いつもと異なるテイストのバッグに挑戦したい!

SPUR.JP

Q. ついつい、シンプルなバッグを選んでしまいがち。ほんの少し、いつもと異なるテイストに挑戦したい!

A. 色と細部で、静かに主張

進化系トラディショナル

毎日の生活に寄り添う、相棒的な存在であるバッグ。今、クローゼットに加えるなら、クリーンなデザインに、アクセントをプラスしたものを。鮮やかなカラーやフォルム、ディテールにさりげないこだわりが光るデザインは気軽に取り入れやすく、いつものスタイリングに大人の遊び心を添えてくれる。

〈H18×W20.5×D8〉/エポイ本店(エポイ)

日本の伝統色をモチーフにした「シキ」シリーズより。クラシックな帽子ケースをイメージしたシェイプ。形崩れがしにくいハードなレザー。内側にはマチがあるポケットが。

〈H26×W36.5×D16〉/コム デ ギャルソン(コム デ ギャルソン・コム デ ギャルソン)

開閉しやすいボタンレスのフラップや広めのマチなどを採用し、機能を追求した名品。金具とフォルムが洗練された印象に。

〈H14.5×W16×D6〉/A.P.C. CUSTOMER SERVICE(A.P.C.)

シーンを選ばず持てる、端正な表情のショルダータイプ。シックなバーガンディを選びたい。フォルムの着想源がカメラバッグという点に遊び心を感じさせる。

〈H13×W15×D10〉/アマン(ア ヴァケーション)

ころんとしたフォルムが愛らしい、「HAPPY」シリーズ。やわらかなライラックは豊富なカラー展開から。付属のストラップで、クロスボディバッグに早変わり。

>>大人の女性が持つべきバックパックとは?

