一皮むけて華麗に変身! アヴリル・ラヴィーン、ミュージックビデオでセクシーな魅力を振りまく

SPUR.JP

2019年2月、闘病生活から復帰し、5年ぶりとなる新アルバムをリリースしたアヴリル・ラヴィーン(34)。収録シングル『I Fell in Love With the Devil』のミュージックビデオが公開され、新たな一面をのぞかせた。

Photo:Getty Images

このミュージックビデオは、アヴリル自身がプロデュース。心に潜む苦悩と葛藤する歌詞を表現してか、全体的にゴシック調のダークなビジュアルに仕上がっている。

この中で、全5パターンのゴージャスなルックを披露したアヴリル。どのカットも有無を言わせない美しさと凛々しさであふれ、デビュー当時のパンクな面影は一切なし。見事、過去のイメージからの脱却を果たした。

Photo:YouTube(Avril Lavigne

ミュージックビデオの公開に続き、今年秋にはツアーも開催予定。このツアーは、ニューヨーク、ロサンゼルス、シカゴといったアメリカの主要都市に、生まれ故郷であるカナダを加えた大規模なもの。アヴリルの復活劇はまだまだ続きそう。

Photo:Instagram(@avrillavigne)

一方プライベートでは、億万長者として知られるテキサスの実業家フェイズ・サロフィムの息子で、大手企業のファンドマネージャーやNFLチーム「ヒューストン・テキサンズ」のオーナーを務めるフィリップ・サロフィムと交際中。

今年に入ってからは、アルバムのプロモーションのため世界を飛び回るアヴリルに、フィリップが付き添うなど親身にサポート。手つなぎデートも頻繁にキャッチされ、熱愛ぶりは今も健在!

Photo:Splash/アフロ

2006年に「Sum 41」のデリック・ウィブリー(39)、2013年に「ニッケルバック」のチャド・クルーガー(44)と結婚しているアヴリル。順調なキャリアに乗って、このまま3度目の結婚もあり得る?

お相手は億万長者⁉︎ アヴリル・ラヴィーンが新恋人と手つなぎデート(外部サイト)

世間を激震させた写真とともに振り返る! 人気セレブ15人の激痩せ・激太りエピソード(外部サイト)

