LOUIS VUITTON

SPUR.JP

[ LOOK ]

関連記事
  • ワードローブの大半がユニクロというファッションエディター・伊藤真知さんが、この秋におすすめするアイテムは一枚でサマ見えする「美人ニット」。ニットの種類が多いユニクロですが、大人が品よく着るためには“首が詰まった”デザインを選ぶのがポイントなんだとか。 スタイルアップな工夫が満載♥ 一枚サマ見えの「美人ニット」 「品よく見えるのはもちろん、年齢とともにやせてくる胸元をカバーするうえでも、大人のニットは“首が詰まった”ものがおすすめ。とにかく品数の多いユニクロのニットですが、身長155㎝でもバランスのとりやすいロングスカートなど目新しいアイテムの中にも名品が多いので、この秋は“無難なシンプル”以外にも挑戦中」 クルーネックニット 「Vガゼットとカーキ色。男前なデザインでゆるニットにメリハリ」 スウェットの襟元などに見られる逆三角形のガゼットが、アクセ代わりのワンポイント。「上質なカシミヤ素材、形もいたってベーシックだからこそ、辛口なデザインがこなれて見えるアクセントに。首もとに視線を集めることで、のっぺりしがちなワントーンでも重心が上がり、脚長に見えます」。カシミヤクルーネックセーター¥8990(一部店舗のみで販売)/ユニクロ(ユニクロ/イネス・ド・ラ・フレサンジュ) サングラス¥34000/アイヴァン PR(アイヴァン) バッグ¥14800/カメイ・プロアクト (エムアイエス) KNIT : UNIQLO_¥8990 PANTS : THE NORTH FACE SUNGLASSES : EYEVAN BAG : MIS WATCH : Cartier タートルネックニット 縫い目がなく、薄手でも体が立体的に見える美シルエット。3Dプレミアムラムタートルセーター¥3990(一部店舗のみ9 月中旬より販売予定)(ユニクロ ユー)/ユニクロ Vネックカーディガン 襟を後ろに抜けるデザインは、ボタンを留めて一枚で着てもおしゃれ。顔まわりがすっきり見える細Vも好評。3Dプレミアムラムコクーンカーディガン¥3990(ユニクロ)/ユニクロ リブニット 凹凸がきわだつリブが縦のラインを強調しすらっと細見え。3DEFMリブラウンドセーター¥3990(一部店舗のみ9月中旬より販売予定)(ユニクロ ユー)/ユニクロ モックネックニット ボックスシルエットで上半身をコンパクトに。別売りで同素材のフレアスカートも。スフレヤーンモックネックセーター¥2990(ユニクロ)/ユニクロ ニットスカート しっかり長いマキシ丈のニットスカート。ぺたんこでも好バランス。メランジフレアスカート¥3990(一部店舗のみ9月中旬より販売予定)(ユニクロ ユー)/ユニクロ Who's 伊藤真知さん? 独自のユニクロ審美眼を持つファッションライター ファッションライターでありながら、ワードローブの半分がユニクロという真知さん。高見えコーデメソッドや、上質アイテムを選ぶ方法などをまとめた本を出版するほど、誰よりもユニクロを知り尽くしている。 『「ユニクロは3枚重ねるとおしゃれ」の法則』講談社 1400円 撮影/須藤敬一(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/神戸春美 スタイリング協力/池田メグミ 構成・原文/伊藤真知 企画/北村聡子〈BAILA〉 ※クレジットのないものは私物です ※BAILA2019年10月号掲載
  • SPUR11月号「南仏のウィークエンドハウスへ」特集で取材させていただいたラデュレのサフィアさんのセカンドハウス。パリのアパルトマンのインテリアやその美意識の高さを垣間見る機会はこれまで何度もあり、「間違いなく素敵なはず!」と確信していましたが、アンスイ村での取材を終えて送られてきた写真を見て、その想像を超えるおしゃれさに眩暈がしました。「こ、こんなおうちにすみたい」と見るなり興奮。リビングとダイニングに配した色違いのカラーランプや、70年代のデスク、バンブーの家具、心地よい風が吹いてきそうな大きな窓。南仏の光に映えるような色と素材への遊び心満載のそのセンスは、これまで取材させていただいたどのお家とも違うコンセプトで、サフィアさんのインテリアの引き出しの多さに改めて脱帽です。近隣の素敵な村々の景色とかわいいねこちゃんとともにぜひお楽しみください!(編集T) SPUR11月号「南仏のウィークエンドハウスへ」を試し読み(外部サイト)
