マーク ジェイコブスより新ライン、「ザ マーク ジェイコブス」がローンチ!

SPUR.JP

マーク ジェイコブスより、新ラインのザ マーク ジェイコブスが20195月より展開スタート。レディ・トゥ・ウェア、バッグ、シューズ、ジュエリーとアクセサリーを含むこのコレクションは、ファッションを幅広く自由に、個性的に楽しむことを目的として立ち上げられた。「ランウェイのフルルックで見せる表現とは異なり、自己流に取り入れてパーソナルなスタイルを楽しめるアイテムを揃えている」とマーク本人は語る。

プライスは入りますか?/
トップス 各¥14,000/マーク ジェイコブス カスタマーセンター( マーク ジェイコブス

この新ラインでは、コットンプリントのTシャツから、 シークインドレス、パテントレザーパンプスといったアイテムも網羅。さらに幅広い価格帯を設けることでタッチポイントを拡張しつつ、個々のアイテムの特徴を前面に押し出していくという。今回のプレフォールコレクションでは、Stutterheim(ストゥッテルハイム)のレインコートやSchott(ショット)のレザーといった、伝統的なクラフトマンシップが感じられるコラボレーションも実現した。

プライスは入りますか?/マーク ジェイコブス カスタマーセンター(ザ マーク ジェイコブス)
〈写真左〉(ルック左)ハット ¥186,000(参考色)、ブルゾン ¥71,000、スカート ¥54,000、ブーツ ¥79,000(参考色)、ピアス ¥13,000(参考価格)・(ルック右)ハット ¥186,000、ブルゾン ¥71,000、スカート ¥54,000(参考色)、ブーツ ¥79,000、ピアス ¥13,000(参考価格)・〈写真右〉(ルック左)ハット ¥186,000、ドレス ¥108,000、タイツ ¥14,000・(ルック右)ハット ¥186,000(参考色)、ドレス ¥93,000、タイツ ¥14,000 /マーク ジェイコブス カスタマーセンター(ザ マーク ジェイコブス)

ほかにも、帽子職人のStephen Jonesスティーブン・ジョーンズ)が手がけるハットとヘッドバンドなど、魅力的なコラボレーションは今後も多岐にわたって展開されていく予定。この新ラインは、マーク ジェイコブス オンラインストアをはじめ、全国の店舗にて発売されるので、ぜひチェックを(※一部商品は、店舗限定販売)。

プライスは入りますか?/マーク ジェイコブス カスタマーセンター(ザ マーク ジェイコブス)
〈写真左〉(ルック左)シャツ ¥43,000、ネクタイ(参考商品)、ソックス ¥5,500、シューズ ¥43,000・(ルック右)シャツ ¥43,000、ネクタイ(参考商品)、ソックス ¥5,500、シューズ ¥43,000・〈写真右〉(ルック左)セーター ¥43,000、パンツ ¥47,000、ネックレス ¥28,000、シューズ ¥43,000、サングラス ¥16,000(参考色)、ネックレス ¥51,000(参考価格)・(ルック右)セーター ¥43,000、パンツ ¥47,000、ネックレス ¥28,000、シューズ ¥43,000、サングラス ¥16,000(参考色)、ネックレス ¥51,000(参考価格)/マーク ジェイコブス カスタマーセンター(ザ マーク ジェイコブス)

マーク ジェイコブス カスタマーセンター
https://www.marcjacobs.jp/
03-4335-1711

text: Fuyuko Tsuji

関連記事
