NEO トレンドカラー

SPUR.JP

旬のカラーを取り入れるなら、トラスティなブランドで楽しむのが大人の選択。人気シリーズの新色や新作バッグをチェック!

1.メゾンの象徴的なオブジェ、ジュエリーボックスが着想源。ゴールドのガーランド(花綱飾り)がエレガント。
バッグ〈H23×W21×D8.5〉¥220,000/カルティエ カスタマー サービスセンター(カルティエ)

2.リゾートタウン・パームスプリングスを着想源とした、可愛いカラーリングのファーバッグ。ドローストリングについた大きめのポンポンがキュート。
バッグ〈H26×W26×D18〉¥32,000/デッカーズジャパン(アグⓇ)

3.80〜90年代のNYのクラブカルチャーに着想を得たキャッチーなカラーが華やか。ショルダーストラップがつき、2way仕様。
バッグ〈H20×W34×D7.5〉¥120,000/アディアム 東京ミッドタウン店(アディアム)

4.始まりの季節にふさわしい、爽やかなスカイブルー。カラートーンを変えた太めのハンドルがポイント。収納力があり、ワーキングバッグにも。
バッグ〈H38×W39×D13〉¥140,000/三崎商事(ゲラルディーニ)

5."F"を対称的にデザインした新生ロゴをあしらった、ドローストリングバッグ。ビビッドなマンダリンカラーが装いをワントーン明るく。取りはずし可能なポーチつき。
バッグ〈H24×W22×D17〉¥52,000/フルラ ジャパン(フルラ)

6.手もとにアーティなムードを演出。ミニサイズながら、4つのカードスロットを配し収納力も抜群。ショルダーストラップつき。
バッグ〈H12×W20×D3〉¥120,000/TASAKI(TASAKI por RELIQUIAE)

>>NEO ナチュラル素材

関連記事
  • 仲良しなお友達家族と毎年恒例の一泊旅行へ行ってきました(^^)今年は河口湖近くにある「PICA fujiyama」へ。 広い敷地にはオートキャンプやドームテントなどが点在していて、富士山が目の前!!宿泊したのは6人定員のコテージ✨ 昨年オープンしたばかりなので、まだ新築の香りがして、備品や水周りもピカピカ!!しかもオッシャレ〜❣️広いバルコニーで早速グランピングスタート♪ みんなのテンション一気にアップ⤴️⤴️吹き抜けの天井が開放感があってとっても素敵✨PICA リゾートHP到着するなりまずは乾杯 時間を気にせずゆっくり出来るのも旅の醍醐味ですよね♪おつまみにはお家で作っていったクリームチーズとイチジクのラム酒漬けを入れたフィンガーフード。こちらはもう10回以上作ってるのですが、みんなに美味しいって褒めてもらえます お料理が得意な友人と楽しくセッティング♡お肉、野菜が丁度良い量に♪最近ハマっている桃とモッツァレラの前菜 近くのスーパーで買った大きなエビがプリプリで美味♪ダッチオーブンで作るキャベツのスープ! 最高です♡炭火で焼いたお肉は美味しい♪ハワイ在住8年目の友人とは夏休みに帰国している今しか会えないので、話もお酒も止まらずお開きは午前2時 でも朝はスッキリ目覚めました♪♪ヘアもしっかりマキマキσ(^_^;)トルティーヤにピザソース、野菜、チーズを乗せてフライパンで焼くだけの簡単ピザ ドームテントにも泊まってみたいな〜♪☆Instagramはこちら☆華組 宮原江里子ブログ
  • 2019年7月22日(現地時間)に6歳の誕生日を迎えた、英王室のジョージ王子。これを記念して、ジョージ王子の最新ポートレートが公開された。 Photo:The Duchess of Cambridge/Photoshot/アフロ毎年、子どもたちの誕生日に合わせて公開されるポートレート。ウィリアム王子一家の公式ツイッターは、レアル・マドリードのユニフォームを着用したジョージ王子の2枚の写真を公開し、「これらはキャサリン妃によって、ケンジントン宮殿の庭で撮影されました」と説明した。 1枚目は、ニッコリと笑顔を浮かべているジョージ王子。つぶらな瞳や髪の色が、父ウィリアム王子(37)の幼少期にそっくり! Photo:The Duchess of Cambridge/Photoshot/アフロ 2枚目では、頬を赤くし、溢れんばかりの笑みを浮かべたジョージ王子。下の前歯の乳歯が抜けているところも、愛らしさ満点! 「母親だからこそ引き出せる表情」に定評があるキャサリン妃(37)の写真。今回はどんな言葉をかけて、ジョージ王子のとびきりの笑顔を引き出したのだろうか? Photo:The Duchess of Cambridge/Photoshot/アフロ同日に投稿された別のツイートの写真では、前述の2枚と打って変わって大人びた表情を見せたジョージ王子。深緑のポロシャツから伸びた細い腕からは、ジョージ王子の成長が感じられる。 この写真には、「ケンブリッジ公爵夫妻は、ジョージ王子の6歳の誕生日を記念して、新たな写真を公開できることをとても嬉しく思っています。たくさんの祝福メッセージをありがとうございます」とコメントが添えられた。 Photo:代表撮影/ロイター/アフロ現在、夏季休暇中のウィリアム王子一家。カリブ海の高級リゾート・マスティク島にバカンスに出かけたと報じられている。離島でセキュリティが万全ということもあり、英ロイヤルファミリーにとってお気に入りの地だそう。 またひとつ大きく成長したジョージ王子をはじめ、9月からジョージ王子と同じ学校に通うことが予定されているシャーロット王女(4)、4月に1歳の誕生日を迎えたルイ王子など、ウィリアム王子一家のキッズたちからますます目が離せない! >>総勢35名のロイヤルキッズを網羅! 世界の麗しきプリンス&プリンセス図鑑
  • 夏に欠かせない小物といえばかごバッグ。定番のアイテムだけに、今季らしいディテールを備えたデザインにアップデートして差をつけたいもの。一気に旬の雰囲気をもたらしてくれ、使い勝手も抜群の3アイテムを揃えました。 MARCHER レオパード柄巾着つきかごバッグデイリーにもリゾートにも、気軽に楽しく取り入れられる夏気分満点バッグしっかりと編まれた天然ヤナギのかごバッグに、ヒョウ柄の巾着バッグつき。かごの中にセットすればほっこりしすぎずアクセントになり、中身も見えず安心。もちろんそれぞれ単体でも使えるので、楽しみ方はあなたしだい。ハンドルはレザー巻きで高級感ある仕上がり。かごは天然素材をひとつひとつ手編みでつくるため、サイズや形に若干の個体差あり。 MARCHER レオパード柄巾着つきかごバッグ ¥14,000→¥10,500+税(25%OFF)>>mieu Lindas メッシュトートバッグ軽やかなメッシュバッグで、着こなしに抜け感を夏になると欲しくなるかごバッグ。今季は、カラフルなプラスチック製の紐を編んでつくられたメキシコ風の「メルカドバッグ」を。マチがしっかりあるので荷物がたくさん入り、軽くて、見た目にも新鮮! 使いやすい色展開で、いつもの着こなしをフレッシュに更新してくれる。ころんとしたフォルムがかわいいかごバッグ。大きすぎないサイズ感とほどよいハンドルの長さで、持ちやすいのもいい。mieu Lindas メッシュトートバッグ ¥4,800+税>>ne Quittez pas メタリックマクラメポシェット艶やかな透明感を備えた壺型がリュクスな存在感眺めているだけで心が浮き立つメッシュポシェット。メタリックなマクラメ糸で編み上げた壺型がキュートで目を惹きます。艶やかな透明感を備え、モードからカジュアルまでさまざまな着こなしにもマッチ。肩がけもできる長さの持ち手や見た目以上の収納力など機能面でも優秀です。ne Quittez pas メタリックマクラメポシェット ¥9,000+税>>
  • 「モア世代で買っておいたほうがいいもの」、教えて、おしゃれ先輩!MOREのモデルとしても大人気だった“おしゃれ先輩”にモア世代の時にこれを持っていてよかった、持っておくといい!と思ったものを教えてもらいました。20代でどんな一生もの、名品たちと出合ったの? 増税も気になるいま。買ってすぐも、この先も、ずっと使える厳選アイテムを、エピソードとともにご紹介します! モデル・田中美保さんは何を愛用してる?モデル・田中美保さんの「20代で買ってよかった!」「20代で欲しいと思ったものは迷わず買っておいてよかった、と大人になった今思います。独身は自由にお金が使えることが多いでしょ。30歳過ぎたり結婚したりすると将来のことを気にして装飾品に思いきれなくなるから。今のうちって考えていました。いいものは買っておくとずっと使えるから、ムダと思わず楽しんで」(田中さん、以下同)『バレンシアガ』のトートバッグ「1〜2泊の小旅行に使えるいいバッグを探していた時に出合ったもの。キャンバス地だから重くなくて丈夫、なおかつ気分の上がるハイブランドという組み合わせがお気に入り。こういうバッグがひとつあると旅慣れた雰囲気も出るし、旅行もいっそう楽しくなります。旅が増える20代のうちにこんなバッグを買っておくと、人と差がつきそう」バッグ/本人私物 ワンピース¥48000(エリン)・レギンス¥6000(シップス)・イヤリング¥12000(ドミニク デネーヴ)/シップス 渋谷店 靴¥10800/フリークス ストア渋谷(シャカ)『クリスチャン ルブタン』のパテントパンプス「いざという時にはける、上質な靴を一足持っておくといい。それもシンプルではやりすたりのないプレーンなものを。それに気づいたのはこの靴を買ってから。結婚式や集まりごとがある時に頼れる靴があると、おしゃれにも自信が持てます」。靴(8.5)¥81000/クリスチャン ルブタン ジャパン(クリスチャン ルブタン)『リック・オウエンス』のライダースジャケット「靴にしろジャケットにしろ、レザーアイテムは一度買うと長年使える。安いものを毎年買うくらいなら、いっそ思いきっちゃうのもいいと思います。毎年レザーの風合いが変わっていくさまを楽しんだり、ケアをして大切に保管する手間も、大人のおしゃれならではって感じがして好きです」。ジャケット¥275000/イーストランド(リック・オウエンス)『TASAKI』のパールネックレス「20歳くらいの時に親からプレゼントされたのが初めてのパール。当時はしっくりこなかったけれど、似合う年齢って突然やってくるもので。それに上質なパールを持っておくと、冠婚葬祭でも場慣れしたムードが出ます。もちろんデイリーにもいいし、持っておいて損がないです」。ネックレス[K22 イエローゴールド×あこや真珠]¥209000/TASAKI(TASAKI by MHT) ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 原文/野田春香 撮影/森脇裕介(モデル) 魚地武大(TENT/製品) ヘア&メイク/渡辺真由美(GON.) モデル/田中美保  スタイリスト/森 由美江(製品) 永田彩子(田中さん衣装)
  • シーン別きれいめコーデをのぞき見!会う相手やシチュエーションに合わせて。気配り上手な優愛の夏コーデは、お手本にしたいヒントがいっぱい。リアルな3つの予定をスクープ! SCENE1 家族と買い物に行く日は…… 「総柄シャツワンピでレトロ可愛くまとめる 「普段カジュアルな格好が多いので、ワンピースってちょっと気恥ずかしいと思ってたんです。でもこの夏はトライしたくて、コレだって出会えたのが媚びない総柄プリント。丈は長いけど風が通って涼しいのも最高。足元のバレエ靴はレトロワンピに似合うマットな質感がこだわり」 ワンピース KBFバングル Osewayaバッグ RODE SKO靴 Ray BEAMS SCENE2 スタッフとごはんに行く日は…… 「華やかパンツスタイルを小物で引き締める!」 「LAYMEEの透けるレースブラウスは最近イチバンのお気に入り♡ 甘くて女の子らしいので、夏っぽい鮮やか色のリネンパンツを合わせたり、黒小物で締めたり、シーンに合わせて大人に見せられるように調整します」 ブラウス LAYMEEパンツ URBAN RESEARCHイヤリング Osewayaベルト OZOCバッグ FURLA靴 DIANA SCENE2【POINT】 「小ぶりで主張しすぎないけどたくさん入るFURLAのバッグは、きれいめシチュエーションの相棒。小物でコーデのバランスをとることが多いかも」他の画像を見る この夏のコーデで意識してるのは? 「夏はアイテム数が少なくなるので、意識して色を入れたり大人っぽいアイテムを選んだり」 お気に入りのショップやブランドは? 「LAYMEEは、デザインが可愛くてよくひと目惚れしちゃう。ちょっとしたハズしも好き」 ヘビロテアイテムは? 「今回出番なしですが、スニーカーが大好きでコンバースやヴァンズは色違いで揃えています! 」 撮影/田形千紘 ヘア&メイク/川添カユミ(ilumini.) スタイリング協力/佐藤朱香 松尾正美 笠原百合 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス
  • 2019AW 大人気ブランドの予約品をご紹介します!   こんにちは! 7月も後半になりましたが、まだ涼しい日が続いていますね。 これから暑くなるしまだまだ夏物!もいいけど、 現在FLAG SHOPでは秋の先行受注会を開催しています! 特に反響の大きいかった商品をピックアップしましたので ぜひこの機会に秋の新作をチェックしてみませんか~?   注目ブランド!ステラシフォンのエコファージレ STELLA CIFFON/ヤワラファージレ/¥39,000+税   秋の初めから冬まで使えるロングファージレ。 エコファーとニットの組み合わせでとても軽く、肌触り抜群! さらっと着られるジレに仕上がっています。 晩夏や初秋でもこれを羽織れば一気に秋っぽくなるおすすめアイテムです!     UNITED ARROWS別注 TICCAのシャツワンピース UNITED ARROWS/別注<TICCA(ティッカ)> チェック シャツワンピース†/ ¥36,000+税   印象的なチェック柄はUNITED ARROWS別注のTICCAのシャツワンピース。 季節の変わり目には柄ものが着たくなりますよね? そんな気分のときに取り入れやすいチェックのシャツワンピは秋の救世主的存在!     すぐ完売してしまうmarjourの大人気トート! marjour/SHOULDER TOTE BAG/¥6,852+税   ちょうどよいサイズ感と高級感のあるしっとりとした質感のフェイクレザーが 人気のトートバッグ。 何度も完売、追加を繰り返し、今なお売れ続けている大ヒット商品は予約でゲットするのがおすすめ! これひとつであっという間に秋顔に。 柔らかいのでいっぱい入る!     秋トレンド最前線!HELIOPOLEのジャンパースカート HELIOPOLE/Vネックジャンパースカート/¥23,000+税   今年流行の予感のジャンパースカート。 Tシャツ、シャツ、ニットと何に合わせても品よく決まります。 この一枚があれば秋の始まりは怖いものなし!     どうでしたでしょうか? 今回はごく一部のご紹介でしたがサイトでは まだまだたくさんの新作を揃えています! 先行受注会チェックしてみてください。  
  • 7/24(水)から数量限定発売。無くなり次第終了だから急いで!!買ったはいいものの、“可愛すぎて食べられない……”と女子を惑わす人気のシリーズ「食べマス」。「食べマス」は、餡・砂糖・餅粉などを練った生地=「練り切り」で作られた和菓子です。これまでも、リラックマやドラえもんなど様々な人気キャラクターをモチーフにしてきました。そんな「食べマス」シリーズから、『トイ・ストーリー』のエイリアンが登場! 7/24(水)より『セブン-イレブン』にて数量限定で発売されます。ラインアップは、抹茶味の「食べマス TOY STORY エイリアン」と、浮き輪にのったカスタード味の「食べマスTOY STORY エイリアン SUMMER LIMITED ver.」の2種類。(写真左・中央)「食べマス TOY STORY エイリアン」、(写真右)「食べマスTOY STORY エイリアン SUMMER LIMITED ver.」(各¥258)※数量限定、なくなり次第販売終了。※店舗によっては取り扱いがない場合があります。つぶらな瞳も、キュートな足も、ぜんぶ食べられるなんて……。やさしい色味はすべて天然着色料で再現されています。絶賛公開中の『トイ・ストーリー4』とともに、楽しんじゃいましょ♡♡▶▶詳細は『バンダイ キャンディ』公式サイトから©Disney/Pixar
  • アラフィー世代になったら、ゆっくり贅沢に時間を使う、大人ならではのハワイ旅を楽しみたい。そのためには気持ちのいいステイ先が不可欠! この地に何度も通ってきたハワイ通の口コミによって選ばれた“究極のホテル”をご紹介します。【大人ステイNo.1】 The Royal Hawaiian, a Luxury Collection Resort (ロイヤル ハワイアン ラグジュアリー コレクション リゾート)ブレンダさん(モデル)、山口規子さん(フォトグラファー)、坪田三千代さん(旅行ライター)、赤澤かおりさん(ライター)推薦マイラニタワーからワイキキビーチを見下ろした、ザ・ハワイな景色「高い天井と、ハワイの風が抜けていく感じが好き。ロビーからまっすぐ海に抜ける回廊の光に、ハワイを感じます」―山口規子さん「一日中ホテル前のビーチでのんびり過ごし、サンセットタイムにはマイタイバーでマイタイを。ワイキキの中心だからサッと買い物にも行けるロケーションも便利」―ブレンダさん大人のキュートも贅沢もここにあり “ワイキキのピンク・パレス”の名のとおり、ハワイの青い空と海に花を咲かせたような、ピンクに囲まれた楽園。まさに誰もが知るハワイのシンボル的な存在のホテルだが「大人のゴージャスさを感じさせる内装が素敵」(ブレンダさん)、「ワイキキのど真ん中にありながら自然に抱かれている感たっぷりのスパもいい!」(坪田さん)、「実は、ホテル内には博物館並みにハワイの歴史を感じられるものがたくさん! 文化に触れてこそハワイにいると実感できる」(赤澤さん)と、ハワイ通こそが「泊まるならここ」と口をそろえる。それは常に進化を続ける老舗の実力なのだ。歴史を感じる「ヒストリック・オーシャン」の部屋ホテルのベーカリーショップではゲストにバナナブレッドやスコーンなどの詰め合わせをプレゼント。ピンクチョコがけのクッキーなどのおみやげも充実【DATA】 2259 Kalakaua Ave., Honolulu ☎808・923・7311(日本語対応可) 1泊1室$435~、ヒストリック・オーシャン$595~ 全529室 IN15:00 OUT12:00 https://www.royal-hawaiian.jp/【リゾートステイNo.1】 Turtle Bay Resort (タートル・ベイ・リゾート) 種房千保子さん(フォトグラファー)、ブレンダさん(モデル)推薦サンセットを眺めながら自慢のシーフード料理が楽しめるホテルきってのレストラン「パアカイ・ステーキ シーフード&ロウ・バー」(17:30〜21:30、㊡日・月曜、予約がベター)「砂に足が触れ、波音を聞き、風に当たる……、ノースショアを五感で感じられるビーチで眺めるサンセットは格別。シーフードが自慢のレストランもおすすめです」―種房千保子さん喧騒を離れた究極のリゾートタイム ステイ先をワイキキからノースショアへ。これだけでいつものハワイ滞在がまったく違った印象になる。90%以上の部屋から海が望めるここは、「岬のような場所にあるので、部屋のベッドに寝転びながら海が眺められます。数年かけてリノベーションされ、食も充実し、ホスピタリティも心地いい」(種房さん)と、ハワイ通には知られたホテルだ。乗馬やゴルフ、オーシャンビューのプールも楽しめるとあって、ローカルたちのステイケーション先としても人気。メインダイニング「パアカイ」は、サンセットディナー目当てにタウンからやってくるロコもいるほど。ホテルのほとんどの部屋から海が望める「パアカイ」の人気メニュー、カキをガーリックバターとパルメザンチーズをかけて焼いた「チャーブロイド・オイスターズ」($18)「パアカイ」の人気メニュー、「ブルークラブ・クラステッド・マーケットフィッシュ」(時価。通常$38前後)リゾート感たっぷりのプール【DATA】 57-091 Kamehameha Highway, Kahuku ☎808・293・6000  1泊1室$280~、ヴィスタオーシャンキング$400~ 全443室 IN15:00 OUT11:00 https://www.turtlebayresort.com/Oahu-Resorts【家族ステイNo.1】 The Kahala Hotel & Resort (ザ・カハラ・ホテル&リゾート)桐島かれんさん(モデル)、ブレンダさん(モデル)、村山佳世子さん(スタイリスト)、徳原文子さん(スタイリスト)推薦波音が心地いい海前のプールでは、何も考えずゆっくりするのがいい「イルカやウミガメが泳ぐホテル内のラグーンは、家族で楽しむにもうれしいポイント。波の音を感じながら昼寝や読書を楽しむ時間もいい」―桐島かれんさん極上のホテルライフを約束してくれる ワイキキから車でほんの10分ちょっと。まるで離島にいるかのようなリゾート感で各国のセレブを魅了しつづけているホテル。「子供が小さいころには時間を忘れてイルカと戯れたり、ビーチで砂遊びをしたり。家族全員でホテルでの時間を満喫できます」と、桐島さんも定宿にするひとり。また、ホテル内のイタリアン「アランチーノ」も「ディナーで一度は訪れます」(村山さん)、「料理が最上級で特別なときに行くお店」(ブレンダさん)とファンが多い。ラグーンのイルカと触れ合える体験プログラム「ドルフィン・クエスト」「オーシャンフロントラナイ」は部屋もラナイもさすがの広さ! 来年夏『ザ・カハラ・ホテル&リゾート横浜』がオープン予定【DATA】 5000 Kahala Ave., Honolulu ☎808・739・8888(日本語対応可) 1泊1室$450~8,365、オーシャンフロントラナイ$975~1,365 全338室 IN15:00 OUT12:00 www.kahalaresort.com【隠れ家ステイNo.1】 Queen Kapi‘olani Hotel (クイーン カピオラニ ホテル) 内野 亮さん(コーディネーター)、赤澤かおりさん(ライター)推薦夕暮れ時、プールサイドから望むダイヤモンドヘッド。遮るものは何もなし!「どこにいてもどーんとそびえ立つダイヤモンドヘッドが拝める最高のロケーション。朝も、昼も、夜も、この景色が眺められるなんて最高に贅沢。日がな一日このプールサイドで本を読んだり、カクテルを飲んだり、昼寝したり。やっぱり大人のハワイはこうでなくちゃ!」―赤澤かおりさんこのハワイビューは何にもかえがたい カパフル通りに面し、カピオラニ公園を目の前にして立つクイーン カピオラニ ホテル。古くから愛されてきたここが今年、ハワイアンカルチャーを知るローカルアーティストたちの手によって、古きよき雰囲気は残しつつ、新たなるハワイスタイルを取り入れたホテルとなって誕生した。以前からここを愛してやまない赤澤さんは「どこからでもダイヤモンドヘッドが迫りくる勢いで眺められるビューがより生かされたつくりになったし、ハワイアンカルチャーを感じるコーディネートもすばらしい。しかもリーズナブル。このコスパは注目度大」と大絶賛!カパフル通りから入ってすぐのロケーションだから海もすぐそこ。おすすめは海側のペントハウスやジュニアスイートなど。海もダイヤモンドヘッドもという欲張りさんにうってつけハワイ島のアーティストが描いた優しいタッチの絵が飾られたゲストルームフロントにはエアラインのヴィンテージポスターが並ぶエレベーター前にはデューク・カハナモクのヒストリーコーナーも【DATA】 150 Kapahulu Ave., Honolulu ☎808・922・1941 1泊1室$179~、ジュニアスイート・ダイヤモンドヘッドビュー$369~  全315室 IN15:00 OUT11:00 https://jp.queenkapiolani.com/口コミを寄せていただいた ハワイ通の皆さんモデル・桐島かれんさん 発売中のムック『KAREN’s VOL.1 2019春夏』(KADOKAWA)でも“かれん流ハワイの休日”を紹介。 モデル・ブレンダさん ハワイ在住。最近は、女友だちとおしゃれをして素敵なブランチやディナーを楽しむのが好き。 フォトグラファー・山口規子さん 渡航歴30年以上、多いときは年に4、5回滞在。「いろいろな天気に合わせてのんびり過ごす」がモットー。 フォトグラファー・種房千保子さん 渡航回数は約50回、渡航時は2~3週間、ノースショアに滞在。海を眺められる場所で過ごすのが基本。 スタイリスト・村山佳世子さん 仕事やプライベートで頻繁に滞在。今はショッピングよりもビーチで過ごしたりドライブをしたり。 スタイリスト・徳原文子さん 渡航回数は約25回。最近は子供中心でとにかくプールのあるホテルで気ままにのんびり。 旅行ライター・坪田三千代さん 世界各国のリゾートに精通。アロハスピリッツに触れ、オールドハワイを感じるのも楽しみのひとつ。 コーディネーター・内野 亮さん ハワイと日本を行ったり来たりしながら魅力を伝える、ハワイの伝道師。『ハワイに恋して!』出演中。 ライター・赤澤かおりさん 時間ができるとすぐハワイへ出かける猛烈なハワイマニア。12作目の『Hawaii note』が好評発売中。撮影/内田 恒 構成・文/赤澤かおり 本誌編集部 コーディネート/内野 亮 ※掲載されている情報は2019年6月現在のものです。 ※エクラ8月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND