胸きゅんモードがやってくる。夢を運ぶ靴とバッグ88

SPUR.JP

秋の到来に、シューズとバッグのアップデートは欠かせない。ロマンティックな主役級から、着こなしを支えるシックな精鋭まで。胸をきゅんとさせるアイテムがラインナップ。ワードローブに迎えたいときめきの相棒と出合って。

タフネスシューズで冒険を 

コンバットブーツや圧倒的なボリュームソール。足もとに重心を置いたスタイルで、新しい一歩を踏み出そう。

BOTTEGA VENETA

ブーツ〈実寸ソール3.2㎝〉¥121,000・ニットドレス¥380,000/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン(ボッテガ・ヴェネタ)

甲の部分のキルティングが、バイカーブーツのタフさを強調する。丸くて大きなトゥと量感のあるソールで存在感大。上質な素材というブランドのヘリテージをモダンにアレンジした。

DIESEL

ブーツ〈ソール5.5㎝〉¥39,000・スカート¥28,000/ディーゼル ジャパン(ディーゼル)

アッパーよりひと回り大きいプラットフォームが抜群のインパクト。ラバーソールに加えて、シルバーカラーと甲を渡るブランドロゴが力強いエフェクトを加えている。

CHANEL

靴〈ヒール13㎝〉¥155,000・パンツ¥696,000/シャネル

今季のインスピレーションの舞台は雪山。マウンテンブーツを新たに解釈し、ユニークなカラーパレットで仕上げた。前後の高低差でスタイルアップもかなえる。柔らかなラムスキン仕立て。

PRADA

ブーツ〈ヒール5.5㎝〉(ポーチ4点つき)¥190,000・スカート¥501,000(ともに予定価格)/プラダ クライアントサービス(プラダ)

ミリタリーをコレクションの要素として用いた今季。コンバットブーツにポーチをベルトで装着する変化球のデザイン。ソールのサイドに施された凹凸でよりパワフルな印象に。

DR. MARTENS

ブーツ〈ヒール5㎝〉¥34,000/ドクターマーチン・エアウエア ジャパン(ドクターマーチン) パンツ¥35,000/ラグ & ボーン 表参道(ラグ & ボーン)

定番の8ホールならぬ8リングに、極太のシューレースを高密度に編み上げたダブルソールのシューズ。ホワイトのステッチがモードなアクセントに。

GUCCI

靴〈ヒール2㎝〉¥150,000・スカート¥190,000・ソックス¥11,000/グッチ ジャパン(グッチ)

大小のスタッズが光の交差するランウェイで異彩を放っていた。丸みのあるフォルムとボアが愛らしいショートブーツにも、エッジィなスパイスがきいている。

MAISON MARGIELA

靴〈ヒール6.5㎝〉¥158,000・プルオーバー¥123,000・スカート¥81,000・ソックス¥25,000/メゾン マルジェラ トウキョウ(メゾン マルジェラ)

メゾンのアイコンスニーカー「レトロ フィット」のチャンキーソールと、ブラッシュドレザーのベルテッドシューズという意外性のある融合が斬新。

COACH

スニーカー〈ヒール6㎝〉¥55,000・ドレス¥130,000〈ともに9月発売予定〉/コーチ・カスタマーサービス・ジャパン(コーチ) ソックス/スタイリスト私物

クリーパーズシューズをモダンにアップデートしたデザインに品が宿る。白に切り替えられたプラットフォームが、着こなしをエフォートレスなムードに。

>商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら

SOURCE:SPUR 2019年9月号「夢を運ぶ靴とバッグ88」
photography: kimyongduck styling: Shizuka Yoshida manicure: Kyoko Kudo 〈FUNCTION NAILS〉 model: Erina Noguchi edit: Akiko Fukunaga 

