ヴァージル・アブローのラグは抽選販売に! 限定ラグコレクション「IKEA ART EVENT 2019」が登場

SPUR.JP

イケアが世界で活躍する7組のクリエイターとコラボレーションした限定ラグコレクション「IKEA ART EVENT 2019」が、201961日(土)より発売される。

「IKEA ART EVENT 2019」ラグ パイル短  デザイン:ヴァージル・アブロー ¥69,990/IKEA FAMILYメンバー価格 ¥59,900
「IKEA ART EVENT 2019」ラグ パイル短 デザイナー:ヴァージル・アブロー ¥69,990/IKEA FAMILYメンバー価格 ¥59,990

2014年以来、世界各国のアーティストやデザイナーとのコラボで、日々の暮らしに活気をもたらすアート作品を発表してきた「IKEA ART EVENT」。アート作品をギャラリーや美術館で見るだけではなく、普段から暮らしの中に取り入れられるようにすることで、より身近なものにしようというのがその狙いだ。

参加したのはオフ-ホワイトのヴァージル・アブロー、ブルックリンを拠点に活動するアーティスト・デュオのチャオッザ、自由な発想とカラフルで大胆な表現のインスタレーション作品で世界的に活躍する河井美咲、韓国系フランス人アーティストのイ・スルギ、ブルックリンとスウェーデンのゴッドランド島を拠点に多彩な活動を展開するマルチメディア・アーティストのノア・ライオン、コム・デ・ギャルソン の「PLAY」ロゴを手がけたことでもおなじみの、ワルシャワを拠点とするグラフィック・アーティスト、フィリップ・パゴウスキー、それにペインティング、壁画、タトゥアート、立体作品と幅広い表現活動を展開するフランス人アーティストのスパキッチ。ヴァージルはこれに先立地、イケアから201812月にラグコレクションを発表しているが、今回は前回一番人気だったデザインのもののサイズ違いとなる。

AAA
「IKEA ART EVENT 2019」ラグ パイル短 デザイナー:河合美咲 ¥59,990/IKEA FAMILYメンバー価格 ¥49,990
「IKEA ART EVENT 2019」ラグ パイル短 デザイン:ヴァージル・アブロー ¥69,990/IKEA FAMILYメンバー価格 ¥59,900
「IKEA ART EVENT 2019」ラグ 平織り デザイナー:フィリップ・パゴウスキー ¥39,990/IKEA FAMILYメンバー価格 ¥29,990

今回のラグのデザインに関して、ヴァージル・アブローは「リビングを座ってくつろぐ場所というより、ショールームみたいな場所にしてしまう、家具に対する昔気質の考え方を、アイロニックに取り上げてみました。親世代の“家具をだめにしないように”っていうあの発想は、今の若い人たちの家具に対する考え方に大きく影響していると思う」とコメント。彼はイケアより11月には限定コレクション「マルケラッド」を発表する予定だが、そこには今回のラグは含まれない予定だ。

7種類のラグのうち、ヴァージルのものだけは抽選販売。2019510日(金)〜20日(月)の期間中に申し込むと、524日(金)に当選結果がメールで届く仕組みで、当選者は61日(土)〜9日(日)の間に当選メールと身分証明書を持ってイケアストアに購入&受け取りに行く、という流れになっている。

ラグはいずれもIKEA FAMILYメンバーなら通常価格の1万円引きで購入可能。旬のクリエイターたちによるアーティスティックなラグで、部屋の雰囲気をガラリと変えてみては?

