今月の話す人:杏/お題:恐竜はお好きですか?

SPUR.JP

女優の杏さんと画家の山口晃さん。インドアが好きなおふたりの連載ですが、ふたりの妄想は膨らみ、話題は「恐竜」へとワープ。国立科学博物館で開催中の『恐竜博2019』(10月14日まで)のレポートも。

すずしいぞー!

山口さんからのお返事は9月号をチェック

Amazonで購入する(外部サイト)

楽天ブックスで購入する(外部サイト)

セブンネットショッピングで購入する(外部サイト)

杏さん、山口晃さんへのお便りはこちら:

room_a@shueisha.co.jp

あん●1986年東京都生まれ。モデル・女優。TBS系「世界遺産」(毎週日曜18時〜)でナレーターを務める。

SOURCE:SPUR 2019年10月号「杏と山口晃の談話室A」
illustration & text:Anne edit:Michino Ogura

関連記事
  • 「今度パリコレに初挑戦するんです」と編集部でうれしそうに教えてくれたHANAKA。モデルを応援し続けるSPURは、パリでの約3週間、彼女を追いかけました。想像を絶する悔しさを抱えたときもありました。何度も電車で泣いたそう。それをそばで見ていたからこそ、ニナリッチのランウェイにHANAKAが登場した瞬間はこちらがうれし泣き。SPUR版"パリコレ学"とも呼べそうな奮闘記、ぜひ読んでください。モデルたちはみんな、必死で頑張っているのです。 SPUR1月号「HANAKA、パリコレはじめて物語」を試し読み(外部サイト)
  • 「増税後の世界って、どうなるのでしょうか。いっそ、どーんとお買い物している人の話を聞きたい‼」と編集会議で話題に。サステイナビリティの機運を受けて、単にモノを買うのではなく、愛を込めてお買い物し、大切にしていくという精神を大事にしたい。作家・朝吹真理子さんが教えてくださったイシカワの洋服ブラシはまさにそんな逸品です。SPUR1月号の本企画ではSPO<すぐ・ポチる・オンナとオトコ>もハイエンドバージョンで登場。目指すは、刹那とサステイナビリティです! SPUR1月号「あの人のお買い物実録」を試し読み(外部サイト)
  • SPUR1月号、編集者人生で初のドローン撮影に挑戦しました。撮影したのは、特集1ページめの家族大集合のカットとメイキング・ムービー。ドイツ出身のモデル二人は、この日が初対面にも拘らず、楽しそうにおしゃべりしながら、山里での暮らしのシーンや、田んぼの中を駆け抜けるシーン、動物と戯れるシーンなどを演じてくれました。気が付けば、待ち時間には、ロケ場所の犬と遊んだり、落ちた柿を拾って食べていたり。「ひょっとして住んでます?!」と聞きたくなるなじみっぷりに、連れて行ったこちらが驚いてしまいました。そのリラックス感が、 誌面やムービーにもよく出ています。ぜひご覧ください! SPUR1月号「ぽつんとモダンファミリー」を試し読み(外部サイト)
  • SPUR1月号の本企画、モデルとして登場してくれたのは、スーパー・モデルのユミ・ランバート。 久しぶりの来日にも関わらず、記憶の中と全く変わらぬ美貌とフレッシュさに、 撮影スタッフ一同驚きました。しかも、感動したのはモデルとしての抜群の 勘の良さ。「私の仕事はあなたたちにインスピレーションを与えることでしょ」 と、思いもよらぬ表情や仕草で、想像以上の写真を撮らせてくれる彼女は、まぎ れもなくスーパー・モデル。数々のモデルと仕事をしてきた敏腕ファッション・ ディレクターの口から、思わず「あなたがナンバー1!」という絶賛コメントま で撮影中に飛びだしたという今回の特集。ぜひお楽しみください! SPUR1月号「首元に、いつも冒険を」を試し読み(外部サイト)
