お帰りなさい!ヴァネッサ・シワードが秋のワードローブと共にカムバック

SPUR.JP

さりげない“フレンチ・シック”を体現する、ヴァネッサ・シワード。エジプトとフランス・ピレネー地方でのヴァカンスでリチャージしたヴァネッサから、最新ニュースが届きました。彼女自身のブランドのクローズから1年あまり経ったこの秋、ラ・レドゥットゥ(La Redoute)とのコラボでカムバックしたのです。ラ・レドゥットゥは100年近くの歴史を持つ、フランスのカタログ販売の大御所。これまでも定期的に新進デザイナーとのコラボを提案しています。ヴァネッサらしく、ベーシック・アイテムの数々をレトロモダンなタッチで進化させたコレクションは計32型で、入荷は3段階。既に発売されている第一弾、10月1日リリースの第二弾に続き、11月にはドレスアップ・アイテムもお目見えします。こちらはラ・レドゥットゥのe-shopに加え、コンセプトストアのギャラリー・ラファイエット・シャンゼリゼ店頭でも展開予定。ボウタイブラウスやデニム、ドレス、ニーハイブーツ、フード付きトレンチなどはいずれもとてもリーズナブルなプライスです。

キャンペーン・ビジュアルにも見られるように、このコレクションでは同じ型を子供サイズでも展開しています。実はヴァネッサも、8歳の娘のママ。彼女は娘のジャッキーについてこんな逸話を披露してくれました。「彼女はとてもシャイで、普段はボーイッシュな格好ばかり。でもある日私を驚かせようと、私のクロゼットを漁って自分でスタイリングし、とてもキュートなルックの数々を披露してくれたの」。ところでヴァネッサは自身のブランドをスタートする前、アザロでドレスアップ・アイテムを手がけていました。当時のインスピレーションは、逆に母。外交官の妻としてソーシャライツだった母は、セクシーでグラマラスなルックで周りを魅了していたそうです。こんな影響が記憶にあるから、今日の彼女のクリエイションでは、等身大のモードにも華やかさがあるのかもしれません。

バカンスや娘の写真の数々が、そんなヴァネッサの近況を語ります。

 Text: Minako Norimatsu

Vanessa Seward pour la Redoute Collection抜粋。スカーフ(19E)、ブーツ(199E)、コート(189E)は10月1日リリース。コットンのボウタイブラウス(59E)、デニムのスカート(69E)は発売済み。店頭展開はギャラリー・ラファイエットのみ。パリ本店40, Bd Haussmann 75009 Paris

右:Vanessa Seward pour la Redoute Collectionのオフィシャル・ポートレート 左:5月末、パリのホテルGrand Powersでのプレゼンテーションで。彼女が着たのは全てコレクションからのアイテム。コットンのワンピースは79E

ヴァネッサの服を拝借した、娘のジャッキー。右ではヴァレンティノのニット、左ではプチバトーのTシャツをドレスとして着て、小物は「ヴァネッサ・シワード」のベルトに見立てたスカーフとバッグで。共に靴はシャネル。

ヴァネッサの母(‘70年代の撮影)。右:「ジョン・マークス」のコンビネゾンに、自作の帽子を被って。左:ヴァネッサの祖母が集めていたチャイニーズ・ジャケットを、母も愛用。

ヴァカンスのアルバムより。右:スペインのサガロで。ヴァネッサは上下とも「ヴァネッサ・シワード」、ジャッキーは「ボンポワン」にリヴィエラの靴で。左:エジプト・ルクソールにて。白のドレスは、A.P.C.のために自身がデザインしたもの。

愛猫のジョー。クリエイションと直接は関係ないけれど、ヴァネッサの日常に欠かせない。

ヴァネッサのインスピレーション。右:数年前に復刻したメンズ誌「Lui」のオリジナル、特に70年代のバックナンバーはとても洗練された内容。左:大好きなミュージック・ホールを巡るアートの中でも、特にエルテの絵に見るコスチュームは魅力的。

