東京の赤坂で、『#パパは奮闘中!』主演の #ロマン・デュリスと再会!

SPUR.JP

ロマン・デュリスにインタビューした、と何人かの知人に告げたところ、「えっ!? 彼、日本に来ていたの? 私、ファンなのよ」という反応が多かったことに驚いた。それこそ、20代前半で出ていた『青春シンドローム』(1994)等から、ロマの青年役を好演した『ガッジョ・ディーロ』(1997)、そして『真夜中のピアニスト』(2005)や『タイピスト!』(2012)などのヒット作まで、コンスタントに高い評価を受けて、44歳になった今、また新たな地平を拓いている。

タイムリーな作品に込めた想い

photo by Masato Seto

――新作『パパは奮闘中!』はたぶん5年前、10年前でも話題になったと思うけど、2018年、2019年の今だからよりタイムリーですね。フランスの黄色いベスト運動(労働者デモ)と呼応してる。

「この映画を作り始めた時は、ヒューマンな内容にスポットを当てようとは考えていたけど、特に黄色いベスト運動につながるなんて思いもよらなかった。でも僕が演じた主人公は職場では労働運動のリーダーとなり、家では妻が出て行ったことで2人の子どもの世話に奮闘しなければならなくなるという状況は、きっとあのデモに参加している人間たちの中にもあるかもしれないなと思ったよ」。

――大人の俳優たちの中で、2人の子どもの演技がナチュラルでとても良かった。

「アドリブ重視でやったおかげだと思う。もちろんストーリー・ラインはあったけど、ガッチリ決められた台詞だと、“間違ったらどうしよう”と緊張してしまって自然な感じにならない。幸い今回は、パリの自宅から毎日撮影現場に通って各々の家に戻るというやり方じゃなくて、みんなそろって地方のロケ現場に行って、それこそカメラが回っていない時も晩御飯を一緒に食べるような時も、常に役のキャラクターとして接していた。子どもたちもいろいろ提案してくれたから、僕たちはその話によく耳を傾けていたしね」。

――主人公の妻が物語りの序盤からいなくなったり、ある印象的なシーン以外は音楽がなかったり、色彩も無彩色に近かったりと、”不在“の存在感が際立つ作品ですね。

「それが映画を観る人にとってはある種のサスペンスをもたらすと同時に、一旦、音楽や色が目に入った時のインパクトは強いんじゃないかな」。


――確かに。ラストシーンなどは特にそうで、私、大好きでした。

「僕もだよ(笑)。いろいろなことがあっても、誰かを糾弾したり裁いたりしていない、そこがいいよね」。

生粋のおしゃれパリジャン!

photo by Masato Seto

――というわけで、奮闘する父親役が似合うような年頃なのに、目の前のあなたは相変わらず素敵で、エディ・スリマン時代のサンローランのジャケットと胸につけているブローチがよく似合う。どうしてこんなにカッコ良く年を重ねることができるの?  

「あ、これ? 僕が描いたイラストをブローチにしてもらったんだよ(笑)。良い年の重ね方かぁ……たぶん好奇心を持ち続けることだろうな。その好奇心を抱く対象もどんどん変わってきて、今はより自然が大切に感じられるようになった。仕事の面でも、今回のように新しいものにどんどん取り組んで行きたいし」。

――それで思い出した! 10年近く前にあなたがルーブル美術館の展示室の特設会場でやった一人芝居『La nuit juste avant les forêts(森の直前の夜)』が素晴らしかった!!


「あれ観てくれたの!?  たのはいつ? 月曜日の出来は今イチだったんだけど(笑)。あれは僕にとっても忘れられない経験だよ。ルーブル美術館の、有名な巨大絵画『ナポレオンの戴冠』なんかが展示されている部屋の隣りの部屋で、ベッド上で1時間半、一人で演じ続ける。演出のパトリス・シェローの稽古は物凄くハードで、深いところまで考察させられるし、どんどん追いつめられていくんだけど、そこまでやると本番がまるでゴールのようにやれるんだ。パトリス・シェローの人生の最期の時代に(シャーロット・ゲンズブール共演の映画も含め)濃密な時間をすごせたことは誇りに思う。でも…彼がいなくなってやはり悲しいな」。


――とてもいい作品だったし、一人芝居だからお金もかからないだろうから(笑)。あなたが監督する映画に仕立ててみてはどう?


「いいね、それ(笑)。ちょっと考えてみようかな」。

未来へ続く、飽くなき好奇心

――だって、好奇心を大切にしているのなら、とても挑戦し甲斐のあるプロジェクトだと思いますよ。  

「フランスでベストセラーになった小説の映画化を含め、その後も刺激的な仕事は続いているけど、今回の『パパは奮闘中!』の日本での反応も知りたいと思うし、一作一作ていねいに向き合いたいと考えているよ。共演した子どもたちが、これからも演技の仕事を続けたいと思っている様子だったりするから、一緒だった大人としては責任重大だし。そういう意味でも本当にいい現場だったよ」。

interview&text:yuki sato

『パパは奮闘中!』4月27日(土)より公開


新宿武蔵野館ほか全国順次公開 
http://www.cetera.co.jp/funto/

◆あらすじ

ある日突然、愛する妻が姿を消した。ふたりの子どもたちとともに残されたオリヴィエは、オンライン販売の倉庫でリーダーとして働きながら、慣れない子育てに追われる日々。なぜ妻は家を出たのか。混乱しながらも妻を探し続ける彼のもとに、一通のはがきが届き……。仕事一筋でダメなところがあるけれど、心優しい父親をロマン・デュリスが熱演!

◆プロフィール

1974年、パリ生まれ。セドリック・クラピッシュ監督の『青春シンドローム』(’94)でデビューし、『猫が行方不明』(’96)『パリの確率』(’99)など数々の作品でタッグを組む。『真夜中のピアニスト』(’05)ではリュミエール賞最優秀男優賞に輝く。リドリー・スコット監督の『ゲティ家の身代金』(’17)など近年は世界的に活躍している。

