バレンシアガのフラグメントケース

SPUR.JP

フロントにあしらわれたエンボスロゴとソリッドなジップがアクセント。スマートな設計ながら、裏面にはマルチファンクションポケットも備える。カードはもちろん、領収書などをさっとしまうことができて便利。

サイズ:H7×W13×D1
スロット:6カ所
色展開:グレー、イエローなど4色展開

>>サンローランのフラグメントケース

フラグメントケース¥41,000/バレンシアガ ジャパン(バレンシアガ) 0570-000-601

関連記事
  • 長財布を、アーペーセーのハーフムーンに新調 みなさんは同じお財布をどのくらい長く使っていますか? 私ミツコは仕事用を長財布、休日用をミニ財布と分けています。 仕事用は、10年以上使っているお気に入り。そろそろくたびれてきたものの、手に馴染み使いやすく、代わりを探しに行ってもなかなかコレ!というものを決められずにいました 仕事で持つものだから、使い心地が良いこととが大前提 新しい財布探しの条件は 1⃣端っこまでしっかり閉まってしっかり開く、ラウンドファスナータイプ 2⃣汚れやキズに強く、耐久性があるもの(また長く使うだろうから) 3⃣コンパートメントやカード入れが多すぎずシンプルなもの 快適さを保つため、先代財布と全く同じ条件で探すことに決めていました。 そしてやっぱり、自分がハッピーな気持ちでいられるものがいい…! 百貨店のブランドショップやレザーグッズ売り場で、検討を重ねること数ヶ月 予算と条件のバランスがいいものが一向に見つからず、むしろ“気になるミニ財布”リストが膨らむ結果に そして先週。ちょっと探す目線を変えてみようと、アーペーセーを訪れて、気づいたのです。 灯台下暗し! フレンチ好きなら知らない人はいないであろうハーフムーンバッグの、ウォレットが、私の求める条件を満たしていることに…… 前置きが長く長くなりましたが、#LEE編集部のお買い物 ガッツポーズで購入したのはエンボスレザーのハーフムーンウォレットです フレッシュさも感じる落ち着いたダークネイビーカラーはベジタブルタンニング。丈夫なサフィアーノレザーはサラッとドライな肌触り。これひとつで持っても絵になりそうなラウンド形。 . あれこれ悩んでよかった!と今は心から思います。大安から使うとよいと聞いたので、本日7月20日、中身を入れ替えました。 長年の相棒よ、ありがとう、おつかれさま #apc #アーペーセー #demilune #ハーフムーン #財布 #長財布 . #magazinelee #leeweb
  • アナ スイの最新ルックをまとったハローキティが手に入るのはここだけ! SPUR9月号の特別付録は「Hello Kitty×SPUR×ANNA SUI ステッカーセット」。ラップトップやノートなどに貼ってカスタマイズを楽しめます。 “胸きゅん”は、今号をつらぬくエモーション。少女漫画の金字塔「ときめきトゥナイト」でおなじみ、蘭世と真壁くんがモードにターンバック。『劇場版おっさんずラブ~LOVE or DEAD』に登場する志尊淳の艶めく姿には、ドキドキが止まらない! フモフモ編集長は、“羽生結弦氏”との奇跡の一瞬について語ります。そんなときめきを享受できるのは平和あってこそ。黒柳徹子のスペシャルインタビューを通じて、一番大事なことに気づかされるはず。どうぞお見逃しなく。ふと出合う言葉が、その時着ていた洋服との一生の思い出になることがあります。それは、服に込められたメッセージかもしれないし、これから生まれる詩や、デザイナーの名言かもしれません。今季のランウェイで愛を語ったヴァレンティノのように、モードはいま、ポエティックな引力で私たちをときめかせてくれます。ファッションと言葉の蜜月を、オムニバスなストーリーでご堪能ください。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  かつてのりぼん読者であるアラフォーなら一度は通ったはずの『ときめきトゥナイト』。なんと作者の池野恋先生は今年、作家生活40周年。