関連記事
  • LEE世代が目指すのは、清潔感あるヘアスタイル。 不動の人気はやっぱり短め。 凛とした雰囲気が素敵な大人のショートやボブが支持を得ています。 中でも、おしゃれが一気にこなれて見える長さといえば、ショート! 本日は、人生初のショートスタイルに挑戦したLEE100人隊のBefore&Afterをお届けします。 髪を切ったのは、3年目隊員のNo.093 mieさん。 Before 7月末、ユニクロのブラウンスカートコーデを紹介してくれたときは、この長さ。 随分と長いですね! 前からみた姿。大人っぽさ、甘めの女性らしさが印象深い髪型でした。 長め丈のスカートがよくお似合いです。 先日人生初のショートで、250gの髪をカット mieさんが髪を短くしたのは8月。 「理由はただロングヘアに飽きたからと、伸ばして伸ばして一気に短くするのが爽快で(笑)! 3年に1度位のペースでボブ位までのカットはしていましたが、ショートは初。一気に頭が軽くなりました! 約250g分の髪の毛とさよならです♪」 と、一気にカット! After 「どうせ切るならガラッとイメージを変えたくて、オン眉だった前髪は伸ばしてふわっと、厚めに。かっこいい感じにもしたかったので、マッシュスタイルに。 さらにパーマをかけて、スタイリングも楽に! ワックスかグリースを揉みこむだけ!」 短くしたことの利点も語ってくれました。 「ショートにしたことで、ピアスが前よりも映える! 洋服も同じように少し甘めのスタイルも、年相応に着こなせるような気がしています。 大好きなヘアアレンジも、ショートだとできないかなと思っていましたが、スカーフなら楽しめそうです♪」   ロングのパーマヘアの場合、スカートなどの女性らしいアイテムを身につける際、甘さが過剰にならないようバランスに気をつけたり……とおしゃれに工夫が必要になることも。 ショートでは、引き算をする必要がなくなり、ただスカートを合わせるだけでグッドバランスが完成する……などなど、うれしいことづくめ。 ロングヘアだと甘くなりがちなティアードワンピも、ショートならストンと着るだけでこの通り。髪型をすっきりまとめる……などの引き算いらずです。 メイクやアクセサリーも、“やりすぎ”にならずに気に入ったものをプラスできたり……と、おしゃれの自由度がぐっとアップするのです。 おしゃれに変化がほしい、力の入れどころのバランスをかえたい……そんなLEE世代の悩みに答えてくれるショートヘア。 夏から秋へ、季節の変わり目にチャレンジしてみるのはいかがでしょうか?
  • Marisol ONLINEで配信されたファッション記事の人気ランキングトップ10を発表!※集計期間:2019年8月6日(火)〜8月19日(月)【ファッション 1位】黒、ブラウン、ネイビー。Tシャツのバリエが豊富な今季、王道の白以外で1色選ぶなら? ★記事はこちら【ファッション 2位】蛯原友里がトライ!夏のヘビロテ靴「スニーカー」の遊び方 ★記事はこちら【ファッション 3位】アラフォーのための「見せキャミ」と「レギンス」どう選ぶべき? ★記事はこちら【ファッション 4位】蛯原友里がトライ!夏のヘビロテ靴「サンダル」の遊び方 ★記事はこちら【ファッション 5位】人気エディター磯部安伽さんの今の気分を足せる「スパイス小物」アクセサリー&小物 ★記事はこちら【ファッション 6位】今買ってすぐ着られる!秋気分を先取りするエムセブンデイズのブラウス&ニット ★記事はこちら【ファッション 7位】スカート丈は長めが主流。アラフォーの同窓会【美女組ファッションSNAP】 ★記事はこちら【ファッション 8位】休日も。働く日も。毎日「ゆるてろパンツ」 を5days着回し★記事はこちら【ファッション 9位】白ベージュグラデで完成させる真夏の時短コーデはやや辛口が決め手【2019/8/2コーデ】 ★記事はこちら【ファッション 10位】夏は涼感のあるリゾートライクなブラックワンピースでおしゃれに手抜きなし ★記事はこちら▶人気記事ランキングをもっと見る