関連記事
  • 読者に聞いた「柄アイテムが着たいのはこんな時」ランキング☆20代の働く女子、MOREインフルエンサー「モアハピ部」に聞きました!「どんな時に柄アイテムを着たくなりますか?」仕事に恋に女子会に、大忙しな20代後半のモア世代。みんなは一体どんな時に、どんな理由で柄アイテムを着てる? 共感の嵐&意外な意見も飛び出した!?3位 写真を撮りそうな日・デートの時「旅行の時は、その国や場所に合わせた柄を選びます」(No.643 ちーぽんさん)のように、写真を撮る機会の多そうなイベントに合わせて柄ものをゲットする人も多いみたい。また、華やかに見せたいデートでも柄は活躍。「女性らしさを演出するのに使います」(No.557 ゆずさん)、「デートで可愛らしさをプラスしたい時に!」(No.617 ひろみんさん)その他には……◆時短したい時 「着るだけで女の子らしくなれる柄アイテムは、時短になり重宝しています」(No.687 みこみこさん)、「一枚でおしゃれしてる感が出るから、あえて近所への買物に柄ものを選ぶこともあるんです」(No.674 にゃんこさん)◆仕事の日 「清潔感、上品さ、季節感を兼ね備えているチェック柄は平日にも活躍するので、毎年買い足しています」(No.562 しょこたうるすさん)、「柄があるときちんと感の中にも、ちゃんとしゃれ感を出せるのがいい」(No.457 samenyanさん)◆自分を印象づけたい時 「好印象なストライプ柄は、仕事で初めましての方がいる場で着ます」(No.510 MIYUさん)花柄のロングワンピース¥27000/フレイ アイディー ローゲージニット¥18000/フリークス ストア渋谷(フリークス ストア) ロングブーツ¥38000/オデット エ オディール 新宿店 ショルダーバッグ¥16800/ショールーム セッション(ヤーキ) シルバーピアス¥28000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店 メガネ¥32000/アイヴァン PR2位 女友達におしゃれって思われたい時わかりやすくおしゃれしてる感をアピールできるし、何よりほめてもらえるから、という理由で、女友達と会う日に柄アイテムが選ばれていました。特に、話題のトレンド柄を着ていく人が多いみたい。「コーデをほめてもらえる女子会には、旬の柄を。どんなに素敵に着こなしてもはやりの柄は、男性には理解されないことも多いので(笑)」(No.562 しょこたうるすさん)ストライプ柄のバンドカラーシャツ¥17800/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) アニマル柄のゆれ感スカート¥9000/N.ルミネエスト新宿店 パイソン柄ミュール¥32000/アマン(イエナ×ペリーコ サニー) 黒バッグ¥31000/ル タロン プリュ 有楽町マルイ店(ロザ ルー) 地金ピアス¥2296/サードオフィス(ROOM) 時計¥28000/オ・ビジュー(ロゼモン) 1位 気分を上げたい日「好きな服でテンションを上げたい時には柄アイテム!」(No.697 よーすけさんたまりあさん)、「華やかになって、あか抜けるから着ていて元気になれるんです」(No.457 samenyanさん)と、いちばん多かったのは自分の気持ちを高めるために柄ものを着るという意見。なんだかさえない日や、ここぞという日。柄のパワーを上手に使って毎日を楽しく賢く過ごしていました!つまり……気分を上げたり“印象操作”をしたり。柄ものを上手に使えば毎日が充実する!チェック柄のジャケット¥49000/アンティット ネイビーのブラウス¥9990/プラステ グレーのスティックパンツ¥21000/スタニングルアー 青山店 白甲深パンプス¥8800/ル タロン プリュ 有楽町マルイ店 チェック柄バッグ¥35000/コード(ヴァジック) パールピアス¥11000/フリークス ストア渋谷(ヴェラッティ) 時計¥28000/オ・ビジュー(ロゼモン) ベルト¥6800/ユニバーサルランゲージ渋谷店 ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/谷口大輔 ヘア&メイク/野口由佳(ROI) モデル/鈴木友菜 スタイリスト/石田 綾 撮影協力/とらや赤坂店 LYURO 東京清澄 -THE SHARE HOTELS- PITMANS プロップス ナウ アワビーズ TITLES
