CELINE

SPUR.JP

[ LOOK ]

[ CELEB & MODEL ]

関連記事
  • 「MAQUIA」1月号の表紙を飾るのは長澤まさみさん。アーティストのスズキミナコさんによる、生命力がにじみ出るようなツヤ感を溶け込ませたベージュメイクを解説します。 <今月の表紙メイク>COVER LOOK 生きていることが、美しい!つや玉溢れるベージュメイク自分に自信が持てる、生命力がにじみ出るベージュのツヤメイクは、一方でヘルシーな色気も感じさせる。肌のツヤ感を存分に引き出しつつ、きちんと目ヂカラもあるから、トライしやすい! 今月のアーティスト メイクアップアーティスト スズキミナコさん 女優やアーティストなどからご指名が多い人気アーティスト。ナチュラルから独特なメイクまで、その時に応じた世界観を作り出すメイクはお手のもの。 「日々をがんばる女性たちの背中を後押しするような、生命力が内側からにじみ出るメイクにしようと思いました」と語るスズキさん。「素材を引き立て、更に魅力的に見せるためには、ミニマムな仕掛けでじゅうぶん。ポイントは肌になじむベージュカラーと、内から湧き上がるようなツヤ感。肌、唇、目元にもきちんと自然なツヤがあるんです」。それでいて品よくまとまるのは、リップラインやアイラインを丁寧に仕込むことで、締めるところはちゃんと締めているから。TPOも年齢も問わず輝けるヘルシーなメイクの完成です。 Base(右)さらっとしたテクスチャーながら、内側からにじみ出るツヤが。エリクシール デザインタイム美容液 40ml ¥4500(編集部調べ)、(左)肌のアラをカバーしながらレフ板効果も。エリクシール シュペリエル つや玉ファンデーション 10g SPF28・PA+++ ¥3500(ケース込・編集部調べ)/エリクシール Eye shadow下段中央をアイホール全体に入れ、下段右で目のキワを軽く締める。下段の左と中央を混ぜて、目の下全体に細めに入れる。明るく輝く、かつ引き締まった目元に。ドラマティックスタイリングアイズ BR303 ¥2800(編集部調べ)/マキアージュ(限定色) LipLip liner右のライナーでしっかりエッジを取った後、左のリキッドルージュを全体に薄く塗る。中央だけややぽってり厚めにつけて。(右)リップライナーインクデュオ 01 ¥2600/SHISEIDO (左)ルージュリキッドルミヌブリアン 1 ¥5000/クレ・ド・ポー ボーテ CheekHighlight頬骨に沿って、やや顔をシャープに見せるよう横長にチークを入れる。下のハイライトは頬の高い位置、鼻先、あご先にツヤを足すようにちょん、と入れて。(上)インナーグロウチークパウダー 06、(下)同 01 各¥4000/SHISEIDO Eye linerMascara自然な目力を作り出す、透けるブラウンライナーを、まつ毛の間を埋めつつ上まぶたのキワに沿って仕込む。マスカラはナチュラルに一度塗り。(右)シークレットシェーディングライナー ¥2500(編集部調べ)、(左)ビューティーシルエットマスカラ ¥2800(編集部調べ)/マキアージュ MAQUIA 1月号撮影/伊藤彰紀〈aosora〉 伊藤奈穂実(物) ヘア/KENICHI〈eight peace〉 メイク/スズキミナコ スタイリスト/上杉美雪〈3rd〉 モデル/長澤まさみ ※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。
  • 華組になって初ブログもこのワンピースでした。昔金沢の古着屋で買ったインド綿のワンピースは今でも宝物。秋の鎌倉に着て行きました。 何年も前に、ふるさと金沢の『GARYO』といヴィンテージショップで出逢ったワンピース。 リボンの細かい切り返しやオリエンタルな柄、ティアードスカートに詰まり襟、 全てのディテールが私のときめき中枢に突き刺さり、当時の私には高価なワンピースでしたが、 迷いなく買いました。ただ、去年まで全く気にならなかった丈感... 家を出て、あ、下に黒のロングスカートを重ねたらよかった!と後悔しました^ ^; 最近マキシ丈に慣れていたので、 今年はこの丈短く感じる。 その年その年によって、しっくり見える丈感やサイズ感はくるくる変わりますね... ま、でもまた何年かしたら戻るでしょうし、あまり目先に惑わされず、手持ちのものでレイヤードするなどして、最愛の服は変わらず続けて着たいです。この日は、 華組の綾子さん、OGの則子さんと鎌倉散策♩ 去年もこの時期三人で鎌倉を訪れましたが、やっぱりまた秋に来たくなります。 鎌倉在住の綾子さんの散策コースは間違いないのです^ ^ 「凛林」→瑞泉寺 → 報国寺 →「ミンカ」中国精進料理『凛林』凛林外観。細い道を綾子さんが車で連れて行ってくれました。瑞泉寺他の画像を見るもっと詳しい鎌倉レポは、佐藤綾子さんのblogにて☆ ↑女三人はしゃぎ過ぎてます。夕方帰りは冷えるので、以前ブログに載せたカーキのモーズコートを合わせて。one-piece : no brand bag : UNIQUE PIECE(上海駐在中にセレクトショップで購入) boots : made in JAPANの20年選手 coat : JOURNAL STANDARD relume こういう古着ものはエクラっぽくないし、 こちらに載せても一方通行なひとりよがりな記事になりはしないかと迷ったのですが、 いつか綾子さんが、「やっぱり1番かなちゃんらしい」と言って下さったので、書きました。 古着なので生地もかなりくたってますが、 たぶんずっと一緒にいるワンピースです。華組インスタはこちら★華組 謝名堂華菜子ブログ
  • どんな時代もリップメイクは楽しみたい! 「MAQUIA」12月号から、1本で印象をスイッチできるリップと塗り方をご紹介します。今回は、スティックタイプのマットリップにフォーカス。 1本2役で使いこなす旬リップがあれば私、自由自在 ひと塗りで一気に洒脱顔にMATTE STICKマットスティックマットの質感を存分に楽しむならスティックタイプを。潤い成分高配合の進化系マットスティックも増えているけれど、縦ジワが目立たぬようプレケアも入念に。 REVLONスーパー ラストラス ザ ラシャス マット 014 ¥1300シックなピンクブラウン。マットながら、唇の上でするするのびるテクスチャーでストレスフリー。(12/10発売) LOOK 1 直塗りシンプルづけ上下ともに直塗りしたら、んーぱっとなじませて。リップラインからはみ出た部分は綿棒でオフ。荒れやすい人はバームなどでベースケアを。 LOOK 2 スポンジぼかしづけマットリップを淡く塗る時は、さらに薄づきにできるスポンジ使いを。ファンデーション用スポンジでポンポンと軽く叩くようにラフにのせて。 A 使いやすいパウダリーマット。トレンドのブリックレッドで温かみのある表情に。ルージュ・ジバンシイ・ベルベット 35 ¥4600/パルファム ジバンシイ B 色鮮やかなチェリーレッドはオンライン映えも叶う。パッションリップ クリームトゥパウダー マットリップペン 630 ¥4000/DOLCE&GABBANA BEAUTY C モードな青みパープルは濃淡で印象自在。カラーセンセーショナル リップスティック N 695 ¥1200/メイベリン ニューヨーク(10/24発売) MAQUIA 12月号撮影/吉田 崇〈まきうらオフィス〉(モデル) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/KUBOKI〈Three PEACE〉 スタイリスト/黒崎 彩〈Linx〉 モデル/鈴木えみ(マキアミューズ) 取材・文/小林瑞季 構成/山下弓子(MAQUIA) ※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。
