一口食べれば気分はシチリア! ラデュレの夏の新作コレクション

SPUR.JP

ラデュレから夏の新作コレクションが登場。南イタリアを思い起こさせる、地中海の魅力いっぱいのマカロンなどが揃った。

限定マカロン「ベルガモット」1個 ¥281 ※2019年6月19日(水)〜9月3日(火)、ラデュレ青山店、銀座店、日本橋店、新宿店、横浜店、羽田店にて販売
限定マカロン「ベルガモット」1個 ¥281 ※2019年6月19日(水)〜9月3日(火)、ラデュレ青山店、銀座店、日本橋店、新宿店、横浜店、羽田店にて販売

夏の限定マカロン「ベルガモット」は、2つのマカロン・コックの間にベルガモットのガナッシュを挟んだもの。南イタリアの太陽を浴びて育つ柑橘類、ベルガモットはアールグレイの香りづけに使われることでもおなじみ。ふわりと夏が香る、陽気な一品に仕上がった。

限定マカロンボックス「ス・ル・ソレイユ」はオリーブの木や唐辛子などのシチリアらしいモチーフや、コーヒーカップやメディチ家の花瓶、アイスクリームや果物などが描かれた、夏らしい雰囲気。ブルーやピンクなどのヴィヴィッドな色合いも美しい。

限定マカロンボックス「ス・ル・ソレイユ」8個入り ¥3,310、12個入り ¥4,870 ※2019年6月19日(水)よりラデュレ全店にて販売(12個入りはオンラインブティックでも販売)
限定マカロンボックス「ス・ル・ソレイユ」8個入り ¥3,310、12個入り ¥4,870 ※2019年6月19日(水)よりラデュレ全店にて販売(12個入りはオンラインブティックでも販売)

一方、「マカロン・グルマン・カシス・マスカルポーネ・ヴァニーユ」は、ほんの少しピリッとするカシスのコンポートと、ヴァニラとレモンの皮で香りづけした舌触りの滑らかなマスカルポーネのクリームを、2つのマカロン・コックで挟んだもの。こっくりとした味わいと爽やかさがバランス良く同居していて、癖になる美味しさだ。

また、この夏はこれらの新作やお気に入りのアイテムを詰めて誰かに贈るのにぴったりのリゾートバッグも登場。リム部分にラデュレらしいグリーンが使われた「サック・リゾート・ジャルダン・ヴェール」と、甘やかなピンクが印象的な「サック・リゾート・パーティー・ローズ」の2種類から、好きな方を選んで。プールやビーチに水着やタオルを持っていくのにも使えそうだ。


