ブルガリ「ビー・ゼロワン」から生誕20周年を祝したブレスレットが発売

SPUR.JP

イタリア・ローマのコロッセオに着想を得て、1999年に誕生したブルガリの名作「ビー・ゼロワン」が、今年で生誕20周年を迎える。これを記念して、記念モデルが続々と発売されている。

スパイラルの幅に変化をつけたり、大理石やセラミックといった異素材との融合、彫刻家のアニッシュ・カプーアや建築家の故ザハ・ハディッドらとのコラボレーションなど、誕生時のスピリットはそのままに、自らを再解釈し、その世界を広げてきた「ビー・ゼロワン」。20周年を記念したモデルが続々と発売されるなか、大胆なスタイルの新作ブレスレットが登場した。

「ビー・ゼロワン」の特徴のひとつである、ブランド名を刻印したトップとボトムのフラットなリングを主軸にした細身のブレスレットは、シンプルながらも造形の美しさが際立つアイテム。サイドに刻まれていたブランドロゴを、オープンワークデザインで描いたブレスレットは、アイコニックなデザインがより際立つスタイルになっている。どちらのブレスレットもピンクゴールド、イエローゴールド、ホワイトゴールドの3種類で展開される。

軽やかさを併せ持った新作ブレスレットは、既存の「ビー・ゼロワン」とのレイヤードにもぴったり。手元のおしゃれが際立つ春夏のスタイリングに加えてみては。

ブルガリ ジャパン
Https://www.bulgari.com/
03-6362-0100

text:Junko Hayashida

関連記事
  • ティアードワンピースのおすすめコーデまとめ♪ふんわりとやわらかく揺れるティアードワンピース。ロマンティックなシルエットはとても可愛いけど、子どもっぽく見えやすいので要注意! 20代後半に似合う、大人なコーデはこちら♪ [目次] 【ティアードワンピースコーデ】ランダのワンピース 【ティアードワンピースコーデ】フレイ アイディーのワンピース1 【ティアードワンピースコーデ】フレイ アイディーのワンピース2 【ティアードワンピースコーデ】ヌキテパのワンピース1 【ティアードワンピースコーデ】ベッド&ブレックファストのワンピース 【ティアードワンピースコーデ】ユニクロのワンピース 【ティアードワンピースコーデ】ヌキテパのワンピース2 【ティアードワンピースコーデ】ラウゴアのワンピース 【ティアードワンピースコーデ】MERLETTEのワンピース 【ティアードワンピースコーデ】神戸レタスのワンピース 【ティアードワンピースコーデ】イエナのワンピース ※記事発信時点での情報のため、価格や仕様が変更になっている場合や、販売が終了している場合があります。【ティアードワンピースコーデ1】ランダのワンピースラブリーじゃないのは、コーラルピンクの妙! さりげなく、優しく、大人めに導いてくれるのがコーラルピンクの魅力。ウエストの両サイドに配したドローストリングで、くびれの微調整ができる。ワンピース¥9900/ランダ 靴¥12200・ターバン¥1500/ルクールブラン バッグ¥6000/ジーナシス イヤリング¥9800・リング¥28000/UTS PR(ルフェール) →ティアードワンピースのコーデを詳しく見る▲【ティアードワンピース特集】トップに戻る 【ティアードワンピースコーデ2】フレイ アイディーのワンピース1上半身に集中するギャザーは重心アップ効果も。デニムと寒色系で大人っぽく!ワンピース¥18500/フレイ アイディー パンツ¥9000/アパートバイローリーズ 靴¥8990/バロックジャパンリミテッド(スライ) バッグ¥28000/ショールーム セッション(トイノ アベル) イヤリング¥30000/ススプレス(ラナ スワンズ) →ティアードワンピースのコーデを詳しく見る▲【ティアードワンピース特集】トップに戻る 【ティアードワンピースコーデ3】フレイ アイディーのワンピース2たっぷりギャザーが印象的なブラックサマードレスにほどよくフレアなデニムを挟んだら、女っぽさもカッコよさも最高潮! チラッとのぞくパイソン柄のサンダルでトレンド感もアップさせて、誰よりおしゃれな夏のイベントコーデに。黒×デニムのシンプルクールな着こなしに、今まではレディな赤リップが鉄板だったけど、そろそろ新しいメイクに挑戦してみない? おすすめはオレンジがかったブラウンリップ。ほんのり色っぽくて落ち着いたニュアンスが素敵でしょ♡パンツ¥18800/バロックジャパンリミテッド(マウジー) ワンピース¥18500/フレイ アイディー 靴¥33000/パリゴ 丸の内店(ピッピシック) イヤリング¥9500/ココシュニック オンキッチュ 新宿マルイ店(マージョリー・ベア) バングル¥15000/グラストンベリーショールーム(スチュードベーカーメタルズ) リング(右手人さし指)¥18000・(右手中指・右手薬指)各¥19000・(左手薬指)¥16000/ココシュニック →ティアードワンピースのコーデを詳しく見る▲【ティアードワンピース特集】トップに戻る 【ティアードワンピースコーデ4】ヌキテパのワンピース1薄手のコットン生地とはしごレースの切替えによるほのかな透け感で、体のほとんどをおおっているのにこの清涼感! 舞うように揺れる感じも秀逸。ワンピース¥20000・バッグ¥9000/ヌキテパ AOYAMA 靴¥13000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) ピアス¥3500/ジーナシス リング¥1700/サンポークリエイト(アネモネ) →ティアードワンピースのコーデを詳しく見る▲【ティアードワンピース特集】トップに戻る 【ティアードワンピースコーデ5】ベッド&ブレックファストのワンピースバンドカラーシャツのクリーンさと、ティアードの旬感を持ち合わせた一枚。小物はナチュラルよりも辛口の“大人仕上げ”が、今の気分にぴったり。ワンピース¥38000/GREED International(ベッド&ブレックファスト) 靴¥14000/クレドラン バッグ¥22000/ノーリーズ&グッドマン銀座店 バングル¥39000/セシル・エ・ジャンヌ →ティアードワンピースのコーデを詳しく見る▲【ティアードワンピース特集】トップに戻る 【ティアードワンピースコーデ6】ユニクロのワンピース白ティアードワンピ×かっちりバッグ×ヒール靴純白のワンピースは四角いバッグとヒール靴で、クラシックな着こなしに。何色にでも染まる白だからこそ、“小物でイメチェン”が醍醐味でしょ♡ワンピース¥3990/ユニクロ ジャケット¥15000/ゲストリスト(ヘルシーデニム) 靴¥13500/ダイアナ 銀座本店 バッグ¥6990/ロコンド(マンゴ) イヤリング¥2800/サンポークリエイト(mimi33) 時計¥18000/ダニエル・ウェリントン 原宿(ダニエル・ウェリントン) →ティアードワンピースのコーデを詳しく見る▲【ティアードワンピース特集】トップに戻る 【ティアードワンピースコーデ7】ヌキテパのワンピース2ふわり、立体感が魅力のティアードワンピロングカーデとのレイヤードで、愛らしいティアードに大人な一面を発見。チャーミングなイエローと辛口な黒の色合わせも絶妙。遊び心のあるバッグでしゃれ感を添えて。ティアードの立体感を引き締める好相性のはおりものは、ロングカーデだって覚えればどちらの出番も多くなりそう!ワンピース¥19000/ヌキテパ AOYAMA カーディガン¥3324/ベルシュカ・ジャパン 靴(一部店舗のみ販売)¥2490/GU バッグ¥17000/TOMORROWLAND(BERTINI) イヤリング¥2700/サンポークリエイト(mimi33) →ティアードワンピースのコーデを詳しく見る▲【ティアードワンピース特集】トップに戻る 【ティアードワンピースコーデ8】ラウゴアのワンピースティアードのブラックドレスがあれば”大人可愛い”は即叶う♡胸下からふわっと広がるティアードワンピースは、一枚で今っぽさも可愛げも最高潮♡ ON⇔OFF問わず活用したいなら、肩まわりや裾が品よく透ける”黒”がおすすめ。涼やかで大人っぽいムードに仕上がるから、急に食事に誘われたりしても迷わず行けるきちんと感もあって。なのにインナーつきで4ケタプライスなんて嬉しい限り♪ 抜け感のあるサンダルやPVC素材のバッグなど”軽やかな黒小物”を選べば、オールブラックの着こなしもちゃんと初夏らしく! ワンピース¥9250・バッグ¥6200(ラウゴア)/フリークス ストア渋谷 靴¥55000/ティースクエア プレスルーム(ロートルショーズ) ピアス¥2280/サンポークリエイト(アネモネ) →ティアードワンピースのコーデを詳しく見る▲【ティアードワンピース特集】トップに戻る 【ティアードワンピースコーデ9】MERLETTEのワンピース鮮やかなティアードワンピにカットオフデニムの最旬レイヤードで休日をもっと楽しく♪トレンドのティアードワンピースは、カジュアルにもすんなりなじむ可愛げが魅力♡ パッと目を引くきれい色の一枚を濃紺のカットオフデニムでちょっぴりクールに引締めて。ぺたんこサンダルでリラックス感を出せば、今っぽさ全開のレイヤードスタイルに。さらに休日をもっとハッピーに過ごしたいならヘアアレンジも大事なポイント! シンプルなひとつ結びに”シースルーバング”でこなれたニュアンスを。無地コーデを華やかに見せるターバンは、ワンピの色とさりげなくリンクさせてみて!ワンピース¥48000(MERLETTE)・ターバン¥4500(INDIRA DE PARIS)/TOMORROWLAND パンツ¥12000/リー・ジャパン 靴¥17000/ビームス 新宿(ファビオ ルスコーニ) バッグ¥68000/リフラティ シップス ルミネ横浜店(エバゴス) →ティアードワンピースのコーデを詳しく見る▲【ティアードワンピース特集】トップに戻る 【ティアードワンピースコーデ10】神戸レタスのワンピース今っぽくて女っぽいカジュアルが叶う、れんが色×ティアード今年らしい可愛げを求めるなら、ティアードははずせない。Vネックからのぞくシンプルな白Tにカジュアルな小物たち。着くずしても女らしさが保てる一枚!ワンピース¥2768/神戸レタス Tシャツ(2枚セット)¥2800/ヘインズブランズ ジャパン 靴¥6500/ABC-MART(コンバース) バッグ¥32000/アルファ PR(アエタ) 帽子¥11000/CA4LA ショールーム →ティアードワンピースのコーデを詳しく見る▲【ティアードワンピース特集】トップに戻る 【ティアードワンピースコーデ11】イエナのワンピース高い位置からティアードが配された今っぽい直線的なシルエットは甘さ控えめ、かつレイヤードでも映えるように。カラーは辛口なグリーン系を選んで、モア世代らしく。意外性のあるビッグサイズのバッグで抜け感が出るようコーディネート。ワンピース¥18000(イエナ)・バッグ¥68000(CLARE.V)/メゾン イエナ 靴¥24000/フラッパーズ(スペルタ) イヤリング¥3300/サンポークリエイト(mimi33) バングル¥16000/ビヨンクール 阪急メンズ大阪店(アンプジャパン) →ティアードワンピースのコーデを詳しく見る▲【ティアードワンピース特集】トップに戻る 【ティアードワンピースコーデ12】NE QUITTEZ PAS BLACKのワンピースベリーカラーのティアードドレスはじけるような日差しに似合う色を着て、太陽を待ちわびる。太陽の光に映えるきれい色は、これからの季節の変わらない憧れ。ふわり軽やかに舞うようなティアードデザインは、今の気分のトレンド。さらりとまとう、それだけで幸せ。ワンピース¥40000/ヌキテパ AOYAMA(NE QUITTEZ PAS BLACK) 靴¥31000/FUN Inc.(チェンバー) バッグ¥15000/ブランドニュース(サラ マリカ) ピアス¥36000/TOMORROWLAND(アグメス) ブレスレット¥8600/アンティット →ティアードワンピースのコーデを詳しく見る▲【ティアードワンピース特集】トップに戻る ティアードワンピース関連特集もチェック♪ユニクロ・GUなど! プチプラワンピース特集《2019春夏》- 4ケタプライスで探すトレンドワンピ夏のきれいめワンピース特集《2019年版》- ティアードやカシュクールタイプなど20代におすすめのワンピース花柄ワンピース特集《2019年夏》- 夏のおすすめワンピースやサマードレス20代レディースの夏ファッション特集《2019年版》 - ワンピースやTシャツなどおすすめコーデは?大人かわいいプチプラファッション特集《2019夏》 - 20代後半女子におすすめのきれいめコーデまとめ
  • 何も考えないほうが上手にキマる。ちょっぴり奮発アイテムで、そんな手抜きが叶います最近、とてもラクだな~~と思っている手抜きスタイルがあります。それは、大きなブランドのスニーカーを使ったコーデ。ロゴが入った主役のスニーカーをジャマしないように、ただシンプルなものを合わせればいいだけなので、手抜きでもばっちりおしゃれしているように見えてしまうのです。プチプラ服も引き立ちやすく、とても便利なアイテム! 靴はこれまで、ひと目でどこのブランドかわかるデザインはほとんど選びませんでした。でも、近年はブランドの「ロゴ」ブーム。服もバッグも、ロゴが大きくデザインされているのがトレンドに。それで、初めてのロゴシューズは、シャネルのスニーカーでデビューしてみました。 実際に履いてみると、外での反応は「かわいい」と素直に褒められて少し驚きました。言われてうれしいのは「嫌味がない」ということ。アイテムとしてヘルシーな印象のスニーカーは、ロゴが目立っても威圧的になったり、嫌味な印象を与えにくいのだと初めて気づきました。ブランドスニーカー×超シンプル服。このラクさの虜になり、早速2足めを選びはじめ… 「VLTN( ヴァレンティノ)」デビュー!「VLTN」のロゴ流行は今はじまったわけではないですが、よく見かけるTシャツやYシャツの、モノトーンがカッコいいな~と思いながらも、あの「ロゴバンっ!!」を着てみる勇気がなかったのです。だからスニーカーからはじめようと。足ならこれくらいロゴが大きくても、全身で見るとバランス的にはちょうどよく、やはり白スニーカーの爽やかさが勝ってイヤミを感じません。 ヴァレンティノのアイコン、ハードな「ロックスタッズ(尖った四角錐)」が、かかとにさりげなくついていてカッコいい。ロゴはブラックですが、かかと部分はこげ茶のようなメタリックなので、ブラウン系の服にも合わせやすいです。足裏は、すべてこのロックスタッズが一面に!このおかげで滑り止めの役割にもなってくれそうです。服はスニーカーの引き立て役に徹するのみ。ジャマはしません。究極シンプルなほうがカッコいいので、何も考えずに目に入ったTシャツやデニムなどを合わせるだけです。もちろんプチプラでOK(むしろそれがいい)。何も凝ったことはしていないのに、スニーカーのおかげで「ちょっとおしゃれな人」に変身。 「ロゴに身をまかせてラクをする」。いつもアレコレ着回しを考えているわたしにとって、これはとても新しい発見でした。この「VLTN」には他に真逆のブラック×白ロゴもありますが、シャネルが黒なので断然今回は白。この白黒2足さえあれば、真夏だって大人のスニーカースタイルはラクにカッコよくできます!ブランドばかりではなく、大好きな定番コンバースも交互に履き、飽きずにモノトーンを楽しみます。スニーカーが白黒なので、きれい色はあまり使わずベーシックカラーのみ。それでスニーカーを引き立てると、大人のスニーカー通勤スタイルは簡単に完成↓ 【Day1】タイトスカートに合わせたヘルシーなフェミニンコーデ ↑タイトスカート×ノースリーブは女性らしい雰囲気ですが、白スニーカーのおかげでヘルシーな印象に。ロゴは大きいですが字体が細いので、目立ちすぎず控えめな主張。服の上下は、前回のユニクロ2,000円コーデです!【Day2】デニムに合わせたモノトーンのジャケットコーデ ↑スニーカーを主役にするため、服をシンプルに白黒モノトーンにするとロゴが映えますね。ブラックの細身デニムとジャケットでハンサムな印象に。小物とバランスをとり、服はユニクロ&GUの上下プチプラで遊びゴコロを入れても楽しいです。【Day3】コンバースホワイト×ベージュのデニムコーデ↑白のハイカットにホワイトデニムを合わせ、夏らしくさわやかな印象に。白とベージュは上品な印象なので、大人っぽいスニーカーコーデに仕上がります。【Day4】黒コンバースにワンピースを合わせたカジュアルフェミニン↑ロングワンピースは抜け感を出すために、ペタンコのサンダルやパンプスを合わせることが多いですが、マンネリコーデになりやすいので時々ハイカットを合わせます。上から8割はフェミニンで、下をスニーカーで崩すのも好きなスタイルです。【Day5】ロゴスニーカー主役のハンサムコーデ↑やはり「ロゴ」はラク!ゴチャゴチャ組み合わせを考えなくても、シンプルTシャツとパンツがあれば、ただそれでいいのです。これこそまさに時短コーデ!スニーカーが「ダッド寄り」なので、Tシャツもパンツも素材は女性らしいテロンとした柔らかいものを合わせました。 ↓スカート丈は中途ハンパより、足首が少し見えるくらいのマキシが好きです。「靴にはお金をかけていい」。年齢とともにより強く思うようになった気がします。自分を支えている大事な足ですから、少しくらい奮発してもいいですね。スタイリングへの自信をつけてくれるので、きっと価格以上の価値を感じられることかと思います。運命の1足に必ず巡り会えますよ!▶VALENTINO (ヴァレンティノ)「 VLTN オープン スニーカー」の詳細はこちらをチェック………………………………………………………………………………………………… ★オマケのプチプラVol.41★ 「デザイン靴下(324円~)」 パンプスやスニーカーを履く時、デザインのある靴下を合わせると、素足とはまた違った雰囲気を楽しめますよね。最近では300円ショップなどでもおしゃれなものが手に入るので、履いてみたいデザインや色に気軽に挑戦できます。 300円均一のお店、「ミカヅキモモコ」の水玉チュールソックスと、「チュチュアンナ」のラメソックス。どちらもとってもかわいいので、「遊び」を出したい時に愛用しています。チュールやシースルーソックスは高そうなイメージがありますが、今は300円でも種類豊富に見つかります。しかも、どれも高見え商品が多い! ドットのパンプスもお気に入りですが、靴下をドットにするとまたちょっと足先が女性らしい印象に変わります。「チュチュアンナ」はラメの色や靴下の長さの種類が充実しているのでよく選びに行きます。ほとんど3足1,000円なので、これもやはり1足300円前後。ブラックやグレーのラメは大人でも合わせやすく、スニーカーにも遊びを取り入れられます。暑くなると素足が多いですが、つま先を出していると冷えるので、意外と足が疲れてきます。時々は靴下を履いて、上手に「夏冷え対策」していきましょう♪ 美女組 Akane 元国内線C/A。フランス留学中にアルバイト生活でプチプラファッションに目覚め、現地でリアルな着こなしを見て学ぶ。40代が最大限おしゃれに見えるプチプラアイテムを日々発掘中。小学生2児の母。
  • 映画『チャーリーズ・エンジェル』リブート版の出演が話題の女優クリステン・スチュワート(29)。復縁説が流れていたモデルのステラ・マックスウェル(29)と、復縁は確実だと報じられた。 Photo:Getty Images2019年7月11日(現地時間)、パリでシャネルのイベントに出席したクリステンとステラ。バックステージで会話をするところが目撃されていたが、フォトコールでのツーショットは実現せず。しかしふたりは、その足でイタリア・アマルフィへと向かっていたことが発覚! Photo:Instagram (@k.ristella)バカンスで訪れたアマルフィでは、友人たちとクルージングを楽しむ姿が激写されたクリステンとステラ。なかには、ふたりが熱いキスを交わす写真も出回った。 黒いビキニにマリンハットをかぶったクリステンと、白いビキニ姿のステラ。人目もはばからずキスを交わすふたりの姿は、まるで映画のワンシーンのよう! この投稿をInstagramで見る Stella!さん(@stellamaxwell)がシェアした投稿 - 2019年 7月月17日午前7時59分PDT 7月17日(現地時間)、ステラのインスタグラムには、白いビキニ姿の自身の写真が投稿されたが、この写真はクリステンが撮影したと見られている。Photo:AFLO2016年12月に交際が発覚し、その約5カ月後には同棲をスタートさせたクリステンとステラ。美女カップルの交際は順調そうに見えたが、2018年10月頃に破局。その約2カ月後に、クリステンが別の女性とデートをしていたことがきっかけで、ステラとの破局が明らかになった。 Photo:AFLO その女性とは、スタイリストのサラ・ディンキン(28)。2018年12月、連日のように手を繋いで歩いている姿が何度もパパラッチされていたふたり。さらに、今年のコーチェラ・フェスティバルではキスをする姿が目撃されていたが、破局した時期や理由は謎に包まれたまま。 ステラとは、今年6月頃から密会が報じられ、今回のバカンスで復縁が確実となったクリステン。その一部始終について語る日はくるだろうか? >>クリステン・スチュワートの激変姿に注目! リブート版『チャーリーズ・エンジェル』の予告編がついに公開 >>クリステン・スチュワートと交際中のステラ・マックスウェル、男性とのキス現場をキャッチされる
  • 20代で買っておいて損ナシ。名品定番服7選!そろそろずっと愛せる名品が欲しいけど、大きな買い物だし、長いつき合いになるだろうから、簡単には決められないのが本当のところ。そこで、MOREを支えるおしゃれスタイリスト&ライター陣に、“20代のおしゃれが格上げされる¥100000以下の名品アイテム”をアンケート! とっても参考になるコメントつきなので、ぜひお読みください♡『ハイク』のトレンチコートスタイリスト 松野裕子さん「コーディネートに遊びがあっても、このトレンチをはおれば格上げされる。そんなクラス感は一度味わったら離れられなくなり、つい買い足してしまいます。20代のトレンド感たっぷりなスタイリングでさえ、素敵に見せてくれるはず。秋から春まで長く使えるから、ぜひいいものを」コート¥75000/ボウルズ(ハイク)『シンゾーン』のセンタープレスパンツスタイリスト 高野麻子さん「適度にドレッシーで、適度にカジュアル。このさじ加減が絶妙なのは『シンゾーン』だけ。女子会、誕生日会、ちょっとしたお祝いなど、ドレスアップが必要だけどワンピースを着るほどでもない日に、こんなパンツがこなれ感が出ておすすめです」パンツ¥19000/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ・シンゾーン)『セント ジェームス』のボーダートップススタイリスト 大平典子さん「元来海軍の仕事着だったボーダーを、おしゃれ服に展開させた歴史あるブランドなだけあって、ここのボーダートップスはひと味違います。ピッチの幅、色のトーン、フォルム、どれを取っても絶妙。本物でしか味わえないボーダーの楽しさを知ってほしいです」トップス各¥10800/セント ジェームス代官山店『アニエスベー』の「カーディガンプレッション」スタイリスト 大平典子さん「発売してから40年もの歴史を誇る、名品スナップカーディガン。この一枚につまったフレンチシックなムードと女性らしさは、どんな場面でも美人に見せてくれます。トレンドに流されず長く着られるのも◎。こんな逸品を持っておくと人と差がつくと思いますよ」。カーディガン¥14000/アニエスベー『アナトミカ』のデニム  『レッドカード』のデニム スタイリスト 高橋美帆さん(右)「ベーシックなデニムは飽きずにずっとはけます。特にシルエットと着心地にこだわり抜いたこのパンツは、後ろ姿が女性らしく洗練されるのがすごい! 着るだけで雰囲気のある人っぽくなるので、おしゃれに自信が持てない人こそ試してほしいです」デニムパンツ¥27000/アナトミカ 東京(アナトミカ)ライター 野田春香さん(左)「誰もが着るものこそ、質やフォルムにこだわるとおしゃれに格が出るし、洗練されて見えるもの。トップスが1000円のTシャツだろうと、デニムがきちんとしていればさまになります。日本人の体型に合った『レッドカード』が私のイチ押しブランド」デニムパンツ¥19000/ゲストリスト(レッドカード)『スローン』のニットトップススタイリスト 森 由美江さん「ユニセックスで着られるよう作られている『スローン』のニットは、ガーリーにもボーイッシュにも使える多様性が魅力。それゆえどんなボトムとも好相性なので、まだいろんなファッションを楽しみたいモア世代が投資しても間違いないはず。日本製の質のよさも楽しんで」ニット¥22000/スローン ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 原文/野田春香 撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/森 由美江
  • シンプルなコーディネートのおしゃれを広げてくれる黒小物。品格のある手もとを演出する2点をご紹介。【1】 ロンジンの腕時計リネンシャツやTシャツの手もとに、ピンクゴールドのケースが華やかさを、アリゲーターストラップが品格を与えてくれる。時計(K18ピンクゴールド、35㎜)¥567,000/ロンジン(ロンジン)【3】ハムのブラックパールリングリングひとつでこの上ない存在感が出るブラックパール。日常使いできるのも大人ならでは。リング(シルバー×ブラックパール×グレーダイヤモンド)¥128,000/ハム 伊勢丹新宿本店(ハム)撮影/金谷章平 スタイリスト/松村純子  取材/RINA ・原文/陶山真知子 【Marisol8月号 2019年掲載】
  • 男前なテーラードジャケット×エレガントなプリーツスカートをモノトーンで粋に着こなしてかっちりした印象の黒テーラードジャケットに、しゃらりと繊細に流れるアコーディオンプリーツの白スカート、モノトーンで統一することで、トレンドを楽しみながらも信頼感が得られる今どきの組み合わせに。小物はシルバーにすることで、シャープさと華やかさを添えて。ジャケット¥69,000/アトリエ ニノン(ラスパイユ) カットソー¥6,800/スローン スカート¥35,000/ツル バイ マリコ オイカワ 靴¥24,000/ハイブリッジ インターナショナル(ファビオ ルスコーニ) サングラス¥28,000/アイヴァンPR(アイヴァン) ブレスレット¥16,000/アビステ バッグ¥128,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/石毛のりえ 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼スカートの関連記事もチェック
  • モデルたちが持ち歩いてるもの・好きなもの一挙公開! 意外な一面が分かっちゃうかも☆ ※掲載している製品は、すべてモデルの私物です。ブランドへのお問い合わせはお控えください。 ■ ■ ■新川優愛YUA SHINKAWA■ ■ ■ 小ぶりで使いやすいので、2代目です! カラーもたくさんあって可愛いし、リップケア効果があるので好き。 さらっとしていて重ねづけしてもべたつかない! 他の画像を見る撮影/田形千紘 齊藤晴香(物) ヘア&メイク/川添カユミ スタイリング協力/佐藤朱香 松尾正美 笠原百合 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス
  • 今年50歳の節目を迎えた、エクラカバーモデル・富岡佳子さんの夏の私服スタイルを大公開! 富岡さんがひと目惚れして購入したラシュモンのリネン素材の黒ワンピースを主役に、足もとはペタンコサンダルで抜け感を演出した大人のラフスタイル。SUMMER STYLE4ディテールを効かせた黒のリネンワンピースでつくる、大人のオフスタイル「ひと目惚れで購入したラシュモンのリネン素材の黒ワンピース。胸もとと背中の広めのあきとバックスタイルにあしらわれたリボン使いが特徴的で、まさに着るだけで完成する一枚です。素肌が出るぶん、マキシ丈でも重くならないから、この日はオールブラックにしました」。足もとに合わせたのはマノロ ブラニクのぺたんこサンダル。肩の力が抜けた大人のオフスタイルに。【ITEM LIST】 ONE-PIECE:Lâchement EARRINGS/BRACELET/BAG:HERMÈS SHOES:MANOLO BLAHNIK “リラックス&モード”をつくるこの夏の主役アイテムHERMÈSのフープピアス昨年の夏に比べて、ぐっとシンプルになったジュエリー使い。「でもピアスは、私にとってマストジュエリー。つけるのを忘れると、下着をつけ忘れたような感覚になるんです(笑)。モード感のあるフープが今の気分です」。Lâchementのマキシワンピース黒ワンピースは、富岡さんの夏のワードローブに欠かせないアイテムのひとつ。「つい先日、セレクトショップで同じワンピースを見かけて、思わず欲しいと思ってしまったくらい(笑)、好みのデザインです」。MANOLO BLAHNIKのフラットサンダル「ブラックにするかキャメルにするか決めかねて買いにいったのですが、試着の結果、ツヤ感のあるブラックが気に入って迷わず決定。クセのあるバッグを持つことが多いので、靴はシンプルなタイプを選びます」撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/モデル) 魚地武大(TENT/静物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリング協力/村山佳世子 モデル・コーディネート/富岡佳子 取材・文/磯部安伽 ※エクラ8月号掲載 
関連キーワード

RECOMMEND