  • おしゃれなアラフィー読者ブロガーたちは、この秋冬どんなアイテムを選び、何を合わせているの?シンプルながら華のあるスタイルや旬のトレンドを上手に取り入れた大人のこなれスタイルは必見!秋冬のアイテム選びや着こなしテクを参考にして。おしゃれを満喫するヒントがたくさん! 【目次】 ①スタイルアップを叶える「大人シャツ」 ②秋冬のコーデに欠かせない「ニット」 ③フェミニンな美シルエット「ワンピース」 ④簡単おしゃれ見え「マキシスカート」 ⑤スタイルアップを叶える「優秀パンツ」 ⑥おしゃれに差がつく「ジャケット」 ⑦コーデの主役「コート」 ①スタイルアップを叶える「大人シャツ」華組 沢辺史さんブログ「初めましてのランチ」よりブラウスはMila Owen。袖のリボンと総レースが気に入ってます。ZARAのベルト付きハイライズパンツは形もsizeも理想のものだったので、エクリュもイロチ買いしました。en recre のウォレットバッグに、私の足にピッタリ 銀座かねまつ MISS SLENDER のパンプス。雨予報が晴れになりライダース(GRACE CONTINENTAL)は必要ないくらい暖かな一日でした。トップス/Mila Owen パンツ/ZARA ライダース/GRACE CONTINENTAL バッグ/en recre 靴/銀座かねまつ MISS SLENDER 華組 伊藤美帆さんブログ「今季一押し!ボウタイブラックブラウス」より今年はボウタイブラウスが沢山出ていますが、E by éclat でポチッとしたブラウスが、あまりに優秀でヘビロテ中です。前後2way で着られて、着回ししやすい。着用シーンを選ばない。シャツ/E by éclat華組 鈴木たま江さんブログ「初秋のおしゃれはシャツコーデ」よりこの日のコーデは袖コンシャスなブラックシャツ。バンドカラーの襟元にギャザーが入ると柔らかく少しフェミニンな印象になります。お気に入りのパンツはeclat premiumで購入した完売パンツです!シャツ/ノーブランド(ホテルブティック購入) パンツ/col pierrot(コルピエロ) 靴/NEBULONIE バッグ/VASIC 首元が綺麗に詰まったバンドカラーと袖口の大きなカフス(見えてませんが笑)キュンキュンポイントのシャツ。ブラックデニム合わせてマニッシュスタイルなシャツワンピです。シャツワンピース/ESSEN LAUTREAMONT デニム/ZARA サンダル/Hermes バッグ/Hermes華組 木原みどりさんブログ「gotoで優雅に過ごすホテル時間」よりMerletteの白トップスと青みピンクのパンツコーデ。暗く、重くなりがちな秋冬のコーデに、明るい色を刺し色にしたコーデ。トップスの揺れ感もとても女らしくみえます。トップス/ Merlette パンツ/ESTNATION 靴/MANOLO BLAHNIK イヤリング/Shourouk バッグ/HERMES華組 成田千恵さんブログ「デコラティブな白シャツで華組ランチ」よりランチコーデには、こんなデコラティブなお袖のブラウスでコーデしてみました。 シャツやブラウスのクリーンなイメージが大好きで、なぜかクローゼットに集まってしまうアイテムですが、今シーズンはますます活躍しそうです。シャツ/Enfold パンツ/ZARA バッグ/CELINE 靴/3.1 Phillip Lim(3.1 フィリップリム)華組 豊田真由美さんブログ「シャツ×デニム 秋の鉄板スタイル」より今の時期、私の鉄板ワンツーコーデです。袖コンシャスなシャツには、ボトムはすっきり見えするデニムを。シャツ/loaf デニム/RED CARD 靴/oriental traffic バッグ/HERMES華組 伊藤美帆さんブログ「ノーアイロンのBigスリーブシャツ」より#newansという新しいブランドの展示会で予約したシャツ。届いてみたら着回し力抜群で、とても便利なので、ご紹介させてください。#newans と書いて、「ハッシュニュアンス」と読むこちらのブランド、おうちで洗えてノーアイロンでオッケーなシャツを中心に、普段使いしやすいお洋服がたくさん展示されていました。普段はホワイト大好きなのですが、このシャツに限っては優しいグレーの方がしっくりきました。やはり試着は大切ですね。届いてみて驚いたのは、こんなにビックシルエットなのに、インしても、もたつかない事!ハイウエストのパンツと相性抜群です。シャツ/#newans パンツ/ Barneys Newyork バック/Hermès 靴/ MANOLO BLAHNIK ブログ「今年も活躍!ZARA の華ありブラウス」よりZARA の大人の華ありブラウス。今年と過去のコーデを比べてみました。季節の変わり目はお洋服を買う前に、クローゼットにあるものでコーデを組んで、今季投入するアイテムを決めるようにしています。手持ちの服をチェックした結果、ひとくせあるのに今年もスタメン使いできそうな2着のザラのトップスがありました。2年前に購入したレースのトップス。今季はインナーをブラックにして、柔らかい落ち感のあるブラックのパンツと合わせたいな。と思っています。大きめなサイズを選んだのが良かったのか、今年も活躍してくれそうです。こちらは柄物シアーのトップスは、ブルー✖️ブラックの配色で、エクラ世代に大人の華やかさを添えてくれます。今年はインナーはグレー、ボトムスはネイビーのタイトスカート、と同系色まとめて、リラックス感を出したいな。と思っています。トップス/ZARA  パンツツ/GALLARDAGALANTE スカート/GALLARDAGALANTE 時計/カルティエ華組 朝生育代さんブログ「今シーズンお気に入りのシャツ♡」よりシンプルなコーデがマイブームな私。今一番気に入っているシャツはこれ!大好きなドゥロワーで見つけたのはストライプのこちらのシャツ。今の時期にぴったりなので、ボトムスを変えてヘビロテしています。この日はジーンズ合わせで、久しぶりにヒールのパンプスを履いて。シャツ/ドゥロワー デニム/mother 靴/dolce&gabbana バッグ/old celine別の日は今季の茄子のような色のパンツとスニーカー。ドゥロワーの定番ストレートパンツは、私の体型に合うので毎シーズンチェックして、気に入った色や生地があれば買い足しています。シャツ/ドゥロワー パンツ/ドゥロワー スニーカー/novesta バッグ/dior華組 近藤和子さんブログ「ある日のモノトーンコーデ」よりこの秋の初長袖は、バンドカラーの白シャツ。バンドカラーシャツはすっきりしていて襟のあるものより好きです。これはユニクロのもの。合わせたのはハウントで購入した、healthy denim のブラックデニムと、ヒューストンのアウトレットで見つけた、ビジュー付きのカールラガーフェルドのミュールで、大好きなモノトーンでまとめました。シャツ/ユニクロ デニム/ハウント 靴/カールラガーフェルド華組 山口りえさんブログ「華組ランチ会 in 白金」よりお友達とのランチの日のコーディネート。Dolce&Gabbanaの白シャツにseven dotのパンツを合わせました。シャツ/Dolce&Gabbana パンツ/seven dot 靴/FABIO RUSCONI バッグ/Louis Vuittonブログ「秋にぴったりのスニーカー♪」よりベージュのワントーンコーデに合わせて、ブランチへ。秋一番のお買い物はノヴェスタのベージュスニーカーを履いて。Zaraのカゴバッグは、フェイクパールが付いていて一目惚れしたもの。 パールものには無条件でメロメロです。