秋冬の筆頭トレンドが“ダークロマンス”だった勢いもかりて、SPURは夢のコラボを実現しちゃいました。池野先生の貴重な裏話も満載で、あの頃ときめいた“魔界”のロマンスを再現します! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  2019-'20秋冬シーズンが到来! まずは新しい靴とバッグから。日常を彩るロマンティックな主役級から、シックな精鋭まで88アイテムがずらりと揃います。メゾンのとっておきには、心がときめくこと間違いなし。トレンドのタフネスシューズやレディ・バッグにも注目を。来る季節に向けて、ショッピングプランをぜひ立ててみてください。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  さんさんと陽光が降り注ぐまぶしい夏、照りつける日差しの中でこそ身に着けたいのが、この季節に似合うジュエリー。きらめくイエローゴールドに、ソリッドなシルバー、みずみずしいジェムストーン……夏の太陽と友達になれるプレイフルなジュエリーをご紹介します。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  人生100年時代の現代では、ファッションを本当の意味で味わえるのは、歳を重ねてからです。自分の好みを熟知し、スタイルを確立した後だからこそ、色や柄をふんだんに掛け合わせながら冒険できるはず。自由におしゃれを満喫する粋なグラニーをぜひスタイリングのお手本にして。これは、未来の私たちへの賛歌なのです! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  休日のモードなスタイルとお仕事服とのギャップが埋められなくて悩んでいたりしませんか? そんな人に朗報です。今季のトレンドは、ブルジョワライクなクラシックスタイル。オフィスでもオフの日も活躍度の高い“コンサバ服”が豊作です! 特集では、モードな人におススメしたいアイテムを厳選の二者択一でご提案。毎日のモチベーションをあげるリアル服がいっぱいです。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  メンズ、レディースを自由に選べる時代。ジェンダーレスのビッグウェーブがSLGにも訪れています。そんなムードをバックアップしてくれる力強いカラーである「黒」。性別を問わず身に着けたい、頼れるブラックのレザーアイテムがずらりとラインナップ。定番の財布やフラグメントケースからエッジを効かせたニュータイプまで一挙ご紹介! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  毎シーズン、星の数ほど発売になる新色。その中から、「これぞ!」という一色を見極めるのは至難の業です。そこで、今回はヘア&メイクアップアーティストのRie Shiraishiさん、ビューティエディターの森山和子さん、スタイリストの矢内麻友さんが、使える新作について徹底討論。ビューティプロたちが実際に試して、思わず唸った、指名買いアイテムを紹介しています。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  洋服では、ジェンダーレスという考え方が当たり前になりました。でも実は、それってネイルでも起きつつあるってご存知でしたか。あのハリー・スタイルズもマニキュアをいつも素敵にまとっていますよね。性別や年齢に関係なく、ネイルアートはみんなのためのもの。今回シュプールでは、1本のマニキュアを二人でシェアするビューティ・ストーリーを提案します。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)   年に一度の誕生日だからこそ、とっておきのケーキと花束でお祝いしたいもの。気鋭のフローリスト「duft」の若井ちえみさんによるマッチング指南から、ピンクやグリーン、イエローなどのカラーコーディネートまで、バースデーケーキと花束の最高の組み合わせを提案します。大切な人に捧げる、しあわせを運ぶコンビネーションをぜひお楽しみください。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  
