この夏、『ロケットマン』のエルトン・ジョンの派手メガネにするか、エド・シーランの地味メガネにするかが問題だ。

SPUR.JP

エルトン・ジョンの苦難と成功の道のりを描いたミュージカル映画『ロケットマン』(8月23日公開)を観て思ったのだが、彼の見た目を象徴するのは、ずばりメガネですね。イギリスの郊外に育ったジミ〜なメガネ少年が、脚光を浴びる度に、そのメガネがどんどんハデになる。ハート型、星型、キラキラのラメやラインストーンで光り輝くメガネの数々。コスチュームがハデになれば、顔だってそれくらいの装飾がないと釣り合わない。そう、エルトンには、フレディ・マーキュリーほどのクドさも盛り上がった歯もないから、メガネをハデにするしかないのだ。

エルトン・ジョンはスターになるにつれて、ジミなメガネ顔をハデに演出していったが、普段のメガネ顔をそのまま定着させて、メガネがトレードマークのようになったミュージシャンは昔からいる。すぐに思い浮かぶのは、ジョン・レノンやエルビス・コステロ。今でいうとエド・シーラン。赤毛とメガネが特徴的だ。映画監督のウディ・アレンも昔からメガネ顔。彼らは特別にいわゆるハンサムではないけれど、メガネが個性となって唯一無二な存在感を出している。エルトン・ジョンのように、メガネをファッションアイテムとしてハデ使いにする人と、視力補強のためのメガネが個性になってしまう人。おもしろいものだと思う。

 

最近、ファッションで白いフレームのサングラスをちらほら見かけるが、あれがモードになる人とマンガになる人の違いもおもしろい。これからサングラスをする機会も多い季節柄、「メガネは顔の一部です」といえるくらいに顔に馴染ませてグラサンライフを楽しみたいものです。

関連記事
  • Uniqlo U(ユニクロユー)のワイドフィットカーブジャージーパンツ 今話題! ユニクロユーのカーブパンツ。いち早く購入した100人隊2名のレポートをご紹介します! 1:No.032 ゆかりさん LEEwebのユニクロ ユー展示会レポートを読み、カーブパンツが気になったというゆかりさん。 「下半身コンプレックスなので、体が綺麗に収まるボトムスがあるならばとにかく試したいのです。ちょうど翌日に発売されてるのを見かけて、ひとり時間のここぞとばかりに試着室入りましたよ」 試したのは、デニムとチノとジャージーの3種類。 「形はどれもやや大きめなつくりの気がします。記事によるとプレスの方は大きめを選ぶとよいとのことでしたが、私はひとつ下げた方がしっくりきました。サイズ違いで履き比べてみてほしい」 ゆかりさんのお試しレポートをご紹介。 ・ジャージー、着心地最高。 「素材上膝出るかなーとか毛玉出るかなーとか心配もあるけれど、とにかくノンストレス。素材は少し厚みがあるので暑さが和らいだ頃に着たい。サイズ選びがいちばん難しかったです」 ・チノ、個人的には一番細く見える気がしました。年中履ける生地感。 「丈直しをするか折り返すか、裾の長さでも印象が変わりそう。私だったらどうしようって迷ってます」 ・デニム 「以前出ていたハイライズタイプのデニムと名前違いの同型だそうです。これが基になったとするなら、そりゃ絶対いいはずだよー。100人隊のみなさんの所持率も高かったですよね。生地軽めで暑苦しくなく履けそう。濃い色、かわいかったなぁ」 チノ黒と迷いながらも、着心地が気に入ったジャージーのブラウンを選択。 「個人的なことですが、ボトムのベージュって私ことごとく似合わないのですよ。でもこのからし色なら雰囲気も違うし、この深めの色がいいなと思って。ハリがあるのでちょっとモードな感じにも。サイズはめちゃくちゃ迷って、Sにしました。166cmでお直し無しです。カーブのラインをより引き立たせるならMなのかも。ジャージーは鏡で合わせるより履いた方が絶対よく見える。めっちゃ形がキレイなのでなんだかんだで結局他のも買っちゃうんじゃないかって予感(笑)」 2:No.038 キー子さん 同じくユニクロユーのワイドフィットカーブジャージーパンツを購入したキー子さん。 「カーブパンツはデニムのものやコットンサテンのものもありましたが、動きやすそうなジャージー素材のカーブパンツにしました! 