【美容天竺放談】大人の肌に綺麗の魔法をかける。アンプリチュードの開発秘話に迫る!

SPUR.JP

IGARASHI(以下G) 今回は、この連載初のゲストをお招きしました。
YOKOMIZO(以下Y)  我々が愛してやまないアンプリチュードのオフィシャル メイクアップアーティスト、塚本拓也さんです!
TSUKAMOTO(以下T)  おはようございます。

(左)クリアカバー リキッドベース 30ml ¥7,500 ・(右)ロングラスティング リキッドファンデーション 10 SPF22/PA ++ 30ml 各¥9,000/アンプリチュード

G アンプリチュードの下地とファンデーションがあまりに素晴らしいので、ぜひ開発秘話をおうかがいしたかったんです。
Y このベースメイクアイテムがデビューしたとき、好きすぎて、信じられないスピードで使いきってたよね?
G 多分、日本で最初に使いきったのは私だと思います(笑)。先日ファッション撮影をした時、ある女優さんの肌が、光を放っているかのように美しくて。その時に使用されていたファンデーションも、アンプリチュードだったんです。

簡単すぎて、メイクの腕がに鈍りそう!?

ロングラスティング リキッドファンデーション 全10色 SPF22/PA++ 30ml ¥9,000/アンプリチュード

Y このファンデーションが大人の肌を美しく見せる秘密は何ですか?
T 一番のポイントは、熟成です。
G 熟成ですか?
T はい。粉やオイルなどの原料を混ぜ合わせてから、1週間〜10日ほど寝かせるんです。
Y 通常は、寝かせるという工程はないんですか?
T ここまで時間をかけることはしないと思います。普通はカバー力を高めようとすると粉っぽくなってしまうのですが、熟成させることで、表面に粉が浮いてこない仕上がりを実現できました。
G だから、カバー力があるのに、厚塗りにならないんですね。
T 大変だったのは、同じ熟成期間でも、色によって出来上がりに差が出てしまうこと。全て同じ質感になるように、色ごとに熟成期間を変えているんですよ。

ファンデーションブラシ N ¥5,500/アンプリチュード

G 粉体の大きさにもこだわられたとうかがいました。
T カバー力に影響するパウダーが入っているのですが、その粒子の大きさを揃えることで、肌にピタッとフィットするようになっています。
Y だから、ブラシでさっと塗ってもスジスジにならず、均一に肌に馴染むんですね。
T そうなんです、あまりに簡単に綺麗に仕上がるので、僕もびっくりしました。テクニックがいらないので、これを使い始めてからファンデーションを塗るのが下手になったかもしれません(笑)。
G このファンデーションが完成するまでにどれくらいの時間がかかりましたか?
T クリエイティブ ディレクターのRUMIKOが「こういうものを作りたい」と思い始めたのは、もう何年も前ですね。それから何度か試みて、実現できなかったんです。再チャレンジして、実際にこの製品にとりかかってからは1年半くらいでしょうか。通常の倍は時間をかけていますね。ローンチのギリギリまで思い通りのものができなくて、デビューを遅らせようかという話まで出ていたんですよ。
Y ドキドキですね。でも、製品からその情熱が伝わってきます!

クリアカバー リキッドベース 30ml ¥7,500/アンプリチュード

G 私、実は下地が一番好きなんです。パールが入っていないのに、肌がツヤっと美しく見えますよね。
T その人が持っている肌の美しさを底上げしたいから、パールでごまかすことはしないんです。その代わり、うっすら乳白色の中に、ちょっとしたニュアンスを入れています。
Y ほぼノーカラーで、すごくカバー力があるわけではないのに、肌の凹凸を隠しながら、綺麗に見せてくれますね。