関連記事
  • 憧れブランドの靴。いつか買うなら増税前の"今"かもしれない素敵な靴をはいた時の、背筋が伸びるようなあのトキメキは、女子なら誰もがわかるはず。それが憧れブランドの名品なら……想像するだけでも気持ちが上がっちゃう!! ショーウィンドウのガラス越しに眺めていたあの靴を、増税前の今、自分の運命の一足にしてみない?スタイリスト&ライターがレコメンド!4つの憧れブランドChristian Louboutin クリスチャン ルブタン(右奥)乙女の憧れシューズといえばこちら。ブレーンなパンプスからも感じる、とびきりフェミニンなムードがブランドならでは。合わせやすく活躍しそうなピンクベージュでデビューしてみて。(8.5)¥81000/クリスチャン ルブタン ジャパン(クリスチャン ルブタン)「25歳頃素敵なヒール靴に憧れて買いました。今は基本スニーカー派なのですが、この一足だけは特別な時用に残しています」(ライター・鈴木絵美さん)MANOLO BLAHNIK マノロ ブラニク(手前)美しさに加え、ヒール靴なのに走れるほどの安定感を誇り、働く女性からのラブコールが絶えない。モア世代がリアルに使える名品として手にするにも、早すぎることはないはず。カラースエードで華やかに。(5)¥99000/ブルーベル・ジャパン(マノロ ブラニク)「はいた瞬間、それまでより脚が美しく見える魔法のヒール靴。そのうえ歩きやすさも抜群。できるだけ早く出合ってほしいです」(スタイリスト・石田 綾さん)JIMMY CHOO ジミー チュウ(左)アジア系のクリエイティブ・ディレクターが手がけるブランドは、日本人の足に木型が合うことでも人気。定番のブラックカラーにバックストラップを合わせた一足はハンサムな印象で、ヒール靴だけど媚びない姿勢がとても現代的。(6)¥76000/JIMMY CHOO「20代後半でプレーンな黒の10㎝ヒールを購入。特別な日にはく、頑張って買った靴はシンデレラ気分にさせてくれます」(スタイリスト・石上美津江さん)GUCCI グッチ1950年代に登場以来、時代と共に進化を繰り返すオールタイムべストな一足。ローファーというアイテムだけあって、デイリーにはけるところも、20代のうちに投資すべき品として名前が挙がる理由。そして、もはや似合わないスタイルを探すのが困難なほど、どんな服にもはまるので、手に入れた日から数えきれないくらい出番が訪れること間違いなし。[モデル]靴「ホースビット ローファー」(1)¥98000・シャツ¥270000・パンツ¥165000・帽子¥34000・イヤリング¥45000・ネックレス¥60000・リング¥50000/グッチ ジャパン(グッチ)[靴](右)ヴィンテージのニュアンスがこなれた雰囲気のブラウン。「ホースビット ローファー」(1)¥98000・(左)キャンバス地なら、より軽やかに。「ホースビット ローファー」(1)¥98000/グッチ ジャパン(グッチ)「ハイブランドの靴を手にした時の“上がる”気持ちをモア世代にも経験してほしいです。特に『グッチ』のローファーは永遠の名品と呼ぶにふさわしい靴。カジュアルからきちんとまで合わせられる心強い靴は、いつかではなく少しでも早く手に入れ、メンテナンスしながら長くはき続けてほしいです」(スタイリスト・松野裕子さん) ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/上澤友香 ヘア&メイク/秋鹿裕子(W) モデル/飯豊まりえ スタイリスト/辻村真理 撮影協力/TITLES UTUWA ●本文中( )内の数字はバッグおよび小物のサイズ(縦×横×マチ)、または靴のヒールの高さで、単位は㎝です
  • 今年50歳の節目を迎えた、エクラカバーモデル・富岡佳子さんの夏の私服スタイルを大公開! 足もとのパイソンサンダルで辛口のモード感をプラスした、富岡さんの夏のオールホワイトスタイリングをお披露目。SUMMER STYLE1ひとくせ効かせたアイテムを選べば、コーディネートはがんばらなくていい。それが、“夏の白”を特別に見せるコツノースリーブTシャツの胸もとにコットン素材の大きなフリルをあしらったトップスと、リボンベルトを配したワイドパンツで、オールホワイトの着こなしを完成。「どちらも素材に張り感があって、ハンサムな甘さが手に入る白アイテムです。夏の白は服自体にひとくせあるものを選べば、コーディネートがシンプルでも特別感がある着こなしになるはず。足もとにはパイソンサンダルを合わせ、さらに辛口を加えました」。【ITEM LIST】 TOPS:FABIANA FILIPPI PANTS:SOFIE D’HOORE EARRINGS:TASAKI BANGLE:TIFFANY&Co. BRACELET/RING/BAG:HERMÈS STOLE:ASAUCE MÊLER SHOES:ZARA“リラックス&モード”をつくるこの夏の主役アイテムZARAのパイソン柄サンダル「着こなしをハンサムに仕上げてくれるパイソン靴は以前から好きなアイテムのひとつです。甲のVラインととんがりトゥのおかげで、スリッパなのにかっこよく決まる一足。この夏のヘビロテサンダルです」撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/モデル) 魚地武大(TENT/静物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリング協力/村山佳世子 モデル・コーディネート/富岡佳子 取材・文/磯部安伽 ※エクラ8月号掲載 