シャツ/Madison Blue スカート/Whim Gazette スニーカー/ノヴェスタ バッグ/Zara ②秋冬のコーデに欠かせない「ニット」華組 成田千恵さんブログ「休日リラックススタイル」より冬は流行に関係なく、毎年白コーデが大好きです。 休日にはこんなリラックス白スタイルで。ニットは昨年ご紹介したPLSTのコスパ大のニット。した肉厚なウールタートルニットで、カラーも豊富でデザインもまさに旬の形が揃っています。トップス/PLST パンツ/JAMAIS VU (ジャメヴ) ストール/ MOON バッグ/PELLICO(ペリーコ) 靴/GUCCI華組 有村一美さんブログ「今大人気!N.O.R.Cのニット」よりN.O.R.Cのニット、今季一番のおすすめです。色は大好きなグレージュ(商品名はベージュ)、カシミヤが入っているのでふんわり柔らかな手触りの「ウールカシミヤタートルニット」夕日が当たって色が少し明るくなっていますが、見頃にゆとりがあるのにシルエットはスッキリ、丈も絶妙です。スカートにもパンツにも合わせやすそうです。ニット/n.o.r.c by the line パンツ/epoca the shop コート/herno バッグ/chanel ブーツ/hermes華組 謝名堂華菜子さんブログ「グリーンVニットで、都立大cafeぶらぶら♩」より秋散策は、すっきりVネック&マキシスカートで。昨冬終わりに買い、なかなか着る機会が無かったバナナリパブリックのウォッシャブル メリノウール100% Vネックセーター。ダークなグリーンと首縁、袖元に控えめに入っている立体ラインが気に入っています。ニット/BANANA REPUBLIC スカート/ne Quittez pas 靴/6(ROKU)BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS バッグ/handmade華組 鈴木たま江さんブログ「マンダリンオリエンタルホテル東京へ」よりこの日はホテルなのでキレイめに、そしてガンガン運転するのでシワにならず着心地の良さを重視したハイゲージ素材のケープスタイルニットにワイドパンツを合わせたコーデ♪前後どちらでも着れるケープ型ニットは、袖口が大きく開いていてドレープの様に見栄えするので頼れる一枚です。ニット/ SOEJU (ソージュ) パンツ/Apuagirl バッグ/Hermes ブーツ/ZARA華組 木原みどりさんブログ「ATONで見つけたラブリーなニット」よりこの秋冬の私の本命ニットはATONで発見!!グレーともラベンダーとも言える絶妙のくすみカラーで、今の私の気分にピッタリの1着!ニット/ATON カットソー/ATON パンツ/ESTNATION 靴/MANOLO BLAHNIK バッグ/HERMES華組 近藤和子さんブログ「ラメニットをカジュアルに」よりラメと言うと、エレガントなイメージですが、私はカジュアルに着てしまいます。このラメニットカーディガンは、COOMB (クーム)のもの。ラメのキラキラが入ると、単調になりがちなモノトーンコーデにスパイスが加わって、新鮮です。キラキラ好き世代のアラフィー世代にオススメです。カーディガン/COOMB Tシャツ/プチバトー パンツ/ドゥーズィエムクラス 靴/Odette e Odile バッグ/グローブトロッター華組 謝名堂華菜子さんブログ「ふんわりニットカーディガンで、アート空間へ」より端境期はロングカーディガンをアウター代わりに。プチプラなのにこんなに手触り良くたっぷり丈で、大満足なカーディガン。プチプラブランドのCOCAのものです。ロングカーディガンの下は ワンピース+ロングブーツのワンツーコーデでした。ワンピース/TOMORROWLAND カーディガン/COCA バッグ/MARCO MAGI ブーツ/made in Italy (10年以上前にセレクトショップで購入)華組 成田千恵さんブログ「埋もれるタートルお探しの方へ」よりこんなちょっと顔が埋もれてしまいそうなタートルネックは、一枚着るだけで、旬な着こなしが楽しめます。リラックス感ある、ゆったりしたオーバーニットなので、ワンマイルカジュアルにもピッタリ。プチプラながら、程よい厚みでウール混なので、機能面でもなかなか優秀です。大好きなフリンジバッグにフリンジブーツを合わせてスタイリングのアクセントにしてみました。ニット/ユアーズ パンツ/ユニクロ バッグ/ウィム ガゼット ブーツ/スチュワート・ワイツマン華組 沢辺史さんブログ「定番シンプルなワンツーコーデ」よりお洒落女子とのランチ、なにを着たらいいか迷った日のコーデです。まずはパンツから。一見普通ですがウエストのリボンを解くとパレオになっていて、歩くとチラッと脚が見えるパレオスタイルパンツ。デザインと揺れ感が気に入ってZARAで購入。暑がりな私には脱ぎ着しやすいSLOANEのアンサンブルが大活躍!シンプルで定番ですが、合わせやすさと機能性抜群、質感も良いので大事にしたいアイテムです。トップス/SLOANE パンツ/ZARA バッグ/VASIC Bond mini 靴/ur’s華組 木原みどりさんブログ「ユニクロUの本命くすみカラーニット」より最近くすみカラーが気になっています。 ユニクロで私が欲しかったくすみカラーのニットを見つけました。いつもユニクロで購入するニットはLサイズが多いのですが、こちらの商品はMサイズでピッタリ!秋らしいニュアンスの色味なので、夏から秋へうまくバトンを渡してくれます。ニット/ユニクロ パンツ/COL PIERROT FOR ESTNATION 靴/Chatelles バッグ/HERMES華組 伊藤美帆さんブログ「“お散歩コーデ“と“プチプラピアス”」より毎日の気温の変化が大きくて、着る物に迷うこの季節、この日は七分袖のトップスで行ってきました。このトップス、まるで前だけインしたかのように、裾が後ろにむかって長くなっているので、動いてもスタイリングが崩れない便利アイテムです。トップス/ANAYI スカート/Plage スニーカー/コンバース ピアス/DECOLLTE ③フェミニンな美シルエット「ワンピース」華組 謝名堂華菜子さんブログ「秋色花柄ワンピで、芸術パフェを食べに♩」よりこの秋手にしたpapillonnerの花柄ワンピース。花柄だけど、落ち着いた色味なので照れずに着られます。グレージュ&ホワイトの色味が落ち着いていて、離れると無地見えするくらいの、穏やかなフラワープリントです。ワンピース/papillonner カーディガン/COCA バッグ/dragon ブーツ/made in Japan(セレクトショップで20年以上前に購入)華組 宮原 江里子さん今秋の新作ZARAワンピース。シックな黒ペイズリー柄を選んでみました。着痩せ効果抜群なワンピース。共布のウエストリボンが付いてましたが、手持ちの黒ベルトに変更して、更に着痩せ効果UPワンピース/ZARA ブーツ/GU バッグ/import 腕時計/HERMES 指輪/TOD'S ネックレス/Ponte Vecchio華組 謝名堂華菜子さんブログ「ZARAドットワンピで、山種美術館へ」より美術館へはクラシカルな服を着て行きたくなります。ZARAで買ったドット柄のワンピース。ドットの大きさや、裾の揺れ感と丈が今っぽく、これまで持っていた古い水玉ワンピースから更新しました。身長161㎝の私、ネットで最初XSで注文したのですがスカートの丈が微妙に気に入らず、店舗でSを試着して、Sに交換してもらいました。やっぱり試着は大事ですね!ワンピース/ZARA 靴/repetto バッグ/J&M DAVIDSON 腕時計/Cartier ④簡単おしゃれ見え「マキシスカート」華組 近藤和子さんブログ「華組同期ランチは、ネイビーワントーンで」よりこの日のコーディネートは、落ち着くネイビーワントーン。