編集Gが絶賛!透き通るような肌作りのカギを握るのが、この乳白色のリキッドベース

G 製品はどのような手順で作られるんですか?
T RUMIKOの構想を、研究所の方と弊社の開発担当が形にしていく感じです。出来上がった試作品をRUMIKOと私のふたりで試して。毎日それの繰り返しです。
Y わぁ、大変そう。でも楽しそう!
T 一番すごいのは、RUMIKOのアイデアを形にしてくれる研究者の方々です。単純にいい色や質感を作るというだけでなく、最後まで一緒にやろう!という気持ちで向き合ってくださるので、本当にありがたいです!
G 研究者にもアーティスティックな感性が求められるということですもんね。

夏の新色は透ける質感がポイント

コンスピキュアス クリームアイズ 左から、04ブルー、01ゴールド、03グレー 各¥4,000(5月29日より数量限定発売)/アンプリチュード

Y ポイントメイクアップは、思ったよりカラフルで驚きました。
G 夏の新色も鮮やかですね。
T 重視したのは「透け感」です。試作段階では、ダスティな色もあったんですよ。でも、肌が透けるような質感で綺麗に見えるのは、鮮やかな色だったんです。
Y 色より先に「透け感」ありきだったんですね? 
T はい。ベースアイテムとは逆に、チークもリップグロスもネイルも、パールや質感をいかした作りになっています。なので、鮮やかな色でも使いやすいですよ。

透け感のあるクリームタイプ。ネットのカバーとブラシがついていて、手を汚さずに適量をつけられる。なんてユーザーフレンドリー!

G どれもパール入りなのに、ギラついたりせず、とても上品。さすがです。 
Y アイシャドウはクリームなのに感触シルキーで、仕上がりはパウダリー。大人のまぶたへの優しさに溢れてる! 特にオススメのカラーはありますか?
T アイシャドウのメインカラーは01ゴールド、04ブルー。最近のRUMIKOのお気に入りは03ほんのり青みがかったグレーです。

サブライムリップグロス N 左から、02オレンジ、06シルバー 各¥3,300 (5月29日より数量限定発売)/アンプリチュード

T リップグロスは06シルバーが綺麗です。
G これもキラキラなのに、下品じゃない!
T 透き通るような仕上がりで、ほとんど色はつかないのに、唇の色を美しく整えます。
Y 02オレンジもヘルシーで夏らしいですね。

コンスピキュアス ネイルカラー 14シルバー ¥3,500 (5月29日発売)/アンプリチュード
コンスピキュアス クリームチークス 左から、05ゴールド、02コーラルピンク 各 ¥4,000(5月29日発売)/アンプリチュード

Y クリームチークにも驚きました。肌の上でクリームからパウダーに変化するタイプはよくあるけれど、この質感の素晴らしさは、神がかっていると言っても過言ではない! 
G ホントだ! 変化が早くて、ベースもヨレにくい。それに見た目通りの発色で、頬にのせてもくすまないですね。
T ピュアな色も、アンプリチュードのこだわりです。
Y 05ゴールドは夏の肌をカッコよく見せてくれそう。
G 02コーラルピンクはRUMIKOさんが作る、可愛くてスタイリッシュなメイクのイメージ。

大人の肌からも浮かない、「透き通る感」が絶妙

G RUMIKOさんがクリームチークを使われるときはどんなふうに?
T 頬骨の高い位置を中心に丸く入れるんですが、RUMIKOの場合は、色の一番濃い部分が中心より少し下なんです。
Y なるほど! 形はベーシックでも、濃淡のバランスが絶妙に違うんですね!?
G だからピュアなのにどこかカッコよくて、少女ぶっている印象にならないのね!
Y これは大人には嬉しいアドバイス。

アイラッシュカーラー(替えゴム1個付き)¥2,000/アンプリチュード

T 最近はアイラッシュカーラーも人気です。これだけ試しに、お店にきてくださる若い子も多いんですよ。
G 軸が太くて、挟みやすい。カーブもちょうどいいですね。
Y ホントだ。力を入れなくてもまつ毛がクッと綺麗に上がります。
T これは正直、利益を無視したサービスアイテムです(笑)。
G これをきっかけに、若いファンも増えそうですね。
Y 次の新製品も楽しみにしています!

