【for HAIR&SCALP】頭皮さっぱり、匂わせない。 夏仕様のヘア&スカルプケア

SPUR.JP

体の中でもっとも皮脂分泌が活発な頭皮。時間に追われる多忙な人は、頭がヒートアップし、さらに汗や皮脂が出やすく、ニオイ発生リスクもアップ。頭皮にフォーカスしたクレンズやドライシャンプーで清潔感をキープし、麗しい香りを纏うエアリーなツヤ髪で、夏の視線を独り占め。

植物とミネラル成分で頭皮をクリーンアップ

OWAY プラント&ミネラル リフレッシュ 36g ¥3,200/arromic

ミネラルパウダーで頭皮のべたつきやニオイをオフし、根元をふんわりボリュームアップ。バイオダイナミックミントやオーガニックオレンジ、アマゾニアピンククレイなど、100%ナチュラルな成分が頭皮をリフレッシュさせながら、髪にも栄養をチャージ。ドライシャンプーにも使える。

arromic
072-728-5150

紫外線を浴びる前と後に、髪を保護するミルク習慣

ダヴィネス SU ヘアミルク 135ml ¥3,300/コンフォートジャパン

太陽と仲良くしたい夏は、髪にもサンケアを。スプレータイプのヘアミルクで紫外線や乾燥ダメージから守り、シルキーでなめらかなツヤ髪に。タオルドライした髪や、スタイリングの仕上げ、アフターケアにも使える。果実と花の爽やかなフローラルノートでリゾート気分を味わって。

コンフォートジャパン
www.davines.jp
0120-39-5410

シャキッと洗ってエアリーな仕上がり

リフレッシュシャンプー 230ml ¥2,800/エトヴォス

アミノ酸系洗浄成分がモコモコ泡立ち、頭皮の皮脂汚れをすっきり洗うノンシリコンのシャンプー。フケ、かゆみ、べたつき、ニオイが気になる人におすすめで、根元がふんわり立ち上がるハリとコシのある髪に。ユーカリとペパーミントの爽やかな香りが体感温度も下げてくれそう。

エトヴォス
https://etvos.jp/
0120-0477-80

風になびく髪から漂うセンシュアルな香り

モルトンブラウン スエードオリス ヘアミスト 100ml ¥10,000/モルトンブラウンジャパン

マンダリン・エレミのトップ、オリス・ジャスミン・ローズのハートノート、シダーウッド・パチョリのベースノート。官能的でパウダリーな、大人に似合うフレグランスをヘアミストに。髪が揺れるたび繊細な香りがふわりと広がり、潤いのヴェールで質感も柔らかく。