  • この秋もアラフォーが着れるフェミニンスタイルを楽しんでます♪皆さま、台風は大丈夫でしたでしょうか。 これ以上被害が甚大にならないことを祈るばかりです。夏にお邪魔したRavissant Laviereの受注会。 女っぷりをあげるのにピッタリな トップスとスカートを オーダーさせてもらっていました。 まずはレースのスカート↓ レース素材でタイトは良く見かけますが Aラインでこの丈感にはなかなか出会えません。この日はスニーカー合わせで抜け感を。 もう少ししたらショートブーツと合わせたい!そして、トップスはドットカットジャガードスタンドカラーブラウスを。 襟と袖のシャーリングがアクセントに。 大好きなターコイズのスカートと合わせてオフィスコーデ↓スカートにはもちろん、休日はデニム合わせでも◎ 甘めだけど、甘さだけではない デザイナーさんのこだわりが詰まったRavissant Laviereは 甘めばかりを卒業したいアラフォー世代にピッタリ♡ これからも要チェックです!Ravissant Laviere ホームページInstagram☞☞☞junshinoda美女組No.112junjunのブログ
  • BAILA11月号発売中♡ みなさん こんばんは! あっと言う間に10月中旬ですね。 BAILAも11月号が発売されました! 今月号の表紙は中村アンちゃん♡ かわいい〜♡ さて、今回は11月号のご紹介とマネコーデを載せたいと思います。 是非ご覧ください︎︎︎︎︎☺︎ おすすめページは"配色あか抜けルール"! そろそろニットが着れる季節に近づいてきましたね! ということで、特におすすめなページは… ファッション大特集の"この秋使える3つのカラー"ミルクティー・ブラウニー・黒ニットのあか抜け配色ルールです! ワタシ的に色の組み合わせってかなり悩む部分なので、こういった"配色ルール"を教えてくれるのは、かなり有り難いです! 早速コチラを参考にコーデしてみることに。 黒ニット×ブラウン 黒ニット:ノーブランド スカート:アメリカンホリック ブーツ:GU 子供っぽくなりがちなチェックスカートですが、長め丈を選び、黒ニットと合わせることでと大人っぽくしてみました。 いかがでしょうか!? そして、今月号のもう一つのおすすめ、『付録』もご紹介したいと思います! 今月号の付録はコチラ! ブラウニーグレータイツ! 百々千晴さん監修PIPPICHIC×BAILAのスペシャルコラボタイツです。 "合わせる色を選ばないダークグレーに、旬カラーのブラウンをプラスした曖昧な色"ということなので… 先程のコーデに、コチラのタイツを合わせてみました。 キレイに馴染んでます! そして、このタイツが優秀なのは、デザインだけではありません! ★素材…◎ 伸びがいいので締めつけ感が無く、足が疲れない! ★肌触り…◎ 付録とは思えない程のふんわり感と柔らかさ! これからの季節にとっても嬉しい付録です︎︎︎︎︎ね☺︎ 定番の黒パンプスと合わせてもOK! 今月号もチェックしてみてください! 他にもおしゃれ情報満載なので、是非本誌をご覧ください。 ここまで読んでいただき、ありがとうございました♡ ✦✧instagram✦✧
  • 新しい300円均一のアクセサリーショップが登場!LUNA EARTH(ルナアース)基本的にはピアス、イヤリング、ネックレス、ヘアアクセサリーなど すべて300円(+税)というプチプラ! 一部500円(+税)あり とにかく種類豊富! シンプルさと小ぶりなキラキラした女性らしいデザインが豊富な印象。 イヤリングもピアス同様デザインが揃っていてうれしいポイント! リング状のシルバーアクセを購入。 ツヤありとツヤ消し加工された2連リングのイヤリング どんなシーンにも合わせやすい。 プチプラアクセサリーショップは色々ありますが、シンプルで小ぶりなアクセサリーが好き!という方は、ルナアースお近くの店舗に足を運んでみてください~モアハピ部 No.396 miRaiのブログ
