エルメスの「オラン」、それは大人のサンダル

SPUR.JP

東京はここ数日急に暑くなり、30度を超える日が続いています(週末に子供の運動会でしたが、親のほうが倒れそうに……)。夏はほぼ毎日ワンピースとフラットサンダルという格好で過ごしている自分ですが、5月だけどいいやもう、サンダルの季節だわ! と手に入れてしばらくおいていたサンダルをおろすことにしました。

ずっと憧れていたエルメスの「オラン」です!

普段は断然「ビルケンシュトック」派なんですが、もしかしてそろそろこういう靴も履いてもよいのかな……? という気持ちに少し前からなってまいりまして。アッパーをかたどる「H」モチーフがアクセントになっている「オラン」、もちろん昔からの定番で毎年新しい色が出ており、いつかは……! と心のウィッシュリストに入れておりました。海外出張のとき、合間に立ち寄った店舗でメゾンらしいブラウンカラーの一足を見て決断。履くと、すっとした細身のシェイプとレザーのなめらかな質感で、リラックス感はありながらも、いつものワンピースが何だか大人っぽい印象に。「靴でスタイリングのイメージが変わる」って、言うまでもないおしゃれの基本中の基本ですが、本当なんだなあと改めて感じました。

保存

関連記事
  • 今年の夏は近場でゆっくり。今季GUで購入したベージュワンピースの休日リラックスコーディネートです♪こんにちは、masakoです。 梅雨明けしてから、急に暑くなりましたね。 こんな時はコーディネートを考えず ささっと着られる ワンピースが便利! 夏の休日用に GUのAラインワンピースを 選びました。 Onepiece:gu Aラインワンピース(ノースリーブ) Bag:caterinabertini 襟元が詰まっていること 脇の開きが開きすぎていないこと シルエットがややAラインなところが 選んだポイントです。 ペチコートもついていて 1枚で安心して着られました。シンプルなワンピースなので 合わせる小物次第で 色々と楽しめそうです。 日差しの特に強い日には つばの広い帽子を合わせました。 柄物のスカーフを持ってみたり。 今年は遠出はしないため 休日ご近所コーデに たくさん活用したいです。 こまめに水分をとって 熱中症に気をつけたいですね。 今日もお読みいただき ありがとうございました! Instagramはこちらです↓♡https://www.instagram.com/mystyle_mako/美女組No.177 masakoのブログ
  • これまでの人生、あまりTシャツを着てこなかった私。色々なTシャツがありますが、まずは定番を抑えよう!ということで・・・ずっと気になっていた、【Uniqro U(ユニクロユー)】のクルーネックTシャツを購入しました!色はとっても悩んだけど、ベージュにしました♡(カーキも可愛くて欲しかったなぁ。。。止まらない物欲。笑)1000円とは思えないクォリティ!試着室で着てみてびっくり。程よい厚みがあって、インナーも透けない!シルエットもとっても綺麗!首の詰まり感が今年っぽい感じもしました♡着心地もばっちしだったので、迷わず購入!期間限定セールで790円(+税)で買えました♡夏〜秋に、色々な着回しが期待できそう♩麦わら帽子さんとももちろん合います。「少しアクティブ」なお出かけの日にも、「ちょっとそこまで」なワンマイルコーデにも♡ジャンスカやワンピの下にも間違いないやつです。そして、秋になってきたらロングガウンの下のインナーにも・・・♡このコスパで1000円はやっぱり嬉しい!♡シンプルイズベストですね。色の欠品も多いみたいなので、気になる方はお近くのUNIQLOでお早めにチェックしてみてくださいね!!結紀奈モアハピ部 No.707 結紀奈 のブログ
  • 突然、やってきた夏。以前の記事で主に不織布マスク派と書いたのですが、実はその頃から頭を離れなかったのが、この珍しい(?)ベージュのマスク。打ち合わせ時にスタイリストSさんがつけていたのですが、着こなしを邪魔しないすっきりとした佇まいに一目惚れ! もちろん、マスクをつける理由はおしゃれのためではないけれど、毎日のスタイリングにおいて顔を覆う白いマスクがいかに主張しているかに気づかされ、思わず、「そのマスクどこのですか?」と前のめりに聞いてしまいました。気になるマスクの正体は、舞台衣装制作などを手がけるSAQULAIによる「Waterproof MASK」。都内のアトリエでひとつひとつ作られているそうです。私が購入したのは、一部がメッシュ地になっている【Light】タイプ。ストレッチ素材でフィット感が抜群なのに、肌あたりが柔らかくて呼吸もしやすい。見た目も相まって、なんだか頼れるアンダーウェアのよう。鏡の前に立ってみるとやはり、すんなりとなじんでくれているような気がします(着用イメージはぜひこちらの記事でご覧ください!)。特徴である防水性の恩恵を実感できる機会はまだ訪れていないのですが、すっかりお気に入りに。ちなみに販売ページには価格の内訳も記載してあって、そこにも好感が持てます。今後もオケージョンに合わせて白マスクのお世話にもなると思いつつ、今さらながら、選択肢を持てることで視界が開けるというか、マスクへの意識が変わることを改めて実感。この時期にも心地良さそうなシャンブレー素材や、大好きなストライプ柄なんかも試してみたくなってきました。みなさんのマスクライフはいかがですか?編集長のマスクライフはこちら >>マスクライフの顔レシピ マスクメイク&マスクヘアにもこだわりたい >>メイクアップの楽しさ、忘れてない? 気分がアガる! マスクメイク&マスクヘア >>マスクもわもわ問題、目にも楽しく解決! #深夜のこっそり話 #1293 >>“非日常”に触れるよろこび #深夜のこっそり話 #1280 このように紙袋に個包装されています。こういうこだわりも素敵。
