夏の顔は、やさしくモダンに。ベージュの伝言

SPUR.JP

この夏のベージュトレンドに、おしゃれな人はもう気づく頃。素顔にそっとヴェールをかけるような繊細さと、甘さ控えめのモダニティを兼ね備えた旬な取り入れ方を、ベージュの濃度別に伝言。

ワントーンこそ質感ミックスで遊ぶ

ブラウス¥37,000/エディット フォー ルル(フィフィ チャシュニル) ピアス(右耳、両耳価格)¥7,000・ピアス(左耳)¥6,500/ネズ

ベージュワントーンで、顔色を悪く見せない秘訣は、ほんのりとピンクがかったスキントーンに近いベージュを選ぶこと。マットなチークにグロウなハイライト、クリーミーなリップ……。さまざまな質感のベージュをミックスすれば、重さを感じさせないエアリーな雰囲気に仕上がる。甘さを足すよりも、内なるイノセンスを引き出す。大人ガーリーな100%ベージュフェイス。

MAKE-UP TIPS

アイシャドウ(6)の下のベージュをまぶたに。7の上から2、3 番目を混ぜて目のきわの目頭から黒目上までに塗る。アイライナー(1)を上まぶたのきわと下まぶたのインサイドに引く。頰骨に沿ってチーク(2)をぼかし、高い位置にハイライト(4)を。唇は5で彩る。

1 イノセントなまなざしを引き立てるアイボリーベージュのペンシルアイライナーで、モードなスパイスをきかせる。ハイピグメント ロングウェアアイライナー 8221 ¥3,000〈8月23日発売〉/NARS JAPAN

2 ニュートラルなサンドベージュのチークで、穏やかに陰影を感じさせる頰に。ブラッシュ スプティル NU 217 ¥5,700/ランコム

3 ウェットなツヤを与えながら保湿。天然由来成分98%のマルチバーム。インフィニトリー バーム 04 ¥3,200/セルヴォーク

4 日差しに映えるローズゴールドのスティックハイライトで、チークボーンにヘルシーな輝きをオン。ラディアント タッチ シマー スティック 3 ¥6,000/イヴ・サンローラン・ボーテ

5 ほんのりとした赤みを感じさせるクリーミーなベージュ。ラプソリュ ルージュ R 204 ¥4,000〈9月13日発売〉/ランコム

6 目もとのベージュは、マット質感を選ぶのが旬。
エッセンシャル マルチカラー アイシャドウ パレット バーニッシュドブロンズ ¥6,000〈限定発売〉/ボビイ ブラウン

7 クールな表情の10色のベージュをそれぞれベストな質感で。ベージュを知り尽くしたブランドの新しきシグネチャーパレット。ルナソル ザ ベージュアイズ 01 ¥10,000/カネボウ化粧品

クールベージュをやわらかく繊細にまとう

ドレス¥11,000/ビームス 銀座(レイビームス) ブラトップ¥4,700/エディット フォー ルル(ベースレンジ) ピアス¥15,000/コトナ デザイン スタジオ(コトナ)

肌を見せるヌーディなドレスをまとう日は、赤みを抑えた低温ベージュのマットリップを合わせてさらりとクールダウン。目もとには媚びないネイビーブルーを淡くぼかし、さりげない涼感を漂わせる。ほのかな血色を感じさせる影の立役者は、広めに入れたアプリコットベージュのチーク。ピュアな佇まいにほんのりとクールなニュアンスを漂わせた、涼感も80%のベージュメイクアップ。

MAKE-UP TIPS

まぶた全体にアイシャドウ(11)を塗る。9の右下のブルーを二重ラインの目尻側1/3に、くぼみをなぞるようにぼかす。チーク(10)を頰全体に広めに淡くぼかす。リップは青みベージュの8を合わせて。

8 モードな顔になれると評判の、赤みを抑えた低温ベージュ。シルキーな塗り心地の進化系マット。RMK リップスティック コンフォート マットフィット 03 ¥3,500/RMK Division

9  クールな表情を添えるネイビーブルーのアイシャドウは、繊細な粉質でシアーな発色を選べば軽やかに。カネボウ セレクション カラーズアイシャドウ 08 ¥5,500/カネボウインターナショナルDiv.