  • まだまだ梅雨があけそうにないムードでイヤになっちゃいますよね。暑くないのは良いのですが湿気が苦手な私は、先日の三連休も家にこもりっぱなしでした。が、このまま何もしていない三連休はまずい!と急に思い立ちまして最終日に国立新美術館で開催中の『ウィーン・モダン』展へ行ってきました。これがあまりに良かったので、ちょっと語らせてください。 クリムトとエゴン・シーレというオーストリアの2大画家の作品がやってくる、というざっくりした情報のまま会場を訪れたのですが(つまり予習ゼロ状態)、着くなりポスターを見て思い出しました。クリムトのパートナーでミューズであるエミーリエ・フレーゲに憧れて写真集まで持っていたことを! で、「エミーリエの肖像画も来てたんだ!」と急にテンションがあがったのですが、この展覧会で素晴らしかったのは、デザイナーだった彼女が作ったドレスの再現や、彼女が身に着けた装飾品の展示もあったこと。数年前のヴァレンティノのコレクションでインスピレーションソースになったこともあったほど素敵な女性であるエミーリエ。クリムトのおまけとしての紹介ではなく、彼女にもスポットが当たっていたのはとてもうれしいことでした。(写真は、会場で撮影OKだったクリムトによるエミーリエの肖像) そのほかにも会場では、有名な女帝マリア・テレジアの肖像画(マリー・アントワネットの母親で、ベルばら好きなら「お母様!」と呼びかけたくなります)、ウィーンの世紀末芸術に関わった人々が作り上げた都市計画や当時のモダンなインテリア、ポスターなども一緒に展示されていて、クラシックな絵画ファンだけでなく、デザイン、ファッション好きが楽しめる展示が多数。一般的な絵画展だと思ってやってくると良い意味で裏切られます。また、絵画に描かれている18~19世紀のファッションて、今のスタイルの参考にもすごくなる。シューベルトのスカーフの巻き方なんて、今やったら相当おしゃれなんじゃないかとまじまじと肖像画を見てしまいました。そしてこの展覧会の目玉のひとつであるエゴン・シーレの素描がまた良いんですよ。どうやったらこんな線が描けるんだろう、とじっと見つめてしまい、展覧会の出口間際でもう一度見たくなって引き返してしまったほど。 最後のおススメは、俳優の城田優さんがナレーションをしている音声ガイドを借りることです。歴史的背景だけでなく、ナレーションなしでウィンナーワルツを聴けるボタンもあって、うっとりウィーンの気分が高まります。東京での会期は8月5日までで、大阪展も今後開催されますので、夏のお出かけにいかかがでしょうか?
  • 観光も買い物もしっかり満喫したい 黒田知永子さんの街旅スタイルパンツでもスカートでも、街旅の基本はきちんと歩ける靴がベース。すぐ脱ぎ着できるはおりものやストールも忘れずに。街旅の"三種の神器"にニュアンスカラーで差をつけてTシャツとスカート感覚ではけるネイビーのワイドパンツに、街旅の必須アイテム、はおりもの、ストール、歩きやすい靴で。「同系色でまとめるのもいいけれど、カー キやグレージュのニュアンスカラーを合わ せるのもおしゃれ」と黒田さん。素材の違 いも決め手。カーディガン¥31,000・ストール¥46,000 (9月入荷予定)/シーシーサローネ ショールーム(クローチェクロス) Tシャツ¥12,000/エージー ジャパン(エージー) パンツ¥37,500/ヴィンス 表参道店(ヴィンス) バッグ¥36,000/Pil(i ザッツ) 靴¥ 32,000/アマン(ペリーコサニー)ネックレスと小バッグでワンピースの印象チェンジ衿元や袖口をリブニットで切り替えたストレッチシルクのブラックワンピースは、小物次第で印象自在。昼間はスニーカーで街歩き、夜は靴を履き替えてロングネックレスや小さなバッグでレストランへ。小物なら荷物もかさばらず、着こなしに大きく変化がつけられます。ワンピース¥79,000・レギンス¥25,000/ストックマン(クリステンセン ドゥ ノルド) ネックレス¥65,000/ブランイリス伊勢丹新宿店(ブランイリス) バッグ¥38,000/オカイユ(トレイシーニュール) 靴¥54,000/エスケーパーズ(マルティニアーノ)定番のシャツスタイルも透ける素材で抜け感をプラスエアリーなコットンシャツの袖をたくし上げ、前だけ軽くパンツにインすれば、たちまち抜け感が手に入ります。