袖のスリットが気に入って購入したニットはSLOBE IENA、チュールスカートはプチプラのCOCA。エルメスのバングルやバッグで格上げしました。ニット/SLOBE IENA スカート/COCA バッグ/エルメス バングル/エルメス華組 佐藤綾子さんブログ「紅葉が始まった蓼科へ」より今年購入したIENAのレーススカートに、カウチンを羽織って♪裾に向かって少しずつ広がるスカート。大きめのレース柄もくすみグリーンで落ち着いた印象です。カウチンは袖が着物のように広がるシルエットで大人の雰囲気になるようまとめてみました。 カウチン/edit & co. シャツ/Ralph Lauren スカート/IENA ブーツ/SARTORE華組 伊藤美帆さんブログ「リュクスパーカーとクラッチバックで大人カジュアル」よりこちらのパーカーとサテンスカートはエルーラというブランドです。大人気のリュクスパーカーは、艶とぽわっとした張りがなんとも大人可愛いとても優秀なパーカーです。クラッチバックをプラスすると、カジュアルなパーカーコーデも、ちょっと大人の余裕。パーカー/エルーラ スカート/エルーラ バック/ZARA ブーツ/セルジオロッシ華組 近藤和子さんブログ「大人パーカー+サテンスカートでワンツーコーデ」より大人パーカーとサテンスカートでワンツーコーデ。このグレージュのパーカー、ネイビーのサテンスカートは、素敵だなぁとずっと気になっていた、Elura (エルーラ)のもの。パーカーは、ハリのあるつややかな生地と、ほどよいゆったり感でヌケ感がバッチリ。決して部屋着にならない大人のためのパーカーで、超お気に入りです。サテンスカートはずっと履いてみたいと思っていてこの秋、初体験。サラサラとしていて着ていて心地よく、しかも後ろ下がりでおしゃれです。パーカー/Elura  スカート/Elura  バッグ/エルメス華組 横山希世さんブログ「秋の品格ワンツーコーデ」よりゆったりコットンニットに薄手マキシスカートを合わせました。半袖のトップスもカーキなどにすると秋らしい雰囲気になりますね。季節の変わり目は毎年着る物に悩みますが季節感や気温を考えながら、早めのシフトチェンジを心がけています。スカート/アッパーハイツ華組 豊田真由美さんブログ「プリーツスカートコーデ」よりプチプラなプリーツスカートです。この秋冬もプリーツスカートの人気は健在。エコレザースカートは、パーカーとスニーカーに合わせて、スポーツミックスコーデに。 トップス/GU スカート/SENSE OF PLACE スニーカー/ New Balance バッグ/STATE OF ESCAPE光沢感のあるプリーツは秋らしくブラウン系にまとめて。トップス/ PLST スカート/GU 靴/CARRANO バッグ/YSL華組 有村一美さんブログ「イロチ買いしたくなる!エコレザースカート」よりこの季節に使い勝手抜群&プチプラには見えない長さとカラーバリエーション。これは買いです!GUの「フェイクレザーフレアミディスカート」。買ったのはダークブラウンとベージュですが、ブラックとパープルもあり。トップス/uniqlo(men's) スカート/gu 靴/gu バッグ/bottegaveneta アクセサリー/hermesこちらはダークブラウンのスカートコーデ。ベージュのシルクブラウスを合わせただけの楽チンコーデですが、スカートの質感が違うだけでちょっとこなれて見える感あり。このスカートはレオパード柄のパンプスや小物と好相性なので色々楽しめそうです。トップス/ユニクロ スカート/gu 靴/gu アクセサリー/hermes ⑤スタイルアップを叶える「優秀パンツ」華組 鈴木たま江さんブログ「ウェストに技あり☆見栄えパンツ」よりシンプルコーデが好きなのでパンツは一枚で見栄えするウェストにポイントのあるものがお気に入りです。シンプルなシャツ&パンツコーデだけどウェストのおかげで見栄えしてます。シャツ/ AK +1 パンツ/3.1 PHILLIP LIM(フィリップ・リム) 靴/Pellico バッグ/FENDI袖コンシャスな黒ブラウスに合わせたコーデシャツ/No brand パンツ/3.1 PHILLIP LIM(フィリップ・リム) 靴/Jimmy choo バッグ/moontreeplanet同じパンツに同色のニットを合わせて。お地味になりがちな定番コーデですがウェスト部分が折り返しになっているのでシンプルなのに技ありコーデ完結。ニット/GEMINI (Whim Gazette で購入) パンツ/3.1 PHILLIP LIM(フィリップ・リム) 靴/Pellico バッグ/HERMES華組 朝生育代さんブログ「細見え効果抜群のmotherデニム。」よりこの秋、グレーのデニムを更新。ブラックに近いグレーで股上深めのデザインと程よいフレアでスタイルアップ効果も抜群!ストレッチも効いていて履き心地も良いので、ついつい履いてしまう。このギャラリーヴィーのニットも着心地の良さ、ネック、丈感が気に入りすぎて、毎年1枚ずつ買い足しています。ニット/ギャラリーヴィー デニム/ 帽子/Maison Michel 靴/Walter Steiger華組 豊田真由美さんブログ「スタイルアップしてくれる優秀パンツ」より気になるお腹周りをスッキリみせてくれる、タックパンツのご紹介。ソージュさんのサロンで出会ったミントカラーのパンツ。ミントの華やかさはもちろん、気になるところをカバーしてくれる優秀パンツ。斜めからタックが入っていて、お腹周りがすっきり。しかも足元に向かって細くなっているので、足のラインをとても綺麗に見せてくれます。トップス/STYLE DELI パンツ/SOEJU 靴/ENZO ANGIOLINI バッグ/HERMES ⑥おしゃれに差がつく「ジャケット」華組 成田千恵さんブログ「ネイビートラッドで華組同期ランチへ」よりもしも永遠に変わらないスタイルがあるとしたら、トラッドスタイルかもしれません。インスタでご好評いただトラッドスタイルでランチへ。コート/ Deuxieme Classe トップス/And A パンツ/H&M バッグ/TSURU by Mariko Oikawa 靴/PIPPICHIC(ピッピシック)ブログ「トップグレーで冬を迎える」より冬は白コーデが大好きなわたしですが、今年は特にトップグレー×白コーデにハマっています。このトップグレーの上下は、実はセットアップではありません。JOHN LAWRENCE SULLIVANのトップスに一目惚れして購入したものの、どうしても上下セットアップにしたくて、限りなく近いボトムスを散々探して、ようやくTOMORROWLANDで見つけたパンツとの溺愛セット。ジャケット/ENFOLD トップス/JOHN LAWRENCE SULLIVAN パンツ/TOMORROWLAND タートルニット/COS スニーカー/NIKE Air Max 95 バッグ/Maison Margielaブログ「ZARAの旬顔ジャケット」より今シーズンはジャケットを取り入れてみたくて探していたのですが、パワーショルダーやビッグシルエットはアラフィーのわたしには厳しい。また、茶系のチェック系が多く、どうもわたしには着こなせそうになく、躊躇していました。ところが、先週ZARAに足を運ぶと…わたしの理想にぴったりなジャケットがありました!ジャケット/ZARA トップス/martinique (マルティニーク) パンツ/d'un a dix (アナディス) 靴/PIPPICHIC(ピッピシック) バッグ/HERMESブログ「今シーズンはブーツで‼︎」よりちょっとゴツメなブーツたちは、ダッドスニーカーの代わりに是非取り入れてみてはいかがでしょうか? こういったショートブーツをパンツに合わせる時、一番困るのはパンツの丈とのバランスです。