10  モダンなムードを漂わせつつ、ほのかな血色を宿す頰に仕上がる、エフォートレスなアプリコットベージュ。グローオンF M ミディアム アプリコット(レフィル)¥2,500〈限定色〉・ケース¥700/シュウ ウエムラ

11  洗練された目もとのベースを整えるのは、ノンパールのマットなイエローベージュ。何色も揃えたくなるプライスもうれしい。ケイト ザ アイカラー 037 ¥650(編集部調べ)/カネボウ化粧品

12  フレッシュな感触でクールなマットベージュに染め上げる、リキッドタイプのヌードベージュ。パルファム ジバンシイ アンクル・アンテルディ 01 ¥3,800/LVMHフレグランスブランズ

夏のヌードベージュは透け感で選ぶ

ブラウス¥17,000(グローブ ソウル)・ピアス¥12,800(baebae)/アイクエスト ショールーム

まなざしに神秘的な深みをもたらすフォレストグリーンのラインに、テラコッタのようなオレンジレッドの頰。乾いた自然の風景を感じさせる力強いアースカラーに、ヌードベージュで都会的な洗練を加える。ヌーディなベージュリップをモダンにつけこなすには、素の唇が透けて見えるようなシアーな発色を選ぶのがポイント。アイシャドウは、陽光に映えるゴールドパール入りが好相性。

MAKE-UP TIPS

17で切れ長なアイラインを描く。アイシャドウ(13)の右上をアイホールの中心にぼかし、左下の色をラインのエッジをぼかすように重ねる。チーク(15)を頰骨に沿って楕円形に広めに塗り、パレット(14)の右下のリップカラーをブラシでオンする。

13  リッチな輝きのサンタンベージュ。
アイ カラー クォード 04A ¥9,200〈8月16日発売〉/トム フォード ビューティ

14  アイコンシャスなメイクアップをかなえるパレットから、赤みを抑えたシアーなヌードリップを選んで。素唇が透ける質感が官能的でデリケートなムードに。アディクション コンパクト10 リミテッドエディション アイコンシャスアディクション¥9,000〈7月26日限定発売〉/ADDICTION BEAUTY

15  夏の日差しに映えるブラッドオレンジのチーク。
ブラッシュクチュール 1 ¥6,000/イヴ・サンローラン・ボーテ

16  シルクのような上質なツヤ感が魅力のペールベージュ。ルージュ エッセンシャル シルキー クリーム リップスティック 04¥3,600/ローラ メルシエ ジャパン

17  メタリックな輝きのフォレストグリーンのアイライナー。黒よりも奥行きとニュアンスのあるまなざしに仕上がる。スティロユー ウォータープルーフ 948 ¥3,200〈6月28日発売〉/シャネル

ビター&スウィートな顔立ちに、1割の引き算

ニット¥37,000/ビューティフル ピープル 銀座三越(ビューティフル ピープル)

まぶたのクリースの両サイドにぼかしたクールなスモーキーグレーと、眉下から頰にかけて広く入れたガーリーなインテンスピンク。個性の異なるポイントメイク同士をつなぐ役割を担うのが、10%のニュートラルなベージュリップ。ほのかな赤みをたたえたピーチベージュを選べば、モダンなバランスをキープしつつ、ヘルシーな印象に。ベージュの引き算がもたらす洗練の公式。

MAKE-UP TIPS

アイシャドウ(20)の上段と中央をブレンドし、まぶたのくぼみに沿って、目頭側にぼかす。チーク(21)をブラシに取り、眉山の下から頰骨に沿って勾玉形にのせる。唇は19でナチュラルに。

18  とろける美容オイルのツヤとほどよい赤みでベージュビギナーにも取り入れやすい。マキアージュ ドラマティックルージュEX BE777 ¥2,800(編集部調べ)/資生堂

19  どんなテイストにも合わせやすい、穏やかなぬくもりをたたえたピーチベージュ。やわらかくも静謐な彩りが、大人の引き算を助ける。デアリングリィデミュアリップスティック 05 ¥3,900/THREE