  • マリソルオンラインで人気のボブヘアスタイルランキング月間TOP10を発表※2020年7月7日(火)〜 2020年8月3日(月)【ボブヘア 1位】長めのボブは軽く動きをつけてフレッシュに【FRONT】頰骨のラインに設定した前髪で小顔見せもかなう 。ワンレングスベースで全体的に厚みをもたせ、あご下にだけローレイヤーを入れることで毛先の動きを演出。レイヤー効果で束感が生まれ、ワックスをもみ込むようになじませるだけでスタイリングが完成する。地毛色が暗い人は細かくメッシュを入れて立体感を出して。 【SIDE】【BACK】担当サロン「BEAUTRIUM 265」 【Marisol10月号2019年掲載】撮影/当瀬真衣(TRIVAL) メイク/サユリ(nude.) 藤本 希(cheek one) スタイリスト/池田メグミ 取材・文/野崎千衣子 構成・文/松井美千代【ボブヘア 2位】仕事にもプライベートにもハマる究極ストレート 【FRONT】モードな雰囲気漂うマニッシュなボブは、大人の女性らしさを表現するにはうってつけ。毛量を調整するのは、髪の内側のみ。表面にはきちんと重さを残すことで、見た目の凛とした印象は残しつつ、スタイ リングの手軽さを重視。毛先をまとめてストレートアイロンではさみ外ハネにすると、時間をかけずにスタイリングが完了。忙しい朝でもさっとキマる、万能かつスタイリッシュさはオンでもオフでもうれしい。 【SIDE】【BACK】 DATA量/多太さ/太硬さ/硬さクセ/弱 担当サロン/NORA HAIR SALON 【Marisol3月号2020年掲載】撮影/当瀬真衣(TRIVAL) メイク/サユリ(nude.) 藤本 希(cheek one) スタイリスト/高橋美帆 取材・文/野崎千衣子(ショート、ミディアム、ロング)浦安真利子(ボブ)構成/松井美千代【ボブヘア 3位】自然な奥行きをつければ、寒色なのにまろやかな優しげカラーに変身【FRONT】【寒色カラー】大人の落ち着いた寒色カラーに印象を柔らかくするハイライトをプラス ベースになるのが、ベージュの柔らかさを感じるアッシュグレージュ。よりふんわりとした質感に見えるように、ベースのカラーより2 〜3 トーン明るいハイライトを細かくプラス。さりげなくトーンの違いをつけて自然な奥行きを出し、堅く見えがちな寒色の印象を打破。スタイリングをする際、毛先をワンカール、コテで外巻きに。ワックスとオイルをミックスしてなじませると、色のコントラストが強まり、特に顔まわりの自然なカールがこなれて見える【SIDE】DATAカラー/アッシュグレージュ トーン/ 7担当サロン「kakimoto arms shinjuku」【Marisol 3月号2020年掲載】撮影/当瀬真衣(TRIVAL) メイク/サユリ(nude.)藤本 希(cheek one) スタイリスト/高橋美帆 取材・文/浦安真利子 構成/松井美千代【ボブヘア 4位】透明感ある美女ボブで洗練度もアップ【40代のボブヘア】【FRONT】きれいめ服が好きなら、相性抜群のスタイル。カットは全体的には前下がり、顔まわりのみを前上がりに。スタイリングする際、トップの毛束を何カ所か内巻きにコテで巻くと、リッ プラインの高さに丸みが出てひし形に。すっきりとした印象だけれどカジュアルになりすぎないように、軽めのヘアクリームなどをなじませる程度にして、ナチュラルなツヤ感を意識して。【SIDE】【BACK】 DATA 量/多 太さ/普 硬さ/普 クセ/弱 担当サロン/Un ami omotesando 【Marisol3月号2020年掲載】撮影/当瀬真衣(TRIVAL) メイク/サユリ(nude.) 藤本 希(cheek one) スタイリスト/高橋美帆 取材・文/野崎千衣子(ショート、ミディアム、ロング)浦安真利子(ボブ)構成/松井美千代【ボブヘア 5位】テクニックフリーでもまとまる毛先が動くひとクセボブ【FRONT】 アラフォーのお悩みをカバーしてくれるグラデーションボブ 。髪のボリュームダウンが気になり始める世代。ただ、ふんわりまとめるのではなく、少し遊びをプラスしたボブにするのはいかが? 毛束で動きが出るように、髪の内側・表面で割合を変えて間引くようにカットを。毛先1/3くらいに1カール程度のホットパーマをかけ、乾かすだけでスタイリングがキマるように。ツヤの出るバームタイプのスタイリング剤をなじませれば、女性らしさと、意志も感じられる美人雰囲気がまとえる。【SIDE】【BACK】 量/普太さ/普硬さ/普クセ/弱 担当サロン/Door 【Marisol3月号2020年掲載】撮影/当瀬真衣(TRIVAL) メイク/サユリ(nude.) 藤本 希(cheek one) スタイリスト/高橋美帆 取材・文/野崎千衣子(ショート、ミディアム、ロング)浦安真利子(ボブ)構成/松井美千代【ボブヘア 6位】「それ素敵!」と言わせる見え隠れするポイントハイライト【FRONT】 【最旬カラーリング:ハイライト】ポイントで仕込むハイライトは、遊びがありアクセントに  ベースには7トーンのプラチナベージュでほんのり色づけ。サイド〜襟足にかけて13トーンのベージュブロンドでハイライトを。高い位置からレイヤーを入れた、毛先に動きが出るカットで、キメすぎないラフさを表現。顔まわりの髪を耳にかけると色がしっかり見える、ちょっとした仕掛けのようなデザインがしゃれて見える。ベーシックカラーのファッションが好きな人こそ、ヘアをひと工夫してみて。【SIDE】【BACK】 DATAカラー/プラチナベージュトーン/ 7 担当/DADA CuBiC 【Marisol 3月号2020年掲載】撮影/当瀬真衣(TRIVAL) メイク/サユリ(nude.)藤本 希(cheek one) スタイリスト/高橋美帆 取材・文/浦安真利子 構成/松井美千代【ボブヘア 7位】ツヤめきバイオレットアッシュでファッションとの甘辛MIXを【寒色カラー】黄みを抑えてツヤ髪に見せてくれる 寒色ならツヤを出しやすい色合いが大人向き。その中でも、肌の色がくすんで見えず、クールで洗練された雰囲気を作ってくれるのがバイオレットアッシュ。色の主張自体が強いわけではないけれど、ネガティブに見える黄みを抑えて艶髪見せを成功させる影の立役者的色。クールなカラーだからこそ、ヘアスタイルは丸みのある甘めなカットでチャーミングに。スイートなテイストのファッションも抵抗なく着こなせる、大人の可愛いに寄り添うカラー。【SIDE】【BACK】 DATAカラー/バイオレットアッシュトーン/ 担当サロン「DADA CuBiC」 【Marisol 3月号2020年掲載】撮影/当瀬真衣(TRIVAL) メイク/サユリ(nude.)藤本 希(cheek one) スタイリスト/高橋美帆 取材・文/浦安真利子 構成/松井美千代【ボブヘア 8位】厚みのあるシルエットに束感で抜けをプラス【FRONT】ワンレングスベースで全体的に厚みをもたせ、あご下にだけローレイヤーを入れることで毛先の動きを演出。