ラデュレ カスタマーサービス
03-4578-0846(平日10:00〜18:00/土曜・日曜・祝日は休業)
https://www.laduree.jp/


text : Shiyo Yamashita

関連記事
  • アイテムの選び方や、大人にふさわしい着こなし方など、夏カジュアルのお悩みを人気スタイリストがわかりやすくアンサー!松村純子松村純子女っぷりカジュアル派Q.SHORT PANTS 子供っぽくならず上品に、ショーパンをはくには? A.短すぎない膝丈で、ふんわり広がらないストレートシルエットを。リネンなどの上質素材がおすすめ(松村)「トップスには、Tシャツよりもシャツやジャケットなどしっかり形のあるものを合わせると間違いありません」。ショートパンツ¥17,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) シャツ(千駄ヶ谷店5 周年限定)¥29,000/サザビーリーグ(フランク&アイリーン) バッグ¥159,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ピアス¥16,000(マリア ブラック)・リング¥10,000(フィリップ オーディベール)/デミルクス ビームス 新宿 バングル¥56,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル)田澤美香田澤美香クリーンカジュアル派Q.SPORTY BLOUSON スポーティブルゾンが〝本気のスポーツ〞にならないためには? A.ブルゾン以外は、いつも以上に〝女らしさ〞を意識。とろみスカートやパンプスできれいめに仕上げて(田澤)「ブルゾン自体も上品な白やネイビーで、少しフェミニンアレンジがされたものを選んで。このグレー×ターコイズブルーのように、ニュアンスカラーと合わせると簡単におしゃれ見えします」 ブルゾン¥14,800/ソコラ/メイソングレイ カットソー¥9,000/カリテ スケープ  コレド日本橋店(カリテ) ギャザースカート¥12,000/ゲストリスト(ステートオブマインド) ピアス¥16,000(マリア ブラック)・バッグ¥39,000(OAD NEW YORK)/ショールーム セッション 靴¥26,000/ハイブリッジ インターナショナル(ファビオ ルスコーニ) 池田メグミ池田メグミキレありカジュアル派Q.PVC ITEM 中身が丸見えのPVCバッグ。おしゃれに持つには? A.可愛いプリントやきれい色の巾着や内袋つきタイプのほか、こんなバッグインバッグも新鮮です!(池田)「可愛いポーチなどでアレンジして"見せる収納"を楽しみたいところですが、実際はなかなかむずかしい。こんな小さめのかごがそのまま入ったバッグインバッグタイプなら、完全な3 ウェイで使えて便利! 出先で荷物が増えたら分けて持ったり、アレンジの幅が楽しめます」。 バッグ¥15,000/アルアバイル トップス¥8,900/エイトン青山(エイトン) パンツ¥18,000/ビームス ハウス丸の内(エム フィル) サングラス¥39,000/プロポデザイン(propo) バングル¥19,000・ゴールドバングル¥16,000/カオス丸の内(キャッツ) 【Marisol8月号2019年掲載】撮影/イマキイレカオリ(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/佐藤エイコ(ilumini.) スタイリスト/松村純子 池田メグミ 田澤美香 モデル/高垣麗子 取材・文/発田美穂
  • 福岡に行ったときはとても暑くて暑くて、休憩がてら冷たいもの求めてカフェやアイスクリームなどたくさん食べていましたw 福岡・久留米の特産品をジェラートにしたジェラート専門店KURUMEジェラートミルク あまおうあまおう苺の甘酸っぱさとミルクの濃厚でなめらかな味わいがマッチ! お持ち帰り用 ジェラートも豊富どれもおいしそうだったので、食べたい分はお持ち帰りしました 搾りたて久留米ミルク 広川産の桃 星野産の抹茶 生チョコ あまおうシャーベット マンゴーシャーベット とくに久留米ミルクがオススメ! ミルク感が濃厚で、だけどさっぱりしているからどんどんスプーンが進んじゃってあっという間に食べてしまう。 KURUMEジェラートさんの店舗は、ランチをいただいたcoffeecountry/マツノブデリさんのお店からとても近くにあります。 ぜひ合わせて訪れてみてくださいね~ モアハピ部 No.396 miRaiのブログ
