ルイ・ヴィトン新作ファインジュエリー「Bブロッサム」がデビュー、クロエ・グレース・モレッツ等が広告に登場

SPUR.JP

ルイ・ヴィトンから新作ファインジュエリー“B ブロッサム”が登場。1896年、創業一家2代目にあたるジョルジュ・ヴィトンが考案した、アイコニックなフラワー・モチーフは、マラカイトやオニキス、ホワイトアゲート、ピンクオパール、ダイヤモンドなど個性的な素材を用い、モダンなジュエリーへと昇華された。

(上から)“B ブロッサム”リング〈YG、マラカイト、ダイヤモンド〉¥400,000、〈YG、ダイヤモンド〉¥745,000、〈YG、ホワイトアゲード、ダイヤモンド〉¥359,000、〈PG、ピンクオパール、ダイヤモンド〉¥590,000、バングル〈YG、オニキス、ダイヤモンド〉¥3,390,000 ※右上のリングは参考商品
(上から)“B ブロッサム”リング〈YG、マラカイト、ダイヤモンド〉¥400,000、〈YG、ダイヤモンド〉¥745,000、〈YG、ホワイトアゲード、ダイヤモンド〉¥359,000、〈PG、ピンクオパール、ダイヤモンド〉¥590,000、バングル〈YG、オニキス、ダイヤモンド〉¥3,390,000 ※右上のリングは参考商品

 

広告キャンペーンに登場するのはチョン・チューシーやインディア・ムーア、クロエ・グレース・モレッツ、ソフィー・ターナー、シグネ・ファイテベルグの5名。クレイグ・マックディーンによるビジュアルでは、個性あふれるモデルたちの表情と、アイコニックなジュエリーのきらめきを捉えている。

ルイ・ヴィトン クライアントサービス
http://www.louisvuitton.com/
0120-00-1854

text: Shunsuke Okabe

関連記事
  • 20代におすすめのタイトスカートコーデ(2019夏)女っぽくてすらりと見えるタイトスカートでスタイルアップも完璧! 夏のおすすめのコーデは? タイト&ロングなシルエットでつくる“いい女”コーデのお手本はこちら♪ [目次] ブルーバード ブルバードのタイトスカート シップスのタイトスカート シップス・ブルーブルーのタイトスカート ルクールブランのタイトスカート ※記事発信時点での情報のため、価格や仕様が変更になっている場合や、販売が終了している場合があります。 【夏のタイトスカートコーデ】ブルーバード ブルバードのタイトスカート1上司のお供をする日は、きれい色のカシュクールブラウスにすらりと見えるタイトスカートで”いい女”コーデに。全体を寒色でまとめれば、ジメジメ気分も吹き飛ぶさわやかさで好感度アップ。深めのVカットに腰高なウエストマーク、ボリューム袖に揺らめく裾。一枚でニュアンスたっぷりの旬ブラウスだから、スカートも小物もシンプルがいちばん。サンダルとバッグを黒でシャープに引き締めて。清涼感あふれるシルバーアクセは、重ねづけしても重たくならずこなれたしゃれ感に♡きれい色カシュクールブラウス¥8900/ノーク タイトスカート¥35000/ブルーバード ブルバード  ピアス¥22000/アガット ブレスレット¥5500/ビヨンクール 阪急メンズ大阪店(アンプジャパン) リング¥35000/UTS PR(ルフェール) バッグ¥17800/ショールーム セッション(ヤーキ) →夏のタイトスカートコーデを詳しく見る【夏のタイトスカートコーデ】ブルーバード ブルバードのタイトスカート2カジュアルな白Tをきれいめに着こなすには、女っぽくてすらりと見えるスリット入りのタイトスカートと! Tシャツをインしたミニマムなルックスなら、たちまちレディに仕上がってスタイルアップも完璧でしょ。色っぽさ漂う深みのある赤を選んで、シャツジャケットを持ち歩けば、素敵な平日OKコーデの出来上がり♡ 無地コーデにメリハリをつくるロングネックレス、足もとに軽やかな抜け感を出すヌーディなフラットサンダルも「さすが!」って思わせるおしゃれポイント。