  • 東京・表参道『原宿CASE-B』に、ロングセラーのアイスクリーム「ピノ」の体験型スポット「CRAZYpino STUDIO(クレイジーピノスタジオ)」が、明日7/20(土)から8/4(日)まで期間限定でオープンします☆未知なる「ピノ」に出合えるという「CRAZYpino STUDIO」に、DAILY MOREのグルメ担当・ライター愛ちあんが一足お先に潜入してきました!「CRAZYpino STUDIO」は、「ピノ」と様々な食材をランダムに組み合わせた未知なる「ピノ」=「CRAZYpino」に出合えるスポット。普段「ピノ」を食べる上では、きっと組み合わせない食材とのコンビネーションが楽しめるんです♪60種類の食材から組み合わせをランダムに決定。 巨大スロットが運命を左右する「CRAZYpino」スタジオ内はカラフルでポップ。ユニークな空間に、さっそく心が踊ってきたぞぉ!まずは席選び。空いている席に自由に座ることができるから、自分なりのベストポジションを確保して。会場中央に、ピノの形をした巨大スロット「CRAZYpino SLOT」が設置されています。このスロットを回して、ランダムに選ばれた食材と「ピノ」を組み合わせることで、「CRAZYpino」が完成します! 用意されている食材は、タピオカやマシュマロ、醤油など全60種類! 1回のスロットは300円で、1セット3パターンの「CRAZYpino」3粒をGETできます♪ というわけで、ドキドキしながらレッツスロット(笑)!!スロットは1つしかないので、会場にいる全ての人の視線を背中に感じながら(笑)行います。赤いボタンを押すとスロットが回り始め、あっという間に3パターンの組み合わせが決定! 次のブースへと足を進めます。このブースでは自分が引き当てた「CRAZYpino」の内容を見ながら、使われる食材にアレルギーがないかをチェックします。もしもアレルギーに当てはまる食材が入ってしまっていた場合には、別の食材に変えてもらえます。私が引き当てた「CRAZYpino」は、杏仁豆腐やキウイソースと組み合わせた「何かが生まれそうなピノ」。ラムネやマンゴーピューレと合わせた「あの日の夕焼けピノ」。そして、マシュマロやバルサミコ酢と合わせた「おしゃれ気取りピノ」の3粒☆ 「CRAZYpino」には、1つ1つユニークな名前がついているのもおもしろポイントです。そして、いよいよマイ「CRAZYpino」とのご対面~♡ お兄さんがていねいに手渡ししてくれました。席に戻りいざ実食。気がかりだったバルサミコ酢は、意外にも「ピノ」とマッチしておいしく食べられたし、杏仁豆腐にキウイソースが異常にうまい(笑)!!! 新しい味を発見できた3粒でした♡♡ほかにもどんな組み合わせがあるのか、気になるな~♪無料の公開収録スタジオを併設! YouTuberやTikTokerなど、動画クリエイターよ集まれ!!「CRAZYpino」を満喫し、気になっていた会場後方の空間に近づいてみると……?なんと、YouTuberやTikTokerなどの動画クリエイターを対象とした無料の公開収録スタジオが!! 説明を聞くと、利用できるのは1日5組までで完全予約制。撮影用として1組あたり『ピノ』34箱が無料で提供されるそう。『ピノ』と合わせる食材の持ち込みもOKで、オリジナルの『CRAZYpino』作りをテーマにした動画撮影ができる! とのこと。申し込む条件にチャンネル登録数やフォロワー数は関係ないということなので、“われこそはYouTuber! 友達がTikToker!!”という人は、せっかくの機会にぜひチャレンジしてみて☆(気持ちだけYouTuber!……笑) 「CRAZYpino STUDIO」場所:原宿CASE-B◆東京都渋谷区神宮前6-16-26期間:7/20(土)~8/4(日)時間:11:00〜20:00(L.O.19:30)「クレイジーピノスタジオ」特設サイトはこちらから