レイヤー効果で束感が生まれ、ワックスをもみ込むようになじませるだけでスタイリングが完成する。地毛色が暗い人は細かくメッシュを入れて立体感を出して。頰骨のラインに設定した前髪で小顔見せもかなう。【SIDE】【BACK】担当サロン「BEAUTRIUM 265」 【Marisol10月号2019年掲載】撮影/当瀬真衣(TRIVAL) メイク/サユリ(nude.) 藤本 希(cheek one) スタイリスト/池田メグミ 取材・文/野崎千衣子 構成・文/松井美千代【ボブヘア 9位】3種のカールが作り出す、春服躍るライトな雰囲気に【FRONT】思わず、春めいた明るい色の服を手に取りたくなるような揺れ動くカールを楽しんで!内巻き、外巻き、斜め巻きのパーマをミックスした、立体感あるパーマボブ。しっかりとボリュームがあるように見えるのに、重たく感じないのは計算されたスタイル作りによるもの。カットはあご下のワンレングスに、表面のみにレイヤーを。トップから毛先にかけての自然なグラデーションカラーと、顔まわりに太めに入れたハイライトもポイント。【SIDE】【BACK】 DATA量・普太さ・普硬さ・普クセ・弱担当サロン「LANVERY」 【Marisol2月号2019年掲載】撮影/青柳理都子 メイク/サユリ(nude.)YUMBOU(ilumini.) スタイリスト/程野祐子 取材・文/松井美千代【ボブヘア 10位】セミウェットが映える美フォルムボブ【40代のボブヘア】フェイスラインに沿うようにグラデーションカットを入れ、パーマはトップから巻き込んで中間に外ハネをミックスし、くせ毛っぽいゆれ感をプラス。全体的に極細のハイライトを仕込んだ上から明るめのヘーゼルカラーを重ね、透け感と動きを与える。バームでセミウェットな束感を作れば、今っぽい表情に。【SIDE】【FRONT】表面は大きくワンカール、内側は弱めのワンカールを少しずらしてかければ、カールに段差が生まれて厚みがアップ。さらに前髪をボリューミーに仕上げることでトップの寂しさもまぎれ、首まわりに動きがあるだけで、シンプルなニットも女性らしく着こなせる。 【Marisol10月号2019年掲載】撮影/当瀬真衣(TRIVAL)  メイク/サユリ(nude.) 藤本 希(cheek one) スタイリスト/池田メグミ 取材・文/野崎千衣子 構成・文/松井美千代
  • 「MAQUIA」9月号では、免疫力を高める100のアイデアをご紹介。今回は、免疫力アップに効果的ですぐに実践できる、簡単ツボ&マッサージをセラピストの生田和余さんに聞きました。 夏疲れにもストレスにもウイルスにも負けない 肌·体·心 免疫力アップの裏技100 いつでもどこでも、気づいたときに 免疫力のお役立ちツボ 教えてくれたのは… ヒーリングサロン 「SOMI」オーナー 生田和余さん そのゴッドハンドと穏やかな人柄、豊富な経験と知識に、多くの美容関係者が信頼を寄せるセラピーの求道者。 01呼吸と連動してジワ〜っと押す「気がついたときにいつでもプッシュしてOK。ポイントは、息を吐きながらゆっくりジワ〜っと押し、同じカウントで吸いながら戻すこと。呼吸と連動することで全身の巡りがよくなります。1カ所3〜5回ほど繰り返しましょう」(生田さん)   02「マッサージで温めてツボ押しでほぐす」が基本「優しいタッチでさすり、温めながら流したら、ツボ押しで深層にアプローチ。ツボは500円玉ほどの範囲があるので多少ずれていても大丈夫。オイル類を使うとマッサージのリラックス効果が高まります」(生田さん) A 冷えや筋肉疲労を緩和する精油ブレンド。アタノール セタ マッサージオイル 100ml ¥6000/メイムプロダクツ B イランイランやサンダルウッドが心身を緊張から解き放つ。イラ ボディオイル インピース 100ml ¥13000/リラックスミュージアム 化粧品事業部 03おなかから全身のエネルギーをUP気、つまりエネルギーを満たすツボが集中するおなか。全体を時計回りに円を描きながらさすって温め、みぞおち下の巨闕、へそ下の気海を指圧。ストレスフルだと硬くなりがち。 巨闕(こけつ)おなかの中心線上で、みぞおちから指3本分下。呼吸が浅い人や消化器官が弱っている人は硬くなりがち。気海(きかい)おへその指2本分下。文字通り「エネルギーの源」で、全身の血行を促して体調を安定させる。温めるのも◎。   04腕&胸のツボで呼吸と心をラクに手にはメンタルや感情に関わるツボが多数。指先から腕全体をさすり、わきのリンパを揉んでからツボ指圧を。「万能ツボの合谷は気づくたびに押すのがおすすめ」(生田さん) 合谷(ごうこく)親指の骨と人差し指の骨が交わるポイント。頭痛や肩こりなどさまざまな症状を和らげイライラも緩和。外関(がいかん)手首の甲側、関節のシワの中央から指3本分下。自律神経のバランスを整える。肩こり緩和にも。 中府(ちゅうふ)鎖骨の端の下にあるくぼみから指1本分下。肺機能を高め呼吸しやすい状態に。   05脚から巡りを整えて冷えを防止脚のマッサージ&ツボ刺激で全身の代謝や循環をアップ。鼠蹊部からつま先まで、外側も内側も流してから、湧泉、三陰交、足三里を指圧。三陰交は婦人科系のお守りツボでも。 湧泉(ゆうせん)土踏まずの少し上、足の指を曲げたときにくぼむツボ。エネルギーが泉のように湧いていて代謝やデトックスを助ける。 足三里(あしさんり)膝の皿のすぐ下、外側にあるくぼみから指4本分下。足の疲れ、むくみ、胃腸の症状に◎。 三陰交(さんいんこう)内くるぶしから指4本分上のポイント。腎臓の働きを助け、冷えを防いで婦人科系の不調を緩和。   06自律神経を整える頭の万能ツボ硬くこわばった頭皮をほぐすことは自律神経の調整に直結。「ストレスが多い人は特に側頭部が硬くなりがちです。耳にも自律神経のツボが集中。放射状に引っ張りながら揉むだけで体が整います」(生田さん) 百会(ひゃくえ)頭頂部の中心。左右の耳の穴を結んだ線と頭の正中線が交わるポイント。体もメンタルも整える。 天柱(てんちゅう)首の後ろの生え際、中央のくぼみの両脇の小さなくぼみ。ストレスや疲労を緩和。風池(ふうち)耳の後ろの尖った骨と、後頭部のくぼみの中間。目の疲れや肩こりを和らげる。 神門(しんもん)耳の上端を、くびれに指をひっかけて引っ張ると刺激できる。メンタルを安定させ、ストレス過食防止にも。   MAQUIA 9月号撮影/藤澤由加(モデル) Kevin Chan(物) ヘア&メイク/榛沢麻衣 モデル/福吉真璃奈(マキアビューティズ) 構成・文/小田ユイコ 柏谷麻夕子 関本陽子 企画/髙橋美智子(MAQUIA)※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。