着用しているのは何年も愛用しているZARAの裾ゴム入りパンツで、この裾ゴム、ポケットのディテール、素材感、全てが理想的で、お直しに出して完全に自分の体型に合わせたほど気に入っています。ジャケット/ZARA トップス/AURALEE(オーラリー) パンツ/ZARA バッグ/REBECCA MINKOFF サングラス/VIKTOR&ROLF(ヴィクター&ロルフ)ロングスカートを合わせてみました。 ヒールもなく歩きやすいうえ、足にボリュームが出るので、脚長効果も絶大で、スニーカーよりもちょっとキレイ目に仕上がるので、意外と取り入れやすく、一気に旬なスタイルになる気がします。ジャケット/ZARA トップス/ AURALEE(オーラリー) スカート/IENA バッグ/Maison Margiela (メゾン マルジェラ) サングラス/CELINE華組 横山希世さんブログ「今年の秋は黒のジャケットで楽しむ♩」より秋一番のお気に入りのジャケットです。カシミア混ウール×レザーのtheoryの黒ジャケットです。デニムにも合うのでオンオフどちらでも使えそうです。スカートもtheoryの物。フレアが綺麗です。最近は黒のコーディネートが好みです。ジャケット/theory スカート/theory 靴/トッズブログ「ショートブーツ。Dr.Martinの大人コーデ」よりDr.Martinのブラックステッチはすっきりと大人の雰囲気です。数年前頃からまた若い世代を中心に人気再燃したDr.Martin。ジャケットとパンツでハンサムコーデ。ジャケット/theory ブーツ/Dr.Martin華組 木原みどりさんブログ「この秋、私の品格ワンツーコーデ」よりこの秋に活躍してくれる私のワンツーコーデ。秋物を探しにエストネーションにパトロールに出かけた際に、一目惚れしたジャケットとパンツ。セットアップではもちろん、上下別でもとにかく使い回しが効く万能なスーツです。ジャケット/COL PIERROT FOR ESTNATION パンツ/COL PIERROT FOR ESTNATION トップス/ESTNATION バッグ/HERMES 靴/Chatelles ⑦コーデの主役「コート」華組 成田千恵さんブログ「コートを更新しました。」よりいつも大好きな白コーデや、今年ハマっているTOPグレーに合わせやすいグレーのコートを選びました。ほぼわたしの理想を叶えていたのが、こちららのebureのコートでした。コート/ebure ニット/ZARA シャツ/COS パンツ/ZARA バッグ/CELINE 靴/MANOLO BLAHNIK華組 木原みどりさんブログ「キレイ色コートを纏って華組ランチ」より爽やかなブルーのコートを羽織って、大好きな華組の方々とのランチ会に出かけてきました!コート/SOEJU ニット/ATON インナー/ATON パンツ/MADISONBLUE shoes:JILSANDER バッグ/CLOUDY華組 朝生育代さんブログ「秋が深まるとムートンジレの出番♪」より肌寒くなってきたので、お気に入りの「カールドノヒュー」のグレーのムートンジレ。数年前に気に入って購入して以来、秋にはブラウスやシャツと、冬はセーターにと毎年大活躍しています。ジレ/カールドノヒュー シャツ/bagutta パンツ/darwer スニーカー/novesta バッグ/goyard華組 謝名堂華菜子さんブログ「明るめカーキのモッズコート」よりモッズコートなのに、エレガントにも着回せる。先月一目惚れして買ったカーキのアウター、スカートにもパンツにもヘビロテ中です!ボーダーにゆったりデニムにバレエシューズです。コート/JOURNAL STANDARD relume華組 近藤和子さんブログ「セットアップ+コートワンピースで結婚記念日ランチ」よりSOÉJU(ソージュ)というブランドのワイドパンツにコクーンブラウスをセットアップのように合わせ、コートワンピースを重ねて少しだけキレイめにコーディネートしました。ソージュの服は、着心地が良く、シンプルなので着回し抜群でお気に入りです。ハリと光沢があって形がとてもキレイなコートワンピースはウエストを絞るとふんわりとして雰囲気が出ます。トップス/SOÉJU パンツ/SOÉJU コートワンピース/SOÉJUブログ「ゆったりな オーバーサイズトレンチコート」より正統派のトレンチコートも素敵ですが、もっと気楽に着られて、カジュアルにも綺麗めにも合うトレンチコートをずっと探していて、やっと出会えました。トレンチコート/Lavish Gateブログ「ミルクティーベージュのゆったりコート」よりとても軽くてカーディガン感覚で着られるゆったりシルエットのコートは冬を待たずにもう着ています。暖かくて軽いこのウールのコートは、先日のオーバーサイズのトレンチコートと同じ、Lavish Gate のもの。コート/Lavish Gate トップス/ヘインズ デニム/healthy denim 靴/バナナリパブリック バッグ/マルコマージ    ▲【2020秋コーデ】トップに戻る▼その他のおすすめ記事もチェック
  • 素材のよさやフォルムの美しさ、購入後のケアやフォローにいたるまで、どれを取っても格別な一流メゾン。そんな憧れの存在を今、手にするなら何を選ぶでき? バッグ、財布、時計からホームグッズまで、バイラ世代に寄り添う名品を、スタイリスト加藤かすみさんが厳選。 スタイリスト加藤かすみさん 表紙やファッション特集を数多く手がけるほか、ブランドのディレクションなど幅広く活躍。センスと理論に基づいた着こなし術にはファンも多く、BAILAでも常に人気企画に。 <目次> 1.シャネルで時計を選ぶなら。大人の女性のための「ボーイフレンド」 2.ルイ・ヴィトンの「ノエ・パース&オール・セット」は2個持ちが今っぽい 3.ディオール「サントノレ」を選ぶならニュアンスカラーが正解 4.ロエベの人気バッグ、バルーン&ハンモックで選ぶならこの色 5.ヴァン クリーフ&アーペルの「ヴィンテージ アルハンブラ」イチ押しは“黒” 6.フェンディの「ピーカブー」、この冬はコンパクトな新作が狙い目! 7.グッチの最新バッグ「ジャッキー1961」はミニサイズ&きれい色がおすすめ! 8.エルメスで時計を買うなら「ナンタケット」 9.シャネル、グッチ、ルイ・ヴィトン…ハイブランドのミニ財布8選! 10.自分へのクリスマスプレゼントにもおすすめ!ハイブランドのスモールレザーグッズ6選 11.クリスマスプレゼントにも!ハイブランドのホームグッズ6選 .bai_mokuji_template1911 { margin-top: 8px; } .bai_mokuji_template1911 li { text-indent: -0.8rem; padding-left: 0.8rem; line-height: 1.2rem; margin-bottom: 8px; color: #333; } .bai_mokuji_template1911 li:last-child { margin-bottom: 0; } 1.シャネルで時計を選ぶなら。大人の女性のための「ボーイフレンド」 【シャネル/ボーイフレンド】 【KASUMI’S VOICE】普段使いしやすいスティール製のケース。手も届きやすく、より“リアル”な名品に八角形のケースが特徴的な「ボーイフレンド」は、シャネルを代表する名時計のひとつ。「軽やかなステンレススティールのケースに乳白色の文字盤を合わせた新作は、カジュアルにも合わせやすく、価格的にも手が届きやすかったりといろんな意味でリアル。