柚木麻子・特別書き下ろし小説『ステファニー』Part2

SPUR.JP

宇宙服を思わせる未来的なデザインのスリーブは、ジャージ素材にひし形パターン「マルタージュ」が施されたアイコニックなピース。赤いメッシュ部分は、特殊な手法で生み出されている。生地を伸ばした状態でシークインスを刺しゅうし、生地を縮ませる。するとシークインスがぎゅっと詰まり、独特の風合いに。フリンジが躍るサイハイブーツを合わせ、「私はどんなカテゴリーにも属さない」そんな意志あるスタイルを実現。

ドレス¥1,465,000/ルイ・ヴィトン クライアントサービス(ルイ・ヴィトン) ソックス¥1,500/ぽこ・あ・ぽこ(MUSIC LEGS) ブーツ¥240,000(参考価格)/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) ヘアピン/ヘアアーティスト私物

部屋中くまなく探したけれど、こちらの私物は最低限の日用品と冷蔵庫の食材を残して消えていた。
 ステファニーが帰ってくるまで、どうやら私はド派手なドレスで出社するしかないみたい。ため息が出た。彼女こんな風にいつも周囲を振り回すけれど、悪気がなくチャーミングなので、憎めない。
 仕方なくつま先を入れた白いブーツは、何故だか誂えたようにピタリと私の身体にフィットした。服に合わせて自然とメイクも濃くするしかなくなる。慣れないキッチンは火力が弱いような気がしたし、ツルツル滑って使いにくかったが、いつものように、卵焼きや金ぴらごぼうやしゃけ、全てのおかずを具にした特大おむすび一つを作ると、ステファニー用のバッグにゴロンと転がして、外に出た。
 駅までの道のりで何人もが私を振り返った。通勤電車の中でも、こちらをじっと見ている人がいる。駆け足でオフィスに向かっていたら、エントランスで橋本さんに声をかけられた。
「どうしたの、裕子さん。今日、すごく素敵だね」
 からかわれたのだと思った。橋本さんはいつもさりげなくお洒落で、海外の情報に詳しく、ちょっとしたプレゼントがとても上手だ。
「すごく似合うよ! センスいい」
「そうかな、どうもありがとう」
 もごもごとつぶやいていると、橋本さんはエレベーターの中でスマホを差し出した。
「ねえ、話題なんだけど、知ってる?」
 橋本さんが昔からファンだというハリウッド俳優のインスタグラムで、彼はとびきりの美女と頰を寄せ合っている。なんと等身大になったステファニーである。
「彼女、どこの誰なんだろう。お似合いすぎて、妬む気にもなれないよねえ」
 デスクでパソコンを立ち上げ、あちこち検索して私は低く呻いた。我が家を離れてからわずか一晩のうちに、ステファニーはアメリカ西海岸に渡り、謎の美女として話題を振りまいていた。セレブと知り合い、チャリティフェスに参加し、ビーガンレストランでメニューを考案したらしい。

ハリのあるシルクタフタのドレスは、大胆に膨らむパフスリーブと、体にきゅっとフィットする身頃の対比で体を美しく見せる。ウエストから裾まではフレアシルエットで広がり、着る人をエレガンスの極致に導きながら、同時にありのままの自分でいられる解放感を与えてくれる。

ドレス¥596,000/ヴァレンティノ インフォメーションデスク(ヴァレンティノ) サングラス¥38,000/ブリンク ベース(サンローラン) ブーツ¥138,000/ヴィア バス ストップ ミュージアム(ジル サンダー)

>商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら

>>柚木麻子・特別書き下ろし小説『ステファニー』Part3

関連記事
  • アラフィー世代になったら、ゆっくり贅沢に時間を使う、大人ならではのハワイ旅を楽しみたい。そのためには気持ちのいいステイ先が不可欠! この地に何度も通ってきたハワイ通の口コミによって選ばれた“究極のホテル”をご紹介します。【大人ステイNo.1】 The Royal Hawaiian, a Luxury Collection Resort (ロイヤル ハワイアン ラグジュアリー コレクション リゾート)ブレンダさん(モデル)、山口規子さん(フォトグラファー)、坪田三千代さん(旅行ライター)、赤澤かおりさん(ライター)推薦マイラニタワーからワイキキビーチを見下ろした、ザ・ハワイな景色「高い天井と、ハワイの風が抜けていく感じが好き。ロビーからまっすぐ海に抜ける回廊の光に、ハワイを感じます」―山口規子さん「一日中ホテル前のビーチでのんびり過ごし、サンセットタイムにはマイタイバーでマイタイを。ワイキキの中心だからサッと買い物にも行けるロケーションも便利」―ブレンダさん大人のキュートも贅沢もここにあり “ワイキキのピンク・パレス”の名のとおり、ハワイの青い空と海に花を咲かせたような、ピンクに囲まれた楽園。まさに誰もが知るハワイのシンボル的な存在のホテルだが「大人のゴージャスさを感じさせる内装が素敵」(ブレンダさん)、「ワイキキのど真ん中にありながら自然に抱かれている感たっぷりのスパもいい!」(坪田さん)、「実は、ホテル内には博物館並みにハワイの歴史を感じられるものがたくさん! 文化に触れてこそハワイにいると実感できる」(赤澤さん)と、ハワイ通こそが「泊まるならここ」と口をそろえる。それは常に進化を続ける老舗の実力なのだ。歴史を感じる「ヒストリック・オーシャン」の部屋ホテルのベーカリーショップではゲストにバナナブレッドやスコーンなどの詰め合わせをプレゼント。ピンクチョコがけのクッキーなどのおみやげも充実【DATA】 2259 Kalakaua Ave., Honolulu ☎808・923・7311(日本語対応可) 1泊1室$435~、ヒストリック・オーシャン$595~ 全529室 IN15:00 OUT12:00 https://www.royal-hawaiian.jp/【リゾートステイNo.1】 Turtle Bay Resort (タートル・ベイ・リゾート) 種房千保子さん(フォトグラファー)、ブレンダさん(モデル)推薦サンセットを眺めながら自慢のシーフード料理が楽しめるホテルきってのレストラン「パアカイ・ステーキ シーフード&ロウ・バー」(17:30〜21:30、㊡日・月曜、予約がベター)「砂に足が触れ、波音を聞き、風に当たる……、ノースショアを五感で感じられるビーチで眺めるサンセットは格別。シーフードが自慢のレストランもおすすめです」―種房千保子さん喧騒を離れた究極のリゾートタイム ステイ先をワイキキからノースショアへ。これだけでいつものハワイ滞在がまったく違った印象になる。90%以上の部屋から海が望めるここは、「岬のような場所にあるので、部屋のベッドに寝転びながら海が眺められます。数年かけてリノベーションされ、食も充実し、ホスピタリティも心地いい」(種房さん)と、ハワイ通には知られたホテルだ。乗馬やゴルフ、オーシャンビューのプールも楽しめるとあって、ローカルたちのステイケーション先としても人気。メインダイニング「パアカイ」は、サンセットディナー目当てにタウンからやってくるロコもいるほど。ホテルのほとんどの部屋から海が望める「パアカイ」の人気メニュー、カキをガーリックバターとパルメザンチーズをかけて焼いた「チャーブロイド・オイスターズ」($18)「パアカイ」の人気メニュー、「ブルークラブ・クラステッド・マーケットフィッシュ」(時価。通常$38前後)リゾート感たっぷりのプール【DATA】 57-091 Kamehameha Highway, Kahuku ☎808・293・6000  1泊1室$280~、ヴィスタオーシャンキング$400~ 全443室 IN15:00 OUT11:00 https://www.turtlebayresort.com/Oahu-Resorts【家族ステイNo.1】 The Kahala Hotel & Resort (ザ・カハラ・ホテル&リゾート)桐島かれんさん(モデル)、ブレンダさん(モデル)、村山佳世子さん(スタイリスト)、徳原文子さん(スタイリスト)推薦波音が心地いい海前のプールでは、何も考えずゆっくりするのがいい「イルカやウミガメが泳ぐホテル内のラグーンは、家族で楽しむにもうれしいポイント。波の音を感じながら昼寝や読書を楽しむ時間もいい」―桐島かれんさん極上のホテルライフを約束してくれる ワイキキから車でほんの10分ちょっと。まるで離島にいるかのようなリゾート感で各国のセレブを魅了しつづけているホテル。「子供が小さいころには時間を忘れてイルカと戯れたり、ビーチで砂遊びをしたり。家族全員でホテルでの時間を満喫できます」と、桐島さんも定宿にするひとり。また、ホテル内のイタリアン「アランチーノ」も「ディナーで一度は訪れます」(村山さん)、「料理が最上級で特別なときに行くお店」(ブレンダさん)とファンが多い。ラグーンのイルカと触れ合える体験プログラム「ドルフィン・クエスト」「オーシャンフロントラナイ」は部屋もラナイもさすがの広さ! 来年夏『ザ・カハラ・ホテル&リゾート横浜』がオープン予定【DATA】 5000 Kahala Ave., Honolulu ☎808・739・8888(日本語対応可) 1泊1室$450~8,365、オーシャンフロントラナイ$975~1,365 全338室 IN15:00 OUT12:00 www.kahalaresort.com【隠れ家ステイNo.1】 Queen Kapi‘olani Hotel (クイーン カピオラニ ホテル) 内野 亮さん(コーディネーター)、赤澤かおりさん(ライター)推薦夕暮れ時、プールサイドから望むダイヤモンドヘッド。遮るものは何もなし!「どこにいてもどーんとそびえ立つダイヤモンドヘッドが拝める最高のロケーション。朝も、昼も、夜も、この景色が眺められるなんて最高に贅沢。日がな一日このプールサイドで本を読んだり、カクテルを飲んだり、昼寝したり。やっぱり大人のハワイはこうでなくちゃ!」―赤澤かおりさんこのハワイビューは何にもかえがたい カパフル通りに面し、カピオラニ公園を目の前にして立つクイーン カピオラニ ホテル。古くから愛されてきたここが今年、ハワイアンカルチャーを知るローカルアーティストたちの手によって、古きよき雰囲気は残しつつ、新たなるハワイスタイルを取り入れたホテルとなって誕生した。以前からここを愛してやまない赤澤さんは「どこからでもダイヤモンドヘッドが迫りくる勢いで眺められるビューがより生かされたつくりになったし、ハワイアンカルチャーを感じるコーディネートもすばらしい。しかもリーズナブル。このコスパは注目度大」と大絶賛!カパフル通りから入ってすぐのロケーションだから海もすぐそこ。おすすめは海側のペントハウスやジュニアスイートなど。海もダイヤモンドヘッドもという欲張りさんにうってつけハワイ島のアーティストが描いた優しいタッチの絵が飾られたゲストルームフロントにはエアラインのヴィンテージポスターが並ぶエレベーター前にはデューク・カハナモクのヒストリーコーナーも【DATA】 150 Kapahulu Ave., Honolulu ☎808・922・1941 1泊1室$179~、ジュニアスイート・ダイヤモンドヘッドビュー$369~  全315室 IN15:00 OUT11:00 https://jp.queenkapiolani.com/口コミを寄せていただいた ハワイ通の皆さんモデル・桐島かれんさん 発売中のムック『KAREN’s VOL.1 2019春夏』(KADOKAWA)でも“かれん流ハワイの休日”を紹介。 モデル・ブレンダさん ハワイ在住。最近は、女友だちとおしゃれをして素敵なブランチやディナーを楽しむのが好き。 フォトグラファー・山口規子さん 渡航歴30年以上、多いときは年に4、5回滞在。「いろいろな天気に合わせてのんびり過ごす」がモットー。 フォトグラファー・種房千保子さん 渡航回数は約50回、渡航時は2~3週間、ノースショアに滞在。海を眺められる場所で過ごすのが基本。 スタイリスト・村山佳世子さん 仕事やプライベートで頻繁に滞在。今はショッピングよりもビーチで過ごしたりドライブをしたり。 スタイリスト・徳原文子さん 渡航回数は約25回。最近は子供中心でとにかくプールのあるホテルで気ままにのんびり。 旅行ライター・坪田三千代さん 世界各国のリゾートに精通。アロハスピリッツに触れ、オールドハワイを感じるのも楽しみのひとつ。 コーディネーター・内野 亮さん ハワイと日本を行ったり来たりしながら魅力を伝える、ハワイの伝道師。『ハワイに恋して!』出演中。 ライター・赤澤かおりさん 時間ができるとすぐハワイへ出かける猛烈なハワイマニア。12作目の『Hawaii note』が好評発売中。撮影/内田 恒 構成・文/赤澤かおり 本誌編集部 コーディネート/内野 亮 ※掲載されている情報は2019年6月現在のものです。 ※エクラ8月号掲載
  • ヴィクトリアズ・シークレットの元エンジェルとして知られ、現在も絶大な人気を誇っているモデルのアレッサンドラ・アンブロジオ(38)。先日、交際中の恋人や子どもたちと一緒にバカンスを満喫する様子がキャッチされた。 Photo:Getty Images セレブに人気のリゾート地、ギリシャのミコノス島に滞在しているアレッサンドラ。毎日のように海に繰り出し、ビーチライフを楽しんでいるところが目撃されている。 特に白いビキニを着こなし、浜辺をさっそうと歩く姿はゴージャス!のひと言。ヴィクシーモデル時代に劣らないパーフェクトなボディを見せつけた。 Photo:The Mega Agency/アフロ またパパラッチは、もうすぐ交際1年を迎えるイタリア人の恋人ニコロ・オディとジャグジーでいちゃつく様子も激写。この日は、真っ赤なビキニにお団子ヘアと可愛らしい雰囲気のアレッサンドラ。ふたりで水入らずの時間を過ごしたよう。 Photo:The Mega Agency/アフロそんなアレッサンドラのビキニ姿に負けじと注目を集めたのが、長女アンジャちゃん(10)。ディナーに向かう最中にパパラッチに遭遇すると、誰よりも前に立ち、カメラに向かってキラースマイル! Photo:Instagram(@_hollywoodcelebnews_) さらにアピールは止まらず、今度はモデルさながらのポージングまで披露。石畳の路地をランウェイのごとく歩く愛娘に、アレッサンドラは気にするそぶりを見せないもののどこか誇らしげ? Photo:Instagram(@_hollywoodcelebnews_) トップモデルの母をもち、幼い頃からスポットライトを浴びてきたアンジャちゃん。7歳のときには、マイケル・コースのキャンペーンビジュアルに親子で登場。愛くるしい笑顔で世界中をキュンとさせた。Photo:Instagram(@alessandraambrosio) ちなみにアレッサンドラと言えば、ヴィクトリアズ・シークレットのショーに17年連続で出演し、エンジェルを11年間務めたことで有名。すでに抜群のプロポーションをもつアンジャちゃん、母に次いでヴィクシーモデルとして活躍する姿が見られるかも? 話題の美女カップル、クリステン・スチュワート&ステラ・マックスウェルが復縁!?(外部サイト) 豪華絢爛! ヴィクトリアズ・シークレットの歴代ファンタジーブラを一挙大公開(外部サイト) text:Kyoko Kawaguchi
  • 何も考えないほうが上手にキマる。ちょっぴり奮発アイテムで、そんな手抜きが叶います最近、とてもラクだな~~と思っている手抜きスタイルがあります。それは、大きなブランドのスニーカーを使ったコーデ。ロゴが入った主役のスニーカーをジャマしないように、ただシンプルなものを合わせればいいだけなので、手抜きでもばっちりおしゃれしているように見えてしまうのです。プチプラ服も引き立ちやすく、とても便利なアイテム! 靴はこれまで、ひと目でどこのブランドかわかるデザインはほとんど選びませんでした。でも、近年はブランドの「ロゴ」ブーム。服もバッグも、ロゴが大きくデザインされているのがトレンドに。それで、初めてのロゴシューズは、シャネルのスニーカーでデビューしてみました。 実際に履いてみると、外での反応は「かわいい」と素直に褒められて少し驚きました。言われてうれしいのは「嫌味がない」ということ。アイテムとしてヘルシーな印象のスニーカーは、ロゴが目立っても威圧的になったり、嫌味な印象を与えにくいのだと初めて気づきました。ブランドスニーカー×超シンプル服。このラクさの虜になり、早速2足めを選びはじめ… 「VLTN( ヴァレンティノ)」デビュー!「VLTN」のロゴ流行は今はじまったわけではないですが、よく見かけるTシャツやYシャツの、モノトーンがカッコいいな~と思いながらも、あの「ロゴバンっ!!」を着てみる勇気がなかったのです。だからスニーカーからはじめようと。足ならこれくらいロゴが大きくても、全身で見るとバランス的にはちょうどよく、やはり白スニーカーの爽やかさが勝ってイヤミを感じません。 ヴァレンティノのアイコン、ハードな「ロックスタッズ(尖った四角錐)」が、かかとにさりげなくついていてカッコいい。ロゴはブラックですが、かかと部分はこげ茶のようなメタリックなので、ブラウン系の服にも合わせやすいです。足裏は、すべてこのロックスタッズが一面に!このおかげで滑り止めの役割にもなってくれそうです。服はスニーカーの引き立て役に徹するのみ。ジャマはしません。究極シンプルなほうがカッコいいので、何も考えずに目に入ったTシャツやデニムなどを合わせるだけです。もちろんプチプラでOK(むしろそれがいい)。何も凝ったことはしていないのに、スニーカーのおかげで「ちょっとおしゃれな人」に変身。 「ロゴに身をまかせてラクをする」。いつもアレコレ着回しを考えているわたしにとって、これはとても新しい発見でした。この「VLTN」には他に真逆のブラック×白ロゴもありますが、シャネルが黒なので断然今回は白。この白黒2足さえあれば、真夏だって大人のスニーカースタイルはラクにカッコよくできます!ブランドばかりではなく、大好きな定番コンバースも交互に履き、飽きずにモノトーンを楽しみます。スニーカーが白黒なので、きれい色はあまり使わずベーシックカラーのみ。それでスニーカーを引き立てると、大人のスニーカー通勤スタイルは簡単に完成↓ 【Day1】タイトスカートに合わせたヘルシーなフェミニンコーデ ↑タイトスカート×ノースリーブは女性らしい雰囲気ですが、白スニーカーのおかげでヘルシーな印象に。ロゴは大きいですが字体が細いので、目立ちすぎず控えめな主張。服の上下は、前回のユニクロ2,000円コーデです!【Day2】デニムに合わせたモノトーンのジャケットコーデ ↑スニーカーを主役にするため、服をシンプルに白黒モノトーンにするとロゴが映えますね。ブラックの細身デニムとジャケットでハンサムな印象に。小物とバランスをとり、服はユニクロ&GUの上下プチプラで遊びゴコロを入れても楽しいです。【Day3】コンバースホワイト×ベージュのデニムコーデ↑白のハイカットにホワイトデニムを合わせ、夏らしくさわやかな印象に。白とベージュは上品な印象なので、大人っぽいスニーカーコーデに仕上がります。【Day4】黒コンバースにワンピースを合わせたカジュアルフェミニン↑ロングワンピースは抜け感を出すために、ペタンコのサンダルやパンプスを合わせることが多いですが、マンネリコーデになりやすいので時々ハイカットを合わせます。上から8割はフェミニンで、下をスニーカーで崩すのも好きなスタイルです。【Day5】ロゴスニーカー主役のハンサムコーデ↑やはり「ロゴ」はラク!ゴチャゴチャ組み合わせを考えなくても、シンプルTシャツとパンツがあれば、ただそれでいいのです。これこそまさに時短コーデ!スニーカーが「ダッド寄り」なので、Tシャツもパンツも素材は女性らしいテロンとした柔らかいものを合わせました。 ↓スカート丈は中途ハンパより、足首が少し見えるくらいのマキシが好きです。「靴にはお金をかけていい」。年齢とともにより強く思うようになった気がします。自分を支えている大事な足ですから、少しくらい奮発してもいいですね。スタイリングへの自信をつけてくれるので、きっと価格以上の価値を感じられることかと思います。運命の1足に必ず巡り会えますよ!▶VALENTINO (ヴァレンティノ)「 VLTN オープン スニーカー」の詳細はこちらをチェック………………………………………………………………………………………………… ★オマケのプチプラVol.41★ 「デザイン靴下(324円~)」 パンプスやスニーカーを履く時、デザインのある靴下を合わせると、素足とはまた違った雰囲気を楽しめますよね。最近では300円ショップなどでもおしゃれなものが手に入るので、履いてみたいデザインや色に気軽に挑戦できます。 300円均一のお店、「ミカヅキモモコ」の水玉チュールソックスと、「チュチュアンナ」のラメソックス。どちらもとってもかわいいので、「遊び」を出したい時に愛用しています。チュールやシースルーソックスは高そうなイメージがありますが、今は300円でも種類豊富に見つかります。しかも、どれも高見え商品が多い! ドットのパンプスもお気に入りですが、靴下をドットにするとまたちょっと足先が女性らしい印象に変わります。「チュチュアンナ」はラメの色や靴下の長さの種類が充実しているのでよく選びに行きます。ほとんど3足1,000円なので、これもやはり1足300円前後。ブラックやグレーのラメは大人でも合わせやすく、スニーカーにも遊びを取り入れられます。暑くなると素足が多いですが、つま先を出していると冷えるので、意外と足が疲れてきます。時々は靴下を履いて、上手に「夏冷え対策」していきましょう♪ 美女組 Akane 元国内線C/A。フランス留学中にアルバイト生活でプチプラファッションに目覚め、現地でリアルな着こなしを見て学ぶ。40代が最大限おしゃれに見えるプチプラアイテムを日々発掘中。小学生2児の母。
  • 夢の国では空も飛べる♡ 「ソアリン:ファンタスティック・フライト」、7/23(火)OPEN『東京ディズニーシー』の新アトラクション「ソアリン:ファンタスティック・フライト」が、7/23(火)いよいよオープンします☆ 大注目の「ソアリン:ファンタスティック・フライト」を、DAILY MOREのライター愛ちあんが、先輩ライター・みかりんを誘って一足お先に体験してきました!日本文化が描かれた作品も! 物語の舞台は、“空を飛ぶ”という人類の夢を称える特別な博物館。「ソアリン:ファンタスティック・フライト」は、海外のディズニーテーマパークで人気を誇る大型アトラクション「ソアリン」に、新たなシーンが加わった『東京ディズニーシー』オリジナルのアトラクション。場所は、「メディテレーニアンハーバー」の丘にあります。圧倒的な存在感に、“おぉ”と声がもれる私たち。期待に胸を膨らませ、いざ中へ!一歩足を踏み入れると、爆増するワクワク感。ナチュラルにスキップしだした私、愛ちあんに、みかりんが“すっごい浮かれてる(笑)”と一言(笑)。ですがこの後、一緒にはしゃぎまくってくれたのは言うまでもありません。「ソアリン:ファンタスティック・フライト」には、素敵な物語があります。それは......【ここは空を飛ぶという人類の夢を称える特別な博物館「ファンタスティック・フライト・ミュージアム」。飛行の研究に情熱を注ぎ、未来を夢見て努力し続けた女性、カメリア・ファルコの人生をアートなどで振り返る特別展が開催中です。今日は、そんな彼女が情熱とイマジネーションの赴くままに完成させた「ドリームフライヤー」を体験いただきます】というもの。アトラクションまでの道のりには、物語にちなんださまざまなアート作品が並んでいます。ポイントは、作品のいたるところに日本の要素が散りばめられているところ! 忍者や折り紙、凧などが描かれているので、並んでいる間にぜひ注目を。また、さらに奥へと進んでいくと、映像を楽しむ「プレショー」のスペースが!「プレショー」の内容はネタバレになるのでお伝えしませんが、2つの映像がランダムに表示されます。どちらも観た私たちが言えることは、どっちを観ても、“うわぁ……♡ すごい♡♡”と声がもれるに違いないということ!並んでいる時間も飽きずに楽しめ、夢に溢れていて感動です。体験したみんなが拍手喝采!! 乗る場所によって音や角度が異なる新感覚のアトラクションに、大興奮大感動!!! そしていよいよアトラクションへと乗り込みます。「ソアリン:ファンタスティック・フライト」は、巨大なスクリーンで映像を観ながら楽しむシミュレータータイプのアトラクションです。ドリームフライヤーと呼ばれる乗り物に乗り、シートベルトを締めたら準備OK☆スクリーンの映像とともに上空へ浮かび上がると、世界中の名所や大自然をめぐる雄大な空の旅がスタートします。“もし本当に空を飛べたら、きっとこんな感じなんだろうな……”と、すっごくリアルな風や匂いを感じられるのが大きな特長です☆詳しい内容はネタバレになってしまうので控えさせて頂きますが、愛ちあんのお気に入りはラストシーン。あまりにもきれいで、ときめきの嵐でした!!! どれだけ素晴らしかったかは、私たちのこちらの表情からお察し下さいませ……(笑)。旅が終わると、場内はしばらくの間拍手に包まれました。もしかしたら一番最初に拍手をし出したの、私たちでは(笑)? この鳴り止まない拍手こそが、体験した人の気持ちそのもの。本当に素晴らしかった! リアルガチで、空飛びました!! (笑)!!!愛ちあんは、興奮のあまり放心状態に(笑)。みかりんからは、出口に向かう途中、“夢の国って、空も飛べるところになったんだね”と、胸アツなコメントが飛び出したほど。みなさんにも、この興奮と感動をぜひ味わってほしい‼︎また、このアトラクションのおもしろいところは、乗る位置によって音や映像の角度が異なるところ☆ この日、愛ちあんとみかりんは4回(!)アトラクションを体験しましたが、乗るたびに新しい発見があって、“すべての席で体験したい......”と本気で思ったのでした。パイナップル味の水色チュロスに可愛い「Tシャツ」。グルメメニュー&おすすめグッズ、教えます♡「ソアリン:ファンタスティック・フライト」をモチーフにした3つのフードとドリンク、さらに、おすすめグッズもしっかりチェック!スペシャルなブルーカラーが可愛すぎるフード&ドリンク!まずは、「ポップコーン、バケット付き」。「ソアリン:ファンタスティック・フライト」の建物前のワゴンで売られているこちら。可愛いイラストはもちろん、上部の白いミッキーを回すと、キュートな仕掛けがありますよ♪ 中のポップコーンは、まさかのマーラー味。程よい辛さにドハマリしそう!(¥2000)次に、「ファンタスティック・フライト・ドリンク(ライチータピオカ)」。真っ青なドリンクは、さっぱり甘いライチー味。珍しいライチー味のタピオカとレモンゼリーが入っていて、デザート感覚でも飲めちゃいます☆ 私たちが思わずおかわりしたおいしさをあなたもぜひ!(¥450)そして、度肝を抜かれたブルーカラーの「ファンタスティック・フライト・チュロス」!チュロスはパイナップルのフレーバー。甘酸っぱくてフルーティーな味わいで、とってもおいしい!(¥400)カレや友達とおそろコーデに☆ 普段使いもできそうな「Tシャツ」がおすすめハッピーな気分を盛り上げてくれるグッズもたくさん! 「バスタオル」や「トートバッグ」、「ぬいぐるみバッジ」など、さまざまなアイテムがあります。愛ちあんとみかりんがおすすめするのは、男女兼用で着られる「Tシャツ」。S・M・L・LLと選べるサイズで、普段使いもできそうなデザインが◎。カレや友達、親子でおそろコーデを楽しんで♬(各¥2900)※商品およびメニューは品切れや金額、内容等が変更になる場合があります詳細は『東京ディズニーシー』「 ソアリン:ファンタスティック・フライト」特設サイトから関連記事:『東京ディズニーランド』&『東京ディズニーシー』でタピオカ♡ 2019年夏に出合えるタピオカドリンク全部見せ!撮影 / 齊藤晴香  ©Disney
  • 20〜40代でがんばってきたショッピング、アクティビティと、忙しいハワイはもう卒業。ゆったり贅沢に楽しむハワイ旅には、おいしい「食」が欠かせません。ハワイ通が選んだナンバーワンカフェ&レストランをお届けします。ワタナベマキさん(料理家)推薦Island Vintage Coffee(アイランド・ヴィンテージ・コーヒー)ワイキキのど真ん中、ロイヤル・ハワイアン・センターにあり、早朝から夜11時までオープンのカフェ。カフェといっても食事もしっかり。なかでも「"パシフィックアヒ"はハワイ中でナンバーワンのサンドイッチ!」とワタナベさん。ほかにも、シェフこだわりの5種類のお米をミックスした五穀米に、冷凍ではなく生のアヒをのせた人気のポケ丼や、新メニューのモアナボウルなど、そのどれもが文句なしにおいしい。滞在中の野菜・果物不足解消にもひと役買いそうだ。初夏には隣接してワインバーもオープン予定で、お酒とおつまみまで楽しめるように。ロイヤル・ハワイアン・センター中央のエスカレーターを上がってすぐのナイスロケーションリリコイ(パッションフルーツ)とピタヤ(ドラゴンフルーツ)のスムージー($8.75)まもなくオープン予定のワインバーでは、チーズやドライフルーツなどのおつまみも他の画像を見る2301 Kalakaua Ave., #C215 Honolulu ☎808・926・5662 6:00~23:00(FOOD 6:30~22:00) 無休 ※予約不可次は:旬なプレイスNo.1のレストラン内野 亮さん(コーディネーター)、赤澤かおりさん(ライター)推薦Deck.(デック)クイーン カピオラニ ホテルの3階にあるオープンレストランは、ダイヤモンドヘッドが目の前に広がる贅沢ビューと、朝から夜までシーンに合わせて使えるのが魅力。「リニューアルしてますます素敵に。なにかというとここに来ます。はずせないのは毎月第2日曜のサンデーブランチ。ひとり$55でプライムリブやオイスター、サーモン、ポケなどがそろうビュッフェが楽しめ、+$25でミモザも飲み放題。これはかなりマストです!」(内野さん)。オープンテラスのソファ席でゆったりくつろぎながら朝ごはん。アボカドトースト($12)、トリプルスタックパンケーキ($15)など。毎日実施の夕暮れ時のハッピーアワーも最高見た目はボリュームたっぷりなハンバーガーだけれど、実はベジタリアン仕様のインポッシブル・バーガー($19) グアバなどのミモザ3種(各$8)150 Kapahulu Ave., Hololulu 3rd floor of The Queen Kapiolani Hotel ☎808・931・4488  6:30~23:00(日曜~22:00)、ハッピーアワー16:00~18:00  無休次は:プレートランチNo.1のレストラン赤澤かおりさん(ライター)推薦Pioneer Saloon Kaka’ako(パイオニア サルーン カカアコ)ローカルに人気のプレートランチ店が昨年、話題のカカアコ「SALT」に新店舗をオープン。チキンカツやハンバーグステーキなど定番メニューはもちろん、こちらはお酒とおつまみも充実。「サクッとランチ昼飲みも、夕方の小腹も満たしてくれる頼りになるところ。とにかく何を食べてもハズレがないのがいい!」と太鼓判の赤澤さん。しょうがが効いたさっぱり味の豆腐&チキンハンバーガーステーキ、大根おろしポン酢($12)と、人気の納豆、山いも、ポキのネバネバ丼($15)おしゃれな店内675 Auahi St., Honolulu  ☎808・600・5612  11:00~20:00(金・土曜~21:00、日曜~15:00) ㊡元日、独立記念日、感謝祭、クリスマス次は:ビーチ朝ごはんNo.1のレストラン小澤征良さん(作家)、村山佳世子さん(スタイリスト)推薦Hau Tree Lanai(ハウツリー・ラナイ)目の前に広がる静かなカイマナビーチを前に、のんびり朝ごはんを楽しめる場所として長年不動の地位を守り続けているニューオータニ カイマナ ビーチ ホテル1階のレストラン。幼少期からここに通う小澤さんは「宝島を書いた作家、ロバート・ルイス・スティーヴンソンがよく訪れていたことで有名な、屋根がわりのハウツリーが印象的な気持ちのいいところ」と今でもごひいき。朝は特に混んでいるので予約をするか、オープンの7時をねらって。ハワイ産ハーフパパイヤライム添え($6)、ポイ・パンケーキ($15)、クラシック・エッグベネディクト($20)は定番の人気The New Otani Kaimana Beach Hotel 2863 Kalakaua Ave., Honolulu ☎808・921・7066(日本語対応可) 朝食7:00~11:00、ランチ11:45~14:00(日曜12:00~)、ディナー17:30~21:00 無休  ※タンクトップ、水着不可。要予約。次は:ロコアジアごはんNo.1のレストランブレンダさん(モデル)推薦PIGGY SMALLS(ピギー・スモール)ファーマーズマーケットで出店していたことから人気に火がつき、ダウンタウンにお店を構えた『ピッグ&ザ・レディ』。ここは2年前にオープンしたその姉妹店。メニューは本店とは違い、ベトナム料理だけに固執することなく、タヒチやミャンマーといった国からもヒントを得た魅力的な創作料理。最近、ニューオープンが続くワード地区にあることもあり、ローカルからの注目度も高い。本店よりもリーズナブルに楽しめるのも人気の一因。カジュアルな雰囲気の店内も、やってくる人々も含めて今のハワイを感じられるところ野菜と昆布をベースにしたあっさりスープに、えのき、トマト、ハーブがたっぷりのビーガン・フォー($16)グリーンパパイアの食感と、にんにく、ごま、ナッツなどのエスニックな香りを楽しめるサラダ、ウィークエンド・アット・バーミーズ($14)他の画像を見る1200 Ala Moana Blvd., STE.665, Honolulu ☎808・777・3588 ランチ11:00~15:00(土・日曜はブランチ10:00~)、ディナー17:00~21:30(日曜はディナー営業なし) ㊡元日、独立記念日、感謝祭、クリスマス ※予約がベター。撮影/内田 恒 構成・文/赤澤かおり 本誌編集部 コーディネート/内野 亮 ※掲載されている情報は2019年6月現在のものです。 ※eclat8月号掲載
  • 「年を取っていく自分の姿を見るとつらい」という相談者さんに、みうらじゅんさんと辛酸なめ子さんが独自の視点で回答!【今月のお悩み】「自分の老化を受け入れられません」鏡を見ると、年々老化していく自分の姿が……自然のことと思いつつも受け入れられない自分がいます。半分ムダと思いながら、高級スキンケアやエステに散財。この費用も馬鹿になりません。今後、どのような心構えで加齢を迎えればいいのか、ご教示いただけますでしょうか。 (埼玉県・かほ・48歳・会社員)☆辛酸なめ子さんの回答洋画などを観ていると男性の俳優のシワ祭りみたいになっていて、中高年男性はシワが年輪というか魅力になっている風潮がずるいです。誰か勇気ある女性セレブが加齢の魅力を見せつけて価値観を変えてほしいです。 ☆みうらじゅんさんの回答今、起きている現象は「老化」ではなく 「進化」。楽しんじゃいましょう!老化をなかなか受け入れられないという気持ち、よくわかります。僕もある朝、顔の肉がたるんでいるのに気づいて、「あれ? 酒の飲みすぎでむくんだかな」と思い、ほっぺたをパンパン叩いてたもんですよ。でも、次の日もそのまた次の日も、むくみはとれない。そこでようやく「あ、飲みすぎじゃなく、肉が重力に逆らえなくなったんだ」と初めて気づいたしだいで(笑)。  子供のころは「努力をすればなんとかなる」と教わったものです。さらに少し大人になると、「お金をかければどうにかなる」と信じるようになって。でも、こと老化にかぎっては努力が報われにくい。高級な化粧品やエステにしたって、老化した部分を補修したりスピードを遅らせる効果はあるかもしれませんが、完全に若さを取り戻せるわけではありませんから。そのことは、かほさんも気づいてらっしゃるからこそ「この費用も馬鹿にならない」と憤っていらっしゃるわけでね?  これはもう、老化や加齢をつらいものとして「受け入れる」のではなく、生きる者として当然のことだと受けとめるしかありませんよね。僕もまだ、ピンときてませんが、どうやら老化はずっと続くわけではなく、「死」というオチが待っているっつーじゃないですか。つまり、われわれは死に向かって「進化」しているわけで。  何も、かほさんだけが老化しているのではありません。「若いころのようにならなきゃ」というような強迫観念にみな、かられがちです。〝老化〟って言葉がいけないんですね、きっと。死への〝進化〟。これも嬉しくないですよね。やっぱ、ここは「老いるショック!」ってギャグでどうにか笑ってやりすごせないもんですかねぇ。  例えばですけど、かほさんの過去の姿を知らない人が集まる場所に行くというのは、どうでしょう。  かほさんはきっと、もともとおキレイなのだと思います。だからこそ、若いころの姿と今を比べて落ち込んでしまうのでしょう。だとしたら、今のかほさんしか知らない人ばかりの場所を見つけて出かけません? 習い事でも趣味のサークルでもなんでもいいと思います。そこで出会う人は、努力されている現在のかほさんを見て「キレイ」「若々しいですね」と言ってくれるでしょう。  もっとも、その人たちの目もやがて慣れ、ほめてくれなくなるかもしれません。そうしたらまた新しい場所に移ればいいんじゃないでしょうか。  本当は身近な人に「若々しい」と言ってもらえるのが一番の若返りの薬のような気がしますがね。ちょっとおしゃれをして、これまでと違った場所に出かけてみる。そのうち、時間を忘れて夢中になれるものに出会えるかもしれません。そうなればしめたもの。鏡をのぞいてため息をつく暇もなくなると思いますよ。●JUN MIURA: イラストレーターなどなど。「マイブーム」「ゆるキャラ」ほか多くのブームを生み出す。近著に『男気の作法』(マガジンハウス)、『人生エロエロだもの』(文藝春秋)など●NAMEKO SHINSAN: 漫画家、コラムニスト。巫女的な感性でアイドル観察からスピリチュアルまで、あらゆる事象を取材。近著に『魂活道場』(学研)、『おしゃ修行』(双葉社)などがある【お悩み募集!】ご応募はこちら>> ※ご応募にはハピプラ会員のプラス会員登録が必要です。※採用時は匿名にて掲載します。※承諾を得た場合を除き、応募されたかたの個人情報を目的以外に利用することはありません。 撮影/露木聡子 ヘア&メイク/木下 優(Rossetto/辛酸さん) 取材・文/鈴木裕子
  • こんにちは小野アムスデン道子です。チェンマイはタイ北部最大の都市ですが、エネルギッシュなバンコクに比べて、空気がゆっくり流れ、昔ながらのタイが楽しめる街。物価も安く、2週間以上のロングステイをする日本人も多いそう。優しい辛さのチェンマイの料理、美しい寺院、素朴な田んぼの藁アート、丁寧なスパ、癒されることがいっぱいです。チェンマイから北に50kmのメーテンにある、ランナー様式でタイ北部最大の寺院「ワット・バーンデン」。タクシーをチャーターして約1,000バーツ(1バーツ=約3.5円)で行くことができます。高さ4メートルはあろうかという涅槃像や、塔頭と共に祭られている12支の動物、想像上の動物たちが華やかでカラフルなお寺は別世界のよう。そこから田んぼのそばに藁アートが立つという貯水池「ファイトンタオ」へ(入場料50バーツ)。なんと巨大な3匹のキングコングがそれ! 周りは水田で、元々は刈り取った藁を利用することから始まったのだそう。田んぼには、1泊600バーツで泊まれるというゲストハウスもあります。レインシャワーにトイレも整備されていて、田んぼの真ん中で、ちょっと他では味わえない宿泊が出来るかも。ユニークな歴史遺産として、タバコ乾燥庫をカフェやレストラン、ホテルにリノベ―ションしてユネスコ賞も受賞した「カオマイ エステート1955 」があります。緑に囲まれたレンガ造りの建物はそのままに、中は快適に改装されています。レストランで、北部料理の定番の一つ、“カントーク”をいただきました。豚皮唐揚げやゆで野菜、ゆで卵を青唐辛子とタマネギなどをすりつぶしたディップにつけて食べるものです。柚子胡椒のようなこのディップが風味豊かで、止まらないおいしさです。チェンマイでは今、バケーションでリフレッシュしながら働く「ワーケーション」というスタイルで滞在するタイ人や欧米人がいて、この施設もWiFiが使え、カフェのテーブルでは充電もできるようになっていました。SNSのアップもしやすいですね。カオマイ エステート1955Kaomai Estate 1955    https://www.kaomailanna.com/estate.phpチェンマイ市内に戻りがてら、陶芸、手芸、雑貨やアパレルなど地元作家がショップを出すアーティスト村「バーン・カ―ン・ワット Baan Kang Wat」へ。作家の手になる一点ものがほとんどなのでお値段はそれなりに…。それぞれの工房スペースがとても素敵で、中にはカフェもあってゆっくり作品を見て回れます。いい作品に出会えば、チェンマイのよい思い出になりそうです。やはりタイに来たら、必ず立ち寄りたいのがスパ。タイ古式はじめ、レベルの高い施術の「ザ・オアシス スパ」へ。チェンマイに6店舗、バンコクやパタヤ、プーケットにもお店を展開しています。ここチェンマイ・バーン・セン・ドイ店は各国領事が住む高級エリアにあって、とても優雅なランナー様式の建物で、素敵なインテリアにうっとりします。スパ個室が5つに宿泊用の部屋も11室あります。オイルは使わず、筋肉を揉みほぐし血流を促すマッサージで不眠も改善されるという、タイ古式マッサージを受けました。1時間で全身を施術してくれて1,000バーツとお手頃。ザ・オアシス スパ The Oasis Spa  https://www.oasisspa.net/jp/home.php夕食は、オーガニックファームを併設して、新鮮なオーガニック野菜を使った料理で地元でも大人気の、「オーカジュ」のサンサーイ本店へ。農業を盛り立てようと3人の若者が創ったレストランの料理は、お値段が150〜300バーツと手頃でボリュームたっぷり。肉料理にもレストランの横の農場で栽培されているサラダがたっぷり添えられています。いろいろと野菜を選んでカスタマイズすることもできます。メロンをくり抜いたフルーツサラダは名物だそう。ドリンクはすべてノンアルコールですが、野菜たっぷりのお料理には、ヘルシーなスムージが合います。オーカジュ OHKAJHU  https://www.facebook.com/ohkajhuチェンマイに来たら絶対に味わってみるべきなのがカレースープの麺料理“カオソーイ”。市内にあって創業70年の有名店「カオソーイ・ラムドゥアン・ファーハーム Khaosoi Lamduan faham」のカオソーイは、ココナッツのまろやかな風味のカレースープに、弾力のある卵麺が絶妙で、上にのせた揚げた麺の香ばしさもポイント。トッピングは3種類あり、衣をつけて揚げた豚肉、骨付き鶏肉、スライスの牛肉とそれぞれにおいしいです(50バーツから80バーツ)。チェンマイソーセージなどのおつまみもビールにぴったり。チェンマイは、こうしたローカルグルメにナイトマーケットでのショッピング、寺院巡りなど普通の観光も楽しいところですが、ゆっくり滞在するならタイ料理クラスなど、ならではのローカル体験に挑戦してみては?1名から30名まで対応するというタイ料理教室「ルアン・ラダー」で、お馴染みのトムヤムクンやパッタイ、鶏肉カシューナッツ炒め、青パパイヤのサラダ(ソムタム)4品とマンゴーにココナッツで炊いたもち米をそえるデザート(カオニャオ・マムアン)を作りました。卓上コンロにエプロン、材料がセットアップされていて、料理にじっくり取り組めるのでやり遂げた感があります(1,000バーツ)。ルアン・ラダー RUAN LADA https://www.facebook.com/RUANLADA2599/チェンマイ観光局によると、住居費・光熱費・食費・交通費などの1カ月トータルのチェンマイ滞在費は26,000バーツ、9万円ほどです。観光目的なら30日以内はビザ無しで滞在できます。長期滞在でじっくりとチェンマイのローカルな体験や文化を楽しんでみるというのもよいかも。取材協力/ タイ国政府観光庁 https://www.thailandtravel.or.jp
  • 結婚してから2ヶ月ほど経ちました♡ 少しずつ生活が落ち着きつつあり、 式の日取りも決まって、プレ花嫁としての活動真っ只中です! そんな中、素敵な結婚のお祝いを頂いたのでご紹介させて頂きます♪ル・クルーゼのお鍋♡友人のお母様より頂きました(。・ω・。) 大好きなピンク色でとにかく可愛い♡ お料理するのが楽しいです♪ サイズ感もちょうど良く、とても使いやすいです! 家電や家具にかなりお金がかかってしまったため、キッチン用品の新調を諦めていた矢先にこんなステキなプレゼントを頂けて感激でした♡似顔絵入りのワイン+ワイングラス♡高校時代の友人達から頂きました♡ 実際に撮った彼との写真が似顔絵に加工され、ワインのラベルに…! プレゼントを開けた時にあっと驚き、とても嬉しかったです♪ ワイングラスは私の大好きなブランド、jillstuartさんのものでした(p*''v`*q)使える&可愛い食品ギフト♡可愛い可愛い食べ物ギフト♡ キティちゃんのおすまし&お味噌汁☆ キティちゃんの形をしたお麩の中には、リボンの形のお麩や乾燥野菜などの具材が入っており、一緒に付いているお出汁や味噌を入れらお湯を注ぐと出来上がる、、という優れものでした! 手軽に汁物を追加できるため、とても有り難いです(o''∀''人)ペアのタオル&お花♡大学時代の友人達より頂きました♡ TENERITTAのオーガニックコットンタオル&お花♡別途写真入りのメッセージカードも作ってくれました( ; ; ) タオルは、触るとふわふわで柔らかく、ずっと触っていたくなります(*'▽'*)ピンクとグレー2色のペア感も嬉しい♡ 勿体なくて、まだしばらく飾っておりますが(笑)今使っているタオルを入れ替える頃に出してみようと思っています♪ お洒落なインテリア雑貨類♡職場の上司、同僚、先輩より頂きました♡ プリザーブドフラワーは、なんと上司の奥様の手作り!赤いバラにはスワロフスキーが一粒ついていて華やかなデザインです♡彼からプロポーズの時に真っ赤なバラの花束を頂いたので、偶然にも同じお花で嬉しかったです♪ 私の大好きなブランド、TOCCAの柔軟剤は、開封するのが勿体ないパッケージの可愛さ♡柔軟剤は必ず使うものなので有り難いです!(o^^o) HABAのスクワランバスソルトは、2種類の香りのものが入っていました♡癒しの香りで優雅なバスタイムになります(p*''v`*q)保湿効果も感じられました!!お心遣いに感謝♡大切な方々からのお祝いの気持ちを頂けたということが本当に嬉しかったです(/ _ ; )♡ 結婚したんだなぁという実感と、感謝の念が湧いて、更に幸せな気持ちになれました(p*''v`*q) 何かお祝い品を考えている方へ、 少しでも参考になれば幸いです♡ 結婚式準備に向けて、プレ花嫁アカウントを作りました↓☆ こちらも宜しければご覧下さい♡ ♡プレ花嫁アカウント♡モアハピ部 No.667 もぴ のブログ
関連キーワード

RECOMMEND