Tシャツ(2枚セット)¥2700/ヘインズブランズ ジャパン(ヘインズ) スカート¥59000/ブルーバード ブルバード シャツ¥23000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店 靴¥6900/ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿店(ニコラスライナス) ピアス¥15500・リング¥12000/メゾンソワリー堀江店(ソワリー) ネックレス¥12000/シップス 渋谷店(キャス) バングル¥6900/ココ ディール →夏のタイトスカートコーデを詳しく見る【夏のタイトスカートコーデ】ブルーバード ブルバードのタイトスカート3しっとりとしたサテンのつやめきは、どんな難しい着こなしテクより効果的♡ イヤミにならないブラウンならレイヤード初心者でも簡単!キャミソール¥13000/ゲストリスト(ハウント代官山/ハウント) カットソー¥2900/アパートバイローリーズ スカート¥35000/ブルーバード ブルバード 靴¥6900/クリア インプレッション バッグ¥11000/ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿店 ピアス¥1800・バングル¥1600/お世話や スカーフ¥18000/グラストンベリーショールーム(ア ピース オブ シック) →夏のタイトスカートコーデを詳しく見る【夏のタイトスカートコーデ】ブルーバード ブルバードのタイトスカート4ドキドキとワクワクが入り交じる、新しいお客様とのミーティング。見た人の心を落ち着かせる効果があるらしいネイビーで、自分もお客様もリラックスして会話ができるように。お気に入りのポロシャツを着て出勤。カジュアルなイメージのポロも、タイトなスカートにINしたらむしろきれいでしっかりした感じに見えるよね?ニットポロシャツ¥20000/スローン タイトスカート¥35000/ブルーバード ブルバード カラーパンプス¥13000/ル タロン プリュ 有楽町マルイ店(ル タロン) イヤリング¥1100/お世話や 時計¥24000/ピークス(ロゼモン) →夏のタイトスカートコーデを詳しく見る【夏のタイトスカートコーデ】ブルーバード ブルバードのタイトスカート5一枚だけで着るよりも、重ねたほうが女っぽい気がするから不思議! 透けるようなやさしい質感のシャツジャケットもこれからのトレンド。白Tにはおると、どちらか一枚で着る時より女っぽいから、こんなコーデでデートしたい♡Tシャツ¥10000/ビショップ(アンフィル) シャツ¥21000/バーニッシュ(ユリナ カワグチ) スカート¥59000/ブルーバード ブルバード 靴¥62000/ブリティッシュメイド 銀座店(ジョセフ チーニー) バッグ¥28000/アングローバル(MHL) リング¥15000/リエス(ジャミレイ) →夏のタイトスカートコーデを詳しく見る【夏のタイトスカートコーデ】ブルーバード ブルバードのタイトスカート6白T×黒タイトスカートに小物を少しだけ。気張らないモノトーンコーデがこんなに素敵に見えるのは、シルエットやバランスが絶妙だから♡ てろてろ素材のゆったりとしたTシャツは、白シャツのクリーンさとブラウスの女らしさをイイトコ取りしたような一枚。女っぽいけど甘くないスカートとなら、きれいめに着こなせて気持ちまで”しゃん”とする。キャップやサイドゴアブーツで今っぽい遊びゴコロを足して休日モードに!Tシャツ¥14000/デミルクス ビームス 新宿(エイトン) スカート¥35000/ブルーバード ブルバード 靴¥63000/パラブーツ青山店 帽子¥7900/プレラブド ブレスレット¥9000/カージュ ルミネエスト新宿店(ディス) リング¥20000/モットハウス・トーキョー(ネッティ・ケント) →夏のタイトスカートコーデを詳しく見る▲【夏のタイトスカートコーデ】特集トップに戻る 【夏のタイトスカートコーデ】シップスのタイトスカートいつもの白Tを職場にもデートにも気負わず着ていけたら最高じゃない? それなら今季のおしゃれキーワード”カジュアルなのに女っぽい”を目指しつつ、”大人っぽい”もちょっと意識してみたい。甘すぎずシックな花柄スカート、きれいめカーデからカジュアルな夏小物まで、白Tと品よくなじむベージュトーンでまとめて。