分自身は乾燥し過ぎてしまう。これからの時期、空気の乾燥や寒さにより、男女問わず肌の水分量は低下してくるため、肌荒れやカサつき、エイジング対策のために、肌の保湿はどんな肌の方でも必要不可欠。シェアしやすいのは、“洗顔料”と“化粧水”。私が今使っているのは、大好きなTHREEのスキンケアアイテム「THREE バランシング フォーム R」原材料の98%が天然由来成分、11%が有機栽培の植物成分を使ったエコサート取得のオーガニックコスメ。その名のとおり、肌の水分油分バランスを整えながら、キメや毛穴のすみずみまですっきりと洗い上げてくれるため、肌質問わず使えるのが嬉しいところ。アミノ酸系洗浄料を使っているのでやさしく汚れを落とし、すっきりするのに洗い上がりの肌はモチっとうるおってつっぱりません。ポンプタイプなので泡立てが苦手な男性でも簡単に使えるし、たっぷりと配合されたオーガニック精油の心地よい香りに癒されます♪また、出張やスポーツジム通いが多いメンズへのちょっとしたギフトに、トライアルセットもおすすめ。「THREE フォー・メン ジェントリング トライアルキット」こちらは、ベタつきやテカリなど、男性特有の肌悩みにアプローチするTHREEのメンズスキンケアラインのトライアルセット。洗顔フォーム、化粧水、乳液の3点の2週間分サイズ。精油をはじめ植物油やエキスなど天然の成分が96%配合されており、ラベンダーや柑橘系、ローズマリーを基調としたすっきり感のある香りが穏やかに残るのも良い。<キット内容>・THREE フォー・メン ジェントリング フォーム〈洗顔料〉30g・THREE フォー・メン ジェントリング ローション〈化粧水〉30mL・THREE フォー・メン ジェントリング エマルジョン〈乳液〉28mL一緒に使えるシェアドコスメ、出先で使ってもらえるメンズライン、どちらもギフトにおすすめです♡
  • 世にも美しいノートが付録になりました! ロエベが特別にデザインしたオリジナルノートは、アーツ&クラフツ運動のアーティスト、ウィリアム・ド・モーガンのアートを起用したデザインに、6枚の芸術的なステッカーがついてきます。大特集は“細かすぎるモード”。足し算に足し算を重ねた首元スタイリング、ファッションプロの買い物実録など、すみずみまで読むうちに“センス”が底上げされていきます。年末に手に入れたい “ごほうび”ジュエリーをめぐって、ルパン三世も登場。誰もが「気づけばおちている」という噂の彼、塩野瑛久の素顔にも接近! 濃密な1月号は、お手元に置いて読み込むのがいちばんです。今回のファッションテーマのインスピレーション・ソースは、世界最高齢のファッション・アイコン、アイリス・アプフェル。好きなものだけ重ねて、“ノールール”なスタイリングを楽しめば、きっとあなたの首元には新しいルールが目覚めるはず。億せずチャレンジしたくなる6つのサンプルをチェック! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  モノを大切にしたいというムードが高まる今だからこそ、情熱がほとばしるようなショッピング体験がしたい! そこで、目利きのおしゃれ賢者たちは今季どんな買い物をしたのかリサーチしました。女優・新木優子さん、作家・朝吹真理子さんはじめ、その人ならではの“モノへの思い”、魂がふるえるほどのお買い物エピソードを教えてもらいましょう。ハイエンドSPO<すぐ・ポチる・オンナとオトコ>もお見逃しなく! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  2020年は「ポストサイケ」が来る! 常に時代の5歩先を読み、未知のファッションに挑み続けるスタイリスト、浜田英枝さん。今世の中で最も気になるこのムードをすくいあげ、渾身の5ルックを構築。それはインドの伝統的な文化や、ヒッピーカルチャーから生まれたサイケデリックのムードに着想を受けたスタイルです。色と柄、エネルギーに満ちたまったく新しい装い、ぜひお見逃しなく! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  今年もダウンの季節がやってきました。あったかくて助かるけど、どうしても着こなしが野暮ったくなってしまう、マンネリ化気味、という方! リアルだけれど、ひとクセある着こなしのテクニックを、細かく細かく解説します。主人公は、幾つもの顔を持つ、マルチ・クリエイター。ハイパーでファンタジーな設定で、今まで見たことのない新しいダウンのスタイリングを提案します。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  2020年をよりよい1年にするためのグッドアクションを、占い師・真木あかりさんが指南。それをブーストする“開運財布”をイラストレーター、foxcoさんのキャラクター、おばけ犬とともにナビゲートします。