20  スモーキーなグレーがけぶる目もとで、大人ニュアンスを漂わせたい。トリオ ブリック パレット 053 ¥7,700〈限定品〉/パルファン・クリスチャン・ディオール

21  肌の透明感を引き立てる、鮮やかなローズピンクのチーク。広くぼかすことで、可愛いだけにとどまらない意志ある表情をつくる。ブラッシュ スプティル MA 356 ¥5,700/ランコム

>商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら

SOURCE:SPUR 2019年8月号「ベージュの伝言」
photography: Kiyoe Ozawa(model), Kevin Chan(product) styling: Naoko Shiina〈 Tiber Garden〉 make-up: NOBUKO MAEKAWA〈Perle〉 hair: Kazuhiro Naka〈KiKi inc.〉 model: Rhiannon calligraphy: Cheeeee!!! text: Anna Osada

関連記事
  • ワーキングウーマンに欠かせない、最新テクノロジーを搭載したガジェット。バッグやケースはデバイスファーストで、ストレスなく持ち歩けるアイテムを選びたい。仕事の効率化をかなえながら、スタイルはモードなままで! ライフハック・バッグ デジタル機器を収納しながら、佇まいはスタイリッシュ。ガジェットもファッションの一部に変える最新バッグで、自由なワークスタイルへ。PRADA側面にポケットを配したナイロンカーゴバッグは今季のメンズコレクションから。主室はマチもたっぷりありカメラも収まるサイズ感。 バッグ〈H17.5×W19×D22〉¥197,000・シャツ¥74,000・ニット¥68,000・スカート¥501,000(すべて予定価格)/プラダ クライアントサービス(プラダ) 0120-45-1913  机に置いたiPad Pro 12.9-inch ¥111,800〜/Apple Storeコールセンター フラワーベース〈右〉¥6,800(グッチーニ)・〈左〉¥22,000(ANNA)/MoMA デザインストア SAINT LAURENTマルチに使えるバッグは側面のポケットにiPad Proがフィット。「YSL」ロゴ入りのクラッチは単体でも。 バッグ〈H31×W29.5×D17〉¥289,000・ニット¥110,000・スカート¥250,000/サンローラン クライアントサービス(サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ) 0120-95-2746 iPad Pro12.9-inch ¥111,800〜/Apple Storeコールセンター ヘッドホン「RIMOWA x Bang & Olufsen Beoplay H9i」¥92,593/TFC ブックランプ¥29,600/MoMAデザインストア(ルミオエスエフ) Dior"オブリーク キャンバス"をまとったAirPodsポーチは、ウエストポーチとのコンビネーションでスタイリングの一部に。 AirPods ポーチ〈H8×W6×D1.8〉¥37,000・ウエストポーチ〈H17×W20×D2〉¥200,000・シャツ¥140,000・ビスチェ¥280,000・パンツ¥140,000・チョーカー¥110,000・リング¥49,000/クリスチャン ディオール(ディオール) 0120-02-1947 iPhone XR¥84,800~/Apple Storeコールセンター "サイボーグ ウィッカー クラブ"チェア¥80,000/マジス ジャパンBOTTEGA VENETAスタイリッシュなフォルムが目を引く薄型バッグは大事な打ち合わせの頼れるパートナー。スリークなカーフ素材をイントレチャートで編み上げ、ちらりとのぞく内側のディープブルーが小粋。マチが広がる作りになっていて、11インチのラップトップが十分に収まる。 バッグ〈H35.5×W34×D25〉¥245,000・ドレス¥400,000・リング¥48,000・靴¥107,000/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン(ボッテガ・ヴェネタ) 0120-60-1966 フラワーベース¥6,800/MoMAデザインストア(グッチーニ) Balenciagaレオパード柄のフェイクファーをまとった、メンズのクロスボディバッグはアクティブに動き回る一日にぴったり。