リラックスしたムードとカラフルな街並みが魅力! カリブ海、キュラソー島の歩き方

SPUR.JP

金色に輝く砂浜と、手つかずの美しいサンゴ礁に囲まれたキュラソー島。活気に満ちたこの島のおすすめホテル&スポットを紹介する


 カリブ海の南、ベネズエラ沿岸からちょうど40マイル、北緯12度の沖合に浮かぶキュラソー島。全長40マイル、幅8マイルのこの島は、多様な文化が混在し、活気にあふれている。小アンティル諸島を構成する島のひとつで、西のアルバ島、東のボネール島とともに“ABC諸島”とも呼ばれ、かつてはオランダ西インド会社の商人たちの貿易の中心地として栄えていた。

 島では塩が豊富に産出され、また入り江に囲まれた天然の港ショッテハットもあったことから、17世紀半ばにキュラソー島はオランダ西インド会社の支配下となり、首都である港町ウィレムスタットは西アフリカからの奴隷貿易の拠点になった。19世紀に奴隷制が廃止されるとキュラソー島の経済は崩壊したが、20世紀に入ってベネズエラの石油産業が急速に発展したことで息を吹き返す。そして2010年、オランダ領アンティルの解体によって、キュラソー島は単独の自治領となった。

 今日、この島を訪れる旅行者たちは、アムステルダムのロウハウス(長屋のように両隣とつながった家)を思わせるシャーベットカラーの家々が並んだハンデルスカーデ通りをそぞろ歩き、ラグジュアリーなビーチリゾートのように改装されたオランダ植民地時代の建物に泊まる。首都ウィレムスタットの中心、活気に満ちたプンダ地区の石畳の路地の近くには水上マーケットもある。ベネズエラの商人がマンゴーやメロン、ココナッツなどの農産物を卸し売りしているこのあたりは、島のなかでも最も南米らしさが感じられる場所だ。レストランが集中するピーターマアイ地区は、キュラソー島の食の中心地だ。

 ヤシの木が立ち並ぶ35カ所以上ものビーチ、65カ所のダイビングスポット、55カ国以上の文化を体現しているフレンドリーな地元の人々——。そんなキュラソー島は、カリブ海に浮かぶ島々の中でも発展著しく、しかも手つかずの自然が数多く残る島のひとつとして急速に認知度を高めている。

<STAY>

「バオアセ・ラグジュアリー・リゾート」
キュラソー島で唯一5つ星を獲得している、ビーチ沿いのバリ風リゾートホテル。ビーチの中央に波よけとして作られた人工島が穏やかなラグーンを作り、一段高くなったその周辺はトロピカルガーデンになっている。全23室の広々とした風通しのいいスイートルームとヴィラのエントランスには、砂を落として入れるよう、水を張った石造りの足洗い場が設置されている。ほとんどの客室は、庭を見渡せる屋根つきのテラスと小さなプライベートブールが完備。ビーチフロントのラグジュアリーなスイートルーム5室には、アーチ形の天井にキングサイズの天蓋つきベッド、ジャワ産の火山岩で作られた露天風呂もある。
baoase.com

画像: 「バオアセ・ラグジュアリー・リゾート」のプライベートプールを完備したヴィラ COURTESY OF BAOASE LUXURY RESORT

「バオアセ・ラグジュアリー・リゾート」のプライベートプールを完備したヴィラ
COURTESY OF BAOASE LUXURY RESORT

「アヴィラ・ビーチ・ホテル」
いくつもの時代を経てきた、キュラソー島最古のホテル。もとは英国およびオランダの総督官邸で、後に寄宿学校、民間病院として利用され、1959年にホテルとして開業した。ホテルの名は、初代オーナーがスペインの中世の街、アヴィラからとったものだ。全150室を有するリゾートホテルとなった現在も、1780年代に建てられた際のオランダ・コロニアル様式の堂々としたファサードがそのまま残る。埠頭沿いの、改装したばかりのオーシャンフロント「ブルー・ウィング」の客室からは、ホテルのプライベートビーチとラグーンが一望できる。心地よい風が通り抜けるオープンエアのレストラン「ザ・ペン」のおすすめは、キュラソーの郷土料理「ケシイェナ(スパイスで調味した肉をチーズに詰めて焼いたもの)」。
www.avilabeachhotel.com/usa