-ゲストプロフィール-
塚本拓也さん●Amplitude オフィシャル メイクアップアーティスト

化粧品イベントやセミナーに携わりながら、雑誌の撮影や、有名ファッションブランドのショーでも活躍。国内はもちろん、海外のイベントにも参加している。ヘアメイク事務所、メイクアップブランドでのキャリアを経て、現在のAmplitude オフィシャル メイクアップアーティストとなる。

text:Naoko Yokomizo

エディターIGARASHI

SPUR編集長。おしゃれスナップ、モデル連載コラム、美容専門誌などを経て現職。趣味は相撲観戦、SPURおやつ部員。

エディターYOKOMIZO

ビューティエディター。バレエとサーフィンと南国が好きです。紫外線と上手に付き合うことが永遠の課題。

>>髙橋大輔選手をうるおすもの

>>おかえり、チーク

関連記事
  • グレーとホワイトで涼しげにまとめてきれいめな着こなしに※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます体のラインを拾わないビッグシルエットのスウェットをオフィス仕立てにするには、スウェットの裾を少しだけウエストインして、ふわっとおなかにかぶせるようにするだけの垢抜けテクニック。さらに色のトーンを白&グレーでシンプルにまとめ、パールとポインテッドトゥのパンプスを合わせることで、カジュアルになりがちな着こなしがほんのりコンサバに寄せて。カットソー¥18,000/ウィム ガゼット青山店(ゲミニー) スカート¥33,000/ebure ストール¥27,000/リンク・セオリー・ジャパン(ファリエロ サルティ/セオリーリュクス) ネックレス¥19,000/SANYO SHOKAI カスタマーサポート(マッキントッシュ ロンドン) バッグ¥43,000/アオイ(ティラ マーチ) 靴¥38,000/ザ・グランドインク(ロランス)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/福田亜矢子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼ファッションまとめ記事もチェック
  • 夏に着たくなるノースリーブは、全体のシルエットや素材感、アームホールのあき具合など大人の体型をきれいに見せることに細部までこだわったJマダムに人気のブランドなら、雰囲気出しがかなうとともにその華奢見え効果にきっと驚くはず! 体のラインを拾わない素材や柄の選び方など、参考になること間違いなし。1.オケージョンもOKな華やかさなら 「VERMEIL par iena」しっとりとした肌ざわりのとろみ素材を使用。全体にたっぷり施したドレープが動くたびにドラマチックな雰囲気を演出。グログランリボンによる付属のベルトを軽く巻くことで脚長効果も発揮。ちょっとしたドレスアップシーンでも重宝する。ワンピース(ベルトつき)¥20,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ)2.トラッドを今どきに再構築する 「Scye」きめが細かくさらりとした肌ざわりのカットソーは、肉厚感があるので体のラインを拾わず、まっすぐなシルエットでクリーンな印象に。一枚ではもちろん、レギンスに重ねた着こなしも今年らしく、白でも透けにくいからデイリーに活躍。足首が見えるロング丈は誰もが着やすい絶妙丈。ワンピース¥25,000/マスターピースショールーム(サイ)3.リュクスで女らしいたたずまいを演出する 「HYALINES」ニュアンスのあるピンクベージュが美しい、ツヤのある上質なシルクを使用したワンピースは、たっぷりのギャザーがつくり出す柔らかな表情が魅力。二の腕がすっきり見えるアームホールや、ウエストコンシャスなメリハリのあるシルエットなど、抜群の華やかさと着映え力を発揮。ワンピース¥75,000/ストラスブルゴ(ハイアリン)他の画像を見るeclat6月号掲載 撮影/西崎博哉(MOUSTACHE/モデル) 坂根綾子(物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/ゆうき 取材・文/坪田あさみ 撮影協力/アンダーズ 東京