  • 毎日暑くてコーディネートについて考えられない!そんな人におすすめしたいのが夏の救世主「とろみパンツ」と「揺れワンピース」。いつものカジュアルなパンツをとろみ素材に、シンプルなワンピースを揺れ感のあるデザインに変えるだけで、いとも簡単に今どきなおしゃれ感と涼やかさ、ラクな着心地のすべてが手に入る! 人気スタイリスト 村山佳世子さんに「とろみパンツ」のコーディネート術、徳原文子さんに「揺れワンピース」のコーディネート術をお聞きしました。 《パンツ推し》スタイリスト・村山佳世子さん《パンツ推し》スタイリスト・村山佳世子さん大人の洗練ベーシックの名手。多くの女性誌やカタログなどのスタイリングのほかに著書『一生もののおしゃれが身につく10のルール100のコーディネート』(集英社)も大人気。スタイリスト・徳原文子(とくはら ふみこ)スタイリスト・徳原文子(とくはら ふみこ)『éclat』『Marisol』など幅広い女性誌やカタログ、広告などで活躍。ご本人が私服で着用するカジュアルで今どきなスカート&ワンピーススタイルは常にスタッフ間でも話題に。【目次】 - とろみパンツ - ①人気スタイリスト 村山さんが「パンツ推し」の理由は? ②「万能ベーシックカラー」で定番パンツスタイル ③「上品ニュアンスカラー」ならルーズに見えない ④脱・マンネリ!「華出しビビッドカラー」 ⑤こなれ度アップ! 「プリント&織り柄」 - 揺れワンピース - ⑥人気スタイリスト・徳原さんが揺れワンピース」を推すワケは? ⑦人気スタイリスト・徳原さんがおすすめするワンピースコーデ ⑧二の腕カバーも叶える「しゃれ見えノースリーブ」ワンピ ⑨二の腕を出したくない!「涼やかショートスリーブ」ワンピ ⑩1枚でドレスアップ「ニュアンス出しプリント&レース」ワンピ   とろみパンツ  ①人気スタイリスト 村山さんが「パンツ推し」の理由は?ほどよい抜け感と女らしさが両立する、大人の洗練ボトムトレンド的にもアラフィーにとっても、“おしゃれがんばってます”感ってあまり出ないほうが素敵だと思うんです。ほどよい抜け感があるほうが断然今っぽい。でも何もしないわけにもいかないですよね。そんなときにこそ重宝するのがとろみパンツなんです。上品なツヤや流れるような落ち感できれいなムードを出しつつ、着心地もラク。女らしさもあるからスカート派も挑戦しやすいアイテムです。ぜひトライしてみてほしいですね。ウエスト部分にゴムひもをあしらったリラックス感のある着心地と、ギャザーによるドレープが生み出す陰影が美しい大人のためのとろみパンツ。吸湿速乾性にすぐれたシルク100%の素材感は、暑い夏にこそ取り入れたい快適な肌ざわりを実現。ベージュとブロンズの中間のような絶妙な色みは合わせるトップスの色を選ばず、手持ちのカジュアルアイテムも格上げしてくれること間違いなし。 パンツ¥50,000/ヴィンス 表参道店(ヴィンス) ②「万能ベーシックカラー」で定番パンツスタイルとろみ素材特有のしなやかさや光沢で、定番カラーのパンツスタイルに女らしさが加わるのが最大の魅力。難易度が高いと思われがちなTシャツ&パンツのワンツーコーディネートも大人の品格が漂う着こなしに。カジュアルなリネンシャツがとろみパンツで上品スタイルに シャツ&パンツのベーシックな組み合わせは、素材で変化をつけてしゃれ見せ。 パンツ¥30,000(マーク ケンリー ドミノ タン)・バングル¥22,000(ベン アミュン)・靴¥66,000(ニナ リッチ)/以上アパルトモン 神戸店 シャツ¥34,000/カオス新宿(カオス) 帽子¥10,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ラ メゾン ド リリス) バッグ¥49,000/アマン(エレメ)本来ハンサムなワイド幅もしなやか素材でスカート見え 夏らしいカジュアルなマリン風の組み合わせがとろみ素材のネイビーパンツでエレガントなたたずまいに。ウエストのリボンベルトを女らしいアクセントに。 パンツ¥98,000/ユア サンクチュアリ(シクラス) Tシャツ¥12,000/エイトン青山(エイトン) ジャケット¥83,000/マディソンブルー サングラス¥36,000/アイヴァン PR(アイヴァン) バッグ¥156,000・靴¥57,000/ジミー チュウMURAYAMA’s Advice 一番使いやすいベーシックカラーのとろみパンツは、いつものパンツがわりに取り入れるだけで簡単に着こなしが旬なイメージになります。ワントーンならワンピース見えするので、セットアップものもおすすめ。暑い夏にコーディネートのことを考えずに出かけられるってうれしいですよね。合わせる小物しだいでちょっとしたドレスアップ感も楽しめます。※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます暑い夏こそ重宝する着回し力抜群のセットアップ ウエストゴムでストレスフリーな着心地の、ダークネイビーのセミワイドパンツ。セットになったノースリーブトップスは、後ろが長くサイドスリット入りなので、インでもアウトでもすっきり決まる。真っ白なスリッパサンダルを合わせればお出かけにも。 パンツ¥21,000・トップス¥18,000(ともにカオス)・靴¥69,000(プロエンザ スクーラー)/以上カオス新宿※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができますタックパンツのきちんと感もとろみ素材で今どきな表情に すそにスリットが入ったタックパンツと、シャツタイプのトップスをセットアップに。とろみがありつつ光沢は控えめなので、フラットサンダルやナチュラルなアクセサリーでデイリーカジュアルに整えて。 