  • 黒、白、グレーの無彩色のアイテムで統一したモノトーンコーデ。洗練された雰囲気を醸し出し、クールでシックなモノトーンコーデはアラフォー女性の強い味方。2019年版の最旬モノトーンコーデをご紹介します! 【目次】 ①スカートでつくる最旬モノトーンコーデ ②パンツでつくる最旬モノトーンコーデ①スカートでつくる最旬モノトーンコーデ■白ジャケット×黒タイトスカート×のモノトーンコーデすっきりとした縦長シルエットに、適度なボリューム感が好バランス シルバーエンボスレザー×ホワイトソールで見た目にも涼やか。「大人のダッドスニーカーは、イージーにもポップにも履かないこと! 選びも着こなしもきれいめ&シックが、断然おしゃれです」(スタイリスト・徳原さん)。 スニーカー¥74,000/トッズ・ジャパン(トッズ) ジャケット¥76,000/マディソンブルー Tシャツ¥14,000/ebure スカート¥26,000/アパルトモン 青山店(アパルトモン) メガネ¥48,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(ディータ) ネックレス¥15,000/ラヴァンチュール マルティニーク(フィリップ オーディベール) バングル¥21,000/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(レベッカ ピンス) バッグ¥75,000/ウィム ガゼット青山店(ヘイワード)▶白ジャケット×黒タイトスカート×のモノトーンコーデ 詳細はこちら■黒のノースリーブ×リボンつき白スカートのモノトーンコーデ清潔感のある白に、きゅっと結んだ大きめのリボンが甘すぎない女らしさを添えて 黒トップスを合わせただけのシンプルなモノトーンコーデも、リボンのアクセントのおかげでほどよく華のある着こなしに。ウエストにメリハリが生まれることでスタイルアップも狙える。スカート¥28,000/カオス丸の内(カオス) ニット¥18,000・手に持ったカーディガン¥24,000/スローン 帽子¥28,000/アパルトモン 青山店(ジャネッサ レオネ) ピアス¥305,000・ネックレス¥335,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) バッグ¥330,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) 靴¥88,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)▶黒のノースリーブ×リボンつき白スカートのモノトーンコーデ 詳細はこちら■グレーのTシャツ×黒レーススカートのモノトーンコーデすそからのぞく繊細なレースで、単調になりがちなワンツーコーデもセンシュアルなムードに 数ある素材の中でも、レースがもつ女らしさは格別。きれいめコーデももちろん素敵だけど、あえてこんなカジュアルなスタイルに投入するのもおすすめ。シンプルなTシャツが、たちまちフェミニンに見違える。スカート¥32,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス) Tシャツ¥9,000/ebure サングラス¥55,000/アイヴァン 7285  トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥32,000/エスケーパーズ(モダン  ウィーヴィング) バングル¥137,000/ザ ストア バイシー代官山店(アリアナ ブザードライフォル) バッグ¥101,000・靴¥62,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ)▶グレーのTシャツ×黒レーススカートのモノトーンコーデ 詳細はこちら■Vあきボーダーカットソー×黒のロングスカートのモノトーンコーデ街でさりげなく着るパリシックなモノトーン。大人の解釈 7 割の黒と3 割のボーダーの黄金比で、涼感フレンチスタイル。ポイントになるのは、背中のVあきからのぞく素肌や着こなしの明度を上げる白の潔さ。テイストを後押しするハットで夏ならではの遊びを加えたら、品格のあるハンドバッグでバランスを取って。定番服の黒こそ、小物センスも磨く。