  • 毎日更新しているDAILY MOREのファッション記事。人気のあった記事を見れば、今注目のトレンドが見えてくる!? ということで、10/5(土)~10/11(金)のファッション人気ランキングを発表しちゃいます!♡第3位♡ 秋のスカート、おしゃれに見えるのは? 「おしゃれ感」と「着回し力」、ふたつの条件をちゃんと両立してくれるスカートはひとクセある“プリーツスカート”。本田翼や佐藤栞里をお手本にトライしてみて。 ▶︎▶︎オフィスコーデにもおすすめ☆♡第2位♡ プチプラの『GU』なら、重ね着も安い! 個々の服がシンプルな今季、おしゃれのカギは“レイヤード”。みんなとかぶる『GU』でこそ、重ね着すると新しさが呼び込めちゃうんだって。 ▶︎▶︎『GU』のアイテム“だけ“コーデ♡第1位♡ 「読者が本当に欲しい秋服」4選 200人アンケートと座談会からわかった、おしゃれにまつわるMORE読者の本音。絶対に買うべきアイテムだけを、特別に教えちゃう♡ ▶︎▶︎ばっさーがお手本あなたのお気に入り記事は入ってた? DAILY MOREでは、毎日みんなが気になるファッション情報を更新中。いつもチェックして、おしゃれのアンテナ張っておいてね♬※記事発信時点での情報のため、入手困難な場合や、販売・セール・イベント等が終了している場合があります。 ❤︎先週までのファッション人気ランキングはこちら❤︎
  • 20代女子の着こなしがおっさん化!? おっさんずジャケットがかわいくて。2019年は、春からジャケットがず〜っと必須アイテム。もちろん秋も欠かせません♬ しかし、ラインアップには微妙に変化が。おじさんみたいな渋めのジャケット、つまり【おっさんずジャケット】が大流行中なんです! “わざと渋め”なジャケットが、デニムを新しくする! ややビッグサイズで渋め配色のチェック柄。そんな“ダッド”な雰囲気のジャケットを、定番デニムにばさっと。可愛げや女っぽさがむしろ引き立つような、ちょっと上のカジュアルがこんなに簡単。ジャケット¥16000/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 渋谷マークシティ店 ブラウス¥14000/ルーニィ パンツ¥28000/エスストア(シー) 靴¥48000/フラッパーズ(ネブローニ) バッグ¥4900/センスオブプレイス バイ アーバンリサーチ キュープラザ原宿店 イヤリング¥3300/サンポークリエイト(mimi33) ソックス¥2300/HUMAN WOMAN“重ねやすい”デザインで活躍度とアイデアは無限! 主張しすぎないチェックと軽めの素材。厚手のニットや大きめのフーディに重ねてももたつかない気軽さがうれしい。¥8000/ジーナシスおっきめのフーディとは相思相愛。遊び心あるおしゃれトラッド♬ 朱赤のスカートにロングブーツ。とびきりメンズライクな上半身に、とびきり女の子気分のボトムと靴。こんなカジュアルがやっぱり好き。ジャケット¥32000/ピーチ(ミューニック) フーディ¥12000/ハイ! スタンダード(チャンピオン) スカート¥19000/アッシュ・スタンダード アトレ恵比寿店 靴¥78000/フラッパーズ(ネブローニ) バッグ¥32000/スピック&スパン ルミネ新宿店(パリサ ワン) ピアス¥2300/ローズ バッド(8degrees) リング¥6500/ソムニウムカラフルなニットとの楽しくて可愛いミックス♡ ポップなラベンダー色とおじさんライクなチェック。自由で意外性のあるミックスが素敵。ジャケット¥8990/キャン(テチチ) ニット¥28000/ランチフィールド(ランブルレッド) パンツ(一部店舗のみ販売)¥1990/GU 靴¥10400/ビショップ(ドロゲリア クリベリーニ) バッグ¥34000/オルサ(オルセット) メガネ¥40000/アイヴァン 7285 トウキョウ 時計¥40500/オ・ビジュー(ロゼモン) ソックス¥1800/ノーデザイン(シックストックス)女の子カジュアルに、今の気分の仕上げとハズしを。ロンTにロンスカの定番カジュアルをぐっと大人っぽく見せながら、最高のハズしにもなるのがチェック柄ジャケットの素晴らしさ!ジャケット¥29000/ローズ バッド(mici) カットソー¥1490/GU スカート¥34000/フラッパーズ(エンリカ) 靴¥13800(ニューバランス)・帽子¥3500(ビーミング by ビームス)/ビーミング ライフストア by ビームス コクーンシティ店 バッグ¥8000/UTS PR(ヌンク) イヤリング¥6800/ルーニィ“女っぽい”の理想形は、キャミワンピにばさっとはおること。