イザベル マランのフラグメントケース

SPUR.JP

気持ちが晴れやかになる、鮮やかなイエローが魅力。ジップはサイドまで開けられるため、中のお札や小銭の出し入れもスムースで心地よい。隅にはさりげなくブランド名の刻印が。

サイズ:H7.5×W12.5×D1
スロット:4カ所
色展開:赤や青など4色展開

>>アニヤ・ハインドマーチのフラグメントケース

フラグメントケース¥23,000/イザベル マラン 03-5772-0412

関連記事
  • 梅雨こそ可愛いレインアイテムでテンションを上げる!non-noモデル 江野沢愛美雨の日でもデニムをはきたいから、ぬれても目立たないイザベル マランのブラックデニムをチョイス。裾がぬれないよう、ロールアップは必須です! 足元は雨をはじくメリッサ、バッグはPVC素材で。どんより天気でも気分を上げたいから、白トップスやポール & ジョー アクセソワの傘でモノトーンに仕上げました POINT(左)「大好きなヴィヴィアン・ウエストウッドとメリッサのコラボシューズです。ラバー素材なので雨をはじいてくれるのはもちろん、ソールがふかふかではき心地も◎」 (右)「おしゃれも防水も完璧なビューティフルピープルのPVCバッグは雨の日の強い味方! 中が透けるので、シルバーのきんちゃくをイン」 モデル/江野沢愛美 撮影/高木慎平 ヘア&メイク/長坂賢 スタイリスト/金山礼子 構成・原文/梅田恵里 web構成/轟木木愛美 web編成/ビーワークス
  • 今回は作りおきサバフレークハーブ風味で作る「サバフレークオムレツ」をご紹介。いつものオムレツがちょっとリッチに変身。とても簡単にできる一品なので朝食にもオススメです。作りおき[基本]好みのハーブをブレンドしてもOKサバフレークハーブ風味野菜と炒めたり、サラダにトッピングしたり。どんな食材ともよく合います。冷蔵庫で1週間保存可能。材料(作りやすい量)サバ缶(汁なし)……190gセロリ……1/2本オリーブオイル……小さじ1ミックスドライハーブ……小さじ1塩……小さじ1/4作り方1 サバ缶は汁気をきる。セロリはみじん切りにする。2 フライパンにオリーブオイルを入れて熱し、セロリを炒める。しんなりしたらサバ缶を加えてほぐれるまで炒める。ドライハーブ、塩を加える。続いてサバフレークハーブ風味を活用したオムレツをご紹介。[活用−❷]忙しい朝もリッチなオムレツが簡単にサバフレークオムレツ卵に含まれるレシチンは脳の働きを活性化する成分。サバに含まれるDHAとの相乗効果が期待できます。材料(1人分)卵……2個牛乳……大さじ2塩……小さじ1/4黒こしょう……少々サバフレーク……大さじ3バター……10gベビーリーフ……適量作り方1 ボウルに卵を溶き、牛乳、塩、黒こしょう、サバフレークを加えて混ぜる。2 フライパンを熱してバターを入れ、①を流し入れて半熟になるようにオムレツを作る。3 皿にベビーリーフをのせ、②を盛りつける。次回は作りおきサバフレークハーブ風味で作る「サバフレークマヨトースト」をご紹介します。撮影/三木麻奈 料理/舘野真知子 スタイリスト/サイトウレナ 構成・原文/瀬戸由美子
  • 今回は作りおきサバフレークハーブ風味で作る「サバフレークオムレツ」をご紹介。いつものオムレツがちょっとリッチに変身。とても簡単にできる一品なので朝食にもオススメです。作りおき[基本]好みのハーブをブレンドしてもOKサバフレークハーブ風味野菜と炒めたり、サラダにトッピングしたり。どんな食材ともよく合います。冷蔵庫で1週間保存可能。材料(作りやすい量)サバ缶(汁なし)……190gセロリ……1/2本オリーブオイル……小さじ1ミックスドライハーブ……小さじ1塩……小さじ1/4作り方1 サバ缶は汁気をきる。セロリはみじん切りにする。2 フライパンにオリーブオイルを入れて熱し、セロリを炒める。しんなりしたらサバ缶を加えてほぐれるまで炒める。ドライハーブ、塩を加える。続いてサバフレークハーブ風味を活用したオムレツをご紹介。[活用−❷]忙しい朝もリッチなオムレツが簡単にサバフレークオムレツ卵に含まれるレシチンは脳の働きを活性化する成分。サバに含まれるDHAとの相乗効果が期待できます。材料(1人分)卵……2個牛乳……大さじ2塩……小さじ1/4黒こしょう……少々サバフレーク……大さじ3バター……10gベビーリーフ……適量作り方1 ボウルに卵を溶き、牛乳、塩、黒こしょう、サバフレークを加えて混ぜる。2 フライパンを熱してバターを入れ、①を流し入れて半熟になるようにオムレツを作る。3 皿にベビーリーフをのせ、②を盛りつける。次回は作りおきサバフレークハーブ風味で作る「サバフレークマヨトースト」をご紹介します。撮影/三木麻奈 料理/舘野真知子 スタイリスト/サイトウレナ 構成・原文/瀬戸由美子
  • 下味をつけたサバ缶の作りおきがあると、活用の幅がさらに広がります。今回から3回に分けて作りおきを利用したレシピをご紹介。ハーブの風味でサバ缶がおしゃれに変身。朝食に、おつまみに、大活躍です。作りおき[基本]好みのハーブをブレンドしてもOKサバフレークハーブ風味野菜と炒めたり、サラダにトッピングしたり。どんな食材ともよく合います。冷蔵庫で1週間保存可能。材料(作りやすい量)サバ缶(汁なし)……190gセロリ……1/2本オリーブオイル……小さじ1ミックスドライハーブ……小さじ1塩……小さじ1/4作り方1 サバ缶は汁気をきる。セロリはみじん切りにする。2 フライパンにオリーブオイルを入れて熱し、セロリを炒める。しんなりしたらサバ缶を加えてほぐれるまで炒める。ドライハーブ、塩を加える。続いて、サバフレークハーブ風味を活用したレシピをご紹介![活用−❶]サバ×トマト×玉ねぎで味も健康効果もアップ!トマトとサバフレークのサラダサバのDHA&EPAとトマトのリコピンが血管と血液を健康に。玉ねぎにも血液サラサラ効果が。材料(2人分)トマト……1個玉ねぎ……1/4個サバフレーク……大さじ3オリーブオイル……大さじ1酢……大さじ1塩……小さじ1/2作り方1 トマトはひと口大に切る。玉ねぎは縦に薄切りにして水にさらし、水気をきる。2 ボウルにオリーブオイル、酢、塩を入れて混ぜ、①を入れてあえる。さらにサバフレークを加えてあえる。次回は作りおきサバフレークハーブ風味で作る「サバフレークオムレツ」をご紹介します。撮影/三木麻奈 料理/舘野真知子 スタイリスト/サイトウレナ 構成・原文/瀬戸由美子
  • 下味をつけたサバ缶の作りおきがあると、活用の幅がさらに広がります。今回から3回に分けて作りおきを利用したレシピをご紹介。ハーブの風味でサバ缶がおしゃれに変身。朝食に、おつまみに、大活躍です。作りおき[基本]好みのハーブをブレンドしてもOKサバフレークハーブ風味野菜と炒めたり、サラダにトッピングしたり。どんな食材ともよく合います。冷蔵庫で1週間保存可能。材料(作りやすい量)サバ缶(汁なし)……190gセロリ……1/2本オリーブオイル……小さじ1ミックスドライハーブ……小さじ1塩……小さじ1/4作り方1 サバ缶は汁気をきる。セロリはみじん切りにする。2 フライパンにオリーブオイルを入れて熱し、セロリを炒める。しんなりしたらサバ缶を加えてほぐれるまで炒める。ドライハーブ、塩を加える。続いて、サバフレークハーブ風味を活用したレシピをご紹介![活用−❶]サバ×トマト×玉ねぎで味も健康効果もアップ!トマトとサバフレークのサラダサバのDHA&EPAとトマトのリコピンが血管と血液を健康に。玉ねぎにも血液サラサラ効果が。材料(2人分)トマト……1個玉ねぎ……1/4個サバフレーク……大さじ3オリーブオイル……大さじ1酢……大さじ1塩……小さじ1/2作り方1 トマトはひと口大に切る。玉ねぎは縦に薄切りにして水にさらし、水気をきる。2 ボウルにオリーブオイル、酢、塩を入れて混ぜ、①を入れてあえる。さらにサバフレークを加えてあえる。次回は作りおきサバフレークハーブ風味で作る「サバフレークオムレツ」をご紹介します。撮影/三木麻奈 料理/舘野真知子 スタイリスト/サイトウレナ 構成・原文/瀬戸由美子
  • キッチンにサバ以外の食材の缶詰があれば、メインディッシュになる煮込み料理もササッと簡単! 今回はサバ缶と豆のトマト煮をご紹介します。缶詰+冷蔵庫の野菜でさっと煮込み料理サバ缶と豆のトマト煮トマトや豆の水煮缶もストックしておくと便利。トマトの酸味がサバの旨味を引き立てます。材料(2人分)サバ缶(汁ごと)……190gミックスビーンズ缶……100gしめじ……1パック玉ねぎ……1/2個にんにく……1片オリーブオイル……大さじ1トマト缶……200g水……300㎖ローリエ……1枚塩……小さじ2/3はちみつ……小さじ1黒こしょう……少々パセリ……少々作り方1 しめじは小房にほぐし、玉ねぎは縦1㎝幅に切る。にんにくはみじん切りにする。2 鍋にオリーブオイルを入れ、にんにくを加えて香りがたつまで弱火で炒める。玉ねぎを加えて炒め、しんなりしたらしめじ、ミックスビーンズ缶を加えてさっと炒める。3 サバ缶を汁ごと加える。トマト缶、水、ローリエも加え、ふたをして10分煮る。4 塩、はちみつ、黒こしょうを加え、ふたを開けたまま2~3分煮る。5 器に盛り、みじん切りにしたパセリを散らす。次回からは作りおき「サバフレークハーブ風味」を活用したサバ缶のレシピをご紹介します。お楽しみに。撮影/三木麻奈 料理/舘野真知子 スタイリスト/サイトウレナ 構成・原文/瀬戸由美子
  • キッチンにサバ以外の食材の缶詰があれば、メインディッシュになる煮込み料理もササッと簡単! 今回はサバ缶と豆のトマト煮をご紹介します。缶詰+冷蔵庫の野菜でさっと煮込み料理サバ缶と豆のトマト煮トマトや豆の水煮缶もストックしておくと便利。トマトの酸味がサバの旨味を引き立てます。材料(2人分)サバ缶(汁ごと)……190gミックスビーンズ缶……100gしめじ……1パック玉ねぎ……1/2個にんにく……1片オリーブオイル……大さじ1トマト缶……200g水……300㎖ローリエ……1枚塩……小さじ2/3はちみつ……小さじ1黒こしょう……少々パセリ……少々作り方1 しめじは小房にほぐし、玉ねぎは縦1㎝幅に切る。にんにくはみじん切りにする。2 鍋にオリーブオイルを入れ、にんにくを加えて香りがたつまで弱火で炒める。玉ねぎを加えて炒め、しんなりしたらしめじ、ミックスビーンズ缶を加えてさっと炒める。3 サバ缶を汁ごと加える。トマト缶、水、ローリエも加え、ふたをして10分煮る。4 塩、はちみつ、黒こしょうを加え、ふたを開けたまま2~3分煮る。5 器に盛り、みじん切りにしたパセリを散らす。次回からは作りおき「サバフレークハーブ風味」を活用したサバ缶のレシピをご紹介します。お楽しみに。撮影/三木麻奈 料理/舘野真知子 スタイリスト/サイトウレナ 構成・原文/瀬戸由美子
  • ノーホールで楽しめるイヤーカフや、ひとひねりあるリングがますます充実する今。彫刻のようなフォルムや主張あるモチーフなど、一見気負ってしまいそうなデザインこそ、日常でさらりとまといたい。理想は、ふと出会った"見知らぬ人"のモードなアクセサリー・レイヤード。ノスタルジックな装いとのミックスマッチにも魅せられて。 ※この特集中、以下の表記は略号になります。YG(イエローゴールド)、WG(ホワイトゴールド)、RG(ローズゴールド)、SV(シルバー) モダンなデザインが、ふたたび気分 コンテンポラリーなツイストがきいたイヤーカフとリングのラインナップがより豊富に。 惹かれるのは、シルバーとゴールドのミックス。モードな重ね技を目撃!(上から)イヤーカフ〈SVにゴールドヴェルメイユ〉(2点セット)¥41,000・イヤーカフ〈SVにゴールドヴェルメイユ〉¥55,000・リング〈SV〉¥69,000/エドストロームオフィス(シャルロット シェネ)"サクセス"ダブルリング〈YG×WG〉¥368,000/フレッド トラッカージャケット¥30,000・中に着たシャツ¥23,000/ウェルダー有機的なシェイプのイヤーカフをサイズ違いで重ねづけ。上のものはクリップ式で好きな箇所に装着可能。シルバーにゴールドのヴェルメイユ加工を施した上質な光沢感もポイント。指の関節には、金具を無造作に曲げたようなデザインのシルバーリングを。仕上げに中指の直線的なラインがシャープなダブルリングを添えて。お喋りする彼女の、さりげなく気が利いたレイヤリングから目が離せない。 (人さし指)リング〈K18YG〉¥180,000/シハララボ(シハラ) (人さし指と中指)ダブルリング〈SV〉¥39,000/THE WALL SHOWROOM(ラッツェル アンド ウォルフ) (中指と薬指)ダブルリング〈SVにYGプレーテッド〉¥14,000/BOWLES(HYKE) コート¥152,000/ショールーム リンクス(クリスチャン ワイナンツ) パンツ¥14,500/ミリ ヴィンテージ階段ですれ違った人の手もとに見とれる。シルバーとゴールドの異なる幅のダブルリングをずらして装着。人さし指にはさらにマットなダブルアームのリングを加えたら、ラインの連なりにプレイフルな遊び心が光る。(左手中指と薬指)ダブルリング〈SV〉¥62,000/THE WALL SHOWROOM(ラッツェル アンド ウォルフ) (右手薬指)リング〈SV〉¥11,000/BOWLES(HYKE) (右手人さし指)リング¥30,000/DES PRÉS(アリアナボウサード) イヤーカフ〈SV925にゴールドコーティング〉¥25,000/MN INC(. AROM.) Tシャツ¥11,000/ウェルダー左手には、構築的なデザインに定評があるジュエリーブランドより、パネルが寄り添ったようなダブルリング。右手には湾曲したプレートが大胆なリングを。エッジのきいた2本に調和をもたらすのは、薬指の繊細なダブルライン。くしゃみ直前の表情もモードに飾る。(上から)イヤーカフ〈SV〉¥18,500/ハルミ ショールーム(コールムーン)  イヤーカフ〈SV〉¥8,000/ガリャルダガランテ 表参道店(サスキア ディズ) イヤーカフ〈RG〉¥66,000・イヤーカフ〈YG〉¥28,000/ショールーム セッション(ヒロタカ) トラックスーツ¥56,000/イザベル マラン(イザベル マラン エトワール)繊細なフープが連なる横顔で、何か考え事をしている様子。耳たぶのアクセサリーは一見4連のようだが、実は両端のフープは一つのイヤーカフ。大小二つの輪をつけたように見えるユニークなつくり。間にローズゴールド、イエローゴールドのフープを挟んで、サイズのグラデーションを堪能する。 (上から)イヤーカフ〈SV〉¥7,800/KNOWHOW(KNOWHOW Jewelry) イヤーカフ〈SV〉¥85,000/THE WALL SHOWROOM(ラッツェル アンド ウォルフ) ダブルラインイヤーカフ〈YG〉¥22,000/ショールームセッション(ヒロタカ) トップス¥12,800/THE WALL SHOWROOM(ゴスペル)"サイズレス・ノーホール・ハンギング"がコンセプトの気鋭イヤージュエリーブランドより、耳に引っ掛けると裏側に半月のようなフォルムが現れる変化球を。顔の角度を変えたときにきらめきを放つ。そんな主役級の一品には、さりげないフープのイヤーカフが好相性。エッジィな佇まいをほどよく中和する。 耳にパールを、指にはジェムを よりファッション感覚で楽しめるよう、フェイクも巧みに活用したパールのイヤーカフも続々。色石は、あえてタフなイメージに落とし込むのが新鮮。組み合わせの妙を感じたい。(左手人さし指)2連リング〈SVにYGプレーテッド〉¥14,000/ショールームセッション(MARIA BLACK) (左手薬指)リング〈SVにゴールドプレーテッド、グリーンアゲート〉¥65,000/Last Dance  (右手人さし指)リング〈アクアマリン〉¥60,000/SOURCE object(s キャスリーン・ウィテカー) ドレス¥28,000/ラコステお客様センター(ラコステ)手作業で丹念に切り出したグリーンアゲートは、ツヤ消しを施したマットなテクスチャーが美しい。アクアマリンのロックリングは、ぴたりと指になじむ。水色に浮かぶ乳白色と、金粉のような自然のインクルージョンにうっとり。日常の何げない所作も、ぐっとモダンに。(上から)イヤーカフ〈K10YG、あこやパール〉¥64,000・イヤーカフ〈K10YG、あこやパール〉¥160,000/petite robe noire(ヨシヨ) フーディ¥10,000/シティショップ愛媛産の10㎜あこやパールをセッティングした、ユニークなイヤーカフ。耳もとから真珠が浮いているようにも見える立体的な設計は、ナチュラルなメイクアップにも映える。スクエアなフォルムの地金部分との対比も面白い。(右手薬指)リング〈SV、ラピスラズリ〉¥61,000/DES PRÉS(レジェ) (右手中指・指先から)リング〈WG、イエローサファイア〉¥99,000・リング〈WG、ブルーサファイア〉¥99,000・リング〈WG、ピンクサファイア〉¥105,000・リング〈WG、グリーンガーネット〉¥99,000/ハルミ ショールーム(オー) (左手人さし指)リング〈YG、アメシスト、クリソプレーズ〉¥180,000/ギャラリー ドゥ ポワソン(etsuko sonobe) ニットポロシャツ¥7,500/ミリ ヴィンテージ デニムサロペット¥71,000/ショールーム リンクス(クリスチャン ワイナンツ)ラピスラズリを丁寧にはめ込んだシルバーのボールドなリング。そしてアメシストとクリソプレーズの石を贅沢にセットした、透明感あるリングを左手の人さし指に。関節には緻密に並べられた色石のリングを4連ではめれば、髪を結う後ろ姿も美しく。武骨さとフェミニニティの融合がカギ。(上から)イヤーカフ〈アクリルパール〉¥2,800/EMbellire by AKKI イヤーカフ〈YG、パール、ブラックオニキス〉¥26,000/ショールームセッション(ヒロタカ) イヤーカフ〈SVにゴールドプレーテッド〉¥9,000/KNOWHOW(KNOWHOW Jewelry) キャップ¥7,000/THE WALL SHOWROOM(ウォーク オブ シェイム) ジャンプスーツ¥32,000/エイチ ビューティ&ユース耳に添うように5つのイミテーションパールが連なるイヤーカフは、気軽にトライできるプライスも魅力。耳たぶのブラックオニキスをアクセントに、小粒ながらギミックのきいたデザインで主張する。風に吹かれる笑顔が眩しい。 華やかなモチーフが呼応する サイドからの視線を集めるのは、鮮やかなカラーリングの装飾的なアクセサリー。スタイルを牽引する、アイコニックな輝きをプラス。(上から)フラワーイヤーカフ〈ブラスメタル、ガラス〉¥57,000・イヤーカフ〈ブロンズ、ジルコン〉¥43,000・イヤーカフ〈ブロンズ、ジルコン〉¥37,000・フラワーリング〈ブラスメタル、ガラス〉¥43,000  シャツドレス¥181,000/フェンディ ジャパン(フェンディ)精巧なガラスとエナメル工芸を駆使してつくられたフラワーモチーフがレトロな趣。ステンドグラスのようなみずみずしい質感のブルーが、装いにプレイフルなエッセンスを加える。うたた寝する彼女のやわらかい表情を、ポップに彩られたサイズ違いのイヤーカフでも飾って。ファッションジュエリーならではの自由度で、軽やかなミックスを試してみたい。 SOURCE:SPUR 2019年7月号「STRANGER RINGS & EAR CUFFS」 photography: Takeshi Takagi〈SIGNO〉 styling: Lisa Sato〈bNm〉 hair & make-up: Mika Iwata〈mod’s hair〉 model: London cooperation: Tokyo Art Museu
関連キーワード

RECOMMEND