先行発売アイテムも! 3.1 フィリップ リムが伊勢丹新宿店でポップアップストアを開催中

SPUR.JP

3.1 フィリップ リムが201964日(火)まで伊勢丹新宿店本館3階=インターナショナルデザイナーズ・イーストにて店舗拡大し、ポップアップストアを開催中だ。この拡大スペースでは、スペシャルプロダクトを先行発売。

価格入りますか?/3.1 フィリップ リム ジャパン(左)イヤリング ¥30,000、ドレス(参考色)¥118,000・(右)ドレス¥88,000/3.1 フィリップ リム ジャパン

2019年サマーコレクションからは13型を展開中。ドレスやオフショルダーのトップスなど夏に向けた軽やかなアイテムは日常から旅行先まで、どんなシーンにも寄り添ってくれそう。

価格入りますか?/3.1 フィリップ リム ジャパントップス ¥41,000/3.1 フィリップ リム ジャパン

また、2019年スプリングのジュエリーコレクションも先行発売をスタート。3型からなるこのコレクションは、2019年スプリングコレクションのコンセプトをもとに、1960年代のレトロフューチャーな要素を融合。洗練されたシェイプに、モロッコのベルベル人から着想を得たエッセンスをプラスし、ゴールドバーメイルとシルバーバーメイル素材で仕上げられている。今だけの豊富なセレクションを堪能して。

価格入りますか?/3.1 フィリップ リム ジャパン(左)ドレス ¥87,000・(右)ドレス ¥87,000/3.1 フィリップ リム ジャパン

【3.1 フィリップ リム ポップアップストア概要】
会場:伊勢丹新宿店本館3階=インターナショナルデザイナーズ・イースト
住所:東京都新宿区新宿3-14-1
営業時間:10:3020:00

3.1 フィリップ リム ジャパン
https://www.31philliplim.com
03-6433-5011

text: Fuyuko Tsuji  

関連記事
  • 憧れブランドの靴。いつか買うなら増税前の"今"かもしれない素敵な靴をはいた時の、背筋が伸びるようなあのトキメキは、女子なら誰もがわかるはず。それが憧れブランドの名品なら……想像するだけでも気持ちが上がっちゃう!! ショーウィンドウのガラス越しに眺めていたあの靴を、増税前の今、自分の運命の一足にしてみない?スタイリスト&ライターがレコメンド!4つの憧れブランドChristian Louboutin クリスチャン ルブタン(右奥)乙女の憧れシューズといえばこちら。ブレーンなパンプスからも感じる、とびきりフェミニンなムードがブランドならでは。合わせやすく活躍しそうなピンクベージュでデビューしてみて。(8.5)¥81000/クリスチャン ルブタン ジャパン(クリスチャン ルブタン)「25歳頃素敵なヒール靴に憧れて買いました。今は基本スニーカー派なのですが、この一足だけは特別な時用に残しています」(ライター・鈴木絵美さん)MANOLO BLAHNIK マノロ ブラニク(手前)美しさに加え、ヒール靴なのに走れるほどの安定感を誇り、働く女性からのラブコールが絶えない。モア世代がリアルに使える名品として手にするにも、早すぎることはないはず。カラースエードで華やかに。(5)¥99000/ブルーベル・ジャパン(マノロ ブラニク)「はいた瞬間、それまでより脚が美しく見える魔法のヒール靴。そのうえ歩きやすさも抜群。できるだけ早く出合ってほしいです」(スタイリスト・石田 綾さん)JIMMY CHOO ジミー チュウ(左)アジア系のクリエイティブ・ディレクターが手がけるブランドは、日本人の足に木型が合うことでも人気。定番のブラックカラーにバックストラップを合わせた一足はハンサムな印象で、ヒール靴だけど媚びない姿勢がとても現代的。(6)¥76000/JIMMY CHOO「20代後半でプレーンな黒の10㎝ヒールを購入。特別な日にはく、頑張って買った靴はシンデレラ気分にさせてくれます」(スタイリスト・石上美津江さん)GUCCI グッチ1950年代に登場以来、時代と共に進化を繰り返すオールタイムべストな一足。ローファーというアイテムだけあって、デイリーにはけるところも、20代のうちに投資すべき品として名前が挙がる理由。そして、もはや似合わないスタイルを探すのが困難なほど、どんな服にもはまるので、手に入れた日から数えきれないくらい出番が訪れること間違いなし。[モデル]靴「ホースビット ローファー」(1)¥98000・シャツ¥270000・パンツ¥165000・帽子¥34000・イヤリング¥45000・ネックレス¥60000・リング¥50000/グッチ ジャパン(グッチ)[靴](右)ヴィンテージのニュアンスがこなれた雰囲気のブラウン。「ホースビット ローファー」(1)¥98000・(左)キャンバス地なら、より軽やかに。「ホースビット ローファー」(1)¥98000/グッチ ジャパン(グッチ)「ハイブランドの靴を手にした時の“上がる”気持ちをモア世代にも経験してほしいです。特に『グッチ』のローファーは永遠の名品と呼ぶにふさわしい靴。カジュアルからきちんとまで合わせられる心強い靴は、いつかではなく少しでも早く手に入れ、メンテナンスしながら長くはき続けてほしいです」(スタイリスト・松野裕子さん) ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/上澤友香 ヘア&メイク/秋鹿裕子(W) モデル/飯豊まりえ スタイリスト/辻村真理 撮影協力/TITLES UTUWA ●本文中( )内の数字はバッグおよび小物のサイズ(縦×横×マチ)、または靴のヒールの高さで、単位は㎝です
  • 『コンバース』の直営店『ホワイトアトリエ バイ コンバース』が、期間限定ポップアップストアを横浜、大阪、京都、福岡にオープンします! さらに、吉祥寺店ではワークショップマルシェを開催しますよ☆7月〜11月にかけて『ホワイトアトリエ』が全国を巡る☆ポップアップストアでは、原宿店と吉祥寺店でしか購入できないオールホワイトキャンバスの「ALL STAR COLORS R HI」(左上 ¥7000)と、「ALL STAR COLORS R OX」(左下 ¥7000)を展開。もちろん、その場で好きなデザインをプリントできちゃいます! オリジナルシューレースなども販売しているので、自分好みにカスタムしてみて。 『ホワイトアトリエ バイ コンバース』ポップアップストア◆神奈川県横浜市西区南幸2-15-13 横浜ビブレ1階7/17(水)〜7/31(水)11:00〜21:00◆大阪市北区梅田3-1-3 ルクアイーレ2階9/11(水)〜9/24(火)10:00〜21:00◆京都府京都市下京区貞安前之町605 藤井大丸2階10/1(火)〜10/15(火)10:30〜20:00◆福岡県福岡市博多区博多駅中央街9-1 KITTE博多 博多マルイ1階11/15(金)〜11/29(金)10:00〜21:00詳細はこちら 吉祥寺店では「ワークショップマルシェ」を開催☆そして吉祥寺店では、大人も子どもも楽しめる「ワークショップマルシェ」を開催! 7/20(土)、8/3(土)、8/4(日)、8/24(土)の4日間なのですが、開催日ごとに体験できるワークショップが違うんです。