  • クラランスから、砂漠にインスピレーションを受けたサマー限定のメイクコレクションが登場。太陽に照らされた暖かさ、トライバルプリント、まばゆい輝きを表現したエキゾチックなラインナップが揃い、誰でも簡単にインパクトアイをかなえることができる。クラランス モノアイシャドウ(左から)S 03、S 05、S 04 各¥2,800(2019年5月24日限定発売)なめらかに肌に伸びるクリームタイプのアイシャドウ。まぶたに吸い付くようにフィットするためヨレにも強く、均一な高発色が長時間持続。質感はベルベットのような柔らかさのあるタイプと、サテンのようなツヤタイプの2種類。濃度の高いカラーは、大胆にまぶたに纏ってモードに仕上げるもよし、ライン使いでさりげなくセンスをアピールするもよし。自由な発想でメイクを楽しんで。クラランス モノアイシャドウ(左から)SP 103、SP 101、SP 102 各¥2,800(2019年5月24日限定発売)輝きの強いラメをふんだんに閉じ込めたパウダー状アイシャドウ。指でさらっとひと塗りするだけで、きらめく光彩を与えてまぶたの立体感を強調し、単色使いでも鮮烈な目力を与えることができる。また、ロングラスティング処方で発色もきらめきも濁り知らず。日中の塗り直しが不要で、1日中メリハリのある目元をキープできる。色はブルー、ゴールド、ピーチの限定3色。クラランス アイライナーペンシル(左から)WP 01、WP 02、WP 07 各¥2,500(2019年5月24日一部限定発売)目元の表情を操るカラフルなアイライナーペンシル。リキッドペンの正確さとペンシルの描きやすさを兼ね備え、ストレスフリーな使用感を実現。耐久性にも優れており、メイクを落とす瞬間まで仕上がりをキープしてくれる。また、先端には描いたラインを自然にぼかすブレンダーと、削れるシャープナーがセットされた親切な仕様に。スモーキーな色合いから鮮やかなブルーまで全7色。 クラランス ワンダーパーフェクト マスカラ 4D 01 ¥3,600(2019年5月24日発売)ひと塗りで長さ・ボリューム・カール・高発色を満たし、どこから見ても美しいまつげを実現するハイスペックマスカラ。自然由来のローズワックスがまつげをフィルムのようにコーティングし、ダメージを予防。さらにまつげそのものをケアするトリートメント効果を備えているから、使う程に仕上がりのクオリティ向上にも期待できる。ソフトなファイバーを使用したブラシは、まぶたへの肌あたりもマイルドで穏やかな塗布を実現。クラランス  ブロンズ コンパクト 01 ¥4,400(2019年5月24日限定発売)肌にシマーな輝きと明るさを与え、太陽の日差しを浴びたようなヘルシースキンを演出するブロンズ系フェイスカラー。スキンケア効果のあるパウダーを使用することで、日中の乾燥から肌を守りフレッシュな印象をキープ。砂漠や夏の太陽からインスパイアされたエキゾチックなデザインで、メイクのモチベーションもUP! 血色感のあるメリハリフェイスをかなえるなら01、日に焼けた健康的な仕上げたいなら02を。クラランス ウォーターリップ ステイン 7ml 05 ¥3,000(2019年5月24日限定発売)2018年に限定発売し完売した「ウォーターリップ ステイン」に輝くグリッターが加わり登場。鮮やかなカラーが1日中持続するタフさで、食事してもキスしても塗りたての発色感をキープ。柔軟効果&保湿効果のある植物成分をリッチに配合することで、強度と唇への優しさの両立をかなえている。