外側のフラップポケットに加え、背面のジップを開けるとスマホが収まるポケット、カードスロットとジップポケットを備え、収納力は抜群。あいた手でスタビライザーを持ち、動画撮影もスムースに! ストラップは取りはずして、ポーチのように使用しても。 バッグ〈H20×W13×D8〉¥86,000/バレンシアガ ジャパン(バレンシアガ) 0570-000-601 iPhone XR¥84,800~/Apple Storeコールセンター SOURCE:SPUR 2019年10月号「ガジェット主役のSLG」photography: Keita Goto〈W〉(model), Takehiro Uochi〈TENT〉(still) styling: Saeko Sugai hair: MIHO EMORI〈KiKi inc.〉 make-up: Mai Kodama〈SIGNO〉 prop styling: Mamoru Hinata model: Stacy K. text: Momoko Yokomizo cooperation: TITLES, YOU ARE WELCOME
  • リップカラー 08 10 11 / IPSA 本当はもっと素敵に変身したいけれど、知らず知らずのうちに「似合わなかったら」「他人から変と思われたら」という変化への恐怖心に縛られて、いつもと同じメイクアップを選択している――そんな無意識下の習慣を、心理学用語で「現状維持バイアス」と呼ぶ。イプサはこの現状維持バイアスからあなたを解き放ち、未知なる自分と出会わせてくれるリップカラーを7月に発売。「新しい自分に出会える!」と、既に話題となっている。 イプサの肌測定器イプサライザーに、デザイン心理学を応用した「3インスピレーションズ」という検証方法を新たに導入。次々提示されるイラストから直感でイメージを選んでいくことによって、リップカラー12色の中から自分の内なる変身願望を叶える最適な色が導き出される。スモールチェンジ、ミディアムチェンジ、ビッグチェンジという3段階で提案してくれるから、今のあなたの変身願望に最もしっくりくるカラーが選べる。新しいリップカラーを塗って街に出れば、昨日よりもっと自分を好きになれるはず。 今回SPUR.JPでは、こちらのページでモデルの椎名美月さんが使用した、スモールチェンジ、ミディアムチェンジ、ビッグチェンジの3色をプレゼント! この機会をお見逃しなく。 PRESENT SPUR公式Twitterをフォロー&リツイートでIPSA リップカラー 3色セットをプレゼント! SPURを応援してくださっている皆様に感謝の気持ちを込めて、公式Twitterのフォロー&リツイートで参加できるプレゼントキャンペーンを開催! 今回お贈りするのは、IPSAの人気アイテムであるリップカラー。 今回は12色の中から、08ナツメホイップ、10ピーチホイップ、11レーズンホイップ、の3色セットを抽選で3名様にプレゼント。ぜひ奮ってご参加を! 応募期間:2019年9月5日(木)14:00までプレゼント内容:IPSA リップカラー 08ナツメホイップ、10ピーチホイップ、11レーズンホイップ、の3色セットを抽選で3名様【応募方法】STEP1 : SPUR公式Twitter 「@SPUR magazine」 をフォロー。STEP2 : 以下のツイートをリツイートして応募完了!※既にフォロワーの方も、リツイートするだけでキャンペーンへの参加は可能です。 /フォロー&リツイートで当たる ✨\「IPSA リップカラー」を抽選で3名様にプレゼント!・応募締切は9/5(木)14:00詳細はこちら https://t.co/VVZ5P1Vkgh#spurpresent pic.twitter.com/nRFUE6aYjT — SPUR / シュプール (@SPUR_magazine) August 22, 2019 【応募条件】・Twitterアカウントをお持ちの方。・SPUR公式Twitterアカウント「@SPUR_magazine」をフォローしていること。・「@SPUR_magazine」の指定するキャンペーン投稿をリツイートしていること。