  • 先日、鎌倉へ行ってきました その時のコーデを紹介します one shoulder knit:redyazel skirt:redyazel sandal:RANDA scarf:redyazel sunglasses:SAINT LAURENTベーシックなワンショルニットは 五分袖で長いシーズン使えます◎ 二の腕まであるので、スッキリとした シルエットで着こなせます デニムスカートのポイントは ワンショルダーのサスペンダーがついて 変わった形なとこです◎ アシメスカートになっているところも とてもかわいいです 中をTシャツにしてカジュアルに着こなしたり 色々な着回しができるので万能アイテムです✌️ hat:lily brownこの日はとても暑かったので サングラスと帽子は必需品でした 首に流行りのスカーフを巻いてアクセントを⭐️ また、スカーフをサスペンダーに つけてもかわいいです✨今回は、ホワイトコーデで夏らしくしてみました☀️まりんちゃんからハワイのお土産もらった 最後に… この前同じ読モのまりんちゃんと ご飯に行った時の写メです 久々会えて嬉しかったです♡ 最後まで読んでいただきありがとうございました カワイイ選抜 No.81 宮原公子のブログ
  • あのブランドにも、このブランドにも! 探せば意外と見つかる、アフォーダブルで魅力的なアイテム。自慢の逸品を一挙紹介。LEMAIRE ¥45,000スカート¥45,000/ニード サプライ(ルメール)ウエスト部分で余った布が落ち、ユニークなラインを描くスカート。計算されたパターンと上質なコットンによって、モダンかつ上品に。KIMHĒKIM ¥45,000シャツ¥45,000/VISITFOR(キムへキム)大きなパールモチーフをボタンにすることでシルエットにゆがみとドレープを演出。ベーシックな白いシャツが主役になるひねりのきいた一枚。CK CALVIN KLEIN ¥32,000ワンピース¥32,000/オンワード樫山 お客様相談室(CK カルバン・クライン)ピッチの太いボーダーがスポーティ。ヘムの切り替えで生じたドレープが女性らしさを添える。ANYA HINDMARCH ¥38,000携帯ケース〈H18×W9.5×D1〉¥38,000/アニヤ・ハインドマーチ ジャパン(アニヤ・ハインドマーチ)フロントにはスマートフォンポケット、背面には4枚分のカードスロットを備える。AALTO ¥42,000ブラウス¥42,000/オープニングセレモニー(アールト)テンションの違うチェックの組み合わせが印象的。非対称なシルエットと、少し肌がのぞくパターンにデザインの妙がにじむ。MSGM ¥38,000トップス¥38,000/アオイ(MSGM)スペイシーなネコのプリントが視線を集めるノースリーブのスウェット。あえて派手なボトムスと合わせ、キッチュな着こなしを楽しみたい。FACETASM ¥48,000ハイウエストパンツ¥48,000/FACETASM omotesando(FACETASM)目の覚めるような鮮やかなピンクが装いのアクセントに。ハイウエストとストレートのシルエットからどこかレトロなムードが漂う。VEJA ¥16,000スニーカー¥16,000/シードコーポレーション(ヴェジャ)フェアトレードによるオーガニックコットンやナチュラルラバーなどを使用。サステイナブルなローテクデザインが今季らしい。ISABEL MARANT ÉTOILE ¥39,000ブラウス¥39,000/イザベル マラン(イザベル マラン エトワール)羽根のように軽いマテリアルと細かいギャザーがフェミニニティをにじませて。スタイリングをグッとロマンティックに。SEE BY CHLOÉ ¥41,000パンツ¥41,000/クロエ カスタマーリレーションズ(シーバイクロエ)美しいシルエットのセンタープレスパンツ。フォーマルはもちろん、スニーカーなどでカジュアルダウンさせても。