「サンタ・バーバラ・ビーチ&ゴルフ・リゾート」
2,000エーカーのサンタ・バーバラ・プランテーションの敷地内に作られた、27エーカーのラグジュアリーなリゾート。ここでは離島の隠れ家にいるような気分に浸ることができる。全350室のモダンな客室はカリブ海に面し、ピート・ダイが設計したチャンピオンシップ・ゴルフコースを備える。長い砂浜が続く海岸線には、探検してみたくなるような珍しい形の岩や洞窟も点在している。施設内でおすすめしたいのが、「アタベイ・スパ」のハーブトリートメント。キュラソー島の先住民、アラワク・インディアンに伝わる薬草療法を取り入れたヒーリング体験ができる。(その他、おすすめのスポットは?)
www.santabarbararesortcuracao.com

画像: 「サンタ・バーバラ・ビーチ&ゴルフ・リゾート」のロビー COURTESY OF THE SANTA BARBARA BEACH & GOLF RESORT

「サンタ・バーバラ・ビーチ&ゴルフ・リゾート」のロビー
COURTESY OF THE SANTA BARBARA BEACH & GOLF RESORT

SOURCE:「A Guide to Curaçao, a laid-Back Caribbean Island With Candy-Colored HousesBy T JAPAN New York Times Style Magazine BY MICHAELA TRIMBLE, TRANSLATED BY FUJIKO OKAMOTO MARCH 30, 2019

その他の記事もチェック

  • マチュピチュだけじゃない! アンデスの「聖なる谷」への旅

  • スペイン、フォルメンテラ島で非日常のリラックスを味わう

「サンタ・バーバラ・ビーチ&ゴルフ・リゾート」のロビー COURTESY OF THE SANTA BARBARA BEACH & GOLF RESORT

「カーニャ・バー&キッチン」の地元のフルーツや食材を使ったハウスメイドのソーダ COURTESY OF CAÑA BAR & KITCHEN

キュラソー島初のスベシャルティ・コーヒー・バー「ビーンズ」 COURTESY OF BEANS

関連記事
  • 20〜40代でがんばってきたショッピング、アクティビティと、忙しいハワイはもう卒業。ゆったり贅沢に楽しむハワイ旅には、おいしい「食」が欠かせません。ハワイ通が選んだナンバーワンカフェ&レストランをお届けします。ワタナベマキさん(料理家)推薦Island Vintage Coffee(アイランド・ヴィンテージ・コーヒー)ワイキキのど真ん中、ロイヤル・ハワイアン・センターにあり、早朝から夜11時までオープンのカフェ。カフェといっても食事もしっかり。なかでも「"パシフィックアヒ"はハワイ中でナンバーワンのサンドイッチ!」とワタナベさん。ほかにも、シェフこだわりの5種類のお米をミックスした五穀米に、冷凍ではなく生のアヒをのせた人気のポケ丼や、新メニューのモアナボウルなど、そのどれもが文句なしにおいしい。滞在中の野菜・果物不足解消にもひと役買いそうだ。初夏には隣接してワインバーもオープン予定で、お酒とおつまみまで楽しめるように。ロイヤル・ハワイアン・センター中央のエスカレーターを上がってすぐのナイスロケーションリリコイ(パッションフルーツ)とピタヤ(ドラゴンフルーツ)のスムージー($8.75)まもなくオープン予定のワインバーでは、チーズやドライフルーツなどのおつまみも他の画像を見る2301 Kalakaua Ave., #C215 Honolulu ☎808・926・5662 6:00~23:00(FOOD 6:30~22:00) 無休 ※予約不可次は:旬なプレイスNo.1のレストラン内野 亮さん(コーディネーター)、赤澤かおりさん(ライター)推薦Deck.(デック)クイーン カピオラニ ホテルの3階にあるオープンレストランは、ダイヤモンドヘッドが目の前に広がる贅沢ビューと、朝から夜までシーンに合わせて使えるのが魅力。「リニューアルしてますます素敵に。なにかというとここに来ます。はずせないのは毎月第2日曜のサンデーブランチ。ひとり$55でプライムリブやオイスター、サーモン、ポケなどがそろうビュッフェが楽しめ、+$25でミモザも飲み放題。これはかなりマストです!」(内野さん)。オープンテラスのソファ席でゆったりくつろぎながら朝ごはん。アボカドトースト($12)、トリプルスタックパンケーキ($15)など。毎日実施の夕暮れ時のハッピーアワーも最高見た目はボリュームたっぷりなハンバーガーだけれど、実はベジタリアン仕様のインポッシブル・バーガー($19) グアバなどのミモザ3種(各$8)150 Kapahulu Ave., Hololulu 3rd floor of The Queen Kapiolani Hotel ☎808・931・4488  6:30~23:00(日曜~22:00)、ハッピーアワー16:00~18:00  無休次は:プレートランチNo.1のレストラン赤澤かおりさん(ライター)推薦Pioneer Saloon Kaka’ako(パイオニア サルーン カカアコ)ローカルに人気のプレートランチ店が昨年、話題のカカアコ「SALT」に新店舗をオープン。チキンカツやハンバーグステーキなど定番メニューはもちろん、こちらはお酒とおつまみも充実。「サクッとランチ昼飲みも、夕方の小腹も満たしてくれる頼りになるところ。とにかく何を食べてもハズレがないのがいい!」と太鼓判の赤澤さん。しょうがが効いたさっぱり味の豆腐&チキンハンバーガーステーキ、大根おろしポン酢($12)と、人気の納豆、山いも、ポキのネバネバ丼($15)おしゃれな店内675 Auahi St., Honolulu  ☎808・600・5612  11:00~20:00(金・土曜~21:00、日曜~15:00) ㊡元日、独立記念日、感謝祭、クリスマス次は:ビーチ朝ごはんNo.1のレストラン小澤征良さん(作家)、村山佳世子さん(スタイリスト)推薦Hau Tree Lanai(ハウツリー・ラナイ)目の前に広がる静かなカイマナビーチを前に、のんびり朝ごはんを楽しめる場所として長年不動の地位を守り続けているニューオータニ カイマナ ビーチ ホテル1階のレストラン。幼少期からここに通う小澤さんは「宝島を書いた作家、ロバート・ルイス・スティーヴンソンがよく訪れていたことで有名な、屋根がわりのハウツリーが印象的な気持ちのいいところ」と今でもごひいき。朝は特に混んでいるので予約をするか、オープンの7時をねらって。ハワイ産ハーフパパイヤライム添え($6)、ポイ・パンケーキ($15)、クラシック・エッグベネディクト($20)は定番の人気The New Otani Kaimana Beach Hotel 2863 Kalakaua Ave., Honolulu ☎808・921・7066(日本語対応可) 朝食7:00~11:00、ランチ11:45~14:00(日曜12:00~)、ディナー17:30~21:00 無休  ※タンクトップ、水着不可。要予約。次は:ロコアジアごはんNo.1のレストランブレンダさん(モデル)推薦PIGGY SMALLS(ピギー・スモール)ファーマーズマーケットで出店していたことから人気に火がつき、ダウンタウンにお店を構えた『ピッグ&ザ・レディ』。ここは2年前にオープンしたその姉妹店。メニューは本店とは違い、ベトナム料理だけに固執することなく、タヒチやミャンマーといった国からもヒントを得た魅力的な創作料理。最近、ニューオープンが続くワード地区にあることもあり、ローカルからの注目度も高い。本店よりもリーズナブルに楽しめるのも人気の一因。カジュアルな雰囲気の店内も、やってくる人々も含めて今のハワイを感じられるところ野菜と昆布をベースにしたあっさりスープに、えのき、トマト、ハーブがたっぷりのビーガン・フォー($16)グリーンパパイアの食感と、にんにく、ごま、ナッツなどのエスニックな香りを楽しめるサラダ、ウィークエンド・アット・バーミーズ($14)他の画像を見る1200 Ala Moana Blvd., STE.665, Honolulu ☎808・777・3588 ランチ11:00~15:00(土・日曜はブランチ10:00~)、ディナー17:00~21:30(日曜はディナー営業なし) ㊡元日、独立記念日、感謝祭、クリスマス ※予約がベター。撮影/内田 恒 構成・文/赤澤かおり 本誌編集部 コーディネート/内野 亮 ※掲載されている情報は2019年6月現在のものです。 ※eclat8月号掲載
  • こんにちは小野アムスデン道子です。チェンマイはタイ北部最大の都市ですが、エネルギッシュなバンコクに比べて、空気がゆっくり流れ、昔ながらのタイが楽しめる街。物価も安く、2週間以上のロングステイをする日本人も多いそう。優しい辛さのチェンマイの料理、美しい寺院、素朴な田んぼの藁アート、丁寧なスパ、癒されることがいっぱいです。チェンマイから北に50kmのメーテンにある、ランナー様式でタイ北部最大の寺院「ワット・バーンデン」。タクシーをチャーターして約1,000バーツ(1バーツ=約3.5円)で行くことができます。高さ4メートルはあろうかという涅槃像や、塔頭と共に祭られている12支の動物、想像上の動物たちが華やかでカラフルなお寺は別世界のよう。そこから田んぼのそばに藁アートが立つという貯水池「ファイトンタオ」へ(入場料50バーツ)。なんと巨大な3匹のキングコングがそれ! 周りは水田で、元々は刈り取った藁を利用することから始まったのだそう。田んぼには、1泊600バーツで泊まれるというゲストハウスもあります。レインシャワーにトイレも整備されていて、田んぼの真ん中で、ちょっと他では味わえない宿泊が出来るかも。ユニークな歴史遺産として、タバコ乾燥庫をカフェやレストラン、ホテルにリノベ―ションしてユネスコ賞も受賞した「カオマイ エステート1955 」があります。緑に囲まれたレンガ造りの建物はそのままに、中は快適に改装されています。レストランで、北部料理の定番の一つ、“カントーク”をいただきました。豚皮唐揚げやゆで野菜、ゆで卵を青唐辛子とタマネギなどをすりつぶしたディップにつけて食べるものです。柚子胡椒のようなこのディップが風味豊かで、止まらないおいしさです。チェンマイでは今、バケーションでリフレッシュしながら働く「ワーケーション」というスタイルで滞在するタイ人や欧米人がいて、この施設もWiFiが使え、カフェのテーブルでは充電もできるようになっていました。SNSのアップもしやすいですね。カオマイ エステート1955Kaomai Estate 1955    https://www.kaomailanna.com/estate.phpチェンマイ市内に戻りがてら、陶芸、手芸、雑貨やアパレルなど地元作家がショップを出すアーティスト村「バーン・カ―ン・ワット Baan Kang Wat」へ。作家の手になる一点ものがほとんどなのでお値段はそれなりに…。それぞれの工房スペースがとても素敵で、中にはカフェもあってゆっくり作品を見て回れます。いい作品に出会えば、チェンマイのよい思い出になりそうです。やはりタイに来たら、必ず立ち寄りたいのがスパ。タイ古式はじめ、レベルの高い施術の「ザ・オアシス スパ」へ。チェンマイに6店舗、バンコクやパタヤ、プーケットにもお店を展開しています。ここチェンマイ・バーン・セン・ドイ店は各国領事が住む高級エリアにあって、とても優雅なランナー様式の建物で、素敵なインテリアにうっとりします。スパ個室が5つに宿泊用の部屋も11室あります。オイルは使わず、筋肉を揉みほぐし血流を促すマッサージで不眠も改善されるという、タイ古式マッサージを受けました。1時間で全身を施術してくれて1,000バーツとお手頃。ザ・オアシス スパ The Oasis Spa  https://www.oasisspa.net/jp/home.php夕食は、オーガニックファームを併設して、新鮮なオーガニック野菜を使った料理で地元でも大人気の、「オーカジュ」のサンサーイ本店へ。農業を盛り立てようと3人の若者が創ったレストランの料理は、お値段が150〜300バーツと手頃でボリュームたっぷり。肉料理にもレストランの横の農場で栽培されているサラダがたっぷり添えられています。いろいろと野菜を選んでカスタマイズすることもできます。メロンをくり抜いたフルーツサラダは名物だそう。ドリンクはすべてノンアルコールですが、野菜たっぷりのお料理には、ヘルシーなスムージが合います。オーカジュ OHKAJHU  https://www.facebook.com/ohkajhuチェンマイに来たら絶対に味わってみるべきなのがカレースープの麺料理“カオソーイ”。市内にあって創業70年の有名店「カオソーイ・ラムドゥアン・ファーハーム Khaosoi Lamduan faham」のカオソーイは、ココナッツのまろやかな風味のカレースープに、弾力のある卵麺が絶妙で、上にのせた揚げた麺の香ばしさもポイント。トッピングは3種類あり、衣をつけて揚げた豚肉、骨付き鶏肉、スライスの牛肉とそれぞれにおいしいです(50バーツから80バーツ)。チェンマイソーセージなどのおつまみもビールにぴったり。チェンマイは、こうしたローカルグルメにナイトマーケットでのショッピング、寺院巡りなど普通の観光も楽しいところですが、ゆっくり滞在するならタイ料理クラスなど、ならではのローカル体験に挑戦してみては?1名から30名まで対応するというタイ料理教室「ルアン・ラダー」で、お馴染みのトムヤムクンやパッタイ、鶏肉カシューナッツ炒め、青パパイヤのサラダ(ソムタム)4品とマンゴーにココナッツで炊いたもち米をそえるデザート(カオニャオ・マムアン)を作りました。卓上コンロにエプロン、材料がセットアップされていて、料理にじっくり取り組めるのでやり遂げた感があります(1,000バーツ)。ルアン・ラダー RUAN LADA https://www.facebook.com/RUANLADA2599/チェンマイ観光局によると、住居費・光熱費・食費・交通費などの1カ月トータルのチェンマイ滞在費は26,000バーツ、9万円ほどです。観光目的なら30日以内はビザ無しで滞在できます。長期滞在でじっくりとチェンマイのローカルな体験や文化を楽しんでみるというのもよいかも。取材協力/ タイ国政府観光庁 https://www.thailandtravel.or.jp
  • 結婚してから2ヶ月ほど経ちました♡ 少しずつ生活が落ち着きつつあり、 式の日取りも決まって、プレ花嫁としての活動真っ只中です! そんな中、素敵な結婚のお祝いを頂いたのでご紹介させて頂きます♪ル・クルーゼのお鍋♡友人のお母様より頂きました(。・ω・。) 大好きなピンク色でとにかく可愛い♡ お料理するのが楽しいです♪ サイズ感もちょうど良く、とても使いやすいです! 家電や家具にかなりお金がかかってしまったため、キッチン用品の新調を諦めていた矢先にこんなステキなプレゼントを頂けて感激でした♡似顔絵入りのワイン+ワイングラス♡高校時代の友人達から頂きました♡ 実際に撮った彼との写真が似顔絵に加工され、ワインのラベルに…! プレゼントを開けた時にあっと驚き、とても嬉しかったです♪ ワイングラスは私の大好きなブランド、jillstuartさんのものでした(p*''v`*q)使える&可愛い食品ギフト♡可愛い可愛い食べ物ギフト♡ キティちゃんのおすまし&お味噌汁☆ キティちゃんの形をしたお麩の中には、リボンの形のお麩や乾燥野菜などの具材が入っており、一緒に付いているお出汁や味噌を入れらお湯を注ぐと出来上がる、、という優れものでした! 手軽に汁物を追加できるため、とても有り難いです(o''∀''人)ペアのタオル&お花♡大学時代の友人達より頂きました♡ TENERITTAのオーガニックコットンタオル&お花♡別途写真入りのメッセージカードも作ってくれました( ; ; ) タオルは、触るとふわふわで柔らかく、ずっと触っていたくなります(*'▽'*)ピンクとグレー2色のペア感も嬉しい♡ 勿体なくて、まだしばらく飾っておりますが(笑)今使っているタオルを入れ替える頃に出してみようと思っています♪ お洒落なインテリア雑貨類♡職場の上司、同僚、先輩より頂きました♡ プリザーブドフラワーは、なんと上司の奥様の手作り!赤いバラにはスワロフスキーが一粒ついていて華やかなデザインです♡彼からプロポーズの時に真っ赤なバラの花束を頂いたので、偶然にも同じお花で嬉しかったです♪ 私の大好きなブランド、TOCCAの柔軟剤は、開封するのが勿体ないパッケージの可愛さ♡柔軟剤は必ず使うものなので有り難いです!(o^^o) HABAのスクワランバスソルトは、2種類の香りのものが入っていました♡癒しの香りで優雅なバスタイムになります(p*''v`*q)保湿効果も感じられました!!お心遣いに感謝♡大切な方々からのお祝いの気持ちを頂けたということが本当に嬉しかったです(/ _ ; )♡ 結婚したんだなぁという実感と、感謝の念が湧いて、更に幸せな気持ちになれました(p*''v`*q) 何かお祝い品を考えている方へ、 少しでも参考になれば幸いです♡ 結婚式準備に向けて、プレ花嫁アカウントを作りました↓☆ こちらも宜しければご覧下さい♡ ♡プレ花嫁アカウント♡モアハピ部 No.667 もぴ のブログ
  • 世界中の人たちから愛され続けている楽園、ハワイ。地球上にある唯一無二のこの存在に魅了され、取り憑かれ、通い続けてきた人もきっと多いはず。そんなハワイ通の方々に聞いた、ディナーにぴったりのおすすめのレストランをご紹介。徳原文子さん(スタイリスト)、坪田三千代さん(旅行ライター)推薦Hy’s Steak House(ハイズ・ステーキ・ハウス)記念日などにおしゃれして出かけたいステーキレストラン。フィレ肉の中でも希少なシャトーブリアンをキアヴェ炭でひとつひとつていねいに焼き上げたステーキは、さすが40年以上の歴史をもつだけあって、安定のおいしさ。「ストレートな味わいの正統派ステーキはここ。前菜も充実!」(坪田さん)、「お肉はもちろん、サイドのマカロニグラタンが大好き」(徳原さん)と肉以外のメニューの満足度も高い。シックな雰囲気のバーもおすすめ。分厚いガラス張りの向こうに、キアヴェ炭でステーキを焼くシェフの姿が拝める、中央のシートは人気。重厚なインテリアもまたここのよさ。ぜひおしゃれして訪れたいシャトーブリアンと野菜のロースト。注文は2人分以上から(1人分$65) 黒トリュフ、キングクラブ、マカロニのチーズグラタン($23)2440 Kuhio Ave., Honolulu ☎808・922・5555(17時以降は日本語対応可) 17:00~21:30(最終入店) 無休 ※ドレスコードあり(男性は襟つきシャツ、つま先の隠れる靴〈スニーカー可〉着用。サンダル、野球帽不可。子供も同様)。要予約。次は:ワイン×シーフードNo.1のレストラン飛田和緒さん(料理家)推薦Azure Restaurant(アズーア レストラン)ロイヤル ハワイアン ホテルのシグニチャーレストランは、ハワイ産の魚介類を味わいながらワイキキサンセットが楽しめる稀有なところ。日本人シェフ、桂真悟氏が腕をふるう繊細な料理と雰囲気が好きという飛田さんもこちらの常連。「今日のおすすめの魚介類と調理法が選べるメインがいいですね。ピンクシャンパンも旅気分をアップしてくれます」。バーセクションは予約なしでも気軽に入れるので夕暮れ時、ディナーの前の一杯にも。ピンクシャンパンや白、赤など、ワインの品ぞろえが豊富なことでも知られる。ペアリングのコースもありコナ産のロブスターの甘味をたっぷり堪能するひと皿($31)。きゅうり、ローカルラディッシュ、バジルなどを使ったソースをからめてキュートなピンクの壁にこの看板が目印2259 Kalakaua Ave., Honolulu ☎808・921・4600  17:30~21:00(LO)、 バー17:00~22:30 無休 ※スポーツウエア、水着、ビーチサンダルは不可。 予約がベター。次は:最終日ディナー候補No.1のレストラン内野 亮さん(コーディネーター)推薦Merriman’s Honolulu(メリマンズ・ホノルル)レストラン横の青々とした緑生い茂る畑、入口前の小さな畑で揺れるハーブ。“農場から食卓へ”をコンセプトに、20年以上も前からハワイでいち早く地産地消を掲げ、賞賛され続けているハワイ島のメリマンズが、昨年、オアフ島に待望のオープン。「90%ハワイ産の新鮮な野菜、肉、魚介を使った料理は、どれも素材の味がしっかり感じられるもの。ぜひ最終日に訪れて、心にも体にもハワイの味を刻んでいってほしいです」と内野さん。高い天井と窓が、より気持ちのいい雰囲気を醸し出す店内目の前で、なます、しょうゆバターなどと合わせてくれるフレッシュな味わいのテーブルサイド・ポケ($16)さっとソテーした大粒のホタテは甘く、とろけるおいしさ。ダイバー・シー・スキャロップ($42)1108 Auahi St., Honolulu ☎808・215・0022 (日本語対応可) ランチ11:00~17:00、ディナー17:00~21:00 (金・土曜~21:30) 無休次は:デザートのおいしさNo.1のレストランショーン・モリスさん(マーケティング&PR、フードライター)推薦MW RESTAURANT(エムダブリュー・レストラン)ハワイの名店『アラン・ウォンズ』出身の夫婦が切り盛りする、今のハワイを背負って立つハワイリージョナルキュイジーヌレストラン。オープンから5年がたつ今も、お客さんがひっきりなし。特別な日にも、デイリーにも使える気軽さもいい。ハワイ在住の日系4世、ショーンさんはここが大のお気に入り。特にデザートには思いが深く「デザートのおいしさはハワイいち。ディナーのあとにデザートだけ何種類も食べにくることもあるくらい」イチゴそのものを凍らせて削る、本格派のイチゴのシェイブアイス($12)これもショーンさんがイチ押しの、ガーリックマッシュルームソースが効いているジューシーなプライムリブアイステーキ($58)オープンキッチンまでの抜けが気持ちいい広々とした店内。客席との距離もゆったりで優雅な雰囲気1538 Kapi‘olani Blvd., Suite 107, Honolulu ☎808・955・6505 月~木曜10:30~21:00、金曜10:30〜22:00、土曜16:30~22:00、日曜16:30~21:00 ㊡元日、感謝祭、クリスマス ※予約がベター。次は:ローカル人気No.1のレストラン桐島かれんさん(モデル)推薦Maguro Brothers Waikiki(マグロブラザーズ・ワイキキ)かつて築地で働いていた日本人兄弟が切り盛りするマグロ料理の専門店。ダウンタウンにほど近いチャイナタウンで人気に火がつき、ここワイキキにもお店をオープン。目利きのふたりが選んだとろけるマグロめがけて開店前から列を成す大人気店だが、並ぶ価値はあり! マグロを中心に、ホタテやイカなどを合わせた丼物が種類豊富にそろう。桐島さんお気に入りの「中トロ&ポケコンボ」($15.52) 15時にチャイナタウン店を閉めてからワイキキ店をオープンする415 Nahua St., Honolulu, Pearl Hotel Waikiki 1F ☎808・230・3470 17:30~21:00 ㊡日曜 ※予約不可撮影/内田 恒 構成・文/赤澤かおり 本誌編集部 コーディネート/内野 亮 ※eclat8月号掲載 ※掲載されている情報は2019年6月現在のものです。
  • 7月は夏の泡に合うおつまみレシピを3回に分けてご紹介。2回目はズッキーニのフリット【今月のお酒】夏の泡(右)ザーゴ プロセッコ オン・ザ・リース フリッツァンテ (左)グランジュ・ティフェーヌ ヌーヴォー・ネ モンルイ ペティアン(右)オン・ザ・リースとは澱(おり)を引かないという意味。800年代後半の伝統的な製法で、イタリア・フリウリの天然水と土着の自然酵母を使い、瓶内2 次発酵させたプロセッコ。フルーティで繊細、丸みのある味わい、酵母のかすかな香 り。750㎖¥2,600(希望小売価格)/ノンナ&シディショップ   (左)フランス・ロワールの自然派ペティアン。5 代目の造り手が古い樹齢の木がある先祖代々の地で、より自然な方法でのワイン造りにこだわった。品種はシュナン・ブラン。レモンやハーブ、石灰のアロマ、奥に蜜っぽさも。厚みがあり、長い余韻。750㎖¥4,200(希望小売価格)/BMO 「揚げ物は泡のワインによく合うので、夏野菜を代表するズッキーニをフリットに。ズッキーニは柔らかい野菜なので、衣はカリッと軽いほうが似合います。そのため、パン粉を細かくするのがポイント。このひと手間が、食感のよさにつながります。香りのいいタイム、セージも揚げて、一緒にいただくと爽やかな風味に。泡のワインの酸で、揚げ物もさっぱりと味わえます」 【レシピ】ズッキーニのフリット【材料】[材料・2人分]ズッキーニ 1本 A 卵 1個 塩 小さじ1 薄力粉・パン粉 各適量 タイム・セージ・揚げ油 各適量粗塩(フルール・ド・セルなど) 少々 【作り方】 1ズッキーニは1㎝幅の輪切りにする。Aの卵は溶きほぐし、塩を混ぜる。パン粉はざるなどでこして細かくするか、フードプロセッサーにかける。 2 ズッキーニに薄力粉、A、パン粉の順に衣をつける。 3 タイムとセージは160℃の油に入れて2〜3分揚げ、取り出す。油の温度を170℃にし、②を入れてからりと揚げる。器に盛り合わせ、粗塩をふる。【Point】パン粉はざるなどを通して細かくするか、ミキサーにかける。細かくすると衣が薄くなり、軽い仕上がりになって野菜とよく合う。次回は7月27日(土)19時半更新予定。お楽しみに。 平野由希子 料理研究家、日本ソムリエ協会認定ソムリエ、フランス農事功労章シュヴァリエを叙勲。ワインバー「8 huit.」オーナー。フレンチをベースにしたおしゃれな料理とワインのペアリングを学ぶ、少人数制の料理教室「cuisine et vin」を主宰。詳細はホームページで。(https://www.yukikohirano.com/) 近著に「ソムリエ料理家のワインを飲む日のレシピ帖」(KADOKAWA)。 撮影/邑口京一郎 スタイリスト/駒井京子 取材・文/海出正子 
  • あらゆるシーンで頼りになる、ワンピース31着を日替わりでご紹介。day20は、コンパクトな上半身と、スカート部分のボリューム感でメリハリのあるシルエットを形成してくれる一枚。海辺のレストランまでパートナーと夕涼みドライブへ。day 20海辺のレストランまでパートナーと夕涼みドライブ上半身はコンパクト、スカート部分はギャザーたっぷりでボリュームを。このバランスが全身をすっきり見せてくれる。 ワンピース¥32,000 /ゲストリスト(アッパーハイツ) ネックレス¥58,000/ KAORU 伊勢丹新宿本店(カオル) スカーフ¥37,000 /フィーゴ(ピエール=ルイ・マシア) バッグ¥45,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ) 靴¥29,000/ウィム ガゼット 青山店(イル サンダロ オブ カプリ)  >>7月の雰囲気出しワンピース31days 一覧はこちら撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 取材・文/坪田あさみ ※エクラ8月号掲載
  • ナチュラル素材をふんだんに使ったタイのスパブランド「パンピューリ」。自宅のお風呂をゴージャスなリゾート気分にしてくれる人気のバスソルトが、ギフト仕様になって登場しました。麗しいジャスミンにフレッシュなミントをブレンドした癒しの香りは、疲れた心身を癒すのみならず、発汗作用にも優れ、デトックスにもうってつけ。リボン付きのボックス入りだから、大切な人へのギフトにもぴったりです。パンピューリ タイ ジャスミン&ミント バスソルト コレクション 50g×6包¥4,000/パンピューリジャパン ☎03-6380-1374撮影/久々江 満 原文/中込久理
  • 女子会ディナー 先日の女子会は表参道でフレンチディナー♪ 明治神宮前駅から歩いて5分かからないくらいのところにある「kiki harajuku」。 こんなところにこんなおしゃれなお店があるのか思うくらい隠れ家的なお店でした♪ 私たちが食べたのはコース料理。 こだわりの野菜とフルーツを使ったコースはとにかく見た目もきれいで思わず「わぁ〜」っと声が出てしまうほどでした♪ ・白桃とはまぐりのロワイヤル ・おくら蕎麦 ほうじ茶スープ仕立て  鱸のカダイフ巻き ・さつまいもパイ包み焼き 無花果とぶどうのサラダ仕立て ・鴨ロース煮 キャビア・ドーベルジーヌ 粒マスタードのソース ・デザート どれも本当に美味しくて特にさつまいものパイ包み焼き 無花果とぶどうのサラダ仕立てはしっとり甘いさつまいもがサクサクパイに包まれていて周りにはフルーツが添えられていてとても美味しかったです♪ ちなみにパンも自家製で作っているそうで外はカリカリの中はフワッフワで美味しいーーー!! (おかわり自由です♡) 隠れ家的レストランオススメです♡ Instagram
関連キーワード

RECOMMEND