  • つい、おろそかになりがちなボディケア。でも、全身のかさつき、ぶよぶよ、色ムラは顔よりもむしろ年齢を目立たせる要因。ボディケアにも妥協しない厳しいプロのお墨つき【ボディケア部門】保湿&エイジングケア<BEST 1>シスレージャパンシスレイヤ インテグラル コンセントレート ボディ クリーム「"塗るエステ"感覚のラグジュアリーなボディクリーム。二の腕やヒップ下などの、ゆるみが気になるパーツに手応えあり! 肌の質感も整い、シルキーな触れ心地に。肘のくすみとシワっぽさが解消されたのもうれしい」(美容コーディネーター 弓気田みずほ)。「こっくりとしたテクスチャーだけどベタつかず、肌をキュッと引き締めながらしっとりつやめく肌に。ゆるみの気になるウエストまわり、たるみが気になるヒップを重点的にケア。ボディエイジングへの意識が否が応にも高まる」(ビューティエディター 平輝乃)。150ml¥33,000<BEST 2> ポーラB.A リキッド「同窓会の2 週間前から毎日1 本飲んでいたら、肌がプリッと立ち上がり、透明感もアップしてなかなかの仕上がりに。慌てて美容医療やエステに駆け込まずとも、自信の肌でいられます。友人から、"ちゃんとお手入れしている肌は違うね"と言われました」(美容ジャーナリスト 小田ユイコ)。 20ml×12本¥8,800。洗いながら頭皮と髪に栄養補給。200ml¥8,000<BEST 3> ITRIMエレメンタリー ボディエマルジョン「テクスチャーのコクとみずみずしさのバランス、香りの官能性とさわやかさのバランスがすばらしい! すっとなじんでベタつきを残さず、それでいて手のひらが吸いつくような感触とハリ感を、使ったそばからかなえてくれます」(美容エディター巽香)。150ml¥10,000【スリミング&マッサージケア】 <BEST 1> メルヴィータジャポンロルロゼ オイルイン アイスジェル「ピンクペッパーのパワフルなスリミング効果と− 6 ℃のクーリッシュな刺激が合わさり、脚のむくみや二の腕のだるさがあっという間にリリースされます。運動していないぷよぷよのふくらはぎとヒップ下のたるみもキュッと引き締まって、表面のでこぼこが軽減」(鵜飼)。「筋肉にがっちり食い込む、本気度の高いアプリケーターに夢中。こり固まった部分をゴリゴリとほぐされる刺激が心地よくて、毎日真剣に続けていたら、脚やウエストまわりもむくみにくくなったような。仕上がりの肌のツルすべ感も極上」(マリソル ビューティエディター ハラチノ)。脂肪排出を促しつつ、涼感アプローチで引き締め感をアップ。ローラーつきで便利。100ml¥4,400<BEST 2> GMコーポレーションエレクトロン エブリワン フィットアップボディジェル「ただ塗布するだけでもむくみが引いていくような気持ちよさを感じるジェル。むくみが気になるふくらはぎから太ももにかけてマッサージを続けていたら、むくみにくくなってきたのに驚いた」(トータルビューティアドバイザー 水井真理子)。超微弱電流を含む電子水がベースのジェル。このおかげで、滞った部分に働きかける植物成分がすばやく浸透。180g¥5,300<BEST 3> コンフォートゾーンボディ アクティブクリーム「軽いテクスチャーとハーブの香りが、心身ともに安らぎを。脂肪分解と抗酸化作用が高いからトレーニング後のケアに最適で、マッサージをしながら塗布すると、なめらかなボディラインに近づける。体の疲れを癒しつつ、メンタルも底上げしてくれるアクティブなクリーム」(ヘア&メイクアップアーティスト 小田切ヒロ)。200ml¥8,900/コンフォート ジャパン【美白&UVケア】<BEST 1> カネボウ化粧品アリィー エクストラ UV ハイライトジェル「ファンデーションやメイクで肌色補整した顔とのギャップを感じるマリソル世代のボディ色。それを紫外線から強力に守りながらも、透明感を上げトーンアップして見せてくれるというスグレもの」(美容家 神崎恵)。「紫外線をカットしながらくすんだ肌色の補整まで。微細パールの効果で肩口にできる、キレイなツヤ玉を披露すべく、ノースリーブを着たい! と、ボディ改造のへのモチベーションまで上げてくれるスゴイ日焼け止め」(マリソルビューティエディター ハラチノ)。