トップス¥11,000/ゲストリスト(ルミノア) スカート¥25,000(コキュカ)・ハット¥36,000(クライド)/ザ ストア バイシー 代官山店 バングル¥99,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(アグメス) バッグ¥686,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ)▶Vあきボーダーカットソー×黒のロングスカートのモノトーンコーデ 詳細はこちら■ヴィンテージ風Tシャツ×ニットスカートのモノトーンコーデプリントT解禁。素敵な黒上手はカジュアル上手 夏真っ盛りのカジュアル気分の日。ヴィンテージ風のTシャツにはきれい見えするタイトなニットスカートの巧みな受け入れ力を活用。腰に巻いたシャツのブルーがいっそうの清涼感を呼んでくる。Tシャツ¥13,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) スカート¥26,000/アパルトモン 青山店(アパルトモン) シャツ¥39,000/マディソンブルー サングラス¥38,000/アイヴァン PR(アイヴァン) バングル¥137,000/ザ ストア バイシー 代官山店(アリアナ) バッグ¥75,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)▶ヴィンテージ風Tシャツ×ニットスカートのモノトーンコーデ 詳細はこちら■黒のリブニット×白の透けスカートのモノトーンコーデ春のモノトーンコーデは、小さなドットと足もとの透け感で更新 リブニット×プリーツスカートの定番フェミニンスタイルも、スカートが透け素材&ドット柄になるだけでフレッシュに。パテントのワンハンドルバッグやスエードのヒールパンプスなどクラシカル小物で大人にまとめて。足もとの透け感に合わせ、靴の色も淡めトーンにするのがこなれて見える秘けつ。スカート¥25,000/インターリブ(サクラ) リブニット¥33,000/FUN Inc.(フォンデル) ストール¥53,000/ebur(e ファリエロ サルティ) バッグ¥345,000/エイチ アイ ティー(ロウナー ロンドン) 靴¥74,000/ジミー チュウ ▶黒のリブニット×白の透けスカートのモノトーンコーデ 詳細はこちら■白カットソー×黒ベースのドット柄スカートのモノトーンコーデ甘くレトロな黒ドット。白の奥行き+モダンなベージュで、ヘルシーに 黒べースのドットスカートの甘さをさわやかに演出するのが、カットソーとざっくりニットの「クリーンな白」のレイヤード。アイキャッチなデザインのベージュバッグとシャープなヒールで、今っぽい気分を加味。カットソー¥11,000/エイトン青山(エイトン) ニット¥29,000/サザビーリーグ(デミリー) スカート( 9 月下旬以降展開予定)¥29,000/インターリブ(サクラ) ピアス¥21,000・バングル¥38,000/フラッパーズ(シンパシー オブソウル スタイル) バッグ¥48,000/コード(ヴァジック) 靴¥79,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)▶白カットソー×黒ベースのドット柄スカートのモノトーンコーデ 詳細はこちら■グレーのブルゾン×黒のタイトスカートのモノトーンコーデアスレジャーはシックな黒が大人の正解。白&ベージュで洗練と上品さをプラス スポーティな気分は秋も継続。ゆるめブルゾンとタイトスカートで、サイズ感にコントラストをつけるのが今っぽい。ヘルシーな白Tとスニーカーに加え、ベージュのサングラスや端正なバッグで上品さをトッピング。 ブルゾン¥39,000/サード マガジン スカー¥32,000/ebure Tシャツ¥11,000/サンスペル  表参道店(サンスペル) サングラス¥28,000/アイヴァンPR(アイヴァン) ピアス¥23,000/ショールーム セッション(モダン  ウィーヴィング) バングル¥19,000/アマン(アンセム フォー  ザ センセズ) バッグ¥90,000/エリオポール代官山(ザンケッティ) 靴¥88,000/トッズ・ジャパン(トッズ)▶グレーのブルゾン×黒のタイトスカートのモノトーンコーデ 詳細はこちら ■グレーのTシャツ×黒のレーススカートのモノトーンコーデウールニット×レーススカート、冬の異素材MIXの定番を春夏にアレンジするなら? 正解は「ちゃんとカジュアルなTシャツ」合わせ。つるんとしたきれいめ素材より少しザラッとした質感のほうが、ツヤのあるレースとのMIX感がよりアップ。 Tシャツ¥7,000(ヘインズ × カーラ)・スカート¥54,000(サード マガジン)/サード マガジン 肩にかけたニット¥28,000・レギンス¥15,000/ボウルズ(ハイク) ピアス各¥15,000/ショールームセッション(マリア ブラック) バッグ¥188,000/ジミー チュウ 靴¥78,000/ジャーナル スタンダード レサージ ュ  青山店(ミッシェル ヴィヴィアン)▶グレーのTシャツ×黒のレーススカートのモノトーンコーデ 詳細はこちら■白の半袖シャツ×黒のロングスカートのモノトーンコーデパリッとした白シャツ×黒のロングスカートで気持ちが引き締まるコーデ。定番の白シャツと違って、オーバーシルエットだったり、バンドカラーだったりと少しカジュアル感があるのでカチッとしすぎない。モノトーンで統一することですっきりした印象に。 スカート¥18,000/アッシュ・スタンダードアトレ恵比寿店(アッシュ・スタンダード) シャツ¥24,000/アングローバル(イレーヴ) バッグ¥67,000/アパルトモン 青山店(ヘリュー) イヤリング¥9,000/アビステ 靴¥29,000/ベイジュ(ピッピシック)▶白の半袖シャツ×黒のロングスカートのモノトーンコーデ 詳細はこちら■黒のカーディガン×黒ベースのドット柄スカートのモノトーンコーデ辛口ドットスカートでしゃれたムードに 甘くなりがちなドット柄はタイトめシルエットで辛口な女らしさを意識。足もとはカジュアルなスニーカーでもフレンチエッセンスのきいたタイトスカートなら女らしさのバランスは損なわない。 スカート¥32,000 レリタージュ マルティニーク(レリタージュ マルティニー)  Tシャツ¥12,000/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(エピー ストゥディオ) カーディガン¥24,000/スローン ネックレス(2本セット)¥34,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(コンチー) バングル¥14,000/リエス(メゾン ボワネ) 靴¥5,800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース) バッグ¥165,000/J&M デヴィッドソン青山店(J&M デヴィッドソン) ▶黒のカーディガン×黒ベースのドット柄スカートのモノトーンコーデ 詳細はこちら■黒のジャケット×白のプリーツスカートのモノトーンコーデかっちりした印象の黒テーラードジャケットに、しゃらりと繊細に流れるアコーディオンプリーツの白スカート、モノトーンで統一することで、トレンドを楽しみながらも信頼感が得られる今どきの組み合わせに。小物はシルバーにすることで、シャープさと華やかさを添えて。 ジャケット¥69,000/アトリエ ニノン(ラスパイユ) カットソー¥6,800/スローン スカート¥35,000/ツル バイ マリコ オイカワ 靴¥24,000/ハイブリッジ インターナショナル(ファビオ ルスコーニ) サングラス¥28,000/アイヴァンPR(アイヴァン) ブレスレット¥16,000/アビステ バッグ¥128,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)▶黒のジャケット×白のプリーツスカートのモノトーンコーデ 詳細はこちら■黒のレザージャケット×白プリーツスカートのモノトーンコーデ"辛口ブルゾン×ちょっと辛口スカート"このMIX感、かなり新鮮! 幅の異なるプリーツを組み合わせた変型デザインは、ライダースジャケットのような主張の強いアイテムにも負けない存在感を放つ。×ふんわりギャザースカートという定番の甘辛MIXとはひと味違う、とびきり鮮度の高い着こなしが完成! 足もとはぺたんこサンダルで抜け感を出すのも今年らしさのポイント。スカート¥19,000/アッシュ・スタンダード アトレ恵比寿店(アッシュ・スタンダード) ジャケット¥120,000/アストラット 新宿店(アストラット) Tシャツ¥14,000/ebure サングラス¥44,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥31,000/TOMORROWLAND(ルッツ オーティズ) バッグ¥29,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ) 靴¥27,000/essence of ANAY(I LUCHENTI) ▶黒のレザージャケット×白プリーツスカートのモノトーンコーデ 詳細はこちら■ブラウンのTシャツ×黒スカートのモノトーンコーデブラウンTという選択で、スカートコーデの幅が広がる! ミラノマダムが愛するシックな色合わせも、アイテムが軽く、カジュアルになるとぐっとフレッシュな印象。洗いをかけて風合いを出したブラウンTシャツは、コンパクトなサイズ感も特徴。ふわっと広がるシフォンスカートにインしてバランスよく。Tシャツ¥9,000/アパルトモン 青山店(レミ レリーフ) スカート¥72,000/ドゥロワー 丸の内店(ティーマット マサキ パリ) ピアス¥9,800(ニナアンドジュール)・靴¥46,000(バルダン)/フレームワーク ルミネ新宿店 ネックレス¥42,000/ebur(e アル ズニ) バングル¥78,000/エーピー  ストゥディオ グランフロント オオサカ(ソフィ ブハイ) バッグ¥343,000/ロエベ ジャパン カスタマーサービス(ロエベ)▶ブラウンのTシャツ×黒スカートのモノトーンコーデ 詳細はこちら②パンツでつくる最旬モノトーンコーデ■黒シャツ×ブラックデニムパンツのモノトーンコーデいつもの服で特別感を。ベーシックを極めるブラック×タン ソフトなビッグリネンシャツとタフなデニムの選択がどこか凛々しく、それでいて女っぽい表情をともに醸す。そこにタンカラーやパイソン柄の小物を合わせたミニマムな配色でさらにシックに。シャツ¥28,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) パンツ¥22,000/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(エーピー ストゥディオ) ヴィンテージスカーフ¥36,000/カレンソロジー青山 バングル¥68,000/エストネーション(アリアナ ブサード ライフォル) バッグ¥185,000/トッズ・ジャパン(トッズ) 靴¥68,000/アパルトモン 青山店(マリアム ナシール ザティー)▶黒シャツ×ブラックデニムパンツのモノトーンコーデ 詳細はこちら■黒ブラウス×白パンツのモノトーンコーデストレスなくはけて、リッチで清潔。おしゃれの理想が一本に” ドレスや下着にも使用される、なめらかなビスコース素材がベース。真っ白という色の潔さも手伝って、リネンパンツにありがちなほっこり感とは無縁に。ここはクールなモノトーン配色で、着こなしも凛と。パンツ¥26,000/エリオポール代官山(バレナ) ブラウス¥31,000/エディション 表参道ヒルズ店(アーチ ザ) 帽子¥52,000/ボルサリーノ ジャパン(ボルサリーノ) ピアス¥25,000・バングル¥80,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) バッグ¥90,000/スーパー エー マーケット(ワイワイ) 靴¥43,000/エストネーション(バルダン)■黒パンツ×白パンツのモノトーンコーデ 詳細はこちら■黒のシャツワンピース×白パンツのモノトーンコーデ配色とシルエットの美しさで、凛としたたたずまいに 黒と白のコントラストと、ピシッとプレスのきいたクリアホワイトの細身テーパードパンツ。ルーズになりがちな夏の装いに、切れ味のいい女らしさを生んで。パンツ¥42,000/ドゥロワー 青山店(ドゥロワー) シャツワンピース¥21,000/フレームワーク ルミネ新宿店(マドモアゼル) カットソー¥16,000/ロンハーマン 頭に巻いたスカーフ¥19,000/ウィム ガゼット青山店(アルテア) イヤリング¥11,000/ビームス ハウス 丸の内(べべ) バングル¥18,000/プラージュ 代官山店(ドミニク ドゥネーヴ) バッグ¥39,000/ミュラー オブ ヨシオクボ 靴¥75,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ニナ リッチ) ▶黒のシャツワンピース×白パンツのモノトーンコーデ 詳細はこちら■黒のレースブラウス×ジャケット×白パンツのモノトーンコーデ黒のレースブラウスをメンズライクに ラフさと上品さのいいとこどり!鮮度の高いモノトーンコーデ。レースブラウス+テーラードジャケットのエレガントなセットを、白のベイカーパンツでほどよく着くずして。ブラウス¥58,000/J&M  デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) パンツ¥21,000/シンゾーン ルミネ有楽町店(ザ シンゾーン) ジャケット¥82,000/サザビーリーグ(ユニオンランチ) ピアス¥30,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(ルル フロスト) バッグ¥17,000/フラッパーズ(メゾン ヴァンサン) 靴¥69,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) インナー/スタイリスト私物▶黒のレースブラウス×ジャケット×白パンツのモノトーンコーデ 詳細はこちら■グレーのTシャツ×ブラックデニムパンツのモノトーンコーデ鮮やか色だからこそ効果絶大!モノトーンコーデにメガバッグで投入 着こなしを一気に今っぽくしてくれるメガバッグ。さし色効果も絶大だから、モノトーンコーデもぐっと華やかに。女っぷりを上げるヒール靴は、コバルトブルーと相性のいいシルバーをチョイス。バッグ¥39,000(ステート オブ エスケープ)・シャツ¥32,000(フランク&アイ リーン)/サザビーリーグ Tシャツ¥15,000/ADORE パンツ¥24,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス/J BRAND for Theory luxe) 帽子¥5,800/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(メゾン ド  リリス) 時計¥22,000/DKSHジャパン(TIMEX) 靴¥31,000/ファビオ ルスコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ)▶グレーのTシャツ×ブラックデニムパンツのモノトーンコーデ 詳細はこちら■白Tシャツ×白パンツ×黒小物のモノトーンコーデMUJIのプチプラTシャツ×白パンツでクリーンかつ女性らしさのある着こなしに。スカーフ、バッグ、サンダル、メガネは全て黒でまとめてコーデを引き締め、ジュエリーはシルバーで抜け感をプラス。 Tシャツ¥3,695/無印良品 池袋西武(MUJI Labo) パンツ¥56,000/ラ・フォンタナ・マジョーレ 丸の内店 スカーフ¥12,000/アパルトモン 青山店(ベンビエン) メガネ¥44,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥32,000・ブレスレット¥28,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) バングル¥235,000/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(ソフィ ブハイ) バッグ¥120,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥8,800/ビショップ(ティキーズ)▶白Tシャツ×白パンツ×黒小物のモノトーンコーデ 詳細はこちら■グレーのTシャツ×腰高ワイドの白パンツのモノトーンコーデ何げないのにカッコいい!〝あえてのグレーコンバース〞が映える グレーTシャツと白パンツのシンプルコーデに、ニュアンスのあるグレーのコンバースがこなれ感を演出。シンプルな合わせだからこそ、Tシャツの袖丈やパンツのシルエットの選びが重要に。 スニーカー¥5,800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース) Tシャツ¥12,000/エイトン青山(エイトン) パンツ¥28,000/ebure サングラス¥16,000(TOMORROWLAND)・バッグ¥90,000(ワンドラー)/TOMORROWLAND バングル¥35,000/ミューズ ドゥドゥーズィエム クラス 丸の内店(ガブリエラ アルティガス) ▶グレーのTシャツ×腰高ワイドの白パンツのモノトーンコーデ 詳細はこちら■黒の半袖シャツ×リネンのショートパンツのモノトーンコーデ心地よさに正直に。凛と美しいミニマリストを気取って おなじみのブラックシャツをリネンのショートパンツでアップデート。ラフな夏素材を選択しつつ、あくまでキレのいい女らしさを目ざして、新しい印象を残す。シャツ¥32,000/マディソンブルー パンツ¥19,000/カレンソロジー青山(カレンソロジー) サングラス¥32,000/アイヴァンPR(アイヴァン) ピアス¥53,000/エストネーション(アリアナ ブサード ライフォル) 時計¥1,590,000/ソーウインド ジャパン(ジラール・ペルゴ) バッグ¥34,000/アパルトモン 青山店(ヘリュー) 靴¥102,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ) ■黒の半袖シャツ×リネンのショートパンツのモノトーンコーデ
