フレッシュな6色展開! アディダス バイ ラフ・シモンズのスニーカー「RS オズウィーゴ」がアップデート

SPUR.JP

アディダス バイ ラフ・シモンズが、スニーカー「RS オズウィーゴ」を523日(木)に発売する。今シーズンは、アイコニックなシルエットで知られる「RS オズウィーゴ」が、ミラー仕上げのTPUフィルムでコーティングされたソールを搭載して登場。アディダス バイ ラフ・シモンズの今季のインスピレーションの源である、1970年代のグラムロックを彷彿とさせるデザインとなっている。「RS オズウィーゴ」¥55,000/アディダス ファッショングループ ショールーム(アディダス バイ ラフ・シモンズ)「RS オズウィーゴ」¥55,000/アディダス ファッショングループ ショールーム(アディダス バイ ラフ・シモンズ)

ミラー仕上げのソールにはレザーとメッシュのアッパーを組み合わせ、鮮やかなコントラストを演出。ブラック、ホワイト、グレー、ネイビー、レッド、ピンクという豊富な色合いでユニセックスサイズで展開される。スタイリッシュなデザインはワークアウトだけでなく、タウンユースにも活躍しそう。新たに生まれ変わった「RS オズウィーゴ」を見逃さないで。

「RS オズウィーゴ」¥55,000/アディダス ファッショングループ ショールーム(アディダス バイ ラフ・シモンズ)「RS オズウィーゴ」各¥55,000/アディダス ファッショングループ ショールーム(アディダス バイ ラフ・シモンズ)

アディダス ファッショングループ ショールーム
https://shop.adidas.jp/item/?collection=rafsimons
03-5547-6501 

text: Fuyuko Tsuji

⇩「アディダス バイ ラフ・シモンズ」の新たな「RS オズウィーゴ」をチェック!

関連記事
  • ブルー系で統一させたきれいめコーデには、極細プリーツでほんのりエッジをきかせて※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます着座したときデスクの上から見えるのは知的で奥ゆかしいネイビーのツインニット。そして席から立ち上がるとサラサラと揺らめく鮮やかなサックスブルーの極細プリーツスカート。このエレガントな配色がアラフォーをより輝かせてくれる。ストールやパンプスの小物たちもブルー系で統一させて、すっきりと涼感美人を目指して。スカート¥42,000・靴¥27,000/ツル バイ マリコ オイカワ ニット¥11,000・カーディガン¥15,000/アルアバイル ピアス¥12,000/デ・プレ(ポーノ) ストール¥27,500/ウィム ガゼット青山店(アソースメレ) バッグ¥138,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/石毛のりえ 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼ファッションまとめ記事もチェック
  • 暑くるしい季節は、家での時間を少しでも快適に過ごすため、麻を効果的に暮らしにプラスしてみるのはいかが? 触り心地が涼しくなるだけで、ぐっと居心地がよくなり、部屋の温度さえひんやり感じられるはず。1.ベッドリネンはさわやかな白。 スローとクッションでさし色をプラス 「夏は、真っ白なベッドリネンで。麻のデュべカバー(かけ布団用カバー)に布団を入れず、カバーを肌がけがわりにして眠ります」。適度な重みが心地よい眠りへと誘い、サラリとした肌ざわりと抜群の吸水性でさわやかな寝心地。 プリーツ デュべカバー ピュアホワイト(麻100%、シングルサイズ150×210㎝〜)¥36,300 〜・ピュアホワイト ボックスシーツ(麻100%、シングルサイズ100×200㎝〜)¥17,600 〜・プリーツ ピローケース ピュアホワイト(麻100%、50×70㎝、ふち5㎝)各¥7,700・シェル クッション(中材込、生地 麻100%、刺繡 ポリエステル、45×45㎝)各¥16,000・ネリンガスロー アイスグレー(麻100%、150×230㎝)¥24,200 /リネン&デコール2.室内側カーテンは 透け感のあるクールカラーを 窓辺には2種類の麻のカーテン、室内側に透け感のあるネイビー、窓側には透け感のあまりない白&トープを。「日中は手前だけを引いています。落ち着いたネイビーは夏の強い日射しを遮り、見た目も涼やかに感じられます」。 すべて私物3.クロスは明るめのグレー。 ランナーの横使いを夏のもてなしに 「ランナーを横に使う『ブリッジ』という敷き方ならフォーマルすぎず、軽やかなおもてなしができます」。ランナー、ナプキンなどクロスは明るめのグレーでまとめ、ガラスや籐を合わせて、カジュアルで大人な夏のテーブルに。 ランナー(参考商品)・リモージュ ナプキン(麻100%、47×47㎝)¥1,540・ブルージュ キッチンタオル(麻100%、45×70㎝)¥1,870 /リネン&デコール その他/私物他の画像を見るリネンを指南してくれたのは…… LINEN & DECOR代表 菊川博子さん LINEN & DECORではオリジナルの麻商品を中心に、暮らしを豊かに、美しくする商品を提案する。 https://www.linenanddecor.net撮影/川上輝明(bean) スタイリスト/石山とみ子 菊川博子 取材・文/鈴木奈代 撮影協力/ FILE(http://file-g.com) ※eclat7月号掲載
  • Tシャツ¥4800/スピック&スパン ルミネ新宿店(FUNG) デニムパンツ¥2490/GU バッグ¥9000/AKTE スニーカー¥7500/コンバースインフォメーションセンター(コンバース)ちょい丈の短いTシャツをボトムからアウトして着たら、今までにない新鮮バランスが完成。デニムも夏にぴったりのホワイトを選んで、トレンドのワントーンコーデに。ロゴTとデニムの定番の組み合わせこそバランスにこだわって、差がつくスタイルに仕上げて。モデル/新木優子 撮影/山本雄生 ヘア&メイク/河嶋希(io) スタイリスト/石田綾 文/鈴木絵都子  ※上記のキャプションはWEBオリジナルのもので、本誌とは異なります。明日のコーデに迷ったら… \non-noお天気コーデをチェック/ ▶白Tシャツコーデ記事一覧はコチラ