SPF50+・PA++ ++。60g¥2,100(編集部調べ)<BEST 2> アユーラウォーターフィールUVジェル α「ノンストレスで隅々まで塗れ、塗り終わった後、手を洗わなくてもいいと思えるほど、塗り心地が最高。しかも、塗ってしばらくすれば肌がベタつくこともないから、首や腕にも躊躇なく塗れるのがいい」(美容エディター 藤井優美)。紫外線のほか、環境ストレスもブロック。SPF50+・PA++++。75g¥2,800<BEST 3> イプサクーリング ボディ プロテクター「ひんやりとした泡がしゅわっと肌に広がる、それがこんなにも気持ちいいなんて! 肌表面はするんと涼しげ、肌内部はしっとりうるおい、それなのに、万全のプロテクト効果。一度体験すると、戻れなくなる理想の逸品」(美容エディター 松本千登世)。SPF30・PA+++。100g¥3,800【Marisol8月2019年掲載】撮影/山口恵史 スタイリスト・ペーパーワーク製作/郡山雅代 イラストレーション/ユリコフ・カワヒロ 取材・文/山崎敦子 大木知佳 構成/原 千乃 
  • Marisol ONLINEで配信されたファッション記事の人気ランキングトップ10を発表!※集計期間:2019年8月6日(火)〜8月19日(月)【ファッション 1位】黒、ブラウン、ネイビー。Tシャツのバリエが豊富な今季、王道の白以外で1色選ぶなら? ★記事はこちら【ファッション 2位】蛯原友里がトライ!夏のヘビロテ靴「スニーカー」の遊び方 ★記事はこちら【ファッション 3位】アラフォーのための「見せキャミ」と「レギンス」どう選ぶべき? ★記事はこちら【ファッション 4位】蛯原友里がトライ!夏のヘビロテ靴「サンダル」の遊び方 ★記事はこちら【ファッション 5位】人気エディター磯部安伽さんの今の気分を足せる「スパイス小物」アクセサリー&小物 ★記事はこちら【ファッション 6位】今買ってすぐ着られる!秋気分を先取りするエムセブンデイズのブラウス&ニット ★記事はこちら【ファッション 7位】スカート丈は長めが主流。アラフォーの同窓会【美女組ファッションSNAP】 ★記事はこちら【ファッション 8位】休日も。働く日も。毎日「ゆるてろパンツ」 を5days着回し★記事はこちら【ファッション 9位】白ベージュグラデで完成させる真夏の時短コーデはやや辛口が決め手【2019/8/2コーデ】 ★記事はこちら【ファッション 10位】夏は涼感のあるリゾートライクなブラックワンピースでおしゃれに手抜きなし ★記事はこちら▶人気記事ランキングをもっと見る
  • 男女のファッションの垣根が取り払われた今、ストリートスナップだって、もはや被写体のジェンダーは関係ない。メンズの着こなしも参考にすれば、服選びの幅はぐっと広がるはず。クールなスタイルの持ち主があなたをインスパイアする! パリ2020年春夏メンズオフランウェイに漂う次のムード メンズ・ファッションウィーク開催中の初夏のパリには、時代の空気を体現したジェンダーレスな私服スタイルのモデルたちが集結。次なるスタイルの潮流が、ここから感じ取れるはず!フリルブラウスはグレーのワントーンで辛く透け感のあるエレガントなブラウスは、もはや女性の特権ではない。パロモ スペインのシアーなブラウスを、同じトーンのワイドパンツでシックに着たモデルのポル(@pol.roig)の着こなしは、ぜひそのまま真似したい。足もとは、ナイキのエアマックスではずして。 ※本テーマの@以降は、インスタグラムアカウントです端正な白シャツにはかすかなストリート感をモデルのモー(@itsmomingy)が着たのは、ジル サンダーのシャツ。厚手の生地と端正なシルエットがこのブランドらしい。ディッキーズのパンツやヴァレンティノのロゴスニーカーでカジュアルダウンしつつきれいに着た。ピンクのフーディでストリートルックを愛らしくパステルピンクのフーディが可愛い、モデルのプレーベン(@prebenhelleberg)。パンツや靴にもくすんだ色みを選び、ニュートラルカラーでスタイリング。パンツの丈感やバックパックの柄など、ディテールにこだわりが感じられる。オール黒に赤をきかせ、ボリュームシルエットで遊ぶカイア・ガーバーとデートしているところをたびたび撮られているモデル、ウェリントン(@welllsfargo)をキャッチ。