顔立ちをはっきりと引き立たせるローズ05とヴァイオレット07。クラランス コンフォート リップオイル 08 ¥3,200(2019年5月24日発売)昨年スマッシュヒットを飛ばした「コンフォート リップオイル」の人気色が定番化&新色が登場! 支持を集めた理由は、弾力感とツヤ感たっぷりのフレッシュな仕上がり。乾燥、縦ジワ、皮むけなど、唇の悩みに効果的なヘーゼルナッツオイルをはじめ、高いトリートメント効果をもつ植物由来成分を配合。唇を手厚くケアしながら、クリアな発色で自然に健康的な仕上がりをサポート。新たに加わる08ブラックベリーは、フレッシュかつ深みのある絶妙な風合いが個性を引き出す。クラランスhttp://www.clarins.com03-3470-8545 text:Saori Nozawa >>ビューティニュースまとめ ⇩全夏新色はここからチェック!
  • ニット¥3900/dazzlin デニム¥12000/リー・ジャパン イヤリング¥1300/お世話や(Osewaya) バッグ¥4900/アンビリオン(カシュ カシュ) パンプス¥20000/サン・トロペ(セヴン・トゥエルヴ・サーティ)カジュアルアイテムの代表格デニムだって、背中見せやピタめが女らしいトップスを合わせればグッと色っぽくイメチェンできちゃう。もちろん足元はヒールで大人っぽさを盛り上げて。ボーダー×デニムの定番マリンも、ぐっと大人っぽいスタイルに!モデル/江野沢愛美 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) ヘア&メイク/菅長ふみ(Lila) スタイリスト/松尾正美 文/鈴木絵都子 ※上記のキャプションはWEBオリジナルのもので、本誌とは異なります。明日のコーデに迷ったら… \non-noお天気コーデをチェック/ ▶ボーダートップスコーデ記事一覧はコチラ
  • ふと気づけば、花も草木も太陽も、キラキラと輝く季節がやって来た。そんな暖かな春をふわりと飛び越えて、ひと足先に 初夏のフレーバーが香るメイクを、優愛と一緒に楽しんでみない? 憂鬱な梅雨の時期だって、毎日がきっとハッピーになる♡これ、メイクで冒険してる気がしてワクワクする。 ジューシーでヴィヴィッドなオレンジリップも「よしっ、夏を全力で楽しむぞ!」って気持ちをオープンにしてくれそうだよね。さりげなくアクセントできかせる夏色、プライベートでも挑戦したくなっちゃった♪優愛のアーリーサマーメイク完璧レシピ 夏トレンドを先取りした優愛の初夏メイク、どれが気になった? 旬の色と質感をセレクトして、さっそくトライしてみてね。YUA'S SELECTA マットな色づき。 コフレドール プレイフルカラー アイ&フェイス 04 ¥2000(編集部調べ、6月16日発売)/カネボウ化粧品 B 見た目はイエローだけれど、肌にのせるとほぼ透明に発色。 インフィニトリー バーム 04 ¥3200/セルヴォーク C 見たまま発色とツヤを両立。 リップスティック コンフォート ブライトリッチ 05 ¥3500/RMK DivisionHOW TO MAKE UP下まぶたキワにポイントでON上まぶたは何も塗らず、下をメインに。Aをブラシに取って、黒目下~目頭のキワに細く入れて。ウェットなツヤを目の下に目の下にウェットなツヤを加えてメリハリを。バームBをじかにのせて、指で優しくなじませる。オレンジリップを中央塗りするヴィヴィッドなオレンジリップCを、唇の中央メインにのせる。口角を除くことで抜け感を加えて。トップス¥7500/ユー バイ スピック&スパン ルミネ新宿店(ユー バイ スピック&スパン) チョーカー¥2149/サードオフィス(ROOM)▶優愛のアーリーサマーメイクをもっとチェックモデル/新川優愛 撮影/花盛友里(モデル) 細谷悠美(物) ヘア&メイク/吉㟢沙世子(io) スタイリスト/石田綾 構成・原文/森山和子 web構成/篠有紀 web編成/ビーワークス 撮影協力/アワビーズ
