人気スタイリスト4人のモード心と春の服「そうです、私は飽きっぽい」

SPUR.JP

半年ごとに一新されるモードの世界。それがファッションの醍醐味であり、その変化に私たちはわくわくする。だから、飽きっぽくていいんです! モードの最前線で活躍している人気スタイリスト4人が、昨年とは一変した今の気分を語る。

1.70年代西海岸風スポーツクチュール/飯島朋子


ポロシャツにはキャミソールを重ねてフェミニン要素をプラス。トラックパンツもサイドにレースがあしらわれたものを。クチュールライクなチョーカーで首元を飾って。
ジャケット¥510,000/エトロ ジャパン(エトロ) ポロシャツ¥12,000/ラコステお客様センター(ラコステ) キャミソール¥7,500/バースデス パンツ¥39,000/オンワード樫山 お客様相談室(カルバン・クライン) チョーカー(参考色)¥108,000/マーク ジェイコブス カスタマーセンター(マーク ジェイコブス) スニーカー「ライトン」¥117,000/グッチ ジャパン(グッチ)

トラッドは封印。カラフルな柄物が着たい

マニッシュなスタイリングを得意とする飯島さんは、自身もつねにパンツスタイル。トレンチやシャツなど、ベーシックな色みのトラッドなアイテムを愛用していた。しかし、年齢を重ねるにつれ、心境の変化が。「肌のくすみが気になってきて(笑)、鮮やかな色や柄物を着たくなりました。まずは寒色から始めてみようと」。そこで選んだのがエトロのフラワーモチーフのジャケット。全面にレースが施されている。「今年は"スポーツクチュール" をテーマにしたい。スポーティなアイテムを用いながら、華やかなジュエリーやフェミニンな要素をミックスするんです。これまではアメリカで言うならきちんとした東海岸スタイル。今はゆるい西海岸のムードで着たいですね」

2.ジャケットをドレスとして着る/山本マナ

ジャケットに対して、足もとは白いタイツ+スニーカーで。ナイキのスニーカーはボリュームがあるものを選ぶのがベストバランス。
グラデーションカラーのジャケット¥264,000/メゾン マルジェラ トウキョウ(メゾン マルジェラ) 2 枚重ねてはいたタイツ 各¥1,300/ぽこ・あ・ぽこ(パメラマン) スニーカー¥15,000/NIKE カスタマーサービス(ナイキ スポーツウェア)

まったく着ることがなかったジャケットにトライ

ピュアな印象なのに内に秘めた強さがある。それは、山本さんのスタイリングにも、自身のファッションにも言えること。「自分で着るときはレイヤードなど、凝ったことはあまりしません。ひと目でぱっと伝わる感じが好き」。オーバーサイズのスウェットやライダース、ブルゾンなど、リラックスしたアイテムを好んでいたが、最近メゾン マルジェラのジャケットを試しに羽織ってみて驚いたそう。「堅い印象だったり肩に力が入るようなアイテムはまったく着なかったのですが、これはいつものスタイルに意外としっくりきたんです。ジャケットを買ったのは初めてと言っていいほど。ここ数年、服を着ることが楽しい。型にはまらずにどんどん挑戦していきたいと思っています」

3.コケティッシュなパリの不良娘のように/清水奈緒美

シックなドレスに、アクセサリーも柄もソックスも、あえてレイヤードして盛るのがスタイリングのポイント。
コート¥375,000・ドレス¥1,400,000(ともに予定価格)/セリーヌ ジャパン(セリーヌ バイ エディ・スリマン) ヴィンテージのイヤリング(フープ)¥29,000・(白)¥28,000・ストール¥26,000・ブレスレット(右手)¥38,000・(左手・シルバー)¥15,000・(ゴールド)¥50,000・ベルト¥60,000/ライラヴィンテージ ストッキング¥1,300(Jonathan Aston)・リブソックス¥1,000(We Love Colors)/ぽこ・あ・ぽこ ブーツ¥260,000/ジョン ロブジャパン(ジョン ロブ) 髪とバスケットにつけたリボン・バスケット/スタイリスト私物

パリシックスタイルをセリーヌ流にアップデート

シックなスタイリングを信条とする清水さん。自身はストリートブランドも好きで、足もとはスニーカーが最近の定番だった。それが、新生セリーヌを見たことで一変。「エディ・スリマン流にアップデートされたパリシックなスタイルに心奪われました。イメージしたのは、60年代のアイドル、マリアンヌ・フェイスフルや、作家のフランソワーズ・サガン。ともにドラッグやアルコールに溺れたりしてスキャンダラスな存在でしたが、佇まいや言動に育ちのよさがにじみ出ていたのが魅力」。今季セリーヌがメインで打ち出しているミニ丈にも10年ぶりに挑戦するつもり。「どんどん脚を出したい。足もとはメンズライクなシューズで。当分スニーカーは履きません!」

4.素材使いで攻める、究極のクリーンネス/飯田珠緒

シースルートップスとパンツ、メタリックのパンティ、セラミックのピアス、PVCのシューズ。フォルムと色はシンプルでも多様な素材を選ぶことで、スタイルは研ぎ澄まされる。
シースルートップス¥76,000・中に着たタンクトップ¥28,000/ドリス ヴァン ノッテン シースルーパンツ¥93,000/アデライデ(ピーター ドゥ) 中にはいたメタリックのパンティ¥9,000(ベルベットソックス バイ シモーネワイルド)・ピアス(左・両耳あり)¥15,000・(右・両耳あり)¥15,000(ともにジー・ビンスキー)/フィルグショールーム チェーンネックレス¥503,000/クロムハーツ トーキョー(クロムハーツ) 靴¥93,000/ジャンヴィト ロッシジャパン(ジャンヴィト ロッシ)

ストリート系から、クリーンなムードへシフト

最新モードで「今」を表現したいとき、その審美眼で絶大な信頼を得ている飯田さん。フーディとデニムにスニーカーを履き、ヴィンテージのレオパードのファーコートを羽織るといったストリート系スタイルにはそろそろ飽きているよう。「とにかくきれいに服を着たい。だらんとしたオーバーサイズが中心でしたが、徐々にジャストサイズにシフトしていく予定」。セリーヌで経験を積んだ新鋭、ピーター ドゥは、今の気分を体現するブランドのひとつとして注目。その透けるパンツからはメタリックのパンティをあえて見せる。「一見シンプルでも、いろいろな素材を大胆にミックスさせて静かに攻めたい。そしてジェンダーレスなムードにまとめるのが新しい季節の気分です」

SOURCE:SPUR 2019年5月号「そうです、私は飽きっぽい」
photography: Hiroko Matsubara styling: Tomoko Iijima, Mana Yamamoto,Naomi Shimizu, Tamao Iida hair: Koichi Nishimura〈angle〉 make-up: NOBUKO MAEKAWA〈Perle〉 model: Marland illustration: Shoko Takahashi edit: Itoi Kuriyama