イタリア人デザイナーのブランド、コマキノのワイドパンツと大きめのTシャツのボリューム感で遊んだ。コンバースの赤を差し色に。美しい顔だちで着こなすダッドなパンツスタイル注目の新人モデル、スタインバーグ(@st.einberg)。端正な顔だちを裏切る、ダッド風の私服スタイルがクール。ヒューゴ ボスのワイドシルエットのジャケットとヴィンテージパンツに、ハトメベルトがアクセントを添える。シャイニーなシャツを無造作にドレスダウンモデルのクリスティン(@kristinsoleydrab)の、ビビッドピンクのシャツはヴィンテージ。ドレッシーにも着られそうなシャツを、片側の裾だけタックインして着崩した。スリフトショップで見つけたというプーマのミニバッグがアクセントに。ブルゾンからのぞく南国柄シャツがキュート!H&Mの南国柄シャツが可愛らしい、モデルのピム(@pimamorison)。武骨なムードのヴィンテージブルゾンを、黒で揃えたシャツ&スリムパンツで引き締めた。ボウルカットにしたヘアもよく似合っている。配色カーディガンでつくる絶妙レイヤードモデルのエリアス(@eliasgozal)が着たのはヘンリック ヴィブスコフの配色カーディガン。ウィークデイのシャツ&パンツやサコッシュをアースカラーで揃え、全体をニュアンストーンでまとめた。やわらかなスタイリングにかすかな違和感を持ち込んでいるのは、サロモンのスニーカーだ。ダブルブリッジメガネに宿る、アンドロジナスな彼女の繊細さアンドロジナスなルックスで、DJやモデルとして活動するアガテ(@agathemougin)。サンローランのシャツの襟元を開けてラフに着た。繊細なダブルブリッジのメガネが知的な表情を加える。 >商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら SOURCE:SPUR 2019年10月号「スナップ・ジェンダーレス時代」photography: Mana Kikuta, Mari Shimmura coordination: Shoko Sakai text: Chiharu Itagaki
  • 毎回待ってましたと言わんばかりに楽しみにしているグレースの展示会へ♪ GRACE CONTINENTALの2019A/Wはトルコ柄を前面にプッシュした華やかな色使いアイテムが推しアイテムのひとつなのだとか! GRACE CLASSはA/Wものでは新鮮な明るめトーンアイテムがズラリ!ミニゼブラ柄や大きなアニマルモチーフのワンピはインパクトがあって1枚でキマりそう DIAGRAMはエフォートレスでくすみカラーのアイテムをプッシュ。着回しの利きそうなセットアップものが気になりました^^ 動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。 Carving Tribesは、安定の彫刻柄ハンドスティッチデザインが可愛い〜〜っ。AWに持ちたい落ち着いた色味のものが揃っていました◎ デザイン性のあるものからパーティーシーン、きれいめカジュアルにまとめたいときにも使える3ブランド+小物展開のCarving Tribesを迎えた全4ブランド展開のグレース♪ 毎回お会いするのが楽しみ!(すぎて写真を取り忘れるw)安定の美人オシャレプレスの森田さん(左)と山下さん(右) 写真は2つ前の展示会のもので季節感ズレてますがお見逃しください。笑 今期のA/Wは全体的にパステルカラーアイテムが多かったことが印象的でした!くすみパステル、かわいかった〜^^ 毎回プレスさんこだわりのセレクトで置いてくださっているドリンクブース、今回はなんともフォトジェニックなレモネードでもてなして頂きました♪ 職業病で、ここのブースの写真が一番多い。。笑 今回は一目惚れして着用感とラインの綺麗さにもグッときたコンチネンタルのロングコートと、DIAGRAMのセットアップワンピをオーダー◎ 届くのが楽しみだな〜^^ また載せまーす! ブランドオフィシャルサイト instagram