モルトンブラウンジャパン
03-3660-7996

関連記事
  • おしゃれに敏感なチームBAILAがこの夏に狙っているというリングを一挙公開! つけるだけで即おしゃれになれるので、うっかりシンプルになりがちな夏ファッションも最旬リングで盛り上げよう。SHIHARAのマットゴールドリング「マットだからなじみよし。幅もさまざまなのでスタイリングや気分に合わせて組み合わせたい」(スタイリスト 天水沙織さん)(上)¥95000・(中)¥58000・(下)¥42000/シハラ ラボ(シハラ)TOMWOODのキャンディリング「心が弾むようなカラーのキャッチーなリング。スクエアとオーバルを組み合わせても可愛い」(編集 やまみ)各¥53000/ステディ スタディ(トムウッド)THE LETTERINGのイニシャルリング「悩んだ結果、ゴールドをセレクト。小さいサイズを選んでピンキーリングとして使っています」(編集 ナベ嬢)「ボリュームのあるフォルムがたまらなく可愛い。手もとが軽くなる夏こそトライしたいリング」(スタイリスト 大平典子さん)「シルバーのMを購入ずみ。手もとがぐっと印象的になるので毎日欠かさずつけています」(スタイリスト 池田メグミさん)「存在感があるのに、手持ちのリングと合わせてもバランスがとりやすいのが魅力です」(編集 マフユ)「ゴツめなので一見難しそうですが、つけると指先にすっとなじんで上品なイメージに」(スタイリスト 石田 綾さん)(左・右)各¥68000・(中)¥85000/ショールーム セッション(ザ レタリング)ReFaireのボリュームリング「ぷっくりとふくらんだような丸いフォルムにほれぼれ。イエローゴールドは女らしさも欲張れます」(スタイリスト 池田メグミさん)¥28000/UTS PR(ルフェール)ARTIDA OUDの色石リング「カラフルな色石ときゃしゃな地金のコンビネーションが絶妙。大人っぽくて使いやすい」(編集 U)(上)¥24000・(下)¥27000/サザビーリーグ(アルティーダ ウード)Lana Swansのバナナリング「かなりボリューミーだけど、肌がちらりとのぞくので重たく見えません。私は人さし指に着用」(編集 ナベ嬢)¥24000/ススプレス(ラナスワンズ)eteの2連リング「ゆるやかなウェーブが指を細く長く見せてくれます。イヤカフにもなる頼もしい2wayデザイン」(編集 バタ子)¥12000/エテMAIDENのシルバーリング「プレーンな形ですが、今年らしい幅広のデザイン。表情のある手もとを演出してくれます」(スタイリスト 石田 綾さん)¥20000/MAIDEN撮影/魚地武大〈TENT〉 スタイリスト/石田 綾 取材・原文/野崎久実子 ※BAILA2019年7月号掲載
  • ◆ヘアカラー専門店◆忙しい女性に人気のカラー専門店は、リーズナブルな料金設定で、時間と費用のストレスを軽減。自宅ケアでは難しい、根元の白髪染めや後頭部のヘアカラーもきちんとできて、活用する人が続出!1サロンに着いたら、まずは料金を前払い。その後、カウンセリングシートに記入してから希望の髪色などを相談します。使用するカラー剤はプロフェッショナル専用のもの。カラーバリエーションも50 色と豊富です2白髪染めのプロセスは通常のヘアサロンと同じ。まずは根元にカラー剤を塗布して約10分放置。施術台に鏡はありません3髪の毛先までカラー剤を塗ったら、10~15分程度放置。雑誌はタブレットで読むシステム4カラー剤を洗い流し、シルク成分入りのオリジナルシャンプーを。これで髪にツヤをプラス!5ブローコーナーに移動し、自分で髪を乾かします。ドライヤーやアイロン、スタイリング剤などは完備「料金がリーズナブルだし、忙しいときにとても便利です」体験したのは本瀬久美子さん(MyAge/OurAge美活部)「自宅でカラートリートメントでカバーすることが多かったので、プロに染めてもらうとこんなにきれいになるの か!と感動しました。白髪が なくなってきれいな髪色になったのはもちろん、ヘアカラー後の髪はツヤがあって、指通りもスルン。短時間で済み、低料金なので、忙しいときや白髪をすぐに染めたいときにとても助かります。個人的な要望としては、施術台にミラーがあったほうが安心できると思いました」白髪がきれいに染まって、落ち着いた髪色に。カラー剤に、髪の内部補修成分も含まれているので、ツヤも出ました●ヘアカラー専門店  fufu フフ●時短&低価格でできるプロのヘアカラートータル約1時間の滞在時間で、白髪のメンテナンスができる便利なサロン。プロの手によるヘアカラーとシャンプーを受けたあとは、自分でブローするシステムです。ツヤ髪に仕上がるのも人気のポイント。関東、東海、近畿を中心に76店舗を展開。●料金:根元染め¥2,400、全体染め¥3,400~初回限定で根元染め、全体染めともに¥1,800(ミディアム+¥500、ロング+¥1,000、シャンプー&トリートメント付き) ※すべて税抜き料金●店舗情報はfufu公式ホームページを。https://fufucolor.com次回は、ほかにもたくさんある、十人十色のストレスフリーな「私の白髪対策」をご紹介します。撮影/織田桂子 取材・原文/中込久理