 

IKEA ART EVENT 2019
販売開始:2019年6月1日(土)

ヴァージル・アブロー ラグ抽選販売
応募期間:2019510日(金)〜20日(月)
対象:IKEA FAMILYメンバー
ウェブ抽選申し込み方法:IKEA FAMILYワークショップページより申し込み ※524日(金)に当選結果をメールにて通知
商品購入期間:201961日(土)〜9日(日) ※この期間以外は購入不可
商品受け取り方法:IKEAストアで当選メールと身分証明書(運転免許書、健康保険証、パスポートのいずれか)を提示して購入 ※本人確認ができない場合は購入不可
https://secure.family.ikea.jp/pc/semlist.php

関連記事
  • フードディレクターから一変し、夫のエルマー・ヴァインマイヤーさんが二十数年前に開いた『日日』を築100年余りの日本画家の旧邸で新たに始めたという奥村文絵さん。京都ならではの美しいお店で扱うのは、国籍や時代の流れに動じることなく生まれた工芸品や職人の手仕事でつくられた暮らしの道具。セレクトする品はもちろん、その見せ方にも注目です。ものづくりの世界へ誘う美意識がつまった空間『日日(にちにち)』奥村文絵さん夫のエルマー・ヴァインマイヤーさんが二十数年前に開いた『日日』を築100年余りの日本画家の旧邸で新たに始め、運営と企画を手がけている奥村さん。フードディレクターとして仕事をしていた東京を離れ、取り巻く環境は一変。ものを売る仕事も京都暮らしも初めての経験だった。「この建物は京都だから出会えた物件で、各分野に精通した職人さんにお力を借りて実現できた空間です。京都にルーツがない私たちが純和風の邸宅をどう使うか、暮らしの道具をどう見せるか、毎日通った改修の現場が楽しくて」座敷に目積畳を敷き詰めて天井照明を外し、木を植え、知恵を出しあい端正ですがすがしい空気が漂う空間をつくった。扱うのは国籍や時代の流れに動じることなく生まれた工芸品や、職人の手仕事でつくられた暮らしの道具。セレクトはもちろん、その見せ方にも妥協せず、漆盆を見せるための陳列箱をつくり、緊張感を放つ器には花を飾って空気を和ませている。トークイベントも開催され、作家の思いや情熱にも触れることができ、東京のスタイリストや器好きがこぞって通うアドレスに。「ものを売るだけでなく、つくり手の姿勢を伝えるのもギャラリーの務め。ものづくりの世界につながる道すじをつけ、足跡を残せる存在でありたいですね」会の主旨に合わせて展示の仕方も替え、信頼関係を築いた30名ほどの作家のものを扱う仁城義勝や角 有伊(かど ゆい)などの漆盆が収まる陳列箱奥村さんが生けた花とともに、器の個性や魅力を楽しむことができる食に関する企画や商品開発の仕事に携わってきた奥村さん。エルマーさんのポリシーを引き継ぎ、手仕事を伝える展示会を年7~8回企画している造園家・菅藤恵輔さんによって生まれた、明るく開放的な和の庭建物の一角に設けた喫茶『冬夏』。無農薬のお茶やカカオ、生菓子を作家の器で楽しめる。¥1,500~庭で季節を、空間で和を感じながら、ものづくりの世界へと引き込まれる京都市上京区信富町298 ☎075・254・7533 10:00 ~ 18:00 ㊡火曜 『冬夏』カウンター6席>>「京都」 記事一覧はこちら撮影/福森クニヒロ 取材・文/西村晶子 ※エクラ10月号掲載