「収入を増やしたい」「転職を成功させたい」「夢をかなえたい」「丁寧な生活を送りたい」という4点からセレクトしたウォレットに加え、守護星別のエナジーウォレットも必見。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  あのテレビ番組でも今また注目を集めている山里での美しい暮らし。必要なものを必要な分だけ。そして好きな人、動物、自然とずっと一緒に。そんな理想の暮らしをモードマニアが描く時、そうはいってもきっとおしゃれはめいっぱいしたいはず。そんな夢を叶えるモードなユートピアを秋冬ファッションとともに描きます! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  世界中のモデルの憧れである、パリ・コレクション。2020年春夏シーズン、その最高峰の舞台に体当たりで挑んだ新人モデルがいました。その名はHANAKA(ハナカ)、19歳。新潟から上京して半年も満たない中で、チャンスをつかみ飛び立ちました。右も左もわからぬまま向かったパリで待っていたのは、想像以上に過酷な現実、絶望、そして歓喜の瞬間。これは、モデルとして第一歩を踏み出した彼女の、密着パリコレ奮闘記です。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  2020年春夏シーズン、モードは新たなるフェーズへ。過去に思いを馳せつつ、21世紀の「ベル・エポック(美しきよき時代)」へと歩みを進めることになりました。4都市のコレクションを取材したうえで導かれた今季の見逃せないキーワードは「サステイナビリティ」。進化してゆくファッションと、トレンドについて解説します。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  気分はペインター! まっさらのキャンバスに絵を描くような感覚で、顔に色をのせていく。ルールに縛られず、気の赴くまま自由に! ポップアートとして捉えれば、メイクアップはもっと楽しくなります。ちょっとやりすぎじゃ……と思うくらいがちょうどいい。赤や水色、イエローなど好きなカラーでペイント・メイクアップ始めましょう。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  2019年の下半期は革新的なスキンケアプロダクトが発売されたシーズンでした。長年の研究が実を結び、多くの人に感動を与えた逸品のなかから、ビューティプロたちが認めたものだけをお届けします。映えあるベスト・オブ・スキンケアは、ランコムのジェニフィック アドバンスト N。肌表面の菌バランスに着目したもので、使っていくほどに肌そのものが強くなるのを感じる美容液です。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  
  • 各都市に担当が散って取材をした2020年春夏コレクション、戻ってきて打ち合わせをしたところやはりどの都市もいままででもっとも「サステイナブル」という単語が出てきていたという声が上がりました。11月22日発売のSPUR1月号では「モードの"ベル・エポック"を求めて」と題し、冒頭ではティファニー・ゴドイさんにサステイナビリティとファッションについて解説していただいています。写真はルイ・ヴィトンのショーのフィナーレのニコラ・ジェスキエール氏。「ベル・エポック」というキーワードを着想源のひとつに掲げたコレクション、再生可能な素材での会場づくり、そして大きなスクリーンに写し出されたアーティスト・SOPHIEのパフォーマンス。これからの気分を見据えたショーとなりました。  SPUR1月号「モードの「ベル・エポック」を求めて」を試し読み(外部サイト)
  • SPUR1月号の「ポストサイケ、はじまる」、すごいです。秋冬はネオクラシックがトレンドである、と言われていますが、そことは距離を置いた、サイケデリックの進化版! 色が溢れ、エネルギーが渦巻くような。2020年は絶対このムードが来ます。というか、じわじわもう来てます。おなじみのドリスやマルジェラに、若者に大人気のエコーズラッタからアサイ、コリーナストラーダまで。縦横無尽にブランドをミックスし、未知の5ルックをスタイリスト浜田英枝さんが構築しています。しかも今回、スタイリングにかけた浜田さんの想いを5000字インタビュー。その熱量たるや半端なく、モード大好きな読者のみなさんはもちろん、スタイリストを志す方にもぜひ、読んでいただきたい! 『情熱大陸』ばりのエネルギッシュな長文をお楽しみください。 Photography:Takako Noel撮影を手がけたのは、自身も「ポストサイケ」なファッションを楽しんでいるフォトグラファーのタカコ・ノエルさん。これは惜しくも掲載できなかったアザーカットです。どこにどんなブランドのアイテムを使っているのか、ぜひクレジット含めてじっくり読み込んでみてください。 SPUR1月号「ポストサイケ、はじまる」を試し読み(外部サイト)
関連キーワード

RECOMMEND