  • 辛めフェミニンOLの通勤用のスニーカーにはモダンな黒がおすすめ。キレのいい黒スニーカーで、お仕事コーディネートをかっこよく引き締め。軽やかに履きたいなら白ソール、モードに履きたいならオール黒を。 辛めフェミニンOL花は黒スニーカーでモダンに 素材感のあるスニーカーで秋ムードを盛り上げて 上質感のあるヘアカーフ素材。靴¥14800/アルアバイル(モヒ) カーディガン¥24000/ゲストリスト(ハウント代官山/ハウント) ワンピース¥8990/プラステ ピアス¥11000/シティショップ(フィリップ オーディベール) 時計¥47000/ニード サプライ(サザレ) バングル¥9000/ジョリー&コー(イディアライト) バッグ¥26000/ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム(サンドクヴィスト) トートバッグ¥11000/ジャーナル スタンダード 表参道(マーロン) MOHI... 靴¥14800/アルアバイル(モヒ)  つやのある黒スニーカーなら職場でも浮かず大人めに レザー素材と細めひもが革靴ライク。クッション性のよいカップインソール。靴「ピーストン」¥15500/モーダ・クレア(マッキントッシュ フィロソフィー) ニット¥5600/ミラ オーウェン ルミネ新宿2 店(ミラ オーウェン) スカート¥24000/フィーニー スカーフ¥23000(参考価格)/アマン(アルテア) 時計¥30000/ウエニ貿易(ドゥッファ) ピアス¥34000/フレーク ブレスレット¥10000/ノジェス バッグ¥152000/ゲストリスト(ハウント代官山/ザンケッティ) MACKINTOSH PHILOSOPHY[ピーストン] 靴「ピーストン」¥15500/モーダ・クレア(マッキントッシュ フィロソフィー)   ドレスシューズ感覚で使えるオールブラックスニーカー ソールまでオールブラックで統一されたスニーカー。細身のノーズも相まって、スーツ男子にもスッとなじむシャープさが手に入る。よりきちんと見せたい日は、細身の黒パンツに合わせてほどよくマニッシュに。靴「Zilo」¥17000/デッカーズジャパン(アグⓇ) ブラウス¥19000/デ・プレ(ノット) パンツ¥16000/トゥモローランド ピアス各¥21000・リング¥32000/ハルミ ショールーム(コールムーン) バッグ¥28000/アンティット(マルコマージ) サングラス/私物 UGG®[Zilo] 靴「Zilo」¥17000/デッカーズジャパン(アグⓇ) 撮影/倉本ゴリ〈Pygmy Company〉(人)、坂根綾子(物) ヘア&メイク/桑野泰成〈ilumini.〉 スタイリスト/吉村友希 モデル/松島 花 取材・原文/石黒千晶 ※BAILA2019年9月号掲載 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 5.5px Helvetica}
  • 10年間ずっとロングヘアをキープしていたのですが、急に切りたくなってボブにしてみました。バッサリ20cmカット!すっかり更新が空いてしまいました。 自身の挙式も無事終わり、ロングヘアをキープする理由がなくなったので、約10年ぶりにボブにしてみました。 写真は軽く巻いていますが、今は外ハネにしたり、内巻きにしたりいろんなアレンジを楽しんでいます。 ロングよりアレンジの幅があって、もっと早く切ればよかったと思ったくらい! 美しいロングヘアの人を見るといいなぁと思ったりもしますが、私の場合は髪を切っただけで若々しい印象になった気がします。 秋になったら、一部ハイライトを入れたりしてカラーで遊びたいと思っています。 こちらは横から見たスタイル。ちなみに、この日は全身真っ白のコーデでお出かけしていました。セットアップではないのですが、MUVEILのトップスにMUVEILのスカートを合わせています。 バッグはcharmant sacのPVCに同じくcharmant sacのミルクティー色のバッグをINしました。 最近のお気に入りのコーデです。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。 残暑が厳しいですが、暑さに負けずみなさん残り少ない夏楽しんでくださいね。美女組No.143 ASUKAのブログ
