今年も豪華な顔ぶれがずらり! 第72回カンヌ国際映画祭の眼福ドレスを振り返り

SPUR.JP

2019年5月14日~25日(現地時間)の日程で開催されている第72回カンヌ国際映画祭。今年の審査委員長は、映画『レヴェナント:蘇えりし者』などのメキシコ人監督アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ(55)で、最年少審査員として女優のエル・ファニング(21)が選ばれたことが話題に。

また、レオナルド・ディカプリオ(44)とブラッド・ピット(55)が初共演するクエンティン・タランティーノ監督(56)の最新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』がすべりこみでコンペティション部門に出品されることになり、タランティーノ監督が『パルプ・フィクション』以来、25年ぶりのパルムドール受賞となるか注目が集まっている。

オープニングを飾ったのは、ジム・ジャームッシュ監督(66)のゾンビ映画『The Dead Don't Die(原題)』で、出演者であるセレーナ・ゴメス(26)やティルダ・スウィントン(58)、クロエ・セヴィニー(44)らがレッドカーペットを賑わせてスタート。連日のスクリーニングやパーティで、豪華なドレスを身にまとったセレブたちの姿を一気に振り返り!

>>リハビリを終えたセレーナ・ゴメス、カンヌ国際映画祭でカムバック!

photosGetty Images, Aflo

関連記事
  • 五千年の伝承医学アーユルヴェーダ。その徹底した自然療法の治癒力は、今や西洋医学も越えるのではないかと、世界のセレブに愛されている。編集者Kは、スリランカのアーユルヴェーダ・クリニックにたびたび赴き、命を吹き返してきた。私は、二十数年前、日本でアーユルヴェーダのドクターに会い、四時間のセミナーと脈診を受けた。その結果、生活を改め、早寝早起きに。すぐに妊娠したが流産、それから、再び妊娠するまで四年かかったが、無事、子宮筋腫がありながら39歳で自然妊娠、自然分娩の快挙を得た。生まれた娘はもうすぐ17になる。私は56になり、閉経を迎えてホットフラッシュまっただ中w 。今回は、我々コーネンキ世代の質問をスリランカから来日したドクターにしてみた。ドクター・ディネッシュ・エディリシンハ。覚えづらい名前だが、スリランカの五つのアーユルヴェーダ・クリニックを統括する、コンサル専門医だ。「ジェットウィング・アーユルヴェーダ・パビリオンズ」などのホテルでも診療をうけられる。アーユルヴェーダにも色々な科があり、”ドクターCTスキャン”の異名を持つ彼は、健康診断と生活指導の達人である。ヨガと瞑想の先生でもあり、お酒は一切飲まないという。額に手を当て、右手を脈診して、患者さんの体の中をスキャンするドクター。そのため、自身の心身を清らな状態に保つ努力は惜しまない。夜明けとともに起き、奥様とヨガをなさるとか。患者さんの過去の病歴から今の状態、今後どのようになっていくかまで分かり、病気にならないためにどのようにしたらいいか指導をする。ドクターが何歳なのかは知らないが、肌がきれいで、全身、研ぎ澄まされている。かなり近くに寄っても体臭や脂ぎった感じがなく、医師というより聖人みたいだ。アーユルヴェーダ的更年期の注意点とは!?「リラックスした状態でスキャンしたほうがいいので、まずはインタビューから始めましょうか?」とおっしゃるので、まずは、我々コーネンキ世代の注意点を聞いてみた。「四十代、五十代は、言わずもがな、ホルモンバランスが悪くなる時期ですが、あまり、こうなる、ああなると、既存の更年期症状に戦々恐々としていては、想像妊娠みたいに、想像更年期症状になってしまう可能性があります」だそうだ。コーネンキあるあるw「更年期症状は、出る人と出ない人がいて、過去から現在の生活やストレスが大きくかかわっています」びくっ!! 私は、物書きという職業柄、三十代中頃まで昼夜逆転の生活をしていた。アーユルヴェーダ的には、夜明けと共に起き、日没とともに寝るのが自然の法則なので、それに逆らった生活をしていたのだ。早寝早起きにしてから二十数年。現在の健康状態はこれ以上のものはないというぐらいいいが、やはり過去の生活が影響するのである。「更年期症状が出づらくなるには、早寝早起きはもちろんのこと、栄養が大切です。ホルモンというのは、食べるものから出来ているので、ちゃんとした食事をしないと、ホルモンバランスはもちろん悪くなります」ここでは編集者Kがびくっとしていた。