  • わたくしが「ビーン・ブーツ」を買うまでのオハナシ、お付き合いください。ちなみに新品でシューレースがバリカタなため、こうなってしまうのです……。がそんな些細なことは気にならない! のっけから何ですが、アウトドアが苦手なんです。泥んこになったり濡れて寒かったり、虫がいたりするのがどうも……(ひ弱ですみません)。子供が喜ぶので、しぶしぶ(!?)キャンプに参加してきたのですが、1泊が限界。ところが、GWに諸事情でキャンプ場に4泊もすることに。さらに日ごろの行いが悪いのか、キャンプ初日とチェックアウト日以外はすべて雨という予報まで! かなり気が重くなってきましたが、こういうときこそ名品買って気分あげてこー! てなわけで、SPURのアウトドア特集やフェス特集をじっくり見直したり、SPURの連載『井之脇海と、山の話』で井之脇さんにガチで同行した、登山経験豊富な編集担当に相談して買い物計画を練り練り。 まずはぐちゃぐちゃを乗り切るためのブーツ的なものを一足、と狙いを定めました。SPURのアウトドア特集を見るにつけ、ご自身も登山される金子夏子さんのスタイリングが素敵で、この「ビーン・ブーツ」が欲しくなったんです(上から2つ目の森を二人の女の子が歩いている写真ですね)。ちなみにL.L.Beanといえば私の青春時代、ここの海外通販が流行ってまして、外人モデルが白い歯を見せてにこやかにポージングするカタログを何度も見返したものです。当時、高校のおしゃれな先輩方がビーン・ブーツを日常に取り入れていて欲しくなったのですが、結局は買う機を逃しました。そのビーン・ブーツが今再び……。 先述の登山編集者に意見を聞いてみると「いいと思いますよ、とにかく名品ですからね」と。さらに迷っていると別の編集者が別のことを言いました。「可愛さ重視ならいいと思うんですが、キャンプのときって、靴の着脱が多いからブーツだと面倒くさくないですか?」と。たしかにそれは鋭い指摘。 そこで靴のラインナップが多いと噂のL.L.Bean日比谷店へ。試し履きした結果よい発見が! シュータンの左右がアッパーに縫い付けられているため、足入れしたときにシュータンが潜りこまないんです。テントへの出入りが頻繁なシーンでは、ひもは上のほうだけゆるくして、間口のおっきな靴下をはくようなイメージで足をすぽっと出し入れすればよいかと。プルタブもついているので、最後に引っ張れば足がスッキリ収まります。スライダーほど着脱がスムーズではないですが、シュータンが潜り込んじゃうスニーカーよりもストレスフリー。 サイドゴアタイプの「チェルシー」のほうが着脱しやすいのでは? と思いましたが、そうでもなかった。それに実物の佇まいをみてときめいたのは、圧倒的にこちらのビーン・ブーツ。(好みがあると思いますが)。レザーの質感、カラーパレットが素敵。ちなみに私は背が低く8インチではなく6インチがバランスがよく見えたのでこちらを連れて帰りました。さてGW、天気予報は大当たりの雨、雨、雨。そんな中キャンプに加え瀬戸内国際芸術祭に参加し、歩きまくり。タフな状況であるがゆえにわかったのです、ビーン・ブーツの真価が。足元の“守られ感”が半端ない。びしょびしょ回避のため、そして1番小さいサイズ6でも自分にはやや大きめだったこともあり、SPOご推薦の洗える「今治インソール」を投入しましたが、杞憂に終わりました。全然濡れないし、ぬかるみもどしどし歩ける(噂に聞きしチェーン・パターンのソールのグリップ力でしょうか)。アッパーはレザーなためか、レインシューズにありがちな蒸れ蒸れ感もなく快適。実力もすごいですが、何よりもアウトドアシーンになじむこのデザイン! 履くと「ワタシ、自然に溶け込んでるわ〜!」と気分が上がるんです。デニムにもワンピースにも、レギンスにもマッチする。キャンプ場でも「いいですね」と声をかけられました(ちなみに男性ばかり)。ソールが減っても修理ができ、長く履けるというのも名品ならでは。今はバリカタのシューレースやこぎれいなレザーがくたっとなじむくらいに育てられたら。アウトドアが苦手の私のモチベーションをあげてくれる一品をゲットし、いい買い物をしたと満足感に浸っています。 こちらキャンプ終了時のビーン・ブーツ。汚れもサマになりますね。
