クロエのフラグメントケース

SPUR.JP

新シリーズ「Chloé C」のフラグメントケース。フロントにあしらわれているゴールドモチーフがエレガント。上質なレザーはしなやかで手によくなじむ。

サイズ:H7.5×W13
スロット:5カ所
色展開:黒、グレーなど3色展開

>>ロエベのフラグメントケース

フラグメントケース¥29,000/クロエ カスタマーリレーションズ(クロエ) 03-4335-1750

関連記事
  • アナ スイの最新ルックをまとったハローキティが手に入るのはここだけ! SPUR9月号の特別付録は「Hello Kitty×SPUR×ANNA SUI ステッカーセット」。ラップトップやノートなどに貼ってカスタマイズを楽しめます。 “胸きゅん”は、今号をつらぬくエモーション。少女漫画の金字塔「ときめきトゥナイト」でおなじみ、蘭世と真壁くんがモードにターンバック。『劇場版おっさんずラブ~LOVE or DEAD』に登場する志尊淳の艶めく姿には、ドキドキが止まらない! フモフモ編集長は、“羽生結弦氏”との奇跡の一瞬について語ります。そんなときめきを享受できるのは平和あってこそ。黒柳徹子のスペシャルインタビューを通じて、一番大事なことに気づかされるはず。どうぞお見逃しなく。ふと出合う言葉が、その時着ていた洋服との一生の思い出になることがあります。それは、服に込められたメッセージかもしれないし、これから生まれる詩や、デザイナーの名言かもしれません。今季のランウェイで愛を語ったヴァレンティノのように、モードはいま、ポエティックな引力で私たちをときめかせてくれます。ファッションと言葉の蜜月を、オムニバスなストーリーでご堪能ください。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  かつてのりぼん読者であるアラフォーなら一度は通ったはずの『ときめきトゥナイト』。なんと作者の池野恋先生は今年、作家生活40周年。秋冬の筆頭トレンドが“ダークロマンス”だった勢いもかりて、SPURは夢のコラボを実現しちゃいました。池野先生の貴重な裏話も満載で、あの頃ときめいた“魔界”のロマンスを再現します! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  2019-'20秋冬シーズンが到来! まずは新しい靴とバッグから。日常を彩るロマンティックな主役級から、シックな精鋭まで88アイテムがずらりと揃います。メゾンのとっておきには、心がときめくこと間違いなし。トレンドのタフネスシューズやレディ・バッグにも注目を。来る季節に向けて、ショッピングプランをぜひ立ててみてください。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  さんさんと陽光が降り注ぐまぶしい夏、照りつける日差しの中でこそ身に着けたいのが、この季節に似合うジュエリー。きらめくイエローゴールドに、ソリッドなシルバー、みずみずしいジェムストーン……夏の太陽と友達になれるプレイフルなジュエリーをご紹介します。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  人生100年時代の現代では、ファッションを本当の意味で味わえるのは、歳を重ねてからです。自分の好みを熟知し、スタイルを確立した後だからこそ、色や柄をふんだんに掛け合わせながら冒険できるはず。自由におしゃれを満喫する粋なグラニーをぜひスタイリングのお手本にして。これは、未来の私たちへの賛歌なのです! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  休日のモードなスタイルとお仕事服とのギャップが埋められなくて悩んでいたりしませんか? そんな人に朗報です。今季のトレンドは、ブルジョワライクなクラシックスタイル。オフィスでもオフの日も活躍度の高い“コンサバ服”が豊作です! 特集では、モードな人におススメしたいアイテムを厳選の二者択一でご提案。