合わせたデニムはスパッツ感覚ではけるスーパーストレッチ素材。ブルー系のワントーンコーディネートをレザースニーカーでクラスアップさせ、軽くて大きなトートで荷物をひとつにまとめれば街歩きがもっと快適に。シャツ¥25,000/サード マガジン パンツ¥23,000/エドウイン・カスタマーサービス(ジョーズ・ジーンズ) バッグ¥57,000/アマン(ア ヴァケーション) 靴¥69,000/リエート(サントーニ)CHIEKO’S STYLE_2韓国旅行ではボディバッグを斜め掛け。「これはアレキサンダ ー ワン。街歩きならこのレザーバッグが今のお気に入り。軽さ重視ならボトルホルダー付きのプラダも便利」好きな香りは必ず。「ビィオセンシィエールのルームスプレー(右)は、100%植物原料。ジョー マローンのコロン(左)を部屋にひと吹きすることも」写真/Chieko Kuroda黒田知永子さん Chieko Kuroda1961年生まれ。学生時代に「JJ」でモデルデビュー。その後、「VERY」「STORY」「éclat」で次々と表紙キャラクターを務め、女性誌、テレビ、CMと幅広く活躍中次回は、街旅スタイルのおしゃれ度をさらにアップさせるファッション&小物をご紹介します。撮影/浅井佳代子 モデル/黒田知永子 スタイリスト/森 慶子 ヘア&メイク/福沢京子 取材・原文/向井真樹 風景写真/minaバックドロップ・フローリング/スタジオ ルーフ
  • エルメスが『50%』お安く買えるソルドに参戦!戦利品はヘビロテ確実の定番商品のこちら!こんにちは、らんです。 世の中はセールで盛り上がっているようですね。最近はちょっと忙しく、商業施設などに行けていないので、世の情勢があまりわかっていませんが、美女組の皆様のブログなどを拝見して「セール時期なんだなー」と感じています。 そんな多忙な日々の中で、唯一行ったのがエルメスのソルドです。 いつも行くエルメスメゾンから、夏、冬と、定期的にソルドのご案内を頂いておりますが、予定が合わずに行けないこともしばしば。でも今回はたまたま午前中の予定が空いていたこともあり、サラッと行ってきました。エルメスソルドの招待状エルメスの素晴らしさは、度々ブログでもお伝えしていますが、20年来のファンであっても、やはりソルドはお買い得でお得な気分。 夏のソルドはプレタポルテを中心に、水着、サンダル、帽子などが定価の50%で購入することができます。 エルメスは基本的にセールをしないブランドで、直営店が行うこの顧客向けイベントが唯一のセールです。今回購入したのは、定番の人気商品のサンダル、オランと、やはり定番の帽子の2点でした!エルメスオラン オレンジのパテントエルメス オムの帽子両方とも、同じデザインの違う色を待っているので、ヘビロテ確実なもの。セールでヘビロテできる大好きなブランドのお品を買えるなんてシアワセの極みです。オランは4足目。初めてソルドでオランを買いました。 帽子は2つ目。色違いの濃いグレーの物は、今までもブログで度々登場していますが、季節を選ばない素材なので通年使える、優秀な一品です。50%オフでなくても、過去に定価で買って良かったものは、「きっと長く愛用できる」と思います^ - ^ 今年の夏は、特に他にセールで何かを買う予定はありません。 もう心はすでに秋物に...。 来週くらいには梅雨明けしそうな気配ですね。今年は短い夏となりそうですが、本格的に梅雨明けしたら、真夏ファッションを楽しみたいと思います(^ ^) 寒暖差と湿気に負けず、皆様も楽しい夏をお過ごしください!美女組No.151 らんのブログ
  • 20代女子におすすめのスニーカーコーデ(2019夏)アクティブに動く夏コーデの必需品、スニーカー! カジュアルなコーデを女っぽく、大人っぽくする履き方は? コンバースやニューバランスなど人気のスニーカーブランドをチェック♪ [目次] 【夏のスニーカーコーデ】『コンバース』のスニーカー 【夏のスニーカーコーデ】『ニューバランス』のスニーカー 【夏のスニーカーコーデ】その他ブランドのスニーカー ※記事発信時点での情報のため、価格や仕様が変更になっている場合や、販売が終了している場合があります。【夏のスニーカーコーデ】『コンバース』のスニーカー【夏のスニーカーコーデ】『コンバース』のスニーカーコーデ1スニーカーでも女度高め。休日デートに最高なバランス発見! ローカットスニーカーにキャスケット、大きなメッシュバッグで休日仕様に。ベルトの結び目を後ろに回すと、バックスタイルに愛らしさが急上昇。ワンピース¥15000/ジオン商事(ラシア) 靴¥6500/コンバース バッグ(巾着つき)¥34000/オルサ(オルセット) 帽子¥11000/CA4LA ショールーム イヤリング¥1600/サンポークリエイト(アネモネ) バングル¥6800/ティアラ(ラ ピエス) →夏のスニーカーコーデを詳しく見る【夏のスニーカーコーデ】『コンバース』のスニーカーコーデ2外打ち合わせやイベント会場の視察で一日じゅう動きまわる日。