text:Kyoko Kawaguchi

関連記事
  • こんにちは。 バイラーズの井上です。 人に言えるような趣味がない私ですが 唯一言えるのが以前もご紹介した昔ながらの硬いプリンが好きで 最近は主人も【今週はどこ行く?】といった感じで聞いてくれるほど。(ありがたい。) 今回行ってきたのは番外編、プリンパフェが有名なお店に行ってきました(^^) 最初に見たのは twitterでの美味しいカフェを紹介するアカウント。 錦糸町と家からあまり近くなかったので 【いつか行ってみたいな〜】とお店のアカウントだけフォローしておいたのですが 見ているうちに様々なグルメ雑誌の取材が入りました〜!と告知が入るので 【これはいよいよ混んでしまう…。】と3連休で行ってきました。 錦糸町南口から徒歩8分、uniCAFE♡ 南口から徒歩8分のお店ということで 少し距離があるのかなぁ〜?と思っていたのですが 駅前には大きな公園がありそちらを横目に歩くとあっという間に到着しました。 目的のプリンパフェは14時からの提供ということで14時を目的にお店を目指したらさらっとお店に入ることができてラッキー✌︎ (とはいえ平日のランチや土日は待つことが多いみたい。この日もプリンパフェ目当ての方が多かったのか私たちが座った後続々とお客さんがいらっしゃってました…。) 主人はランチに スイーツセット(←ハーフサイズのケーキをお手頃価格でつけることができます。)&アイスコーヒー。 わたしはプリンパフェ&アイスコーヒーを注文♪ と、待っていると 他の方が注文したプリンパフェを目撃…。 思っていたよりミニサイズかも…錦糸町ってなかなか来ることできないし、これからどんどん混んでしまいそうだし…と追加でデザートを注文することに…♡ この日いただいたのはこちら✨ メニューは お肉、お魚、カレー等あって毎日日替わり。 この日のお肉定食は豚ばら肉とレンコンのバルサミコ酢炒め。 プリンパフェは可愛すぎて色々な方向から撮ってしまうくらい。 可愛いだけではなくプリンはしっかり固め&濃い卵の味が。 中にはフルーツやシリアルなどたくさん入っているので混ぜていただくと様々な食感が楽しめます♪ 綺麗なグラデーション。 動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。 ぷるぷるです(^^) こちらは期間限定のお月見お団子タルト。 タルト自体はぎゅっと詰まった黒ごま。 あんことアイス、生クリームがのっているのですが お団子はさらりとしたみたらし団子という感じ。 ちなみに端っこにちょこっといるウサギはさつまいもと秋いっぱいタルトでした。 この日のコーデはこちら。 この日はMilaOwenのセットアップに Baila10月号にも掲載されているPELLICOのバッグで。 お店で見かけた時 一目惚れしたこのセットアップ。 すぐにでも購入したかったのですが 実はニット×ノースリーブに苦手意識があって…。 それにこの夏たくさんもう洋服は買ったしと一度考えたもののやっぱり諦めきれず9月の頭で仕事が変わったこともあり、自分にお疲れ様の意味を込めて購入しました。 ライダースを合わせてきたり 上下別々でも組み合わせ無限大な気がするので これから寒くなるまでの間たくさん着まわそうと思っています。 今日も最後までお読みいただきありがとうございました。 instagramはこちらです。 井上あずさ
  • みなさん、こんにちは!カワイイ選抜のわかです。 今日は、居心地の良さが最高級(私調べ)のカフェをご紹介します!Ron Herman Cafeこちらは、千駄ヶ谷にある、アパレルショップのロンハーマンの中にあるカフェです☕️ アメリカの西海岸をイメージして、サーフボードや海の写真が飾ってあって、気持ちがよかったです。左はビーガンライスボウルで、右は緑のパスタです。野菜が入っていてヘルシーかつ、美味しかったです。他にも、カワイイケーキや、ハンバーガーなどもありました! いかがでしたか?私は系列店の、豊洲にあるRHC Cafeにも行きましたが、そちらも居心地が良かったです。 最後まで読んでくださりありがとうございました。 Waka カワイイ選抜 No.71 中野倭佳のブログ
  • 髪を切って2週間。Instagramでコメントいただいてた〝その後の経過について〟報告しまーす!周りからは「切った方が断然いいよ」と、老若男女問わず好評なショート♬ だけに、切って後悔は無いです(^^) 扱いも思ってた以上に全然ラクです。 ただ、全く問題が生じてないかと言えば…足元!靴に若干のモンダイ… そう、スニーカーがシックリこなくなりました(^^;;そんなワケで最近は、ヒール率高め。 スニーカーほぼ出番なしです(^^;; cardigan:deuxiemeclasse pants:plage shoes:pellico bag:hermes stole:joshuaellis このパンツは少し前にローファーと合わせてましたが、 それがギリギリ境界線のようです。 スニーカーではボーイッシュ過ぎました(^^;) かと言って、今回のコーデ↑にローファーはオジさんっぽくなり過ぎ。 ヒールで女っぽさをプラスする感じが一番シックリきました。 Vネック、くるぶし丈のパンツにヒール… 髪を結んでいた時は最も避けてた組み合わせです。 こーゆー着こなしがコンサバになり過ぎず着られるのは非常に嬉しい♬ ですが、 今から訪れようとしてる寒い冬にスニーカーを無視できるかと言えば… NO! それを踏まえて、 これから冬に向けて伸ばすかどうしようかが目下の課題といったところです(^_^) アメブロも日々更新しています↓ bemi's small&simple Style美女組No.52bemiのブログ