  • 日本一の夢が目前で消えそうになっても、宮澤が迷わず選んだ「決断」とは?OurAge世代になって初めて乗った自転車に恋した私。元プロのロードレーサー、宮澤崇史(みやざわ・たかし)と偶然出会い、そのまま成り行きで彼のマネジメントに携わることになりました。全く無縁だった自転車の世界で、さらに全く知らなかった元選手のマネジメントに携わるなんて、なぜ?と我ながら不思議に思います。実際なぜかと問われたら、ただ宮澤という人間が、人が生きるうえで本当に大切なものをいくつも心の奥にしまっている人だったから、としか言いようがないでしょう。彼のストーリーは、今週末の8月24日、日本テレビ系列の特番『24時間テレビ』の中で「嵐」の相葉雅紀さんが主演を演じるドラマスペシャル『絆のペダル』として放映されます。そのドラマをご覧いただければ、彼の驚きの半生をよくわかっていただけると思うのですが、ここではその前情報として、少し彼のことをご紹介しておきたいと思います。宮澤崇史/元・自転車競技選手。北京オリンピック・ロードレース種目・日本代表。中学生の時にテレビで観たツール・ド・フランスに感動してプロの自転車選手を目指す。高校卒業後に渡欧、以後は主に海外に活動の拠点を置く。36歳で現役引退、現在はリオモ・ベルマーレ・レーシングチームの監督を務める他、レース解説や講演など様々な活動に従事。「自転車選手は自転車に乗っているだけでなく、日々の生活全てからいろんなことを学んで人生そのものを豊かにすべし」というフィロソフィーの持ち主で、食、音楽、ファッションなど幅広く関心を持ち、表現する。1978年、長野県生まれ。41歳。幼い頃に父親を亡くした宮澤を女手一つで育てた彼の母親。たまたま自転車レースをテレビで観て「自転車選手になる!」と思いつきのように叫んだ崇史の言葉を、子どもの思いつきと笑って済ませず、宮澤の母は真剣に受け止めました。それがやがて、その後の宮澤の人生を決定づけることになります。同僚から自転車を借りてきて宮澤をレースに参加させ、褒めちぎってくれた母。高校生で本格的にレースを始めた宮澤の遠征には、母が車を運転して出かけ、共に車中泊でレースに臨む。そんな親子二人三脚で、宮澤の選手生活は支えられていました。イタリア遠征の機会を得た時も、母親が少ない収入の中から費用を工面しました。そんな苦労を痛いほど感じていた宮澤は、母の献身に応え、日本一の選手になりたいと奮闘。ヨーロッパでレースを学んで来ると、国内レースで次々と勝ちを上げ、みるみる頭角を表していきます。そして、日本一の座まであと少しという時……。愛する母を巡って、選手生命にかかわる大きな「決断」を迫られます。宮澤が23歳の時のことでした。母のため、迷いなく選んだその「決断」のため、体力と時間を失った宮澤は、戦力外通告を受け、プロ選手としての道を閉ざされてしまいます。しかし、それでも自転車をあきらめなかった彼は、単身フランスに渡り、あらためてアマチュアから再びトップ選手の座を目指して血のにじむような練習を始めました。それから努力を重ね、宮澤は32歳で晴れて「日本一」の座を手に入れたのです。あの「決断」から、9年の時が流れていました。宮澤と母の軌跡、その思い、苦しみ、そして喜びは、ドラマで詳しく描かれています。ぜひ、ご覧ください。宮澤の半生はこれまでも何度かメディアに取り上げられ、中学生の道徳の教科書にも掲載されています。そして今回、『24時間テレビ』のドラマスペシャル『絆のペダル』として、さらに多くの方々に知っていただけることを、嬉しく思います。現役時代の宮澤。(手前の青いウェア) ツアー・ダウンアンダー(オーストラリア)にて。ドラマからリアル世界に届いた、「たかしー!!」の呼び声先日、ドラマの収録最終日に宮澤がお招きを受け、宮澤と共に私も、神奈川県川崎市の生田スタジオまで行ってまいりました。宮澤家のセットが組まれたスタジオに案内されるや、スタッフ・キャストの皆さんから盛大な歓迎を受けて照れる宮澤。相葉雅紀さんは、宮澤との対面に感激されたご様子で、始終溢れる笑顔。途中ADさんがやってきて「崇史さーん」と声をかけると、二人が同時に振り返り、スタジオ中が大笑い。最終カットの撮影は、崇史のフランス行きを薬師丸ひろ子さん演じる母・純子が励ますシーンでした。