Y'S ¥44,000ブラウス¥44,000/ワイズ プレスルーム(ワイズ)緻密なギャザーやカッティングで、奥行きのあるシルエットに。ギンガムチェックのキュートな要素が加わり、絶妙なバランスが完成。EICA YOSHINARI ¥36,000ブラウス¥36,000/4K(エイカヨシナリ)ブラックのレースに黄色のドットが刺しゅうされ、ミモザを散らしたような華やかさ。繊細な生地も手伝い、着る人をピュアな佇まいへと導く。ACNE STUDIOS ¥43,000ブラウス¥43,000/Acne Studios Aoyama(Acne Studios)ピッチの細いストライプが爽やか。バンドカラーなどのディテールからメンズウェアの雰囲気が漂う。3.1 PHILLIP LIM ¥39,000トップス¥39,000/3.1 フィリップ リム ジャパン(3.1 フィリップ リム)ワードローブにあると便利なネイビーのリブニット。ショルダーのメタルパーツがほどよくツイストを加えている。MARC JACOBS ¥47,000靴¥47,000/マーク ジェイコブス カスタマーセンター(マーク ジェイコブス)新ライン「THE MARC JACOBS」より。ワークテイストのソールに、女性らしいポインテッドトゥを合わせて。MISTER IT.  ¥42,000スカート¥42,000/ミスターイットチュールのラップスカートは、ボトムスのレイヤードアイテムとして。鮮やかなカラーとリボンで、手持ちの服をアップデートできる。UNDERCOVER ¥22,000フードパーツ¥22,000/アンダーカバー手持ちのトップスにプラスするだけで、イメージをガラリと変えられる。顔まわりにドローストリングが仕込まれており、フォルムを調整できる。 >商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら >>03|ユーティリティブランドも見逃せない
  • 襟つきの端正なイメージは、シーンを問わず頼れる存在。プレーンな手持ちにプラスするなら、デザイン性ある一着がおすすめ。 トップスとしてはもちろん、羽織りやインナーとしても幅広い実力を発揮 ジュエリーやウエストマーク、合わせるアウターによって変幻自在! ロマンティックなひとひねりが気分(右)ミリタリーシャツがベースのエポレットと両胸のフラップポケットがポイント。厚手のポプリン地に輝くビジューの花でフェミニンに昇華した。シャツ¥380,000・ビスチェ¥99,000・スカート¥425,000・ベルト¥49,000・靴¥139,000(すべて予定価格)/プラダ クライアントサービス(プラダ) 0120-451-913 (左)オックスフォードシャツを、ボリュームある袖とレースのパネルで可憐にアレンジ。ゆとりあるサイズ感は羽織りとしてもぴったり。シャツ¥100,000・中に着たワンピース¥220,000・ピアス¥56,000・ソックス¥7,000・靴¥84,000(すべて予定価格)/バーバリー・ジャパン(バーバリー) 0066-33-812819"絵になる"ルックスが重宝するランダムなドットがどこか素朴なシルクシャツ。コンパクトなシルエットなのでジャケットスタイルにも好相性。シャツ¥140,000・ファーストール¥420,000・パンツ¥78,000/イヴ・サンローラン(サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ) 0570-016-655ポルカドットのシルク地と小花柄プリントのツイルをパッチワーク。ルーズなフォルムでエフォートレスに装える。シャツ¥64,000/THE WALL SHOWROOM(ウォーク オブ シェイム) 03-5774-4001ピッチとカラーリングが異なるストライプを配した一着。両サイドの腰の内側にはブラックのベルトがセットされ、結んでウエストマークすればがらりと"味変"が可能。シャツドレス¥198,000・スカート¥138,000/イザ(ニナ リッチ) 0120-135-015GGパターンがさりげなく全面にパンチングされたビッグシャツ。しっかりしたフォルムはアウター感覚で着ても様になる。シャツ¥270,000/グッチ ジャパン カスタマーサービス(グッチ) 0120-88-1921変則的にあしらわれたフリルが美しい。プレーンなブラックこそ今は大胆なデザインを選びたい。シャツ¥159,000/ヴァレンティノ インフォメーションデスク(ヴァレンティノ) 03-6384-3512 >>3|スタイリングを広げるセットアップが狙い目