  • 各都市に担当が散って取材をした2020年春夏コレクション、戻ってきて打ち合わせをしたところやはりどの都市もいままででもっとも「サステイナブル」という単語が出てきていたという声が上がりました。11月22日発売のSPUR1月号では「モードの"ベル・エポック"を求めて」と題し、冒頭ではティファニー・ゴドイさんにサステイナビリティとファッションについて解説していただいています。写真はルイ・ヴィトンのショーのフィナーレのニコラ・ジェスキエール氏。「ベル・エポック」というキーワードを着想源のひとつに掲げたコレクション、再生可能な素材での会場づくり、そして大きなスクリーンに写し出されたアーティスト・SOPHIEのパフォーマンス。これからの気分を見据えたショーとなりました。  SPUR1月号「モードの「ベル・エポック」を求めて」を試し読み(外部サイト)
  • SPUR1月号の「“ワン”ダフル開運財布」特集、年末までにお財布を買い替えたい!という方は必見です。変化の大きい年と言われている2020年は願望をかなえるためのアクションを取るにはうってつけ。SPURではおなじみ、真木あかり先生にそのポイントをレクチャーいただきました。導き出された4つのポイントを、イラストレーター、foxcoさんが描くおばけ犬とともにお届けします。 photography: Daisuke Kusama〈impress-k〉個人的に気になったお財布は、こちらのエルメスのもの。「丁寧な生活を送りたい」という願望をブーストしてくれます。真木先生による「落ち着いたカラーや、ゆとりのある収納力が幸運をつかむきっかけに」というありがたいお言葉を体現する、理想の一点です! 外側は上質なカーフレザー、内側には華やかなシルク生地が配されていて、持っていると心が弾むアイテムです。たっぷりとした14ポケットも収納力抜群。 また、守護星別の開運財布もあわせてご紹介しています! パーソナライズされたポイントから選ぶのもおすすめです。おばけ犬ゆるっと癒されながら、ぜひ新年に向けて財布を一新しましょう! SPUR1月号「“ワン”ダフル開運財布」を試し読み(外部サイト)
  • 「化粧品でシワが改善できる」と謳う医薬部外品の認可を取得した抗シワ美容液の登場からおよそ3年。今年、さらに機能に富んだシワ改善コスメが登場しました。例えば、ディセンシアのアヤナス リンクルO/L コンセントレート。肌表面に刻まれた線状のシワと肌内部が原因の面状のシワのふたつに同時にアプローチし、さらに敏感肌にも負担が少ないオイル状のテクスチャーを実現しました。このような革新的なプロダクトをビューティプロの声とともに紹介するSPUR1月号「栄光のベスト・オブ・スキンケア2019」。私の肌の未来は明るい、と信じられるプロダクトばかりです。 SPUR1月号「栄光のベスト・オブ・スキンケア2019」を試し読み(外部サイト)
  • SPUR1月号の「ポストサイケ、はじまる」、すごいです。秋冬はネオクラシックがトレンドである、と言われていますが、そことは距離を置いた、サイケデリックの進化版! 色が溢れ、エネルギーが渦巻くような。2020年は絶対このムードが来ます。というか、じわじわもう来てます。おなじみのドリスやマルジェラに、若者に大人気のエコーズラッタからアサイ、コリーナストラーダまで。縦横無尽にブランドをミックスし、未知の5ルックをスタイリスト浜田英枝さんが構築しています。しかも今回、スタイリングにかけた浜田さんの想いを5000字インタビュー。その熱量たるや半端なく、モード大好きな読者のみなさんはもちろん、スタイリストを志す方にもぜひ、読んでいただきたい! 『情熱大陸』ばりのエネルギッシュな長文をお楽しみください。 Photography:Takako Noel撮影を手がけたのは、自身も「ポストサイケ」なファッションを楽しんでいるフォトグラファーのタカコ・ノエルさん。これは惜しくも掲載できなかったアザーカットです。どこにどんなブランドのアイテムを使っているのか、ぜひクレジット含めてじっくり読み込んでみてください。 SPUR1月号「ポストサイケ、はじまる」を試し読み(外部サイト)
関連キーワード

RECOMMEND