「プログレ」派ってなんだ? (編集H)

SPUR.JP

毎年この時期になると気になり始めるのがニットですよね。展示会を巡っている時にも素敵なニットがたくさん登場していました。SPUR11月号企画「ニットでおしゃれ真剣勝負」では、その中から選抜されたニットを「プログレ」、「スタンダード」、二派に分け、バトル形式で紹介しています。

「プログレ」と聞くと、「あの音楽ジャンルのプログレ……?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、少し違います。ベーシックなニットと同じくらい、色やパターンが個性的なニットが多かったため、そのデザインを象徴するワードとして進歩的、革新的を意味する「プログレッシブ」というワードをチョイスしました。ぜひ誌面でその「プログレ感」を楽しんでいただければと思います!

写真はプログレを代表するニットを素敵に着こなすモデルのAlya。チョイスしたニットはアレクサ・チャンです。首元には同じ編み地で作られたマフラーを合わせています。誌面では全て写っていないのですが、実はマフラーがかなり長いんです。細身のマフラーですが、巻き方を自由に楽しめるのがポイントです。見せる部分で印象が変わる楽しみがあります。

他にも秋の装いがグッと楽しくなるニットと、スタイリングのヒントが満載の企画になっていますので、ぜひご覧くださいね。

SPUR11月号「ニットでおしゃれ真剣勝負」を試し読み(外部サイト)

関連記事
  • 佐藤勝利「彼の冬小物、彼と冬小物」大好きなキミと。あったかさを半分こ、幸せは2倍。佐藤勝利の“シェア”事情実際に佐藤さんと冬小物をシェアするなら、どんなものをどんなふうに楽しんでくれるの? 小物、洋服、時間……シェアにまつわる男子のホンネ。Q.女の子と小物をシェアするのってあり?「恋人同士で服や小物をシェアするのは特別なことではない気がする。冬のデートで寒い時に彼のマフラーや手袋を借りる、彼の家に泊まりにいった時パジャマ代わりにTシャツを借りる、そういうことも普通にあるだろうし。あと、大きめのメンズアイテムを身につけている女の子ってなんか可愛いんですよね。ブカブカのTシャツ、指先が余った手袋。つま先が余ったソックス……そういうのを見ると、当たり前だけど『あ、女の子なんだな』ってあらためて思うというか。実はSexy ZoneのライブTシャツには“彼氏から借りたTシャツ感”を裏コンセプトに少し大きめに作ったものもあったりするんです」(佐藤さん、以下同)Q.「これだけはシェアしたくない」と思うものはありますか?「シェアには恋人同士の温度も感じるというか。学生時代、先輩や彼氏のマフラーを巻いて登校する女の子をよく見かけて、そんな恋人関係に『いいな』と憧れたこともありました。まあ、憧れたところで僕はもう学生には戻れないけれど……(笑)。だからこそ『これはイヤだ!』と思うものは特にないかな。あっ、外にはいていくソックスは『ちょっと……』と思うかもしれない。ルームシューズ感覚の厚手のソックスとかならまだしも、デイリーにはくソックスは下着に近いような気がして。僕がイヤというよりも、相手に申し訳ない気がして(笑)」Q.実際にシェアすることはありますか?「僕には年の離れた兄姉がいるんですけど。学生時代はおしゃれな兄のジャケットやコートを借りて出かけたこともありました。勝手に着て怒られたことはあるか? いや、ないですね(キッパリ)。兄だったら、怒るどころか『寒くなくてよかったね』と言ってくれると思う。佐藤家はみんな本当に優しいんです。わが家は姉、兄ふたり、僕、と子供が多かったから、幼い頃からおさがりが当たり前。それは全然イヤじゃなかった。姉の服を着た女の子みたいな僕の写真も残っているんですよ(笑)。シェアに抵抗がないのは、そんな環境で育ったのも大きいのかもしれないです」Q.佐藤勝利と“時間”をシェアするなら?「僕、忙しいですからね(笑)。休日もボンヤリ過ごすのがもったいなくて、家から一歩外に出たいと思う、わりとアクティブタイプなんです。冬、デートするならドライブがいい。車なら愛犬のチャイも一緒に出かけられるし。行き先は横浜とかもいいですよね。年末年始のにぎわう街を眺めながら車を走らせたりして。家デートなら確実に、ずっとハマっている料理の腕前を披露します。カッコつけて、おしゃれなパスタとか作るんだろうな(笑)。料理はひとりで作っちゃいます。自分のペースがあるから。車の運転はふたりでしない、それと同じです。遊びに来てくれたからには“おもてなし”したいし。食後はお酒を飲みながら一緒に映画を観るのかな。『何を観る?』って相談する時間すら楽しいんだろうな」>>【Part1】佐藤勝利(Sexy Zone)「彼の冬小物、彼と冬小物」。女の子と小物をシェアするなら? ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/石田真澄 ヘア&メイク/NOBUKIYO モデル/佐藤勝利(Sexy Zone) スタイリスト/小松嘉章(nomadica) 取材・原文/石井美輪 構成・企画/渡部遥奈(MORE) 