親しみやすさと女っぽさのイイトコ取りで全方位モテも夢じゃない♡ 仕上げにシャープなシルバーピアスでほっこりさせないアクセントを! Tシャツ¥6000/アニエスベー カーディガン¥14800・スカート¥15700・バングル¥9000(3点ともシップス)・靴¥14800(エネス)・バッグ¥17500(カテリーナ ベルティーニ)・サングラス¥15000(ウェイティング フォー ザ サン)/シップス 渋谷店 ピアス¥2000/ビームス 銀座(チャルル) リング(細)¥7200/UTS PR(ルフェール) リング(太)¥10800/パリゴ 丸の内店(フィリップオーディベール) →夏のタイトスカートコーデを詳しく見る▲【夏のタイトスカートコーデ】特集トップに戻る 【夏のタイトスカートコーデ】シップス・ブルーブルーのタイトスカートタイト&ロングなシルエットで、白でも膨張知らずの美スタイル♡ ポケットのボタンがマリンなムードで春夏にぴったり。タイトなトップスで縦長ラインを強調すれば着やせも叶う。スカート¥16000/ブルーブルー(シップス・ブルーブルー) ニット¥9000/ピーチ(スアデオ) 靴(一部店舗のみ販売)¥2490/ジーユー バッグ¥60000/ビショップ(マリア ラ ローザ) ピアス¥1925/サードオフィス(ROOM) スカーフ¥8800/フラッパーズ(マニプリ) →夏のタイトスカートコーデを詳しく見る▲【夏のタイトスカートコーデ】特集トップに戻る 【夏のタイトスカートコーデ】ルクールブランのタイトスカートきれいなイエローのボーダーに、パープルの長め丈タイトスカート。きれい色×きれい色は簡単に今っぽくなれるから取り入れるべし♡ 縦長ラインはスカートでできているから、ボーダートップスは少し大きめサイズをチョイス!Tシャツ¥10800/セント ジェームス代官山店 スカート¥11000/ルクールブラン 靴¥10000/マッキントッシュ フィロソフィー 新丸ビル店 バッグ¥9900/メイデン・カンパニー(バッグス ユーエスエー) ピアス¥1300(リミテッドナンバー)・バングル¥1500(Osewaya)/お世話や →夏のタイトスカートコーデを詳しく見る【夏のタイトスカートコーデ】ルクールブランのタイトスカート後輩から一目置かれる着こなしは、甘くないけど女っぽい”きれい色のタイトスカート”に頼ればいい。例えば、こっくり鮮やかなターコイズブルーをとことんシンプルに楽しむのも素敵♡ ×黒ブラウスで辛口にまとめれば、大人の洗練感も今っぽさも即叶う。仕上げにブラウンの柄スカーフを縦に垂らして、無地コーデをおしゃれにメリハリUP!スカート¥9500/ルクールブラン トップス¥17000/ナノ・ユニバース カスタマーサービス(サクラ) 靴¥14500/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) バッグ¥4400/ラコレ イヤリング¥2580/サンポークリエイト(アネモネ) スカーフ¥10000/SANYO SHOKAI(マッキントッシュ フィロソフィー) 時計¥29500/ピークス(ロゼモン) →夏のタイトスカートコーデを詳しく見る▲【夏のタイトスカートコーデ】特集トップに戻る 夏のタイトスカートコーデ関連特集もチェック♪プリーツスカートコーデ特集《2019年春夏》- 20代におすすめのプリーツ・ロングスカートまとめ大人かわいいプチプラファッション特集《2019夏》 - 20代後半女子におすすめのきれいめコーデまとめ20代レディースの夏ファッション特集《2019年版》 - ワンピースやTシャツなどおすすめコーデは?夏コーデ特集《2019年版》- 20代レディース向けのプチプラコーデやスポーツミックスコーデなどプチプラコーデ10選《2019年夏》- ユニクロやGUなどプチプラブランドでつくる20代レディースコーデ
  • オフィスと外の気温差に負けずにプロジェクトの資料作り! デスクワークの日はスニーカー出勤で。すっきりしたTシャツに、今っぽいハイウエストのスカートできりりと仕上げ、冷房対策のはおりも忘れずに! 白×ネイビーをベースに、きれい色を2つトッピングして大人の可愛げをプラス。足もとがカジュアル日は、バッグやアクセは上品なものを選んで大人っぽくまとめるのがコツ。デスクで仕事に没頭していたら、後輩の遠藤くんから「昨日のお礼です!」とコーヒーを貰っちゃった。そういえばミーティングの後、仕事の進め方をいろいろレクチャーして、さらに仕事の悩み相談ものってあげたんだっけ……。