関連記事
  • アイテムの選び方や、大人にふさわしい着こなし方など、夏カジュアルのお悩みを人気スタイリストがわかりやすくアンサー!松村純子松村純子女っぷりカジュアル派Q.SHORT PANTS 子供っぽくならず上品に、ショーパンをはくには? A.短すぎない膝丈で、ふんわり広がらないストレートシルエットを。リネンなどの上質素材がおすすめ(松村)「トップスには、Tシャツよりもシャツやジャケットなどしっかり形のあるものを合わせると間違いありません」。ショートパンツ¥17,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) シャツ(千駄ヶ谷店5 周年限定)¥29,000/サザビーリーグ(フランク&アイリーン) バッグ¥159,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ピアス¥16,000(マリア ブラック)・リング¥10,000(フィリップ オーディベール)/デミルクス ビームス 新宿 バングル¥56,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル)田澤美香田澤美香クリーンカジュアル派Q.SPORTY BLOUSON スポーティブルゾンが〝本気のスポーツ〞にならないためには? A.ブルゾン以外は、いつも以上に〝女らしさ〞を意識。とろみスカートやパンプスできれいめに仕上げて(田澤)「ブルゾン自体も上品な白やネイビーで、少しフェミニンアレンジがされたものを選んで。このグレー×ターコイズブルーのように、ニュアンスカラーと合わせると簡単におしゃれ見えします」 ブルゾン¥14,800/ソコラ/メイソングレイ カットソー¥9,000/カリテ スケープ  コレド日本橋店(カリテ) ギャザースカート¥12,000/ゲストリスト(ステートオブマインド) ピアス¥16,000(マリア ブラック)・バッグ¥39,000(OAD NEW YORK)/ショールーム セッション 靴¥26,000/ハイブリッジ インターナショナル(ファビオ ルスコーニ) 池田メグミ池田メグミキレありカジュアル派Q.PVC ITEM 中身が丸見えのPVCバッグ。おしゃれに持つには? A.可愛いプリントやきれい色の巾着や内袋つきタイプのほか、こんなバッグインバッグも新鮮です!(池田)「可愛いポーチなどでアレンジして"見せる収納"を楽しみたいところですが、実際はなかなかむずかしい。こんな小さめのかごがそのまま入ったバッグインバッグタイプなら、完全な3 ウェイで使えて便利! 出先で荷物が増えたら分けて持ったり、アレンジの幅が楽しめます」。 バッグ¥15,000/アルアバイル トップス¥8,900/エイトン青山(エイトン) パンツ¥18,000/ビームス ハウス丸の内(エム フィル) サングラス¥39,000/プロポデザイン(propo) バングル¥19,000・ゴールドバングル¥16,000/カオス丸の内(キャッツ) 【Marisol8月号2019年掲載】撮影/イマキイレカオリ(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/佐藤エイコ(ilumini.) スタイリスト/松村純子 池田メグミ 田澤美香 モデル/高垣麗子 取材・文/発田美穂
  • 明日のプレゼンに備えて、社内で最終チェック 社内の各部署をまわって打ち合わせと準備に奔走。ネイビ ーパンツとかっちりしたトラッド小物の"まじめ感"を、スニーカーでほどよくスポーティに味つけ。ヘルシーなイエローカーデを、前をとめてきれいめに着こなしたのがポイント。ジメジメしたシーズンだからこそ、さわやかな色を身に着けたくなる! 午前中からがんばったおかげか、夕方にはプレゼンの準備が無事完了。今日は早めに帰って英気を養おう♪ パンツ¥22000( 9 月発売予定)/フィルム(ソブ) カーディガン¥22000/ロートレアモン メガネ¥36000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) バッグ¥36000/コード(ヴァジック) スニーカー¥9990/ アディダスグループ お客様窓口(アディダス オリジナルス) ピアス¥52000/アパルトモン 青山店(アグメス) 時計¥29000/ウエニ貿易(ヘンリーロンドン) 【今月のPROFILE】広告代理店企画営業・絵美里33歳。広告代理店の企画部所属。営業の後輩と組み、地方企業のリブランディングを進行中。趣味はアート鑑賞。一人の時間も楽しいけれど、夏だもん、恋がしたい!(笑) 明日のコーデ写真一覧へ>> 明日のおすすめ着回しアイテム 【センタープレスパンツ】 シルエットの美しい八分丈パンツ。センタープレスですらり見え。¥22000( 9 月発売予定)/フィルム(ソブ) 【薄手カーディガン】 さし色に、はおりに。なにかと使える薄手カーディガンは、フレッシュなレモンイエローを選んで。¥22000/ロートレアモン 「今月のおすすめ着回しアイテム」まとめはこちらから>> 撮影/魚地武大〈TENT〉(物)スタイリスト/石田 綾 取材/久保田梓美 WEB構成/衛藤理絵
  • 美賢者たちのとっておきの美容ケアとは? 使用後は思わず自分に惚れ直すというボディミルクや、唇をやさしく磨くフルーツジャムのスクラブなど、美容のプロこだわりのアイテムはまさに今の時期にぴったり! お答えいただいたのは… 長田杏奈さん(美容ライター)、山崎敦子さん(美容ライター)、中島 彩さん(美容ライター) 【長田’sベスト】 ロクシタンジャポン デリシャス&フルーティー リップスクラブ 角質をオフして保湿。(上から)マーマレードキス・ラズベリークラッシュ 11㎖ 各¥2800 完熟フルーツジャムでデリシャスリップに変身賞 「ラズベリーにマーマレード。思わず食べたくなるフルーツのジャムでやさしく唇を磨く感覚。カサカサにくすんだ唇も何も塗らなくてもいいのでは?と思える自信のデリシャスリップに早変わり」(美容ライター 長田杏奈さん) 【山崎&中島’sベスト】 フローラノーティス ジルスチュアート センシュアルジャスミン ボディミルク ほてった肌にも心地よい、みずみずしいテクスチャーのミルク。夏に似合う軽やかな甘さ。200㎖ ¥4500 うぬぼれ上等!女の誇りを取り戻すで賞 「甘いのに凜としていて、フェミニンなのにすがすがしい。一日の終わりに誇りを取り戻しつつ癒される」(美容ライター 山崎敦子さん)「ジャスミンの色気にみずみずしいグリーンノートのさわやかさを添えた香り。オンオフ問わず使え、自分に惚れ直す」(美容ライター 中島 彩さん) 撮影/西原秀岳〈TENT〉 スタイリスト/郡山雅代〈STASH〉 取材・原文/長田杏奈 ※BAILA2019年8月号掲載
  • 一枚でコーディネートが決まるワンピースは、eclat世代の必需品。気の置けない仲間との食事会も、雨の日のお出かけも、ワンピースさえあればおしゃれに。オケージョンに合わせたワンピース7着をご紹介します。レースの黒ワンピースで知人の出版記念パーティに出席 ワンピース¥66,000/SANYO SHOKAI カスタマーサポート(マッキントッシュ ロンドン) カーディガン¥21,000/八木通商(ルトロワ) バッグ¥160,000 /エッセンス オブ アナイ(ペリグリノ) 靴¥48,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ペリーコ)ニットワンピ×デニムのストレスフリーな着こなしで、姪とかき氷屋へ! ワンピース¥19,000/エリオポール代官山(エリオポール) パンツ¥23,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) ピアス¥17,000(モダン ウィービング)・ネックレス¥71,000(ハルポ)/以上エスケーパーズ バングル¥100,000 /カオス丸の内(アフターシェイブクラブ) バッグ¥12,000 /ウィム ガゼット青山店(バリ ワークステッド) 靴¥39,000/ブッテロ トーキョー(ブッテロ) インナー/スタイリスト私物涼やかなフェミニンワンピースとフラット靴でワインの試飲会へ ワンピース¥28,000/エクラプレミアム通販(サクラ) ジャケット¥65,000/デザインワークス ドゥ・コート六本木ヒルズ店(デザインワークス) バッグ¥159,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥48,000/エリオポール代官山(サンダース)他の画像を見る  >>7月の雰囲気出しワンピース31days 一覧はこちら撮影/金谷章平(モデル) 魚地武大(TENT/静物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/徳原文子 モデル/ゆうき 取材・文/坪田あさみ ※エクラ8月号掲載
  • 美容のプロたちが愛用している最強スキンケアアイテムをご紹介。肌の土台にアプローチしてくれる美容液や、100万粒のローズパールを配合した、まるでお姫さま抱っこ気分になれるローションなど、女子の美容魂をくすぐるものばかり! 【paku☆chan&河嶋’sベスト】 ドゥ・ラ・メール  ザ・コンセントレート ダメージから肌を守って、立て直す。ベルベットのような後肌も魅力。15㎖ ¥20000 肌が深呼吸するよう。土台リフォーム美容液で賞 「のせた瞬間から肌がなめらかにやわらかくなる!お肌がリラックスして、トーンやきめも整う。これは肌の深呼吸」(ヘア&メイクpaku☆chanさん)「もっちり吸いつくようなプルプル肌が秒。肌の土台から整う感覚」(ヘア&メイク 河嶋希さん) 【山崎&水井’sベスト】 (左)ディオール プレステージ ローション ド ローズ 微量栄養素をチャージ。150㎖ ¥15000/パルファン・クリスチャン・ディオール 100万粒のローズパールでお姫さま抱っこ気分で賞 「手に取るたびときめくキラキラしたローズ色。瞬く間にジューシー肌に」(トータルビューティアドバイザー 水井真理子さん)「ローズのパワーをギュッと詰め込んだローズパールが100万粒!バラの花びらみたいなフェミニンでピュアな肌感に」(美容ライター 山崎敦子さん) 撮影/西原秀岳〈TENT〉 スタイリスト/郡山雅代〈STASH〉 取材・原文/長田杏奈 ※BAILA2019年8月号掲載
  • モデルたちが持ち歩いてるもの・好きなもの一挙公開! 意外な一面が分かっちゃうかも☆ ※掲載している製品は、すべてモデルの私物です。ブランドへのお問い合わせはお控えください。 ■ ■ ■金城茉奈MANA KINJO■ ■ ■ 20歳の誕生日に両親からもらいました。 ぷるっとうるおうし、落ちにくい! 気になった時にさっと塗る。 赤ちゃんにも使えるんです。とにかく肌に優しい! 他の画像を見る撮影/千葉太一 齊藤晴香(物) ヘア&メイク/KITA(Nord) スタイリング協力/佐藤朱香 松尾正美 笠原百合 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス
  • コーデがダレてしまいがちな暑い夏に、大人が頼れるのは黒のパワー。ドラマチックかつシックな魅力でリッチ感が大きくアップする、トップス・パンツ・スカート・ワンピースの5アイテムをご紹介します・1.フリルの甘さを黒で引き算。 夏のパンツスタイルを華やかに 体のラインを美しく引き立てる、極細番手の糸で編み上げたなめらかなシルクジャージー素材のつやめく黒は、それだけでリッチなムードを演出。黒のクールさが、たっぷりと入った袖のフリルの甘さを美しく軽減しつつ、華のあるパンツスタイルに。 カットソー¥43,000(クルチアーニ)・パンツ¥49,000(アリクアム)/以上ストラスブルゴ サングラス¥46,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥21,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) バッグ¥288,000/ジミー チュウ2.繊細なディテールの黒で、上品に 上質なリネンの黒のブラウスは、肩下にぐるりと配されたこまやかなタックデザインで、ほどよく女らしい雰囲気に。 ブラウス¥34,000/マスターピースショールーム(サイ) スカート¥35,000/ブルーバード ブルバード ピアス¥20,000/チェリーブラウン バッグ¥37,000/コード(ヴァジック)3.とろみ素材だから、 女性らしさと心地よさを両立 センタープレスでほどよいきちんと感もかなえてくれるとろみ素材のパンツは、Tシャツスタイルでも大人のムードに。 パンツ¥19,000/ドレステリア 銀座店(ドレステリア) カットソー¥11,000/エイトン青山(エイトン) ジャケット¥31,000 /ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) ネックレス¥42,000/エスケーパーズ(ハルポ) バッグ¥508,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ) 靴¥95,000 /ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)他の画像を見る撮影/金谷章平 ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/生方ななえ 取材・文/松井陽子 ※eclat8月号掲載
  • 今年50歳の節目を迎えた、エクラカバーモデル・富岡佳子さんの夏の私服スタイルを大公開! ビッグサイズの白シャツにワイドパンツを合わせて旬シルエットにトライ。今シーズンのキーワード“リラックス&モード”を代表するかのようなスタイルの完成!最愛の白シャツを味方に、ビッグ&ワイドの旬シルエットにトライ!今シーズンのキーワード、“リラックス&モード“を代表するかのようなビッグサイズの白シャツを、ワイドシルエットのパンツに合わせてワンツーコーデを完成。「去年までなら、細身のパンツを合わせていたと思うんです。でもこの夏は、ビッグ&ワイドシルエットにトライしたかった。最愛アイテムである白シャツだから、挑戦できたのかもしれません」。 サングラス¥32,000/アイヴァン PR(アイヴァン)【ITEM LIST】 SHIRT:JIL SANDER PANTS:PLAN C SCARF:CLYDE(SUPER A MARKET) EARRINGS/BANGLE:TIFFANY&Co. BRACELET/RING:HERMÈS BAG:DELVAUX SHOES:MICHEL VIVIEN “リラックス&モード”をつくるこの夏の主役アイテムPLAN Cのワイドパンツプラン Cは、マルニの元ディレクターが手がける新ブランド。「夏ものなのにこっくりしているキャメルのトーンがすごく今年らしいなと思って。ウエストがぎゅっと絞れるから、幅広い体型の人に合う一本なんです」。DELVAUXのタンペート’60年代に誕生したタンペート。富岡さんは、4つのサイズのうち、下から2番目のミニサイズをチョイス。「ストーリー性のあるバッグが好きです。コンサバにならないモード感のあるサイズが気に入りました」。JIL SANDERのビッグシャツむだのないシンプルなデザインの中に、今年らしさを詰め込んだモードかつ端正な白シャツ。「白シャツは毎シーズン、チェックします。なんといってもこのビッグシルエットにひと目惚れ。小さめの襟も好みです」。撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/モデル) 魚地武大(TENT/静物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリング協力/村山佳世子 モデル・コーディネート/富岡佳子 取材・文/磯部安伽 ※エクラ8月号掲載 
関連キーワード

RECOMMEND