毎日のモチベーションをあげるリアル服がいっぱいです。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  メンズ、レディースを自由に選べる時代。ジェンダーレスのビッグウェーブがSLGにも訪れています。そんなムードをバックアップしてくれる力強いカラーである「黒」。性別を問わず身に着けたい、頼れるブラックのレザーアイテムがずらりとラインナップ。定番の財布やフラグメントケースからエッジを効かせたニュータイプまで一挙ご紹介! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  毎シーズン、星の数ほど発売になる新色。その中から、「これぞ!」という一色を見極めるのは至難の業です。そこで、今回はヘア&メイクアップアーティストのRie Shiraishiさん、ビューティエディターの森山和子さん、スタイリストの矢内麻友さんが、使える新作について徹底討論。ビューティプロたちが実際に試して、思わず唸った、指名買いアイテムを紹介しています。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  洋服では、ジェンダーレスという考え方が当たり前になりました。でも実は、それってネイルでも起きつつあるってご存知でしたか。あのハリー・スタイルズもマニキュアをいつも素敵にまとっていますよね。性別や年齢に関係なく、ネイルアートはみんなのためのもの。今回シュプールでは、1本のマニキュアを二人でシェアするビューティ・ストーリーを提案します。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)   年に一度の誕生日だからこそ、とっておきのケーキと花束でお祝いしたいもの。気鋭のフローリスト「duft」の若井ちえみさんによるマッチング指南から、ピンクやグリーン、イエローなどのカラーコーディネートまで、バースデーケーキと花束の最高の組み合わせを提案します。大切な人に捧げる、しあわせを運ぶコンビネーションをぜひお楽しみください。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  
  • 東京・表参道『原宿CASE-B』に、ロングセラーのアイスクリーム「ピノ」の体験型スポット「CRAZYpino STUDIO(クレイジーピノスタジオ)」が、明日7/20(土)から8/4(日)まで期間限定でオープンします☆未知なる「ピノ」に出合えるという「CRAZYpino STUDIO」に、DAILY MOREのグルメ担当・ライター愛ちあんが一足お先に潜入してきました!「CRAZYpino STUDIO」は、「ピノ」と様々な食材をランダムに組み合わせた未知なる「ピノ」=「CRAZYpino」に出合えるスポット。普段「ピノ」を食べる上では、きっと組み合わせない食材とのコンビネーションが楽しめるんです♪60種類の食材から組み合わせをランダムに決定。 巨大スロットが運命を左右する「CRAZYpino」スタジオ内はカラフルでポップ。ユニークな空間に、さっそく心が踊ってきたぞぉ!まずは席選び。空いている席に自由に座ることができるから、自分なりのベストポジションを確保して。会場中央に、ピノの形をした巨大スロット「CRAZYpino SLOT」が設置されています。このスロットを回して、ランダムに選ばれた食材と「ピノ」を組み合わせることで、「CRAZYpino」が完成します! 用意されている食材は、タピオカやマシュマロ、醤油など全60種類! 1回のスロットは300円で、1セット3パターンの「CRAZYpino」3粒をGETできます♪ というわけで、ドキドキしながらレッツスロット(笑)!!スロットは1つしかないので、会場にいる全ての人の視線を背中に感じながら(笑)行います。赤いボタンを押すとスロットが回り始め、あっという間に3パターンの組み合わせが決定! 次のブースへと足を進めます。