  • まだまだ暑い夏は続くけれど、秋を先取りしたいという人も多いはず。そんな、今すぐ着られる素材で、秋カラーを取り入れたアイテムを厳選!夏から秋へのスイッチコーデをお届けします。 ①一枚でもレイヤードでも着映えする!端境期にぴったりなブラウス suadeo【洗える】ふんわりクルーネックブラウス ¥13,800+税   8月~9月はこう着る!! 甘めなピンクブラウンのブラウスはデニムできれいめカジュアルに THE SHINZONE ストレートデニム ¥19,000+税   10月~11月はこう着る!! やさしげなじませトーンで女らしさを宿して suadeo 佐藤繊維コラボ【使える】ロングニットカーディガン¥18,000+税 ②オールシーズン使えるパンツはこっくりブラウンでしゃれ見えを狙って THE SHINZONE ベイカーパンツ¥19,000+税 8月~9月はこう着る!! JOURNEE EN ROSE×ne Quittez pas ボリューム袖刺繍ブラウス¥12,600+税 ブラウン×ホワイトの組み合わせがフレッシュかつ洗練された印象に 10月~11月はこう着る!! suadeo 【MICA&DEAL】コラボレーションジャケット ¥33,000+税 深みのあるワントーンコーデでなじみよく上品にまとまる   他にも厳選商品をお届け中! 詳しくはこちらから↓↓ https://flagshop.jp/fs/shop/pages/fscts3183.aspx    
  • 辛めフェミニンOLの通勤用のスニーカーにはモダンな黒がおすすめ。キレのいい黒スニーカーで、お仕事コーディネートをかっこよく引き締め。軽やかに履きたいなら白ソール、モードに履きたいならオール黒を。 辛めフェミニンOL花は黒スニーカーでモダンに 素材感のあるスニーカーで秋ムードを盛り上げて 上質感のあるヘアカーフ素材。靴¥14800/アルアバイル(モヒ) カーディガン¥24000/ゲストリスト(ハウント代官山/ハウント) ワンピース¥8990/プラステ ピアス¥11000/シティショップ(フィリップ オーディベール) 時計¥47000/ニード サプライ(サザレ) バングル¥9000/ジョリー&コー(イディアライト) バッグ¥26000/ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム(サンドクヴィスト) トートバッグ¥11000/ジャーナル スタンダード 表参道(マーロン) MOHI... 靴¥14800/アルアバイル(モヒ)  つやのある黒スニーカーなら職場でも浮かず大人めに レザー素材と細めひもが革靴ライク。クッション性のよいカップインソール。靴「ピーストン」¥15500/モーダ・クレア(マッキントッシュ フィロソフィー) ニット¥5600/ミラ オーウェン ルミネ新宿2 店(ミラ オーウェン) スカート¥24000/フィーニー スカーフ¥23000(参考価格)/アマン(アルテア) 時計¥30000/ウエニ貿易(ドゥッファ) ピアス¥34000/フレーク ブレスレット¥10000/ノジェス バッグ¥152000/ゲストリスト(ハウント代官山/ザンケッティ) MACKINTOSH PHILOSOPHY[ピーストン] 靴「ピーストン」¥15500/モーダ・クレア(マッキントッシュ フィロソフィー)   ドレスシューズ感覚で使えるオールブラックスニーカー ソールまでオールブラックで統一されたスニーカー。細身のノーズも相まって、スーツ男子にもスッとなじむシャープさが手に入る。よりきちんと見せたい日は、細身の黒パンツに合わせてほどよくマニッシュに。靴「Zilo」¥17000/デッカーズジャパン(アグⓇ) ブラウス¥19000/デ・プレ(ノット) パンツ¥16000/トゥモローランド ピアス各¥21000・リング¥32000/ハルミ ショールーム(コールムーン) バッグ¥28000/アンティット(マルコマージ) サングラス/私物 UGG®[Zilo] 靴「Zilo」¥17000/デッカーズジャパン(アグⓇ) 撮影/倉本ゴリ〈Pygmy Company〉(人)、坂根綾子(物) ヘア&メイク/桑野泰成〈ilumini.〉 スタイリスト/吉村友希 モデル/松島 花 取材・原文/石黒千晶 ※BAILA2019年9月号掲載 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 5.5px Helvetica}
関連キーワード

RECOMMEND