関連記事
  • 美容プロにもファンが多い、オーガニック化粧水の名品です。ドイツ生まれのストイックなオーガニックブランド、Dr.ハウシュカ。ブランドを代表するプロダクトがこの「フェイシャル トナー」です。 SPUR9月号では、通常版とは別にこの「フェイシャルトナー」(30ml・1現品)をセットにした特別版(総額で2,200円相当)を1,700円(税込み価格。別途送料がかかる場合があります)で発売します。美容プロにもファンが多い人気化粧水は、一度はトライする価値があります。 1プッシュすると、細かなミスト状の化粧水に包まれて、幸せな気分になれます。さらに癒されるのが植物のフレッシュな香り。肌にのせるとすっと角質へ浸透して、さわやかに、みずみずしく保湿してくれます。肌をいたわり整える成分が入っているのでこれからの日焼けが気になるシーンにもぴったり。使うほどに肌の健やかになる感覚も。 Dr.ハウシュカは50年以上の歴史を持ち、オーガニック化粧品の分野を長年リードしてきた存在でもあります。自社農園で栽培された植物を使用するなど、原材料へのこだわりはもちろん、その抽出方法にも独自の哲学をもち、植物のちからを最大限に生かした製品を多く作り出してきました。そんな信頼のブランドのスピリットを体現しているのがこのローション。殿堂入りベストコスメともいえるベストセラーがセットになった9月号特別版、おすすめです。是非試してみてください。     *この特別版は下記のサイトから現在予約販売受付中。売り切れ次第終了なので早めにリンクをクリック! *個数限定につき、売り切れ次第終了となります。売り切れの際はご容赦ください。 特別セットのご購入はこちらから! フラッグショップで購入する(外部サイト) セブンネットショッピングで購入する(外部サイト)
  • 先月号の予告から楽しみにしていた RepettoのPVCトートとレオパレードポーチ  PVCトートはどんなファッションにも 合うので普段からよく使っています。 また一つアイテムが増えて嬉しいです❤︎ まだまだ梅雨明けせず 肌寒い日が続きますね。 がっつり夏服だと少し不安… 今期出番の多いとろみジャケット 通気性もあるので湿度が高くても さらっと着れます。 ショートパンツはZARAのものです。 ベージュ×ベージュでセットアップっぽく! いろんなファッションに合わせて この夏たくさん使いたいです♡ そんな8月号のストレスフリーなECショッピングのページに出させていただきました。 試着ができなかったり 自宅で受け取れるタイミングがなかったり そんな不満を解消してくれる どんどん進化したECショッピング。 知らなかったことがたくさんで驚きました! BAILA8月号ぜひお手にとってみてください♪
  • エクラ編集長オサニャイの愛猫、アランの日常をお届け!「ママ、外出禁止ね。僕と一緒にいる方がいいにゃよ」。 玄関の神様が、ドアの前にいるので、仕事に行けません、、、。@alain_cat
  • 加齢とともに表れるヘアトラブルに負けず、エイジレスヘアをキープする3人の秘密に迫った。 小泉深雪さん(モデル) 安心して使えることを基準にナチュラル系を選んでます 「もともと髪が健康なうえ、20代でパーマもヘアカラーもやめてしまったので、これまでとくにヘアトラブルで悩むことはありませんでした。そんなこともあり、普段のヘアケアは"自分"ではなく、あくまでも"子どもが安心して使えるか"がセレクト基準。今は、M-markのシャンプー&コンディショナーを愛用しています。ただ、二人目の出産を機に、髪のまとまりにくさが気になっていることもあり、仕事で髪をセットしたあとや傷みがあるときは、リカバリー用としてウカのヘアケアシリーズにチェンジ。また、自分へのご褒美として、気になったときにウカのヘッドスパとトリートメントを受けてリラックスするようにしています。時短も大切なキーワード。スーキンのオイルはその使用感はもちろん、全身に使えるのでスキンケアの流れでヘアケアもできるのが気に入っています。仕事柄、今はヘアスタイルを大きく変えることはできませんが、50代になったらショートヘアなどいろいろなスタイルに挑戦したいですね」 PROFILE1997年からモデル活動をスタート。日本国内の雑誌にとどまらず、パリコレクションのランウェイに出演するなど、グローバルに活躍。結婚、2 回の出産を経て、アラフォーの今も変わらぬ美しさをキープ。 1 「仕事後のハードスタイリングを落とすときやダメージが気になるときに愛用。ウカのヘアスタイリストさんにすすめられて以来、ずっと使い続けています」。(右から)ウカシャンプー ウェイクアップ!(300㎖)¥2,750・ウカ ヘアトリートメント グラマラスナイティナイト(200㎖)¥3,300/uka Tokyo head office 2 「家族で温泉旅行に行った際出合ったシャンコン。余計なものが入っていないシンプル処方なので子どもにも安心して使えます。家族の評判もよく、何より香りに癒やされます」。(右から)M-mark ローズマリーのアミノ酸せっけんシャンプー・同 ローズマリーのPH調整コンディショナー(各600㎖)各¥1,150/松山油脂 3 「オーストラリアのお土産でいただいて以来、プレシャンプーや入浴後の保湿のため全身に使っています」。スーキン ローズヒップオイル(25㎖)〈日本未発売〉 MICHIRUさん(メイクアップアーティスト) 結局美しい髪は頭皮から。頭皮環境を整えるケアが中心 「美しい髪は頭皮の環境にかかっているので、ヘアケアは頭皮が中心。毎月、"ヘナ"のトレーナーの方にカラーリングと同時に、ヘッドスパ&マッサージを自宅で行なってもらっています。ホームケアでは、シャンプーは2日に1 回。いつも髪を束ねているので単純に汚れがつきにくいから。ただ、ブラッシングは朝晩必ずが基本です。ブラッシングで汚れを落としたあと、オイルでマッサージをしてから洗うようにしています。また、髪が長いと乾かすのに時間がかかりますが、トリートメント後、冷水を髪にかけるとキューティクルが引き締まると同時に、乾かしやすくなることを数年前に発見。以来、冬でも行なっています。意外と体が冷えることはありません」 PROFILE渡仏、渡米を経て帰国後、国内外のファッション誌、映像、女優やアーティストのメイクアップ、商品開発のクリエイティブ・ディレクションなども手がける。美への探求心を体現する自身のライフスタイルは常に注目の的。 4 「防腐剤、乳化剤、抗菌剤、水はいっさい使わず、ローズマリーエキスと白樺樹液だけで作られているところに惹かれて。頭皮に活力を与え、髪にツヤが出ます」。FUKUBISUI スカルプローション(60㎖)¥5,800/福美人 5 「シャンプー前、ブラッシングをしてからデトックス効果のあるインディゴオイルでマッサージをするとすっきり感が違います」。インディゴ オイル プレオイル シャイン&スカルプ(50㎖)¥3,500/メルヴィータジャポン 6 「ダメージヘア用なのに重すぎず、髪1本1本に空気が入ってサラサラに。もう6 年くらい使っていますが、違うものを使ってもやっぱり戻ってきてしまうほど気に入っています」。(右から)オーガニックウェイ リビルディングヘアバス(240㎖)¥3,600・同 ヘアマスク(150㎖)¥3,400/AMATA 垣谷弥生さん(「白雪ふきん」商品開発) 髪が豊かな義母を見習い、シャンプーは2日に1回に 「義母は80歳を超える今でもボリュームがある美しい髪の持ち主。聞けば、洗髪は週に2 ~ 3回サロンで行うだけとのこと。ちょうど年齢的に髪の細さが気になっていたときだったので、私も洗髪を2 日に1 回に。保湿のために毛先に椿オイルを塗布したり、デトックスを期待して塩で洗ったりしていたところ、2 日に1回の洗髪でも頭皮のニオイや不快感はなく、それどころか乾かすときに髪の根元からハリを実感するように。今は、シンプルな処方を好む自分に合ったソルトシャンプーを見つけたのでこちらを愛用しています。また、3週間に1 回はカラーリングでヘアサロンに行くので、美容師さんからすすめられたブラシを使うなど、そのアドバイスも頼りに」 PROFILE19年前に奈良にある蚊帳製造業の家に嫁ぎ、蚊帳生地を改良したふきん製造に携わる。従来にない吸水性と長期にわたり白さを保つ「白雪ふきん」が評判に。現在は自身が使いたいと思うものを商品開発。営業、PRもこなす。 7 「熱を加えず圧搾するコールドプレス処理のため、さらりとしてベタつかない。シャンプー前の髪表面の保湿、乾かしたあとのツヤ出し、爪などの乾燥対策にも使っています」。桜島つばき油 ピュアプレミアム(30㎖)¥3,000/桜島ミュージアム 8 「イギリス発の大人気ブラシは、目が細かく、コームのように使えるので髪をまとめるときに大活躍。毛量の多い私の髪でも絡まず、マッサージしやすいところも気に入ってます」。タングルエンジェル オリジナルホワイト¥2,100/キヌガワカンパニー 9 「手前味噌ですが、このタオルは、吸水性がいいのでドライヤー時間を短縮できます。保湿効果の高いスクワランを練りこんであるので枕カバーにもおすすめ」。白雪スクワラン湯上りたおる ヘアケアサイズ(約35㎝×100㎝)¥2,500/白雪ふきん 10 「週1の頭皮ケアとしてこちらを使用。海塩を60%配合。ミネラル微量元素が自然のバランスでイオン化されて配合されているから髪の根元から元気になります」。スフィア・ソルト・マッサージ・シャンプー フォー スカルプ(160g)¥3,220/空と地 >商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら
  • 荷物は少なく、身軽にパッキング!でもおしゃれに着回したい!こんにちは、らんです。 なかなか梅雨明けせず、気温も低く、最近はコーデが4月の頃に戻っているようなの気がします。寒くて長袖を着る日も少なくありません。 早く梅雨明けしてほしい‼︎と願いながら、7泊9日ハワイ旅行のコーデを振り返りたいと思います^ - ^ 1日目(日本夜出発、ハワイ朝到)日本出発日のコーデ 機内でも楽に寝られる締め付けない服装で。足元はきちんとつま先が隠れるものを 到着は朝なので、長く着ていてもシワにならない素材のものを選んでいます Tops GU Pants Liesse Shoes GU 現地2日目日中は子供達とプール、夕方からワイキキ周辺を散策し食事へ行った日のコーデ Hat GU SetUp Liesse Sandals Banana Republic 現地3日目アラモアナショッピングセンターでお買い物の一日でした Tops GU Pants PLST Sandals HERMES現地4日目娘のBDディナーと、家族写真の撮影の日コーデ 肩からかけているセーターは前日にJ.Crewで調達 Onepiece PLST tops J.Crew Sandals Banana Republic(2日目と同じ) 現地5日目友人宅のコンドミニアムでBBQの日 2日目のセットアップのパンツを着回し Tops UNIQLO U Pants Liesse(2日目と同じ) Sandals HERMES(3日目と同じ) Stole HERMES 現地6日目ファーマーズマーケットやワード地区などの散策 お土産の調達なども Tops GU(1日目と同じ) Pants PLST(3日目と同じ) Hat GU(2日目と同じ) Sandals HERMES(3日目と同じ)現地7日目終日子供たちとプールで遊ぶ一日 Tops UNIQLO U(4日目と同じ) Bottoms James Perse Sandals Banana Repablic(2日目と同じ) Hat GU(2日目と同じ) 現地8日目、日本到着日午後便で帰国 午前中はパッキングとのんびりブランチ Tops GU(3日目と同じ) Pants Liesse(1日目と同じ) Shoes GU(1日目と同じ) 宿泊したシェラトンワイキキには、5階と18階にランドリールームがあるので、いつも洗濯することを前提に洋服を持って行きます。Tシャツなどは洗濯せずに再度着たくないので、7泊9日で3回ほど洗濯機を回しました。(ちなみにアメリカの乾燥機は超強力なので高温で乾燥機を回し過ぎると洋服にダメージを与えます。Low Tempで回すことをお勧めします) 今回、出発時に来ていた洋服以外に持って行ったのは 半袖Tシャツ2枚 黒パンツ1本 セットアップ1着 ハーフパンツ1枚 ワンピース1枚 その他小物、水着、下着、パジャマ、洗面用具だけでした。 スーツケースは、全体の40%ほどの充足率。帰りにお土産などを入れるスペースを確保していきます。 リゾート地への旅行の目的はリラクゼーションですので、着ていて楽なもの、汗をかいても洗濯機で丸洗いでき清潔に保てるもの、皺になりにくい素材のものを選んで持って行きます。機内やきちんとしたレストランでは、リゾートであっても失礼のない服装を選びます。アラフォーですから、TPOはきちんと考慮したコーディネートをしたいですよね。 以上、ホノルル旅コーデでした。 まだ東京の梅雨明けには時間がかかりそうです。 夏風邪などひかぬよう(先日娘はヘルパンギーナになりました )皆様もどうぞご自愛ください。美女組No.151 らんのブログ
  • 予告編の情報の多さに「えっ!?」「えっ!?」と15回ぐらいつぶやいてしまいますよね。©「劇場版おっさんずラブ」製作委員会 2018年の個人的な思い出のひとつに「“おっさんずラブ”にハマった」というトピックがあります。「キャストもいいし、なんか面白そう」と気軽に観始めた深夜ドラマに気づけば笑い、泣き、仕事が手につかないほどでした(特に第6話と最終回の間の1週間!  最終回では自分でも引くほどに「牧くん……本当に良かった……」と号泣)。「あのベンチ」見たさにテレ朝夏祭りにも行きましたし、DVDも買った。なんなら仕事の時に天空不動産(ドラマの舞台となる会社です)のクリアファイルを使ったりと、まあ完全なるいわゆる「OL民」と化しておりました。 「おっさんずラブ、映画化!」の報が飛び込んできたとき、 ご多分にもれず私も歓喜の涙を流しました。さらにワクワクがつのったのが、その後発表された映画版の追加キャスト。沢村一樹さんと、志尊淳さん。イケメン二人が追加されて五角関係ってどういうことよおいおい! と毎週少しずつ投下される情報にやきもきしつつ、ドキドキしつつ、ありがたいことに今回志尊さんを取材する機会に恵まれました。自分に息子ができて初めて触れた文化の一つが「スーパー戦隊シリーズ(日曜朝の戦隊モノ)」なのですが、中でも「烈車戦隊トッキュウジャー」(2014〜15年)は初めて1年通しで観た作品だったので、すごく思い出に残っています。ちなみに志尊さんに加え、横浜流星さんも出演していたんですよね。勝手に「お久しぶりです、その節はどうも……(注・初対面です)」という気持ちで取材に向かわせていただきました。 保存 保存 保存 保存 保存ナイス笑顔のおふたり!©「劇場版おっさんずラブ」製作委員会 お会いしたのは何媒体ものインタビューが詰まっていた日で、朝から分刻みのスケジュールで動いていらっしゃったと思うのですが、インタビュアーの質問に明るく、そして真摯に答えている姿が印象的でした。今回の『おっさんずラブ劇場版  〜LOVE or DEAD〜』では笑顔の可愛い新入社員・山田正義(正義と書いて読みはジャスティスです)を演じていた志尊さん、誌面の写真は逆にものすごくクールなムードがいい! とリクエスト。フォトグラファーの指示に応えての挑むような眼差し、めっちゃくちゃかっこいいので是非誌面をチェックしてみてください。映画撮影時のエピソードもお話しいただいたのですが、そちらも「えっ……田中圭さんが思わずそんなになるほどのシーンって何なの……!!」と来月公開の映画への期待が高まる一方なので必読です。 保存本作の他にも放映中の7月クールのドラマ、『HiGH&LOW』の映画新作、NODA・MAPの舞台など、ますます役者としての幅を広げ、そして演じることを楽しんでいる様子が印象的。映画撮影の現場でのスタッフさんたちへのリスペクトの視線も素敵だと思いました。今回の『おっさんずラブ劇場版 〜LOVE or DEAD〜』、その現場ではキャスト、スタッフ含め全員の愛と熱量がすごかったとのこと(今まで私たちにいわゆる「公式」が応えてきてくれたことを考えるとさもありなん)。そ・し・て!!!!もちろんストーリーにもものすごく「愛」があふれているようなので、〝民〟の皆さんもまだそうでない皆さんもこれは本当に必見かと……私、8月23日公開初日に行きます! 「応援上映」があれば本気で馳せ参じる所存です!(笑) 保存 保存 SPUR9月号のご予約はこちらから! Amazonで購入する(外部サイト) セブンネットショッピングで購入する(外部サイト) 楽天ブックスで購入する(外部サイト)
  • こんばんは❤︎ 東京は日照時間が少なくて 今年はまだあまりアイスを食べて いませんでしたが、、 今日は連休明けの仕事で疲れたので さっぱり!すっきり!した アイスが食べたくなり 買って帰ったのがこちら☝︎❤︎セブン-イレブンの『巨峰シャーベット&マスカット氷』です☻お値段は税込¥127となっています* 赤城乳業とセブン-イレブン・ジャパンとの 共同開発商品なのだそうです☻フタをあけてみると鮮やかな巨峰アイスが♡巨峰シャーベットの部分には 巨峰果汁を16%使用しているらしく、 ひと口食べた瞬間から ジューシー感が口の中いっぱいに 広がります…❤︎* シャーベットとかき氷なので さっぱりしていながらも しっかり濃厚な果実感があります✨二層になっています❤︎そして、下の部分には マスカットのかき氷が入っています✨ 巨峰シャーベットに比べると マスカットかき氷部分の氷は粗めなので 食感の違いも楽しめます❤️✌️気になった方は是非 チェックしてみてくださいね☻カフェ・ファッション・その他諸々更新中!☻しょこたうるすのInstagramはこちらから❤️☝︎モアハピ部 No.562 しょこたうるす のブログ
  • 最近発売された話題の本や永遠に愛される名作などから、キーワードに沿った2冊のイチ押し&3冊のおすすめBOOKをご紹介します。【今月のキーワード】記憶と時間と愛についての物語30歳のクリスマスにルースは実家へ帰る。父はアルツハイマー病に、母と弟は過去の父の不実に、ルース自身は婚約者との別れに悩まされていて、彼らの日常は重いリアリティに縁取られている。それなのに! ルースの日記という形で進む物語の、どこまでも軽い口語体のユーモアと爽やかさ、風に吹かれても消えないともしびのような小さな明るさに驚かされる。30、40、50年と生きてきた父の時間が、記憶と一緒にぽろりぽろりとこぼれ落ちていく。その記憶を補填するように、ルースは日記をつけ、時折そこに父の古い日記がはさまって時間が並走し始める。そしてある日、日記から日付が消失して《パパ》は《あなた》になる。娘は書く。《私はこうやって、あなたの代わりに、日々の瞬間を集めている》。父が幼き娘の言葉を記録したように。1年の間に、父と娘、家族の関係は交錯したりにじんだり反転したり砕けそうになったりもする。それでも、ささやかな記憶と記録の断片が彼らを結びつけて、やがて再びクリスマスがやってくる。家族って、こんなにもやわらく危なっかしくて愛おしい。【イチ押しBOOK1】レイチェル・コン、〈訳〉金子ゆき子の『さようなら、ビタミン』大学教授だった父がアルツハイマー病になり、介護のため実家へ戻ったルース。失恋したり、父のために偽ものの授業を開講したり、親友と飲みすぎたり、ドライブしたり、食用クラゲを買ったり。1年間の日記形式でつづられる、温かな家族小説。(集英社 ¥1900)【イチ押しBOOK2】谷口菜津子の『彼女と彼氏の明るい未来』①記憶と時間をめぐるもうひとつの物語は、理性と欲望がせめぎあう、ブラックだけどピンク色のラブコメディ『彼女と彼氏の明るい未来』。彼女の過去の恋愛(というか性体験)が気になるいっくんと可愛すぎるゆきかちゃん。幸せだったはずの日々が妄想で揺らぎ、VRタイムマシーンで巻き戻される。“誰かのことを強く強く想う”ことを描き続ける漫画家・谷口菜津子だからこそ描ける、ポップで可愛いだけじゃない愛の形に共振する。28歳同士の同棲カップルの幸せな日常に落ちる影——それは、最高すぎる彼女にかけられた「ヤリマン疑惑」。ネガティブ全開な彼氏は、目の前にあるものこそ真実だ! と過去を投げ捨て、幸せを守りきれるのか!? (KADOKAWA ¥720)『この橋をわたって』『また旅。』『セミ』【オススメBOOKはこの3冊】『この橋をわたって』/新井素子星新一に激賞されたデビューから42年。長い作家生活の中でも珍しい短編やショートショートなど8編を収めた最新作品集。猫、AI、増えるケーキなど、日常のすぐ隣にある不思議が、軽やかな口語体で描かれる。(新潮社 ¥1500)『また旅。』/ 岡本 仁旅の行き先は日本のあちこち23カ所。長崎でたこを作り、旭川で熊を思い、京都で“珈琲倒れ”をし、新潟で自転車に乗る。早朝には散歩をする。生活と旅が重なって発見と出会いを鮮やかに定着させる。(京阪神エルマガジン社 ¥1800)『セミ』/ショーン・タン 〈訳〉岸本佐知子泣いているのか笑っているのか、《トゥクトゥクトゥク》。灰色の空間でスーツを着込み、働き続けて17年。ついにやってきた別れの日。上へ、上へとのぼっていくセミの姿に、幸せの意味を考えさせられる。(河出書房新社 ¥1800) ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 原文/鳥澤 光
関連キーワード

RECOMMEND