とろみあるキャミワンピにヘリンボーンのダブルジャケットを。“カジュアルなのに女っぽい”のいいさじ加減、この秋なら絶対これだ!ジャケット¥26000/アーバンリサーチ ロッソ ルミネ新宿店 ワンピース¥42000/フィーニー カットソー¥4900/メイデン・カンパニー(アップサイクル) パンツ¥28000/ボウルズ(ハイク) 靴¥15000/ローズ バッド(JAM) バッグ¥5990/プラステ バングル¥590/GUこなれた着方ができるように計算ずく! 素材の落ち感や袖をロールアップした時に見える裏地など、簡単に“着くずす”ことができるように計算されたデザイン。ウエストベルトつき。¥39000/ジオン商事(ドレスレイブ) ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/花村克彦 坂田幸一(製品) ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) モデル/飯豊まりえ スタイリスト/辻村真理
  • “見せすぎない”しゃれ感ディテールでちょうどいいセクシーが実現クロスしたストリングで、はっとさせる女らしさ ベルトつきの長め丈。シンプルなデニムに合わせ、着こなしに大人な余裕を。 ニット¥5900/UNRELISH パンツ¥1472/神戸レタス イヤリング¥1833/サードオフィス(ROOM)ラウンドのカッティングでクラシカルな印象に こっくりしたオレンジブラウンと背中のボタンで可憐な印象に。コンパクトに着こなして。 ニット¥5900/ヒロタ(31 Sons de mode) スカート¥6900/セシルマクビー ルミネエスト新宿店モデル/新川優愛 江野沢愛美 撮影/東京祐(tokyojork) ヘア&メイク/中山友恵 スタイリスト/立石和代 構成・原文/久保田梓美 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス
  • チャングーのリピート決定カフェ&レストランはここです〜! バリ島、チャングーにあるプール付きヴィラに思いっきり引きこもり滞在!がこの旅最大の目的でしたが、とはいえ、やはり初チャングーにつき、どうやらおしゃれショップやらカフェやらが続々!らしいこのエリアの探索には行かねば!と、ざっくりですが、ひととおりパトロールしてみました。結果、次回もまた来る!と思ったマイリストをご紹介させていただきます! チャングーには外国人向けのヴィラが多数&続々建設中。というわけで、欧米人の観光客や長期滞在者、移住者が多いので、オーガニックや自然派の店が多いんですねーー。しかも、おしゃれでセンスがいいところだらけ!! 今回いくつか行ってみたレストラン&カフェの中でのマイベスト!がこちらのお店『Waroeng Nonii』です。カジュアル&ナチュラルなインドネシア料理レストランで、バリらしく半オープンエア。天井も高く、明るい店内は居心地抜群〜〜! オーダーは、インドネシア料理の定番中の定番、『ナシゴレン(焼き飯)』。美味!! 次回は、『ミゴレン(焼きそば)』と、気になりすぎるデザート『アイスクリームゴレン(揚げアイスクリーム!)』にトライするぞ〜〜! ◼️Waroeng NoniiJl. Pantai Batu Bolong No.72, Canggu, Kec. Kuta Utara, Kabupaten Badung, Bali  どの国に行っても、オーガニックストアチェックは欠かさないひとりっPですが、チャングーにももちろんありました。こちらのお店『Bali Buda』。フルーツや野菜、オリジナルのパンやスイーツのほか、アメリカやオーストラリア製のオーガニック製品が中心です。居心地良さげなカフェも併設しているので、次回はトライだ〜〜! ◼️Bali BudaCanggu, Kec. Kuta Utara, Kabupaten Badung, Bali  もうひとつ、ひとりっPの大好物が、ファーマーズマーケット。