パリで今行くべきおすすめショップ
SPUR.JP

今回はコンセプト一新、または新規オープンで、話題のショップをご紹介しましょう。

まずはおなじみ、コレット(Colette)。これまでマルチブランドだった上階が、「Le Relais 6 x 213m」という名のポップアップに一新しました! エクスクルージブモデルを満載し、一つのブランドがフロアを丸ごとジャックするというコンセプトです。約1か月のサイクルでブランドを替えていくこの“リレー”のトップを切ったバレンシアガは、8/5まで。8/7〜9/2は、「レ・ヴァカンス・ドゥ・リュシアン(Les Vacances de Lucien)」と称し、パリで今最も勢いがあるPR、リュシアン・パジェスによるセレクションで、コシェ(Koché)からシャーロット・シェネ(Charlotte Chesnais)、ヴェジャス(Vejas)まで。秋から年末まではサカイ、トム・ブラウン、シャネル、サンローランと続きます。

ちなみにバレンシアガは、新しい旗艦店オープンに向けて、アヴェニュー・モンテーニュ25番地で着工間近だとか。一方それまでこの番地にあったコンセプトストア、モンテーニュ・マーケット(Montaigne Market)は、年末に新店舗に移るまでの数ヶ月間をホテル住まいに。同じ通りに位置する5つ星ホテル、プラザ・アテネ(Plaza Athénée)内の2つのスイート・ルームを借り切ってのポップアップです。ホテルだけあってゆったり感があり、ビューティ・プロダクツはバスルームに、と親密な感じのディスプレイで。

そして、リヴィエラ(Rivieras)。メンズとレディス、型によってはキッズも揃え、エスパドリーユとスニーカーの間をいくリヴィエラのシューズは、’50sのフレンチ・リヴィエラ風スタイル。キャンバス時やメッシュの定番に、今年はビニールのレインシューズとスモーキング・モカシンが加わりました。これまでセレクトショップでしか見られなかったリヴィエラの全てを揃えたのが、北マレにオープンした、このショップ。中身がすぐわかるボックスやグラフィックなトートバッグも、ショッピングの特典です。

SHARE
この記事が気に入ったらシェアしよう!

RECOMMEND