色は今からでもガシガシ使えそうなホワイトを♪」 「やはりちょっと厚手でした。そして下着の透けもホワイトは気になるような気がしたので対策が必要です。けど動きやすいし、可愛いし、大活躍間違いなし!で大満足。お肉を締め付けられなくて何より楽~~♡」 早速、着こなしを2パターン披露してくれました。 ・TOPS/GU PANTS/ユニクロユー 「シンプルに着てもかわいいシルエットなので、他の色も欲しくなってます♪」 ・TOPS/コムデギャルソン コムデギャルソン PANTS/ユニクロユー 「実際に着てみるとこんな感じに」 どちらもとっても素敵な色。ジャージーの履き心地のよさが気になります! みなさんもお買い物の参考にしてくださいね♪
  • 繊細なディテールに悶絶。フェミニンの中にモードを感じるブランド。EDIT. FOR LULUが大阪にあった頃に知ったleur logette(ルールロジェット)。 もう10年以上前の話ですが、当時は確か「ルル ロジェッタ」と呼ばれていました。 ドット×花柄とか、レース、フリル、刺繍。 一見あまーい服なんだけど、デザインが凝っていてほかのブランドにはない独特のモード感が好きでした。 アラフォーになり、自分の中でもうこの年齢だしと勝手に線を引いてシンプルな服を意識して選ぶようになってしまった反動なのか、ここ数年またleur logetteばかり目が行くように。。。 この日のコーデはどちらも19SSです。ブラウス、パンツはleur logette、バッグはSaint-Laurent、パンプスはFABIO RUSCONIアシンメトリーなフリル、後ろのくるみボタン、ボーダーの向きがちがってすごく立体感があり、着るとウキウキするブラウス。 コットンリネンのハイウエストなワイドパンツも今の気分にぴったり。 手に取るたび、やっぱりこういう服が一番好き!と再認識。 大人が着ても甘すぎない、素敵なデザインをありがとうございます!美女組No.167 hirokoのブログ
  • 今年のカゴバッグは珍しいネイビーカラー!このフォルムも♡大人が持てるカゴバッグです。 イギリス発の「Wicker Wings」 レザー&ラタンの組み合わせに、このフォルムが 他に見ない、大人なカゴバッグです。 レザーに施されたスタッズもポイント。 ロングストラップを外せば浴衣にも合わせられそう。 気に入って実は白も色違い買いしてます! 大人なモノトーンの柄ワンピにスニーカーで外し、 カゴバッグでフェミニンさもプラス。 こういうコーデがやっぱり好き 笑 Wicker Wings インスタグラムも↓ ご覧いただけると嬉しいです!---- my insta ----美女組No.120eririのブログ
  • アイテムの選び方や、大人にふさわしい着こなし方など、夏カジュアルのお悩みを人気スタイリストがわかりやすくアンサー!松村純子松村純子女っぷりカジュアル派Q.SHORT PANTS 子供っぽくならず上品に、ショーパンをはくには? A.短すぎない膝丈で、ふんわり広がらないストレートシルエットを。リネンなどの上質素材がおすすめ(松村)「トップスには、Tシャツよりもシャツやジャケットなどしっかり形のあるものを合わせると間違いありません」。ショートパンツ¥17,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) シャツ(千駄ヶ谷店5 周年限定)¥29,000/サザビーリーグ(フランク&アイリーン) バッグ¥159,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ピアス¥16,000(マリア ブラック)・リング¥10,000(フィリップ オーディベール)/デミルクス ビームス 新宿 バングル¥56,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル)田澤美香田澤美香クリーンカジュアル派Q.SPORTY BLOUSON スポーティブルゾンが〝本気のスポーツ〞にならないためには? A.