  • カッコよくて軽くて持ち運びOK。レインコートだけではもったいない!梅雨を忘れるようなお天気の日もありますが、やはり時々ドカンとくる雨の日。大雨が降ろうと電車が止まろうと、外に出なければならないことは日々あります。特に子どもが保育園だったころの送迎は一番大変でした。大雨の中をママチャリで走ったり、バスは激込みだし、髪は崩れまくるし、服や荷物も濡れるし、もう散々(泣)。 その頃からレインコートは欠かせませんが、毎年おしゃれなものがたくさん出ているので、今年久々に更新してみました。レインコート選びは、価格に比例して機能性もそれなりに高くなっていくので、耐久性や防寒その他、最終的には個人のライフスタイルに合わせることになるかと思います。アウトドア系ブランドならやはりしっかりしたものが手に入るので、大雨の中を突っ走るには良いかもしれませんし、アパレル系のおしゃれなデザインなら、普段の通勤やお出かけに向いています。 送迎が終わった今は「豪雨仕様」が必要なくなったので、わたしが望むのはとにかく「軽量」で動きやすいこと。高価なものだと生地厚でかさばり、重量もそこそこあるものが多いですが、雨に濡れずそれなりにしっかりしていれば満足です。「おしゃれ」ということを大前提で選んだ結果、「ビーミング by ビームス」のレインコートに決めました。価格もお手頃でこんなにカッコいい! 名称は「モッズ レインコート」なので、ミリタリーの雰囲気があるカッコいいデザインです。まずは「カーキ」の色が今っぽくて目を引きました。アパレル系でもデザインだけではなく、それなりにわたしが求める機能は充実しています。雨に濡れないための仕組みがちゃんとあるんですよ! 丈は、163cmのわたしの身長だと膝上くらいまでの長さです(フリーサイズ)。あまり長すぎず、お尻がスッポリ隠れるこれくらいの丈が動きやすく、スタイリングもしやすいなと感じています。もともと「Aライン」のデザインですが、ウエストと裾の部分がゴムで絞れるようになっているので、調整して自分の好きな雰囲気が作れます。首回りやフード部分も、おしゃれなのにさりげなく雨対策になっています。首はボタンで立たせたデザイン、そしてフードもゴムで絞れるようになっています。もともと機能満載のミリタリー服は、レインコートにも適したデザインなのですね! とにかく軽量、そしてコンパクトにまとまるので、付属のポーチに収納すれば持ち運びにも便利です↓それにこのコートの一番「買い」な部分。それは、特別な「雨用」には見えないので普通にアウターとして着られること!肌寒い日の「羽織もの」として便利ですし、何よりデザインがおしゃれなので、雨でなくても着たいのです。春や秋口の「つなぎ」用アウターで活躍しそうなので、レインコート&アウターの「2way」と考えると、かなりお得な気がします。このコートひとつで、カッコいいレインスタイルは簡単にできます。「雨具」ということを忘れるくらいおしゃれなデザインなので、これで雨のお出かけも憂鬱にならず、むしろ楽しくなるかもしれません♪ ちなみにレインブーツにはフランスの「MEDUSE(メデュース)」を履いています。フランス製ですが10,000円以下で買え、デザインが「AIGLE」の乗馬ブーツのようにとてもおしゃれです。いかにも「長靴」という感じではなく、スッとした見た目の美しさと、ボトムスをインした時の抜群の美しいフォルムには文句なし!【Day1】レギンスをブーツインしたカジュアルコーデ↑このコートは、カジュアルが映えます。Tシャツとレギンスなど、シンプルなスタイルもカーキのモッズが格上げしてくれます。ロングブーツとの丈バランスも文句なしにキマり、雨の日の気分もアガりますよ!【Day2】タイトスカートを合わせた大人のブーツコーデ↑フリーサイズのレインコートが大きめなので、細身のタイトスカートでもバランスよく合います。タイトにロングブーツを合わせるとエレガントで大人っぽくなり、また違った印象に。【Day3】コンバースを合わせたデニムコーデ↑雨が強くない日は、厚底ゴムのハイカットも履きます。デニムとモッズコートって、メンズライクでカッコいい★バッグは濡れてもいいリュックも活躍しますね。【Day4】花柄ロングスカートを合わせたフェミニンコーデ↑サラサラ生地のロングスカートは、濡れてもすぐに乾くのが魅力的。イエローとカーキを合わせて可愛くなりすぎないようにしました。雨の日バッグは、革はやめてコットンも活躍。 【Day5】ホワイトをブーツインしたデニムコーデ↑ホワイト系は雨の日はNGだと思っていましたが、ロングブーツにインすることで汚れる心配もなく、雨の日も爽やかに履けるようになりました! ↓雨ならあきらめて「まとめ髪」。これだけで憂鬱気分も半減♪よし、今日もがんばるぞ!実際、どんなにおしゃれをしていても大雨の時には「楽しい」なんて思えないかもしれません。でも素敵なレインスタイルの自分をどこかの鏡で見た時は、濡れたって、髪がみだれたってなかなかカッコいい姿していますよ♪ わたしたち、いつもお疲れさまです!▶B:MING by BEAMS「モッズ レインコート 19SS」の詳細はこちらをチェック………………………………………………………………………………………………… ★オマケのプチプラVol.31★ 「サエラの傘(Evereon(エバーイオン/1,900円+税)」 今日ご紹介したコーデに合わせた傘は、今使ってる「エバーイオン」というビニール傘です。テレビで紹介されたみたいなので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。今は100均でもビニール傘は手に入るので、「ビニ傘に2,000円?」と思いますが、これはとてもエコな商品で、いわゆる「使い捨て」ではありません。 日本のビニール傘の年間消費量は約5,500万本だそうです(「サエラ」ホームページより)。わたしも以前は「雨が降ったら買えばいいし、壊れたら捨てよう」という気持ちでビニール傘を買っていたのですが、どんどん増えてきて処分するのもなかなか大変ですし、何より、金属むきだしで放置されている傘を見ては危険を感じていました。雑貨屋さんで見つけた時、まさに「これだ!」と。何がエコって、破れたらなんと自分で張替えができるのです。たくさんのカラーや柄物の中から、自分の好きなものをカスタマイズして着せ替えられるので、捨てることがないし飽きずに楽しめます。わたしは無地のブラックを選びましたが、ブラウンなども素敵ですし、スター柄などもかわいらしく、張替え生地も1000円ほどで気軽にできるんですよ! ビニールでも色のニュアンスが大人向きでとてもおしゃれ。毎回使うのが楽しみです★今、雨の日に街で見かけるおしゃれさんには、素敵な「ビニ傘派」が多くなっているな~という最近の印象です。骨に金属ではなく「樹脂」を使用しているので、サビにくい耐久性と、やわらかい伸縮性で「折れにくい」という利点もあります。指で引っ張ると「ボヨ~~ン」と伸びる感じです。子ども用もありケガの心配が少ないので、安心面から最近は親子でこれに替えました。 持ち手にも工夫があり、どんなところにも掛けやすいデザインです。これなら2,000円でもお得感。雨の日こそ、余裕を持てたら素敵です。でも雨だと薄暗いから、朝はさらに起きられなくて寝坊しそうになるんですよね(泣)!▶「サエラ」オンラインショップ/「Evereon 60cm 無地」はこちらをチェック 美女組 Akane 元国内線C/A。フランス留学中にアルバイト生活でプチプラファッションに目覚め、現地でリアルな着こなしを見て学ぶ。40代が最大限おしゃれに見えるプチプラアイテムを日々発掘中。小学生2児の母。
  • 長らく水着を封印していた人に朗報! 今季はアラフィーたちが愛する大人ブランドから、続々と水着が登場。当時「cher」のオーナー兼バイヤーであった山崎さんは、自身のショップに展開したことをきっかけにカルフォルニア発の「Seea」の魅力に惹かれるように。波の中での動きに耐えられるタフな機能性と、フェミニンでエレガントなデザインに注目!Seea【シーア】注目のサーフブランドの水着は、大人が納得のデザインと機能が魅力カリフォルニア発の「Seea」は、’11年にサーフィンをこよなく愛する女性が立ち上げた水着ブランド。それを現地在住の友人に紹介され、いち早く日本で展開したのが、当時「cher」のオーナー兼バイヤーだった山崎嘉子さん。「七里ガ浜の『CherShore』で取り扱ったのですが、私もサーフィンをするのでそのよさが実感できたんですね。以来、愛用していて、ショップを閉じた今も日本のPRを引き受けサポートしています。過剰なデザインはサーフィンのじゃまになるし、日焼け対策や、脱げにくさなどの波の中での動きに耐えられるタフな機能性も必要。それをクリアし、海でも映えるフェミニンでエレガントなサーフウエアに仕上げているところがこのブランドの魅力。それは大人の水着選びにも共通しているなって思って。サーフィンするしないにかかわらず、トライしてほしいです」メリハリ配色は色白さん向け。リバーシブルなのもうれしいUVカット機能のしっかりとした素材で美しく日射しをガード。メリハリのあるモノトーン柄と、着映え感のあるカラーパターンの2WAYで着られる。 スーツ¥22,700/シーア華奢な人はグラマラス見えする素材とデザインを要チェック(右)起毛感のある柄でグラマラスな印象に。スーツ¥20,000・(左)高いホールド力でバストを美しくキープ。 トップ¥12,400・ボトム¥9,700/シーアヒップが気になる人は、ホールド力の高めなボトムを選んでしっかりとホールド力のある生地感が心地よさの理由。コンパクトなシルエットと、ウエストまわりのディテールで華奢な印象に。 トップ¥11,000・ボトム¥11,700/シーアバストがふくよかな人はブラタイプが◎。ベロア素材も登場新作のベロア素材は、着るだけでリッチ感もひときわ。 (上から)ボレロ¥12,400・トップ¥11,000・ボトム¥9,700・トップ¥11,000・ボトム¥7,600/シーア【Profile】 Seeaセールス&PR 山崎嘉子さん ’95年、原宿で「cher」をスタート。代官山に続き、’08年に鎌倉・七里ガ浜に「CherShore」をオープン。海辺の人気ショップは惜しまれつつも’17年に閉店。現在はサーフィンを楽しむ中「Seea」に携わる。撮影/佐藤 彩(静物) スタイリング協力/土田麻美 スタイリング・取材・文/松井陽子 ※エクラ7月号掲載
  • Tシャツをカジュアルになりすぎず、素敵に着こなすコツは“きれいめ合わせ”にあり。アラフィー世代から絶大な支持を得るスタイリスト・村山佳世子さんが、黒Tシャツをしゃれたムード漂うスタイルに仕上げる着こなしを提案。 メソッド1:合わせるボトムはニュアンスのある色と素材で女っぽさを意識する光沢や透け、ドライな質感といったニュアンスのある素材を取り入れて、Tシャツのラフさを中和。Tシャツと真逆の上品な光沢で大人の洗練スタイルへ「洗練されたブルーの色みが印象的なシアー感のあるパンツを合わせると、黒Tシャツがメンズライクにならず抜け感のあるしゃれたムードに仕上がります」(村山さん)。 Tシャツ¥11,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) パンツ¥43,000/ジャンポールノット 青山店(ジャンポールノット) ネックレス¥240,000・ブレスレット¥178,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) ベルト¥44,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) バッグ¥236,000・靴¥92,000 /トッズ・ジャパン(トッズ)【Profile】 村山佳世子 シンプルで洗練されたスタイリングにファン続出のトップスタイリスト。『一生もののおしゃれが身につく10のルール100のコーディネート』(集英社)を上梓し大ヒット中。>>「大人のTシャツ“きれいめ合わせ”」はこちらから撮影/菊地 哲 ヘア/ EIJI SATO メイク/小森由貴 スタイリスト/村山佳世子 モデル/田沢美亜 取材・文/坪田あさみ ※エクラ7月号掲載
  • こんにちは小野アムスデン道子です。“全米一美しい小さな町”にも選ばれたガリーナという町をご存知でしょうか?ダウンタウンに19世紀のレンガ造りの建物が並ぶイリノイ州のガリーナとイリノイ最大の町シカゴで、フォトジェニックにときめいた旅をご紹介します。レトロな雰囲気の看板が飾るダウンタウンのショップ街、そこから階段で上ると小高い丘までの間には一度は住んでみたいと思うようなかわいい家が並んでいる町がガリーナ。日本から直行便で約11時間50分のシカゴから車で約3時間、列車(アムトラック)で4時間40分のところにある田舎町です。“全米で最も美しい小さな町”の一つに選ばれたことのあるガリーナには、まるで映画のセットみたいな建物が並びます。でもここは、アメリカ第18代大統領で南北戦争の北軍将軍として有名なグラントが住んだ家が今も残る、本物の歴史的な町です。そんなガリーナの町をこれまたかわいい赤いトロリーバスで回る「トリ・ステート トロリーツアー」。「あれが有名なアメリカの第16代大統領リンカーンが1856年に演説した『デソトハウス』のバルコニーだよ」と地元愛たっぷりにあれこれ解説してくれます。トリ・ステート トロリーツアー Tri State Trolley Tourshttp://tristatetravel.com/galena-trolley-toursこの演説の前年、1855年にオープンした「デソトハウス」では、ビクトリア調のインテリアのホテルやレストランが今も営業しています。1階に入るルートビア(ノンアルコール炭酸飲料)専門店はいろんなラベルのルートビアを取り揃えていて、ちょうど母の日に訪れたのでこんなかわいいルートビアも。デソトハウス DeSoto Househttps://desotohouse.com/デソトハウスのあるダウンタウンのメインストリートからは坂道、階段で住宅街へ。階段の途中には、目の前でマジックショーを見せるわずか24席の小さな劇場「PT マーフィー・マジックシアター」や5代続くイタリアンレスストラン「ビニー・バヌッチ」など味のあるお店が見つかります。町にマジシャンが住んでいるなんて!レトロなガリーナならでは。PT マーフィー・マジックシアター  PT Murphy Magic Theaterhttp://www.ptmurphy.comビニー・バヌッチ Vinny Vanucchi’shttp://www.vinnysgalena.comガリーナには、ミシシッピ川の支流であるガリーナ川が流れていますが、アイオワ州が対岸に見えるミシシッピ川もすぐ近く。雄大な川を目の前にした眺望が開けます。ガリーナ湖を望む「イーグルリッジ・リゾート&スパ」には4つもゴルフコースがあって、レストランやスパの入ったホテルはとてもきれいなところです。中にある「ストーンドリフト・スパ」は、約560㎡もある施設でトリートメント室10室を備えています。ハンガリーのオーガニックスキンケア「エミネンス」のアプリッコットボディオイルを使ったボディマッサージにホットストーンを使ったケアが心地よく、旅の疲れを癒してくれます(50分$135)。イーグルリッジ・リゾート&スパ Eagle Ridge Resort & Spahttps://www.eagleridge.comイリノイ州と言えば、空の玄関口でもあるシカゴが有名ですが、ちょっと郊外に出れば、こんな歴史と自然に囲まれた町があるのです。「イーグルリッジ・リゾート&スパ」では5月〜10月には、空からそんな美しい風景を眺められる気球ツアーも開催されるそうです。さて、日本からガリーナに向うのには、シカゴを経由していくと思いますが、摩天楼の大都市シカゴにも絵になる風景がいっぱい。都会的なセンスにあふれたシカゴのフォトジェニックなグルメをピックアップします。まずは、高感度なシカゴのビジネスマンや女性達にも大人気のレストラン「バートン G.ザ・レストラン」。黄金のゴリラや猿のモチーフなどを使ったエキゾチックでハイスペックなインテリアがお洒落だと思っていたら、それだけではありません。料理やカクテルも驚くほど個性的。この大きなドル札と共にゴールドに包まれて出て来るチョコレートガナッシュとアイスクリームは、味も見た目もリッチでした。バートン G.ザ・レストラン Barton G. The Restauranthttps://www.bartong.com/シカゴに来たら朝食代わりに立ち寄りたい、とびきりおいしいドーナツショップが「ドゥー・ライトドーナツ&コーヒー」。メープルベーコンドーナツは絶対のおすすめ。カリカリのベーコンを甘いドーナツと一緒にほおばると、塩甘加減がたまりません。ここには珍しいグルテンフリードーナツなどもあります。ドゥー・ライトドーナツ&コーヒー  Do-Rite Donuts & Coffeehttps://www.doritedonuts.comミシガン湖遊覧船の発着ターミナルで、お土産探しにぴったりのショップやレストランが揃うネイビーピアにある「リバ・クラブハウス」というレストランは、店名になっている蟹や海老をはじめシーフードがご自慢。入り口のオブジェがまたかわいい。リバ・クラブハウス Riva Crab Househttps://www.rivanavypier.comそして、最後に地元の人が「今、いちばんのトレンディエリアだから」というので、車で20分ほどかかるローガンスクエアへ。まず、ごく普通のビルのような入り口を開けるといきなりトロピカルなティキ風のカクテルバー「ロスト・レイク」。これでもかというぐらい盛り盛りデコレーションのカクテルですが、バーテンダーの腕は確かで、どれもおいしいです。ロスト・レイク Lost Lakehttp://www.lostlaketiki.com/その後に食事に行ったレストラン「ロングマン&イーグル」は、地元素材を使った創作料理が人気。キャベツのサラダの上にこの豚の骨付き肉が突っ立ったお料理は見た目もボリュームもすごく、アメリカらしい一品でした。ロングマン&イーグル Longman & Eaglehttp://www.longmanandeagle.com/ガリーナとシカゴ、それぞれに趣きは違いますが、アメリカらしさを満喫できる旅でした。取材協力/イリノイ州観光局 https://www.enjoyillinois.com/jp/シカゴ観光局 https://www.choosechicago.com/jp/
  • こんにちは小野アムスデン道子です。“全米一美しい小さな町”にも選ばれたガリーナという町をご存知でしょうか?ダウンタウンに19世紀のレンガ造りの建物が並ぶイリノイ州のガリーナとイリノイ最大の町シカゴで、フォトジェニックにときめいた旅をご紹介します。レトロな雰囲気の看板が飾るダウンタウンのショップ街、そこから階段で上ると小高い丘までの間には一度は住んでみたいと思うようなかわいい家が並んでいる町がガリーナ。日本から直行便で約11時間50分のシカゴから車で約3時間、列車(アムトラック)で4時間40分のところにある田舎町です。“全米で最も美しい小さな町”の一つに選ばれたことのあるガリーナには、まるで映画のセットみたいな建物が並びます。でもここは、アメリカ第18代大統領で南北戦争の北軍将軍として有名なグラントが住んだ家が今も残る、本物の歴史的な町です。そんなガリーナの町をこれまたかわいい赤いトロリーバスで回る「トリ・ステート トロリーツアー」。「あれが有名なアメリカの第16代大統領リンカーンが1856年に演説した『デソトハウス』のバルコニーだよ」と地元愛たっぷりにあれこれ解説してくれます。トリ・ステート トロリーツアー Tri State Trolley Tourshttp://tristatetravel.com/galena-trolley-toursこの演説の前年、1855年にオープンした「デソトハウス」では、ビクトリア調のインテリアのホテルやレストランが今も営業しています。1階に入るルートビア(ノンアルコール炭酸飲料)専門店はいろんなラベルのルートビアを取り揃えていて、ちょうど母の日に訪れたのでこんなかわいいルートビアも。デソトハウス DeSoto Househttps://desotohouse.com/デソトハウスのあるダウンタウンのメインストリートからは坂道、階段で住宅街へ。階段の途中には、目の前でマジックショーを見せるわずか24席の小さな劇場「PT マーフィー・マジックシアター」や5代続くイタリアンレスストラン「ビニー・バヌッチ」など味のあるお店が見つかります。町にマジシャンが住んでいるなんて!レトロなガリーナならでは。PT マーフィー・マジックシアター  PT Murphy Magic Theaterhttp://www.ptmurphy.comビニー・バヌッチ Vinny Vanucchi’shttp://www.vinnysgalena.comガリーナには、ミシシッピ川の支流であるガリーナ川が流れていますが、アイオワ州が対岸に見えるミシシッピ川もすぐ近く。雄大な川を目の前にした眺望が開けます。ガリーナ湖を望む「イーグルリッジ・リゾート&スパ」には4つもゴルフコースがあって、レストランやスパの入ったホテルはとてもきれいなところです。中にある「ストーンドリフト・スパ」は、約560㎡もある施設でトリートメント室10室を備えています。ハンガリーのオーガニックスキンケア「エミネンス」のアプリッコットボディオイルを使ったボディマッサージにホットストーンを使ったケアが心地よく、旅の疲れを癒してくれます(50分$135)。イーグルリッジ・リゾート&スパ Eagle Ridge Resort & Spahttps://www.eagleridge.comイリノイ州と言えば、空の玄関口でもあるシカゴが有名ですが、ちょっと郊外に出れば、こんな歴史と自然に囲まれた町があるのです。「イーグルリッジ・リゾート&スパ」では5月〜10月には、空からそんな美しい風景を眺められる気球ツアーも開催されるそうです。さて、日本からガリーナに向うのには、シカゴを経由していくと思いますが、摩天楼の大都市シカゴにも絵になる風景がいっぱい。都会的なセンスにあふれたシカゴのフォトジェニックなグルメをピックアップします。まずは、高感度なシカゴのビジネスマンや女性達にも大人気のレストラン「バートン G.ザ・レストラン」。黄金のゴリラや猿のモチーフなどを使ったエキゾチックでハイスペックなインテリアがお洒落だと思っていたら、それだけではありません。料理やカクテルも驚くほど個性的。この大きなドル札と共にゴールドに包まれて出て来るチョコレートガナッシュとアイスクリームは、味も見た目もリッチでした。バートン G.ザ・レストラン Barton G. The Restauranthttps://www.bartong.com/シカゴに来たら朝食代わりに立ち寄りたい、とびきりおいしいドーナツショップが「ドゥー・ライトドーナツ&コーヒー」。メープルベーコンドーナツは絶対のおすすめ。カリカリのベーコンを甘いドーナツと一緒にほおばると、塩甘加減がたまりません。ここには珍しいグルテンフリードーナツなどもあります。ドゥー・ライトドーナツ&コーヒー  Do-Rite Donuts & Coffeehttps://www.doritedonuts.comミシガン湖遊覧船の発着ターミナルで、お土産探しにぴったりのショップやレストランが揃うネイビーピアにある「リバ・クラブハウス」というレストランは、店名になっている蟹や海老をはじめシーフードがご自慢。入り口のオブジェがまたかわいい。リバ・クラブハウス Riva Crab Househttps://www.rivanavypier.comそして、最後に地元の人が「今、いちばんのトレンディエリアだから」というので、車で20分ほどかかるローガンスクエアへ。まず、ごく普通のビルのような入り口を開けるといきなりトロピカルなティキ風のカクテルバー「ロスト・レイク」。これでもかというぐらい盛り盛りデコレーションのカクテルですが、バーテンダーの腕は確かで、どれもおいしいです。ロスト・レイク Lost Lakehttp://www.lostlaketiki.com/その後に食事に行ったレストラン「ロングマン&イーグル」は、地元素材を使った創作料理が人気。キャベツのサラダの上にこの豚の骨付き肉が突っ立ったお料理は見た目もボリュームもすごく、アメリカらしい一品でした。ロングマン&イーグル Longman & Eaglehttp://www.longmanandeagle.com/ガリーナとシカゴ、それぞれに趣きは違いますが、アメリカらしさを満喫できる旅でした。取材協力/イリノイ州観光局 https://www.enjoyillinois.com/jp/シカゴ観光局 https://www.choosechicago.com/jp/
  • 現在、アイルランドを訪問しているオランダ王室のマキシマ妃(48)。夫ウィレム=アレクサンダー国王(52)と出席した晩餐会で、ゴージャスなドレス姿を披露! Photo:Getty Images 「エメラルドの島」と呼ばれるアイルランドにちなみ、全身をグリーンで統一したマキシマ妃。この日のドレスは、お気に入りのオランダ人デザイナー、ヤン・タミニオが担当。美しいリーフ柄のレースとフェミニンなシルエットで、王室らしい華やかさを見せた。 そんなドレスを一層引き立てているのが、エメラルドがセッティングされた煌びやかなジュエリー。中でもティアラは1899年に作られ、オランダ王室に代々受け継がれてきた特別なアイテム。今回のような特別な場にはまさにぴったり! Photo:Getty Imagesイギリスのキャサリン妃(37)&メーガン妃(37)、スペインのレティシア妃(46)、モナコのシャルレーヌ妃(41)などと並び、ファッションアイコンとしても有名なマキシマ妃。2013年に王妃に即位して以来、そのセンスあふれる着こなしで人々の心をつかんできた。 Photo:Abaca/アフロ 近年で注目を集めたスタイリングのひとつが、2018年6月、小児病院設立のイベントに出席した際のルック。フラワーモチーフが描かれたフレア袖のワンピースに落ち着いたグリーンのつば広ハットとベルトを合わせ、気品漂う王室スタイルに。 Photo:WENN/アフロ また、同年7月に夫婦でカリブ海にある島を訪れたときには、鮮やかなオレンジのワンピース姿が話題に。麻素材のヘッドピースに同系色のアクセサリーで、エレガントなコーディネートを披露した。 Photo:picture alliance/アフロそんなマキシマ妃は、アマリア王女(15)、アレクシア王女(13)、アリアーネ王女(12)と3人の娘をもつ母親。昨年夏に撮影されたファミリーフォトでは、ウィリアム王子(36)&キャサリン妃一家に負けない幸せぶりをキャッチ! またキャリアウーマンだった経験を活かして、国際連合のプロジェクトに携わったり、人権擁護活動をサポートしたりとあらゆる活動に取り組んでいるという。「ヨーロッパで最も注目すべき王妃」とも評されるマキシマ妃から、今後も目が離せない⁉︎ 何度見ても美しい! キャサリン妃、故・ダイアナ元妃のティアラをつけて公務に登場 (外部サイト) 英キャサリン妃も羨望⁉︎ スペイン王室レティシア妃のプリンセス・ダイアリー(外部サイト) 総勢35名のロイヤルキッズを網羅! 世界の麗しきプリンス&プリンセス図鑑(外部サイト) text:Kyoko Kawaguchi
関連キーワード

RECOMMEND