チャングーでは毎週日曜日午前中に開催されているものがあると聞き、出かけてきました。会場は、『Samadi Bali』というヨガスクール内です。出店数は10数店くらいで規模はそこまで大きくはありませんが、ひととおりのジャンルの店はあり、結構賑わっていました。お客の大半は在住&長期滞在と思われる欧米人。このヨガスクールのショップ(ウエアやグッズを販売)やカフェレストランもあって、かなり楽しめました!はちみつ!! ビーポーレン(ミツバチ花粉)もあります。ファーマーズマーケットでははちみつを必ずチェックするひとりっP。まずはこの屋台に張り付いてしまいました。やはり多いのはフルーツの店。魅惑のトロピカルフルーツだらけ〜〜! いろいろ買いたい気持ちで前のめり! ですが、毎朝食を2人分食べているため(チャングーPart1をご参照ください)大量には食べられないし、、、ともんもん。パイナップルは小ぶり〜〜〜!野菜も元気でおいしそう〜〜! キュウリがでかいぞう〜〜! そしてバリにも大根があるんですね〜〜〜!バリライフにぴったりなリラクシングウエアも。じっくり見ていたら全然時間足りない〜〜〜! 1時間はあっという間です。オリジナルのオイルを売っている屋台で購入。この日の朝(!)搾ったというモリンガオイル(アンチエイジング向け!)とミントのアロマオイルを購入。結局フルーツ屋台では、パッションフルーツとマンゴスチンを買いました。どちらも美味! 食べきれないかも、、、と散々迷ったわりに、夜中にイッキ食い。 ◼️Samadi BaliJl. Padang Linjong No.39, Canggu, Kec. Kuta Utara, Kabupaten Badung, Bali ひとりっP’s 推しカフェNo.2が、こちら。チャングーのビーチフロントにあるデザイナーズホテル『COMO UMA CANGGU』の1階にあるカフェ『glow juice bar』。店内はクリーンでオーガニック!! バリとは思えないホワイトワールド〜〜〜! さすが『COMO UMA CANGGU』内カフェ! オープンor半オープンエアのカフェが大半なチャングーでは、エアコンの効いた室内カフェという点でも貴重です(屋外席もあります)。メニューはもちろんヘルシー&スーパーフード系中心。パンがおいしそうだぞう〜〜! ほか、サラダがいろいろあります。が、まだこの日の朝食が消化されてなく、苦渋の(?)決断でストロベリースムージーに。1時間近く徒歩パトロールしたあとだったので、潤う〜〜! ◼️glow juice barEcho Beach, Jl. Pantai Batu Mejan, Canggu, Kec. Kuta Utara, Kabupaten Badung, Bali チャングーエリアのひとりっP的推し店TOP3 チャングーエリアには、リゾートウエアや水着が揃うショップや雑貨店が思った以上にたくさんありました。が、正直、イケてる店とそうでもない店が玉石混交。なのでローラーパトロールせずにはいられず、チャングーのメイン通り数本をザクザクとチェックしまくった結果の、「お! ここいいね!ショップ」その①が、こちらの『THE JUNGLE TRADER』。雑貨とアクセサリー、インテリア小物の店です。テイストはバリ的なリゾートっぽさに、アフリカンサファリテイストがミックスされた感じ。全体にシックです。こちらはオリジナルのトート。細長いフォルムが新鮮! モノトーンのパームツリーは刺繍!グッと来て購入。ラフィアのフラットサンダル。履いてみたらめちゃくちゃ履き心地がいい!! ので即決購入。 ◼️THE JUNGLE TRADERJl. Pantai Berawa No.46X, Tibubeneng, Kec. Kuta Utara, Kabupaten Badung, Bali 「お!ここいいね!ショップ」その② は、オリジナルのアクセサリーを扱う『POCKET SONGBIRD』。