  • アラフィー世代になったら、ゆっくり贅沢に時間を使う、大人ならではのハワイ旅を楽しみたい。そのためには気持ちのいいステイ先が不可欠! この地に何度も通ってきたハワイ通の口コミによって選ばれた“究極のホテル”をご紹介します。【大人ステイNo.1】 The Royal Hawaiian, a Luxury Collection Resort (ロイヤル ハワイアン ラグジュアリー コレクション リゾート)ブレンダさん(モデル)、山口規子さん(フォトグラファー)、坪田三千代さん(旅行ライター)、赤澤かおりさん(ライター)推薦マイラニタワーからワイキキビーチを見下ろした、ザ・ハワイな景色「高い天井と、ハワイの風が抜けていく感じが好き。ロビーからまっすぐ海に抜ける回廊の光に、ハワイを感じます」―山口規子さん「一日中ホテル前のビーチでのんびり過ごし、サンセットタイムにはマイタイバーでマイタイを。ワイキキの中心だからサッと買い物にも行けるロケーションも便利」―ブレンダさん大人のキュートも贅沢もここにあり “ワイキキのピンク・パレス”の名のとおり、ハワイの青い空と海に花を咲かせたような、ピンクに囲まれた楽園。まさに誰もが知るハワイのシンボル的な存在のホテルだが「大人のゴージャスさを感じさせる内装が素敵」(ブレンダさん)、「ワイキキのど真ん中にありながら自然に抱かれている感たっぷりのスパもいい!」(坪田さん)、「実は、ホテル内には博物館並みにハワイの歴史を感じられるものがたくさん! 文化に触れてこそハワイにいると実感できる」(赤澤さん)と、ハワイ通こそが「泊まるならここ」と口をそろえる。それは常に進化を続ける老舗の実力なのだ。歴史を感じる「ヒストリック・オーシャン」の部屋ホテルのベーカリーショップではゲストにバナナブレッドやスコーンなどの詰め合わせをプレゼント。ピンクチョコがけのクッキーなどのおみやげも充実【DATA】 2259 Kalakaua Ave., Honolulu ☎808・923・7311(日本語対応可) 1泊1室$435~、ヒストリック・オーシャン$595~ 全529室 IN15:00 OUT12:00 https://www.royal-hawaiian.jp/【リゾートステイNo.1】 Turtle Bay Resort (タートル・ベイ・リゾート) 種房千保子さん(フォトグラファー)、ブレンダさん(モデル)推薦サンセットを眺めながら自慢のシーフード料理が楽しめるホテルきってのレストラン「パアカイ・ステーキ シーフード&ロウ・バー」(17:30〜21:30、㊡日・月曜、予約がベター)「砂に足が触れ、波音を聞き、風に当たる……、ノースショアを五感で感じられるビーチで眺めるサンセットは格別。シーフードが自慢のレストランもおすすめです」―種房千保子さん喧騒を離れた究極のリゾートタイム ステイ先をワイキキからノースショアへ。これだけでいつものハワイ滞在がまったく違った印象になる。90%以上の部屋から海が望めるここは、「岬のような場所にあるので、部屋のベッドに寝転びながら海が眺められます。数年かけてリノベーションされ、食も充実し、ホスピタリティも心地いい」(種房さん)と、ハワイ通には知られたホテルだ。乗馬やゴルフ、オーシャンビューのプールも楽しめるとあって、ローカルたちのステイケーション先としても人気。メインダイニング「パアカイ」は、サンセットディナー目当てにタウンからやってくるロコもいるほど。ホテルのほとんどの部屋から海が望める「パアカイ」の人気メニュー、カキをガーリックバターとパルメザンチーズをかけて焼いた「チャーブロイド・オイスターズ」($18)「パアカイ」の人気メニュー、「ブルークラブ・クラステッド・マーケットフィッシュ」(時価。通常$38前後)リゾート感たっぷりのプール【DATA】 57-091 Kamehameha Highway, Kahuku ☎808・293・6000  1泊1室$280~、ヴィスタオーシャンキング$400~ 全443室 IN15:00 OUT11:00 https://www.turtlebayresort.com/Oahu-Resorts【家族ステイNo.1】 The Kahala Hotel & Resort (ザ・カハラ・ホテル&リゾート)桐島かれんさん(モデル)、ブレンダさん(モデル)、村山佳世子さん(スタイリスト)、徳原文子さん(スタイリスト)推薦波音が心地いい海前のプールでは、何も考えずゆっくりするのがいい「イルカやウミガメが泳ぐホテル内のラグーンは、家族で楽しむにもうれしいポイント。波の音を感じながら昼寝や読書を楽しむ時間もいい」―桐島かれんさん極上のホテルライフを約束してくれる ワイキキから車でほんの10分ちょっと。まるで離島にいるかのようなリゾート感で各国のセレブを魅了しつづけているホテル。「子供が小さいころには時間を忘れてイルカと戯れたり、ビーチで砂遊びをしたり。家族全員でホテルでの時間を満喫できます」と、桐島さんも定宿にするひとり。また、ホテル内のイタリアン「アランチーノ」も「ディナーで一度は訪れます」(村山さん)、「料理が最上級で特別なときに行くお店」(ブレンダさん)とファンが多い。ラグーンのイルカと触れ合える体験プログラム「ドルフィン・クエスト」「オーシャンフロントラナイ」は部屋もラナイもさすがの広さ! 来年夏『ザ・カハラ・ホテル&リゾート横浜』がオープン予定【DATA】 5000 Kahala Ave., Honolulu ☎808・739・8888(日本語対応可) 1泊1室$450~8,365、オーシャンフロントラナイ$975~1,365 全338室 IN15:00 OUT12:00 www.kahalaresort.com【隠れ家ステイNo.1】 Queen Kapi‘olani Hotel (クイーン カピオラニ ホテル) 内野 亮さん(コーディネーター)、赤澤かおりさん(ライター)推薦夕暮れ時、プールサイドから望むダイヤモンドヘッド。遮るものは何もなし!「どこにいてもどーんとそびえ立つダイヤモンドヘッドが拝める最高のロケーション。朝も、昼も、夜も、この景色が眺められるなんて最高に贅沢。日がな一日このプールサイドで本を読んだり、カクテルを飲んだり、昼寝したり。やっぱり大人のハワイはこうでなくちゃ!」―赤澤かおりさんこのハワイビューは何にもかえがたい カパフル通りに面し、カピオラニ公園を目の前にして立つクイーン カピオラニ ホテル。古くから愛されてきたここが今年、ハワイアンカルチャーを知るローカルアーティストたちの手によって、古きよき雰囲気は残しつつ、新たなるハワイスタイルを取り入れたホテルとなって誕生した。以前からここを愛してやまない赤澤さんは「どこからでもダイヤモンドヘッドが迫りくる勢いで眺められるビューがより生かされたつくりになったし、ハワイアンカルチャーを感じるコーディネートもすばらしい。しかもリーズナブル。このコスパは注目度大」と大絶賛!カパフル通りから入ってすぐのロケーションだから海もすぐそこ。おすすめは海側のペントハウスやジュニアスイートなど。海もダイヤモンドヘッドもという欲張りさんにうってつけハワイ島のアーティストが描いた優しいタッチの絵が飾られたゲストルームフロントにはエアラインのヴィンテージポスターが並ぶエレベーター前にはデューク・カハナモクのヒストリーコーナーも【DATA】 150 Kapahulu Ave., Honolulu ☎808・922・1941 1泊1室$179~、ジュニアスイート・ダイヤモンドヘッドビュー$369~  全315室 IN15:00 OUT11:00 https://jp.queenkapiolani.com/口コミを寄せていただいた ハワイ通の皆さんモデル・桐島かれんさん 発売中のムック『KAREN’s VOL.1 2019春夏』(KADOKAWA)でも“かれん流ハワイの休日”を紹介。 モデル・ブレンダさん ハワイ在住。最近は、女友だちとおしゃれをして素敵なブランチやディナーを楽しむのが好き。 フォトグラファー・山口規子さん 渡航歴30年以上、多いときは年に4、5回滞在。「いろいろな天気に合わせてのんびり過ごす」がモットー。 フォトグラファー・種房千保子さん 渡航回数は約50回、渡航時は2~3週間、ノースショアに滞在。海を眺められる場所で過ごすのが基本。 スタイリスト・村山佳世子さん 仕事やプライベートで頻繁に滞在。今はショッピングよりもビーチで過ごしたりドライブをしたり。 スタイリスト・徳原文子さん 渡航回数は約25回。最近は子供中心でとにかくプールのあるホテルで気ままにのんびり。 旅行ライター・坪田三千代さん 世界各国のリゾートに精通。アロハスピリッツに触れ、オールドハワイを感じるのも楽しみのひとつ。 コーディネーター・内野 亮さん ハワイと日本を行ったり来たりしながら魅力を伝える、ハワイの伝道師。『ハワイに恋して!』出演中。 ライター・赤澤かおりさん 時間ができるとすぐハワイへ出かける猛烈なハワイマニア。12作目の『Hawaii note』が好評発売中。撮影/内田 恒 構成・文/赤澤かおり 本誌編集部 コーディネート/内野 亮 ※掲載されている情報は2019年6月現在のものです。 ※エクラ8月号掲載
  • ハッピーオーラ満載な存在感のあるピンクスカートはシックなブラウンで大人っぽく誰からも愛される褒められ率の高いピンクのスカート。自分の顔からなるべく離してボトムスに取り入れると案外着やすいもの。そして、合わせるベースカラーをブラウンTシャツにするだけで、ぐっとトレンド感も出て、カジュアルよりなので意外とうまく着こなせる。Tシャツ¥11,000/アングローバル(イレーヴ) スカート¥49,000( 9 月上旬店頭展開)/ブルーバード ブルバード バッグ¥157,000/J&Mデヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥24,000/ハイブリッジ インターナショナル(ファビオ ルスコーニ) スカーフ¥30,000/スローン イヤリング¥14,500/アビステ ネックレス¥72,000/ハム 伊勢丹新宿本店(ハム)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/石毛のりえ 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼ピンクコーデの関連記事もチェック
  • コーデがダレてしまいがちな暑い夏に、大人が頼れるのは黒のパワー。ドラマチックかつシックな魅力でリッチ感が大きくアップする、トップス・パンツ・スカート・ワンピースの5アイテムをご紹介します・1.フリルの甘さを黒で引き算。 夏のパンツスタイルを華やかに 体のラインを美しく引き立てる、極細番手の糸で編み上げたなめらかなシルクジャージー素材のつやめく黒は、それだけでリッチなムードを演出。黒のクールさが、たっぷりと入った袖のフリルの甘さを美しく軽減しつつ、華のあるパンツスタイルに。 カットソー¥43,000(クルチアーニ)・パンツ¥49,000(アリクアム)/以上ストラスブルゴ サングラス¥46,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥21,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) バッグ¥288,000/ジミー チュウ2.繊細なディテールの黒で、上品に 上質なリネンの黒のブラウスは、肩下にぐるりと配されたこまやかなタックデザインで、ほどよく女らしい雰囲気に。 ブラウス¥34,000/マスターピースショールーム(サイ) スカート¥35,000/ブルーバード ブルバード ピアス¥20,000/チェリーブラウン バッグ¥37,000/コード(ヴァジック)3.とろみ素材だから、 女性らしさと心地よさを両立 センタープレスでほどよいきちんと感もかなえてくれるとろみ素材のパンツは、Tシャツスタイルでも大人のムードに。 パンツ¥19,000/ドレステリア 銀座店(ドレステリア) カットソー¥11,000/エイトン青山(エイトン) ジャケット¥31,000 /ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) ネックレス¥42,000/エスケーパーズ(ハルポ) バッグ¥508,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ) 靴¥95,000 /ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)他の画像を見る撮影/金谷章平 ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/生方ななえ 取材・文/松井陽子 ※eclat8月号掲載
  • あらゆるシーンで頼りになる、ワンピース31着を日替わりでご紹介。day22は、キャッチーなトレンド感をまとえる、鮮やかなフューシャピンクのワンピース。気のおけない女友だちとのおしゃべりも、コクーンシルエット&長めの袖なら体型についてつっこまれる心配もなし!day 22学生時代からの仲よしグループで久々の女子会気のおけない女友だちとの会には、鮮やかなフューシャピンクのワンピースで、キャッチーなトレンド感を意識した着こなしに。コクーンシルエットと長め袖なら体型について突っ込まれる心配なし! ワンピース¥15,800/マーコート(ミズイロインド) ネックレス¥130,000/KAORU 伊勢丹新宿本店(カオル) バッグ¥141,000/エリオポール代官山(ザンケッティ) 靴¥44,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ネブローニ)  >>7月の雰囲気出しワンピース31days 一覧はこちら撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 取材・文/坪田あさみ ※エクラ8月号掲載
  • 先週末、大阪→京都の旅行に行ってまいりました。ショッピングを楽しんだり、おいしい食べ物に舌鼓を打ったりと大満喫(大阪のファッションは本当~~に盛り上がってました。ぜひ編集Iのこちらの記事をご一読ください!)。今回は定番の老舗&新店含めて、京都の甘いもの記録を残させてください……! ぎおん徳屋で本わらび餅を「飲む」 もはや飲み物ですね。食べ始めた瞬間、なくなっている。中心に据えられた氷でひんやりと冷やされたわらび餅は、透明でなめらか。つるつると喉に入っていって、一瞬です。黒蜜のナチュラルな甘さも広がって、口福この上なし。夏にもぴったりです。夕方ごろに到着し、多少並んだものの比較的スムーズに入れました。京都の大定番として訪れる際は必ず食べたい一品です。ユナイテッドアローズ 六本木店でも7月末までは食べられるのですが、やはり祇園の町家で食べるのが楽しいですね。 宇治 中村藤吉本店で抹茶三昧 こちらも老舗の名店です。駅のお土産コーナーでも見かける、1854年創業の由緒ある茶商。東京や京都駅などでも食べられますが、ぜひ広々とした宇治本店で食べたいもの。優美な日本庭園も広がる空間で格別です。おすすめは看板メニューの「生茶ゼリィ」。抹茶とほうじ茶の二種類がラインナップ。なめらかな舌触りと、自然な味わいが魅力です。ほんのりした苦味もちょうどいい。アイスクリームも、こっくりとした甘さながらまったくしつこくありません。ほうじ茶も大変香ばしくて、癒やされました~。そして宇治本店では限定の手土産も充実。 こちらは通販と本店限定の「茶フィーユ」。抹茶の薄焼きチョコレートクレープです。午後のティータイムにちょうどいい軽さ。コーヒーとも相性抜群でした! さらにもうひとつ気になったこちらも購入。 宇治に縁があるといわれている兎をモチーフにした和三盆。干菓子なので日持ちもしますし、お土産にぴったり。口の中でふわーっと溶けるのと、何よりルックスがかわいらしい。 ラデュレが四条にやってきた! 東京でもおなじみ、ラデュレのサロンもなんと京都四条に初オープン! 1階にはテイクアウトのスイーツを販売するブティック、2、3階にはイートインができるサロン・ド・テが。伝統的な唐紙をラデュレらしく解釈した壁紙や天井など、内装がとってもかわいいんです。京都の和のエッセンスが、フランスの視点でアップデートされている。中心地ながら、どこか異国のような情緒も感じられます。床は、日本建築に特徴的な木と石の組み合わせと、モダンなカーブを描くソファとのミックスマッチが面白いです。 限定品は、マカロンボックス“キョウト”。外箱のイメージは18世紀フランスのクラシックデザイン。繊細なイラストレーションにブランドらしい可憐さが漂います。箱を開けると“マッチャ・キョウト”と“ヤツハシ”のマカロンが。後者は聖護院八ツ橋本店とのコラボレーション。新・京都土産として推したい一品です。 そんな感じで、ひたすら甘味を堪能したり、遊んだり、休んだりした週末でした。京都はただ歩いていても楽しくて大好きな街、またすぐに訪れたいなぁと画策しています。
  • 元気になれる絶景を見にいこう!引き潮の時だけ海の真ん中に浮かび上がる特別なビーチ。目を開ければそこは360度広がる透き通る海、まるで夢の中にいるみたい!Tシャツ¥6463/ヘリコニア 水着¥14500/ミューラーン(ピーク&パイン) 帽子¥3800/ハイ! スタンダード(ベイサイド)Ahu o Laka=Sandbar アフ・オ・ラカ(サンドバー)『KBOS』天国の海ツアー ◆☎808・239・8886 8:00〜17:00 休/日曜、祝日 ■www.kboshawaii.com ●半日プログラム$100〜午前、午後出発のほか、シュノーケリングやカヤックなどアクティビティの選択肢も豊富。ウミガメに出合えるチャンスも! 所要時間はワイキキからの送迎を含めて6時間ほど可愛い水着でビーチに出かけよう!青い海、広い空、この日のために新調したビーチウエア。笑っちゃうくらい楽しくて、あっという間に時間が過ぎていく!水着¥9980/バロックジャパンリミテッド(マウジー) 帽子¥9200/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ル ボヤージュ)Kahala Beach カハラビーチ透き通る水面、白い砂浜、ハワイ通の間でも“ベストビーチ”といわれる場所。人けは比較的少ないものの、その素晴らしさからウェディングフォトを撮りに来る人もチラホラ。◆Kahala Ave. Hoonlulu●本特集のすべてのデータは2019年6月現在のものです●1ドル($)=約108円(2019年6月4日現在)です●日本から電話をかける場合は、①国際電話会社の番号、②010(国際識別番号)、③1(アメリカの国番号)の後にダイヤルしてください ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/黄瀬麻衣 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) モデル/内田理央(モア専属) スタイリスト/高野麻子 コーディネーター/工藤まや
関連キーワード

RECOMMEND