つけ替え可能なストラップにはキルティングを施し、女性らしいたたずまいに仕上がっているのはさすがです」(加藤さん)。時計(SS)¥405000/シャネル(シャネル) シャネルの「ボーイフレンド」時計を詳しく見る 2.ルイ・ヴィトンの「ノエ・パース&オール・セット」は2個持ちが今っぽい 【ルイ・ヴィトン/ノエ・パース&オール・セット】 【KASUMI’S VOICE】小ぶりなポシェットと大きめのトート、あえての2個持ちが今年らしさのカギ1泊分の荷物くらいは楽々収まる「オール・セットMM」。そんな実用的なトートでも、ひとつで完結させないのが今年流の楽しみ方。「よく取り出すスマホと財布だけは小さなバッグに……という2個持ちスタイルが、今や定番。小さいからこそ遊べるポシェットはモノグラム、旅行やお仕事に長く愛したいトートは無地のカーフレザーなど、用途に合わせて選び分けができ、セットで持っても素敵に決まるのは、種類も豊富なルイ・ヴィトンだからこそ」(加藤さん)。ショルダーバッグ(11.5×12×11.5)¥155000・トートバッグ(24×39×15)¥600000・コート¥630000・ワンピース¥229000・ピアス¥67000/ルイ・ヴィトン クライアントサービス(ルイ・ヴィトン) ルイ・ヴィトンの「ノエ・パース&オール・セット」を詳しく見る 3.ディオール「サントノレ」を選ぶならニュアンスカラーが正解 【ディオール/ディオール サントノレ】 【KASUMI’S VOICE】端正な形でありながら、ニュアンス色で今っぽい。大人をアゲてくれる“いいバッグ”の代表格「究極にシンプルなデザインと、ブルーグレーのような今どきのニュアンスカラーに惹かれたハンドバッグ。かっちりしたタイプも大人はひとつあると便利ですが、これは白やベージュの淡いトーンから黒までどんな色にも合わせやすく大活躍」(加藤さん)。中はファスナーポケットを挟むようにして二つの仕切りがあり、内にも外にもポケットが充実。フロントはターンロック式で開閉しやすく、底ビスつきで直立もしやすいなど、機能面の高さも愛される理由に。バッグ(19×25×12、仕様変更あり)¥460000・プルオーバー¥480000・スカート¥960000・靴¥122000・ピアス¥52000・ブレスレット¥63000/クリスチャン ディオール(ディオール) ディオールの「サントノレ」を詳しく見る 4.ロエベの人気バッグ、バルーン&ハンモックで選ぶならこの色 【ロエベ/バルーン バッグ & ハンモック バッグ】 【KASUMI’S VOICE】カジュアルの格上げにもきれいめのハズしにもできる絶妙なスモールサイズ。新色もまた万能です!両サイドにひもを引くとマチが広がり、収納力は抜群。小さめフォルムながらも小さすぎず、あらゆるシーンに使いやすい「ハンモック」と「バルーン」は、人気を二分するバッグ。「冬に持つ白も可愛いし、明るいキャメルも上品ですし、どちらも上質でありながらデイリーに持てる“大本命”の色。頑張って買いたいと思える、リアルなプライスも魅力です」(加藤さん)。ショルダーストラップつきで、肩かけや斜めがけもOK。バッグ(左)(25×18×13.5)¥271000・(右)(21×14×26)¥285000/ロエベ ジャパン クライアントサービス(ロエベ) ロエベの「バルーン&ハンモック バッグ」を詳しく見る 5.ヴァン クリーフ&アーペルの「ヴィンテージ アルハンブラ」イチ押しは“黒” 【ヴァン クリーフ&アーペル/ヴィンテージ アルハンブラ】 【KASUMI’S VOICE】イチ押しは“黒”。重ねても素敵だからこそひとつ、またひとつと増やしていく楽しみも甘口なモチーフでも幼く見えず、ひとつでも存在感があるのにセットでつけても上品。そんな不思議なオーラを放つ「ヴィンテージ アルハンブラ」。「せっかくならこのメゾンらしいきれいな色石を。モチーフの美しさがきわだつ黒は、大人っぽくて特におすすめです」(加藤さん)。イヤリング(YG×オニキス)¥380000・ペンダント(YG×オニキス)¥259000・リング(人さし指下)(YG×DIA×オニキス)¥335000・(人さし指上)(YG)¥123000・(中指)(YG)¥244000/ヴァン クリーフ&アーペル ル デスク(ヴァン クリーフ&アーペル) ニット¥14000/アパルトモン 青山店(アパルトモン) ジャケット¥55000/サードマガジン ヴァン クリーフ&アーペルの「ヴィンテージ アルハンブラ」を詳しく見る 6.フェンディの「ピーカブー」、この冬はコンパクトな新作が狙い目! 【フェンディ/ピーカブー アイシーユー】 【KASUMI’S VOICE】豊富な中から選べるのも「ピーカブー」のよさ。コンパクトな新作は使いやすくて大注目!折り目がきっちりとした蛇腹型のフレームを採用し、よりスマートに進化した「ピーカブー アイシーユー」。バイラ世代ならひと回り小さな「イーストウエスト」から挑戦してみても。「実はピーカブーは私も持っていますが、上質な革ゆえにやっぱり扱いには気をつかいますし、価格のうえでも“小さい”ほうが、初めてにはいいのかなと。ただし一度手にしたら、一生もの。きものにも合いますし、フォーマルな行事にも使えるほど本当にシーンレスなので、投資する価値は大です」(加藤さん)。バッグ(18.5×29×12)¥431000・カーディガン¥210000・スカート¥225000・ピアス¥43000・靴¥127000(予価、2021年1月発売予定)/フェンディ ジャパン(フェンディ) フェンディの「ピーカブー」を詳しく見る 7.グッチの最新バッグ「ジャッキー1961」はミニサイズ&きれい色がおすすめ! 【グッチ/ジャッキー 1961】 【KASUMI’S VOICE】“ミニ”だからこそ色や柄で遊んでみても。2wayで使えて機能性も申し分なしホーボーシェイプでおなじみのバッグ「ジャッキー」を、ボリュームダウンしたフォルムにアップデートした「ジャッキー 1961」。開閉しやすいピストンクロージャーや付属のショルダーストラップは長さが調節できたりと、使いやすい工夫が光るのもグッチらしい。「大きいとインパクトが強すぎるきれい色も、こんな最小の『ミニ ホーボーバッグ』だから楽しめたりも。今年だったらピンクのニットにピンクのバッグなど、同色でそろえた着こなしもいいですね」(加藤さん)。バッグ(13×19×3)(ライラック・ピンク・ブルー)各¥200000・(GGパターン)¥175000/グッチ ジャパン(グッチ) グッチの「ジャッキー1961」を詳しく見る 8.エルメスで時計を買うなら「ナンタケット」 【エルメス/ナンタケット】 【KASUMI’S VOICE】ほどよいきゃしゃさが日本女性の腕にフィット。グレージュのような“エトゥープ”が最高!リラックスな装いに大人の風格をもたらしてくれる、エルメスの時計。今こそ手にしたいのは、アイコニックな「シェーヌ・ダンクル」をかたどった長方形のケース×細身のストラップがスタイリッシュなこの逸品。「外出の機会も減った今は、ステンレススティールのような軽やかな素材や、ベルトもなじみのいい色だったりと、カジュアルにつけられることも大切。エルメスならではのエトゥープ色はどんな着こなしにも似合い、私も大好きな色です」(加藤さん)。時計(SS)¥264000・ブレスレット¥138000・リング¥161000・ピアス¥200000/エルメスジャポン(エルメス) ニット¥22000/ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア(ユナイテッドアローズ) エルメスの「ナンタケット」を詳しく見る 9.