冒険カラーをリアルに落とし込んだ、ポール & ジョーの透け感コスメが優秀!

SPUR.JP

ポール & ジョー ボーテのサマーコレクションは、70年代のディスコミュージックシーンを彷彿とさせる、煌めきを閉じ込めたコスメが勢揃い。

ポール & ジョー アイカラーL 全5色 ¥2,500(2019年5月1日限定発売)
ポール & ジョー アイカラーL 010(右上)、014(右下)、011(左下)各¥2,500(2019年5月1日限定発売)

太陽の下でもダンスフロアでも惹きつけて止まない、まばゆく煌めく印象的な目元を完成させるアイカラー。濁りのない発色でメイクのポイントとなるヴィヴィッドカラーと、クリスタルのように高い輝きを放つパールたっぷりのクリアカラーがセットに。それぞれの配分を変えるだけでオン仕様にもオフ仕様にも成りかわる使い勝手の良さもさることながら、カラフルなメイクも日常使いに落とし込む、程よい発色感がお見事!

ポール & ジョー リップスティック リミテッド  レフィル 全3色¥2,000、リップスティック ケース リミテッド 全2種 ¥1,000(2019年5月1日限定発売) 
ポール & ジョー リップスティック リミテッド  レフィル 左から005、006、007 各¥2,000(2019年5月1日限定発売) 

スティックから覗く猫モチーフがたまらないリップカラーに、夏らしいグリッターシリーズが登場! 70年代のディスコナンバーからインスピレーションを得たカラーで、センシュアルな唇を演出してくれるラインナップが揃う。

主役級に輝くグリッターホワイト005、ポップに弾けるグリッターピンク006、セクシーに煌めくグリッターレッド007は、どれもラフに使えるクリアな色づき。着せ替えて楽しめる限定デザインケースにセットして、さらに気分を高めて!

ポール & ジョー ネイル ポリッシュ12ml 全3色 ¥1,600(2019年5月1日限定発売)  
ポール & ジョー ネイル ポリッシュ 12ml 左から032、033、034 各¥1,600(2019年5月1日限定発売)  

太陽が照りつけるビーチで、ミラーボールが輝くダンスフロアで……カラフルな光が縦横無尽に輝く大胆なネイルも必見! ゆらめく光沢感が色っぽいメタリックパープル032、ポップで挑発的なジューシーレッド033、圧倒的な光で惹きつけるミラーグリッター034。モードなムードにも振れるエッジの効いたカラーと煌きは、夏のルックをおしゃれに盛り上げること間違いなし。

ポール ジョー ボーテ
http://www.paul-joe-beaute.com/jp/
0120-766-996

text:Saori Nozawa

>>ビューティニュースまとめ

⇩夏の限定色をまとめてチェック!

関連記事
  • 毎日使うものだからこそ、徹底的にこだわりたい! 人生のパートナー 化粧水大賞化粧水は洗顔後、真っ先に肌になじませるものだからこそ自分にとってベストのものを使いたい! そこで、美容のプロたちに「これまでに出合った最愛の化粧水」を徹底取材しました!!審査員のみなさま ※50音順モデル松本 愛さん美容家岡本静香さん濱田文恵さんヘア&メイクアップアーティスト甲斐美穂さん河嶋 希さん美容エディター&ライター石橋里奈さん立花ゆうりさん(全22名)内側から光を放つかのような透明美肌は、自然なツヤやうるおい、ふっくら感があってこそ!  美白ケアだけにとどまらない秀作がそろいました。1 DEW ブライトニングローション しっとり[医薬部外品]150㎖¥4000(価格は編集部調べ)/カネボウ化粧品この機能性にしてこの価格。のぼり坂OLの願望と合致するはず!(岡本静香さん)メラニンの生成を抑えてシミやソバカスを防ぎつつ、ヒアルロン酸研究の賜物「DEW」ならではの保湿力で、乾燥によりくすんで見える肌に明るさを取り戻す。「美白と保湿の両ケアを一度にできてラク。ラグジュアリーな香りでスキンケアが特別な時間に」(濱田さん)、「乳液のような軟らかいテクスチャーで、ケア後の肌がふんわりします」(甲斐さん)2 パルファン・クリスチャン・ディオール スノー ブライトニング エッセンスローション[医薬部外品]200㎖¥6900マイクロカプセルを潰しながら使うと、より効いている気が!(立花ゆうりさん)鎮静効果・抗酸化効果が期待できるビタミンEをマイクロカプセルにとじ込めることで、毎回フレッシュな状態で肌にリーチ! “エーデルワイス エキス”配合で、透きとおるような肌が目指せる。「とろっとした化粧水で、もっちりとした肌に仕上げてくれます。肌荒れや日焼け後のほてりが気になる時に使うと、より効果が実感できますよ!」(松本さん)3 シャネル ル ブラン ローション HL[医薬部外品]150㎖¥7800日焼け後にこれでコットンパック。リセットを通り越してトーンもUP!(石橋里奈さん)“ウメ フラワー エキス&オイル”とビタミンC誘導体がキー成分。くすみを払ってふっくらと整え、輝くような澄んだ肌へと導き、ひいては細胞の活力まで向上させるエイジングケア力に大喝采。「化粧水なのに、美容液まで塗ったかのようなリッチな肌ざわりが手に入ります。使い続けるうちに透明感が増していくから、毎日のスキンケアが楽しく!」(河嶋さん) ♡7月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 取材・文/浪花真理子 撮影/恩田はるみ スタイリスト/大島有華 撮影協力/AWABEES UTUWA
  • 夏こそチープシックを極めるいいチャンス。「アンダー5万円の『幸せモード』」では、ハイメゾンの名品からアジアブランド、メンズウェア、本気のワークウェアをボーダーレスにピックアップ。大人のおしゃれ心を満たします! 大人を夢中にさせる存在といえば、SixTONES。彼らの多様な魅力に、「野性と純真」というテーマでフォーカス! 2019年下半期の運勢が気になるなら、「運命のCOJI-COJI占い」は必読。さくらももこさんの人気キャラクターと数秘術のコラボレーションで、来季の指針を丁寧にレクチャー。SPUR8月号は、夏を盛り上げるワンダーランドマガジンです!太陽煌めく夏がやってくると、暑いとは言いつつ外へ出たくなるから不思議です。今月号では、次の秋冬にもトレンドが続きそうな“ピンク”色にフォーカス。アウトドアブランドとのミックススタイルで、夢見心地な「ピンクニック」のファッションストーリーを提案します。大好きな色を大胆に重ねて、とびきりハッピーな夏支度を! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  「いつかは欲しい」「久々に買いたい」と思っていても、何をどんな基準で選んだらいいのか迷うのが時計。決して安い買い物ではないですからね! そこで「究極のあがり時計は?」「カジュアルにもフォーマルにもつけられるのは?」などいろんなポイントから名品をピックアップ。秋に予定されている増税までに駆け込み買いするなら、まずはこちらをお見逃しなく! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  暑い夏のクローゼットの必需品、Tシャツ。毎日身に着けるアイテムだからこそ、魅力的なデザインとアフォーダブルなプライスを兼ね揃えた精鋭が必要です。どんなスタイリングにも合わせやすいクリーンなテイストから、アップカミングなストリートブランドまで幅広く紹介しています。真夏を一緒に駆け抜ける心強い相棒をぜひチェックしてください。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  夏なのにレイヤリング?と思ったそこのあなた。もう2019-20AWコレクションは発表されており、次の季節のムードがひたひたとモード界にはやってきているんです! 今回スタイリスト浜田英枝さんが提案するのは、今から着られてネクストシーズンも先取りできる、レイヤードテクニックについて。トレンドのエッセンスが凝縮された特集です。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  憧れのハイブランドから老舗のジュエリー、メンズアイテムから作業服専門店まで。街中を駆けずり回ってみつけたモードなアンダー5万円が一堂に! 確かな品質と、心躍るデザイン。このふたつが揃ったアフォーダブルなアイテムの数々。バリエーション豊かなラインナップは、買い物欲がムクムクと湧いてきます。この夏、おしゃれがもっと楽しくなること間違いなし! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  デイリーに活躍する名品が揃う、プレフォールコレクション。だからこそ気候の変化にあわせて長く着られるアイテムを、賢く手に入れるのが正解です! このテーマでは、スタイリング次第で2シーズン、ないしはオールシーズン着られるウェアを厳選。ドレス、シャツ、セットアップなど「今日買ってすぐ着られる」ウィッシュリストをぜひご覧ください! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  この夏はメイクアップにおいて、かつてないほどのベージュブームが訪れています。素顔にそっとベールをかけたかのような、やさしくフェミニンなまとい方を提案。唇に、目もとに、そして頬に。10%~100%まで、ベージュの分量を少しずつ変えて「新しい顔」を描きます。 驚くほど垢ぬける今シーズンのベージュの力を、ぜひ堪能してください。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  手にするだけで気持ちが弾み、使うと心がちょっと強くなる。2019年の上半期を代表するようなコスメティックスには、そんなパワーがあります。今回のベストコスメ特集は、私たちが生きていくうえでの“相棒”とも呼べるプロダクトをビューティプロの声に基づいて厳選。使う人の心を豊かにするようなコスメティックスを朝のストーリーとともにお届けします。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  ジョージアを知っていますか? 今、ファッション業界の人々はいっせいにこの旧ソ連の小国を目指しています。洗練されたホテルを中心に、ファッションスポット、レストランが続々とオープン。料理もワインも最高においしく、まさに楽園。まだどのガイドブックにも載っていない、ジョージアの魅力を凝縮させました。これを読んだ3分後、ジョージア行のチケットを買っていること間違いなし。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  平成から令和という大きな時代の変化を迎えた上半期を終えて、残りの半年はどうすれば?と思う方も多いはず。今回の下半期占いではなんと、さくらももこさんの人気漫画『コジコジ』とコラボレーション! 真木あかりさんの数秘術をキャラクターに紐付けて、基本性格や指針を解説します。ゆるく、でもしっかりと深く読み込める占いをぜひチェックしてください。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  
  • Photography:Satoko Tsuyuki「時計、あってもなくても……」。10年ほど前、愛用時計がこと切れて以来、買いあぐねていた私。「時計、やっぱり欲しいよね!」と再び思うに至ったきっかけがこの二人でした。ライターの栗山愛以さんとファッションエディターの岡部駿佑さん。両者ともモード最先端な攻め攻め系ですが、時計はクラシックなんです。このおしゃれ~な意外性に魅了された私はガチで時計が欲しくなり、SPUR8月号で「ラスト・ミニッツ・ウォッチ」特集を担当。上記二人のルポも必見ですし、時計ジャーナリストの本間恵子さんによるかゆいところに手が届くような買い物指南も勉強になる! 時計に興味ある人もない人も、まずはチラッと見てみてください。 SPUR8月号「人生最高の「ラスト・ミニッツ・ウォッチ」」を試し読み(外部サイト)
  • シースルーのタートルニットに白シャツ、そしてシースルーのVネックニット。写真の涼しげなシアーニットをきかせたレイヤリングスタイルは、SPUR8月号の浜田さんのレッスンの中でも、色や素材のセレクトがミニマムで洗練されていて、個人的に一番真似をしてみたい!と思ったルックです。この一体を作るために膨大なウェアをリースし、何十パターンものスタイリングを試し、ミリ単位でスタイリングのバランスを考える浜田さんの熱意に、今回も感動させられっぱなしでした。4ページに4ルックの特集ですが、そこには最新モードを緻密に分析する、浜田さんの研究の成果がつまっているのです。モードマニア必読の特集です! SPUR8月号「浜田英枝の先取りレイヤリング講座」を試し読み(外部サイト)
  • モードなアンダー5万円をスタッフ一同で探しまくりました! そこで見つけた個人的ヒットがおしゃれ“ギョサン”! 頑丈で、滑らず、素肌にフィット。しかも2300円(税抜き)という手ごろさ。“ギョサン”界の雄、丸中工業所が手掛ける「マルナカ ハイエンド」のサンダルです。スタイリスト小蔵昌子さんが合わせたのは白ですが、シックなブラウンやブラック、赤や青など実は色バリが豊富。ビーサンに飽きた~なんていうみなさん、この夏、ギョサンデビューしませんか? SPUR8月号「アンダー5万円の「幸せモード」」を試し読み(外部サイト)
  • SPUR8月号のジョージア(旧称グルジア)特集、必見です。「ジョージアがやばい」という話は5年ほど前から出ていたんですよ。でも、その時点では早すぎた。じわじわとイケてるスポットが開発されていき、メルセデスベンツ・ファッション ウィーク・トビリシが徐々に盛り上がっていき、満を持してこのたびシュプールは特集に踏み切りました。 ヨーロッパ、アジア、そして中東のクロスポイントに位置する旧ソ連の小国。デザイナー、デムナ・ヴァザリアの出身地としても注目され、ここ数年でファッション偏差値が一気に上昇。そこには、世界各国から買い付けた最新モードとともに、ジョージアデザイナーによる独特のファッションアイテムが揃っていて、そのどれもが本当に素敵なんです! もちろん、東京では買えないものばかり。そしてなんといってもここはワイン発祥の地。夢のようにおいしいオレンジ色のアンバーワインにあわせて、これまたファンタスティックなジョージア料理を堪能しましょう。こちらは、ヒンカリと呼ばれるジョージア版の小籠包。スパイスのきいた具から肉汁がじゅわっと溢れでてきます。 首都トビリシから車で3時間ほどの、秘境ステパンツミンダへのトリップも忘れずに。この風景をみたとき、「あ~ここは、天国なのかな」と本気で思いました。 こちらはファブリカホステルにあるカクテルバー。 そうなんです、ジョージアのホテルの内装のレベルの高さといったら。ホテルに一日いるだけでも楽しいです。というわけであまりにも素晴らしい国すぎて、熱量高めに情報を誌面に詰め込みすぎてしまいました。「こんなに細かいページ、久しぶり」と思われるかもしれませんが、後悔していません。ぜひじっくりお読みください! SPUR8月号「おしゃれな人はジョージアを目指す」を試し読み(外部サイト)
  • 新しいベージュのまとい方をお届けするSPUR8月号「ベージュの伝言」。今回のメイクアップを手掛けたのは、前川伸子さん。いつもナチュラルなベースにほんのひとさじのモード感を加えたテクニックを紹介してくださいます。こちらは、本誌未掲載のアザーカット。 Photography:Kiyoe Ozawa拡大してみてください。目周りに、クリームベージュのアイラインを入れています。彼女はまつ毛の色が薄いのでわかりづらいですが、日本人の黒いまつ毛の上にこのアイラインを組み合わせると、コントラストで黒いフレームがくっきりと目立ち、目がぱっちり見えるんです!このテクニックには心底驚きました。チーク、リップもすべてベージュでまとめるのがポイント。ぜひ試してみてくださいね。 SPUR8月号「ベージュの伝言」を試し読み(外部サイト)
  • 先日箱根に1泊2日で旅行に行ってきました! 箱根は有名な温泉地だと思いますが、自然もとても豊かな所なので今回はその良さも伝えられたら良いなと思います(^^)田むら銀かつ亭まず初めに着いてからはすぐにお昼ご飯を食べました!(笑) このお店の名物は何といっても豆腐かつ!豆腐かつは初めて食べましたが出汁と豆腐と卵がマッチしていてとても美味しかったです(^^) 平日でも並ぶ人気店ですが、開店後30分までに行くと比較的にスムーズに入れるとのことでした。堂ヶ島渓谷散歩道お昼ご飯を食べた後は箱根の自然散策へ! 渓流沿いの道を歩きながらバードウォッチングも楽しみました(^^)こんな感じで吊り橋を渡りながら箱根の自然を散策します。ちなみに吊り橋以外の道は意外と未舗装なので思ったよりも登山っぽくなるので注意が必要です(笑)キセキレイという鳥のヒナがいました!まだ顔があどけなくてかわいい~!(笑) 今の時期は子育ての時期なので色々な鳥のヒナが見れるのも魅力かなと思います。吊り橋付近ではキセキレイの成鳥もいました。ヒナと比べると尾羽が長くなり色も濃くなり、より美人さんになりますかわいい!!(笑)箱根 星のあかり渓谷散策をした後は芦ノ湖スカイラインなどを巡りつつ少し早めにお宿へ! 今回は名前にちなんで「箱根 星のあかり」というお宿に泊まりました(笑)部屋からの景色です!自然に囲まれたお宿なので部屋からも鳥の声が聞こえます~良い~!(笑)そして大浴場だけでなく部屋にもお風呂があり、しかも大浴場とは違う種類の温泉となっています!素晴らしい♨ そしてこのお宿の一番の特徴は屋上に足湯があるという点です!夜は星を見ながら足湯にはいることができ、その後ろにはリクライニングチェアもあるため足湯後は星見も楽しめます。宿の名前通りまさに「星のあかり」といった感じでした!(笑) ちなみに館内での浴衣は何種類かの生地と帯から選ぶことができるので自分だけの浴衣コーデも楽しめますよ(^^)芦ノ湖でカヤック2日目は芦ノ湖でカヤックをしました! 芦ノ湖というと遊覧船のイメージがありますが、今回はカヤックで芦ノ湖を巡ることにしました。 カヤックは初挑戦でしたが手漕ぎボートよりもよりスムーズに進みました!自分が行きたい所に行けたり岸辺の近くまで行ける点はとても良かったかなと思います。音楽をかけながら楽しんで漕ぐことができました(^^) 上空ではトビが飛んでおり岸辺ではカワセミが見れたりと自然も楽しめました。雲助だんご本舗カヤックの後は近くのお団子屋さんで和菓子を楽しみました。 私は白玉あんみつを食べましたが冷たさがカヤック後には持ってこいでした!お団子もモチモチで美味しかったです(^^)三島スカイウォークその後は三島スカイウォークに行きました! この吊り橋は歩行者用の吊り橋としては日本最長の吊り橋とのことです。 天気が良かったので富士山も綺麗に見え絶景を楽しめました(^^)山薬最後は自然薯のお店へ!自然薯というとろろ芋?のような食べ物でヘルシーごはんを楽しみました! 麦ごはんはおひつでおかわりが出来るのですが、自然薯料理がおいしすぎておひつを合計3杯おかわりたため、結果として全くヘルシーではないごはんになってしまいました( ^)o(^ )笑箱根 まとめ今回の旅行で箱根は温泉だけでなく自然やグルメも楽しめる所だということを改めて感じました! 火山警戒レベルが引き上げられたので行く前は少し心配でしたが行ってみると全く問題なく楽しめました。 個人的には堂ヶ島渓谷散歩道や芦ノ湖カヤック、星のあかりは本当に良かったなと思うので全力でオススメしたいです(^^) 箱根で自然と温泉とグルメを楽しむ休日、ぜひいかがでしょうか?モアハピ部 No.698 あかりんす のブログ
関連キーワード

RECOMMEND