定番のチノパン&コンバースに旬のニットポロシャツを合わせて、アクティブさときちんと感を兼ね備えた着こなしに。衿つきトップスなら仕事にも使いやすいし、知的なネイビーを選べばコーデが大人っぽく引き締まる! 首もとにキュッと巻いたドット柄スカーフで品のよさと可愛げを添えれば、打ち合わせ中のテーブル映えもばっちり。仕事用のかっちりバッグは、太めのショルダーストラップつきで荷物が重くても楽ちん♪ニットポロシャツ¥20000/スローン チノパンツ¥21000/グッドスタンディング(リノ) スニーカー¥9800/コンバース スターズ ルミネエスト新宿 バッグ¥18500/ADINA MUSE SHIBUYA(アディナ ミューズ) 時計¥24000/ピークス(ロゼモン) メガネ¥43000/アヤメ スカーフ¥800/ビショップ(レイバー・アンド・ウエイト) →夏のスニーカーコーデを詳しく見る【夏のスニーカーコーデ】『コンバース』のスニーカーコーデ3休日服、しかもカジュアルなコーデにブラックドレスパンツ? と思うかもしれないけど、実はスニーカーとの相性もバツグン! 細い足首が見えるクロップト丈を選ぶのがポイント。チルデンベスト¥22000/ショールーム セッション(アダワス) ブラックドレスパンツ¥27500/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) スニーカー¥9800/コンバース スターズ ルミネエスト新宿 バッグ¥14000/ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿店(ピトゥサ) イヤリング¥1500/お世話や バングル¥1000/お世話や →夏のスニーカーコーデを詳しく見る【夏のスニーカーコーデ】『コンバース』のスニーカーコーデ4開衿シャツはそのままサラッと、×チノパンでラフに。座ったり立ったり、ガシガシ動けるようにトップスはINしたりパンツの裾をちょっと折ってみたけど、実はラフになりすぎないコツだったりして。開衿シャツ¥6900/ノーク チノパンツ¥21000/グッドスタンディング(リノ) スニーカー¥9800/コンバース スターズ ルミネエスト新宿 バッグ¥14000/ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿店(ピトゥサ) 帽子¥14800/CA4LA ショールーム(カシラ) イヤリング¥1500/お世話や サングラス¥30000/アヤメ バングル¥1000/お世話や →夏のスニーカーコーデを詳しく見る【夏のスニーカーコーデ】『コンバース』のスニーカーコーデ5「赤い『コンバース』やドット柄をきかせた、愛するフレンチシックな着こなしで。スカーフは長くたらしたり、インナーはキャミソールを選んだり、ハーフパンツ×スニーカーになる分、“大人の女性らしい空気感”を仕掛けます」(石上さん)ラフだけど色気を感じる、普通っぽいけど記憶に残る。石上さんらしいハイセンスなカジュアル。色使いはネイビーとエクリュと赤のシックなトリコロール、代わりにアイテムは今年らしいエッセンスを感じるものをセレクト。そのこまやかなバランスで、洗練されていながらも挑戦しやすいコーデが完成する。パンツ¥18000(ピューピル)・バングル¥67000(ナタリー シュレッケンベルグ)/メゾン イエナ ジャケット¥55000/ボウルズ(ハイク) キャミソール¥6900/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 渋谷マークシティ店 靴¥5800/コンバース バッグ¥25000/ショールーム セッション(トイノ アベル) スカーフ¥14000/ビショップ(マニプリ) →夏のスニーカーコーデを詳しく見る【夏のスニーカーコーデ】『コンバース』のスニーカーコーデ6カットソー素材のノースリーブワンピは、左にだけスリットがあるアシンメトリーデザイン。こんな風にきれい色のパンツはもちろん、デニムやプリーツスカートを合わせたり……いろんな表情が楽しめる♡ワンピース¥4900/ラコレ パンツ¥13800/フリークス ストア渋谷(フリーダ) 靴¥12000/コンバース バッグ¥12800/アーバンリサーチ 神南店(マルコ マージ) ピアス¥4200/リエス(ラ ピエス) スカーフ¥18000/グラストンベリーショールーム(ア ピース オブ シック) →夏のスニーカーコーデを詳しく見る【夏のスニーカーコーデ】『コンバース』のスニーカーコーデ7フロントはデコルテが映えるシンプルなVネック。立体的な後ろリボンとのギャップではっとさせて。