先輩として当たり前のことをしただけだけど、感謝されるとなんだかうれしい♪  カーディガン¥22000/ロートレアモン Tシャツ¥9000/ebure スカート¥12000/エメル リファインズ ルミネ新宿店(エメル リファインズ) バッグ¥ 36000/ケイト・スペード(ケイト・スペード ニューヨーク) 時計¥29000/ウエニ貿易(ヘンリーロンドン) バングル¥60000/ブランイリス エストネ ーション六本木ヒルズ店(ブランイリス)  ネックレス¥8400/サイクロ スニーカー¥9990/ アディダスグループ お客様窓口(アディダス オリジナルス) 【今月のPROFILE】広告代理店企画営業・絵美里33歳。広告代理店の企画部所属。営業の後輩と組み、地方企業のリブランディングを進行中。趣味はアート鑑賞。一人の時間も楽しいけれど、夏だもん、恋がしたい!(笑) 明日のコーデ写真一覧へ>> 明日のおすすめ着回しアイテム 【スリット入りタイトスカート】 後ろはゴムで、着心地とスタイルアップを両立。スマートなタイトシルエットは、スリット入りで足さばきよく。¥12000/エメル リファインズ ルミネ新宿店(エメル リファインズ) 【薄手カーディガン】 さし色に、はおりに。なにかと使える薄手カーディガンは、フレッシュなレモンイエローを選んで。¥22000/ロートレアモン 【白Tシャツ】 落ち感素材で女っぽく着られるTシャツ。こちらもパキッとした白を。¥9000/ebure 「今月のおすすめ着回しアイテム」まとめはこちらから>>撮影/魚地武大〈TENT〉(物)スタイリスト/石田 綾 取材/久保田梓美 WEB構成/衛藤理絵
  • 見た目の清涼感と、汗の目立ちにくさと着やせ効果で夏にうれしい黒。2WAYで着回し可能なデザインが単調になりがちな夏のおしゃれを広げてくれます!ne Quittez pas レースガウンたっぷりギャザーがおなかまわりをカバー。涼やかなレース使いでエレガントにカジュアルさと女らしさのバランスが絶妙と大人気だったカシュクールワンピースが、よりすっきり見えるデザインに改良。レースのさりげない透け感は見た目にも涼しげ。バッグ¥29,000/ebure (センシスタジオ)  靴¥43,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ネブローニ) インナー/スタイリスト私物カットソーに重ねてガウン感覚でも着用可前ボタンタイプなので、軽い羽織りとしても活用可能。裾にスリットが入っているため、レイヤードしても印象は軽やか。ne Quittez pas レースガウン ¥24,000+税>>デニムパンツ¥19,000/ゲストリスト(レッドカード)  ネックレス¥15,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(フィリップ オーディベール)  靴¥43,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ネブローニ) カットソー/スタイリスト私物ESSEN.LAUTREAMONT×éclat 2WAYコクーンドレスシンプルながら、袖スリットとドレープに大人のエレガンスが漂う光沢のないマットな素材で、オン&オフ、昼&夜と、幅広いシーンで活躍する一枚。袖まわりにドレープを加えたハーフスリ ーブは、肩先のスリットに腕を通せばフレンチスリーブとしても着られる2WAY仕様。ドライタッチの素材は、さらりとした着心地と美しい落ち感も魅力。スリットに腕を通すとフレンチスリーブに。表情の違いを楽しめます。ESSEN.LAUTREAMONT×éclat 2WAYコクーンドレス ¥24,000+税>>バングル¥14,000・バッグ¥54,000/リエス (メゾン ボワネ) 帽子/スタイリスト私物(ne Quittez pas レースガウン)撮影/前田 晃(MAETTICO) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/徳原文子 モデル/田沢美亜 取材・文/坪田あさみ (ESSEN.LAUTREAMONT×éclat 2WAYコクーンドレス)撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE)  ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/徳原文子 モデル/Emi Renata 取材・文/東原妙子