キャンピングカーで日本中の畑を旅してまわり、旅先で出会った野菜とそこに宿るストーリーを全国に届けている『青果ミコト屋』は、自転車をこいで作るかき氷を提供! ほかにもステンシルアーティスト・守矢努さんがデザインしたステンシル版でシューズにステンシルができたり、似顔絵の自動販売機「人力顔面絵描販売機」が設置されたり、旅するおむすびや『むすんでひらいて』が登場したり……とにかく盛りだくさん! きっと「これ楽しそう!」と思うワークショップに出合えるはず♡ 「ワークショップマルシェ」◆東京都武蔵野市吉祥寺本町 2-15-4 プライムアーバン吉祥寺 1階 ホワイトアトリエ吉祥寺店7/20(土)11:00〜17:008/3(土)19:00〜21:008/4(日)19:00〜21:008/24(土)11:00〜19:00詳細はこちら
  • 縦長ノースリーブ 肩から真っすぐに入る切り替えで、スリムな肩幅&すらりとした二の腕に。 ニットのIラインを、×サスペでさらに強調♡ ニットのIラインを生かして、サスペつきパンツでバランスUP。ウエストがキュッとしているから、ワイドパンツ&厚底スポサンでメリハリを。 ニット¥3900/UNRELISH サスペンダーパンツ¥12000/ココ ディール イヤリング¥1800/ゴールディ バッグ¥4500/ニコロン 渋谷109 サンダル¥10800/バロックジャパンリミテッド(MOUSSY)●細見えポイント● 肩から脇にかけて垂直に入るラインは、タイトなサイズ感があってこそ。腕が引き締まって見えるだけでなく、肩のラインも美しく! あきすぎず高すぎず、ちょうどよく詰まったネックが縦長ラインの決め手。首から肩にかけたラインもシャープに仕上げてくれる。 \他にもあるよ/目の詰まったニット素材は、それだけで上半身を引き締めて見せる効果が。あえての夏にレンガ色を着て、おしゃれ感度を上昇させて。黒のチノスカートで締め&ドレスダウン。 ニット¥6900/ヒロタ(31 Sons de mode) スカート(サスペンダーつき)¥2990/WEGOひらひらとしたメロウの衿が、レディな印象&首筋をすっきりと。太めのリブニットとプリーツスカートの縦ライン同士の組み合わせが、全身をすらっと見せるのにひと役。 ニット¥1500/エムズエキサイト スカート¥5900/Roomy’s イヤリング¥6500/アビステモデル/西野七瀬 貴島明日香 撮影/東京祐(tokyojork・モデル) 齊藤晴香(物) ヘア&メイク/白水真佑子 スタイリスト/立石和代 構成・原文/梅田恵里 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス
  • 可愛げのあるドット柄はシックな黒で、きれいめに仕上げるのが正解!湿度が高い日はなるべく身体に貼りつかないようなパンツが心地よいもの。ブラウンのノースリーブニットはすっきりきれい見えするから、たとえ打合せ中にジャケットを脱いだとしても、清潔感はそのままキープ。そして、下半身がじっとり汗をかいたとしてもウォッシャブルパンツなので、家でザブザブ洗えてすっきりできるのが嬉しい。パンツ¥18,000/ミラク(ソーノ) ニット¥24,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) ジャケット¥50,000/ウエスト(ブルーバード ブルバード) サングラス¥48,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) イヤリング¥17,000/エンフォルド(エンフォルド) バッグ¥13,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ) 靴¥75,000/ゲストリスト(ハウント代官山/ニナリッチ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼パンツコーデの関連記事もチェック
  • 1週間の「明日なに着てく?」をまとめてお届け!【7月12日(金)〜7月18日(木)のコーデ】 7月12日(金)のコーデ デコルテがきれいに見える上に腰高印象になるのがうれしいカシュクールブラウスにネイビーのスカートを合わせて知的に。足もとはレッドのきれいめサンダルで、甘すぎない可愛げをプラスして。 7月13日(土)のコーデ  デニムとTシャツのネイビーのワントーンに、太陽の下が似合うレモン色をきかせて夏の休日スタイル。カジュアルなデニムも、ネービーでまとめれば大人っぽい印象に。今っぽいサンダルやバッグで、旬な味付けも。 7月14日(日)のコーデ 休日のお出かけには、着心地のいいポロシャツとシフォンスカート、それに動けるスニーカーがぴったり。今旬ベージュはネイビーアイテムと合わせやすく、抜け感があっておしゃれに見えるのがうれしい。 7月15日(月)のコーデ 知的なネイビーも透け感デザインときれい色スカートを合わせればドレッシーな雰囲気に。足もとは締め色パンプスで、美スタイルに仕上げて。ヌーディーカラーのバッグは、今季らしさを上げてくれる上に抜け感も。 7月16日(火) シンプルなTシャツをきれいな印象で受け止めてくれるネイビーパンツは、通勤コーデの心強い味方! スカーフと揺れるイヤリングで、顔まわりに華やかさをプラスしたら、シューズはピンクのサンダルで可愛げを足すのも忘れずに。 7月17日(水)のコーデ コットンツイルのジャケットはしなやかで軽やか。盛夏でも涼しく快適に過ごせるうれしいアイテム。ボトムのスカートは青みのあるピンクだから、ネイビーとの組み合わせも浮かずに馴染む。インはベージュで好感度高く。 7月18日(木)のコーデ 知的なネイビーならTシャツ通勤もエレガント。コンパクトなシルエットは女らしさを見せつつアクティブな印象もあってミーティングにもぴったり。シックで今っぽいブラウンとの配色で差をつけたい。 撮影/倉本ゴリ〈Pygmy Company〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/河嶋 希〈io〉 スタイリスト/石田 綾、小松嘉章 モデル/絵美里、池上幸平、遠藤史也(メンズノンノモデル) 取材/久保田梓美 WEB構成/衛藤理絵
  • ▶▶基本のウォニョンバングはコチラIZ*ONEの二人に前髪のこだわりを直撃! 可愛さのカギを握るスタイリングテクからイメチェンできるアレンジ技まで、"머리(ヘア)"の秘密を徹底研究しました♡ワンピース¥15800/FUMOTO(RUBY AND YOU) イヤリング¥4862/アビステ# エギョモリ生かしのねじりアレンジ こめかみの"エギョモリ"をくるんとカールさせてポイントに! 甘いムードを盛り上げて♡- HOW TO -1 こめかみの短い髪を残しながら、6:4の分け目に近い、生え際の髪を薄く取り、ねじってピンで留める。 2 32mmのヘアアイロンを使い、こめかみ部分の髪を毛先から軽く内向きにワンカールさせ、サイドに流す。 profile ●チャン・ウォニョン 2004年8月31日生まれ 『La Vie en Rose』『好きと言わせたい』『Violeta』でセンターを務めた。モデル/チャン・ウォニョン(IZ*ONE) 撮影/熊木優(io) ヘア&メイク/吉﨑沙世子(io) スタイリスト/松尾正美 取材・原文/宮平なつき web構成/轟木愛美 web編成/レ・キャトル
  • シャツ¥2990/イーハイフンワールドギャラリー ルミネエスト新宿 スカート¥7900/SPIRALGIRL イヤリング¥2917/アビステ バッグ¥3300/MEW’S REFINED CLOTHES スニーカー¥7500/VANS JAPANシンプルになりがちな夏のモノトーンは柄を投入して変化を! ギンガムチェックのシャツなら可愛げもほんのりあって、クールな着こなしに今季らしいアクセントをプラス。開襟シャツで小顔、タイトなロングスカートで下半身の引き締めと、スタイルアップも。モデル/馬場ふみか 撮影/柴田フミコ ヘア&メイク/牧田健史 スタイリスト/松尾正美 文/鈴木絵都子   ※上記のキャプションはWEBオリジナルのもので、本誌とは異なります。明日のコーデに迷ったら… \non-noお天気コーデをチェック/ ▶タイトスカートコーデ記事一覧はコチラ
  • まだまだ梅雨があけそうにないムードでイヤになっちゃいますよね。暑くないのは良いのですが湿気が苦手な私は、先日の三連休も家にこもりっぱなしでした。が、このまま何もしていない三連休はまずい!と急に思い立ちまして最終日に国立新美術館で開催中の『ウィーン・モダン』展へ行ってきました。これがあまりに良かったので、ちょっと語らせてください。 クリムトとエゴン・シーレというオーストリアの2大画家の作品がやってくる、というざっくりした情報のまま会場を訪れたのですが(つまり予習ゼロ状態)、着くなりポスターを見て思い出しました。クリムトのパートナーでミューズであるエミーリエ・フレーゲに憧れて写真集まで持っていたことを! で、「エミーリエの肖像画も来てたんだ!」と急にテンションがあがったのですが、この展覧会で素晴らしかったのは、デザイナーだった彼女が作ったドレスの再現や、彼女が身に着けた装飾品の展示もあったこと。数年前のヴァレンティノのコレクションでインスピレーションソースになったこともあったほど素敵な女性であるエミーリエ。クリムトのおまけとしての紹介ではなく、彼女にもスポットが当たっていたのはとてもうれしいことでした。(写真は、会場で撮影OKだったクリムトによるエミーリエの肖像) そのほかにも会場では、有名な女帝マリア・テレジアの肖像画(マリー・アントワネットの母親で、ベルばら好きなら「お母様!」と呼びかけたくなります)、ウィーンの世紀末芸術に関わった人々が作り上げた都市計画や当時のモダンなインテリア、ポスターなども一緒に展示されていて、クラシックな絵画ファンだけでなく、デザイン、ファッション好きが楽しめる展示が多数。一般的な絵画展だと思ってやってくると良い意味で裏切られます。また、絵画に描かれている18~19世紀のファッションて、今のスタイルの参考にもすごくなる。シューベルトのスカーフの巻き方なんて、今やったら相当おしゃれなんじゃないかとまじまじと肖像画を見てしまいました。そしてこの展覧会の目玉のひとつであるエゴン・シーレの素描がまた良いんですよ。どうやったらこんな線が描けるんだろう、とじっと見つめてしまい、展覧会の出口間際でもう一度見たくなって引き返してしまったほど。 最後のおススメは、俳優の城田優さんがナレーションをしている音声ガイドを借りることです。歴史的背景だけでなく、ナレーションなしでウィンナーワルツを聴けるボタンもあって、うっとりウィーンの気分が高まります。東京での会期は8月5日までで、大阪展も今後開催されますので、夏のお出かけにいかかがでしょうか?
関連キーワード

RECOMMEND