彼女の人生は、楽しみに満ちて「レディM:令和の女」

SPUR.JP

新時代の女性・レディMは自分の人生を愛している。仕事に打ち込み、世界を飛び回り、休日は緑の中で家族や愛犬とくつろいで。彼女が身を包むのはクラシック・モード、だけどその下には自由でインディペンデントな精神がのぞいている。

「はじめまして」のネイビー

ドレス¥1,055,000・イヤリング¥89,000・ブレスレット¥280,000・ブローチ¥78,000・バッグ¥487,000・パンプス¥90,000/シャネル

初対面の人から安心と信頼を得るために、彼女が選ぶのはネイビー。ミディ丈のドレスは丸襟やボレロを羽織ったようなフロントのデザイン、スカート部分のカッティングなど「まるい」ディテールが、モードかつやさしい雰囲気を演出する。雪の結晶のブローチとクリアバングルで自分らしさを。

ストライプジャケットで颯爽と

ジャケット¥163,000・ニットトップス¥56,000・スカート¥102,000・スカーフ¥43,000・バッグ¥108,000・ブーツ¥158,000/マックスマーラ ジャパン(マックスマーラ)

90年代ムードを漂わせるチョークストライプのジャケットが、凛としたまなざしによく似合う。ロング丈のジャケットにミニスカート、ロングブーツでアクティブに。首元にさっとあしらった鮮やかな色のスカーフが彼女のトレードマーク。

彼女が選ぶのは、モダン・パール

ドレス¥208,000・ブローチ¥55,000(ともに予定価格)/ドルチェ&ガッバーナ ジャパン(ドルチェ&ガッバーナ)「ノット ピアス」〈K18YG、淡水真珠〉¥580,000/TASAKI(M/G TASAKI)

まろやかな真珠の輝きを愛するレディM。ブルーグリーンのドレスをまとったその横顔にはイエローゴールドがしなやかに結び目を形づくるモダンなピアスが輝いて。

しあわせの黄色をまとって

ケープ¥804,000・ドレス¥225,000(ともにヴァレンティノ)・帽子¥101,000・ブーツ¥143,000(ともにヴァレンティノ ガラヴァーニ)/ヴァレンティノ インフォメーションデスク

イエローは彼女のラッキーカラー。ウールのケープに、同色のドレスを身に着ければ自然に体がリズムに乗って動き出す。ふわりと広がるシルエットが美しい。

愛犬とたわむれる日曜日

カーディガン¥61,000(予定価格)・ブラウス¥64,000・パンツ¥64,000・靴¥50,000/トリー バーチ ジャパン(トリー バーチ)「シェル ピアス」〈K18YG、淡水真珠〉¥380,000/TASAKI(M/G TASAKI)

休日は、緑の中で思う存分愛犬と触れ合う大切な時間。フリルブラウスに重ねたトマトレッドのカーディガンは愛犬のリードの色とお揃い。

自分に自信をくれる唯一のコート

コート¥539,000・中に着たレザージャケット¥476,000(参考価格)・ベルト¥59,000・バッグ(ストラップつき)¥365,000・パンプス¥138,000(参考価格)/ジバンシィ表参道店(ジバンシィ) ストッキング/スタイリスト私物

トラスティな装いのための、とっておきのコート。さりげないビッグショルダーとポケットのディテールがアクセント。ベルトをきゅっと締めて、彼女は今日も自分の人生へと漕ぎ出す。

>商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら

SOURCE:SPUR 2019年10月号「レディM:令和の女」photography: Masanori Akao〈whiteSTOUT〉 styling: Yuuka Maruyama〈makiura office〉 hair: JUN GOTO make-up: NAOYUKI WATANABE〈3rd〉 model: Yuna Mori 

 

関連記事
  • デイリー使い出来そうなオレンジ・ブラウン系に、パーティーでも使える万能パレット! こんにちは。 今年もたくさんクリスマスコフレが出ていて、 欲しいものがたくさんあり、何かいいかな~と思っていたところ、 11月8日(金)発売のLUNASOL ルナソル ホリデーフェイバリット2019 をゲットしました! 仕事終わりに渋谷ヒカリエの店舗に行き、購入出来ました♡ アイテムは 〇ルナソル アイカラーレーション EX03 〇ルナソル ドレスフォーリップス (グロス)EX01      ムーンリットダスト 〇ルナソル スキニーカラーグロウ EX01       ジュニバーベリー 上記3点と、ラメポーチが付きます♡ アイカラーはパキッとした発色のいいオレンジに、 今季大活躍のブラウンの締め色、 パープルとピンクのラメがこれから時期に使えそうなパーティーメイクにも合いそう♡ ラメも重ね付けしやすいカラーなので、 どんなメイクにも合わせやすそうです♡ 友人の結婚式のメイク♡ 早速アイカラーを使ってみました! ラメはキメが細かく、重ねても重くならないので、私はベージューやブラウン系のアイシャドウの上から重ねて使ってみましたよ^^ 締め色のブラウンも、発色がいいので、目がくっきり見えます。 わかり難いですが、涙袋には少しピンクのラメをいれました! リップグロスや、チークも使ったらレポします♡ 新しいコスメって心が躍りますね^^ インスタも良かったら♡ @hatase_ai
  • シャツジャケット¥6472/ベルシュカ・ジャパン カスタマーサービス ニット¥2490/GU(一部店舗のみで販売) スカート¥3980/ViS バッグ(ポーチつき)¥1515/GRL(グレイル)  iPhoneケース¥8000/PARK CREATION(ajew) 靴¥2490/GUトレンドのサテン調スカートはブリックレッドできれいめな上品さとおしゃれ感のいいとこ取り♡ 歩くたびにふわっと揺れて気分も上がるも嬉しいポイント。スカートを主役にしたいからアウターとニットは白っぽくまとめて、可愛げと好感度も同時にゲット。モデル/鈴木ゆうか 撮影/川原崎宣喜 ヘア&メイク/河嶋希(io)  スタイリスト/石田綾 文/鈴木絵都子  ※上記のキャプションはWEBオリジナルのもので、本誌とは異なります。 ▶シャツジャケットコーデ記事一覧はコチラ
  • こんばんは いつもブログをお読みいただきありがとうございます。 夜になるとかなり冷え、コートが必須の時期になりましたね。ただ、最近迷うのはコートの着こなし術。せっかくお気に入りの最愛コートがあっても、素敵に着こなせなかったらもったいない。 そこで今月号の特集の『最愛コートのベストコーデ80』がとても参考になるので注目してます!^^ チェスターコート、ダウンコート、ショートコート…それぞれのコートに合ったベストな着こなし術やアイデアが沢山! 私がいつも悩むのはダウンコートとの合わせ方です。パンツスタイルとはほぼ相性抜群なのですが、スカートと合わせる時が意外と難しく昨年はそれでいつも悩んでいました。コートの丈感や色味に合わせるにはどのスカートコーデを選べばいいのか迷っているうちに外出の出発時刻が予定より遅れてしまった事も…。 今月号の特集にはそんな悩みともおさらば出来るヒントが沢山!外出前の悩み時間が削れて、助かります そして今回もクオリティの高すぎる付録が!ヘア&メイクアップアーティスト 長井かおりさん監修 天才眉ブラシ。 実は私の眉毛、細眉が流行っていた学生時代の頃に抜きすぎてしまった為、現在ほぼ毛流れがない状態になってしまってます。泣 今回、私も長井さんにアドバイスをいただきながら、実際に眉を描いていただきました。 普段自分で描いた時のセルフ眉だと、いかにも『描いてますっ!!!』という感じの仕上がりになりがちなのですが、 長井さんに描いていただくと 描いたように見えない程の、凄く自然な仕上がりに! 思わず感動してしまいましたのでお見せしますね!                                                                  行きますよーーーーー                                                                                                                                                                                                                                                                                                     どんっ! 見て下さい✨ すっぴん眉はほぼ毛が無い私の貧弱眉に、本当に毛が生えてきたかのような自然な仕上がりに! 眉の描き方のアドバイスもご親切に下さった長井さん。それでも自分で上手く描けるのか不安だったのですが、今月号の天才眉ブラシと眉BOOKを参考にすれば失敗せずに自分でも"長井眉”が実現出来る自信がつきました!^^ 今月号も素敵な神付録に助けていただけます♡ この冬は自然で凛とした理想眉を実現させようと思います! Instagramもしてます。よろしくお願いします。 instagram
  • カールドノヒュー×エクラのイベントへ着映えるプリーツスカートで。近藤かずちゃん、豊田まゆちゃんがすでにブログにアップされている富岡佳子さんの スペシャルトークショーへ、私もおじゃましてきました。 富岡さんのトークイベントへの参加は3回目ですが、こんなに近くでお姿拝見したのは初めて! 誌面以上のかわいさ。お顔もとってもちっちゃくて、富岡さんを目の前に大興奮でした♡イベントの後、華組のみんなそれぞれが思い思いにセレクトしたものだったり、迷ってしまった私は 店員さんに選んでいただいたりしながら、カールドノヒューのファーを試着させていただきました。 長内編集長が黒のワンピースに素敵に巻いていらっしゃったファーもゴージャスで印象的でした☆この日にはいていたスカートがZARAのアシンメトリーのプリーツスカート。グレージュのようで 少しピンクがかったようなスモーキーなカラー。黒やネイビーなどの暗めのトーンとの相性が 良く、メリハリがあってまとまりよく見えます。別な日に、アシンメトリーや丈感がわかりやすいようにペタンコ靴でサイドやバックから 撮ってもらいました。アシンメトリーで部分的なマキシ感と揺れ感がたまらない。 夏のプリーツとは違って生地もしっかりしていて型崩れもないので、とてもはきやすいんです。 ヒールに合わせてエレガントにでも、タイツとペタンコ靴でも良し。シーンも選ばず まさにラクして着映えるスカートです。 最近長めのプリーツスカート愛が止まらず、また別なマキシプリーツも購入しちゃいました(^^) ZARAのアシンメトリープリーツスカートはこちらです華組 沢辺史ブログ
  • お得感2倍!セットでも単品でも使える進化系セットアップこんにちは(^-^) ともみゆです。 いつもご覧下さりありがとうございます。 コーデを考えずに楽にオシャレに決まるセットアップ。 「昨年買ったのそのまま着ればいいわ」と思っていませんか? 今や大人のスカート丈はロングが定番化。 スカートのセットアップも長めに変化しているんです! 本日は使える「進化系セットアップ」をご紹介したいと思います。 ur’s(ユアーズ) リボン付ニット×タイトスカートセットアップ 5,990円 + 税 トップスはクルーネック(丸首)タイプのニット、スカートはロング丈のニットタイトスカート。 スカートは足首よりやや上くらいの長め丈なのがポイントです。ハイゲージのしっかりとしたニット生地。 伸縮性があるので動きやすく、リラックスした着心地。 横から見たところ。 程よく肉厚な素材が肉感を拾いません。 ストンとしたシルエットでスッキリ見えますね!今回はパンプスで合わせて、きれいめコーデにしましたが、合わせる小物次第でカジュアルにも! 例えば足元をスニーカーにして、ファーバッグなどと合わせれば、大人カジュアルなコーデになりますね^_^こちら共布のベルトも付いていてウエストマークするとまた別の表情になります。 カジュアルにもフェミニンにも。 丈が長くなった進化系セットアップがあると今年らしい着こなしが楽しめますよ! それでは本日は以上です。 最後までご覧くださりありがとうございました(^^)美女組No.163 tomomiyuのブログ
  • 祝福に満ちた未来へ続くヴァージンロードを進む、晴れの日の一着。とびきり美しく、優雅な自分でありたい。今、30代の花嫁が目指したい、洗練と華やぎのブライズスタイルを提案します。 キーワード1.オーセンティックであること 大人のウエディングには、タイムレスな気品が漂うドレスがふさわしい。色あせない魅力を放つ、ロングスリーブのAラインで、ノーブルなムードに。 キーワード2.繊細なレース 素肌の上に美しい花を描き、やさしい陰影を落とす細やかな手仕事。上質でクラシカルなディテールが、いつまでも心に残る。 キーワード3.ストレスフリーな着心地 品位を保ちながらエフォートレスであることも、晴れの日に笑顔でいるために大切。チュールを重ねたエアリーなトレーンなら、動きも軽やかでエレガント。 (キーワード1~3)肌に吸いつくようなレースのトップスと、長さの違うチュールが幾重にも重なるデザインで、360度どこから見ても上品。スカートドレス(レンタル)¥570000/ミラー ミラー 丸の内(イネス・ディ・サント) リング「ミキモト メリア」(上)(Pt×ダイヤモンド0.60ct)¥994000・(下)(Pt×ダイヤモンド)¥276000/ミキモト カスタマーズ・サービスセンター(ミキモト) ブーケ¥35000〜/ル・ベスべ キーワード4.甘さを抑えたクチュール感 ロマンチックでありながら、可愛らしさの先にある、誰からも憧れられるスタイルに。リュクスなカットワークレースと魅力的なバックスタイルが理想をかなえる。 キーワード5.センシュアルなムード フェミニンな色香が匂い立つ、洗練の肌見せデザインは、30代花嫁ならでは。体のラインを美しく、エレガントに演出。 キーワード6.大人ならではのシルエット すらりとしたスレンダーラインが大人気!いちばんきれいでいたい日だから、どこから見てもスタイルよくいられるデザインを味方につけて。 (キーワード4~6)ファッション性の高いスレンダーシルエットを、伝統的なクチュール技術とカットワークで、優美に彩って。ドレス(レンタル)¥590000・(販売)¥1143000(コスタレロス)・ヘッドアクセサリー(レンタル)¥19000/マグノリア・ホワイト 表参道 リング(上)(Pt×ダイヤモンド1.01ct〜)¥2010000〜・(下)(Pt×ダイヤモンド0.17〜0.19ct)¥318000/ショーメ 靴¥76000/ジミー チュウ キーワード7.シンプルな上質感 余計な装飾はいらない。ひと目でわかる、シルクオーガンジーのピュアで贅沢なつやめき。大人のためのプリンセスラインは、こうありたい。最高級のシルクがふんわりと広がる。 ドレス(レンタル)¥370000・(販売)¥580000(ラトリエマリアージュ)・イヤリング(販売)¥23000/マリアラブレース ヘッドアクセサリー(レンタル)¥30000・(販売)¥160000/ノバレーゼ銀座(サイマン・トゥ) リング(上)(K18WG×ダイヤモンド0.3ct〜/0.1ct〜)¥465000〜・(下)(K18WG×ダイヤモンド0.15ct〜)¥156000〜/ハルミ ショールーム(オー) 撮影/土山大輔〈TRON〉 ヘア&メイク/George スタイリスト/吉村友希 モデル/大政 絢 構成・原文/久保田梓美 企画/斉藤壮一郎〈BAILA〉 ※BAILA2019年12月号掲載
  • NHK大河ドラマ『西郷どん』では主人公の西郷隆盛役として日本国民に強烈な印象を残し、NHK連続テレビ小説『花子とアン』ではヒロインの夫・村岡英治役で第39回エランドール賞を受賞し、映画『HK/変態仮面』ではパンティを被ったアブノーマルなヒーローを熱演し、『俺物語!!』ではなんと30㎏も体重を大増量して高校生役に挑戦し...自らを徹底して“役者”と呼び、そのストイックすぎる役づくりがクリエイターからも視聴者からも愛される俳優・鈴木亮平さんにお会いしてきました。 鈴木さんが今回挑戦しているのは、『孤狼の血』(2018年)、『凪待ち』(2019)など、ヒューマンドラマの傑作を次々と生み出している気鋭の映画監督・白石和彌(しらいし・かずや)さんの最新作『ひとよ』。DVの父親を殺めて3人の子どもたちを守った母親が15年ぶりに帰郷。その後の家族4人の葛藤や戸惑いを描いています。 鈴木さんは、三兄妹の長男・稲村大樹役。次男で弟の雄二役を佐藤健さん、長女で妹の園子役を松岡茉優さん、そして母親のこはる役を田中裕子さんが熱演しています。たった“ひとよ(=一夜)”の事件によって人生を狂わされてしまった家族が再会を果たした先は、本当に幸せなのか...!? 今をときめく俳優たちがこぞって出演を希望するという白石監督の作品と向き合った日々のお話を伺いました。 鈴木亮平『ひとよ』インタビュー目次1.鈴木亮平が役づくりに徹底して励む理由 2.大樹役を通じて発見した、鈴木亮平の新たな一面は? 3.白石和彌監督にラブコールが殺到する理由 4.『ひとよ』でいちばん心に残ったシーン 5.鈴木亮平にとって“家族”とは? 6.『ひとよ』を観るべき人はこんな人 1.なぜ、役づくりにそこまで没頭できるのですか? 鈴木さんが演じる大樹は、三兄妹の長男ではありますが、いかにも長兄らしい頼りがいはなく、子どもの頃から吃音に悩み、コミュニケーションが苦手で、言いたいことをうまく表現できない役どころ。また、三兄妹で唯一家庭を持っていますが、母親が殺人事件を起こしたことを妻(MEGUMIさん演じる稲村二三子)に黙って結婚したため関係が悪化し、離婚の危機にあります。吃音のキャラクターを演じきるため、先生の指導を受けたり、吃音の方々の交流会に参加したりと、『ひとよ』現場でも徹底してストイックな姿勢を貫いていたという鈴木さん。仕事で、演じることのプロフェッショナルとはいえ、なぜそんなに自分を追い込めるのでしょうか? 「それはもう、役をいただいたのですから、自分にできることを精一杯、一生懸命やるのみです! 僕が役者をやっている理由は『自分以外の人生を本当に生きている!』という実感というか、醍醐味に夢中だからです。...とはいっても、今回の大樹役は少し難しかったかもしれません。本来の僕との共通点がほとんどなかったので“違っている点を埋めていく”作業が多かったですね。唯一共通点があるとすれば、家庭があることと、体が大きい(鈴木さんの身長は186㎝)ことかなぁ。大樹は、こはるの殺人事件以来、父親の暴力からは解放されましたが、“殺人者の子ども”として15年間ずっと世間から蔑まれて育ってきた。吃音も直らないし、発言に自信が持てない。でも体は大きいから、少しでも注目を浴びないようにするために自然と背中も丸まっちゃって、15年かけてスッカリ縮こまってしまった。僕もプライベートでは絶対気づかれたくないほうで、人目を避けるように猫背でこっそり歩きます。ストレスや負の感情を表に出さず、つい溜め込んでしまうところもあります。あと、大樹は『自分はDVだった最悪な親父とは違う』という思いがありますが『父親を絶対超えてやる』っていう意地は、男なら誰にでも必ずあると思う。そんなちょっとした実体験をていねいに照らし合わせることが、大樹を演じるうえでの大切なヒントになりました」 2.これまで気づかなかった自分の新しい一面はありますか? 「僕はほかの方よりも比較的、いろんなタイプのキャラクターを依頼されるほうの役者だと思っているんですが、今回なぜ白石監督から大樹役にキャスティングされたのか、最初はわからなかったんですよね...鈴木亮平にあまり内向的なイメージってなくないですか(笑)? でも僕自身は、気持ちを内面に抑えて溜め込んでいく面が確かにある。白石監督は“人の違う面を見抜く嗅覚”みたいなものが本当に鋭くて、もしかしたらミスキャストになる可能性もありながら、それでも『大樹を鈴木亮平に任せてみたい』っていうのが白石和彌監督の白石和彌監督たるゆえんで、彼なりの反逆精神だと感じました。役者への愛も強いですし、役者本人の想像のはるか斜め上をいく新しい魅力を引き出してくれる監督だからこそ、たくさんの役者から求められていると思うんですよね」 リアルでは次男の鈴木さんが、長男役を演じてみて思ったこと。 「大樹は、なぜ父親が自分たちを殴るのか、自分のどこがダメなのか、理由がまったくわからず『兄貴である自分が至らないせいで弟も妹も殴られている』と思い込んでしまう状況で育ってしまいました...(大樹の心境を想うあまり10秒ほど沈黙したあと)本当にキツいですよね。兄妹だから、弟にも妹にも気をつかっていない風に装いますが、肝心なところで行動派の弟に『雄二どうする!?』っていちいち聞いてしまう自信のなさもすごくわかる。さらに、自分が虐待を受けてきたからこそ、奥さんに責め立てられてつい手を出してしまい、自己嫌悪に苛まされる彼の姿は、演じていてもキツかったですし、観ているほうもツラいと思います。自分をものすごく嫌いになってしまう。でも彼は“いい親父”ってどういう父親なのか見たことがない。先生がいないまま大人になって結婚してしまったんです。どうすれば幸せな家庭を築けるかわからないって難しいですよね...。そもそも事件のことを奥さんに言っていなかったのがいけないですよね。話し合うって本当に大事なんですよ! 家族に問題があるときは絶対に話し合ったほうがいい」 3.白石監督にラブコールが集中する理由は何でしょうか? 「白石監督の作品って、緊張感あふれるバイオレンスなものが多いイメージだと思うんですが、実は現場はとても穏やかなんですよ! 役者がすごくリラックスしてベストを尽くす環境を作ってくれる、あったかい現場です。監督自身もワンマンな感じは一切なくて、いつも和やか。スタッフ同士の怒鳴り合いなどもないし、平和に過ぎていくんですよ。僕も(佐藤)健も(松岡)茉優ちゃんも、本当の兄妹的な空気感を出そうともちろん努力はしますが、普通に雑談しているそのままの流れで『ハイ、じゃー用意スタート!』みたいな、常に僕たちを見守ってくれる感じが大好きです。僕たち役者が、それぞれの役に対していちばん自信を持った状況をしっかりつかんで、一歩前に進めるように仕掛けてくれる、そんな監督です。それでいて、出来上がった作品にはすごく緊張感がある、そのギャップが、みんなが夢中になる白石マジックなのではないかと思います」 4.最も印象に残っているシーンはどこですか? 「15年ぶりに帰ってきたこはるに、妹の園子と一緒に抱きしめられるシーンです。園子はそのまま『おかえり』と抱きしめ返しますが、僕は『やめろよ』と拒絶して去っていきます。このシーンは、現場で田中さんに実際抱きしめられたときの直感を大事にしようと思って、あえてあまり考えずに臨みました。そうしたら大樹くんは“お母さんの匂い”がイヤだったんですね...子ども時代に、唯一安心できる存在だった大好きな母親の匂いをかいで、その気持ちの強さに飲み込まれてしまうのが怖かった。園子みたいに流されてしまったら、自分たちが苦しみ抜いた15年がなかったことになってしまう、それを認められなかったんですよ。それだけ母親のハグって、問答無用の安心感があるというか、匂いも体温も強烈なんですよね。今でもお母さんに抱きしめられることってないじゃないですか...(と質問されたので「ありますよー」と答える筆者)...えっ、ある!? 外国みたいですねぇ(笑)。僕は母親にハグされることはないので、今もしされたら、えっ...どうしよう(困)。感情をものすごく強く引っ張られるからこそ逆に逃げたくなる、親子のすごさを感じました」 5.鈴木亮平にとって“家族”とは!? 「一緒に暮らす“時間”がとても大事だと思います。血縁関係に限らず、会社でも学校でも、人間って、小さなコミュニティのなかで一緒にいる時間に比例して情が生まれて、惹かれあっていくのかなって。大樹のなかでも最初、母親を受け入れたい気持ちと、受け入れられない気持ちがせめぎ合っていますが、一緒に生活することによって、心が解きほぐされていきます。この映画の舞台になっているタクシー会社でいうと、ずっと何年も一緒に働いていると本当の家族みたいになってお互いに助け合うようになるし、そこで男女の関係になる人もいたり...時間が与える影響って本当に大きい。あと僕、こはるの『自分にとっては人生を変えた一夜でも、他人にとってはなんてことない、それでいいんだよ、ただの夜ですよ』っていう台詞が本当に大好きで、人生における時間についての重みを考えさせられました。たとえばあの、大昔にデートした大好きだった人は自分にとって一分一秒思い出に残っているけど、相手にとってはなんてことない時間だった...みたいなことになるんですよ(と、いきなり過去の恋を引き合いに出す鈴木さん)! 時間の大切さって人によって価値がぜんぜん違うから、そこが悲劇を生んだりする。感慨深いですね...(ちょっと遠い目)」 6.映画『ひとよ』を観るべき人は!? 「本音をいうととにかく観てって感じですが(笑)、家族に対して何かしらの思いを抱えている人にはぜひ観ていただきたいですね。『ひとよ』は、自分が家族に対して思っている感情を何よりも投影できる作品だと思うんですよね。“推し”のキャラクターに感情移入することによって、自分が普段どのように家族と向き合っているか、ヒントが見つかる気がします。娯楽として観る映画も好きですが、映画って、人生についての気づきをもらいたいから、何か一歩踏み出す勇気がほしくて観るのが醍醐味だと思っているんです。なので僕は『悩みを忘れて気分転換したい』というよりも、何かに落ち込んでいるときに、同じような思いをしている人を映画を通して見守ることで、勇気をもらえたり、言葉にできない気持ちの整理をつけたり、頑張ろうとか、そういう気づきをくれる映画が好き。そんな映画は何度でも観ます。家族に対してギクシャクした感情って、必ず誰にでもひとつはあると思うんですよ。そういうのを和らげて、自分の家族に対する思いを確認していただければ。極端にツラい状況にある家族を観ることで『自分たちの家族はどうだろう』『やっぱり家族って大事だよね』と思ってもらえるとうれしいです」 インタビュー終了後“母親に積極的にハグされたいか問題”を振り返り「いやぁ、僕もハグし合う家族になりたいですよ。でも相手があることだしなぁ...」とつぶやきながら控室に去っていった鈴木さん。自身のご家族にはもちろん、仕事仲間に対しても、我々のような取材陣に対しても、さらに自分が演じる役に対しても、徹底的に誠実さを貫き通す、愛と信念の人だと感じました。筆者は鈴木さんと共有した“時間”を一生忘れません! そんな鈴木亮平さんが好演している映画『ひとよ』、ぜひ劇場でお楽しみいただければと思います。 【映画『ひとよ』】公開日/11月8日(金)~公開中会場/全国主要映画館監督/白石和彌 脚本/髙橋泉 原作/桑原裕子「ひとよ」(集英社) 出演/佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、音尾琢真、筒井真理子、浅利陽介、韓英恵、MEGUMI、大悟、佐々木蔵之介・田中裕子 製作幹事・配給/日活 企画・制作プロダクション/ROBOT ©2019「ひとよ」製作委員会 映画『ひとよ』公式サイトへ 撮影/齊藤晴香 ヘア&メイク/森泉謙治 スタイリスト/徳永貴士 取材・文/沖島麻美 鈴木さん衣装クレジット:スーツ¥125000・ニット¥18000・シューズ¥82000/ヒューゴ ボス ジャパン(ボス)
  • 最近、産後の心身回復を助ける施設が増えています。実際体験してみて、心から救われたお話です。難産すぎた出産。 そのせいで私の骨盤内は、ひどく損傷。 恥骨とお尻後ろの骨が離れすぎ、激痛!! 数週間も寝たきりに。 ・下半身が動かない。 ・立てない。歩けない。 ・当然お手洗いもNG 痛み止めを飲み、動かせる上半身だけで 赤ちゃんのお世話でした。 数週間後、、、 やっと車椅子にも乗れるまで回復。 実家の母が骨折し、里帰りも不可。 旦那の親も同時期に手術で入院。 旦那も仕事がピーク。。。 母子共に頼る人がいない中、、、 産後ケアサービスの存在を知り転院へ。 武蔵野日赤内のアイルーム。心と体の休息。 リフレッシュをめざしたプログラムあり 宿泊型で赤ちゃんと一緒に入院の 安心サポート。 朝日や富士山が見える明るい病室。 それだけでも気分は良くなる♬ベテラン助産師さん達から 母乳指導。 何でも育児相談。 足湯やアロマオイルのマッサージ。いつでも赤ちゃんを預けて リフレッシュ目的の外出もOKだそう。 美容院や食事にだっていけるし、 泣いて眠れない時も休める。 ママがゆっくりリフレッシュできる時間。 大切にしてくれる施設は貴重です。1日3回のおやつ。 食いしん坊にはたまらない(笑) お母さんに無理がないように。 体も心も休息できるように。 何でも育児を一人で抱え込まないように。 そんな時間を大切にしてもいいのだと。 力の抜き方を教わり、ホッとしました! 全部できない自分を責めた時もあったけど。。。 素直に甘えて良かった♬ まずは身体が回復できることが第一! 母親が元気にならないと! 私はここで心身共に回復する事ができました。 身体が不自由だと想像以上に何もできず。 少しずつ立ち上がれた事だけでも嬉しかった。 「クララが立った!」の世界。 献身的な助産師さんに支えられ、 改めて介護の大変さとありがたみを実感です。 今年からスタートした「アイルーム」 女性の市長だからこそ、細やかな政策かな。 産後ケアは市町村により、 サービスはさまざまだとは思いますが。。。 アラフォー世代。 予想外の身体トラブルはあるある! これからの時代、女性に優しいケアが増えるのはありがたい!と感じるこの頃でした♬ 美女組No.15りょうぞうのブログ
関連キーワード

RECOMMEND