  • クールな黒は夏も積極的に取り入れたい色。とはいえ定番色だからこそ、無難になりがちなのが悩みのタネ。そこでオシャレに定評のある6人の有名人たちに、夏の黒コーデの新鮮なアイディアを披露してもらいました!Rina Kawaei 川栄李奈さん プレイフルな黒 大人可愛いドット柄ワンピで   ハッピーオーラをまとって 1枚でサマになる主役ワンピをシンプルに。メンズっぽい開襟と女らしい袖、ウエストのギャザーのバランスも絶妙。 ワンピース¥22000/フレッドペリーショップ東京 ピアス¥1926/サードオフィス(ルーム) バッグ¥4900/ジオン商事(スリーフォータイム) バングル¥6800/ティアラ(ラ ピエス) スニーカー¥7900/フィラ カスタマーセンター(FILA) 年齢より若く見られがちなので、大人っぽく見える黒い服は普段からよく着ています。夏だと開襟シャツにパンツを合わせたり、ちょっと長めのワンピースが定番だけど、無地を選ぶことが多いんです。だからこのワンピースは新鮮。ドットが白ではなくベージュなので可愛くなりすぎないのもいいですね。足元にボリュームのあるスニーカーを合わせるのは普段のスタイルに近いかな。どこかにカジュアルな要素を取り入れたいんです。 Profile ●かわえい りな 1995年2月12日生まれ、神奈川県出身。女優として数多くの作品に出演。現在はドラマ『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日系・金曜23時15分〜)に出演中。6月21日(金)公開の劇場アニメ『きみと、波にのれたら』で声優として主演を務める。 『泣くな赤鬼』©2019「泣くな赤鬼」製作委員会 城南工業高校野球部の監督・小渕(堤真一)は"赤鬼先生"と呼ばれ恐れられていた。甲子園出場を目前にしながら夢に敗れ10年の月日がたったある日、かつての教え子・ゴルゴこと斎藤智之(柳楽優弥)と再会する。妻・雪乃(川栄李奈)と息子と幸せな家庭を築く立派な大人へと成長したゴルゴだったが、末期ガンで余命半年であることを知らされ……。 ●全国公開中撮影/山本雄生 ヘア&メイク/KOBA(PUNCH) スタイリスト/高野麻子 構成・原文/菊池美里 本誌編集部 web構成/篠有紀 web編成/ビーワークス
  • 憂鬱な梅雨がやってきました。雨の日を快適にハッピーに過ごせる素敵なアイテムをご紹介いたします!     天候を問わずに白が楽しめるスニーカー CONVERSE/ALL STAR 100 GORE-TEX MN OX/¥15,000+税 日本限定のオールスター生誕100周年記念モデルから、注目のゴアテックスファブリクスを搭載したオール白のローカットが新登場。防水透湿素材のゴアテックス+撥水キャンバスで、雨の日も白が楽しめます。天候を選ばず、いつでも快適に履くことができると、発売のたびに大きな話題を集めるシリーズなので、気になる方はお早めに。     筆頭トレンド・PVCバッグで定番カジュアルを今っぽくシフトさせて beautiful people/ビニールショルダーバッグ/¥12,000+税 発売以来爆発的にヒット中のビニールショルダーは、表面にフッ素加工が施された格子柄のテント素材を使い、光に当たっても黄ばまず長もち。半透明なので、中が丸見えにならないのも好評です。持ち手に使われたロゴ入りジャカードテープがクールなポイントに。タウンでもビーチでも!     永遠の名品スニーカーに防水透湿機能をプラス CONVERSE/JP GORE-TEX HI RH/¥15,000+税 ジャックパーセルとしても新鮮なハイカットパターンに、透湿防水素材の「GORE-TEX(R)」を搭載。アッパー、ヒールラベル、アウトソールを黒でまとめ、モダンな仕上がりに。高機能素材「GORETEX(R)」の証しであるタグ。これで雨の日もコンバースのスニーカーを楽しめる。     レペットの代表作であるバレエ靴「サンドリオン」 Repetto/CENDRILLON Baby/¥23,000+税 華奢でクラシカルな雰囲気はそのままに、雨の日も履けるビニール素材で仕上げたのが「サンドリオン・ベイビー」です。つややかなアッパーは、まるでパテントレザーのような高級感。また同色で統一されたアウトソールに施された滑り止めは、ブランドロゴをモチーフにした柄に。見えないところにまで愛らしさのある一足。フレンチシックなブラックとレッドの2色。ヒール1cm。     ゴアテックスを採用したオールスターなら雨の日もへっちゃら! CONVERSE/オールスター100 ゴアテックス OX/¥15,000+税 100周年記念モデル"オールスター100"のアッパーに防水透湿性に富んだゴアテックスを採用した、雨に強い進化系スニーカー。クッション性の高い高機能インソールを搭載し、足を入れた瞬間、包み込まれるような心地よさを堪能できます。長時間歩いても疲れにくいのが魅力。シューレースやアウトソールを生成りにアレンジした、レトロなルックスにも注目を。     欲しかったのは女性でも持ちやすいコンパクトできちんとした折り畳み傘 Bon Bon Store/晴雨兼用折畳み傘/¥14,000+税 LEE限定でネイビーとレッドの2色に。親骨50㎝、開くと全長57㎝。さす姿も美しい大きさと色にこだわりました。       細部にまでレザー見えにこだわった天然ゴム100%のデッキシューズ Traditional Weatherwear/ラバー製デッキシューズ/¥11,000+税 セミマットなツヤ感にサイドのシューレースのディテールなど、レザーのデッキシューズを忠実に再現したデザインが魅力。適度に厚みを持たせた、防水効果の高い天然ゴムのアッパーは見た目以上にしなやかで、足に心地よくフィット。横幅を抑えたスマートなシルエットなので、パンツはもちろん、フェミニンなスカートにも好バランス。ファッション性の高いレイングッズを得意とするブランドならではのワザが光ります。     雨の日のコーディネートをパッと華やかにしてくれるデザイン性の高さが◎ Traditional Weatherwear/傘 バンブーゴールド/¥13,000+税 ベーシックな必需品こそ、きちんと感がありこだわりのある定番品を持っておくとどんな時でも安心。ブランド定番の傘は、バンブーハンドルに高級感が漂うトラッドなデザイン。ゴールドのボタンやきれいな発色で、一目見て、“良いもの”と分かる、大人こそ手に入れたい名品です。       メイドインジャパンの気品を漂わせる雨傘 WAKAO/ロング雨傘/¥9,500+税 閉じたときのすらっと美しい佇まい、開いたときのシルクのような光沢の生地が女性らしさを印象づける雨傘です。ハンドルはほっそりとした曲げ木で、生地と同色に染められた極細糸で作るタッセルがあしらわれています。石突や露先、ハンドルのネック部分には、金色メッキのアクセントが。するっと入るほっそりカバーもついて、雨の日もスマートな装いが楽しめます。     欲しかったのは女性でも持ちやすいコンパクトできちんとした大人の傘! Bon Bon Store/晴雨兼用長傘/¥13,500+税 「大人として一本はきちんとした長傘を持っていたい」。スタッフ内でそんな気持ちが高まり、ボンボンストアにお願いしてできた傘です。木のハンドルの長傘は素敵だけど、少し長すぎて扱いにくいと思うことがあったので、目指したのは女性でも持ちやすい長さ。でも広げたときに雨をきちんとしのげる大きさであること。荷物が多いときに腕にかけられることを条件に作りました。結果、持ち手と石突きをコンパクトでバランスのよいものにすることで親骨は55㎝ながら(雨傘としては標準なサイズ)、全長を67㎝にできました。そのため少し飛び出るものの、エコバッグにも斜めにすると収められるサイズに。生地は晴雨兼用のもので、かすかに光沢のある深いグリーンをセレクト。楓のハンドルと石突きはダークブラウン色に仕上げてもらいました。シックで高見えする様子はどんな服にも合わせやすく、持ち歩きにもとっても便利。贈り物としてもおすすめです。   その他にもおしゃれな雨アイテムを取り揃えておりますので、是非ご覧ください!          
  • おしゃれに敏感なチームBAILAがこの夏に狙っているというリングを一挙公開! つけるだけで即おしゃれになれるので、うっかりシンプルになりがちな夏ファッションも最旬リングで盛り上げよう。SHIHARAのマットゴールドリング「マットだからなじみよし。幅もさまざまなのでスタイリングや気分に合わせて組み合わせたい」(スタイリスト 天水沙織さん)(上)¥95000・(中)¥58000・(下)¥42000/シハラ ラボ(シハラ)TOMWOODのキャンディリング「心が弾むようなカラーのキャッチーなリング。スクエアとオーバルを組み合わせても可愛い」(編集 やまみ)各¥53000/ステディ スタディ(トムウッド)THE LETTERINGのイニシャルリング「悩んだ結果、ゴールドをセレクト。小さいサイズを選んでピンキーリングとして使っています」(編集 ナベ嬢)「ボリュームのあるフォルムがたまらなく可愛い。手もとが軽くなる夏こそトライしたいリング」(スタイリスト 大平典子さん)「シルバーのMを購入ずみ。手もとがぐっと印象的になるので毎日欠かさずつけています」(スタイリスト 池田メグミさん)「存在感があるのに、手持ちのリングと合わせてもバランスがとりやすいのが魅力です」(編集 マフユ)「ゴツめなので一見難しそうですが、つけると指先にすっとなじんで上品なイメージに」(スタイリスト 石田 綾さん)(左・右)各¥68000・(中)¥85000/ショールーム セッション(ザ レタリング)ReFaireのボリュームリング「ぷっくりとふくらんだような丸いフォルムにほれぼれ。イエローゴールドは女らしさも欲張れます」(スタイリスト 池田メグミさん)¥28000/UTS PR(ルフェール)ARTIDA OUDの色石リング「カラフルな色石ときゃしゃな地金のコンビネーションが絶妙。大人っぽくて使いやすい」(編集 U)(上)¥24000・(下)¥27000/サザビーリーグ(アルティーダ ウード)Lana Swansのバナナリング「かなりボリューミーだけど、肌がちらりとのぞくので重たく見えません。私は人さし指に着用」(編集 ナベ嬢)¥24000/ススプレス(ラナスワンズ)eteの2連リング「ゆるやかなウェーブが指を細く長く見せてくれます。イヤカフにもなる頼もしい2wayデザイン」(編集 バタ子)¥12000/エテMAIDENのシルバーリング「プレーンな形ですが、今年らしい幅広のデザイン。表情のある手もとを演出してくれます」(スタイリスト 石田 綾さん)¥20000/MAIDEN撮影/魚地武大〈TENT〉 スタイリスト/石田 綾 取材・原文/野崎久実子 ※BAILA2019年7月号掲載
  • 雨の日は、外出先でぬれや汚れを気にする必要がないPVC素材にすると心強いんです。今年の新作PVCバッグは見た目の可愛さも申し分ないから、憂鬱な雨の日でも気分を上げてくれること間違いなし♪PVCバッグ雨に強いビニール素材。カラフルな小物を入れておしゃれにカスタマイズするのも楽しい。涼やかなルックスで夏のデイリーバッグにも最適。キャッチーなルックスのバッグを相棒に憂うつになりがちな雨の日も軽やかにころんとしたミニマムなたたずまいが愛らしいバケットバッグ。ゴールドのチェーンハンドルが、女らしさを約束。バッグ¥34000/ジャンニ キアリーニ表参道店(ジャンニ キアリーニ) ワンピース¥27000/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(ウィム ガゼット) ピアス¥10000・バングル¥12000/ケイト・スペード(ケイト・スペード ニューヨーク)クリア素材に映えるマルチストライプでプレイフルな可愛げをきかせてハッピーな気分を誘うカラフルなハンドルで、大人なデニムスタイルに遊び心のアクセントを添えて。見られたくない貴重品などは、付属のスクエアポーチにインして。バッグ¥33000/ケイト・スペード(ケイト・スペード ニューヨーク) ジャケット¥11000/ミラ オーウェン ルミネ新宿2店(ミラ オーウェン) Tシャツ¥9900/アーバンリサーチ ロッソ グランフロント大阪店(エイトン) パンツ¥16000/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) リング¥19000/パリゴ 丸の内店(メゾン バイオレット) 靴¥24000/フラッパーズ(カルツァイウオーリ・フィオレンティーニ)スニーカーやシャカシャカアウターとともに、きれいめワンピの“ハズし役”として。ハンドルと中のポーチは上品なエンボス加工で、通勤バッグとしても活躍しそう。バッグ(ポーチつき)¥7500/ステラハリウッド(ステラハリウッド) 手に持ったジャケット¥59000/エッセン.ロートレアモン ワンピース¥13000/スローブ イエナ 自由が丘店(スローブ イエナ) 靴(3)¥6935/ベルシュカ・ジャパン(ベルシュカ)撮影/藤原 宏〈Pygmy Company〉 ヘア&メイク/川添カユミ〈ilumini. 〉 スタイリスト/吉村友希 モデル/比留川游 取材・原文/道端舞子 ※BAILA2019年7月号掲載
  • スニーカーが大人気な今年。 ハイテク、カラフル、派手、クラシック…と悩む中…シンプルイズベストなオールホワイトに至りました。adidas スタンスミス のオールホワイトのベルクロにしてみました。10年以上ずーっと adidas スタンスミスを愛用してますが…今年は初めてのベルクロタイプにしてみました。 足の固定感抜群です!自他共に認める"超絶不器用"な私。 紐タイプだと、しょっちゅう縦結びになったり…(^^;) 悩ましかったわけで… だもんで、ベルクロには以前から憧れていましたが… ようやく手を出せました(^ ^) 早速履いててみると… おろしたてなのもあって、 着脱はまだ慣れないものの… 歩いてる時の固定感たるや感動モノですね。 そして、紐が解ける心配からも解放♡ ロングスカートなども、オールホワイトだからシンプルで合わせやすくて、 コーデの時短になります。 ロングヒラヒラモノはマジックテープが引っかかっる要注意点もありですが… とにかく不器用さんに嬉しいスニーカー♬ ひさびさにコレクション癖が起こりそうϵ( 'Θ' )϶ロングスカートにも合う♡ adidas スタンスミスオールホワイトのベルクロです美女組No.98ayaのブログ
関連キーワード

RECOMMEND