  • 老舗の11ブランドから早くも秋物バッグ&靴が発表されました。上質な素材や秋映えするカラーなど、うっとりするほどの美しさ。このコレクションを見たら、きっと秋の到来も待ち遠しくなるはず! CHANEL【シャネル】 主役は小さなチェーンバッグ。ブライトカラーが秋を活性化する ちょこんと小ぶりなワンハンドルのバニティバッグが、ポップなピンク&オレンジのツートンカラーで登場。シャネルらしいチェーンストラップが、ジュエリー代わりのリュクス感をアピールしてくれる。今の季節、Tシャツ&ジーンズなどカジュアルなスタイルに合わせても素敵。バッグ(13×17×7)¥409000・ジャケット¥731000・ジーンズ¥141000・Tシャツ(参考商品)/シャネル(シャネル) GUCCI【グッチ】 由緒正しいトラッドなモチーフを現代的なアレンジで楽しむ アーティストで女優のズゥミ・ロソウが名前の由来となったバッグ。グッチのシグネチャーである「インターロッキングG」と「ホースビット」を組み合わせ、ゴールド&シルバーで表現したディテールが、伝統的なデザインに今の魅力を添える。靴にも同じディテールをあしらって。バッグ「グッチ ズゥミ」(16×24×4.5)¥350000・靴(5.5)¥102000・シャツ¥270000/グッチ ジャパン(グッチ) LOUIS VUITTON【ルイ・ヴィトン】 品格と大人の遊び心を同時に宿す小さなバニティ型バッグ 伝統的な化粧ケースを、使いやすいミニサイズに再解釈した「カンヌ」。ジャイアント・モノグラム キャンバスで仕立てることで、小ぶりバッグとのコントラストがきわだつチャーミングな仕上がりに。ショルダーストラップで肩かけもできる。バッグ「カンヌ」(17×15×15)¥288000・シャツ¥245000(予定価格)・スカート¥383000(予定価格)・ピアス¥76000・リング¥54000/ルイ・ヴィトン クライアントサービス(ルイ・ヴィトン) Dior【ディオール】 自由なバランスで持てるバッグを秋色映えするスモーキーカラーで シンプルな形に、大きなCDイニシャルが飾られたバッグ。「30 モンテーニュ」とは、はじめてパリ本店を構えた住所であり、メゾンにとって特別な意味を持つ場所。ストラップの長さを調節すれば、ハンドバッグ、ショルダーバッグ、クロスボディと多彩なアレンジが可能。バッグ「30 モンテーニュ」(17×24×8)¥390000・ニット¥150000・パンツ¥190000/クリスチャン ディオール(ディオール) FENDI【フェンディ】 秋のシックなムードを誘うなめらかで表情豊かなスエード小物 ショルダーストラップをつけて斜めがけにしたり、クラッチ風に持ったり。自由に楽しめる「バイザウェイ」に、丸型チャームの小物入れをトッピング。ブラウンのスエードはどんな着こなしにも合わせやすく、ローファー風のフラットシューズとも好相性。バッグ「バイザウェイ」(15×27×13)¥239000・靴¥99000・スカート¥248000/フェンディ ジャパン(フェンディ) Saint Laurent【サンローラン】 エレガントなだけじゃないどこかヴィンテージ風の趣が今新しい 誕生当時より愛される「カサンドラ」ロゴの名を冠した新作バッグ。ロゴそのものが留め具になったユニークな仕掛けも、心躍るポイント。ゴールドでリンクさせたスニーカーで、気負わず楽しむのもいい。ストラップつき。バッグ「モノグラム・サンローラン カサンドラ」(20×24.5×11.5)¥249000・靴¥60000/イヴ・サンローラン(サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ) LOEWE【ロエベ】 小さくてもクラス感は満点。かっちりフォルムのミニショルダー ポストカードからインスピレーションを得たというバッグは、横から見ると三角形になった特徴的なフォルム。スムースなレザーの風合いとしっかりした作りで、小ぶりでも上質な存在感がきわだつ。カラフルな色展開も魅力。バッグ「ポスタル スモール バッグ」(13.5×17×8.5)各¥238000・シャツ¥105000・デニム¥90000/ロエベジャパン カスタマーサービス(ロエベ) BURBERRY【バーバリー】 アイコニックなロゴやモノグラムで端正なバッグを一躍キャッチーに (左)創業者であるトーマス・バーバリーのイニシャルTBを組み合わせた、モノグラムの留め具がアイコン。バッグ「TB BAG」(18.5×25.5×6.5)¥340000・(右)リカルド・ティッシ氏のコレクションで印象的に登場する3スタッズが、シンプルなトートに個性を加味。ストラップつき。バッグ「TITLE BAG」(28×35×12)¥270000(ともに予定価格)/バーバリー・ジャパン(バーバリー) COACH【コーチ】 異素材コンビの華やかさと毎日持ちたい機能性を備えて (左)3種類のレザーを使用。中の間仕切りと前後の外ポケットで使いやすい。ストラップつき。バッグ「ウィップスティッチ カラーブロック ミックス レザー Dreamer 36」(23×36×14)¥95000・(右)可憐なバタフライモチーフと、コーチの象徴的なターンロックが融合。バッグ「バタフライ ターンロック Parker トップハンドル」(18×23×10)¥60000/コーチ・カスタマーサービス・ジャパン(コーチ) See By Chloé【シーバイクロエ】 ころんと可愛いドーム型フォルムにスポーティな太ストラップのコントラスト ヴァニティケースがイメージソースだというバッグは、ドーム型のフォルムが魅力的。マチが広くて開口部が大きく開くので、小ぶりながら見た目以上に荷物が入るのもうれしい。取り外せるパーフォレート(穴あき)のショルダーストラップが、装いの高感度なアクセントに。バッグ「EDDY」(17.2×20×13.5)各¥53000/クロエ カスタマーリレーションズ(シーバイクロエ) BOTTEGA VENETA【ボッテガ・ヴェネタ】 ざっくり持つビッグトートで最上級レザーの風合いを愛でる シチリアの伝統的なバスケット、コッファから着想を得た、頼れるオーバーサイズのトートバッグ。最高級フレンチカーフの自然な美しさに、ブランドを象徴するノット(結び目)モチーフのクロージャーがアクセント。内側にはミニポーチつき。バッグ「バスケットトート」(60×56×20)¥290000・ドレス¥338000/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン(ボッテガ・ヴェネタ) 撮影/生田昌士〈hannah〉 ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini.〉 スタイリスト/斉藤くみ モデル/桐谷美玲 取材・原文/東原妙子 ※( )内の数字は(高さ×幅×マチ)およびヒールの高さで単位は㎝です ※BAILA2019年8月号掲載
  • 「パリを燃え上がらせたい」。そう語ったのは、80年代を生きた伝説のダンサー、ウィリー・ニンジャ。1990年に公開され、狂乱のNYアンダーグラウンドシーンを捉えたドキュメンタリー映画『パリ、夜は眠らない (原題: Paris is burning)』でそう語った彼は、1989年にリリースされたマルコム・マクラーレンのヒットナンバー『Deep in Vogue』の振付師としてセンセーショナルなグローバルデビューを果たします。 ヴォーギングに馴染みのない人のために、簡単に解説を。ヴォーギングとは、80年代のNYで興隆したダンスの一種。名前はもちろん、かの雑誌から来ています。モード誌のカバーを飾る、煌びやかに着飾ったスーパーモデルと、その独特のポージング。それらに似せた独創的な振り付けで一世風靡し、主にNYの黒人、ラテン系のセクシャルマイノリティー達を中心に支持されました。 ヴォーギングのダンサーはヴォーガーと呼ばれ、多くの場合ハウスと呼ばれるチームに所属しています。ハウスとは文字通り家、という意味ですが、中には「ハウス・オブ・ミズラヒ」や「ハウス・オブ・ミュグレー」、「ハウス・オブ・サンローラン」、「ハウス・オブ・バレンシアガ」など、オートクチュールとの繋がりを感じさせるネーミングも多く見受けられます。 ヴォーガーたちの腕の見せ所が、ボールと呼ばれるコンペティション。ボールの由来は、社交ダンスから来ています。ボールルームでは、毎回様々な人物像やシチュエーションに沿った「カテゴリー」に基づいて、それぞれのハウスがパフォーマンスを行い、審査員が最も優れたヴォーガーを選出。この時の評価基準は、ダンスの技能だけでなく、ヘアメイクやファッションといったビジュアルの美しさ、独創性、そして社会的メッセージを込めた皮肉表現。これらのことからも、いかにボールカルチャーがファッションと密接な関係にあるかが伺えます。 さて、冒頭のドキュメンタリー映画で、ウィリー・ニンジャが野望を抱えたパリでのボールルームですが、実はパリでヴォーギングが本格的に流行り始めたのは最近のことのようです。その背景にあるのは、言わずもがなクィアコミュニティの存在。日本でも人気の『ルポールのドラァグレース』や、今年の5月からようやく日本のFOXチャンネルでも放映が開始した『Pose (ポーズ)』といったエンターテイメント業界の後押しも忘れてはなりません。2013年あたりから少しずつ流行り始めたパリのボールカルチャーは、今や14ものハウスが鎬を削るまでに成長しました。 簡単に、と言っておきながら長い前置きになってしまいました。今回、オートクチュール  ファッションウィーク期間中に仲良くなったモデルの友達に連れられ、ボールルームに参加してきました。NYのボールルームには行ったことはあったのですが、パリで観るのは初。胸を高鳴らせながら、会場のゲテ・リリックに向かいました。 今回のボールのテーマは「ブラック&イエロー」。発起人は、著名ダンサーであり「ハウス・オブ・レブロン」のヴィニー・レブロン。会場には、パリのヴォーギングカルチャーの火付け役であるキディ・スマイルの姿も。ランウェイと呼ばれるステージを見ていると、パフォーマーの中には黒人、ラテン系のみならずアジア人のヴォーガーや、ヘテロセクシャルの女性ダンサー、そしてなんと13歳の女の子も登場。ヴォーギングカルチャーが、いかに人種、国籍、性別、そして世代も超えて定着してきたかということが見て取れ、感慨に浸りました。 『パリ、夜は眠らない』で登場するもう一人の伝説的なドラァグクイーン、ドリアン・コリーは、作中の終盤に手慣れた手つきでアイラインを引きながらこう語りました。「世界を変える必要はない。楽しんだほうが利口よ。苦労を重ねて、楽しむの。射った矢が空高く解き放たれた。喜びましょ」。NYのアンダーグラウンドシーンで生まれた小さな灯は、30年近くの月日を経て、今パリで力強く、煌びやかに燃えたぎっています。 >>パリ オートクチュールの最新ルックを総覧、身にまとうアートの世界をお楽しみあれ >>クィアカルチャーのメインストリーム化?本年度「メット・ガラ」もプレイバック 「ハウス・オブ・キャンベル」の若手注目株、ルシファー (左) とオーウェン (右)。オーウェンのランウェイは飛び抜けて美しい。まるでオートクチュールのキャットウォークのようでした。「ハウス・オブ・バレンシアガ」の実力派若手の2人、マーク (左) とルイス (右)。マークはぱっと見純朴な少年風ですが、ランウェイでは妖艶なクイーンに変貌します。「ハウス・オブ・レブロン」の3人。今回はヴォーガーの半数近くが女性でした。「ハウス・オヴ・キャンベル」のリーダー、通称マザーであるハナビ・キャンベル (左)。右の女の子は、同じく「ハウス・オブ・キャンベル」に所属していて、弱冠13歳です。
関連キーワード

RECOMMEND