  • 憧れブランドの靴。いつか買うなら増税前の"今"かもしれない素敵な靴をはいた時の、背筋が伸びるようなあのトキメキは、女子なら誰もがわかるはず。それが憧れブランドの名品なら……想像するだけでも気持ちが上がっちゃう!! ショーウィンドウのガラス越しに眺めていたあの靴を、増税前の今、自分の運命の一足にしてみない?スタイリスト&ライターがレコメンド!4つの憧れブランドChristian Louboutin クリスチャン ルブタン(右奥)乙女の憧れシューズといえばこちら。ブレーンなパンプスからも感じる、とびきりフェミニンなムードがブランドならでは。合わせやすく活躍しそうなピンクベージュでデビューしてみて。(8.5)¥81000/クリスチャン ルブタン ジャパン(クリスチャン ルブタン)「25歳頃素敵なヒール靴に憧れて買いました。今は基本スニーカー派なのですが、この一足だけは特別な時用に残しています」(ライター・鈴木絵美さん)MANOLO BLAHNIK マノロ ブラニク(手前)美しさに加え、ヒール靴なのに走れるほどの安定感を誇り、働く女性からのラブコールが絶えない。モア世代がリアルに使える名品として手にするにも、早すぎることはないはず。カラースエードで華やかに。(5)¥99000/ブルーベル・ジャパン(マノロ ブラニク)「はいた瞬間、それまでより脚が美しく見える魔法のヒール靴。そのうえ歩きやすさも抜群。できるだけ早く出合ってほしいです」(スタイリスト・石田 綾さん)JIMMY CHOO ジミー チュウ(左)アジア系のクリエイティブ・ディレクターが手がけるブランドは、日本人の足に木型が合うことでも人気。定番のブラックカラーにバックストラップを合わせた一足はハンサムな印象で、ヒール靴だけど媚びない姿勢がとても現代的。(6)¥76000/JIMMY CHOO「20代後半でプレーンな黒の10㎝ヒールを購入。特別な日にはく、頑張って買った靴はシンデレラ気分にさせてくれます」(スタイリスト・石上美津江さん)GUCCI グッチ1950年代に登場以来、時代と共に進化を繰り返すオールタイムべストな一足。ローファーというアイテムだけあって、デイリーにはけるところも、20代のうちに投資すべき品として名前が挙がる理由。そして、もはや似合わないスタイルを探すのが困難なほど、どんな服にもはまるので、手に入れた日から数えきれないくらい出番が訪れること間違いなし。[モデル]靴「ホースビット ローファー」(1)¥98000・シャツ¥270000・パンツ¥165000・帽子¥34000・イヤリング¥45000・ネックレス¥60000・リング¥50000/グッチ ジャパン(グッチ)[靴](右)ヴィンテージのニュアンスがこなれた雰囲気のブラウン。「ホースビット ローファー」(1)¥98000・(左)キャンバス地なら、より軽やかに。「ホースビット ローファー」(1)¥98000/グッチ ジャパン(グッチ)「ハイブランドの靴を手にした時の“上がる”気持ちをモア世代にも経験してほしいです。特に『グッチ』のローファーは永遠の名品と呼ぶにふさわしい靴。カジュアルからきちんとまで合わせられる心強い靴は、いつかではなく少しでも早く手に入れ、メンテナンスしながら長くはき続けてほしいです」(スタイリスト・松野裕子さん) ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/上澤友香 ヘア&メイク/秋鹿裕子(W) モデル/飯豊まりえ スタイリスト/辻村真理 撮影協力/TITLES UTUWA ●本文中( )内の数字はバッグおよび小物のサイズ(縦×横×マチ)、または靴のヒールの高さで、単位は㎝です
  • ネイルを夏仕様に♡天気は悪いし、暑くない日が続いていますが… ネイルを夏っぽいデザインにしてきました! 今回は珍しくブルーをメインにしたネイルです。 砂浜をイメージした(とネイリストさんが!) ベージュがかったホワイトにターコイズブルー、 淡いブルーを合わせた海風デザイン(*´ω`*) 涼しげなブルーのネイルはシルバーリングと よく合うので、最近はシルバーネイルや ストーンが敷きつめられたリングをよくつけます。デザインが入った指にクローズアップ(*´ω`*) パキッとした、透け感のないターコイズブルーは 今回実は初挑戦なんです♡ 見た目マイナス3度は叶う爽やかな色がお気に入り! 人差し指と薬指は淡いブルーとゴールドのラメで 描いてもらった天然石みたいなデザインです。 淡い色なので伸びても目立たなそう〇 夏っぽいブルーでテンションを上げたので そろそろ夏らしい日が始まらないかなぁ、 と期待しているのでした(笑) モアハピ部 No.655 Yukipi のブログ
  • 7月になり、周囲にハワイに出かけるという人が多数。 みんな「LEE7月号の伊藤まさこさんのハワイ特集を 持っていくねー!」 と言ってくれて、担当としてはうれしい限りです。 ちなみに紙の本はもう販売していませんが 電子版ならまだ購入できますよ! でもハワイに行く予定もないし、という方へ。 日本でもハワイの風を感じられるイベント 「Feel Hawaii in Ginza」が松屋銀座で昨日からスタートしました。 ハワイ取材の時にお世話になった方や、取材時に見ることができなかった噂のブランドも出店しているということで行ってきたところ、 いろいろなお店にはまり、気づいたら買っていたのがこちら。 パールやハーキマーダイヤモンド、ターコイズと、天然素材を使ったアクセが人気の「マウイマリ」はマウイ島で活躍する日本人デザイナーMariさんのブランド。 私はタヒチアンパールのバングルを購入。大人っぽくて、でもブラックパールがキャンデイみたいでなんか見ていて幸せ! 手仕事的なあたたかさがとても伝わってきて、このリラックス感がハワイブランドの魅力なのかなと思いました。 エコバッグは特殊な技法でレザーやコットンに染色し、アイテムに落とし込んでいるAyakawasakiさんのもの。一点、一点異なり、そのどれもが奥行きのある色合いで本当に美しい。なかなか買えないと聞くので本当に出会えてラッキー! . 他にもヴィンテージ生地を組み合わせたバッグなどを展開する「チットチャットハワイ」や、ビンテージ生地を使った服、キッチュなTシャツ。そしてあのレナーズのマラサダなどフードもいっぱい。(マラサダは並ぶの覚悟。食べたかったけど断念・・) ワークショップやステージイベントも行われているので、お時間あればぜひ! Feel Hawaii in Ginza 〜7/23(火) 松屋銀座 1階スペース・オブ・ギンザ、8階イベントスクエアなど 追記 夏休み、ハワイにこれから行かれる方へ。 ハワイの取材時お世話になった現地コーディネーター工藤まやさんの本、おすすめです。 暮らしているからこそ、ハワイを愛しているからこその情報がのっています。 この本に出ているまやさんお勧め、オキーフのかかとクリーム、ローカルのビーサン、いいです(ロングス・ドラッグス・ワイキキにて購入) . #ハワイに行きたい…。
  • 独特のセンスを持つ若手が頭角を現すトビリシのファッション業界を反映して、自国出身のデザイナーものを扱うお店が急増。紹介したアイテムはほぼジョージアブランドで、日本で手に入らないものばかり。 More is Loveモア イズ ラブ ジョージア人ファッショニスタの御用達バッグブランド、0711(1)。そのデザイナーふたりがオーナーを務めるのが、このセレクトショップ。ブランドのスターティングポイントとなったニットや、ウェアのカプセルコレクションも並ぶ。ジョージアブランドはもちろん、Rejina PyoやNanushka、Kimhēkim、Khaiteといった注目の若手デザイナーブランドを世界中からいち早く買いつけている。 1 0711の最新コレクションから、パールビーズのバッグ(640 Lari)2 More is Loveのオーナーであり0711のデザイナー、ニノ(左)とアナ(右)は、10代のときにそれぞれの家族旅行中のトルコで出会い意気投合。時を経て一緒にビジネスをスタートすることに3 住宅街にある重厚な扉を開くと、白をベースにしたやわらかな雰囲気の内観が広がる4 Ingorokvaのセットアップ。ベスト(603 Lari)・スカート(516 Lari)5 Tatunaのバルーンスリーブのドレス(1,045 Lari)6 Aleksandre Akhalkatsishviliの80年代風クロップドジャケット(1,514 Lari) DATA 14 Leo Kiacheli St, Tbilisi電話:32 240 40 40https://moreislove.com営業時間:11時~21時定休日:クリスマス、イースター MAP04Ieri Storeイエリ ストア 元ワイン工場を利用した複合施設にオープン。