ブルゾン以外は、いつも以上に〝女らしさ〞を意識。とろみスカートやパンプスできれいめに仕上げて(田澤)「ブルゾン自体も上品な白やネイビーで、少しフェミニンアレンジがされたものを選んで。このグレー×ターコイズブルーのように、ニュアンスカラーと合わせると簡単におしゃれ見えします」 ブルゾン¥14,800/ソコラ/メイソングレイ カットソー¥9,000/カリテ スケープ  コレド日本橋店(カリテ) ギャザースカート¥12,000/ゲストリスト(ステートオブマインド) ピアス¥16,000(マリア ブラック)・バッグ¥39,000(OAD NEW YORK)/ショールーム セッション 靴¥26,000/ハイブリッジ インターナショナル(ファビオ ルスコーニ) 池田メグミ池田メグミキレありカジュアル派Q.PVC ITEM 中身が丸見えのPVCバッグ。おしゃれに持つには? A.可愛いプリントやきれい色の巾着や内袋つきタイプのほか、こんなバッグインバッグも新鮮です!(池田)「可愛いポーチなどでアレンジして"見せる収納"を楽しみたいところですが、実際はなかなかむずかしい。こんな小さめのかごがそのまま入ったバッグインバッグタイプなら、完全な3 ウェイで使えて便利! 出先で荷物が増えたら分けて持ったり、アレンジの幅が楽しめます」。 バッグ¥15,000/アルアバイル トップス¥8,900/エイトン青山(エイトン) パンツ¥18,000/ビームス ハウス丸の内(エム フィル) サングラス¥39,000/プロポデザイン(propo) バングル¥19,000・ゴールドバングル¥16,000/カオス丸の内(キャッツ) 【Marisol8月号2019年掲載】撮影/イマキイレカオリ(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/佐藤エイコ(ilumini.) スタイリスト/松村純子 池田メグミ 田澤美香 モデル/高垣麗子 取材・文/発田美穂
  • 明日のプレゼンに備えて、社内で最終チェック 社内の各部署をまわって打ち合わせと準備に奔走。ネイビ ーパンツとかっちりしたトラッド小物の"まじめ感"を、スニーカーでほどよくスポーティに味つけ。ヘルシーなイエローカーデを、前をとめてきれいめに着こなしたのがポイント。ジメジメしたシーズンだからこそ、さわやかな色を身に着けたくなる! 午前中からがんばったおかげか、夕方にはプレゼンの準備が無事完了。今日は早めに帰って英気を養おう♪ パンツ¥22000( 9 月発売予定)/フィルム(ソブ) カーディガン¥22000/ロートレアモン メガネ¥36000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) バッグ¥36000/コード(ヴァジック) スニーカー¥9990/ アディダスグループ お客様窓口(アディダス オリジナルス) ピアス¥52000/アパルトモン 青山店(アグメス) 時計¥29000/ウエニ貿易(ヘンリーロンドン) 【今月のPROFILE】広告代理店企画営業・絵美里33歳。広告代理店の企画部所属。営業の後輩と組み、地方企業のリブランディングを進行中。趣味はアート鑑賞。一人の時間も楽しいけれど、夏だもん、恋がしたい!(笑) 明日のコーデ写真一覧へ>> 明日のおすすめ着回しアイテム 【センタープレスパンツ】 シルエットの美しい八分丈パンツ。センタープレスですらり見え。¥22000( 9 月発売予定)/フィルム(ソブ) 【薄手カーディガン】 さし色に、はおりに。なにかと使える薄手カーディガンは、フレッシュなレモンイエローを選んで。¥22000/ロートレアモン 「今月のおすすめ着回しアイテム」まとめはこちらから>> 撮影/魚地武大〈TENT〉(物)スタイリスト/石田 綾 取材/久保田梓美 WEB構成/衛藤理絵