シャネル、グッチ、ルイ・ヴィトン…ハイブランドのミニ財布8選 【KASUMI’S VOICE】縁起ものでもある財布。手頃なミニなら、ラッキーカラーや遊んだ色を選んでも 【シャネル】 憧れメゾンの最新作は、使いやすさも“超一流” 小銭入れが二つあったり、フラップつきで開けやすかったりと実用性の高さも心惹かれるポイント。「何色かあるなかでもおすすめはベージュに近いイエロー。一生愛せるブランドだからこそ、あえて王道感のある色でも素敵です」。(8.5×11.5×3.5)[カード入れ4、小銭入れ2]¥88000/シャネル(シャネル) 【グッチ】 手のひらサイズのスクエア型はリピート率高し 「ホースビットモチーフ×白というのが軽やかで今っぽいので、王道が好きだけど雰囲気を変えたいという方にはぜひ。やや大きめのサイズ感も好評です」。小銭入れもL字形に開き、取り出しやすいなど細部にもこだわりが。(11.5×11×3.5)[カード入れ7、札入れ1、小銭入れ1]¥70000/グッチ ジャパン(グッチ) 【ルイ・ヴィトン】 “日本限定色”というスペシャル感も魅力的 シボ感のあるトリヨンレザーになめらかなカーフレザーでトリミングを施し、耐久性も充分。「毎日使うものなので、傷が目立ちにくいのも決め手に。LVイニシャルのゴールドも控えめで大人好み」。(8×10×1.5)[カード入れ5、札入れ1、小銭入れ1]¥88000/ルイ・ヴィトン クライアントサービス(ルイ・ヴィトン) 【サンローラン】 最小のコンパクト財布は電子マネー派にも人気 「今回紹介した財布のなかでは最も小さく、身軽にいきたい人に最適。深みのあるベージュも上品です」。カード入れが札入れの中にあり、滑り落ちにくいのもうれしい。(7×9.5×3)[カード入れ3、札入れ1、小銭入れ1]¥50000/サンローラン クライアントサービス(サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ) ミニ財布のベージュ系4選を詳しく見る 【ロエベ】 今年らしいくすみグリーンで上質さもセンスも 「渋めのグリーン、ロエベらしい茶色レザーとの配色も大人っぽさにひと役。中はグレージュをあしらい開いたときもおしゃれ」。札入れ部分には2カ所のボタンがあり、ふくらんでもしっかりホールド。(9.5×8×3)[カード入れ3、札入れ1、小銭入れ1]¥60000/ロエベ ジャパン クライアントサービス(ロエベ) 【ディオール】 アイコニックな名品を“売れすじ”のピンクで 人気のバッグ「サドル」に着想を得て生まれたミニ財布。「シンプルなものは持っていたりもするので、こんな遊び心あるデザインに更新してみても。小銭入れの後ろにもポケットをつけるなど、機能面にも納得」。(7.5×9.5×3.5)[カード入れ3、札入れ1、小銭入れ1]¥58000/クリスチャン ディオール(ディオール) 【ボッテガ・ヴェネタ】 埋もれない色を選ぶのも、ミニならではの選択 バッグの中でも迷子にならないキウイ色は大荷物派にも! 「上質なレザーに定評のあるボッテガ・ヴェネタだからこそ、派手な色でも若くなりすぎません。気分も上がるし、お金も貯まりそう(笑)」。(10.8×9×2.5)[カード入れ6、札入れ1、小銭入れ1]¥55000/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン(ボッテガ・ヴェネタ) 【バレンシアガ】 実力はお墨つき。もらってうれしいギフトNo.1 ロングセラーを誇る三つ折り財布の“火つけ役”。「以前は黄色を愛用していましたが、使いやすさは格別。手頃なので旬の色や型押しのようなデザインでも遊べるし、何人かでギフトにしても」。(7×9×4)[カード入れ3、札入れ1、小銭入れ1]¥45000/バレンシアガ クライアントサービス(バレンシアガ) ミニ財布のきれい色系4選を詳しく見る 10.自分へのクリスマスプレゼントにもおすすめ!ハイブランドのスモールレザーグッズ6選 【KASUMI’S VOICE】今どきの“日用品”もハイブランドなら可愛さは別格!ご褒美買いにも◎ 【ルイ・ヴィトン/ポシェット・トリオ】 “どこに何を?”と考えるのも楽しい3つのモノグラムポーチがセットに異なるモノグラムが“目印”となり、何をどこに入れたかが一目瞭然。「今だったら大きなポーチにマスクや消毒のものを入れてもいいし、使い方は自由自在。持ったときに動きが出るのも可愛くて好きです」。ポーチ(3個セット)(上)(11×11)・(中)(9.5×19)・(下)(9.5×9.5)¥145000/ルイ・ヴィトン クライアントサービス(ルイ・ヴィトン) 【フェンディ/カードケース】 小銭の代わりに鍵を入れても!キャッシュレス派はこれひとつでOK前はスナップボタンつきの小銭入れ、背面には3つのカード入れが。「小銭の部分が“しっかり”あるカードケースは、ありそうでなかったデザイン。ロゴも大きく、バッグの中でも見つけやすいのも◎」。内側は黒のレザーで傷や汚れが目立ちにくいのも決め手に。カードケース(8×1)¥37000/フェンディ ジャパン(フェンディ) 【プラダ/AirPodsケース】 ジュエリーケースのような上質感がとびきりおしゃれなAirPodsケース「小さくても存在感があるところは、さすがハイブランドだけあって素敵。最近でこそよく目にするAirPodsケースですが、こういう新しいジャンルを一流のメゾンで買うのも“今っぽい”ご褒美の気がします」。5段階で調節できるショルダーストラップは取り外し可。AirPodsケース¥53000(予価)/プラダ クライアントサービス(プラダ) 【ディオール/マルチケース】 チェーン&ロゴのマルチケースはジュエリーいらずの華やかさ両方向にスライドするファスナーで口が大きく開くうえに、マチが広がり、縦長なスマホやカードも取り出しやすいという優れもの。「繊細なゴールドのチェーンが女性らしく、ゆくゆくはパーティやイベントにも重宝。ロゴが着こなしのポイントになるのもいいですね」。マルチケース¥99000/クリスチャン ディオール(ディオール) 【セリーヌ/スマートフォンケース】 常に目にするものだからこそ飽きのこないミニマルなデザインを「上質なレザーゆえの美しいブラウンはコーデを選ばず、デザインもシンプルで軽量。仕事はもちろん、家の中でも常に首にかけておけるので、探す手間もゼロに」。結び目を変えるだけで長さ調整ができるストラップもお手軽。スマートフォンケース(iPhoneX、XS対応)¥56000/セリーヌ ジャパン(セリーヌ バイ エディ・スリマン) 【クロエ/ボトルケース】 エコバッグの次はマイボトル!?地球にやさしい“水筒入れ”が話題にハンガリー出身のアーティスト、リタ・アッカーマンのイラストが描かれたボトルケース。「普段なにげなく持ち歩いているマイボトルもちょっと特別に。お散歩ひとつも格段におしゃれに見えそうです(笑)」。タブつきでボトルを固定できるのも便利。ボトルケース(ボトルは付属なし)¥85000/クロエ カスタマーリレーションズ(クロエ) ハイブランドのスモールレザーグッズ6選を詳しく見る 11.クリスマスプレゼントにも!ハイブランドのホームグッズ6選 【KASUMI’S VOICE】ちょっとした来客時にもひとつあるとおしゃれ。年末年始に向けて少しずつ増やしても 【ティファニー/ボーンチャイナ ペーパーカップ】 ティファニーブルーの小粋なカップはオンライン会議でも注目の的に!ニューヨークのティファニーブティックでのみ使用されている紙カップにヒントを得て作られたカップセット。「キャッチーなティファニーブルーの食器はギフトの定番。ティーカップよりカジュアルなので、普段使いしやすいのも魅力」。