ジョージアのブランドにこだわり、George KeburiaやSituationistのような最注目の新人デザイナーのアイテムを多数揃える。また、エナメルジュエリーのSofio Gongliや伝統衣装を新しい観点でリバイブさせたSamoseli Pirveliなど、手仕事系のブランドも。品揃えも豊富なため「人とかぶりたくない」という人にはぴったりのショップだ。 7 古い写真に写ったジョージアの民族衣装を再現しモダンに昇華したSamoseli Pirveliのローブ(2,250 Lari)8 Sofio Gongliのバングル(2,249 Lari)9 同 バングル(2,079 Lari)10 同 ネックレス(2,810 Lari)11 ロシア人デザイナーJKimのジャケット。伝統舞踊ジョージアバレエに着想。(1,900 Lari)12 ワインバーの中に、ショップへ続く階段が13 店内ではジョージアアーティストの作品を展示14 Tiko Paksaのボディスーツ(565 Lari)・ボレロ(463 Lari)15 フリンジ装飾のジャケットはGeorge Keburia(1,690 Lari) DATA Wine Factory No. 1, 2nd floor, 1 Vasil Petriashvili St, Tbilisihttps://www.facebook.com/ieristore/営業時間:12時~22時定休日:年末年始 MAP05 Dotsドッツ マテリエル(下)のセカンドラインの店で、並びに位置するこちら。シンプルでリーズナブルな服を取り扱うほか、注目はアクセサリーのセレクト。Kanchaveliのバッグのように若手ブランドのアイテムを多数揃える。キッズウェアラインも展開しているため、家族連れも多い。 16 木製パーツが特徴のKanchaveliのウエストバッグ(各320 Lari)17 コーヒーショップを併設18 サンダル(150 Lari)19 ハートピアス(280 Lari)20 星ピアス(210 Lari) DATA 22 Kote Afkhazi St, Tbilisi電話:32 299 95 30http://dotstbilisi.com営業時間:10時〜21時定休日:クリスマス MAP06Matérielマテリエル ジョージアで最も古いファッションハウス、マテリエルのブティックは旧市街の目抜き通りにある。上質な素材を用いて、若手デザイナーとのコラボレーションでコレクションを展開している。すべてトビリシ郊外にある自社工場で生産。色が美しいレザーのドレスやコートが代表的なアイテムだ。 21 店内は昨年改装した22 ピンクのテーラード・サロペット(1395 Lari)23 パイナップルのバングル(600 Lari)24 ブーツ(595 Lari) DATA 19 Kote Afkhazi St, Tbilisi電話:32 299 68 18https://materieltbilisi.com営業時間:10時〜21時定休日:クリスマス MAP07 Chaos Concept Storeカオス コンセプト ストア ルームス ホテルの中にあるセレクトショップ。JW AndersonやMartine Roseといった旬のブランドを扱う。エッジィなセレクトが特徴。ローカルブランドではGola Damianといった若手をサポート。店内にカフェやレコードコーナー、DJブースを併設し、音楽関係のストアイベントを頻繁に開催する。 25 パリ・ベースのジョージア人靴デザイナーによる人気ブランド、Le Mocassin Zippeのローファー(2,170 Lari)が買える!26 Gola Damianは2019-’20年秋冬のショー直後See Now Buy Nowをここで開催した DATA 14 Merab Kostava St, Tbilisi電話:599 07 44 66https://www.facebook.com/ChaosConceptStore/営業時間:12時〜20時 無休 MAP08紹介したスポットはこちら! >>初めての味を探して