パンツ¥23,000・トップス¥20,000(ともにカオス)・靴¥45,000(ブレンタ)/以上カオス新宿バングル¥15,000/アパルトモン 神戸店(ベン アミュン) ③「上品ニュアンスカラー」ならルーズに見えないラクなデザインでもルーズに見えないのは、品のあるニュアンスカラーだからこそ。ベーシックカラーの延長線上で合わせやすいから、カラー初心者も挑戦しやすい。柔らかな質感が引き立つ女らしく繊細な色みをチョイス スタイルよく見えるとろみパンツが得意なセオリーリュクスからリリースされた、今夏らしいニュアンスカラーのとろみパンツ。ツヤを抑えたピーチスキンの肌ざわりは、汗をかいても肌に張りつかずサラサラの状態をキープ。ほかに黒もラインナップ。 パンツ 各¥29,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス)MURAYAMA’s Advice 白と黒のTシャツなら誰もが持っていると思いますが、この2枚があればどんな色のカラーパンツでも素敵に決まります。特にこの夏豊富なニュアンスカラーならトライしやすく、力が抜けた雰囲気も出るのでとても便利。着心地はラクなのに、色があるだけで一気におしゃれに見えます。小物しだいで、お仕事などのきれいめスタイルにもなります。Tシャツコーディネートがたちまちシックな印象に ネイビー感覚で挑戦しやすいニュアンスブルー。とろみながらセンタープレスが効いた共布ベルトつきデザインは、Tシャツでもきちんと感を演出。 パンツ¥45,000(アンスクリア)・バッグ¥49,000(ア ヴァケーション)/以上アマン Tシャツ¥9,900/エイトン青山(エイトン) ストール¥27,000/カオス新宿(アソース メレ) 靴¥91,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)とろみ素材なら、カーキもミリタリー見えを回避 少し暗めのニュアンスカラーは夏の強い日射しでこそ映える。トップスに凛と涼しげな白ブラウスを合わせれば、ウエストゴムのラクちんパンツもお出かけ仕様に昇格。 パンツ¥16,000/エリオポール代官山(エリオポール) ブラウス¥24,000/サードマガジン サングラス¥36,000/アイヴァン PR(アイヴァン) バッグ¥35,000(ヴァジック)・靴¥45,000(ブレンタ)/以上トゥモローランドすそのひもで変化をつけてゆるモード感を満喫 サルエル風にすそを軽く絞ることで、さらに美しいドレープを楽しめる。リブニットと合わせてメリハリのあるスタイルがかなう。 パンツ¥35,000/ロゥタス カスタマーサービス(ロゥタス) ニット¥24,000(カオス)・バッグ¥158,000(ザンケッティ)/以上カオス新宿 帽子¥35,000/ボルサリーノ ジャパン(ボルサリーノ) 靴¥124,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ) ④脱・マンネリ!「華出しビビッドカラー」マンネリになりがちな夏の着こなしにワクワク感をくれるビビッドカラー。とろみ素材の質感なら派手に見えず、手持ちのトップスも洗練されて見違える!MURAYAMA’s Advice Tシャツやシャツ、ブラウスなどシンプルなトップスが多くなる夏だからこそ、ビビッドカラーのとろみパンツがあれば、ご近所スタイルとは一線を画す着こなしが簡単に手に入ります。小物しだいでは夜のパーティなどにもふさわしいモダンなたたずまいにも。とろみ感で女らしさを、潔いブライトカラーでハンサムさも同時に満喫できます。かわいげムードに包まれるピンクこそ、あえて辛口に! 後ろが長い技ありデザインのブラウスやフラットサンダルなどモード感のあるブラックを加えて、ピンクパンツの甘さを引き算すると好バランスに。 パンツ(共布ベルトつき)¥23,000/トゥモローランド(ボールジィ) ブラウス(web限定)¥19,000/プレインピープル青山(プレインピープル) かごバッグ¥11,000/サードマガジン(バリ ワークステイト) スカーフ¥14,000/カオス新宿(カオス) 靴¥70,000/ジミー チュウ高発色のブライトイエローはシアーな質感と織り柄でリッチに すそをリボンで絞っても、はずしてストンとまっすぐでもはける2WAY仕様。イエローの織り柄にインパクトがあるので、トップスは白Tシャツでさらりと抜けたムードをまとって。 パンツ¥43,000/アマン(アンスクリア) Tシャツ¥14,000/ebure ジャケット¥39,000/カオス新宿(カオス) バッグ¥38,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ) 靴¥79,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)気品漂うパープルのリュクスなムードでお出かけ 少し丈が長めのトップスを合わせてパンツの色の面積を少なくすれば、ビビッドカラー初心者も挑戦しやすい。透け感が美しいブラウスや大ぶりのゴールドジュエリーで華やかなドレスアップ気分を満喫したい。 パンツ¥65,000・ブラウス¥75,000/ブラミンク ピアス¥48,000/カオス新宿(フェイ アンドラダ) バッグ¥209,000/トッズ・ジャパン(トッズ) 靴¥54,000/アマン(ペリーコ) ⑤こなれ度アップ! 「プリント&織り柄」メリハリのある着こなしが簡単に完成する柄パンツは、しゃれ感アップに効果大。ベーシックカラーなら目立ちすぎずに、ラクしてスタイリッシュなムードを演出できる。MURAYAMA’s Advice プリントや織り柄のあるボトムがあると、ワンツーコーディネートでも簡単にメリハリのある着こなしに仕上がります。ベースにベーシックなダークカラーを選べばリゾートライクにならず、街中でも違和感のないモダンな印象になります。ざっくりとしたニットとも相性がいいので、実は夏場だけでなく、季節に関係なく長く楽しめる便利なアイテムなんですよ。ベーシックな色と強すぎない柄で落ち着きのあるパンツスタイルに 光沢のある素材でリッチ感のある柄パンツも、ベーシックなネイビーベースなら取り入れやすい。シンプルな白トップスですっきりとモダンに。 