このブースでは自分が引き当てた「CRAZYpino」の内容を見ながら、使われる食材にアレルギーがないかをチェックします。もしもアレルギーに当てはまる食材が入ってしまっていた場合には、別の食材に変えてもらえます。私が引き当てた「CRAZYpino」は、杏仁豆腐やキウイソースと組み合わせた「何かが生まれそうなピノ」。ラムネやマンゴーピューレと合わせた「あの日の夕焼けピノ」。そして、マシュマロやバルサミコ酢と合わせた「おしゃれ気取りピノ」の3粒☆ 「CRAZYpino」には、1つ1つユニークな名前がついているのもおもしろポイントです。そして、いよいよマイ「CRAZYpino」とのご対面~♡ お兄さんがていねいに手渡ししてくれました。席に戻りいざ実食。気がかりだったバルサミコ酢は、意外にも「ピノ」とマッチしておいしく食べられたし、杏仁豆腐にキウイソースが異常にうまい(笑)!!! 新しい味を発見できた3粒でした♡♡ほかにもどんな組み合わせがあるのか、気になるな~♪無料の公開収録スタジオを併設! YouTuberやTikTokerなど、動画クリエイターよ集まれ!!「CRAZYpino」を満喫し、気になっていた会場後方の空間に近づいてみると……?なんと、YouTuberやTikTokerなどの動画クリエイターを対象とした無料の公開収録スタジオが!! 説明を聞くと、利用できるのは1日5組までで完全予約制。撮影用として1組あたり『ピノ』34箱が無料で提供されるそう。『ピノ』と合わせる食材の持ち込みもOKで、オリジナルの『CRAZYpino』作りをテーマにした動画撮影ができる! とのこと。申し込む条件にチャンネル登録数やフォロワー数は関係ないということなので、“われこそはYouTuber! 友達がTikToker!!”という人は、せっかくの機会にぜひチャレンジしてみて☆(気持ちだけYouTuber!……笑) 「CRAZYpino STUDIO」場所:原宿CASE-B◆東京都渋谷区神宮前6-16-26期間:7/20(土)~8/4(日)時間:11:00〜20:00(L.O.19:30)「クレイジーピノスタジオ」特設サイトはこちらから
  • あのブランドにも、このブランドにも! 探せば意外と見つかる、アフォーダブルで魅力的なアイテム。自慢の逸品を一挙紹介。LEMAIRE ¥45,000スカート¥45,000/ニード サプライ(ルメール)ウエスト部分で余った布が落ち、ユニークなラインを描くスカート。計算されたパターンと上質なコットンによって、モダンかつ上品に。KIMHĒKIM ¥45,000シャツ¥45,000/VISITFOR(キムへキム)大きなパールモチーフをボタンにすることでシルエットにゆがみとドレープを演出。ベーシックな白いシャツが主役になるひねりのきいた一枚。CK CALVIN KLEIN ¥32,000ワンピース¥32,000/オンワード樫山 お客様相談室(CK カルバン・クライン)ピッチの太いボーダーがスポーティ。ヘムの切り替えで生じたドレープが女性らしさを添える。ANYA HINDMARCH ¥38,000携帯ケース〈H18×W9.5×D1〉¥38,000/アニヤ・ハインドマーチ ジャパン(アニヤ・ハインドマーチ)フロントにはスマートフォンポケット、背面には4枚分のカードスロットを備える。AALTO ¥42,000ブラウス¥42,000/オープニングセレモニー(アールト)テンションの違うチェックの組み合わせが印象的。非対称なシルエットと、少し肌がのぞくパターンにデザインの妙がにじむ。MSGM ¥38,000トップス¥38,000/アオイ(MSGM)スペイシーなネコのプリントが視線を集めるノースリーブのスウェット。あえて派手なボトムスと合わせ、キッチュな着こなしを楽しみたい。FACETASM ¥48,000ハイウエストパンツ¥48,000/FACETASM omotesando(FACETASM)目の覚めるような鮮やかなピンクが装いのアクセントに。ハイウエストとストレートのシルエットからどこかレトロなムードが漂う。VEJA ¥16,000スニーカー¥16,000/シードコーポレーション(ヴェジャ)フェアトレードによるオーガニックコットンやナチュラルラバーなどを使用。サステイナブルなローテクデザインが今季らしい。ISABEL MARANT ÉTOILE ¥39,000ブラウス¥39,000/イザベル マラン(イザベル マラン エトワール)羽根のように軽いマテリアルと細かいギャザーがフェミニニティをにじませて。スタイリングをグッとロマンティックに。SEE BY CHLOÉ ¥41,000パンツ¥41,000/クロエ カスタマーリレーションズ(シーバイクロエ)美しいシルエットのセンタープレスパンツ。フォーマルはもちろん、スニーカーなどでカジュアルダウンさせても。Y'S ¥44,000ブラウス¥44,000/ワイズ プレスルーム(ワイズ)緻密なギャザーやカッティングで、奥行きのあるシルエットに。ギンガムチェックのキュートな要素が加わり、絶妙なバランスが完成。EICA YOSHINARI ¥36,000ブラウス¥36,000/4K(エイカヨシナリ)ブラックのレースに黄色のドットが刺しゅうされ、ミモザを散らしたような華やかさ。繊細な生地も手伝い、着る人をピュアな佇まいへと導く。ACNE STUDIOS ¥43,000ブラウス¥43,000/Acne Studios Aoyama(Acne Studios)ピッチの細いストライプが爽やか。バンドカラーなどのディテールからメンズウェアの雰囲気が漂う。3.1 PHILLIP LIM ¥39,000トップス¥39,000/3.1 フィリップ リム ジャパン(3.1 フィリップ リム)ワードローブにあると便利なネイビーのリブニット。ショルダーのメタルパーツがほどよくツイストを加えている。MARC JACOBS ¥47,000靴¥47,000/マーク ジェイコブス カスタマーセンター(マーク ジェイコブス)新ライン「THE MARC JACOBS」より。ワークテイストのソールに、女性らしいポインテッドトゥを合わせて。MISTER IT.  ¥42,000スカート¥42,000/ミスターイットチュールのラップスカートは、ボトムスのレイヤードアイテムとして。鮮やかなカラーとリボンで、手持ちの服をアップデートできる。UNDERCOVER ¥22,000フードパーツ¥22,000/アンダーカバー手持ちのトップスにプラスするだけで、イメージをガラリと変えられる。顔まわりにドローストリングが仕込まれており、フォルムを調整できる。 >商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら >>03|ユーティリティブランドも見逃せない
  • 見た目の清涼感と、汗の目立ちにくさと着やせ効果で夏にうれしい黒。2WAYで着回し可能なデザインが単調になりがちな夏のおしゃれを広げてくれます!ne Quittez pas レースガウンたっぷりギャザーがおなかまわりをカバー。涼やかなレース使いでエレガントにカジュアルさと女らしさのバランスが絶妙と大人気だったカシュクールワンピースが、よりすっきり見えるデザインに改良。レースのさりげない透け感は見た目にも涼しげ。バッグ¥29,000/ebure (センシスタジオ)  靴¥43,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ネブローニ) インナー/スタイリスト私物カットソーに重ねてガウン感覚でも着用可前ボタンタイプなので、軽い羽織りとしても活用可能。裾にスリットが入っているため、レイヤードしても印象は軽やか。ne Quittez pas レースガウン ¥24,000+税>>デニムパンツ¥19,000/ゲストリスト(レッドカード)  ネックレス¥15,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(フィリップ オーディベール)  靴¥43,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ネブローニ) カットソー/スタイリスト私物ESSEN.LAUTREAMONT×éclat 2WAYコクーンドレスシンプルながら、袖スリットとドレープに大人のエレガンスが漂う光沢のないマットな素材で、オン&オフ、昼&夜と、幅広いシーンで活躍する一枚。袖まわりにドレープを加えたハーフスリ ーブは、肩先のスリットに腕を通せばフレンチスリーブとしても着られる2WAY仕様。ドライタッチの素材は、さらりとした着心地と美しい落ち感も魅力。スリットに腕を通すとフレンチスリーブに。表情の違いを楽しめます。ESSEN.LAUTREAMONT×éclat 2WAYコクーンドレス ¥24,000+税>>バングル¥14,000・バッグ¥54,000/リエス (メゾン ボワネ) 帽子/スタイリスト私物(ne Quittez pas レースガウン)撮影/前田 晃(MAETTICO) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/徳原文子 モデル/田沢美亜 取材・文/坪田あさみ (ESSEN.LAUTREAMONT×éclat 2WAYコクーンドレス)撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE)  ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/徳原文子 モデル/Emi Renata 取材・文/東原妙子
  • 7/13に、スペインのイビザ島で行われた『ロエベ』のサンセットパーティ。日本から、われらが本田翼が参加してきました! 素敵すぎる当日の様子が届いたので、さっそくご紹介♡『ロエベ』×イビザ島といえば……今回で第三弾となる『ロエベ』と『パウラズ イビザ』のコラボレーション! 現在、「パウラズ ロードトリップ」と題して、トレイラーが日本全国を巡回中。今回のサンセットパーティは、こんなおしゃれな場所で行われたんです♡ばっさーは、「Paula's」のロゴが入ったクッショントートを持って登場!スペインの初夏らしい心地よい空間に、モノトーンのリラックスシャツドレスが効いてます。ばっさーが持っているクッショントートは、もちろん『ロエベ』で購入可能。ぜひチェックを☆▶︎▶︎『ロエベ』公式サイトはこちら
  • \ノンノ専属読モがお届け/ カワイイ選抜のブログ とどまるところを知らないタピオカブーム♡ ノンノ専属読モのカワイイ選抜が、お気に入りのショップ&ドリンクをレポ! ここでは東京でしか楽しめない、レア度高めのショップをご紹介。休日の散策や観光の合間にお店を見つけて楽しんでみてね。画像をクリックすると、メンバー渾身のブログをチェックできるよ♪ - MENU - ➤ 綿茶(No.08 上野瑚子) ➤ HIROMAN'S COFFEE(No.10 岡嶋彩) ➤ LeaLeaTea(No.28 野村青未) ➤ 一期一笑 (No.50 木戸怜緒奈) ➤ 7788(No.50 木戸怜緒奈) ➤ DOMO CAFÉ(No.63 小林真美奈) ➤ シロノニワ(No.66 佐久間梨奈) ➤ PANDA SUGAR(No.69 新木莉央) ➤ 悠茶(No.71 中野倭佳) ➤ CANVAS TOKYO (No.73 西愛梨) ➤ QQタピオカ( No.73 西愛梨) ➤ OCHABA(No.79 増田美南海) ➤ 三茶ヤ(No.80 松倉彩理) ➤ 茶工廠(No.80 松倉彩理) ➤ CHA DO 茶度(No.80 松倉彩理) ➤ machi machi(No.80 松倉彩理) ➤ OPPA HOTDOG & CAFE(No.86 吉田恵美)     KOKO'S SELECT   綿茶  ▲ 画像をCLICK! 内装が可愛くてメニューも充実! チーズミルクフォームは甘さ控えめでチーズクリームの酸味で飲みやすかったです◎ (No.08 上野瑚子)   AYA'S SELECT   HIROMAN'S COFFEE  ▲ 画像をCLICK! ストロベリータピオカミルクティーをオーダーしました! 皆さんもSNS映えする可愛い天使のドリンクの写真を撮ってみませんか?(〃 ˘ ˘ 〃) (No.10 岡嶋彩)   AMI'S SELECT   LeaLeaTea  ▲ 画像をCLICK! 明治神宮前駅から徒歩3分、ピンクのビル)にあるタピオカ専門店を紹介します☺︎ 店内もとってもかわいい、、♡ (No.28 野村青未)     REONA'S SELECT   一期一笑 タピオカ専門店  ▲ 画像をCLICK! どハマりしました♡ メニューの多さにびっくり! なにやら気になるメニューもたくさんで、何飲もうか迷っちゃいました。 (No.50 木戸怜緒奈)   7788 タピオカ専門店  ▲ 画像をCLICK! ハート型でとってもかわいい♡ 少しミルク感が強めな紅茶で、サイズもちょうどいい!! タピオカは2色で、もっちもちでした!! (No.50 木戸怜緒奈)     MAMINA'S SELECT   DOMO CAFÉ  ▲ 画像をCLICK! タピオカを使ったケーキが人気。意外と大きいので2人でシェアするのが オススメ! 店内と壁がとーーても可愛くてインスタ映え狙うにはぴったりな場所です! (No.63 小林真美奈)   RINA'S SELECT   シロノニワ  ▲ 画像をCLICK! 全てのランチメニューに+300円で、"タピオカ・フルーツ食べ放題&ドリンクバー"のセットが付けられるんです! タピオカが食べ放題、、とっても魅力的ですよね!! (No.66 佐久間梨奈)   RIO'S SELECT   PANDA SUGAR  ▲ 画像をCLICK! 人気のメニューは北海道牛乳黒糖タピオカ。タピオカが少し固めで、甘さ普通にしたのですが、ミルクティーは甘すぎず程よいスキッリ感もありました〜♡ (No.69 新木莉央)   WAKA'S SELECT   悠茶  ▲ 画像をCLICK! トッピングが豊富なタピオカ店♪ オレオや、岩塩チーズクリームをトッピングすることができます! (No.71 中野倭佳)   AIRI'S SELECT   CANVAS TOKYO  ▲ 画像をCLICK! 白をベースにした店内がとってもお洒落。二階がイートインスペースになっているので、太陽の光が綺麗に入って、とっても綺麗に写真が撮れるんです♡ (No.73 西愛梨)   QQタピオカ  ▲ 画像をCLICK! 黒糖が濃厚〜♡ タピオカは甘くてもっちもち! 濃厚黒糖がさっぱりした牛乳と合っていました。量も多くてお腹いっぱい! (No.73 西愛梨)   MINAMI'S SELECT   OCHABA 日本茶ミルクティー専門店  ▲ 画像をCLICK! 私がオススメする理由は1つ! タピオカではなく、中に入っているのは "黒糖わらび餅"なんです!!!! (No.79 増田美南海)   SARI'S SELECT   三茶ヤ  ▲ 画像をCLICK! タピオカがもちもちでとっても美味しかったです! 毎朝開店前にスタッフが手作りで仕込んでいるそう♡ (No.80 松倉彩理)   台湾茶葉専門店 茶工廠  ▲ 画像をCLICK! 台湾にて100年の歴史を持つ茶工場には、12種類のお茶が用意されており、ドリップマシンで淹れる様子を間近で見ることができます★ (No.80 松倉彩理)   CHA DO 茶度  ▲ 画像をCLICK! 茶度特製ミルクティー。特製と言うネームなだけあって、ほかのお店で飲んだことのない味のミルクティーだったのですが、とにかく私のどタイプの味で、、♡ (No.80 松倉彩理)   machi machi  ▲ 画像をCLICK! 台湾発祥のチーズティー専門店。テッカンノンチーズティー"のタピオカ入りを注文したのですが、最高に美味しかったです♡ (No.80 松倉彩理)   MEGUMI'S SELECT   OPPA HOTDOG & CAFE  ▲ 画像をCLICK! メニューは今流行りのチーズハットクとタピオカ。かわいい写真がたくさん撮れる、 まさにインスタ映えスポットです! (No.86 吉田恵美)     \ カワイイ選抜 /ノンノ専属読モの新着記事をCHECK!
  • きちんと感とモードな佇まいが共存するテーラード。上下別にも着られるから1セットは必携! 夏は袖を通さずに軽く羽織るだけでラフなスタイルを引き締める 半端丈のトラウザーやベスト型のトップスなど選択肢がますます豊富に! 全面に配されたチェリーモチーフが愛らしい。ジャケット、ビスチェ、パンツの3ピースはパーティにも最適な華やかさ。フロントのボタンをアクセントに。ジャケット¥440,000・ビスチェ¥135,000・パンツ¥160,000・ヘッドバンド¥67,000・パールネックレス¥363,000・ストロベリートップのネックレス¥80,000・タイツ¥20,000・サンダル¥102,000/グッチ ジャパン カスタマーサービス(グッチ) 0120-88-1921ダブルブレストのマスキュリンなデザインに袖口のファーが遊び心をプラス。首元にスカーフを巻いてより淑女的にアレンジを加えて。ジャケット¥362,000・パンツ¥115,000・中に着たTシャツ¥127,000・スカーフ¥20,000・ブーツ¥127,000/フェンディ ジャパン(フェンディ) 03-3514-6187オーセンティックな生地感にミリタリーのユニフォームを思わせるラインが目を引く。ジャケット¥278,000・パンツ¥130,000・中に着たボディスーツ¥36,000・ブーツ¥140,000/メゾン マルジェラ トウキョウ(メゾン マルジェラ) 03-5725-2414爽やかなショーツのボトムスが新鮮。暑い季節から軽やかに着こなしたい。ブラウスを重ねればどこか貴公子のような品格が漂う。 ジャケット¥300,000・ショーツ¥126,000・ブラウス¥189,000・ネックレス¥47,000・バングル(太)¥80,000・バングル(細)¥40,000/クロエ カスタマーリレーションズ(クロエ) 03-4335-1750ほどよく主張するチェック柄をシルク素材で仕立てている。ジャケット¥400,000・パンツ¥220,000/ジョルジオ アルマーニ ジャパン(ジョルジオ アルマーニ) 03-6274-7070サイドが開閉できる仕様のベストは 通気性も抜群。パンツはウエスト位置を調整できるボタンタブつき。ベスト ¥258,000・パンツ¥179,000/ザ・ロウ・ ジャパン(ザ・ロウ)  03-4400-2656涼しげな五分袖とクロップド丈でフレッシュに。直線的なシルエットが洗練されている。ジャケット¥198,000・パンツ¥103,000/ジルサンダージャパン(ジル サンダー) 0120-919-256 >>4|使える! Tシャツにプラスワン
  • 夏の定番アイテムにモードなアクセントを加える、フレッシュなレイヤードアイテム。 夏だけでなく秋口ならシャツやニットに重ねて。通年心強い味方に 旬を先取りしたレイヤードは、"クーラー冷え"も回避できる実用性も 大ぶりなビジューが目を引く、ロマンティックなシルクのミニドレス。あえてトラウザーにタックインしたり、Tシャツやスウェットに重ねたり、相反するテイストとミックスして。ドレス¥594,000(予定価格)/ミュウミュウ クライアントサービス(ミュウミュウ) 0120-451-993リラクシングなムードを強調したビッグシルエット。あえてコートやセットアップの上から着ても新鮮。どこかダッドな空気感も今の気分。ニットベスト¥170,000/三喜商事(ミッソーニ) 03-3470-8235アクセサリー感覚で巻いて、きれいな色を取り入れて。ティペット¥99,000/モンクレール ジャパン(モンクレール) 03-3486-2110モヘアニットにフレンチレースをあしらった、乙女心あふれる一着。トップスの下に重ねて胸元だけをのぞかせるのもモードなアレンジ。キャミソール¥88,000/イザ(ヌメロ ヴェントゥーノ) 0120-135-015ボヘミアンな風が薫る生デニムのベスト。身幅の広いロング丈で、ラフなレイヤードが堪能できる。デニムベスト¥221,000/クロエ カスタマーリレーションズ(クロエ) 03-4335-1750定番のオーバーシルエットコートのフォルムはそのままに、素材をシルクオーガンジーにチェンジ。透け感を生かした装いで。コート¥231,000/マックスマーラ ジャパン(マックスマーラ) 0120-030-535 >>「10月までのワードローブを下支え。夏から秋のプレフォール」特集TOPへ
関連キーワード

RECOMMEND