  • 上品ベーシックな私服スタイルが人気のエディター、三尋木奈保さん。マンネリしがちな冬の着こなしをアップデートする私的ワザを取材!エディター・三尋木奈保エディター・三尋木奈保きちんと感と女らしさを軸とした私服スタイルにファン多数。スタイルブック『マイ ベーシック  ノート』(小学館)シリーズが累計18万部を記録メソッド04 夏の薄軽ボトムを冬も!素材のメリハリ効果を活用数年前まで冬にはウールのボトムがあたりまえでしたが、今は冬でも、夏っぽい薄軽ボトムで通すのがおしゃれの主流に。 「地厚なニット×夏っぽボトム」の組み合わせは、簡単にメリハリがついて着こなしがサクッと決まるんです。40代としては、厚ぼったいウールのボトムは地味見えの危険もありますよね。ツヤやとろみのある薄手ボトムのほうが、女っぷりが確実に上がります。 ここでは、昨年の夏に着ていたボトムの冬の活用法をご紹介。こうして並べてみると、夏も冬もそれぞれの配色が変わらないのが私らしい……(笑)。サーモンピンクのスカートはシャギーニットでより華やかに 「夏の間はTシャツをさらっと合わせて、甘さ控えめに着ていたピンクのスカート。冬はスカートの女っぽさをそのまま生かして、シャギーモヘアのカーディガンでフェミニン度マックスに。うんと寒い日に、こういう甘やかな着こなしをすると気分が上がります(笑)」SKIRT:ebure KNIT:Whim Gazette BAG:BOTTEGA VENETA SHOES:PELLICO EARRINGS:TIFFANY&Co. BRACELET:TIFFANY&Co. BANGLE:TIFFANY&Co. NECKLACE:MARIHA肌見せできない冬は薄手ボトムが抜け感の役割に 「夏にコラボで作らせていただいた思い入れのあるスカート。透け感のある薄手シフォンを、こうして冬も堂々と着られるなんてうれしいかぎり。いい時代になったものです♡ 黒ベースの着こなしも、ボトムが軽やかだと重くならずに女っぽさをキープできますね」SKIRT:l'heritage martinique KNIT:Drawer  STOLE:Ballsey BAG:BOTTEGA VENETA SHOES:JIMMY CHOO BRACELET:TIFFANY&Co. BANGLE:TIFFANY&Co.ツヤ素材のフレアパンツはリッチなワントーンでまとめて 「太めパンツは地厚な素材だと"おじさん"ぽくなりがちですが、ツヤのあるてろりん素材なら柔らかく上品な印象に。ベージュタートルでリッチ感を加速」。サングラス¥34,000/モスコット トウキョウ(モスコット) ネックレス¥67,000/マリハ 伊勢丹新宿店(マリハ)(アイヴァン)PANTS:STATE OF MIND  KNIT:AURALEE STOLE:Johnstons of Elgin BAG:ZANELLATO  SHOES:JIL SANDER EARRINGS:TIFFANY&Co. WATCH:Cartier 真っ白なナイロンスカートが冬スタイルを活性化 「白スカートはパリッとしたハリ感素材。ざっくりニットに合わせると、素材感のコントラストがすごく映えるんです。以前はナイロンのスカートを冬にも着るなんて考えられなかったけど、ファッションの自由化を感じますね。自分らしく時代の変化を楽しみたいもの!」SKIRT:ebure KNIT:GALERIE VIE STOLE:Johnstons of Elgin  BAG:FLYNN  SHOES:DEIMILLE EARRINGS:LECOLLIER BRACELET:TIFFANY&Co. BANGLE:Vaid※価格表記のないものはすべて本人私物です【Marisol 2月号2021年掲載】撮影/須藤敬一(人物・ロケ物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/神戸春美 スタイリング協力/松村純子 文/三尋木奈保
  • 誕生日には今後の1年への決意もこめて、自分に贈り物をするという習慣がなんとなく定着してきました(ただのお買い物の言い訳とも言います)。誕生日に限らず、特別な日に自分のために買いたいもの……いろいろあるのですが、私の場合はいつもエルメスの「カレ」(シルクスカーフ、私は90cm×90cmのスタンダードなタイプが好きです)が第一候補で、少しずつではありますが、「これ素敵」となった柄のものを以前よりコツコツと集めています。 今年の誕生日に「俺へのプレゼント」、略して「オレゼント」に選んだのは「シュヴァル・ドゥ・フェット」柄のカレ。春夏の新作です。柄は、50年代~70年代のポーランド派の映画ポスターのオマージュとのこと。ヤン・バイトリク氏のデザインです。中央に配された馬と、ロゼットのモチーフがとてもグラフィカルにアレンジされています。カラフルな色使いもとても好みで、見せていただいた瞬間に「これください」となっていました。巻き方によって印象がかなり変わるのも素敵です。大体、首元にふんわり巻くか、頭にターバンのように巻くというアレンジが多いのですが、目を引くスタイリングのポイントになってくれそうで楽しみ。 保存 開いてみたところはこのような感じ。馬というメゾンならではのモチーフと、モダンな色の組み合わせが本当に素敵! 実は、即決した理由はもうひとつありまして、カラフルな柄のベースに敷かれていたのが紫だったこと。(すみませんここから謎のオタクトークが始まります……)昨年あるグループのメンバーのファンになり、現在絶賛おしゃれなメンカラ紫(メンバーカラー・メンバーごとに割り振られたイメージ色です)を探し求める旅に出ているのですが、こちら、ベースが濃いめの紫なのです。面積は少ないけれども、カラフルな色(他のメンバー)を自然に包み込む感じが当推しのイメージと通じる気がする(いつもふざけているけど実はメンバーのことちゃんと見てるみたいな、そんな感じなのですよ)……と勝手に気持ちが盛り上がってしまいました。 今まで人生の節目で自分に贈ってきたカレも、それぞれにとても思い出のあるものです。手に取るだけでその頃のことを思い出せる、そんなコレクションを続けていくのも素敵かなと思っています。 保存
  • ヘア&メイク paku☆chan&編集部オススメ! 春新色 注目NEWSとっておきの新作情報をお届け! NEXTトレンドをいち早く取り入れて春顔を楽しんで。下まぶたメイクを、マスク生活のアクセサリーに「マスク生活で変わり映えしないアイメイクには下まぶたにカンフル剤を! 下まぶたにポイントをおくだけで、ぱっちりデカ目&脱マンネリ顔が叶います」(paku☆chanさん、以下同)❶下まぶたの余白を埋めて、小顔見せ。ケイト パーツリサイズシャドウ BR-1(2/1発売)¥1200(価格は編集部調べ)/カネボウ化粧品 ❷下まぶたのくすみをカバーしながら、自然な陰影を与えて目もとの印象を大きく。アンダーアイライナー(全1色、1/22発売)¥2500/イプサ大人っぽさUPなら、パープルピンクがイチ押し「この春のパープルピンクはただ可愛いだけじゃない! 上品なのはもちろん、自立した大人っぽい印象に。“あれ、いつもよりキレイ!”ってほめられる可能性大」❶日本の桜からインスパイアされた濃淡パープルパレット。サンク クルール クチュール 849(2/11〜限定発売)¥7600/パルファン・クリスチャン・ディオール ❷ペールトーンのパープルが透明感のある目もとに。まぶたにぴったり密着するしっとりテクスチャー。ヴォランタリー アイズ EX08(1/8〜限定発売)¥2000/セルヴォーク ❸光を含んだくすみマット。ひと塗りなら透け感のある仕上がりに、重ね塗りならドラマティックに。アイグロウ ジェム PU100(1/16発売)¥2700/コスメデコルテ眉マスカラは、マットなアッシュグレーが新しい「マスク&リモート生活に欠かせないのが目力。いつものアイメイクに眉の存在感をプラスするだけで完全無欠♡ アッシュグレーならふんわり毛質が柔らかく見えて、おしゃれな雰囲気に」❶やわらかなワックス剤が自然な立体感を演出。ブラウンがきいたグレー。ブロウ スタイリングクリーム 303(1/16発売)¥3000/コスメデコルテ ❷高発色で時間がたっても落ちにくい。なじみ度抜群のオリーブグレー。ケイト 3Dアイブロウカラー GY-1(Web限定色)¥850(価格は編集部調べ)/カネボウ化粧品 ❸柔軟性の高いコーティング剤がしなやかな毛流れに。ダークブラウン。アドバンスドアイデンティティ アイブラウマスカラ 04(1/13発売)¥3200/THREE ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/寺田茉布(LOVABLE/人物) 河野 望(製品) ヘア&メイク/paku☆chan(Three PEACE) モデル/内田理央 スタイリスト/辻村真理 取材・原文/佐藤 梓 構成・企画/芹澤美希(MORE) ※掲載商品については変更等の可能性があります。メーカーHP等で最新情報をご確認ください。
  • スタイリスト徳原文子さんの冬のおしゃれを拝見! “好き”を更新して、“自分らしさ”に落とし込むコツは?ファッション業界の第一線で活躍するスタイリスト&ライター。自分の「好き」の核を大事にしながら、トレンドを吟味し「自分らしい」スタイルに落とし込むテクニックはさすが。彼女たちのおしゃれのマイルールを徹底取材! ※価格表記のないものはすべて本人私物です■スタイリスト 徳原文子さん 今年の「ラクして女らしい」はスカート+ツヤでかなえる 「ほぼ一択と言っても過言ではないほど、ロングスカートは私のワードローブの中心アイテム。歩き回る仕事柄、ペタンコ靴を合わせることが多いので、そこにどう今の気分や女っぽさを取り入れるかでスタイルを更新しています。今年のスカートは、ボリューム抑えめでスッキリと大人っぽいものが気分。スカートそのものや合わせるアイテムにツヤを足し、ひとさじの華やかさや高揚感を盛ったスタイルに惹かれます」SKIRT 1BLAMINKのプリントスカート甘すぎない大人ピンクのツヤ×柄スカートを主役に ツヤと柄が共存したスカートは、一枚でスタイルが完成する主役級の存在感。抽象的な柄は幅広いテイストの服に合わせやすく、大人が着ても痛く見えない上品なピンクの色みも秀逸。「シルクをたっぷり用いた贅沢な一枚で、夏はTシャツに合わせるなど通年使えるので投資の価値ありと購入」。異素材を重ねた黒コーデに一点きかせたのがポイント☆スカートでツヤをプラス! KNIT:AURALEE COAT :ChaosBAG:AetaSHOES:Rupert SandersonTURBAN:La Maison de LyllisSKIRT 2SHAINA MOTEのナロースカート今年らしいナローシルエットでツヤ感スカートをアップデート 「ツヤが控えめで取り入れやすいバックサテンのスカートは、ナローシルエットで今年らしさも満点。スタイリングの仕事で何度もお世話になり、あまりに使えるので自分でも購入しました。柔らかさもあり、とにかく軽いので、着ていてストレスフリーなのもうれしい」。シャギーコートでワントーンにまとめつつ、ウールカシミアのストールをさし色に。☆スカートでツヤをプラス!TOPS:HYKE COAT:ATON BAG:SITA PARANTICA FLRD SHOES:Golden Goose SCARF:HERMÈSSKIRT 3 AURALEEのタイトロングスカートすっきりタイトシルエットを生かし大人のカジュアルスタイルに 「ここ数年はふんわりとボリュームのあるロングスカートばかりが多かったので、タイトなシルエットになるだけでぐっと新鮮。ウール素材のスカートには、ナイロンのブルゾンでツヤ感をプラス。ハイテク系のスニーカー合わせのカジュアルコーデも、どこかソリッドで大人っぽい雰囲気に仕上がります」。パールネックレスでさりげなく女っぽさも投入。☆コートでツヤをプラス!TOPS:AURALEE BLOUSON:VERMEIL par iéna BAG:J&M DAVIDSON SHOES:sacai ×NIKE NECKLACE:TIFFANY & Co.他のスカートを見る私たち、もっと「スカート上手」になりたい!【SHOP Marisol】▶【Marisol2021年2月号掲載】撮影/黒沼 諭(aosora)魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/沼田真実(ilumini.) 取材・文/塚田有紀子
  • もともと引きこもり気質&寒がりなので、冬のステイホームは全く苦になりません。でも子どもは風の子。うちの3歳男児はずっと家にいるのが苦痛でしかないようです。特に保育園を登園自粛させる日や週末は、いかにして体力を消耗させるかが課題。幸い近所に大きな公園があるので、やれやれと重い腰を上げて週3日は彼の外遊びに付き合っています。 3歳ってまだまだ赤ん坊に毛の生えた程度だと思っていましたが、子の成長をみくびっていました。ここ数ヵ月で運動能力が格段にアップしており、見失わずに付いていくにはこっちもわりと本気出さないといけなくなってきたんです。そうなると自分の服装も身軽で動きやすいものに限る。これまではかっちりとしたロングコートでも余裕でしたが、子どもとの外遊びにはもっと軽量なアウターが必要だと痛感しました。 