  • 1872年の創業以来、様々な「美」を提案してきた資生堂。それぞれの時代に愛されてきたロングセラー商品の数々や、ポスターなどを展示した「美と、美と、美。-資生堂のスタイル-」展が、髙島屋で開催される。 歴代オイデルミン/資生堂展示品には、1897年(明治30)に資生堂初の化粧品として発売され、「赤い水」として人気を集めた「オイデルミン」などの歴代商品が並ぶ。西洋薬学の処方に基づく科学的な化粧水で、容器デザインの美しさでも評判になった。 包装紙(1927年)/資生堂資生堂のデザインを代表する「唐草模様」の包装紙や、ファッションやカルチャーなどの幅広い情報を提供してきた雑誌『花椿』約200冊、「資生堂スタイル」と呼ばれたデザイナー・山名文夫の原画も揃う。繊細かつ優美な女性のイラストで、資生堂のブランドイメージを確立した作品に出会える貴重な機会だ。 山名文夫「創業100年記念新聞広告原画」(1972年)/資生堂そのほかにも、世界的クリエイターのセルジュ・ルタンスがデザインした商品パッケージや芸術作品のような香水瓶、時代ごとのメークの変遷から資生堂の歴史を読み解くコーナーなどがあり、日本の「美」をリードしてきた資生堂の世界観を味わうことができる。 雪姫(スノーフェアリー・1934年)/資生堂また、loTパーソナライズ・スキンケアブランド「Optune(オプチューン)」を試せるコーナーもお見逃しなく。手を入れるだけで、今の自分の肌質に合うスキンケア法を導き出してくれるマシンなども設置されている。 Optune(オプチューン)ブース/資生堂会場には、展覧会オリジナルグッズが並ぶ特設ショップも登場。「花椿ビスケット(赤缶)」など、ここでしか手に入らないグッズの数々をチェックしてみて。 花椿ビスケット(赤缶)¥1,600/資生堂 さらに、8階の「資生堂パーラー」では、今回の展示のための期間限定コースを楽しむことができる。このコースを注文して展示会の半券を見せると、お店の創業メニューである「いちごのソーダ水」をサービスしてもらえる嬉しい特典も。 日本橋髙島屋S.C.での展覧会は、2019年9月18日(水)から開催される。2020年の春からは、大阪・名古屋・京都・横浜での巡回展も予定しているので、近くの展覧会へ足を運んでみて。 「美と、美と、美。-資生堂のスタイル-」展 概要会期:2019年9月18日(水)~9月29日(日)営業時間:10時30分~20時 ※最終日は18:00閉場(入場は閉場の30分前まで)会場:日本橋髙島屋S.C. 本館8階ホール(東京都中央区日本橋2-4-1)入場料:一般800円、大学・高校生600円、中学生以下無料 《巡回展会場》大阪開催時期:2020年3月25日(水)~4月6日(月)会場:大阪髙島屋 7階グランドホール名古屋開催時期:2020年4月15日(水)~27日(月)会場:ジェイアール名古屋タカシマヤ 11階特設会場京都開催時期:2020年7月22日(水)~8月10日(月)会場:京都髙島屋 7階グランドホール横浜開催時期:2020年9月2日(水)~21日(月)会場:横浜髙島屋 ギャラリー8階 資生堂https://www.takashimaya.co.jp/store/special/shiseido0120-81-4710 text:Arisa Takeshima >>ビューティニュース
  • スタイリストの松村純子さんの素敵な秋コーデ この数日間ですっかり秋らしくなりましたね 秋本番の着こなしがしたくなってきたところ、 スタイリストの“まつじゅん”こと、 松村純子さんからとっても素敵なコーデが届きました ・ ひとつは茶のモックネックニットに ネイビーのフレアスカートという 上品ながらも旬の色合いを効かせたコーデ。 トートもダークブラウンで色リンクすることで 全体がとてもまとまった印象に♪ もうひとつはちょっとしたお出かけにぴったりな カーキのきれいめワンピに 黒のショルダーバッグ。 ウエストを少しだけ絞ることでメリハリのある シルエットに仕上がりつつ、伸縮性のある カットソー地と背中のゴム使いで 「すごく着心地が楽!」とまつじゅん。 ちなみにバッグはショルダーを外してクラッチ風にアレンジ こちらはアフタヌーンティー・リビングとLEE&松村純子さんとコラボでつくりました! それでは、みなさん 素敵な秋をお過ごしくださいね!フクヘンAH #magazinelee #LEEweb #AfternoonTea #AfternoonTeaLIVING #アフタヌーンティー#アフタヌーンティーリビング #コスパ のよさも自慢です #LEE10月号 #松村純子
  • ランウェイを席巻したスニーカーからバトンタッチをし、今シーズン、華麗なる復活を遂げたのがブーツだ。豊富なバリエーションから、注目すべきシックなロングブーツとタフなコンバットブーツを選抜。私たちの日常に寄り添い、バックアップをしてくれる相棒をモードラバーに捧げる。進化するエレガント。ロングブーツと駆け抜けて(右)グロッシー加工が施されたネオプレン素材が脚にフィットし、美しい曲線を描く。ブラウンとピンクのバイカラーが愛らしい印象。足首のFFロゴのハーネスは取りはずし可能だ。〈ヒール10.5㎝〉¥217,000/フェンディ ジャパン(フェンディ)(中)バイカーブーツから着想を得たマスキュリンな「ラプソディ」。白のアイレットが配されたハーネスがアクセントに。〈ヒール2㎝〉¥204,000/ルイ・ヴィトン クライアントサービス(ルイ・ヴィトン)(左)カジュアルなデニム素材を、洗練されたフォルムが品よくアップデート。メゾンのルーツを表すシルバー色の馬車モチーフが凛とした佇まいを演出。〈ヒール4.5㎝・編集部調べ〉¥287,000/エルメスジャポン(エルメス)ユーティリティウェアの強い味方。コンバットブーツとともに(右)カムフラージュ柄がプリントされたカーフ素材にボリュームのあるソールをドッキング。ボディにさりげなく施されたダメージ加工が、ストロングな印象を加速させる。〈ヒール11㎝〉¥136,000(予定価格)/ミュウミュウ クライアントサービス(ミュウミュウ)(中)熱帯雨林の保護キャンペーン、「#ThereSheGrows」とリンクした今季のコレクションより。アウトドアアイテムを彷彿とさせる色合いに、プラットフォームソールを合わせて、レディライクに。〈ヒール11.5㎝〉¥129,000/ステラ マッカートニーカスタマーサービス(ステラ マッカートニー)(左)テディ・ガールにオマージュを捧げた今シーズン。2019年クルーズコレクションのブーツが装いを新たに登場した。ちらりとのぞくチェックのライニングがトラッドな空気を薫らせる。〈ヒール1.5㎝〉¥118,000/クリスチャン ディオール(ディオール)鮮やかな色や、エッジのきいたシルエット、バリエーション豊かなヒールの形。新しいクラシックは足もとから取り入れて1 70年代フランスのブルジョアジーをイメージしたコレクション。それを象徴するひとつが、カーフスキンのオーバーザニーブーツ。折り返したときに重なるシアリングがアクセントに。バーガンディが秋の装いに彩りを添える。〈ヒール8㎝〉¥250,000/セリーヌ ジャパン(セリーヌ)2 メゾンを象徴する「タビ」シリーズのロングタイプ。ブラッシュド・ペイントが施されたアーティな一足は、履くごとに味わいが出るため、経年変化も楽しめる。安定感のある低めのヒールがエフォートレス。〈ヒール3㎝〉¥186,000/メゾン マルジェラ トウキョウ(メゾン マルジェラ)3 今季の着想源はアントワープ郊外にあるデザイナーの自邸の庭園。枯れゆく植物に美を見いだし、モチーフとしたコレクションからの一足だ。爽やかなブルーがダークトーンでまとまりがちな、秋のスタイリングのスパイスに。〈ヒール10.5㎝〉¥154,000/ドリス ヴァン ノッテン4 ビアンカ・ジャガーをはじめとするアイコンにオマージュを捧げた今シーズン。カーフレザーを膝上まで伸ばし、履き方を自由に楽しめる。力強さとセンシュアルなムードが共存。〈ヒール8.5㎝〉¥250,000/サンローラン クライアントサービス(サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ)5 アルミ箔加工が施されているカーフレザーがきらめく。フューチャリスティックなルックスとパワフルな美が共存し、テーマである「モダンヒロイン」を体現している。ゆとりのあるストレートのシルエットと細すぎないヒールが歩きやすさを保証。〈ヒール8.5㎝〉¥188,000/JIMMY CHOO6 「パワードレッシング」がテーマの今季。グラマラスで、都会的なムードを演出するサイハイブーツが登場。艶やかなボディ全体に施されたクロコの型押しとエレガントなブラウンがリュクスな雰囲気に。〈ヒール10㎝〉¥158,000/マックスマーラ ジャパン(マックスマーラ)パワフルで、マニッシュなムードをもたらすデザインが揃う。旬のワークウェアだけでなく、ガーリーなスタイリングに合わせたい7 メンズコレクションからインスパイアされたトレッドブーツが登場。産業革命期のワーカーブーツに着想を得て、重厚感とエレガンスが共存するモードな一足に。ボディのベルトループがロックなムードを醸し出す。〈ヒール4.5㎝〉¥162,000/アレキサンダー・マックイーン8 90年代のガールズグループを彷彿とさせる厚底のルックスが魅力。ピュアなホワイトのボディにあしらわれたファーやメゾンのアイコンであるクリスタルバックルが可憐さをプラスする。〈ヒール8.5㎝〉¥280,000/ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン(ロジェ ヴィヴィエ)9 シャープなボディとやわらかな赤みがかったブラウンがポイント。カジュアルになりがちなブーツに優美な奥行きを与える。足首回りのディテールは伸縮性のあるゴム素材で着脱もスムース。〈ヒール7㎝〉¥163,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)10 レースアップブーツのフロントを覆うようにあしらわれたダブルモンクストラップがポイント。カジュアルなアイテムながらも、上質なカーフ素材と、洗練されたシルエットが相まって、クリーンな空気をまとう逸品。〈ヒール2.5㎝〉¥119,000/チャーチ 表参道店(チャーチ)11 スノーブーツのディテールからインスパイアされたブーツ。印象的なイエローのシューレースがさりげなくアウトドアテイストを演出。柔らかなシアリングと、パワフルなラグソールが華を添える。〈ヒール7㎝〉¥204,000/クリスチャン ルブタン ジャパン(クリスチャン ルブタン) >商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら SOURCE:SPUR 2019年10月号「帰ってきた、ブーツ・ガール」photography: Masaki Ogawa styling: Aya Yamanaka
  • 台湾の人気茶藝館のオーナー、謝小曼(シャシャオマン)さんが町家を改装して開いた台湾茶のサロン(教室)&ギャラリー「小慢(シャオマン)」。大手百貨店でバイイングにかかわり、台湾の美意識の高いお茶の世界に魅了されてから十数年、各地で中国茶のレクチャーを行う彼女が催すサロンは、たくさんのセンスが学べそう。人気茶藝館で極めるセンス、美意識、所作『小慢(シャオマン)』謝小曼(シャシャオマン)さん京都御所北側の閑静な住宅街に小さな表札だけを掲げる台湾茶のサロン(教室)&ギャラリー。台北の人気茶藝館のオーナー・小曼さんがひと目見て気に入った町家を和紙や左官などの5名の職人に依頼し改装した、凛としたモダンさの漂う和空間だ。「京都は伝統も現代のものも受け入れながら、生活の中に美を見出そうとする意識がとても高い街。台湾茶の文化を日本で伝えるなら京都でと思って」と小曼さん。日本の大学を卒業後、大手百貨店でバイイングにかかわり、台湾で美意識の高いお茶の世界に魅了され、活動を始めて十数年。