カップ(2個セット)¥15500/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) 【ルイ・ヴィトン/LV スイート・ライン ミュール】 旅のお供にも持っていきたい特別感たっぷりのルームシューズ「自宅ではもちろん、旅行先でホテルのスリッパ代わりに使えばいっそう気分も上がるはず。万能なネイビーは男性へのギフトにも」。アッパーはつややかなサテン素材、キルティングを施したふかふかのインソールも高級感満点。ベルベット素材のポーチつき。ルームシューズ¥63000/ルイ・ヴィトン クライアントサービス(ルイ・ヴィトン) 【フェンディ/シルクサテンパジャマ】 パジャマだけではもったいない!ときにはおしゃれ着として楽しんでもパンツはゴムウエストながら前立てがついていたりと、ただの部屋着に見えないきちんと感が。「パンツに黒のざっくりニットを合わせたり、ブラウスの下にデニムをはいて、“パジャマ風”の服として楽しんでみるのもアリ。同素材のポーチも可愛いので、これだけでも充分使えます」。パジャマ¥330000/フェンディ ジャパン(フェンディ) 【エルメス/ブランケット】 いつかは手にしたい憧れの一枚で最高のリラックスタイムを「夏でもソファでくるまりたいので(笑)、ブランケットは必須アイテム。ロゴやきれいな色なら、落ち着いた色が多いインテリアの中でも映えますし、さらっとたたんでおいてもサマになるので、一枚あると活躍します」。カシミヤ混のウールはうっとりするほどなめらか。ブランケット(135×170)¥183000/エルメスジャポン(エルメス) 【ロエベ/ルームディフューザー】 香りは全部で3種類。上質な香りに癒されて一日の疲れをリセット「くすみパステルが可愛い陶器のボトルは、お部屋のアクセントにもぴったり。同じ香りのキャンドルもあったりとバリエーションも豊富なので、シーズンごとに買い替えても」。写真のアイビーをはじめ、リコリス、トマトリーフなど全3種類。約3カ月持続。ルームディフューザー¥24546/ロエベ ジャパン クライアントサービス(ロエベ) 【ディオール メゾン/ディオールティー】 誰に贈っても喜ばれること確実!ディオール初の紅茶が大ヒットミルクとも相性のいいブラックティーの「コル ノワール」、バラのつぼみやジャスミンなどをミックスしたホワイトティーの「モンテーニュ」などフレーバーは3種。「こだわりの茶葉もさることながら、“ディオール グレー”の缶も飾っておきたくなるほど魅力的」。紅茶(右)¥6600・(左)¥6000/クリスチャン ディオール(ディオール メゾン) ハイブランドのホームグッズ6選を詳しく見る 撮影/(モデル・バッグ)赤尾昌則〈whiteSTOUT〉(財布・ホームグッズ)魚地武大〈TENT〉 ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini.〉 スタイリスト/加藤かすみ モデル/ヨンア 取材・原文/伊藤真知 構成/岩鼻早苗〈BAILA〉 ※( )内の数字は(高さ×幅×マチ)または(縦×横)で単位は㎝です ※SS=ステンレススティールの略です ※BAILA2020年12月号掲載 【BAILA 12月号はこちらから!】
  • 昨年購入したお値段以上のクオリティーのジャケットは、今年も大活躍です。 着回しコーデ、数パターンご紹介です。昨年購入して もうすでにもとはとっている(笑) ジャケット 10月末からつい最近までの コーデをご紹介onepiece:madisonblue bag:giannichiarni shoes:jcrew仕事柄、グループレッスンで人前に立つことも 多いので この時期はジャケットが大活躍します。 こちらは、お仕事コーデ 荷物は、スーツケースなので 基本的にバックは小さめバックで 貴重品のみというパターンが多いです。tops:uniglo skirts:bluebirdboulevard bag:andreacardone少し肌寒くなってきたので タートルネックに タイツ&ブーツ こちらもお仕事コーデです。 トップスとスカートが 同色のくすんだベージュなので 足元は濃いブラウンで引き締めます。 ジャケットがネイビーなので バックもネイビーにして統一感をだし バランスをとりました。tops:redcap skirts:loungedress bag:celine shoes:nikeこちらは、車でサクッとおでかけコーデ ネイビーにイエローの小物を合わせるのが 個人的に好きです。 ラウンジドレスのスカートは 昨年のセール戦利品です。 オフの日は、先日ブログにもかいた カスタマイズしたNIKIのスニーカーが大活躍です。 onepice:elendeek bag:giannichiarni shoes:jcrewこちらもお仕事コーデ ワンピースも 以前ブログでご紹介した エレンディークのものです。 前後2WAY ボタンを全部あけて羽織としてもつかえるので 3WYなので 本当に活躍しています。 シーズン初めに予約購入してよかったワンピースです。 ご紹介した ジャケットは 「BRACTMENT」のものです。 今期も同じジャケットがでているようですので ご参考までにリンクはっておきますね! 『BRACTMENT(ブラクトメント)』 BM T/W BOXY W ジャケット コートを変えるようなお値段のジャケットは 躊躇しますが、 2万円台前半で お値段以上のクオリティーのジャケットです。 少しでも参考になれば幸いです。 My Insatagram←←←♡パーソナルスタイリストMaco Style ブログ←←←♡美女組No.100Macoのブログ
  • [ LOOK ]
  • どんな時代もリップメイクは楽しみたい! 洗練顔⇔甘顔など、1本のリップで印象をスイッチする塗り方を、「MAQUIA」12月号からご紹介します。 1本2役で使いこなす旬リップがあれば私、自由自在 老若男女問わず好感度バツグンGLOSSY LIQUIDグロッシーリキッドぷるんとツヤやかで潤いに満ちた唇は生命感ある美しさの象徴。スティックよりカジュアルな抜け感があり、グロスより発色良く軽やか。どんなシーンでも映える! SUQQUコンフォート リップ フルイド グロウ 03 ¥5000塗るだけで誰でも、大人の可愛さを自然と醸し出せるコーラルピンク。しっとりとしたツヤ感と柔らかな色が女っぽい。 LOOK 1 柔らか薄見せづけコンシーラーで唇の色をおさえてから指でポンポン塗り。仕込みで引き算しておくと薄づきに見えて軽やかな印象に。淡い色の服とも相性よし。 LOOK 2 ぷっくり膜感づけ丸みが出るように直塗りして、唇に膜を張ったようなビニール感を出すのがポイント。唇が薄めの人は、多めにたっぷり塗ってボリュームアップを。 A ほどよい粘度で唇にピタッと密着。微細なラメで顔映りも華やかに。エスプリーク ヴィニルグロウ ルージュ BE300 ¥2300(編集部調べ)/コーセー(12/1発売) B ありきたりにならない、洗練度の高いヌードベージュ。ルージュ アリュール ラック 62 ¥4200/シャネル(10/23発売) MAQUIA 12月号撮影/吉田 崇〈まきうらオフィス〉(モデル) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/KUBOKI〈Three PEACE〉 スタイリスト/黒崎 彩〈Linx〉 モデル/鈴木えみ(マキアミューズ) 取材・文/小林瑞季 構成/山下弓子(MAQUIA) ※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。
関連キーワード

RECOMMEND