パンツ¥20,000/ゲストリスト(リトラル) トップス¥15,000/アマン(アンスクリア) ジャケット¥48,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) ネックレス¥260,000/シハラ ラボ(シハラ) バッグ¥180,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) 靴¥68,000/ジミー チュウほんのり見える織り柄なら花柄も辛口エレガント 日射しが当たるとうっすら見えるぐらいの織り柄だから、派手になりすぎず無地感覚で合わせやすく便利。 パンツ¥105,000/マディソンブルー ニット¥16,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー) サングラス¥39,000/アイヴァン PR(アイヴァン) ネックレス¥36,000/カオス新宿(フェイ アンドラダ) バッグ¥195,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) 靴¥76,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)ストライプ柄は落ち着いた色みで全身をコーディネート 柄が得意でない人も、ブラウンベースのストライプ柄なら挑戦しやすい。パンツの柄にあるネイビーとシャツの色を合わせてすっきりと。 パンツ¥30,000/エリオポール代官山(ギャレゴ デスポート) シャツ¥25,000/マッキントッシュ青山店(マッキントッシュ) バングル¥6,000/アパルトモン 神戸店(ベン アミュン) バッグ¥480,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) 靴¥66,000/トッズ・ジャパン(トッズ)   揺れワンピース  ⑥スタイリスト・徳原さんが揺れワンピース」を推すワケは?夏に頼りになるのは、ウエストが絞られていないゆったりとしたシルエットの風通しのいいワンピース。今年は特にすそにかけてボリュームのあるAラインで、ドラマチックな揺れ感のあるものが豊富です。なかでもエクラ世代には襟ぐりが詰まったデザインがおすすめ。大人になるとデコルテがやせてしまうので露出を控えたほうが安心。マキシ丈なら足首近くまでカバーできるので、薄着の季節も体型を気にせずストレスフリーに着られます。   涼しくラクで体型カバーも。おしゃれがかなう夏の本命ブラックよりもソフトで女らしい印象のブラウンのワンピースは、すそにかけてボリュームをもたせたAラインシルエットが、動くたびに揺れてドラマチック。スカート部分はカットレースになっているので、マキシ丈ながら重く感じないのも優秀。デコルテが見えない襟ぐりが詰まったデザインや、二の腕をすっきり見せてくれる浅めのアームホールなど、まさに大人にうれしいディテールがつまった一枚。 ワンピース¥110,000/ebure   ⑦人気スタイリスト・徳原さんがおすすめするワンピースコーデTOKUHARA’s Advice この夏のワンピースはロング〜マキシ丈が圧倒的に豊富! 長いだけでドラマチックなムードがありドレス感が強くなるので、着こなしは引き算することを意識して、カジュアルダウンすると今っぽくなります。ウエストを絞らず、すそにかけてボリュームのあるシルエットは、体のラインを拾わない半面ほっこり見えかねないので、小物やサンダルはモードなデザインで緊張感を加えるとバランスよく見えます。特に白やベージュはコンサバになりがちなので、フェミニンさよりかっこよさを意識するのがおしゃれに仕上がるコツです。モード感のある小物使いがAラインをほっこり見せない秘訣辛口な小物使いで都会的なスタイルに。鮮やかなストールをさし色に加えれば黒ワンピースが軽やかに決まる。 ワンピース¥27,000/サクラ 帽子¥16,000/エッセンス オブ アナイ(エイドリアンハット) ピアス¥28,000/ショールーム セッション(カイマナ) ネックレス¥13,000/カレンソロジー 青山(ローラ ロンバルディ) ストール¥27,500/アイネックス(アソース メレ) バッグ¥49,000/アマン(ア ヴァケーション) 靴¥154,000/アパルトモン 神戸店(ジュゼッペ ザノッティ) 小物もトーンをそろえれば洗練されたお出かけスタイルに遊び心とインパクトのある小物を取り入れると、ベージュワンピースがコンサバになりすぎず鮮度がぐっとアップする。   ワンピース(共布ベルトつき)¥38,000/ウィム ガゼット 青山店(ウィム ガゼット) カーディガン¥26,000/アパルトモン 神戸店(アパルトモン) ピアス¥69,000/エスケーパーズオンライン(ソフィー ブハイ) ネックレス¥9,000/アルアバイル(マリオン・ゴダール) バングル¥19,000/カレンソロジー 青山(ニナ&ジュール) バッグ¥113,000/ジミー チュウ 靴¥81,000/トッズ・ジャパン(トッズ) ⑧二の腕カバーも叶える「しゃれ見えノースリーブ」ワンピTOKUHARA’s Advice ワンピースは着丈が長いぶん、肩が見えているほうが肌の抜け感があって実はバランスがとりやすい。二の腕問題で避けてしまうのはもったいないのでストールなどで軽くカバーすることを前提に取り入れてみて。スニーカーをラフに合わせればワンマイルスタイルもおしゃれにうっすら透け感のある素材だから濃いカーキでも重く見えない。たっぷり施されたギャザーがリッチなカジュアル感を約束してくれる。スニーカーとも好相性。 ワンピース(共布ベルトつき)¥28,000/ウィム ガゼット 青山店(ウィム ガゼット) カーディガン¥31,000/スローン サングラス¥34,000/モスコット トウキョウ(モスコット) ★バッグ¥46,000/エクラプレミアム通販(アエタ) 靴¥21,000/ノヴェスタ ジャパン オフィス(ノヴェスタ)Aeta LEATHER BASKET M ¥46,000+税>>揺れワンピースときれいめジャケットでひときわエレガントなたたずまいに肉厚で張りのあるリネンは重みがあるので、Aラインシルエットでも広がりは控えめ。白いジャケットをはおってトーンをそろえれば涼しげなムードに。   