  • 秋の手元にイエロー、カーキやブラウンコーディネートとの相性も良し◎皆さま、こんにちは! 少しずつ秋らしい涼しさになってきましたね。 ウィンドウショッピングでは もう店頭にダウンジャケットが並んでいて ちゃっかり試着♪ 9月後半〜のネイルは イエローを入れた ツイードアートにしてもらいました。ぐっと、秋の雰囲気です。 カーキのワンピースを着ていたら 「ネイルと合ってますね!」 と、褒めていただいたので 喜びのコーデフォト☆去年購入したワンピース 今の季節に活躍中。 Onepiece:ナノ・ユニバース Bag:Christian villa Shoes:○I○I ※余談ですが ○I○Iのパンプス 足にとても馴染むのでヘビロテアイテム。 プチプラで優秀!! 柔らかくて伸びるので、ワンサイズ小さめがオススメです。ブラウンや、ネイビーのお洋服とも オールマイティに合うので かなりお気に入りです。 お読みいただき ありがとうございました(^^)▶ My Instagram美女組No.165 Marikoのブログ
  • みなさん おはようございます。 今回はGUの高見えブラウスで、BAILA10月号を参考にブラウンコーデをしてみました。 是非ご覧ください! トップスはGU 2,000円以下で購入できるスタンドカラーブラウス。 ブラウンの色合いがかわいいです。 しっかりした生地で、デザインもシンプルなので高見えします。 秋の通勤服にいいですね。 こちらのブラウスが一枚あるだけで、一気に秋らしいコーデができると思います。 パンツと合わせて通勤コーデ 前回はスカートコーデでしたので、今回はパンツコーデにしてみました。 ブラウン系でまとめてみました! いかがでしょうか。 やっぱり秋はブラウンコーデ これからどんどん秋コーデがしやすい気候になってきますね! 楽しみです♡ ここまで読んでいただき、ありがとうございました! ✦✧instagram✦✧
  • おはようございます。 バイラーズの西田茉衣です☺︎ 今日は最近getしたお気に入りの秋リップをご紹介します。 THREE リリカルリップブルーム 18番 SACRED SYMMETRY  8月に発売された、秋の新色になります。 少し深みを感じるオレンジレッド。 私はイエベ春のパーソナルカラーアナリストなのですが、「自分に似合う秋色リップ」を探していて。こちらはまさにドンピシャでした☺︎ 唇がくすまないお色なので、イエベ春(12分類だとwarm springさん、light springさん)にお勧めできる秋カラー♡ めちゃくちゃ可愛くて、絶賛リピートしています。 質感もつけたては艶があるのに、時間がたつとソフトマットへ変化。色持ちもよく、落ちにくいのも嬉しいです。 ぜひ秋リップお悩みの方、 TUに行かれてみてください^^ そうそう!皆さん10月号の付録、ポール&ジョーのショルダートートお使いになられてますか?^^ 普段折りたたんで鞄の中に入れておくと、何か急に荷物が増えた時に助けてくれる便利なアイテムです! リバーシブルなので、気分によってデザインが選べるのも◎   まだお買い求めになっていない方は、ぜひ10月号お手にとってみてくださいね〜!     それでは、最後までお読みいただき、ありがとうございました! ▶︎▶︎▶︎Instagram♡   ▶︎▶︎▶︎Twitter   ▶︎▶︎▶︎パーソナルカラーサロン saison des fleurs ご予約ページ     パーソナルカラーについてや、私の日常など更新しているので、ぜひ遊びに来てください☺︎
  • 只今発売中のエクラ10月号についているストラスブルゴのガーメントバッグ♪その多様性ったら!!私はずっと気になっていたキッチン用の手拭きと食器拭き用のふきんの収納ケースとして使ってみる事にしました♪昨年のこの時期にも付録についていたストラスブルゴのトートバッグとセットにしてスタイリッシュなキッチンへ。ふきんの収納って結構悩みませんか?私はずっと定位置が定まらず、食器棚の浅めの引き出しに入れても出し入れし辛く、最近はアイアンのラックに入れていたのですが、むき出しの為衛生面と景観が気になっていました。そこで今回のガーメントバッグに入れてみることに! アイアンラックに入れていた分全部収納出来ました。 パンパンになっても程よく伸縮してくれて違和感ないしいい感じ!オーブントースターの上は熱くなるので、乾物なども劣化が早そうで躊躇。ふきんを置くのにぴったりです!!ふきん掛けまでもすぐなので動線もバッチリ!昨年のバッグはキッチンツールカバーとして❤︎こんなにスッキリまとまり、ようやく定位置が見つかりました♡ガーメントバッグを旅行時や普段バッグとしても使いたいので、もう一冊買ってきました♪♪ 間に合って良かった〜✨ ❤︎Instagramはこちらです❤︎華組 宮原江里子ブログ