台北を拠点に、東京、上海、京都を行き来し、『京都小慢』では毎月3日間、中国茶のレクチャーを行っている。「どこにいても朝はお茶で目覚め、自然の素材だけで暮らすようにしています。お茶は体にいいだけでなく、心を豊かにしてくれるもの。身のまわりにあるものを生かす目やセンスを養い、暮らしや生き方の意識を高めてくれます」。日本や台湾、韓国の陶芸家たちと茶道具の展覧会を催し、料理研究家と組んでお茶会も企画している。この場所に足を運んでこその特別な時間。お茶の世界を通じていくつものセンスが学べそうだ。毎月1週間京都に滞在し、展覧会の企画も手がける小曼さん。工芸やアート、ファッションへの関心も深く、自然や暮らしに息づく美を大事にしている年間通して学ぶコースでは最終月を迎える生徒が亭主となり、自分で選んだ茶葉や茶道具を使ってお茶のひと通りをおさらいするギャラリーでは日本と台湾の作家が制作した中国茶藝の中で最も古い作法「潮州工夫茶」の茶道具展を開催中益子の作陶家・郡司庸久、慶子の茶器セット黒糖の寒天に豆腐羹をのせた茶菓子。茶会の亭主を務めた生徒さんの手製店内では台湾茶や中国茶を販売小さな表札を掲げるだけの控えめなたたずまい京都市上京区幸神町313 ☎不掲載 12:00~18:00 ㊡火~木曜 講座や展覧会の詳細はFacebookかInstagramで確認を>>「京都」 記事一覧はこちら撮影/福森クニヒロ 取材・原文/西村晶子 ※エクラ10月号掲載
  • 夜に得意先との会食に同行するなんてことも。失礼にはならない程度に特別感をプラスして。ビジューつきの衿は取り外し可能。▼ ▼ ▼ 衿つきできちんとしつつ、ビジューで 華やかさを取り入れた点が高評価。全身コーデも人気! 堅 色や華やかさのバランス・清潔感ともに最高! 目立ちすぎない点も秀逸です。(40代男性・営業職) 柔 やや高級なお店の間接照明で映えるのはまさに、黒のシックな服にビジューなどのワンポイント。(40代男性・通信) 柔 衿のビジューと赤いルージュが、夜の会食に合っている。ヘアもまとめていて気働きができそう。(30代女性・IT) 堅 お客様との関係にもよりますが、衿があるもののカジュアルな印象。ニットは白などが無難です。(40代女性・生保) 黒、衿つきできちんと感を、ビジューで夜の会食の華やかさを演出した絶妙なバランスが評価されたみたい。食べ物を取り分けたりするから、動けそう、気働きができそうな感じも必要なシーン! 落ち着いたベージュに、スカーフで特別感を演出。▼ ▼ ▼ 女性らしさ&きちんと感&華やかさを兼ね備えた点が人気。 柔 夜の会食のことばかり考えた服装に見えます。仕事あっての夜の会食なので、もう少し抑えて。(30代男性・旅行) 堅 ジャケットを着ていないが、スカーフとカーディガンできちんとした印象に見えるので1位です。(40代男性・団体職員)ネイビー&シックな花柄だから子どもっぽく見えない。▼ ▼ ▼ シックな花柄で、高級レストランでも浮かない大人っぽい印象に。 柔 ワンピースは素敵。首元のあきが少し気になるので、ネックレスなどで視線をずらすといいかも。(40代女性・IT/広報) 堅 大人っぽすぎて新人らしさがない。ワンピースは食事会ならOKだけど仕事中はNGかも。(30代男性・鉄道)小顔に見えるスクエアネック。落ち着いた秋色ならいやらしさがない。▼ ▼ ▼ 新人は動くから胸元があいてるのは 危険!というなるほどな意見多数。 柔 胸元が気になってしまう。食べ物を取り分けたりするのに前かがみになるので避けたほうがいいかと。(30代女性・IT) 堅 食事の席に一番違和感なく溶け込めそう。可愛さのなかに落ち着いた感じがあって好印象です。(40代男性・不動産)おしゃれかつきちんと感もあるターコイズブルー。ほんのりドット柄がキュート。▼ ▼ ▼ 会食にしてはカジュアルだけど 日中の仕事服としてはOKとの声も。 柔 普段から懇意にしている相手先ならこれくらいカジュアルでも問題ありません。(30代女性・家具メーカー) 堅 カジュアルで、しかも色も暗めで、得意先から接待を意識した格好と思ってもらえないかと……。(40代男性・保険) これは柔らかめ企業でもカジュアルすぎると思う人が多いようね。でも色は落ち着いていて知的な感じがするって声が多かったから、服選びに生かしてみて! [1位]ニット(9月中旬発売予定)¥9800/ヒロタ(31 Sons de mode) スカート¥15000/SNIDEL イヤリング¥1100/Heart dance 時計¥36000/シチズンお客様時計相談室(ウィッカ) バッグ¥14000(ダイアナ)・靴¥14500(ダイアナ ウェルフィット)/ダイアナ 銀座本店 [2位]カーディガン¥10000/SNIDEL スカート¥7490/ロコンド(マンゴ) スカーフ¥2900/MEW’S REFINED CLOTHES ピアス¥1900/Lycka 時計¥23000/シチズンお客様時計相談室(シチズン キー) バッグ¥6900/SAC(サック) 靴¥8800/ロコンド(Launa lea) [3位]ワンピース¥14000/Mer d’ été ジャケット(9月中旬発売予定)¥21000/ホワイト ザ・スーツカンパニー 新宿店(ホワイト) イヤリング¥16000/Jouete 時計¥35000/オ・ビジュー(ロゼモン) バッグ¥1842/神戸レタス 靴¥38000/ウィステリアフジワラ [4位]ニット¥8500/Supreme.La.La. ジャケット¥6900/MEW’S REFINED CLOTHES パンツ¥7400/RANDA イヤリング¥18000/Jouete 時計¥40500/オ・ビジュー(ロゼモン) ベルト¥4800/ザ・スーツカンパニー 銀座本店(ディ スティル) バッグ¥4900/セシルマクビー ルミネエスト新宿店 靴¥14000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) [5位]ブラウス¥4990/AG バイ アクアガール パンツ¥2990/UNIQLO メガネ¥8000/JINS イヤリング¥2500/ジオン商事(スリーフォータイム) バッグ¥12000/Noela 靴¥2490/GU モデル/高田里穂 金城茉奈 撮影/伊藤大作(The VOICE)ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) スタイリスト/辻村真理 イラスト/村澤綾香 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス 撮影協力/アワビーズ UTUWA 
  • おしゃれプロをも虜にするsaquiの服から伝わるのは、デザイナーの深い愛情と冒険心、そして丁寧な仕事ぶり。 今季、LEEマルシェがセレクトした珠玉のラインナップをご紹介!   トップス&パンツをセットで揃えておけばいざというときも頼りになること請け合い saqui/ファリエロサルティ地 プルオーバー/¥19,000+税 手首がのぞく袖丈のプルオーバートップスは、タックアウトも絵になるサイドスリット入り。落ち感があるので、前だけインも難なく決まります。   saqui/ファリエロサルティ地 テーパードリボンパンツ/¥26,000+税 トップス(商品コード:330186)とセットアップで着用すると、ぐっときれいめに仕上がるのが大人気のテーパードパンツ。ブランド誕生からわずか3 年目にして、延べ3000本以上の売り上げを記録するベストセラーです。ゴム+グログランリボンのウエストでリラックス感がありながら、見た目はあくまできれいめ。日常から改まった席まで、幅広く使い回せます。ともにネイビーとブラックの2色。     ミニマムな美しさと着心地に感嘆の声続々! きれいめに装いたい場面でも大活躍するワンピース saqui/ファリエロサルティ地 ドルマンスリーブワンピース/¥31,000+税 老舗ブランドにも愛されるサルティ社製のバックサテンジョーゼットは、しっとりなめらかな肌触りが自慢。動きやすくてシワになりにくく、手洗いが可能な点も見逃せません。素材の質感を最大限に生かすため、デザインはごくシンプル。ワンピースはやや横広がりのネックラインや腕が動かしやすいドルマンスリーブ、細見えにきくコクーンシルエットが特徴です。saquiならではの立体的なパターンが、体をきれいに包み、すっきり見せに威力を発揮。やわらかい印象のネイビーと、シーンを選ばない万能ブラックの2色展開。     おしゃれの洗練感が一気に加速する、軽やかなチェックブラウス saqui/ロングタイ チェックブラウス/¥37,000+税 ブラウン×ブルー×白のトラッドなチェック柄と、上品な透け感が絶妙にマッチしたブラウス。生地をバイアス状に使うことで、体に沿った流れるようなシルエットが生まれます。一枚で着るのはもちろん、ジャケットやカーデのインにもおすすめ。ブラウンのインナーキャミ付き。長いボウタイは前でも後ろでも結べ、さらに結び目の位置の違いでも変化を楽しめます。 saqui/テーパードリボンパンツ/¥31,000+税 コットンシルクのパンツは、秋冬向けに丈を4.5㎝伸ばし、ウエストのグログランリボンを身生地と同じネイビーに変更した別注品。ゆったりとした腰から裾に向けてテーパードするラインはバランスがとりやすく、前中心と内側の接ぎが細くまっすぐな美脚ラインを演出します。ウエストはゴム+ドローコード仕立て。ファスナー付きで着脱もラクラク。     生地をたっぷり使ったワンピースは、すっきりとした着映え効果も申し分なし saqui/ラグランスリーブチェックワンピース/¥49,000+税 首に沿って少し立ち上がるスタンドカラーのワンピースは、ほんのり透ける細かいチェック柄の生地を使用。ラグランスリーブの切り替えに合わせ、身頃部分には裏地がついているので、透け感を気にせず着られる点も要チェック。首や肩まわりをコンパクトに仕立ててあるので、ボリューミーなフレアシルエットでも、すっきりきれいに着こなせます。素材はさらりとしたリネンシルクですが、季節を問わずに着られるのもうれしい限り。後ろのあきと袖口にはフランスのヴィンテージボタンが使われています。   下記特集ページでは、それぞれのアイテムの編集部ヘビロテユーザーが、おススメポイントをご紹介しておりますので、是非ご覧ください!  
  • 2都市のストリートから見えてきたこの夏のリアルトレンド。洋服から小物まで、キーワードとともに最旬の着こなしをお届け■「テーラードジャケット」 気負わずデイリーに楽しむ人が急増中。ややビッグなシルエットなら抜けのある着こなしが簡単に手に入る!  ☆アレクサンドラ/モデル/パリ ウエストをしぼるタイプのジャケットがこなれムードを演出。斜めがけバッグで目線を引き上げて。☆ジュリア/デザイナー/パリDKNYのジャケットとユニクロのパンツを使ったセットアップ風の着こなし。足もとがスニーカーなら堅苦しく見えない。 ☆レオニー/エディター/パリ胸もとがあいたインナーはもちろん、ゴールドネックレスの重ねづけやヌーディなサンダル、マットな赤リップで女っぽさを底上げ。【Marisol9月号2019年掲載】撮影/新村真理(パリ) 中島 誠(ミラノ) 富田 恵(五明さん取材) コーディネーター/酒井祥子(パリ) 建野みどり(ミラノ) 取材・文/野崎久実子モデル五明祐子さんがチョイス!即、まねしたくなる秀逸な小物使いに脱帽【ファッションSNAP パリ・ミラノ編】ココがお見事! 五明さんをうならせたおしゃれ上手たちを大発表
関連キーワード

RECOMMEND