  • 都内を奔走する一日。足さばきのいい美脚パンツが強い味方に! 分刻みで営業先や印刷所を回り大忙しの販促ポスター納品日。こんなときはどんなに駆け回っても着くずれしないスタイリングが頼れる! きびきび動けるパンツにTシャツを合わせて、カーディガンをオン。黒がアクセントになってさらなる重心アップも。ブルーのバッグでさわやかさも足して、いざ出社。夕方まで走り周り、さすがに疲れた……。でも、ポスターを無事納品できてホッ! 今日は帰りに一杯飲んで帰ろう♡ カットソー¥11000/ゲストリスト(ルミノア) ニット¥16000/フィルム(ソブ) パンツ¥17000/ユナイテッドアローズ 有楽町店(ユナイテッドアローズ) イヤリング¥2500/ジューシーロック(ジューシーロック オリジナル) 時計¥38000/セイコーウオッチ(ルキア) バッグ¥41000/ショールーム セッション(オーエーディー ニューヨーク) 靴¥48000/エストネーション(ペリーコ) 【今月のPROFILE】広告会社のプランニング部勤務・花青山にある少人数の広告会社で、コピーや販促企画を手がける広告プランナー。週の大半は打ち合わせと営業で外出。恋愛はしばらくごぶさただったけれど……。 明日のコーデ一の画像をもっとみる 明日のおすすめ着回しアイテム 【"瞬間美人"見えアイテム】脚長ストレートパンツ太すぎず細すぎない、絶妙なストレートシルエット。股上深めで腰位置が高く見える。ニュアンスのあるライトブラウン。¥17000/ユナイテッドアローズ 有楽町店(ユナイテッドアローズ) 【ベーシックアイテム】背中あきカットソーバックが深めにあいたデザインで、一枚でも着映えする。ホワイトだから顔色も明るく。¥11000/ゲストリスト(ルミノア)  【ベーシックアイテム】Vネックニット襟元のボタンがアクセントになった、フィットする細身ニット。一枚で着て女っぽく。¥16000/フィルム(ソブ) 「今月のおすすめ着回しアイテム」まとめはこちらから 撮影/魚地武大〈TENT〉 スタイリスト/川上さやか 取材/久保田梓美 企画/渡辺真衣 WEB構成/衛藤理絵
  • 秋だけどまだまだ夜でも暑い日は、外でキンキンに冷えたビールが格別ですね! ということで新橋の赤提灯系居酒屋へ主人とデートに。 この日は、赤ワンピで! シンプルに着こなしやすいラインでカジュアルなデートにもってこい! まだまだこの時期でも汗はかく。 汗かき子の門脇は、かいてもすぐ乾くワッフル素材がとても好き♪ これにコーヒーブラウンのカーデを羽織るのもオススメです(^^) この日は、アクセブランドhinahinaのシルバーイヤリングと♡ このイヤリングヘビロテ中! 大ぶりだけどシンプルでどんなコーデでも合わせやすいんです。 これからの季節だと、ブラウンコーデに合わせていきたいな♪ one-piece / no brand earring / hinahina  shoes / GU こうして主人とゆっくり早い時間から飲むのが久しぶりでとても楽しい時間となりました(^^) Instagramもよかったらチェックして下さいね♪ 門脇聡子のInstagram
  • 以前色変アイテムとして、いい感じにくすみ色を作れるukaの4/0をご紹介しました。そんな「1個あると便利だよ」的なアイテムの第2弾としておすすめしたいのが、このロレアル パリのカラーリッシュ ルルージュ、632ノワールスターです。こちら去年発売された限定パッケージなのですが、この1年それはもうお世話になりっぱなしに。どうやらまだネットなどで購入できるようなので、満を辞して紹介したいなと思ったわけです。 これ自体の色は写真1番上の、ゴールドのラメ感のあるブラウンです。これを下敷きにして、例えば写真真ん中の赤を重ねると、一番下の深みのあるボルドーのような色に変わってくれます。これが本当に絶妙で、決してゴシックのようにはならず、抜群に奥行きのあるこなれた色合いを作ってくれるのが魅力。それも、赤だけでなく、青みの強い色やオレンジ味の強い色も、素敵に深めてくれるので汎用性も抜群なのです。 何よりこれを使用した日は、リップを褒められる率が高い! 手持ちのリップの幅をぐんっと広げてくれるありがたアイテムです。
関連キーワード

RECOMMEND