相葉さんと薬師丸さんは、仲睦まじい本物の親子にしか見えません。「カーーット!お疲れ様でした!」の監督の声と共に拍手が沸き起こり、主演の二人に花束が贈られます。相葉さんはスタッフの方々に向かってお礼を述べられてから、「宮澤崇史さんという方に出会い、演じさせてもらって、僕の人生の大切な宝物になりました。僕はこの役が大好きで、本気で熱くなれる役だったなと思います」と挨拶されました。胸熱。スタジオを辞し、都内に戻る帰路。自転車の宮澤と私は、お盆前で大渋滞を起こしている車列の横をすり抜けて走っていました。ふと横を見ると、サングラスをした女性がこちらを見てニコニコしながら手を振っています。顔がわからないけれど、知り合いかな?と訝りつつ、チラチラ見ながら走っていたらそのうち窓が開いて――「……たかしー!!」と叫ぶ声が聴こえました。それって、もしかして……ドラマのセリフ?ということは……薬師丸さん……!満面の笑みで一生懸命手を振るその姿は、まぎれもなくレースで崇史を応援する母の姿でした。フィクションと現実の境界が、融解した瞬間。一瞬、鳥肌が立ちました。台本を何度も読み、そのシーンを心に刻みつけていた薬師丸さんは、リアル崇史が自転車に乗って自分の前を走り過ぎていく姿を目にして心が躍り、思わず声をかけてしまったのでしょう。なのにリアル崇史ときたら、肝心のセリフを耳にしていないのです。(気づかずそのまま走って行ってしまいました)あんな奇跡のようなシーンを目撃したのは、この世で私一人だけなんて。テレビの画面でもなく、スクリーンでもなく、舞台の上でもなく、私の目の前だけに現れ、一瞬にして消えた幻のシーン。こうした小さな、けれども美しい瞬間がほんの少しあるだけで、人生は素晴らしいと思えるのです。この週末はハンカチを、いえ特大タオルを用意して、母と子の絆の物語『絆のペダル』をぜひご覧くださいね!北京オリンピックでの宮澤とお母さん◆24時間テレビ ドラマスペシャル「絆のペダル」(日本テレビ系列)8月24日(土)午後9時ごろ放映https://www.ntv.co.jp/24h-drama2019/
  • 「これまでデニム一辺倒だったのですが、今年の秋は久しぶりにワンピースやプリーツスカートといった女性らしいアイテムに惹かれています」と語るエディターSUGAWARA。そんなフェミニンな装いをバッグ&シューズを使って今年らしく完成させる。 不動のブラック【ジョルジオ アルマーニ】バッグ〈W11×H20×D3cm〉¥300,000/ジョルジオ アルマーニ ジャパン(ジョルジオ アルマーニ) 「ジョルジオ アルマーニ」のミニマルなクラッチバッグ。「バッグは基本ベーシックなブラックがマイ定番。パーティシーズンにも使える万能なバッグは、ぜひ一つ持っておきたいアイテム。デイリーでもさりげないアクセントとして重宝しそう」。ジョルジオ アルマーニ ジャパンhttps://www.armani.com/03-6274-7070ギャップのある足もとに【セルジオ ロッシ】ブーツ「ウィンタージュリー」〈H1.5cm〉¥55,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) 「雨や雪などの時にも活躍しそう!」と選んだ「セルジオ ロッシ」の一足は、ナイロン素材の上にPVCを重ねたレインブーツ。コーディネートのスパイスとしても取り入れられるファッション性の高さも魅力。「足もとは、エッジの効いたオセロット柄でギャップを楽しみたい」。セルジオ ロッシ カスタマーサービスhttps://www.sergiorossi.com/0570-016-600 PROFILE/エディターSUGAWARAウェディングとファッション担当。淡々としていますが笑い声だけよくとおります。好きなものは夕暮れとボサノバとチョココロネ。
  • 人気スタイリスト村山佳世子が提案。アラフォーに似合う大人のカジュアルスタイルとは?スタイリスト 村山佳世子スタイリスト 村山佳世子集英社の雑誌を中心に第一線で活躍し続けるトップスタイリスト。初の著書『一生もののおしゃれが身につく10のルール100のコーディネート』(集英社)も6刷5万部のヒットに!大人のカジュアルとは? の問いに「ベースはきれいめに、どこかに必ず女らしさを残すこと」と答えてくれた村山さん。アラフォーに似合うその具体例を、5つのイメージで見せてもらいました。STYLE 01:スポーティなカジュアル <まずは注目のボリュームスニーカーを使ったちょっとスポーティなスタイルを。これも実はシャツ+タイトスカートと、ベースの服はきれいめなんです。そこにスニーカーやスカートのリブ素材といったカジュアルな要素を加えてちょっとだけ着くずす、このくらいが、大人にはよいバランスです>「シャツはボリューミーなサイズを選ぶとより今年らしく。さりげなくおしりやおなかもカバーできて一石二鳥です。襟をあけたり袖をまくったりしてラフに着つつ、ナバホパールのネックレスとバングルでさりげなく女らしさを加えて」(村山さん)。シャツ¥25,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) スカート¥18,000/カオス丸の内(カオス) バングル¥110,000/ザ ストア バイシー 代官山店(アグメス) ネックレス¥71,000/エスケーパーズ(ハルポ) スニーカー¥88,000/トッズ・ジャパン(トッズ) リュック/スタイリスト私物STYLE 02:ヘルシーなカジュアル<人気再燃中のショートパンツで夏ならではのヘルシーな着こなしに挑戦。女らしさを出すため、パンツはあえてボーイッシュな素材ではなくとろみのある一枚を選んで。トップスはジャケットでもシャツでもいいですが、ぜひ「襟」があるものを。そうすると簡単に上品さが生まれます。>ツヤのあるパンツとラフなリネンジャケットの異素材ミックスにも、上級者らしいおしゃれ感が漂う。「旬のブラウンと白をメインにした色合わせもポイント。子供っぽくなりがちなショートパンツを色みで大人っぽく見せる作戦です(村山さん)」。ジャケット¥44,000/サード  マガジン ニット¥24,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) パンツ¥38,200/ヴィンス 表参道店(ヴィンス) ハット¥37,000/ボルサリーノ ジャパン(ボルサリーノ) バッグ¥429,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ) バングル¥42,000/ザ ストア バイシー 代官山店(ダイナソー デザイン)STYLE 03:クールなカジュアル<黒が主役のクールカジュアルってやっぱり素敵。ただ、アラフォーが黒で辛口に固めすぎると貫禄ばかりが出てしまうので……。遠くから引きで見るとクールでカッコいいけれど、近くに寄って見ると実は甘さがあって女らしい。そんなさじかげんを意識してみました>切りっぱなしのブラックデニムにボヘミアンな刺繡ブラウスを合わせ、ほんのり甘さのある着こなしに。「黒はどうしても重くなりがちなので、ラフにまとめた髪やベージュのバッグ、クリア素材のパンプスなど、コーデを軽やかに見せる工夫をちりばめて」。ブラウス¥69,000/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(ヴァレニキー ファッション) デニム¥28,000/サザビーリーグ(マザー) ピアス¥27,000/プリュイ トウキョウ(プリュイ) バッグ¥145,000/アパルトモン青山店(ザンケッティ) 靴¥88,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)STYLE04:トラッドなカジュアル <ラフになりがちな夏だからこそ、ジャケットやローファーで つくるトラッドなカジュアルが気になります。サーマル&コットンパンツのラフな組み合わせにネイビーのリネンジャケットをさらりとはおって、大人マリンな着こなしに。>「今年は薄くて軽くてカーディガン感覚で使える、涼しげなリネンジャケットが本当に豊富。 ラフな服にはおるだけで印象が締まるので、カジュアルなシーンでこそ、ぜひ活用してほ しいアイテムです。配色は白をベースに、ネイビーのジャケットとシルバー小物で夏なら ではの涼しげなトリコロールを意識してみました」。