なにせ、編集者という職業柄、ほとんど外食。早寝早起きはもちろんできないが、それより食事がいい加減だ。私は出来る限り手作りの家飯にしているが、キャリアウーマンにおいては、時間も内容も健康的ではないだろう。「食事に関しては、四十代以降、炭水化物は少なくしたほうがいいです。食事の量自体も少なくして、一日に四回から六回に分けて食べてください」「あ、これは私やってます。すぐおなかいっぱいになっちゃうけどすぐ空くので、一日四回ぐらい、いただいています」「水分も大切です。水をちょくちょく飲むのもさることながら、スープなどの汁ものも含めて、全体的に水分を多く摂取するようにしてください」私はこれ、二十数年前に脈診してもらったドクターに言われてから、気を付けて来た。食事にスープ類を多くして、暑い季節はスムージーを。年間通して水や白湯を飲むのは訓練なので、ちょくちょく飲んでいると、たくさん飲めるようになってくる。「私は水、飲めないんだよねー」という方は、いつもボトルを携帯するようにして、薬と思ってちょこちょこ飲むといいだろう。乾く前に飲む、が健康の基本だ。喉乾いてから一気に飲んでも、オシッコで出ちゃうだけだからね。「あとは、ストレスを軽減するヨガや瞑想をすることです。無心になって音楽に耳を傾けるだけでもいいですよ。そういう時間を、毎日持つことです」アーユルヴェーダでは、生のシタール演奏による音楽療法も行っているが、なかなか、日本でそんな機会にめぐり合えることは少ない。私は、朝は家でクラシック音楽を聴きながら家事を。昼は「ベリーダンス健康法」で一時間は音楽に合わせて体を揺らしている。私の瞑想時間はこれだけだ。「あと、日本人はスマホやテレビを見過ぎですね」この2年、毎年来日しているドクターは言う。「食事しながらスマホやテレビを見ると、内臓がうまく機能しないんですよ。食事には、マインドフルネスが必要です。まず見て、色や香りを楽しむ。すると、脳が今からこういうものが入ってきますよ~、という指令を出し、消化器系が準備をしてくれるんです。それから食べて、その食感や味、フレイバーをじゅうぶんに楽しむ」日本人は箸を使って食べるが、スリランカでは手で食べるから、より一層、食品のテクスチャーを感じやすいんだそうだ。「よく味わうことで、内臓がじゅうぶんに活動してくれ、消化吸収してくれるんです。スマホやテレビやおしゃべりに気が散っていると、内臓は100%の機能を発揮してくれない。もったいないことになっちゃうんです」コーネンキ世代に大切なホルモンも、日々の食事からできて来ると思うと、もうテレビなんか見ちゃいられないが、えーん、テレビ大好きテレビっ子の私、どうすりゃいーんだ( ;∀;)「また閉経後は女性ホルモンが出なくなることから骨がもろくなるので、カルシウムの摂取が必要です。これはサプリではなく、食物から取るようにしてください。サプリは錠剤なので、脳が、食べ物が入って来たと思わないから吸収されません」アーユルヴェーダではサプリNG。さすが自然療法の大堂だ。インタビューが終わり、いよいよドクターにスキャンしてもらうことになった。ドクターのCTスキャンを受けることに・・・!!瞑想は、あるレベルを超えると超能力の域に入ると聞くが、ドクターのCTスキャンはまさにそんな神秘体験だった。アーユルヴェーダのコンサル専門医、ドクター・ディネッシュ・エディリシンハは、私の額に手を当てて、右手を脈診しながら、「入って」しまわれた。ドクターの手が、お、重い・・・。もしかして、寝てる? というぐらい、体の力が抜けている。呼吸、呼吸に集中しなければ・・・と思うほど、ぐぐっと重くて息がうまく吸えない。向かい合っているので、膝もくっついた状態。でも、スキャンしてくれてるわけだから、動いちゃいけないよね?などと、気を使って我慢していたら、しばらくして右手を脈診する手がふわっと離れ、額にあった手がもちぃっと浮いた。この、もちぃっと離れる感じが、え?! くっついてた? というぐらい不思議な感覚だった。それからしばらく、ドクターは、私の額と目の辺を手かざししていた。のちに聞くと、ちょっとヒーリングしてくれていたようだ。「まず、過去十五年間、貴方にとっては一番つらい時期を過ごしましたね」ドクターの解説が始まった。・・・次回は、驚きの病歴が明かされる!? 