  • デニムスタイルと言えばスタイリスト百々千晴さん。デニムはカジュアルスタイルに欠かせない存在だけれど、気を抜くとラフになりすぎるので要注意。デニムスタイルにも女っぽさを忘れないという百々さんのマイルール教えてくれました。 百々千晴(どど ちはる)さん雑誌やカタログ、広告などで活躍する人気スタイリスト。雑誌『UNION』の編集長を務めるほか、ブランドのディレクションを手がけるなど活動は多岐にわたる。デニムラバーな自身のおしゃれをまとめた初の著書『THE DODO JEAN』が好評発売中! 【Rule 1】デニム自体に女らしさを持たせるからトップスはシンプルにTシャツ デニムそのものが女らしい印象のデザインやシルエットを選ぶようにしているので、カジュアルなトップスと合わせることも多いんです。なかでもTシャツでさらっとまとめるのが私の定番。その代わり小物で今っぽさや自分らしさを加えています。DENIM : CELINET-SHIRT : RE/DONE×Hanes BAG : RUE DE VERNEUIL PIERCED EARRINGS : CELINE SHOES : THE ROW 「ほぼ毎日Tシャツですが、ブランドにはあまりこだわりがなく、シルエットもぴったりしたものからビッグサイズまでなんでも着ます」。(上)オーラリーのTシャツは少し地厚のリブ素材がお気に入り (中)くたっとしたTシャツはジェームスパース。色違いでベージュも愛用中 (下)オーバーサイズはユニクロのメンズのもの 【Rule 2】今年は白デニム。シルエットは少し太めがポイント 白のスキニーデニムって日本人には難しいなと思っていたんですが、太めシルエット&ハイウエストだとスタイルよく見えると発見したんです。ストレートより太めでワイドすぎないものを選びます。(左)ストレッチはないけれど、窮屈感なしにはける絶妙な一本 (中)デザイン性のあるデニムで新鮮に (右)ユニクロのものはGWの連休中にずっとはいていたくらいお気に入り。プライスがお手頃なので汚れを気にせずはけるのもいい (左から)DENIM : Monâme DENIM : Stella McCartney DENIM : UNIQLO  【Rule 3】足もとはひとくせあるものを選んで 靴が大好きなので、ブランドを問わず可愛いものを見つけるとすぐに買ってしまうんです(笑)。フラットシューズのときは、バランスがよく見えるようにハイウエストと足首が見える丈のデニムをチョイス。DENIM : Levi’s SHIRT : Isabel Marant SHOES : GALERIE VIEPIERCED EARRINGS : CELINEBAG : THE ROW (上)透け感を楽しめるメッシュのシューズはアダム エ ロペ (下)今っぽいスリッパサンダルはマノロ ブラニクのもの。「スエード素材は淡い色を選べば冬っぽくなりません」 【Rule 4】選ぶポイントはお尻が上がって見えるかどうか 試着ではお尻のラインを必ずチェック。ポケットの大きさや位置を確認しながら、ヒップが上がって見えるものを選びます。ぴったりめではくほうが女らしさが出るので好きですね。DENIM : timemachine®×roku×百々千晴TOPS : PETIT BATEAUSHOES : CELINEPIERCED EARRINGS : CELINEBAG : Ungrid 【Rule 5】手もとの時計&ジュエリーで華やかさを 服がシンプルなのでジュエリーをいっぱいつけて華やかに。デニムなのでどんなものとも相性がいい。フェイスの大きい時計やきゃしゃなダイヤのリングやブレスなど、メリハリのある組み合わせが今の気分。DENIM : MonâmeTOPS : SAINT JAMES WATCH : BAUME&MERCIER RING : Tiffany & Co. TOMWOOD BRACELET : Redline 撮影/来家祐介〈aosora〉 ヘア&メイク/nagisa〈W〉 取材・原文/昼田祥子 ※クレジットのないものは私物です ※BAILA2019年8月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND