[vol.77] 60年代のクラブバンド時代、チェルシー・ブーツを履いていたローリング・ストーンズがかっこよかった

SPUR.JP

開催中のザ・ローリング・ストーンズ展、特に印象に残ったのはデビュー間もない60年代の彼ら。ギターも着てる洋服も高価なものではないけれど、何かをしでかす若者のエネルギーが顔つきに表れていて、いや〜、57年も続いている偉大なるストーンズの原点がカッコいいのなんの!

当時の写真を眺めていて「これこれ、ブリティッシュロック・バンドといえば、チェルシーブーツだよね〜。アメリカのバンドみたいにスニーカーじゃないのよ。ミックなんかシェットランドのセーター着ててもブーツだもん」と、私は彼らのブーツに目がくぎ付けになってしまった。なんでもないシャツやセーターでも、足元はブーツ、というのがイギリスらしいニュアンスを感じさせる。余談だが、ミックの若い頃に似ているといわれているハリー・スタイルズなんかは、やっぱりチェルシー・ブーツがお気に入りで、チェスターコートなぞ羽織れば、もろイギリスの香りだ。意識してるよね。

当のミックは70年代になると、フレディ・マーキュリーばりのタイツをはき、セルジュ・ゲンズブールと同じ白のダンスシューズになる。そして今では黒革のスニーカーでスタジアムのステージを走りまわり、生きるロックレジェンドだ。大衆を惹きつけて、激しく、ときにエレガントに踊り歌う今のミックとストーンズのエンタテインメントなロックコンサートも好きだが、狭くて暗いイギリスのクラブで、チェルシーブーツを履いていたクラブバンド時代のストーンズが懐かしい。若さって、ブーツひとつで輝けるものなんですね。

関連記事
  • アイテムの選び方や、大人にふさわしい着こなし方など、夏カジュアルのお悩みを人気スタイリストがわかりやすくアンサー!松村純子松村純子女っぷりカジュアル派Q.SHORT PANTS 子供っぽくならず上品に、ショーパンをはくには? A.短すぎない膝丈で、ふんわり広がらないストレートシルエットを。リネンなどの上質素材がおすすめ(松村)「トップスには、Tシャツよりもシャツやジャケットなどしっかり形のあるものを合わせると間違いありません」。ショートパンツ¥17,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) シャツ(千駄ヶ谷店5 周年限定)¥29,000/サザビーリーグ(フランク&アイリーン) バッグ¥159,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ピアス¥16,000(マリア ブラック)・リング¥10,000(フィリップ オーディベール)/デミルクス ビームス 新宿 バングル¥56,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル)田澤美香田澤美香クリーンカジュアル派Q.SPORTY BLOUSON スポーティブルゾンが〝本気のスポーツ〞にならないためには? A.ブルゾン以外は、いつも以上に〝女らしさ〞を意識。とろみスカートやパンプスできれいめに仕上げて(田澤)「ブルゾン自体も上品な白やネイビーで、少しフェミニンアレンジがされたものを選んで。このグレー×ターコイズブルーのように、ニュアンスカラーと合わせると簡単におしゃれ見えします」 ブルゾン¥14,800/ソコラ/メイソングレイ カットソー¥9,000/カリテ スケープ  コレド日本橋店(カリテ) ギャザースカート¥12,000/ゲストリスト(ステートオブマインド) ピアス¥16,000(マリア ブラック)・バッグ¥39,000(OAD NEW YORK)/ショールーム セッション 靴¥26,000/ハイブリッジ インターナショナル(ファビオ ルスコーニ) 池田メグミ池田メグミキレありカジュアル派Q.PVC ITEM 中身が丸見えのPVCバッグ。おしゃれに持つには? A.可愛いプリントやきれい色の巾着や内袋つきタイプのほか、こんなバッグインバッグも新鮮です!(池田)「可愛いポーチなどでアレンジして"見せる収納"を楽しみたいところですが、実際はなかなかむずかしい。こんな小さめのかごがそのまま入ったバッグインバッグタイプなら、完全な3 ウェイで使えて便利! 出先で荷物が増えたら分けて持ったり、アレンジの幅が楽しめます」。 バッグ¥15,000/アルアバイル トップス¥8,900/エイトン青山(エイトン) パンツ¥18,000/ビームス ハウス丸の内(エム フィル) サングラス¥39,000/プロポデザイン(propo) バングル¥19,000・ゴールドバングル¥16,000/カオス丸の内(キャッツ) 【Marisol8月号2019年掲載】撮影/イマキイレカオリ(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/佐藤エイコ(ilumini.) スタイリスト/松村純子 池田メグミ 田澤美香 モデル/高垣麗子 取材・文/発田美穂
  • 明日のプレゼンに備えて、社内で最終チェック 社内の各部署をまわって打ち合わせと準備に奔走。ネイビ ーパンツとかっちりしたトラッド小物の"まじめ感"を、スニーカーでほどよくスポーティに味つけ。ヘルシーなイエローカーデを、前をとめてきれいめに着こなしたのがポイント。ジメジメしたシーズンだからこそ、さわやかな色を身に着けたくなる! 午前中からがんばったおかげか、夕方にはプレゼンの準備が無事完了。今日は早めに帰って英気を養おう♪ パンツ¥22000( 9 月発売予定)/フィルム(ソブ) カーディガン¥22000/ロートレアモン メガネ¥36000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) バッグ¥36000/コード(ヴァジック) スニーカー¥9990/ アディダスグループ お客様窓口(アディダス オリジナルス) ピアス¥52000/アパルトモン 青山店(アグメス) 時計¥29000/ウエニ貿易(ヘンリーロンドン) 【今月のPROFILE】広告代理店企画営業・絵美里33歳。広告代理店の企画部所属。営業の後輩と組み、地方企業のリブランディングを進行中。趣味はアート鑑賞。一人の時間も楽しいけれど、夏だもん、恋がしたい!(笑) 明日のコーデ写真一覧へ>> 明日のおすすめ着回しアイテム 【センタープレスパンツ】 シルエットの美しい八分丈パンツ。センタープレスですらり見え。¥22000( 9 月発売予定)/フィルム(ソブ) 【薄手カーディガン】 さし色に、はおりに。なにかと使える薄手カーディガンは、フレッシュなレモンイエローを選んで。¥22000/ロートレアモン 「今月のおすすめ着回しアイテム」まとめはこちらから>> 撮影/魚地武大〈TENT〉(物)スタイリスト/石田 綾 取材/久保田梓美 WEB構成/衛藤理絵
  • 今年50歳の節目を迎えた、エクラカバーモデル・富岡佳子さんの夏の私服スタイルを大公開! ビッグサイズの白シャツにワイドパンツを合わせて旬シルエットにトライ。今シーズンのキーワード“リラックス&モード”を代表するかのようなスタイルの完成!最愛の白シャツを味方に、ビッグ&ワイドの旬シルエットにトライ!今シーズンのキーワード、“リラックス&モード“を代表するかのようなビッグサイズの白シャツを、ワイドシルエットのパンツに合わせてワンツーコーデを完成。「去年までなら、細身のパンツを合わせていたと思うんです。でもこの夏は、ビッグ&ワイドシルエットにトライしたかった。最愛アイテムである白シャツだから、挑戦できたのかもしれません」。 サングラス¥32,000/アイヴァン PR(アイヴァン)【ITEM LIST】 SHIRT:JIL SANDER PANTS:PLAN C SCARF:CLYDE(SUPER A MARKET) EARRINGS/BANGLE:TIFFANY&Co. BRACELET/RING:HERMÈS BAG:DELVAUX SHOES:MICHEL VIVIEN “リラックス&モード”をつくるこの夏の主役アイテムPLAN Cのワイドパンツプラン Cは、マルニの元ディレクターが手がける新ブランド。「夏ものなのにこっくりしているキャメルのトーンがすごく今年らしいなと思って。ウエストがぎゅっと絞れるから、幅広い体型の人に合う一本なんです」。DELVAUXのタンペート’60年代に誕生したタンペート。富岡さんは、4つのサイズのうち、下から2番目のミニサイズをチョイス。「ストーリー性のあるバッグが好きです。コンサバにならないモード感のあるサイズが気に入りました」。JIL SANDERのビッグシャツむだのないシンプルなデザインの中に、今年らしさを詰め込んだモードかつ端正な白シャツ。「白シャツは毎シーズン、チェックします。なんといってもこのビッグシルエットにひと目惚れ。小さめの襟も好みです」。撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/モデル) 魚地武大(TENT/静物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリング協力/村山佳世子 モデル・コーディネート/富岡佳子 取材・文/磯部安伽 ※エクラ8月号掲載 
  • 第5回は、数多くの女性誌で活躍中の人気スタイリストが創り出した、ハンサムなのにセンシュアルなふみか。誌面には載せきれなかった未公開対談分を公開★ 辻直子 スタイリスト。   雑誌やCM、広告などをベースに活躍する人気スタイリスト。その服を着る人はどんな女性かを想像させるスタイリングは女優やモデルからの信頼も厚い。鮮やかさもありつつ品のよいコーディネートは多くの女性から高い支持を得ている。   ――  今回は、私たちがよくファッション誌でお見かけする辻さんのコンサバティブなスタイリングよりもハンサムな雰囲気があって意外でした。   辻 スタイリングする上では、もちろん被写体となるその方自身が一番大事。でも、私はその次に自分の好きなもの、自分が着たいと思うものをスタイリングに組み込んでいるんです。馬場さんの今の年齢や、ノンノで専属モデルをつとめられていることを考えてアプローチするスタイリングのしかたもあるけれど、せっかくこういう連載でやらせていただけるのなら、馬場さんに約20歳離れた私のフィールドに来てもらって、どうなるのかを見てみたかったんです。それで、今回は私自身の「スーツを着たい」という今の気分を馬場さんに投影して、スタイリングさせてもらいました。   ふみか 私自身は、辻さんのスタイリングをそこまでかけ離れたものだとは感じなかったです。むしろ、自分でもっと引き寄せて近づいていきたい、いつかの未来にあってほしい世界観だなと思いました。   辻 今日みたいに初めてお会いするモデルさんや女優さんのスタイリングをする場合は、あまり相手の方のイメージに対する先入観を持ちすぎないようにもしているんです。特に、この世界の階段をどんどんのぼっていける方って、さまざまな面を持っていると思うから。だから、「これを着たらどんな感じになるんだろう?」って、いろんな女性像を想像しながらも、ご本人が袖を通した時に一番いいと思ったコーディネートを選ぼうと考えていました。   ジャケット¥39000・パンツ¥27000/バロックジャパン リミテッド(y/m) シャツ¥27000/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(ウィム ガゼット) ピアス¥30000・ネックレス¥52000・リング(人さし指)¥72000・(薬指)¥51000/ステディ スタディ(トムウッド) サスペンダー/スタイリスト私物   ――  実際にスタイリングしてみた感想はいがかでしたか?   辻 セクシーだし、凛々しいし、品もある。写真をセレクトして絞った2枚のうちの1枚はフェミニンで、もう1枚のほうは私にはハンサムな男性のように見えたんです。どっちもすごくきれいで迷ったけれど、最終的にはハンサムな馬場さんを選びました。美しい人って、ちょっと男顔に見える瞬間があるんです。二つの顔というか。それがすごく好きなので。   ふみか 撮影の2週間くらい前まで舞台(『恐るべき子供たち』)で男の子の役を演じていたことも関係しているかもしれないです(笑)。     ――  現場ではヘアメイクさんと綿密な打ち合わせをされたり、カメラマンさんと意思の疎通をはかられている辻さんの姿がとても印象的でした。   辻 今日一緒にお仕事していただいたスタッフの方たちは、現場で何をどう感じるかまでも信じている、大好きな仲間。たとえば髪型ひとつにしても、みんなで「こんな感じはどう?」「そっちのほうがいいかも!」って、いろいろ試して探っていく過程が楽しいんです。今日も撮影しながら、最初のダウンスタイルからアップに変えて、前髪の角度を試行錯誤して、「やっぱりこれがベスト・オブ・ベスト! 」という写真と出会えた瞬間は、新しい馬場さんの一面が見られたことも含めて、すごくうれしかった。   ふみか 私も、今日は改めてヘアメイクやスタイリングでこんなにもちがってくるんだなっていうことに気づけました。今までどんな雑誌でも見たことがないような自分に出会えた気がします。私にはこういう顔もあるんだなって気づけたからこそ、ここから先引き出しがひとつ増えて、表現の幅が広がっていくといいなって。それに、もう少し年齢を重ねて大人になった時、また辻さんにスタイリングをお願いできたらいいなとも思いました。   辻 もちろんです、またいつか会えますように。   モデル/馬場ふみか 撮影/長山一樹(S-14) ヘア/道下大 メイク/AIKO ONO(angle) スタイリスト/辻直子 取材・原文/吉川由希子 web構成/轟木愛美 web編成/吉川樹生
  • 元気になれる絶景を見にいこう!引き潮の時だけ海の真ん中に浮かび上がる特別なビーチ。目を開ければそこは360度広がる透き通る海、まるで夢の中にいるみたい!Tシャツ¥6463/ヘリコニア 水着¥14500/ミューラーン(ピーク&パイン) 帽子¥3800/ハイ! スタンダード(ベイサイド)Ahu o Laka=Sandbar アフ・オ・ラカ(サンドバー)『KBOS』天国の海ツアー ◆☎808・239・8886 8:00〜17:00 休/日曜、祝日 ■www.kboshawaii.com ●半日プログラム$100〜午前、午後出発のほか、シュノーケリングやカヤックなどアクティビティの選択肢も豊富。ウミガメに出合えるチャンスも! 所要時間はワイキキからの送迎を含めて6時間ほど可愛い水着でビーチに出かけよう!青い海、広い空、この日のために新調したビーチウエア。笑っちゃうくらい楽しくて、あっという間に時間が過ぎていく!水着¥9980/バロックジャパンリミテッド(マウジー) 帽子¥9200/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ル ボヤージュ)Kahala Beach カハラビーチ透き通る水面、白い砂浜、ハワイ通の間でも“ベストビーチ”といわれる場所。人けは比較的少ないものの、その素晴らしさからウェディングフォトを撮りに来る人もチラホラ。◆Kahala Ave. Hoonlulu●本特集のすべてのデータは2019年6月現在のものです●1ドル($)=約108円(2019年6月4日現在)です●日本から電話をかける場合は、①国際電話会社の番号、②010(国際識別番号)、③1(アメリカの国番号)の後にダイヤルしてください ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/黄瀬麻衣 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) モデル/内田理央(モア専属) スタイリスト/高野麻子 コーディネーター/工藤まや
  • お気に入りの1枚を新鮮に可愛く見せるアイディアで夏の終わりまでおしゃれに乗り切ろう!\着倒したのはコレ/白Tシャツ 程よい薄さとフィット感でフェミニンに見える1枚。肌当たりも柔らか。 ¥4500/LIFE’s 代官山店(TODAYFUL)白Tが映える濃いめチェックのキャミワンピでレイヤードを楽しむ この夏大BOOMのレイヤードを試さないテはない! 難しそうに見えるワンピ&デニムは足元まで寒色系の色でまとめてなじませると簡単。チェックのキャミワンピなら秋まで使える。 ワンピース¥6990/バロックジャパンリミテッド(SLY) パンツ¥15000/AKTE バッグ¥7900/キャセリーニ ピアス¥2900/MURUA 靴¥6482/&lottie----- その他のコーデはこちら -----+白スカートで清楚カジュアル狙い! 白ON白は素材感の違いでメリハリを出して。流行りのクロシェ素材ならTシャツ合わせでも清楚に仕上がる。 スカート¥6900/dazzlin バッグ¥6000/X-girl store ネックレス¥2204/サードオフィス(ROOM) バングル(2本セット)¥2300/UNRELISH 靴¥27000/メゾン スペシャル (FABIO RUSCONI for MAISON SPECIAL)開襟シャツのINにして抜け感を意識する 前を留めて着ても可愛い開襟シャツだけど、白Tの上にはおるとフレッシュな印象がUP。 シャツ¥6900/N.O.R.C(ノーク) スカート¥8900/ココ ディール バッグ¥10500/LIFE’s 代官山店(TODAYFUL) イヤリング¥1800/ゴールディ 靴¥7900/UNRELISHベストをONして韓国っぽくしてみる! 早い人はすでに注目してるベストコーデは、なじませカラーなら簡単。コーデをアースカラーでまとめて韓国っぽく。 ベスト¥9500/LIFE’s 代官山店(TODAYFUL) スカート¥6990・バッグ¥5990/バロックジャパンリミテッド(SLY) 靴下¥500/Blondoll 新丸の内ビル店(17℃)モデル/新木優子 撮影/嶌原佑矢(モデル) 富田恵(物) ヘア&メイク/中山友恵(Three PEACE) スタイリスト/石田綾 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス
  • 本格的な暑さがやってくる前に、気温の変化に対応できる着回しのきく”涼感ワンピース”を集めてみました。 暑い日は1枚でさらっと、肌寒い日は下にパンツやレギンスを合わせて、夏の着こなしをいろいろと楽しんでください。     シンプルな着こなしで魅力がきわだつ、すっきりVネックのゆるワンピース fog/リネン Vネックワンピース/¥18,200+税 ウエストに細かくランダムなタックを入れることで、腰から下がふんわり広がる甘口シルエットに。顔まわりをシャープに見せる絶妙なあきのVネックや、ひじが隠れる長めの袖、ふくらはぎをおおうロング丈などが、気になる部分をナチュラルにカバーします。全体的にゆるりとした締めつけ感のないデザインなので、風通しのよさは言うことなし。レイヤードせずとも十分さまになるから、暑い夏にはうってつけです。ぺたんこ靴を合わせて、ごくシンプルに着るのがおすすめ。両サイドに何かと便利なスラッシュポケット付き       ふんわり袖、スッと落ちるライン、涼やかな風合い。リネン混素材の魅力を生かしたバンドカラーデザイン 12closet/【石上美津江さんコラボ】【洗える】リネン混シャツワンピース/¥16,800+税 適度なハリと光沢感を持つ、リネン×レーヨンの混紡生地を使ったシャツワンピース。すっきりとした比翼仕立てのバンドカラーが、肩に入れた立体的なタックや袖のボリューム、やわらかな落ち感を引き立てます。抜け感と足さばきのよさが増すサイドスリットは、一枚で着ても安心な絶妙な深さ。サイドシームに沿って大きめのスリットポケットもセットし、利便性を高めました。グレーっぽいトーンのシャンブレーブラックと、シャープさのあるネイビーの全2色。       夏らしいさわやかな色合いのチェックと絶妙な腰高デザインにくぎづけ GYMPHLEX/チェックワンピース/¥15,800+税 夏の日差しに似合うマドラスチェックのノースリーブワンピは、さらっと軽い薄手コットン素材。内側にゴムを入れた、やや高めのウエスト切り替えで、スタイルアップにきく腰高バランスを演出します。きれいなフレアラインを描くスカート部分が、着る人の上品さを引き立てるデザイン。     体がきれいに見えるシルエット&上品な揺れ感で日常にもきちんとシーンにも華やぐ一枚 12closet/【石上美津江さんコラボ】【洗える】Vネックフレアワンピース/¥16,800+税 やや深めのVネックと、折り返し可能なスリット入りの八分袖で、上半身の抜け感&華奢さをアピール。腰位置の高さを印象づける切り替えからたっぷりとドレープを施し、理想的なXシルエットを実現しました。洗いをかけてやわらかな風合いに仕上げたリネン風の生地は、軽くてサラサラとした肌ざわり。揺らめく様子が思わず目に留まります。ウエストのドローコードはキュッと絞ってメリハリをつけても、そのままラフに垂らしても◎。色は素肌の美しさがきわだつ旬のテラコッタと、万能なブラック。こちらも両サイドにポケット付きです。       腰高と脚長効果が期待できるフィット&フレアなワンピース 12closet/【優木まおみさんコラボ】【洗える】綿ローンワンピース/¥17,800+税 女性らしくコンパクトに映る肩まわりに、高め位置でキュッと絞られたギャザーゴムのウエスト、そこからふんわりと広がるAライン。腰高と脚長効果が期待できるフィット&フレアなワンピースを、優しげなラベンダーと清涼感のある明るいネイビーでつくりました。生地はさらりとした通気性のよい肌触りと、高級感のある風合いが魅力の綿ローン。2枚重ねにしているのでインナーの透けが気になりません。また階段の昇降を妨げない、絶妙なミモレ丈もポイントです。       一枚で、ボトムを重ねて、ベルトなしで。アレンジ次第で表情が変わる活躍ワンピ Lee/サーマルロングワンピース/¥7,500+税 凹凸のあるサーマル素材のIラインワンピは、両サイドに深めのスリット入り。さらっと一枚で着るほか、レギンスやデニム、ロングスカートとの重ね着も楽しめます。細い紐ベルトは後ろで結んでも◎ 右袖にロゴのワンポイント入り。左肩には着脱しやすいスナップボタンが。     着丈+8センチの別注モデルは着映え力も今っぽさもいうことなし! ne Quittez pas/コットンボイルストリングドレス/¥18,000+税 ごく薄手のコットンボイルを2枚重ねで仕立てたサマードレスは、これからの季節に最適なふわりと軽い着心地が魅力。すっきり着映えるVネック&ノースリーブの上半身と、切り替え部分にハシゴレースをあしらった分量感のあるティアードスカートがバランスよく調和。ウエストの両サイドを、ドローストリングで調節できる作りも見逃せません。大人に似合うロング丈が手に入るのはLEEマルシェだけ!     風が通り抜ける涼やかなマキシ丈ワンピを、肌離れのいいシアサッカー素材で 12closet/【福田麻琴さんコラボ】【洗える】タックフレアワンピース/¥17,000+税 ストライプ状の凹凸があるシアサッカー地は、肌に張り付かず、さらりとドライで夏に最適。前肩と背中に入ったタックが、ふわっと風通しのいいシルエットを演出します。顔周りをシャープに見せるスリットネックや、気になる肩から二の腕をカバーするフレンチスリーブなど、すっきり見えポイントが散りばめられているのも福田さんならではのこだわり。       LEEマルシェで是非お気に入りの夏のワンピースを見つけてください!     LEE8月号デジタルカタログはこちらよりご覧いただけます!  
  • きちんと感のあるシャツワンピをこの夏はどう着こなす? 着方次第で、色々な表情に変えられるのもシャツワンピの楽しいところ。今回は「閉じる」「羽織る」「重ねる」の3パターンのアレンジ方法をご紹介します。 1.閉じて着る 胸元はのぞかせてウエストはしぼる。きちんと感のある一着こそ女っぽく ボタンの留め方を変えるとカシュクール風の合わせが楽しめるデザイン。一枚でシンプルに着こなす日は付属のベルトでメリハリを出しつつ、胸元のボタンを外して抜け感を。ワンピース¥25000/カオス丸の内(カオス) ピアス¥56000・リング(太)¥26000・(細)¥19000/エドストローム オフィス(オール ブルース) バッグ¥145000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ストール¥16500/ジネス ペリエ千葉店(シトラス) 靴¥27000/ゲストリスト(ルチェンティ) 2.パンツと重ねる なじみ色のパンツとシックな黒小物がカジュアルなレイヤードを大人仕様に 品のよさを優先するならワンピースと同系色のパンツを選ぶのがコツ。ふんわりやわらかなベージュだから、引き締め力の高い黒をちりばめて、シャープなムードをプラス。ワンピース¥25000/カオス丸の内(カオス) パンツ¥23000/カオス丸の内(カオス) ネックレス¥4000・バングル¥6000/ラグナムーン ルミネ新宿 ベルト¥6000/ハリウッドランチマーケット(サンフランシスコ) バッグ¥29000/サード マガジン(インディゴアフリカ) 靴¥27000/メゾン スペシャル(ファビオ ルスコーニ) 3.ガウン風に羽織る Iラインスカートにさらりと合わせてほっそりスマートなシルエットを強調 バンドカラーのシャツワンピースは前をあけてももたつかず、顔まわりがすっきり見えるのが魅力。スカートの縦長シルエットと相まって、羽織るだけでスレンダーな着こなしが手に入る。ワンピース¥25000/カオス丸の内(カオス) トップス¥8900/エイトン青山(エイトン) スカート¥16800/メゾン スペシャル ネックレス¥52000/エストネーション(トフム) バッグ¥138000/ゲストリスト(ハウント代官山/ザンケッティ) 撮影/山本雄生(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/河嶋 希〈io〉 スタイリスト/小川ゆう子 モデル/ヨンア 取材・原文/野崎久実子
関連キーワード

RECOMMEND