ジャケット¥145,000・サーマルニット¥39,000/マディソンブルー パンツ¥20,000/エドウイン・カスタマーサービス(ジョーズ・ジーンズ) サングラス¥42,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) バングル¥75,000/プリュイ トウキョウ(プリュイ) バッグ¥75,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥81,000/トッズ・ジャパン(トッズ)STYLE05:フェミニンなカジュアル <夜のちょっとしたお出かけにカジュアルなドレスアップって素敵。といっても派手さを出すわけではなく、ワンピースのボリューム感や肌見せでさりげなく女らしさを香らせる。それくらいが今っぽいな、と思うんです。>たっぷりとしたドレープのキャミソールドレスをさらりとまとい、チェーンバッグとバングルで女らしいツヤ感を。「肌見せは胸もとより背中や肩を出すほうがより大人っぽい。足もとはヒールだと逆に古い印象になるので、ぺたんこサンダルで抜け感を出して」ワンピース¥29,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) ピアス¥41,000(アリアナ)・バングル¥110,000(アグメス)/ザ ストア バイシー 代官山店 ストール¥26,500/アイネックス(アソース メレ) バッグ(ベルトストラップつき)¥129,000/クリスチャン ルブタン ジャパン(クリスチャン ルブタン) 靴¥124,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)【Marisol8月号2019年掲載】撮影/長山一樹(S-14) ヘア&メイク/吉岡美幸 スタイリスト/村山佳世子 モデル/ブレンダ コーディネ31 ーター/工藤まや 撮影協力/QUEEN KAPIOLANI HOTEL KNOTS COFFEE ROASTERS.
  • コンペの話が指名でキタ! 張り切って資料探し。絶対結果を出さなくちゃ! 冷房の効いた室内ではジャケットの肩かけで温度調節。インをホワイト&ライトブルーでさわやかに仕上げれば、夏らしいクリーンなムードに。寒色系グラデと揺れるプリーツで、涼しげさも倍増♡ 大振りイヤリングで顔周りも華やげて、イイ女っぽさも上げてみた。気分が上がるコーデで仕事をしていたら、私の仕事を見たというメーカーから「コンペに参加しませんか」と問い合わせが。ご指名だなんて、光栄すぎる! これは気合を入れて頑張らなきゃ……!! ジャケット¥15000/ミラ オーウェン ルミネ新宿2店 ニット¥12000/SANYO SHOKAI(ブルーレーベル・クレストブリッジ) スカート¥8900/ノーク リング¥13000/ステラハリウッド バッグ¥44000(ペリーコ)/デミルクス ビームス イヤリング¥11000/アルアバイル(ドミニク・デナイブ・パリス) バングル¥15000/ジュエッテ 【今月のPROFILE】表参道のデザイン事務所勤務、WEBデザイナー・絵美里大手メーカーの広告を手がけるWEBデザイナーとして働く31歳。仕事に邁進するあまり、買い物に行く時間がないほど多忙。持ち前のリサーチ力を生かし、ECサイトにハマり中。 明日のコーデ一の画像をもっとみる 明日のおすすめ着回しアイテム 【「N.O.R.C」のプリーツスカート】 大人ベーシックが得意な「N.O.R.C」。ドラマチックな揺れ感が女らしいプリーツスカートは、好印象確実な一枚。さわやかで清潔感たっぷりなミントブルーが、涼感を運んでくれる。¥8900/ノーク 【ネイビーダブルジャケット】 きちんと感をかなえるハンサムなネイビー。¥15000/ミラ オーウェン ルミネ新宿2店 【シンプル白ニット】 合わせるボトムを選ばず万能。¥12000/SANYO SHOKAI(ブルーレーベル・クレストブリッジ)  「今月のおすすめ着回しアイテム」まとめはこちらから 撮影/東 京祐(人)、坂田幸一(物) ヘア&メイク/中山友恵〈Three PEACE〉 スタイリスト/門馬ちひろ モデル/絵美里 取材/道端舞子 WEB構成/衛藤理絵
関連キーワード

RECOMMEND