  • こんちは! まゆこです 4月からメイクを始めた新1年生の皆さんもだんだんメイクに慣れてはきたけどイマイチぱっとしなくてどこ変えよう… なんて思ってたりしませんか? そんな方々の参考になればいいなと思ってこのテーマを2回に分けて書かせていただこうと思います それでは0円でメイクを格上げする方法! START! 1.なんだか肌がきれいに見えない…   →ベースは ‟ムラがあるように仕上げよう! これ、メイクそもそもの目的と違わないか?と思う人もいるかもしれませんが 意外とベースはムラがあるくらいの方が垢抜けます 成人式の前撮りなどちゃんとした写真撮影の時はムラなくベースを仕上げることも大事ですが 普段もそこまで完璧に仕上げていると厚塗りに見えてしまいがち 自分がカバーするところには色のついたものを塗るけど他のところは下地だけみたいな方が自然な肌に見えます でも塗った部分の境目は手を使ってしっかりぼかしてくださいね!! 2.なんだかベースメイクのノリが悪い…   →言いにくいけど産毛の処理忘れてませんか!? ちゃんと保湿も下地も塗ってるのなんだかつるっと仕上がらない それは産毛のせいかも 特に口の上の産毛は処理を忘れている人が多い部分 せっかくきれいにメイクしていても残念になります フェイス用のシェーバーでちゃんときれいにした方がいいです!! 3.眉毛がいっつもしっくりこない…   →眉毛にチークをなじませてみたら? チークとアイシャドウとリップの色はそろっていても眉毛だけ浮いて見えるなんてことありませんか? 眉毛の色は髪の色との兼ね合いなんて言いますが 正直な話難しですよね… 私はそういう時はチークを眉毛になじませちゃいます クリームタイプはなじませやすいので特にgood! 眉マスカラをする前にぼんやりなじませましょう コツははみ出さないようにすることです! 4.ちゃんとアイライン引いてるのに目が大きく見えない…   →目をバリバリ囲むのはNG!部分使いで そもそも目という枠があってその枠を太くしたら目が大きく見えるわけないと思ってます アイラインは目じりだけ引いて切れ長に見せるとか黒目上だけ引いて目をパチリに見せるとかの方がいいと思います…! 5.アイシャドウをグラデーションにしてるのになんだか目が大きく見えない…   →下まぶたのメイクを忘れてませんか? アイシャドウは目の上だけに塗るものだと思っている人私の周りにも意外と多いです でも私としては目の上より目の下のアイシャドウの方が目の大きさを左右すると思ってます 特に目じり側!!アイシャドウパレットの中で2番目に濃い色と1番薄い色を混ぜて塗ったりすると ちょうどいい陰影が出ていいです!! …ということで今回は文章ばかりになってしまいましたが 0円でメイクを格上げする方法その1 をお届けしました 今度その2もお届けしますので読んでいただけたらうれしいです!! ではでは。 ʕ•ᴥ•ʔInstagramʕ•ᴥ•ʔカワイイ選抜 No.78 細川まゆこのブログ