  • ポール & ジョーは今年もアドベントカレンダー型のクリスマスコフレを発売。昨年よりさらに大きくなって、中身もいっそう充実! メイクアップにスキンケア、ボディケアにポーチまで全24品が収められています。今年で第3弾となるポール & ジョーのアドベントカレンダータイプのクリスマスコフレ。2019年版は前年を超えるスケールでお目見えします。まず、ボックスのサイズからして史上最大。横幅が約50cm! この写真も、椅子の上から撮りました(笑)。それくらいビッグサイズなんです。シンボルモチーフのクリザンテーム(西洋菊の一種)とともに、今回もデザイナー・ソフィーの愛猫2匹が佇んでいるのがチャーミング。クリスマスコフレらしく、ヒイラギも見えますね。で、気になる主要ラインアップはこちら。全部並べきれなかったのですが、目玉アイテムを選りすぐってご紹介しますね。ポール & ジョーといえば!のキャットモチーフを含め、ファン垂涎のアニマルモチーフは今年も大充実。スワンにミツバチ、ワンコに馬!アンティーク感漂うタイガーモチーフのポーチもセットイン。なんとこれ、裏が純白のボアになっているんです。幅16cm×高さ14cmとサイズもコスメポーチとして申し分なし。リップ トリートメント バームは、パッケージにリンクして香りもジンジャー&ハニーのリミテッドバージョン。リップメイクの映えるボリューミィな唇に整えてくれます。猫リップも入ってます! こちらはシルバー&ブルーの大粒な煌めきで、唇に雪のように儚い輝きをもたらすホリディ気分満点の1色。寒牡丹柄の限定リップスティックケースに合わせてみました。リップカラーはもうひとつ、“雪に映える”真っ赤な猫リップもどこかに隠れていますよ。冷たく張り詰めた空気の中で咲き誇る、寒牡丹のウォーミィピンクをそのまま落とし込んだようなチークも発見。冬空に映えるあたたかな血色感を演出してくれます。このほかに、冬らしい深みと輝きを備えたバイオレット&ブラウンのアイカラーも入っていますのでお楽しみに!スキンケアもクレンジングにローション、などなど勢ぞろい。私の大好きなこちらも入っていました! 樹齢100年以上の木から穫れたオリーブなどを用いた植物由来100%のフェイシャルオイル。一気にもち肌を養成してくれる逸品中の逸品です。これは冬肌に嬉しい贈り物!あまり見せちゃうのはもったいないけど、最後にもうひとつだけ紹介させてください! ロングセラーのファンデーション プライマーも2種。とくに、こちらのスパークリング ファンデーション プライマー 001に惚れました。大小2種のゴールドパールがチラチラ輝く下地、これもクリスマスシーズンのメイクにぴったり! アドベントカレンダーのように毎日扉を開いて楽しめば、12/24のクリスマスイヴにはフルメイク、いえ、全身ドレスアップできるアイテムがそろうスペシャルコレクション。10月18日(金)から予約受付開始とのことなので、ぜひお忘れなく!ポール & ジョー メイクアップ コレクション 2019 ¥13000/ポール & ジョー ボーテ<11月1日(金)限定発売>●「ポール & ジョー ボーテ」公式サイトはこちら WEB美容エディター 原田千裕 ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。 イラスト/ユリコフ・カワヒロ
  • 着映えするグレー×ピンク配色コーデなら同性の上司受けも好印象でばっちり※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます仕事もできて人間的にも尊敬できる女性上司と1年ぶりのランチ。10月16日はボスの日ということもあって、私おすすめのお店でランチを予定。いつも華やかな上司を見習って女性らしさときちんと感を両立した着こなしでスタンバイ。ジャケットのインにはボウタイブラウスで華やぎを、スタイルアップを意識したハイウエストパンツでキリッとシャープに、オフィスコーデを楽しんで。ジャケット¥78,000/レリタージュ マルティニーク(レリタージュ マルティニーク) ブラウス¥29,000/サード マガジン パンツ¥36,000/ebure メガネ¥28,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(イレスティーバ) バッグ¥46,000/イアクッチ大丸東京店(イアクッチ) 靴¥48,000/エストネーション(ペリーコ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼「テーラードジャケット」の関連記事もチェック
  • テーラードジャケット¥11900/エヴリス 新宿ルミネエスト店 ブラウス¥15000/TOMORROWLAND(MACPHEE) スカート¥8900/ROSE BUD新宿店 イヤリング¥5800/Grimoire Almadel バッグ¥3200/アリガインターナショナル(シエラ) 靴¥5800/コンバースインフォメーションセンター \まだまだあるよ!/テーラードジャケットカタログ■印象の強いチェック柄はモノトーンコーデのポイント使いにも活躍。コスパも最強すぎ!  ジャケット(一部店舗のみ販売)¥3990/GU■シンプルなグレーは着回し力無限大。 ジャケット(一部店舗のみ販売)¥9990/UNIQLO(INES DE LA FRESSANGE)■落ち着いたダークグレーで大人顔に。 ジャケット¥12800/EMODA ルミネエスト新宿店■トラッドな印象のブラウン。上質な素材と美シルエットが上品。 ジャケット(10月発売予定)¥49000/フィルム(ソブ)■ちょっぴりゆるめなフォルム。 ジャケット¥29000/SNIDEL■身頃のサイドと袖の異素材切り替えのこだわりディテールで個性をほんのりと。 ジャケット¥11000/REDYAZEL ルミネエスト新宿店モデル/新木優子 撮影/藤原宏(Pygmy Company) 齊藤晴香(物) ヘア&メイク/河嶋希(io) スタイリスト/松尾正美 構成・原文/道端舞子 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス 撮影協力/ギャラリー猫町 森岡書店
  • 年を重ねていくと、増えていく髪のお悩み。うねりがひどい、カールを持続させたい、ほつれ毛どうにかしたい……それぞれの悩みにあわせたスタイリング剤を選べば解決。美容のプロたちが、エクラ世代におすすめのスタイリング剤を教えてくれました。1.エッセンシャル flat くせ・うねりときほぐしセラム 「最先端テクノロジーでうねりを根本からケアできます。加齢によるうねりストレスを解消」(美容ジャーナリスト・安倍佐和子さん)。「広がり、ゴワつきがなくなり、顔印象さえ変わる髪質になれるのを実感」(美容家・神崎 恵さん)。「これをつけてからブローすると、ふにゃっとした私の髪もうねりにくくなるんです!」(美容ライター・中島 彩さん)。 120㎖( オープン価格)/花王(10月19日発売/オンライン限定発売中)2.コキュウ メロウセラム 「ほどよいセット力があるのに、何度でも手グシを入れられる再現性の高さがあるため、剤をつけすぎる心配がありません。ナチュラルで絶妙なやわらかい毛流れ&ニュアンス質感を楽しみたいときに」(『marr』美容師・masatoさん)。 70g ¥2,000/セフテイ3.エルジューダ ポイントケアスティック 「季節の変わり目など、ふわふわと浮いてしまう中途半端な“浮き毛”が多い時期に、マスカラ状のブラシでなでるだけで収めてくれます。つけている感覚がなく、自然で美しい仕上がりに」(ヘア&メイク・広瀬あつこさん)。 15㎖(美容室限定品) ¥1,500/ミルボン他の画像を見る撮影/西原秀岳(TENT) 取材・原文/松井美千代 ※eclat11月号掲載
  • 華やかさを重視したいシーンには、スカーフの出番。おしゃれして出かける日はもちろん、ラフなコーデを格上げしたい日にも!スカーフをねじってカチューシャ風に。愛らしい魅力をかもし出せる♡ ニット¥3118/Isn’t She? スカート¥2990/INGNI イヤカフ¥1300/アダストリア(ミィパーセント)細くリボン状になっているスカーフなら、もたつかずアレンジしやすい。 スカーフ¥1100/お世話や(Osewaya)▼ ▼ ▼ How to ①スカーフを軽くねじって使用。こめかみと耳前の髪を残して前髪を上げ、カチューシャっぽく巻いてえり足で結ぶ。②残しておいた髪をねじり、耳上のスカーフを隠すようにピンで固定。 カチューシャよりやわらかい雰囲気♪(右)スカーフ¥1400・(左)スカーフ¥1400/お世話や(Osewaya)モデル/江野沢愛美 撮影/花盛友里(モデル) 富田恵(物) ヘア&メイク/吉﨑沙世子(io) スタイリスト/金山礼子 構成・原文/通山奈津子 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス
  • シャツ¥8900・靴¥9500/ビーミング ライフストア by ビームス コクーンシティ(ビーミング by ビームス) ニット¥5990/エヴリス 新宿ルミネエスト店 スカート¥5990/アース ミュージック&エコロジー 新宿ミロード(Lee×アース ミュージック&エコロジー) バッグ¥9000/アンビリオン(ベルケ)肩が落ちるゆるシルエットのチェックシャツは、デニムスカートにあわせてブルー系コーデにまとめて。下のボタンだけ留めて衿を抜いて着れば、顔まわりにVシルエットができ印象もすっきり。足元はデニスカと相性抜群のウエスタン調ブーツがお似合い。モデル/貴島明日香 撮影/三瓶康友 ヘア&メイク/沼田真実(ilumini.) スタイリスト/松尾正美 文/鈴木絵都子  ※上記のキャプションはWEBオリジナルのもので、本誌とは異なります。 ▶カジュアルコーデ記事一覧はコチラ
  • こんばんは!神谷です。BAILA11月号、もうご覧になりましたか?ピンクニットの中村アンちゃんの表紙が目印です☆ 今回も気になる記事を少しご紹介します♪ 【欲しいのは「上がるニット」「似合うニット」】 秋冬のワードローブに欠かせない「ニット」ですが、選択肢が多い分「ただなんとなく」選んでしまいがち。 そんなニット選びのコツこそが、「上がるニット」「似合うニット」なんだそう! 【主役ニットが見つかる!「上がるニット大賞」】 プロたちが選んだ「上がるニット大賞」は可愛いニットがザクザク! 1枚でおしゃれに見せてくれそうなものばかりで、是非手に取ってみたいニットがたくさん見つかりました♡ 私の一番のお気に入りはこれ! 【体がきれいに見えるニット】 ともすると着膨れしたり体型の悩みが目立ってしまうニットは、自分に合ったものを選ぶのが大切! 私も、ポッコリお腹&寸胴代表で(笑)色々お試しさせていただきました。 気になるbefore afterは是非誌面にて! 【クリスマスコフレBook】 今年も早いもので、もうクリスマスコフレの時季・・・驚! クリスマスコフレってお気に入りのブランドはもちろんなのですが、普段使ったことのないブランドに挑戦してみるのも楽しいですよね。 今年は何を買おうかな〜?(^.^) 私が一番気になったのはこれ! ディオールの「スパークリング マルチユース パレット」です。 使いやすそうだし、パッケージがとにかく可愛すぎますよね♡ そして!今月号の付録はこちら♪ 「PIPPICHIC×BAILA ブラウニーグレータイツ」! 昨年も付録のタイツがすごく使いやすくて重宝したから、今年も期待大!! こちらは、着用レポをまたアップしたいと思います(^-^)/ *Instagramもやってます。よろしければご覧ください*
関連キーワード

RECOMMEND