続きをお楽しみに・・・・・・★ドクター・ディネッシュの診療、指導が受けられるスリランカのホテルジェットウィング・アーユルヴェーダ・パビリオンズ問い合わせはジェットウィング日本オフィス・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・★横森理香の更年期チャレンジ! 『 コーネンキなんてこわくない』は単行本、電子書籍で好評発売中!!お近くの書店、WEB書店(amazon、楽天ブックス、セブンネットショッピングなど)でお求めください。ちら読み、本の内容、詳しくはこちらをごらんください★作家・横森理香が更年期の不調解決のため、空中ヨガ、イケメン太極拳、コルギ、観光ウォーキング、グルテンフリーなどに次々チャレンジ。読むだけで気持ちが前向きになる一冊です。(集英社 定価 本体¥1,400+税)
  • 妊娠するたびに体重が大幅に増えるも、毎度、見事なまでに産後ダイエットを成功させるジェシカ・シンプソン(39)。第1子出産後は半年で約27キロの減量、そして今回はなんと半年で約45キロの減量に成功! 成人女性ほぼ1人分の体重を6ヶ月でなかったことにする、その方法とは? Photo:Getty Imagesジェシカのトレーナーによると、彼女がジムに通う以外でやったことはたったの3つだけ。【1日12,000歩を歩くこと】【質の高い睡眠を取ること】【砂糖を使った食事はしないこと】。 Photo:Instagram(@jessicasimpson)これだけで「本当に半年で45キロ痩せることができるの?」と半信半疑になってしまうけど、実際に痩せたんだから効果があるダイエット法ということ。確かに「この3つを毎日必ず生活に取り入れてください」と言われても、実際には難しい……!? Photo:Instagram(@jessicasimpson)ジェシカは中でも砂糖を抜くことが一番ハードだったと話している。彼女のこの半年間の食事は、低糖質のカリフラワーを使った料理がほとんどだったとか。そんなジェシカだけど、元のスタイルを取り戻した後は「私は“ダイエット”っていう言葉が好きじゃないし、今、チートスを一袋食べたばかりだわ」と、砂糖を解禁した様子。 Photo:Getty Imagesまた、彼女が減量中に実感したことは「食べたものを書き留めて、自分自身でチェックすることはとても大切」だということ。 3度にわたるダイエットを、いずれも見事に成功させているジェシカ。いまダイエットに挑戦しようとしているそこのあなた!  理想のボディを取り戻せた“ジェシカのダイエット法”を試さない手はない!? >>わずか半年で45キロ減! 第3子を出産したジェシカ・シンプソン、産後ダイエットに大成功 - セレブニュース | SPUR >>世間を激震させた写真とともに振り返る! 人気セレブ15人の激痩せ・激太りエピソード - セレブギャラリー | SPUR text:Mayu Yamamoto 続行 戻る 続行 戻る 続行 戻る 続行 戻る 続行 戻る 続行 戻る 続行 戻る 続行 戻る 続行 戻る 続行 戻る 続行 戻る 続行 戻る 続行 戻る 続行 戻る 続行 戻る
  • 現在世界から熱い視線を集めている、ゴージャスで煌びやかなドラァグ・クイーン。「女装」を超えた彼女たちは、プロのパフォーマーでありアーティスト。自信とパワーにあふれた姿に憧れる人は少なくない。 今回紹介するのは、アリッサ・エドワーズ(39)、ヴァイオレット・チャチキ(27)、アクアリア(23)など、インスタグラムで100万人を超えるフォロワーをもつ人気クイーンたち。美しさはもちろん、その個性も保証済み。彼女たちが放った名言の数々にも注目あれ。 そして忘れてはならないのが、そんなクイーンを世に送り出したオーディション番組『ル・ポールのドラァグ・レース』(以下、『ドラァグ・レース』)。昨年、エミー賞を5部門受賞するという快挙を成し遂げたことでも有名だが、来年3月には世界ツアーで日本に初上陸することが決定! 空前のドラァグフィーバーを前に、お気に入りのクイーンを見つけて。 豪華さも派手さもパワーアップ! ファッションの祭典「メットガラ2019」ドレスギャラリー(外部サイト) 初のトランスジェンダー女性が出場へ! 話題と波乱に満ちた「ミス・ユニバース」を総まとめ(外部サイト) photos:Getty Images, Courtesy of Instagram text:Kyoko Kawaguchi
  • 目の肥えたエディターやスタイリストが一目置くドレスブランド「プレパラージュ」が新作ドレスを発表。デザインは全6型展開。ガーデンやシーサイドにも映える軽やかさで、思わず袖を通したくなるリラクシングな魅力に満ちている。 アシンメトリーのカシュクール風トップスが新鮮。すっきりしたV開きでデコルテも美しく。ドレス¥302,400(レンタル価格)インスピレーションの源は、2016年に「プレパラージュ」を創業したデザイナーeri sakaguchi氏が愛する自然の美しさ。春の陽を浴びて咲く花々が刺繍のパターンに、風を受けて波打つ湖の様がバックフリルのドレスに。アパレルデザイナーの経歴を持つ彼女のフィルターを通すことで、瑞々しい自然の風景が今の女性にフィットする洗練されたデザインへと鮮やかに着地。素材もフランス製のシルク生地やリバーレースを惜しみなく用いるなど、自身のこだわりを貫いている。 自然ロケーションの中で撮影したアーティスティックなルック写真も必見だ。 フランス製シャンティレースが全身を優しく包む。陽に透ける柄が綺麗で、オープンエアでも映える一着。ドレス¥280,000(レンタル価格)ドレスをオーダー、レンタルする際は、都内のアトリエできめ細やかにフィッティングを対応。気になる花嫁はまずはウェブサイトへ。等身大の自分を大切にしたい花嫁へのアンサーがきっと見つかるはず。 プレパラージュhttp://www.preparage.jp/03-4500-2051
  • 【宝塚スターインタビュー】第10回は月組 暁 千星さんです体格はいいのに顔は幼い。アンバランスな自分がずっとコンプレックスだった「最後の新人公演『エリザベート─愛と死の輪舞─』で主演を務めさせていただいた時はとにかく必死で。洋服のことを考える時間もなく、洗濯ずみのシャツを探して着るような毎日。大好きなファッションを楽しめる余裕が生まれたのは最近の話なんです(笑)」  華やかな存在感と実力で早くから重要な役をまかされるように。その傍ら、宝塚と東京の各公演期間中に一度だけ行われる新人公演(※公演中の演目を入団7年目までの生徒だけで演じる)で主演を何度も経験。本公演の舞台に立ちながら新人公演でも責任を担う、多忙な日々を送ってきた暁さん。 「こういう取材で、聞いていただくたびに困ったのが“趣味はなんですか?”という質問。当時の私は常にいっぱいいっぱいで、舞台以外のことに興味をもつ余裕が本当になかったんです」  入団8年目を迎えた今年、新人公演を卒業。時間や心に余裕が生まれつつある今は、その質問の答えにも困らなくなった。「興味の幅が広がり、いろんな自分を発見したい気持ちが高まっているのを感じている」と微笑む。 「例えば、映画や本。以前は出演する作品にまつわるものしか見る余裕がなかったのですが、それとは関係ない作品も今は楽しめるように。ミステリー好きの私がふだん読まないような本もまわりにすすめられるまま読んでみたりして」  5歳からバレエを習い始め、一時期は本気でバレリーナを目ざしたことも。しかし「中3で今と同じ172㎝になってしまった」という高身長を理由にその道を断念。そんな時、出会った新たな夢が“宝塚歌劇団の男役”だった。 「宝塚には教科書がないので、最初は試行錯誤の連続でした。そんな歩みの中で痛感したのが“ほかの誰かになることはできない”ということ。例えば、私はシュッとしたクールな男役に憧れていたので、このベビーフェイスがずっとコンプレックスだったんです。でも、 顔を変えることはできないので(笑)、体格はいいけど顔は幼いというアンバランスさを武器に変え、可愛らしさの中に男らしさが光るようなギャップを強みにしていけたらいいなと。今はそう考えるようになりました」  最近も『夢現無双─吉川英治原作「宮本武蔵」より―』で演じた吉岡清十郎の男らしさが話題に。素顔はおっとりチャーミングな彼女だが、舞台上では雄々しさを増すばかり。しかし、そんな自分に満足することなく、暁さんは目の前にある課題を次々と口にする。 「何かにフォーカスを絞り全力を注いでいないと頑張れていない気がして。“今のままで大丈夫?”と不安になってしまう性格なんです。ダラ〜ッと過ごす時間や長期休暇も不安になるので苦手。家でもやることがないと急に腹筋を始めたりしますからね(笑)。以前はそ の対象が宝塚だけに向いていたけれど、余裕が生まれた今は自分自身にも向いている。自分の人生を育てることは男役を育てることにもきっとつながる。これからもいろんな世界を見て経験して、成長していきたいと思っています!」【この記事はMarisol 2019年8月号より掲載されたものです】Profile あかつき・ちせい●2012年、宝塚歌劇団に入団。その後、月組に配属。新人公演主演を4回務め、17年、『Arkadia―アルカディア―』でバウホール初主演。以前は少年や青年役が多かった彼女だが、最近では大人の男を演じる機会が増え、ぐっと男らしく。成長目覚ましいその姿にさらなる注目が集まっているNEXT STAGE ブロードウェイ・ミュージカル 『ON THE TOWN』©宝塚歌劇団ミュージカル史に残る名作を"宝塚歌劇バージョン"に再構築。今年1月に大好評を博した作品が、新たなキャスティングで再登場。大都会ニューヨークに降り立った若き海軍水兵たちのつかの間の恋と冒険を描き出す。主演:珠城りょう、美園さくら 7/27〜8/12:梅田芸術劇場メインホール宝塚歌劇公式HP>>【Marisol 8月号2019年掲載】撮影/神戸健太郎 取材・文/石井美輪
  • シャネルの創造の源を、クリエイティビティを間近で体感できる「マドモアゼル プリヴェ展」。ロンドン、ソウル、香港、上海につぎ、ついに東京へ上陸! 10月19日(土)から12月1日(日)まで、なんと入場無料なのです。場所は東京・天王洲アイルにあるB & Cホール。ハーバーの一角に突如現れる素敵なこのアートが目印です。会場の中に入ると、そこは、マドモアゼル シャネルのアパルトマンを訪ねたかのような空間。まず始めに階段を上っていくとドアのディスプレイがあるのですが、これがなんとすべて刺繍! ドアノブ、カギの部分までよ~くご覧ください! "サヴォアフェール”の世界にいきなり吸い込まれてしまいました!「ミラーホワイト」「ベージュ」「ブラック」「レッド」「バロックゴールド」という5つのエリアを、音声ガイドとともにゆっくり堪能していくのですが、私が特に心をわしづかみされたのは「ベージュ」に展示されていた2016年春夏 オートクチュール コレクション。  ベージュのロングドレスのラインのエレガンス、繊細にして圧倒的な美しさに感動。あの人は誰?と声をかけたくなるくらい、存在感を放っていました。子供の頃夢見ていたようなロマンティックなドレスも。非常に緻密に計算された装飾に、うっとり。。。。パリの職人によるワークショップも開催されるのですが、残念ながらすでに予約がいっぱいだそう。残念!! それでも、アトリエを再現した空間で、先ほど見たドレスにも施されていたであろう装飾の数々を見るだけでも五感を刺激されます。ソフィア・コッポラ制作のムービーも、絶対見てほしい! アイコニックな女性たちがたくさん登場し、つい2度も見てしまいました。出口ではオリジナルポーチのプレゼントが。反対側には写真1枚目と同じアートが描かれています。そして中にはこの展示のミニブックも入ってました。とにかく大満足!大充実のイベントです。LINE公式アカウントにて予約ができるので、みなさまもぜひ足を運んでみてください。(副編K藤)  マドモアゼル プリヴェ展の公式サイトはこちら ●マドモアゼル プリヴェ展 ガブリエル シャネルの世界へ 日程:2019年10月19日(土)~12月1日(日) 会場:B & Cホール 住所:東京都品川区東品川2-1-3 時間:11:00-20:00 (最終入場19:30)  入場無料 ※ただしLINE公式アカウントより予約が必要です
  • デニム風カラーだからこそ!!レディー感あるノーカラーをセレクト皆さま こんにちは。 10月も半ば過ぎ、すっかり気温が低くなりました。アウターなくては朝晩が寒くなってきましたね。 冬のコートまでの繋ぎに着たいなと選んだトレンチコート。 夏のセールで買い足していて、やっとその出番がやって来ました。  ハイネックのニットを合わせたい時  ストールを合わせたい時… ノーカラーのものは、襟元がすっきりしているので、ワードローブの中でも幅が広がります。 セールとは言え、そのポイントを押さえてのコート選びでした。The Virgnia ドレストレンチコート(インディゴブルー)【Style 1】〜女性らしくエレガントに〜辛子色をベースにレース柄のスカートでエレガントさをプラス。小物は黒でかっちりと。【Style 2】〜カジュアルスタイルにサッと羽織り〜ボーダーのカジュアルアイテムを大人っぽいスタイルに!デニム感覚で羽織った気分には、バッグで少しスポーティさをプラス。【Style 3】〜モノトーンコーデの引き立て役〜ブラックニットにホワイトパンツのモノトーンコーデの上に!小物は赤でフレンチ気分。【Style 4】〜ブラウンカラーとのコラボ〜 大柄チェックのパンツと合わせて、ブラウンとのMIXコーデ!小物はあえて明るめのお色をプラス。皆さまは、どんな秋スタイルを楽しんでいますか? まだまだ深まる秋。 お洒落が深まる秋。 ニットが恋しい季節でもありますね(๑˃̵ᴗ˂̵) また、これはいいなと思うものをご紹介したいと思います。 いつも最後までお読み下さり、ありがとうございます。 ➡️日々、InstagramもUPしております(^^)美女組No.156 Mayuのブログ
  • 永遠の定番であり、同時に奥深くもある、全身を黒で統一したスタイリング。いざ着てみると地味になってしまう人や、無難な格好になりがちな人もいるのでは? 世界のストリートスナップから厳選した、最新のオールブラック・スタイルをお手本にしよう。レザーの質感で変化をつけたオールブラック・スタイルPhoto by Vanni Bassetti/Getty Images クールなスタイリングに定評のある、モデルのガードレ。黒いシャツ&パンツにレザーブルゾンを羽織り、素材感の違いで変化をつけた、マニッシュなオールブラック・ルックを披露。ミニマルなスタイリングの中で、シャツのゴールドボタンが絶妙なアクセントになっている。双子でスタイリングをリンクさせてPhoto by Daniel Zuchnik/Getty Imagesストリートスナップ界の人気者、双子のインフルエンサーのモリー&リース。ともにパコ ラバンヌのウェアを着て並んだ姿がキュート! モリー(左)はホワイトドット柄のドレスでガーリーに。リースは同じ柄のスカートに、素肌ののぞくトップスを合わせセンシュアルに。2人ともボリューミーな足もとが今年らしい。スレンダーなシルエットのジャケットでハンサムにPhoto by Vanni Bassetti/Getty Images ビッグショルダーブームも一段落して、写真の彼女のような細身のジャケットが逆に新鮮に見える今シーズン。シャツのボタンをラフに開けてハンサムに着ているのに、同時にエレガントなムードも漂って。絶妙に短いパンツの丈と、ドクターマーチンのワークブーツのバランスもバッチリ!フェミニンなプリーツスカートに白シューズで抜け感をPhoto by Edward Berthelot/Getty Imagesソーシャライトのオリヴィア・パレルモは、ボタンのないキモノ風ジャケットとプリーツスカートで、フェミニンなオールブラック・スタイルに。動きのあるスカートを、ジャケットのレザーラペル&ベルトが引き締める。シューズにはあえて白を選び、抜け感を演出。オールブラックでクールに取り入れるバケットハットPhoto by Christian Vierig/Getty Images カジュアルになりがちなバケットハットも、インフルエンサーのアレクサンドラのように、黒でトータルスタイリングすればぐっとクールな雰囲気に。トップスの胸に施されたナイキのマークが、意外性のあるアクセントになっている。クリアヒールのシューズで、コンテンポラリーな印象をプラス。ジャケット&スカートのセットアップでフェミニンにPhoto by Christian Vierig/Getty Images ジャケットとプリーツスカートのセットアップでオールブラック・ルックをつくった女性。ベルトのバックルとハンドバッグのゴールドパーツが、単調になりがちなワントーンスタイルを引き締めている。体にフィットしたジャケットのシルエットや、頭の後ろからのぞくリボンに、フェミニンなムードがたっぷりと漂って。エレガントなムードを盛り上げるカチューシャ&グローブPhoto by Christian Vierig/Getty Images 思いきりエレガントな装いが、今シーズンの気分。スタイリストのジェラルディンは、ドラマティックに広がるプリーツスカートとタイトなトップスで、女性らしいシルエットをつくった。ディオールの人気バッグ「サドル」も黒一色のものを選んで、統一感をキープ。ネットのついたヘアバンドとレザーグローブが、クラシカルなムードを盛り上げる。甘いドレスを黒で引き締めてPhoto by Daniel Zuchnik/Getty Images モデルや女優として活動するリリー。可愛らしい顔だちに、マーク ジェイコブスのミニドレスがよく似合っている。パフスリーブなど甘いディテールの詰まったドレスも、黒を選んでいるおかげで、幼くなりすぎず大人な表情に。同ブランドのバッグで色を差し、アクセントに。 text : Chiharu Itagaki
関連キーワード

RECOMMEND