ワンピース¥7900/オンワード樫山(シェアパーク) 靴¥6500/コンバース バッグ¥29800/SANYO SHOKAI(ブルーレーベル・クレストブリッジ) スカーフ¥11000/フラッパーズ(マニプリ) ピアス¥2055/サードオフィス(ROOM) →夏のスニーカーコーデを詳しく見る【夏のスニーカーコーデ】『コンバース』のスニーカーコーデ8ワンピース¥19000/TOMORROWLAND(MACPHEE) 靴¥5800/ノーリーズ&グッドマン銀座店(コンバース) バッグ¥30000/シティショップ(モジュモジュ) イヤリング¥18000/メゾン イエナ(ザ ダラス) バングル¥4500/フリークス ストア渋谷(フリークス) インナー/スタイリスト私物 →夏のスニーカーコーデを詳しく見る【夏のスニーカーコーデ】『コンバース』のスニーカーコーデ9今年らしい可愛げを求めるなら、ティアードははずせない。Vネックからのぞくシンプルな白Tにカジュアルな小物たち。着くずしても女らしさが保てる一枚!ワンピース¥2768/神戸レタス Tシャツ(2枚セット)¥2800/ヘインズブランズ ジャパン 靴¥6500/ABC-MART(コンバース) バッグ¥32000/アルファ PR(アエタ) 帽子¥11000/CA4LA ショールーム →夏のスニーカーコーデを詳しく見る▲【2019夏のスニーカーコーデ】特集トップに戻る 【夏のスニーカーコーデ】『ニューバランス』のスニーカー【夏のスニーカーコーデ】『ニューバランス』のスニーカーコーデ1イマイチなお天気続きの週の中日は、発色のいい赤のAラインスカートとクリーンな白ブラウスで気分を上げてく! はっ水加工のスカートと汗ばんでも体に張りつかない吸水速乾のブラウスで、実は雨でもOKな機能を備えてるんだ。足もとをグレーのニューバランスで軽快に仕上げたら、外打ち合わせもお使いも楽勝でしょ♪ 朝のニュースで「今日はラグビーワールドカップ100日前!」って言ってたから、日本代表のユニフォームとカラーリンクさせた服装なの、誰か気づいてくれるかな?吸水速乾のロングブラウス¥5990/プラステ はっ水加工のAラインスカート¥18000/ルーニィ スニーカー¥28000/ニューバランス ジャパン ミニポシェット¥18500/シップス 有楽町店(クリスチャン ヴィラ) べっこう調ピアス¥2900/AKTE ゴールドバングル¥18500/ガス ビジュー 青山 →夏のスニーカーコーデを詳しく見る【夏のスニーカーコーデ】『ニューバランス』のスニーカーコーデ2夏の風にふわりと舞うだけで、日常が少しドラマティックになる。裾には軽やかなフリル。スニーカーにもぴったり。ワンピース¥40000/アルアバイル(ヌキテパ) カットソー¥11000(アンフィル)・帽子¥5800(サーフライン ハワイ)/ビショップ 靴¥25000/ニューバランス ジャパン バッグ¥2900/メイデン・カンパニー(バッグス ユーエスエー) レギンス¥3600/タビオ(靴下屋) →夏のスニーカーコーデを詳しく見る【夏のスニーカーコーデ】『ニューバランス』のスニーカーコーデ3グリーンとブラウンって、実はすごくおしゃれに見える配色。だからブラウンTの上に“普通にはおる”だけで、トレンド感ばっちり!グリーンのカーディガン¥1490/GU 接触冷感&UVカットのクロップトパンツ¥16000/マイカアンドディール 恵比寿本店 汗じみ防止効果つきTシャツ¥2600/ラコレ スニーカー¥28000/ニューバランス ジャパン シルバー巾着¥22000/リエス(マルコ マージ) ゴールドバングル¥18500/ガス ビジュー 青山 柄スカーフ¥11000/フラッパーズ(マニプリ) ベルト¥14000/シップス 有楽町店(アトリエ アンボワーズ) →夏のスニーカーコーデを詳しく見る▲【2019夏のスニーカーコーデ】特集トップに戻る 【夏のスニーカーコーデ】その他ブランドのスニーカー『リプロダクション オブ ファウンド』のスニーカーコーデ今日のデートはイエローのメッセージT×ネイビーベースの花柄スカートで、写真映えを狙った夏っぽミックスコーデに♡ そうだっ、小物も思い切り遊んじゃおう。フォルムも色もポップなバッグに、インパクト大のサングラスや太バングルもオン! やんちゃな小物使いでテンションが上がったら、足もとは動けるスニーカーで軽快に。バッグ(15×22.5×5)¥16000/フラッパーズ(メゾン ヴァンサン) Tシャツ¥5800/ハイ! スタンダード(ティーパブリック) スカート¥7990/バロックジャパンリミテッド(スライ) 靴¥15800/アイ ファウンド(リプロダクション オブ ファウンド) サングラス¥12800/コモノ東京 ネックレス¥55000/TOMORROWLAND(ソフィーブハイ) バングル¥3800/ビーミング ライフストア by ビームス コクーンシティ店 →夏のスニーカーコーデを詳しく見る▲【2019夏のスニーカーコーデ】特集トップに戻る 2019年の夏コーデ、スニーカーコーデ関連特集もチェック♪ヒール靴、フラット靴、スニーカー。20代におすすめのシューズをブランド別にご紹介 | レディースサンダル特集《2019年版》- 20代におすすめの春夏トレンドは? 人気ブランドの新作、美脚見えサンダルなどGUの靴特集《2019年春夏》- 20代のコーデにおすすめのGUレディースシューズ夏コーデ特集《2019年版》- 20代レディース向けのプチプラコーデやスポーツミックスコーデなどプチプラコーデ10選《2019年夏》- ユニクロやGUなどプチプラブランドでつくる20代レディースコーデ
  • 次のお休みに行ってみて!MORE着回しに登場したおしゃれスポット素敵な場所に、映えるコーデで行ってみたい!……って気持ちはやまやまだけど、もう大人だから「浮かない」こともとっても大事。着まわしのきくワードローブは、どこでも映えてくれるのか!? MOREに登場した週末行きたいおしゃれスポットを、栞里のコーデとともにご紹介♡ @新国立競技場東京オリンピックもついに来年か〜彼氏と来られるのかしら……本日は担当案件の現場視察、というわけで。動きやすくて、でもきちんと感は忘れないカジュアルな組み合わせを。そしたら工事監督さんとまさかのポロシャツかぶり。「佐藤さんが着るとおしゃれに見えるね〜」って、もう! ほめ上手だなぁ♡ 帰り際通った新国立競技場、思った以上にできててテンションUP。ニットポロシャツ¥20000/スローン チノパンツ¥21000/グッドスタンディング(リノ) スニーカー¥9800/コンバース スターズ ルミネエスト新宿 バッグ¥18500/ADINA MUSE SHIBUYA(アディナ ミューズ) 時計¥24000/ピークス(ロゼモン) メガネ¥43000/アヤメ スカーフ¥800/ビショップ(レイバー・アンド・ウエイト)@プラネタリア TOKYOノー残業デーのひそかな楽しみは夜の“おひとりプラネタリウム”なのですきれいめTシャツにプリーツスカートのオールホワイトコーデで、気分は王子様を待つ可憐な姫……。って、え、ウソ!? 気づいたら終わってた! 誰か起こしてくれてもよくない? まあいっか。仕事のモヤモヤさえ吹き飛んで、この服みたいにまっさらな気持ちになれちゃう、最高なアフター6なのでした。五分袖白Tシャツ(メンズサイズ)¥8500/ビショップ(ハンドバーグ) プリーツスカート¥19000/リエス カラーパンプス¥13000/ル タロン プリュ 有楽町マルイ店(ル タロン) バッグ¥17800/ショールーム セッション(ヤーキ) イヤリング¥1100/お世話やリラックスした体勢で満天の星を楽しめるプレミアムシートや、VRでバーチャル空間を楽しめるスペース、惑星をイメージしたカクテルなどなど……。仕事の疲れが癒されまくりなコンテンツが満載! な次世代型プラネタリウムが登場。◆東京都千代田区有楽町2の5の1有楽町マリオン9F ☎03・6269・9952 10:30〜22:00(土・日曜、祝日〜22:30) 無休@Galaxy Harajukuな、なんじゃこりゃ。自分の写真に囲まれるって、すごくない?外回りのあき時間中「あ、ここ話題のとこっすね」と同僚が言うので寄ってみることに。どれどれ何がすごいのかしら、ってワオ! 私の写真が床から天井までびっしり。「ギョーザの写真多っ(苦笑)」ってうるさいなぁ(笑)。でもほら、過去の写真より今日のほうが大人っぽく感じるのは、さりげなく女っぽい袖から伸びるロングタイトとのYシルエットの効果かな♡チルデンベスト¥22000/ショールーム セッション(アダワス) タイトスカート¥35000/ブルーバード ブルバード ローファー¥62000/ブリティッシュメイド 銀座店(ジョセフ チーニー) バッグ¥18500/ADINA MUSE SHIBUYA(アディナ ミューズ) イヤリング¥1100/お世話や 時計¥24000/ピークス(ロゼモン)『Galaxy』の革新的な最先端技術を無料で体験できる施設。4階の「Social Galaxy」は、自分のInstagramに投稿した写真に囲まれるという不思議な体験ができる、絶好の“インスタ映え”スポット!◆東京都渋谷区神宮前1の8の9 70120・085630 11:00〜20:00 無休@FORTUNER tea-box「飲んだことないんすか!?」とか言われたから。最新のやつ、ください!新人ちゃんたちがいつも飲んでるアレ、飲んでみたかったんだよね〜ということで、昼休みにダッシュで来てみました話題店! トレンドスポットで埋もれないように鮮やかなグリーンで華やかに、会社では浮かないように小物は黒で締めて……って、うまぁ!きれい色カシュクールブラウス¥8900/ノーク ブラックドレスパンツ¥27500/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) アンクルストラップサンダル¥8800/ル タロン プリュ 有楽町マルイ店(ル タロン) バッグ¥17800/ショールーム セッション(ヤーキ) 帽子¥5200/CA4LA ショールーム(カシラ) イヤリング¥1500・バングル¥1000/お世話や今話題の、日本初「チーズティー」専門店。フレーバーティー×ふわっふわにホイップされたチーズクリームの組み合わせは絶品♡ 豊富なカスタマイズができるから、自分好みの一杯を見つけてみて。◆東京都渋谷区神宮前3の27の15・FLAG 1-F ☎03・6721・1261 11:00〜19:00 不定休@SOLSO PARK明日の先輩夫婦の来訪に備えて。お部屋に飾る新しいグリーンを探そう!開衿シャツはそのままサラッと、×チノパンでラフに。座ったり立ったり、ガシガシ動けるようにトップスはINしたりパンツの裾をちょっと折ってみたけど、実はラフになりすぎないコツだったりして。開衿シャツ¥6900/ノーク チノパンツ¥21000/グッドスタンディング(リノ) スニーカー¥9800/コンバース スターズ ルミネエスト新宿 バッグ¥14000/ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿店(ピトゥサ) 帽子¥14800/CA4LA ショールーム(カシラ) イヤリング¥1500/お世話や サングラス¥30000/アヤメ バングル¥1000/お世話やグリーンや花好きさんから絶大な支持を得る週末限定の緑のテーマパーク『SOLSO FARM』の、待望の都市型マーケット店舗。いつでも好きな時に、本格的でおしゃれな植物たちを見られると大人気。◆東京都港区南青山1の12の13 ☎03・6812・9770 10:00〜19:00 不定休 ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/新田君彦(えるマネージメント) ヘア&メイク/河嶋 希(io) モデル/佐藤栞里 スタイリスト/大平典子 撮影協力/tokyobike プロップス ナウ アワビーズ
  • おしゃれプロのリコメンド付き! 新調したくなる夏小物をご紹介。 サングラスはこのカタチ!夏の日射し対策&おしゃれに欠かせないサングラスは、丸みのあるフレームが今年っぽい。 (左)「肌になじむようなクリアフレームのサングラスなら優しい印象をキープ」(スタイリスト松村純子さん)。¥34,000/モスコット トウキョウ(モスコット)・(中)「セルのかっちり感とメタルのシャープさのいいとこどり。メタルだけだときつく見えることがありますが、その心配もなし」(スタイリスト田澤美香さん)。¥61,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285)・(右)「全体的に丸みのある"パント"と呼ばれるフレームの、上の部分だけシャープなカッティングを施した"クラウンパント"。ほどよい個性をプラスしてくれます」(スタイリスト池田メグミさん)。¥29,000/コンティニュエ(YELLOWS PLUS)  大人色のビーチサンダル「ビターな大人の色のビーチサンダルをハワイで発見!マットな質感と華奢なストラップは大人が街中で履いても素敵です!」(スタイリスト徳原文子さん)足裏が触れる面は柔らかくてクッション性があり、アウトソールには地面をとらえて歩きやすい硬い素材を使用した二層構造で、疲れにくいとリピーター続出。サンダル(右)¥3,200・(左)¥2,800/ハイアン インフォメーション(ハイアン)デイリーカジュアルをハズシに使える、アースカラーの“スポサン”ラクチンで手放せないスポサンは、スポーティなビビッドカラーよりもダークカラーを選びたい。「黒だけでなく、チョコレートブラウンやキャメルなど、おしゃれなニュアンスカラーも増えています。また、足首をホールドするデザインだけでなく、つっかけタイプや厚底のものなどバリエーションも豊富。旬のマキシスカートとの相性も抜群です」(スタイリスト池田メグミさん)。サンダル(左から)¥8,800/ブルームーンカンパニー(シャカ)・¥13,000/アパルトモン 青山店(スイコック)・¥4,500/シップス 渋谷店(テバ)大人のかごバッグは、黒で決まり!「ナチュラルカラーのかごバッグは、どうしても可愛く素朴なムードになりがち。クールな黒ならきれいめのスタイリングにも合わせやすく、シャープに持てます。レザーの黒ほど重たくならないので、夏のスタイリングを軽やかに仕上げるのにぴったり。また、カッチリ固い籐のかごバッグよりも、ラフィアなど柔らかい素材のほうが実際に使いやすいのでおすすめです」(スタイリスト松村純子さん)。バッグ(左から)¥24,000/アパルトモン 青山店(ノロ)・¥33,000/カオス丸の内(メゾン エヌアッシュ パリ)・¥26,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(ヘレンカミンスキー)撮影/佐藤 彩 魚地武大(TENT) スタイリスト/伊藤ゆみ 松村純子 池田メグミ 田澤美香 取材・原文/坪田あさみ 発田美穂【Marisol8月号 2019年掲載】
関連キーワード

RECOMMEND