繊細なデザインが多く、日本人好みなテイストです。ちなみに、お値段お手頃! ひとりっPはこちらで、おメダイペンダントを買いました〜。 ◼️POCKET SONGBIRDJl. Pantai Berawa No.100, Tibubeneng, Kec. Kuta Utara, Kabupaten Badung, Bali「お!ここいいね!ショップ」その③ は、オリジナルの服、セレクトもの含む小物、雑貨、コスメなど、ライフスタイルショップ的なラインナップの『COVE Island Essentials』。数あるショップの中で、服のセンスはこちらのショップがマイベスト!でした。いろいろ試着した中から、リネンのオールインワンショーツを購入。チャングー滞在中から活用、この後の南国あちこち旅でも超ヘビロテしています。 ◼️COVE Island EssentialsJl. Pantai Berawa No.50, Canggu, Kec. Kuta Utara, BALI, Bali  チャングーエリアにはほかにもナイスなリゾートウエアや水着が揃うショップ多数です。持参するウエアは最低限にして、現地調達狙いで行くのも全然アリ!だと思いました。 チャングーのビーチについて ヴィラ代が破格の安値! おしゃれショップがわんさか!なホットエリア、チャングーですが、じつは、ビーチ近くのヴィラは少ないです。チャングータウンの構成としては、ビーチから内陸へ向かって延びるメインロードが何本かあり、メインロードとそこから延びる脇道に沿ってヴィラが並んでいます。ビーチまでは徒歩30分というようなヴィラも多数。ビーチ沿いにはそこまでたくさんのヴィラはありません。というか、ビーチに近い、ということを重視していない感じ。なんでかなあ??と思っていたのですが、実際にビーチパトロールに出かけて、その理由がわかりました。チャングーエリアのビーチは、だいたいこんな感じです。サーファーには良いと思うのですが、ビーチがあまりきれいではないんですね。砂の色はダーク。ゴミというか、漂着物がわりとあって、いるだけでキモチいい〜!みたいな雰囲気ではないなあーと。 サーファービーチなぶん、普通に泳ぐにはラフ。そのせいか、サーファー以外で海に入っている人はほとんどいません。バリ島のビーチは一部をのぞいて基本的には水の透明度はあまりよくないのですが、チャングーもご覧の感じ。シュノーケラーにつきビーチのレベル(水の透明度、砂の白さなどなど)にかなりうるさいひとりっP的には、わざわざここのビーチに来る必要はないなあと。ヴィラのプライベートプールの方が断然魅力的! というか、それこそがチャングーに滞在する醍醐味ですから! というのが、今回の初チャングーステイの結論です。 チャングータウン、そのリアル バリ島の中で今いちばんホットと言われるチャングー。Googleマップで見ると、確かにヴィラ、カフェ、レストラン、ショップが多数で、「これは期待〜〜〜!!!」と思って出かけたのですが、そして確かに魅惑的な店多数だったのですが、実際に行ってみて「んん??」と思ったのは。街の雰囲気は、漠然と想像していたよりも、のんびりしているというか、素朴でした。繁華街と呼べるレベルのエリアはなし。満遍なくゆるーくお店が続いている感じです。こちらは数本あるメインロードのひとつ。ご覧のように、メインロードと言っても大通りではありません。道の両脇にはこぢんまりしたヴィラ、民家が並んでいます。チャングーエリアは狭いようで結構広いです。ヴィラやショップが並ぶメインエリアだけでも3〜4キロ四方ほどあります。意外にアップダウンもあるので、宿にあった無料のレンタサイクル利用は諦めました。「今日はこのエリアね」と決めたエリアへタクシー移動後徒歩で回るか、あちこち行きたいならエリアからエリアへはタクシー利用がおすすめです。タクシーは、エリアごとにタクシースタンドがあってそこで乗ることもできるし、ヴィラやお店に頼んで呼んでもらうことも可能。流しはいません。とはいえ、じつはひとりっP、初チャングーにつき、ストリートパトロールも兼ねてかなりの範囲を徒歩で回ってしまいました。