ワンピース¥37,000/サクラ ジャケット¥62,000/ebure ネックレス¥15,000/シジェーム ギンザ(フィリップ オーディベール) バッグ¥236,000/トッズ・ジャパン(トッズ) 靴¥69,000/カオス新宿(ジョセフ)  シンプル&カジュアルなワンピースは夏らしい洗練小物で格上げチュールのような薄い素材ながら贅沢なほどたっぷりと布を使っているので、透けることなくドラマチックなムード満点。襟ぐりからたっぷりとったギャザーが上半身の体型の悩みもカバー。   ワンピース¥55,000/エストネーション(エイトン) カーディガン¥31,000/スローン バッグ¥98,000/エリオポール代官山(ザンケッティ) 靴¥80,000/ジミー チュウ  柔らかな色みで全身をそろえて高感度なお出かけスタイルに後ろが長くなったデザインは全方位美しい。リネンストレッチ素材。   ワンピース(共布ベルトつき)¥15,000/エクラプレミアム通販(ノーク×エクラ) 帽子¥39,000/ストラスブルゴ(ボルサリーノ) ストール¥27,500(アソース メレ)・靴¥73,000(エマ パーソンズ)/以上ウィム ガゼット 青山店 バッグ¥16,000/アルアバイル(ルル・ウィルビー) ⑨二の腕を出したくない!「涼やかショートスリーブ」ワンピTOKUHARA’s Advice 二の腕を出したくないエクラ世代も多いと思います。そんなかたにはさりげなく腕をカバーしてくれる、袖がゆったりと長めのものや、カフタン風のデザインを。浅めのVネックで抜けをつくると涼しげに見えます。イメージはヨーロッパのマダム。リュクスなリゾート感を意識ドルマン風の袖なら二の腕もすっぽりカバーできる。   ワンピース¥45,000(レイチェル クレイヴン)・ネックレス(短)¥60,000(フェイアンドラダ)・ストール¥29,500(アソースメレ)/以上カオス新宿 帽子¥32,000/アパルトモン 神戸店(クライド) ネックレス(長)¥21,000/ショールーム セッション(マリア ブラック) バッグ¥168,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥19,000/カレンソロジー 青山(コルソ ローマ ノーヴェ) 夏のレースはブラック一択。カジュアルなカフタンでこなれ感をレギンスとの重ね着も透け感があるカットレースなら重く見えない。シルバー小物で辛口に。   ワンピース¥35,000/ショールーム セッション(マリハ) レギンス¥15,000/ボウルズ(ハイク) ネックレス¥75,000/エスケーパーズオンライン(ハルポ) ★バッグ¥23,000(マルコ マージ×エクラ)・★靴¥44,000(ネブローニ)/以上エクラプレミアム通販 MARCO MASI×eclat 巾着バッグ ¥23,000+税>>NEBULONI E.×eclat フラットサンダル ¥44,000+税>>  小物と色のトーンをそろえればしゃれ見えが簡単に手に入る襟ぐりにゴムが入っているので着くずれしにくく、袖先のリボンがさりげなく大人のかわいげを演出。凝ったディテールがあると、ナチュラルな素材感でもカジュアルになりすぎない。デイリーからリゾートまで着るシーンを選ばない万能ベージュ。   ワンピース¥43,000/ebure バッグ¥49,000/エッセンス オブ アナイ(カパフ) 靴¥59,000/アパルトモン 神戸店(ミッシェル ヴィヴィアン) 夏の洗練トラッドは上質で品のよい小物使いがポイントミニマルな張り感ワンピースをスリッポンと合わせてトラッドに。すそスリットが大人の肌見せに最適。   ワンピース¥63,000/マディソンブルー スカーフ¥13,000/アルアバイル(エネス) ネックレス¥22,000/エスケーパーズオンライン(ハルポ) バッグ¥160,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥89,000/トッズ・ジャパン(トッズ) ⑩1枚でドレスアップ「ニュアンス出しプリント&レース」ワンピTOKUHARA’s Advice 女らしい華やぎが欲しいときに絶対重宝するのが、まわりの雰囲気までパッと明るく盛り上げてくれる美しいプリントや繊細なレースのワンピース。ベーシックカラーを基調にすれば、甘くなりすぎず大人仕様に。黒ベースなら花柄もシック。スニーカー合わせも似合う下に着るキャミソールワンピースとの透け感を楽しめる前開きタイプのワンピースは、花とドットの組み合わせがフェミニン。スニーカーでカジュアルダウンさせればデイリーにも。   ワンピース¥52,000(バウム・アンド・フェルガーデン)・イヤリング¥11,000(ドミニク・デナイブ・パリス)/以上アルアバイル バッグ¥58,000/エリオポール代官山(ザンケッティ) 靴¥62,000/ゴールデン グース 東京店(ゴールデン グース) 夏の暑さを忘れさせる涼やかでクリーンな配色夏に一番映えるライトブルーの小花柄が涼しげ。バスト下からタックが入っているので、デコルテをすっきり見せつつ気になるおなかまわりはしっかりカバー。パイピングされたVネックが顔だちをシャープに引き締めて見せてくれる。   ワンピース¥78,000/ストラスブルゴ 帽子¥24,000/エッセンス オブ アナイ(ジンジ) かごバッグ¥13,000/カレンソロジー 青山(バリ ワークスタット) 靴¥27,000/アマン(ペリーコ サニー)  キャッチーでフェミニンな花柄はジャケットで落ち着いたムードにベースカラーが黒だから、華やかな花柄も甘すぎず大人仕様。カットソーやTシャツに重ねてもおしゃれなキャミソールタイプ。   ワンピース¥55,000/トゥモローランド(ボーメ×トゥモローランド) ジャケット¥65,000/カオス新宿(カオス) ネックレス¥13,000/シジェーム ギンザ(フィリップ オーディベール) バッグ¥101,000/エリオポール代官山(ザンケッティ) 靴¥80,000/ジミー チュウ   控えめプリントと美ドレープを主役に、シンプルコーディネート少し短くしたフロントのセンター部分に美しいドレープを施して。歩行時はもちろん、脚を組む所作までもがドラマチック! ドレスアップ感を出したいときは付属のリボンベルトでウエストマーク。   ワンピース¥190,000/ブラミンク ネックレス¥25,000/ショールーム セッション(マリア ブラック) バッグ¥160,000/エリオポール代官山(ザンケッティ) 靴¥95,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) ハンサム&女らしい一枚は、フォーマルシーンにもフィット上質なレースの女らしさと、ドレスシャツのクラシカルなフロントとのコントラストが新鮮。ピンクのミニショルダーを合わせて軽やかなカジュアル感もプラス。小物しだいでフォーマルシーンにもOK。   ワンピース¥98,000/ebure ジャケット¥66,000/アングローバル(イレーヴ) バッグ¥139,000/ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン(ロジェ・ヴィヴィエ) 靴¥39,000/アルアバイル(ブレンタ)       ▲【とろみパンツ&揺れスカート】トップに戻る撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/村山佳世子 徳原文子 取材・原文/坪田あさみ※★マークのついた商品はエクラプレミアム通販(https://store.hpplus.jp/eclat/)で購入できます。 ※エクラ2020年8月号掲載 
  • 本日は、LEE9月号の発売日! LEEマルシェも更新しました。 今月の12closetは? 今月、オリジナル「12closet」は珍しくプリント柄のワンピースとスカートを作りました。 小模様&なじむ配色でプリント柄は苦手という人でもチャレンジしやすい生地を選んでいるので、無地感覚で着られるのがポイント。無地が多いワードローブの中、柄物がひとつ入るとコーディネートはぐっとおしゃれになります。ぜひチャレンジしてみてください。 12closetの“秋めき服”   ヒットアイテム特集では人気アイテムが再集結 買って損なしのものがいっぱいです。   LEEマルシェのヒットアイテム   本誌連動企画も! またLEE9月号には「おしゃれ達人の『ネットショッピング』活用術」という企画も。 LEEマルシェの紹介ページでは、マルシェでしか買えない別注やこだわりのオリジナルアイテムを集めました。こちらのページもお見逃しなく! ここでしか買えない!LEEマルシェ名品   ちなみに雑誌を一緒に購入すると送料が無料になりますよ! 今月もLEEマルシェでのお買い物を楽しんでください! 【LEE公式通販】LEEマルシェ
  • 自然の力で肌が喜ぶメイクアップを。MiMCの秋新色のテーマは「ARTISAN SPIRITS」。時代に左右されないエターナルなカラーを使って、モダンかつエレガントな表情を演出します。素肌のことを思いやった、各アイテムの成分へのこだわりも併せてご紹介!続々と届き始めている秋新色ニュースの中から、今回はMiMCの秋新色をお届けします。テーマは「ARTISAN SPIRITS」。繊細な色と輝きで、洗練された大人の表情をつくるコレクションです。ビオモイスチャーシャドーの新色は、ゴールドの輝きを含ませたソフトなピンクと、温かみあるクラシックなブラウンのコンビ。このゴールドがぎっしり詰まったピンクをアイホール全体にのせるだけで、表情がふっと柔らかくなるから不思議。マットなブラウンは、目のキワに太めのライン状に入れて目もとを締めるのもいいけれど、ピンクと重ねてぼかすと柔らかな陰影が。マスクで半分隠れた顔でも、忘れがたい印象をもたらすには、やっぱり目もとが命。ベーシックでいながら多彩な表情を演出できる使い勝手の良いアイシャドウは、この秋のマストハブです。もちろんMiMCですから、メイクしながら目もとをケアする成分もばっちり。アサイーやローズヒップなど、デリケートで乾きやすいまぶたを守るフルーツオイルを配合しています。オリーブスクワランのテクスチャーも手伝って、粉っぽさを感じないクリーミィなつけ心地はさすが。やはり、大人のアイメイクにぴったりです。ビオモイスチャーシャドー 新1色 28 ¥3800/MiMCこちらのチークカラーはNEWアイテム。紫外線を浴びやすいほおのために、アマゾンやメキシコなど、日差しの強い地域で生き抜く植物の力を借りた成分を豊富に配合しています。肌を健やかに保つリノール酸を含むメキシコ産のチアシードや、オオアザミ種子油など防御とケアを同時にかなえる植物オイルがたっぷり。だからとろけるようなテクスチャーで、直塗りしたって失敗知らず。しかもこのローズピンクがまた絶妙で、肌の色を選ばずフィットするんです。ごくごく繊細な輝きでツヤを与えつつ、肌の奥からにじむように湧き上がる華やかな血色感をプラス。少し経つとパウダーっぽくなるので、仕上がりも軽やかです。チークだけではなく、リップや目もとにも使えるからポーチの軽量化にもおすすめ。5センチちょっとのちびっ子サイズだし。ミネラルスティックチーク 全1色 01 ¥3800/MiMCそして今回、私がいちばん気になったのはこちらのリキッドアイライナー。リキッドという剤形を生かした美容液設計のアイライナーなんです。椿オイルやアロエベラ、カンゾウ葉エキスなど、まぶたとまつ毛をケアしながら、こんなモダンなパープルのアイラインを楽しめるなんて(ちなみにもう1色、ブラウン系の新色もあり)! この04のパープルレッドはノンパールですが、こんなに艶やか。程よい赤みも、秋らしいセンシュアルな仕上がりをかなえてくれるはず。MiMCのメイクアップは、石けんで落とせることでも有名ですが、こちらもぬるま湯で落とせる肌に優しい設計。だから、エクステ派だって安心して使えます。ミネラルリキッドアイライナー 新2色 各3800/MiMCこちらのイメージヴィジュアルでは、ちょっとグラフィカルなアイライナーの引き方が提案されていますが、いちばん最初にご紹介したアイシャドウと、ブドウ色のアイライナーの組み合わせは本当にベストコンビ。この秋のMiMCには他にも、美しいくすみモスグリーンのマスカラなど、大人っぽさの中に遊び心を忍ばせた素敵な新作がそろっていますので、ぜひチェックしてくださいね。●「MiMC」公式サイトはこちら WEB美容エディター 原田千裕 ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。 イラスト/ユリコフ・カワヒロ
関連キーワード

RECOMMEND