軽くてあったかい冬の定番といえばダウンですが、別にハードなアウトドアをするわけじゃないし、所詮は都内の公園。本格的なダウンよりも気軽でオシャレな一品を求めて、あらゆるオンラインサイトを巡りヒットしたのが「The Frankie Shop(フランキーショップ)」のキルティングジャケットでした。 フランキーショップといえばNY発の人気ブランド。ミニマルかつほどよくモードなアイテムが数多くそろっていて、価格もお手頃なんです。さらにインスタで「#frankiegirl」のハッシュタグで検索すると、世界中のファッショニスタによるリアルなスタイリング画像がたくさん見られるのもポイント。試着せずにオンラインで服を買うことにはやはり抵抗があるものの、このフランキーガールたちのルックのおかげでイメージがつきやすく、ポチりのハードルはかなり下がります。 というわけで先述のジャケットを購入し、私もこのたび晴れて「#frankiegirl」デビューしました! 決め手はポンチョのようなシルエットとノーカラーのすっきりした首もと。ミリタリーライクなキルティングジャケットがフェミニンに昇華されています。オーバーサイズなのでエフォートレスに着こなせるのも魅力ですし、寒さの厳しい日は中にアウターを仕込んでもごわつきません。それにとにかく軽くて動きやすい! このジャケットのおかげで週3の外遊びも軽快に動けるようになりました。大満足の初買いに心も体もホクホクしております。 >>母は賢くおしゃれする「おしゃれママと考える明日のモード」 - マガジントピックス | SPUR >>ヴィーガンパンってこんなに美味しいの!? #深夜のこっそり話 #1352 >>今必要なのは、センスのいい花と花器 #深夜のこっそり話 #1345 オーバーサイズなので、寒い日は中にもう1枚アウターを仕込んでも余裕です。
  • 佐藤勝利「彼の冬小物、彼と冬小物」。女の子と小物をシェアするなら?大好きなキミと。あったかさを半分こ、幸せは2倍。マフラーも手袋も、一緒に使えばキミのぬくもりまで伝わってくる気がして……。寒い夜も特別な夜に変わる。そんな、とっておきの“もしも”の話をSexy Zoneの佐藤勝利さんとお送りします。(MORE2月号掲載企画)佐藤さんが実際にシェアしたいグッズを選んでもらったら「えー迷うなぁ、だって女の子が使いやすいほうがいいもんね……?」と、優しい目線で選んでくれたアイテム集。(右)『クリード』のスエード調ショルダーバッグ(中)『フィルメランジェ』のミトン(左)『ルーマー』のチェックマフラー[バッグ]ストラップの結び方で長さが調整できるのでシェアにぴったり。中にポケットつき。¥6900/クリード プレスルーム(クリード)[マフラー]「高校生の時に戻ったみたいな、エモい気持ちになれそうなチェックにひかれました」(佐藤さん)。¥19000/アルファ PR(ルーマー)[ミトン]指が出せるタイプなのでスマホも触れる!¥15000/フィルメランジェ(奥右)『メゾンバース』のニット帽(奥左)『クリード』のネックポーチ(手前右)『コーギー』のボーダーソックス(手前左)『パンセレラ』の厚手ソックス[ニット帽]折り返し部分が大きく小顔効果も。¥9000/シアン PR(メゾンバース)[ポーチ]「この大きさならシェアしても中身の入れ替えがラクそうでしょ?(笑)」(佐藤さん)。¥4200/クリード プレスルーム(クリード)[ボーダーソックス]パンツの裾からチラリとのぞかせて。¥3800/ホームステッドリミテッド(コーギー)[白ソックス]くしゅくしゅさせてこなれ感を。¥3400/真下商事(パンセレラ) ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/石田真澄 ヘア&メイク/NOBUKIYO モデル/佐藤勝利(Sexy Zone) スタイリスト/小松嘉章(nomadica) 取材・原文/石井美輪 構成・企画/渡部遥奈(MORE)
  • Gianni Chiarini じわじわブームの予感☆こんにちは。 あっという間に1月も終盤ですね。 春が待ち気分なピンクベージュのバッグ 新しく仲間入り。Instagram: @giannichiarini_jp アリファS 今からコーディネートにも取り入れてます。Knit:Uniqlo Onepiece:Techichi Shoes:GU去年買った、Johnstonsのマフラー 今年も活躍♪ お読みいただきありがとうございました。➡My instagram(@maris_tk)No.165 Mariko
関連キーワード

RECOMMEND