7〜8キロは歩いたかと。ちなみに、チャングーエリアはGrabカーの対象外地域になっていて、エリア外からGrabカーでチャングーへ行くことはできますが、チャングーへGrabカーを呼ぶことはできません。ただ、Grabバイクは呼べます(2019年10月現在)。基本的には田んぼが続いていて、その中に民家とヴィラが点在しています。ほとんどのヴィラは田んぼに囲まれていますね〜。オープンエアのカフェやレストランがメインロード&脇道沿いに断続的に続きます。街の光景はだいたいこんな感じです。見かけは“おしゃタウン”ではありません。が、よくよく1軒1軒見ると、まあまあ楽しい店が多いです。建設中の物件も多数で、ただいま絶賛盛り上中なんだなあ、と実感。 ヒンズー寺院に興味津々〜〜! バリと言えば、「神々の島」。主な宗教はヒンズー教。いたるところに、特徴的なバリヒンズー寺院があります。このヒンズー寺院がひとりっP的ツボで、初めてのバリ旅のときから夢中です。ひとりっPが滞在していた前の週にお祭りがあったそうで、お祭り用の飾りがまだ残されている寺院も多数。面白い〜〜!こんな感じでお祭り飾りがまだあちこちにちょいちょい。見かけるたびに激写。バリヒンズー寺院最大のマイつは、この門! ここになんとも言えない神秘性が宿っているなあ〜〜と見るたびに思います。この日、ビーチ近くにあった寺院ではなにやら祭事が行われていました。 チャングーのツボ のんびりした田園地帯なチャングーですが、パトロール中に出会った、ひとりっP的ツボをご紹介します!ショップのパーキングの壁。好きなテイスト!通りを歩いていて出会いました。さすがエキゾチックな花柄!チャングーでは移動式屋台もちょいちょい見かけました。こちらは、書かれてる文字、ミニプロパン、プラスチックのカラフルなイス、とひとりっP的ツボ3連発!! バリ、デンパサール空港&ジャカルタ空港パトロール 最終日の帰国便は夕方出発だったので、12時にヴィラをチェックアウト後、荷物を預けてチャングーをラストパトロールののち、空港へ向かいました。帰路も、行きと同じく、滞在していた『Aradhana Villas』の無料送迎でバリ、デンパサール空港へ。やはり途中で渋滞し、50分かかりました。ジャカルタで国際線に乗り換えるので、国内線カウンターでチェックインです。 意外だったのが、国内線ターミナルの保安検査場通過後のショッピングエリア。想定外にアパレルショップが充実していてびっくり! さすが外国人観光客の多いリゾート島バリ! これから帰るってのが残念無念な、いい感じのリゾートウエア多数! 「はやく言ってよ〜〜、いや、はやく売ってよ〜〜」とボヤいてしまいました。どことなくインド風なブランド。お値段もなかなかでしたが、ひとりっP的にはかなり魅惑のテイスト。次回の目標です。個人的にウケたのがこちらのお土産ショップ名。「バイ・バイ・バリーー!!!」←うまい! 『Buy Bye Bali』! ダジャレかつ韻も踏んでる〜〜〜!!!スタバ発見! チャングーではスタバを見かけなかったので、ここですかさずベアリスタチェックです。いた! やはりいました! バリ島限定ベアリスタくん! フライトは17時20分発ガルーダインドネシア航空。夕暮れ時のバリ・デンパサール空港を飛び立ちます。国際線ではトイレに行きやすい通路側席が絶対ですが、国内線では窓際死守! 延々窓から外を眺めているひとりっP。帰路もかなり楽しみにしていたのですが、まだ雨季なだけに、アグン山は雲の中〜〜〜。しかもこのあと窓の下はずーーーっと雲に覆われ、下界は全く見えずでした。がっくり。約2時間のフライトでジャカルタ・スカルノハッタ国際空港に18時20分到着(バリとジャカルタの間には時差があるので、1時間戻ります)。荷物は羽田までスルーなので、身ひとつで国内線到着階から国際線出発階へ徒歩で移動、出国審査場へ向かいます。帰国便は、ジャカルタ21時25分発羽田行きの全日空便。羽田空港到着は朝6時50分。