  • フレームの素材や形で、旬のサングラスを探せ!サングラスを探している皆さん! なにを基準に選ぼうとしていますか? 色、形、ブランド、値段……ポイントはたくさんあるから、まずは今年の旬デザインを知っておくのはいかがでしょう。“今”のあなたにぴったりな一本が見えてくるかも♡さあ、今こそ、照れずにサングラス!1:クリアフレーム白Tシャツとデニム、シンプルなワンピース。夏の定番コーデに合わせるだけで、たちまちあか抜けて、おしゃれな人に。それでいて肌にすっとなじむから、まったく大げさじゃない。この夏いちばんの旬で、いちばん照れない注目デザイン♡【01】華やかな見た目のコーラルピンクは、肌にのせると想像以上に自然なフィット感。初心者にもおすすめ。¥15000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(A.D.S.R.)【02】ほのかなマーブル模様の赤茶フレームと、淡いネイビーのレンズの小粋な配色が印象的な、やや小ぶりのウェリントン型。高級アセテート素材の日本製。¥38000/GREED International(ジュリアス タート オプティカル×ベッド&ブレックファスト)【03】淡くみずみずしいイエロー。オリジナルの繊細な彫り柄を施したテンプル芯が透けて、横顔にもおしゃれな存在感たっぷり。¥30000/アイヴァン PR(アイヴァン)【04】全体的に細身で、顔型を選ばないボストン型フレーム。彩度の高い爽やかなブルーも肌の上だと少し暗めに映り、つけやすい一本。¥12800/コモノ東京(コモノ)【05】角度で印象が変わるグレー×べっ甲風。遊びがあっても個性的すぎないのは、クリアだからこそ。¥22000/ブルース(スーパー バイ レトロスーパーフューチャー)【06】丸みのあるボストンと、逆台形のウェリントンをいいとこ取りした“ボスリントン型”。グレーのワントーン&ゴールド色のひし形パーツが都会的。¥30000/アヤメ2:メタルフレームきかせるならシルバー【上】いぶしたような風合いのメタルフレームや、べっ甲調のモダン(耳にかける部分)など、ヴィンテージ感のあるデザインが特徴。¥7500/ゾフ 【下】チタンのリム上部に黒のアセテートをかぶせたコンビネーションフレームは、適度なシャープさが。¥45000/アヤメなじませるならゴールド【上】ファッション性の高いプチプラサングラスならココ。イエローゴールドカラーと淡いブラウンのワントーン風配色が大人。¥990/GU【下】度つきレンズのまま、ワンタッチでUVカット率99.9%以上のカラーレンズがセットできる、話題の2way。¥10000/JINS3:クラシカルフレーム女っぽくならべっ甲風【上】ぽってりとしたボストンフレームに、細身のテンプルのバランスがおしゃれ。レンズには地面や水面の反射光や眩しさをカットし、視界を明瞭にする偏光タイプを採用。¥47000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) 【下】アンティーク調ゴールドをまとった、柄入りのメタルパーツがアクセントに。細身のボストンフレームの美しさも際立って。¥35000/アヤメカッコよくならブラック【上】ウェリントンにごく近いボストン×ブルーレンズ。レザー調テンプルで、高見えもばっちり。¥5500/ゾフ【下】マットなオール黒のウェリントンは、ユニセックスな凜とした雰囲気が魅力。¥3000/JINS ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 原文/鈴木絵美 撮影/坂田幸一 スタイリスト/辻村真理
  • コーデがダレてしまいがちな暑い夏に、大人が頼れるのは黒のパワー。ドラマチックかつシックな魅力でリッチ感が大きくアップする、トップス・パンツ・スカート・ワンピースの5アイテムをご紹介します・1.フリルの甘さを黒で引き算。 夏のパンツスタイルを華やかに 体のラインを美しく引き立てる、極細番手の糸で編み上げたなめらかなシルクジャージー素材のつやめく黒は、それだけでリッチなムードを演出。黒のクールさが、たっぷりと入った袖のフリルの甘さを美しく軽減しつつ、華のあるパンツスタイルに。 カットソー¥43,000(クルチアーニ)・パンツ¥49,000(アリクアム)/以上ストラスブルゴ サングラス¥46,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥21,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) バッグ¥288,000/ジミー チュウ2.繊細なディテールの黒で、上品に 上質なリネンの黒のブラウスは、肩下にぐるりと配されたこまやかなタックデザインで、ほどよく女らしい雰囲気に。 ブラウス¥34,000/マスターピースショールーム(サイ) スカート¥35,000/ブルーバード ブルバード ピアス¥20,000/チェリーブラウン バッグ¥37,000/コード(ヴァジック)3.とろみ素材だから、 女性らしさと心地よさを両立 センタープレスでほどよいきちんと感もかなえてくれるとろみ素材のパンツは、Tシャツスタイルでも大人のムードに。 パンツ¥19,000/ドレステリア 銀座店(ドレステリア) カットソー¥11,000/エイトン青山(エイトン) ジャケット¥31,000 /ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) ネックレス¥42,000/エスケーパーズ(ハルポ) バッグ¥508,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ) 靴¥95,000 /ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)他の画像を見る撮影/金谷章平 ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/生方ななえ 取材・文/松井陽子 ※eclat8月号掲載
  • 今年50歳の節目を迎えた、エクラカバーモデル・富岡佳子さんの夏の私服スタイルを大公開! ビッグサイズの白シャツにワイドパンツを合わせて旬シルエットにトライ。今シーズンのキーワード“リラックス&モード”を代表するかのようなスタイルの完成!最愛の白シャツを味方に、ビッグ&ワイドの旬シルエットにトライ!今シーズンのキーワード、“リラックス&モード“を代表するかのようなビッグサイズの白シャツを、ワイドシルエットのパンツに合わせてワンツーコーデを完成。「去年までなら、細身のパンツを合わせていたと思うんです。でもこの夏は、ビッグ&ワイドシルエットにトライしたかった。最愛アイテムである白シャツだから、挑戦できたのかもしれません」。 サングラス¥32,000/アイヴァン PR(アイヴァン)【ITEM LIST】 SHIRT:JIL SANDER PANTS:PLAN C SCARF:CLYDE(SUPER A MARKET) EARRINGS/BANGLE:TIFFANY&Co. BRACELET/RING:HERMÈS BAG:DELVAUX SHOES:MICHEL VIVIEN “リラックス&モード”をつくるこの夏の主役アイテムPLAN Cのワイドパンツプラン Cは、マルニの元ディレクターが手がける新ブランド。「夏ものなのにこっくりしているキャメルのトーンがすごく今年らしいなと思って。ウエストがぎゅっと絞れるから、幅広い体型の人に合う一本なんです」。DELVAUXのタンペート’60年代に誕生したタンペート。富岡さんは、4つのサイズのうち、下から2番目のミニサイズをチョイス。「ストーリー性のあるバッグが好きです。コンサバにならないモード感のあるサイズが気に入りました」。JIL SANDERのビッグシャツむだのないシンプルなデザインの中に、今年らしさを詰め込んだモードかつ端正な白シャツ。「白シャツは毎シーズン、チェックします。なんといってもこのビッグシルエットにひと目惚れ。小さめの襟も好みです」。撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/モデル) 魚地武大(TENT/静物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリング協力/村山佳世子 モデル・コーディネート/富岡佳子 取材・文/磯部安伽 ※エクラ8月号掲載 
関連キーワード

RECOMMEND