  • 鮮やかな姿形はもちろんながら、最近では「うまみ」豊富な野菜としても人気が集まる、パプリカ。路地ものがまだまだ食べられる夏の名残のこの時期にこそ、たっぷり味わっておきたいもの。その「うまみ」が際立つベストな食べ方が、実は「ロースト」です。パプリカがポピュラーに食べられているニューヨークで身につけた「ロースト術」を駆使して、パプリカをもっと美味しく味わってみませんか?ニューヨークのファーマーズマーケットには色とりどり、形や大きさもさまざまなピーマンやパプリカが売られています。アメリカでは、ピーマンもパプリカも「ベルペッパー」とよぶのが一般的。鮮度のいいベルペッパーは味に深みがあって、本当に美味しいです。さまざまな色・形のパプリカ。ピーマンとの区別もなく、鮮やかな色のものも緑のものも、まとめて「ベルペッパー」と呼ばれるピーマンはビタミンCが野菜の中で一番といっていいほど多いのですが、その中でも一番多いのは赤です。続いてオレンジや黄色。緑も多いのですが、赤や黄色に比べるとややビタミンの含有量が減ります。赤のベルペッパーはふくらみがあるものも細長いタイプも果肉が厚めなので、日本でいうパプリカですね。生でいただく食べ方は、スティック状にカットしてディップをつけて食べるとか、小さなサイコロ状に切ってサラダに混ぜるなど、すでに日本でもポピュラーですね。生でいただくより、ぐっと味わいが増すのは「ロースト」です。パプリカのロースト、主にオーブンを使うので面倒に感じるかもしれませんが、丸のまま、あるいは一緒に調理してしまえば、実は簡単で美味しくてお勧め。今回は、美味しいレシピと、それに合わせたパプリカのロースト法をご覧いただきましょう。赤パプリカは縦半分に切り、軸と種を取り除きます。オーブントレイの上にクッキングシートを置き、皮側を上にして、225度のオーブンかオーブントースターで30~35分くらい、皮が黒くなるまで焼きます。日本では、焼き網などを使う人も多いようですね。高温で熱することで甘みが強くなります。真っ黒にしなくても、皮が浮き上がってくる程度で十分。焦がし加減はお好みで。周りがだいたい均等に黒く焦げたら、粗熱がとれたころあいで皮をむきます。焦げたところさえ取れれば、皮が全部うまく剥けなくても気にしないで大丈夫。それを縦に1センチくらいの幅で細長く切ります。この細切りパプリカは、何に入れても美味しいもの。これを上質のオリーブオイルに漬けておくだけでも、美味しいワインのおつまみになります。ささっと1品出したいときに便利です。この連載1回目のアボカドトーストでも使っていますので、是非そちらも参考にしてくださいね。そのローストした細切り赤ピーマンを使ったのがこちらのピンチョスです。モッツレラチーズ、黒オリーブ(種なし)、黄色のプチトマトの組み合わせ。色も姿も可愛いでしょう? 味の組み合わせも、なかなかマッチしていて美味でした。黄色のプチトマトはヘタの側を少しだけスライスし、座りがよくなるようにします。ビビッドな色を生かしたピンチョスに。黒オリーブの塩味で味が決まります。省くときは適宜味付けを丸々とした赤パプリカに、詰め物をしてローストすると、よりボリュームのある1品になります。モッツレラチーズ、半分に切ったプチトマト、黒オリーブに塩胡椒、オリーブオイル、バルサミコビネガー少々を加えて混ぜて、縦半分に切って軸と種を除いた赤ピーマンに詰めます。切り口を上にして、175度のオーブンまたはオーブントースターで20分くらい焼きます。最後に刻んだ緑の葉っぱを散らすとさらにきれい。ここではセロリの葉っぱを使いましたが、パセリやバジルももちろん合います。黒オリーブはお好みで省いていただいてもいいのですが、あった方が味が引き締まる感じがします。こちらは黒焦げにはしないロースト方法。低温でじっくり焼くので、甘みが出ます細長い形のパプリカが手に入ったら、丸ごとローストしてしまうのもインパクトがあって素敵です。この場合は、ヘタはあえて残した方がお洒落。よく洗ったパプリカに塩胡椒、オリーブオイル、バルサミコビネガーをまぶします。200度に温めたオーブンかオーブントースターで10分ローストしたら、ひっくり返して反対側も10分ロースト。これだけでも甘みが出て美味しいのですが、ブッラータチーズを添えて一緒に食べたら、温かいローストパプリカと冷たいブッラータの組み合わせが思った以上に素敵なハーモニーを奏でてくれました。包丁を横にしてつぶしてブッラータの上に散らしたピンクペッパーも、見た目にも味的にもいいアクセントになるので、手元にあればぜひ加えてください。焼きたてが美味しい! パプリカの丸ごとロースト。見た目にもグッと来ます
関連キーワード

RECOMMEND