いつものごとく、羽田到着後はそのまま出社です。  弾丸バリ3泊5日旅でしたが、チャングーのプール付きヴィラ、本当に素晴らしい〜〜! 超リフレッシュ! 今回は初チャングーだったので、パトロールはまだまだこれから。リピートしてチャングーを極めたいぞ〜〜〜!! と誓っています。 ひとりっぷワードローブ@チャングーこちらが、チャングーのショップ『COVE Island Essentials』で買ったリネンのオールインワンです。早速現地で着用。ほぼほぼ全身ブラックになってしまったので、オールインワンにレイヤーするキャミソールをあえて2枚に。そのココロは、些細ですがインナーキャミソールのレースストラップをアクセントにしてみた、ということです。『アイスブレーカー』のキャミソールは、カラダにぴったりしすぎないLサイズを愛用。インナーではなくトップスとして着るときに下着感が出ない&ストラップの長さの調節が可能&丈も長めなので便利なんですよ〜。 *オールインワン/COVE Island Essentials*中に重ねた黒いキャミソール /アイスブレーカー*インナーキャミソール/ハンキーパンキー*帽子/ザ・ノース・フェイス*サンダル/テバ(テラファイライト)*バッグ/レスポートサック(ライアンベビートート) >>バリ島チャングーへ優雅な弾丸ひとりっぷ Part1  アジアひとりっぷ®に関する記事をもっと見る>> >>ひとりっぷ® ブログ一覧へ >>ひとりっぷ® TOPはこちら  
  • トレンドのCPOジャケットはシャツ感覚で取り入れてマリソル本誌でも紹介されていた、大注目のCPOジャケット。 米国海軍下士官の兵曹長"Chief Petty Officer"が着ていたジャケットの頭文字をとってCPOジャケットと呼ばれているそうです。 ほどよく辛口でカジュアル感のあるワークジャケットです。メンズ要素が強いので、きれいめに着られそうなオフホワイトを選びました。 オーバーサイズで丈長めのCPOジャケットはシャツ感覚で羽織れて、コートまでのつなぎにぴったりです。 ゆったりシルエット×スキニーパンツで、バランスの良いコーディネートを意識しました。付属のベルトでアクセントを。 ゆったりシルエットを引き締めたい時は高めの位置にウエストマークすることで、コーデ全体にメリハリがつきます。jacket ur's pants UNIQLO shoes pellico bag ZAKKABOXジャケットは伸縮性のある起毛素材で、温かく柔らかな肌触り。 スキニーパンツは黒に限りなく近いダークグレーを穿いています。 バッグとパンプスは馴染ませ色で。 着用アイテムの詳細はこちら↓▶ウエストマークシャツジャケット(アイボリー Sサイズ)▶ウルトラストレッチジーンズ(ダメージ)08 DARK GRAY 続いて、ワイドパンツと合わせたコーディネートです。 トレンドを意識した「ゆる×ゆるスタイル」で、こなれ感のあるリラックスカジュアルをイメージ。ベルトの結び方をリボンにせず、長めに垂らしてみました。 パンプスは秋色のバーガンディを効かせて。jacket ur's pants UNIQLO shoes Odette e Odile bag J&M Davidson▶ワイドストレートパンツ(ウールライク・丈標準68~70cm)38 DARK BROWN XSサイズ着用 涼しくなってきて、ボディのオイル美容を再開しました。 WELEDAのホワイトバーチボディオイル。言わずと知れた人気のボディオイルです。 肌のざらつきをケアするために開発され、肌を滑らかに整えるアンズ核油などの植物オイルをベースに、肌の引き締めやハリを保つために効果的なシラカバ葉エキスやナギイカダ根エキスがブレンドされています。私は入浴後にふくらはぎや太ももをマッサージするように使っています。(忘れて眠ってしまうことも多いけど。。) むくみにも効果がありそう。 リラックスできる香りなので好きなんです。 ポンプタイプなので使いやすいですよ。美女組No.161 愛のブログ
関連キーワード

RECOMMEND