  • 薄着になる季節こそ「巻きもの上手になりたい!」という美玲さん。さりげないあしらいでデイリースタイルのしゃれ感を倍増させるスカーフ&ストールの簡単アレンジにフォーカス。 まだ照れるスカーフは小面積で始めてみる気張らずプラスしたいときには、細長いスカーフがおすすめ。キュッとコンパクトに巻くだけで、いつもの黒リブニットに個性を。足もとにもピンクを配すと首もとだけ浮かずにカラーバランスが整う。「スカーフと靴をリンクさせるとまとまりもよく、取り入れやすさも上がりますね。見慣れた黒ニットのマンネリ解消にも! ショートパンツもぐ んと大人っぽく見えます」(美玲さん)。スカーフ(5×85)¥7800(マニプリ)・靴¥44000(ネブローニ)/フラッパーズ トップス¥30000/スローン(スローン) パンツ¥34000/ビューティフルピープル 銀座三越(ビューティフルピープル) ピアス¥31000/トゥモローランド(レレサドゥギ) リュクスな2枚使いで女らしさ香るマニッシュルックコットンとシルク、素材違いのスカーフを編み込むことで表情が豊かに。「2枚巻きのゴージャス感も辛口スタイルにならアリですね」(美玲さん)。ピンクストール(20×160)¥18000/フラッパーズ(マニプリ) ブルースカーフ(25×120)¥9000(altea)・トップス¥42000(アンスクリア)/アマン パンツ¥12800(ヴィルーム)・ハット¥32000(クライド)/ギャルリー・ヴィー 丸の内店 バッグ¥12000(カーナス)・リング¥32000(アンコモンマターズ)/デ・プレ イヤカフ¥24000(ヒロタカ)・フープピアス(大)¥23000(マリア ブラック)/ショールーム セッションラフにたらして定番デニムにこなれ感をTシャツ&デニムの王道コンビが見違える。「無造作なあしらいが意外でした。服とストールのトーンが合っていて、ほんのりレトロで可愛い。普段着がワンランクアップしますよね」(美玲さん)。ストール(68×68)¥16000/スローン(スローン) Tシャツ¥9000・パンツ¥21000(ともにRouje)・ベレー帽¥10000(ラ メゾン ド リリス)/メゾン イエナ ジャケット¥64000 (カバナ)・ベルト¥25000(参考価格)(アトリエ アンボワーズ)/アマン ピアス¥18000/ショールーム セッション(ヒロタカ) ネックレス¥54000/デ・プレ(レジェ) 靴¥51000/フラッパーズ(ネブローニ) 白黒ストールで肩を覆い大人の露出バランスにストールを三角に折り、片肩で結ぶだけ。清潔感のあるモノトーンストールが、肩と腕をアシンメトリーに覆い、肌見せも上品に。「リゾートでやってみたいスタイル。はおりもののように使うストールも新鮮です。この夏はカーデに頼らず、ストールを活用したいです」(美玲さん)。ストール(90×90)¥23000/アマン(altea) ワンピース¥50000/クルーズ(エリン) バッグ¥43000/スーパー エー マーケット(ヴァニーナ) ピアス¥ 25000・リング¥32000/サアガラ ショールーム(エース バイ モリザネ) 初夏のストールは、服とのバランスで2タイプ揃えるべき!冬用の厚手ストールは持っているけど、春夏に巻くものは実は一枚も持っていないんです。仕事で巻いてもらうたび「おしゃれだな、欲しいな 」と思ってはいるものの、そもそもどんなものを選んでいいのかがわからなくて……。今日の撮影で学んだのは、無地より色の入った巻きもののほうが実は合わせやすいってこと。手持ちのモノトーンのアクセントにもなるし、服の色とリンクさせても可愛いし。一方で、服の色が派手ならモノトーンのストールで引き締めるのもいいなって。服とのバランスで2タイプをそろえるべきだと確信! コンサバにはしたくないので、“Tシャツにサラリ”など、まずは自分が好きなカジュアルに加えてみたいです。(美玲さん)撮影/赤尾昌則〈whiteSTOUT〉 ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini.〉 スタイリスト/安西こずえ〈Coz inc.〉 モデル/桐谷美玲 取材・文/榎本洋子 ※( )内の数字は編集部で計測した(縦×横)で単位は㎝です ※BAILA2019年6月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND